TED日本語 - フランシス・ラーソン: 斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - フランシス・ラーソン: 斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由

TED Talks

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
Why public beheadings get millions of views
フランシス・ラーソン
Frances Larson

内容

昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。

Script

For the last year, everyone's been watching the same show, and I'm not talking about "Game of Thrones," but a horrifying, real-life drama that's proved too fascinating to turn off. It's a show produced by murderers and shared around the world via the Internet. Their names have become familiar: James Foley, Steven Sotloff, David Haines, Alan Henning, Peter Kassig, Haruna Yukawa, Kenji Goto Jogo.

Their beheadings by the Islamic State were barbaric, but if we think they were archaic, from a remote, obscure age, then we're wrong. They were uniquely modern, because the murderers acted knowing well that millions of people would tune in to watch.

The headlines called them savages and barbarians, because the image of one man overpowering another, killing him with a knife to the throat, conforms to our idea of ancient, primitive practices, the polar opposite of our urban, civilized ways. We don't do things like that. But that's the irony. We think a beheading has nothing to do with us, even as we click on the screen to watch. But it is to do with us. The Islamic State beheadings are not ancient or remote. They're a global, 21st century event, a 21st century event that takes place in our living rooms, at our desks, on our computer screens. They're entirely dependent on the power of technology to connect us. And whether we like it or not, everyone who watches is a part of the show.

And lots of people watch. We don't know exactly how many. Obviously, it's difficult to calculate. But a poll taken in the UK, for example, in August 2014, estimated that 1.2 million people had watched the beheading of James Foley in the few days after it was released. And that's just the first few days, and just Britain. A similar poll taken in the United States in November 2014 found that nine percent of those surveyed had watched beheading videos, and a further 23 percent had watched the videos but had stopped just before the death was shown. Nine percent may be a small minority of all the people who could watch, but it's still a very large crowd. And of course that crowd is growing all the time, because every week, every month, more people will keep downloading and keep watching.

If we go back 11 years, before sites like YouTube and Facebook were born, it was a similar story. When innocent civilians like Daniel Pearl, Nick Berg, Paul Johnson, were beheaded, those videos were shown during the Iraq War.

Nick Berg's beheading quickly became one of the most searched for items on the Internet. Within a day, it was the top search term across search engines like Google, Lycos, Yahoo. In the week after Nick Berg's beheading, these were the top 10 search terms in the United States. The Berg beheading video remained the most popular search term for a week, and it was the second most popular search term for the whole month of May, runner-up only to "American Idol." The al-Qaeda-linked website that first showed Nick Berg's beheading had to close down within a couple of days due to overwhelming traffic to the site. One Dutch website owner said that his daily viewing figures rose from 300,000 to 750,000 every time a beheading in Iraq was shown. He told reporters 18 months later that it had been downloaded many millions of times, and that's just one website. A similar pattern was seen again and again when videos of beheadings were released during the Iraq War.

Social media sites have made these images more accessible than ever before, but if we take another step back in history, we'll see that it was the camera that first created a new kind of crowd in our history of beheadings as public spectacle. As soon as the camera appeared on the scene, a full lifetime ago on June 17,1939, it had an immediate and unequivocal effect.

That day, the first film of a public beheading was created in France. It was the execution, the guillotining, of a German serial killer, Eugen Weidmann, outside the prison Saint-Pierre in Versailles. Weidmann was due to be executed at the crack of dawn, as was customary at the time, but his executioner was new to the job, and he'd underestimated how long it would take him to prepare. So Weidmann was executed at 4: 30 in the morning, by which time on a June morning, there was enough light to take photographs, and a spectator in the crowd filmed the event, unbeknownst to the authorities. Several still photographs were taken as well, and you can still watch the film online today and look at the photographs. The crowd on the day of Weidmann's execution was called "unruly" and "disgusting" by the press, but that was nothing compared to the untold thousands of people who could now study the action over and over again, freeze-framed in every detail.

The camera may have made these scenes more accessible than ever before, but it's not just about the camera. If we take a bigger leap back in history, we'll see that for as long as there have been public judicial executions and beheadings, there have been the crowds to see them. In London, as late as the early 19th century, there might be four or five thousand people to see a standard hanging. There could be 40,000 or 50,000 to see a famous criminal killed. And a beheading, which was a rare event in England at the time, attracted even more.

