TED日本語 - キャリン・ボンダー: ワイルドセックス ― 鳥や蜂は序の口だった

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - キャリン・ボンダー: ワイルドセックス ― 鳥や蜂は序の口だった

TED Talks

ワイルドセックス ― 鳥や蜂は序の口だった
The birds and the bees are just the beginning
キャリン・ボンダー
Carin Bondar

内容

あなたはセックスをよく知っていますか?考え直した方がいいですよ。生物学者のキャリン・ボンダーがこの素晴らしい講演で動物たちがヤル気になる科学を説明してくれます。

Script

Anyone in the room thought about sex today? (Laughter) Yeah, you did. Thank you for putting your hand up over there. Well, I'm here to provide you with some biological validation for your sordid daydreams. I'm here to tell you a few things that you might not have known about wild sex.

Now, when humans think about sex, male and female forms are generally what come to mind, but for many millions of years, such specific categories didn't even exist. Sex was a mere fusion of bodies or a trickle of DNA shared between two or more beings. It wasn't until about 500 million years ago that we start to see structures akin to a penis or a thing that gives DNA out, and a vagina, something that receives it. Now invariably, you're probably thinking about what belongs to our own species, these very familiar structures, but the diversity that we see in sexual structures in the animal kingdom that has evolved in response to the multitude of factors surrounding reproduction is pretty mind-blowing.

Penile diversity is especially profuse. So this is a paper nautilus. It's a close relative of squid and octopus, and males have a hectocotylus. Just what is a hectocotylus? A detachable, swimming penis. It leaves the [ body of the male ], finds the female through pheromonal cues in the water, attaches itself to her body and deposits the sperm. For many decades, biologists actually felt that the hectocotylus was a separate organism altogether. Now, the tapir is a mammal from South America. And the tapir has a prehensile penis. It actually has a level of dexterity in its penis much akin to what we have with our hands. And it uses this dexterity to bypass the vagina altogether and deposit sperm directly into the female's uterus, not to mention it's a pretty good size. The biggest penis in the animal kingdom, however, is not that of the tapir. The biggest penis-to-body-size ratio in the animal kingdom actually belongs to the meager beach barnacle, and this video is actually showing you what the human penis would look like if it were the same size as that of a barnacle. (Laughter) Mm-hm. (Laughter)

So with all of this diversity in structure, one might think, then, that penises are fitting neatly into vaginas all over the place for the purposes of successful reproduction. Simply insert part A into slot B, and we should all be good to go. But of course, that doesn't exactly happen, and that's because we can't just take form into account. We have to think about function as well, and when it comes to sex, function relates to the contributions made by the gametes, or the sperm and the eggs. And these contributions are far from equal. Eggs are very expensive to make, so it makes sense for females to be very choosy about who she shares them with. Sperm, on the other hand, is abundant and cheap, so it makes more sense for males to have a more-sex-is-better strategy when it comes to siring members of future generations.

So how do animals cope with these very incongruent needs between the sexes? I mean, if a female doesn't choose a particular male, or if she has the ability to store sperm and she simply has enough, then it makes more sense for her to spend her time doing other biologically relevant things: avoiding predators, taking care of offspring, gathering and ingesting food. This is, of course, bad news for any male who has yet to make a deposit in her sperm bank, and this sets the scene for some pretty drastic strategies for successful fertilization. This is bedbug sex, and it's aptly termed traumatic insemination. Males have a spiked, barbed penis that they literally stab into the female, and they don't stab it anywhere near her vagina. They stab it anywhere in her body, and the sperm simply migrates through her hemolymph to her ovaries. If a female gets too many stab wounds, or if a stab wound happens to become infected, she can actually die from it.

Now if you've ever been out for a nice, peaceful walk by the lake and happened to see some ducks having sex, you've undoubtedly been alarmed, because it looks like gang rape. And quite frankly, that's exactly what it is. A group of males will grab a female, hold her down, and ballistically ejaculate their spiral-shaped penis into her corkscrew-shaped vagina over and over and over again. From flaccid to ejaculation in less than a second. Now the female actually gets the last laugh, though, because she can actually manipulate her posture so as to allow the sperm of certain suitors better access to her ovaries.

Now, I like to share stories like this with my audiences because, yeah, we humans, we tend to think sex, sex is fun, sex is good, there's romance, and there's orgasm. But orgasm didn't actually evolve until about 65 million years ago with the advent of mammals. But some animals had it going on quite a bit before that. There are some more primitive ways of pleasing one's partner.

Earwig males have either really large penile appendages or really small ones. It's a very simple genetically inherited trait and the males are not otherwise any different. Those that have long penile appendages are not bigger or stronger or otherwise any different at all. So going back to our biological minds, then, we might think that females should choose to have sex with the guys that have the shorter appendages, because she can use her time for other things: avoiding predators, taking care of young, finding and ingesting food. But biologists have repeatedly observed that females choose to have sex with the males that have the long appendages. Why do they do this? Well, according to the biological literature, "During copulation, the genitalia of certain males may elicit more favorable female responses through superior mechanical or stimulatory interaction with the female reproductive tract." Mm-hm.

These are Mexican guppies, and what you see on their upper maxilla is an outgrowth of epidermal filaments, and these filaments basically form a fish mustache, if you will. Now males have been observed to prod the female's genital opening prior to copulating with her, and in what