In May 1820,five men known as the Cato Street Conspirators were executed in London for plotting to assassinate members of the British government. They were hung and then decapitated. It was a gruesome scene. Each man's head was hacked off in turn and held up to the crowd. And 100,000 people, that's 10,000 more than can fit into Wembley Stadium, had turned out to watch. The streets were packed. People had rented out windows and rooftops. People had climbed onto carts and wagons in the street. People climbed lamp posts. People had been known to have died in the crush on popular execution days.

Evidence suggests that throughout our history of public beheadings and public executions, the vast majority of the people who come to see are either enthusiastic or, at best, unmoved. Disgust has been comparatively rare, and even when people are disgusted and are horrified, it doesn't always stop them from coming out all the same to watch.

Perhaps the most striking example of the human ability to watch a beheading and remain unmoved and even be disappointed was the introduction in France in 1792 of the guillotine, that famous decapitation machine. To us in the 21st century, the guillotine may seem like a monstrous contraption, but to the first crowds who saw it, it was actually a disappointment. They were used to seeing long, drawn-out, torturous executions on the scaffold, where people were mutilated and burned and pulled apart slowly. To them, watching the guillotine in action, it was so quick, there was nothing to see. The blade fell, the head fell into a basket, out of sight immediately, and they called out, "Give me back my gallows, give me back my wooden gallows."

The end of torturous public judicial executions in Europe and America was partly to do with being more humane towards the criminal, but it was also partly because the crowd obstinately refused to behave in the way that they should. All too often, execution day was more like a carnival than a solemn ceremony.

Today, a public judicial execution in Europe or America is unthinkable, but there are other scenarios that should make us cautious about thinking that things are different now and we don't behave like that anymore.

Take, for example, the incidents of suicide baiting. This is when a crowd gathers to watch a person who has climbed to the top of a public building in order to kill themselves, and people in the crowd shout and jeer, "Get on with it! Go on and jump!" This is a well-recognized phenomenon. One paper in 1981 found that in 10 out of 21 threatened suicide attempts, there was incidents of suicide baiting and jeering from a crowd. And there have been incidents reported in the press this year. This was a very widely reported incident in Telford and Shropshire in March this year.

And when it happens today, people take photographs and they take videos on their phones and they post those videos online. When it comes to brutal murderers who post their beheading videos, the Internet has created a new kind of crowd. Today, the action takes place in a distant time and place, which gives the viewer a sense of detachment from what's happening, a sense of separation. It's nothing to do with me. It's already happened. We are also offered an unprecedented sense of intimacy. Today, we are all offered front row seats. We can all watch in private, in our own time and space, and no one need ever know that we've clicked on the screen to watch.

This sense of separation -- from other people, from the event itself -- seems to be key to understanding our ability to watch, and there are several ways in which the Internet creates a sense of detachment that seems to erode individual moral responsibility. Our activities online are often contrasted with real life, as though the things we do online are somehow less real. We feel less accountable for our actions when we interact online. There's a sense of anonymity, a sense of invisibility, so we feel less accountable for our behavior. The Internet also makes it far easier to stumble upon things inadvertently, things that we would usually avoid in everyday life. Today, a video can start playing before you even know what you're watching. Or you may be tempted to look at material that you wouldn't look at in everyday life or you wouldn't look at if you were with other people at the time. And when the action is pre-recorded and takes place in a distant time and space, watching seems like a passive activity. There's nothing I can do about it now. It's already happened.

All these things make it easier as an Internet user for us to give in to our sense of curiosity about death, to push our personal boundaries, to test our sense of shock, to explore our sense of shock.

But we're not passive when we watch. On the contrary, we're fulfilling the murderer's desire to be seen. When the victim of a decapitation is bound and defenseless, he or she essentially becomes a pawn in their killer's show. Unlike a trophy head that's taken in battle, that represents the luck and skill it takes to win a fight, when a beheading is staged, when it's essentially a piece of theater, the power comes from the reception the killer receives as he performs. In other words, watching is very much part of the event. The event no longer takes place in a single location at a certain point in time as it used to and as it may still appear to. Now the event is stretched out in time and place, and everyone who watches plays their part.

We should stop watching, but we know we won't. History tells us we won't, and the killers know it too.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Thank you. Let me get this back. Thank you. Let's move here. While they install for the next performance, I want to ask you the question that probably many here have, which is how did you get interested in this topic?

Frances Larson: I used to work at a museum called the Pitt Rivers Museum in Oxford, which was famous for its display of shrunken heads from South America. People used to say, "Oh, the shrunken head museum, the shrunken head museum!" And at the time, I was working on the history of scientific collections of skulls. I was working on the cranial collections, and it just struck me as ironic that here were people coming to see this gory, primitive, savage culture that they were almost fantasizing about and creating without really understanding what they were seeing, and all the while these vast -- I mean hundreds of thousands of skulls in our museums, all across Europe and the States -- were kind of upholding this Enlightenment pursuit of scientific rationality. So I wanted to kind of twist it round and say, "Let's look at us." We're looking through the glass case at these shrunken heads. Let's look at our own history and our own cultural fascination with these things. BG: Thank you for sharing that.

FL: Thank you.

(Applause)

この一年 誰もが ある「番組」に釘付けになっています 『ゲーム・オブ・スローンズ』 ではなく 現実に起こっている 恐ろしいドラマです 面白過ぎて皆 つい見てしまうのです 製作者は殺人グループ インターネットで 世界中に流されています 被害者の名前も 耳慣れてきました ジェームズ・フォリー、スティーヴン・ソトロフ、デービッド・ヘインズ、アラン・ヘニング、 ピーター・カッシグ、湯川遥菜、後藤健二

彼らの首を切り落とした イスラミックステートの行為 野蛮なのは確かですが なんとなく遠い昔の風習だとか 古代の風習だと考えるのは 間違いです むしろ非常に現代的な所業です なぜなら 犯人たちは 何百万人という人々が 観ることを分かってやっているからです

メディアでは「野蛮人」「蛮行」 などと報道されましたね 手も足も出ない相手の 首を掻き切って殺すという行為には 原始的、古代的なイメージがあり 現代の文明的な習慣と真逆だからでしょう 我々現代人はそんな事をしない という前提ですが そこが正に皮肉なのです 首切り殺人なんて 自分には関係ないと思いつつ 画面をクリックして観てしまう矛盾 むしろ大いに関係があります イスラミックステートの斬首行為は 古代や別世界ではなく 21世紀に起きている グローバルな事象です お茶の間や机の上 パソコンの画面上で起こっている ― 現代の事象です インターネットの力に 完全に依存した事象です 好むと好まざるとに かかわらず 観ている人皆が このショーに一役買っているのです

本当にたくさんの人が観ています 正確な視聴者数は不明です 当然 こういった計算は難しいですからね しかし 例えば2014年の8月に イギリスで行われた調査によれば ジェームズ・フォリーの斬首動画が 公開されてから数日間の 視聴者数は120万人に上りました これは最初の数日間のみの イギリスだけでの数字です 2014年11月 同様の調査が アメリカでも行われました 回答者の9%が 斬首動画を観たと答え これ以外の23%が 映像は観たが 殺害が起こる直前で止めた と答えました 9%と聞くと視聴者全体の中では 少なく感じるかもしれませんが それでも かなりの大人数です そしてこの人数は 当然 増え続ける一方です 毎週 毎月 動画ダウンロード数や 視聴回数は増加する一方ですから

11年前 YouTubeやFacebookが登場する前も 同じようなことがありました ダニエル・パール、ニック・バーグ、ポール・ジョンソン といった 罪のない市民が 首を切られ殺害されたとき その映像が出回ったのは イラク戦争の最中でした

ニック・バーグの斬首動画は 瞬く間にインターネットでの 検索語のトップに躍り出ました 一日も経たない間に Google、Lycos、Yahooなど 検索エンジンでの トップキーワードになりました ニック・バーグが殺害された次の週の アメリカ国内の検索ワードランキングの トップ10がこちらです バーグ氏の斬首映像関連のキーワードが 一週間トップに留まり 月全体では 『アメリカン・アイドル』に次ぐ 2番人気を保持しました 斬首映像が初公開された アルカイダ関係のウェブサイトは 大量アクセスが集中し 数日で閉鎖を余儀なくされました あるサイトの運営者によれば イラクでの斬首シーンが出るたび 一日のアクセス数が 30万から75万に跳ね上がったそうです 1年半後の取材では 動画ダウンロード数が このサイトだけで 何百万件にも上ったと答えています 一つのウェブサイトだけでこの数です イラク戦争中 斬首映像が出回るたびに 同じようなパターンの繰り返しでした

ソーシャルメディアの浸透で こういった画像の入手が かつてなく容易になりましたが 歴史をもう少しさかのぼってみると 民衆の娯楽としての 斬首刑の歴史上に初めて 新種の観衆が現れたきっかけが カメラでした まる一世代前 1939年6月17日のこと カメラが登場すると 一瞬で この歴史が塗り替えられました

その日 フランスでは史上初の 公開斬首の記録映像が登場 ドイツ人連続殺人犯オイゲン・ヴァイトマンを ベルサイユのサンピエール刑務所の外で ギロチン処刑した映像です 当時の慣例に従い 夜明けと共に死刑執行予定でした しかし執行人が新人だったため 思ったよりも準備に時間がかかり 死刑は朝4時半に執行されました 6月のこの時間は 撮影が可能なほどの明るさで 見物人の一人がこの様子を 隠れて録画していました 静止画も何枚か撮られました この映像は今でも オンラインで観られますし 写真も見つかります ヴァイトマンの処刑があった日 集まった観衆を メディアは「粗野」「最低」などと 批判しましたが しかし今の世の中 斬首シーンが 隅々まで鮮明に写った画像を 何度でも じっくり観察できる人々が 無数にいることに比べたら 全く大したことはありません

カメラの登場で こういった場面に アクセスしやすくなったのは確かですが カメラだけの話ではありません 歴史をさらに遠くさかのぼれば 人類史上に一般公開処刑や 斬首刑などが登場して以来 野次馬は常に存在しました ロンドンでは 19世紀初頭になっても 通常の死刑が行われるときは 4~5千人の見物人が集まり 有名な犯罪者だと 4~5万人集まったと言われています 当時イギリスでは珍しかった 斬首刑になると もっと集まりました

1820年5月 政府閣僚の暗殺を企てた 「カトー街の陰謀事件」の 首謀者達5人の死刑が ロンドンで執行されました 絞首刑の後 首を切るという 恐ろしく残酷なものでした 一人一人順番に首が切り取られ 公衆に晒されました 見物に集まったのは10万人 世界最大級の大きさを誇る ウェンブリー・スタジアム収容人数を 一万人もオーバーする人数です 道は人で溢れました 見物のために部屋や屋上を借りる人 荷馬車の上に登る人 街灯に登って見物しようとする人 当時 こういう日は 混雑がひど過ぎて 圧死が出ることで有名でした

公開処刑・斬首刑が 人類史に登場して以来 こういったイベントを見に来るのは 処刑を見るのが好きな人 ましな方でも 見て何も感じない というような人が 圧倒的大多数だったことが 記録に残っています 嫌悪感を抱く人は比較的少なく いたとしても ゾッとするなどと言いながら 結局 皆と同じように 見に来てしまうのでした

首切りシーンを目の当たりにしながら なお平気だったり むしろがっかりするなどという 人間の性質が もっとも顕著に現れたのは 1792年フランスで ギロチンが登場したときでしょう 皆さんご存知の いわゆる首切りマシーンです 21世紀に生きる私たちには 恐ろしい怪物のような装置に 思えるかもしれません しかしギロチンを初めて見た人々には むしろ期待外れだったのです それまでは処刑台上で 焼かれたり 切り刻まれたり ゆっくりと八つ裂きにされる 長く痛々しい処刑を 観慣れていた観衆にとって ギロチンでの処刑は あっという間で 見どころがない というわけでした 刃が落下すると頭が落ちて かごに入りすぐに片付けられる 見物人たちはそれを見て 「首切りはつまらん!絞首刑に戻せ!」 と叫んだとか

欧米で 残酷な公開処刑がなくなった理由は 死刑囚への配慮から という面もありますが 見物に来る観衆の振る舞いが あまりにひどく 全く手に負えなかったからでもあります 処刑があるとその日は 厳かな儀式どころか お祭り騒ぎになることが あまりに多かったそうですからね

現代の欧米で 法の下での公開処刑はありえませんが だからといって 時代が変わったんだとか 現代人はそんな 野蛮なことはしない などと思うのは短絡的過ぎます

ここで「自殺のけしかけ」について 考えてみましょう 自殺を考えて ビルの屋上に上がった人を 見に来た人々で 人だかりができます そして野次が飛び始めます 「早くやれ!飛び降りろ!」 これはかなり よく知られた現象です 1981年発表の とある論文によれば 自殺予告のあった21件のうち10件に 見物人の野次や「けしかけ」が あったそうです 今年も同様の事件が 報道されています イギリスでは テルフォードと シュロップシャーで 3月に起こった事件が 大いに紙面を賑わせました

今の時代 こういう場面を 携帯電話で写真やビデオを撮って オンラインに投稿する人がいます 斬首動画を投稿する 残忍な殺人集団に関しては インターネットが また新種の観衆を作り出しました 昨今は こういった事件が 時間も場所も遠くで起こるため 事件を身近に感じられません 距離感があるのです 自分には関係ないとか もう終わったことだという 反応をします 同時に かつてないほど身近に 体験できるのも事実です 今では誰もが 最前列で 見物できるのです 自分だけの時間と空間の中 クリックしたことを誰にも知られず こっそりと観ることができるわけです

この距離感 つまり 他人との距離や 事件との距離感こそが 残酷な映像を平気で観られる現代人を 理解する鍵となります インターネットによって 物事への距離感が生まれ 各人の倫理的責任感が薄れてしまう これには いくつか理由が考えられます 人は オンラインで行う活動を リアルとは区別し まるで現実のものでないかのように 捉えがちです オンラインだと自分の行動に対し リアルほど責任が伴わないように 感じるのです 匿名性や 顔が見えないことにより 行動に責任を感じなくなるわけです また ネット上では いつもなら避けるような物事に 何の気なしに 行き当たってしまうことも よくあります 見る気がないのに 勝手に ビデオ再生が始まることもあるし 普段の生活の中や 他の人と一緒のときだと 見ないようなものを 見てみたくなります さらに これがすでに録画済で 遠く離れた時と空間で 起こったことになると 観ることが受身であるように 錯覚してしまいます 今私にできることはないし すでに起こったことだ と思うわけです

こういった要素すべてが働き 人は ネット上では 死というものへの好奇心に負けて 個人的な境界線を超えて ショック耐性テストのごとく 動画を見てしまうのです

しかし 観るという行為は 受身の正反対です 見せたいという殺人者の 思惑通りに動いているのですから 縛られ 無力な状態で 今にも 殺されようという被害者は 必然的に 犯人のショーの中の 手駒と化しています 戦闘中に勝ち取った敵将の首ならば 戦士の運の力や戦闘力の証明だと 言えるかもしれませんね しかし斬首が台本通りに行われ パフォーマンスでしかない場合 その場で犯人が振りかざす力は 観る側がいて初めて生まれます つまり「観ること」こそが この手の犯罪に 欠かせない要素なのです あるとき ある特定の場所で起こった 過去の出来事のように見えても 実際は違うのです 今では あらゆる場所で現在進行形で 起こり続ける出来事です 観る人は誰もが 見物人という役を演じているのです

もう観るのは止めるべきです でも 無理ですよね 歴史がそれを物語っていますし 殺人者たちにもわかっているのです

ありがとうございました

(拍手)

ブルーノ・ジュッサーニ: これはお預かりします 場所を変えましょう 次の方の準備をする間 質問させてください 会場の皆さんも気になっているはず 斬首というトピックに 興味を持ったきっかけは?

フランシス・ラーソン: 以前 オックスフォードにある ピット・リバーズ博物館で 働いてました そこは南米の干し首の展示で 有名なんです 現地では「干し首博物館」と 呼ばれていたほどです その当時私の研究テーマが 科学研究用途に収集された 頭蓋骨の歴史でした 頭蓋骨のコレクションを 観察していたとき ふと ある皮肉に気がついたんです 博物館に来る人は 原始的で野卑で残酷な文化を 空想の中で作り上げて 見に来るのですが 自分の見ているものが 実は何なのかはわかっていない 一方で 博物館内にある 欧米のあちこちから集まった ― 何万とある膨大な数の頭蓋骨は 啓蒙時代の科学が合理性を追求した 証拠品でもあるわけです だから 皆に違う角度から 自分たちを見つめて欲しいと思いました ガラスのケース越しに 干し首を見ている私たち人間の歴史や こういうものに惹かれてしまう文化にも 注目してもらおうと思ったのです ブルーノ: なるほど ありがとう

フランシス: ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画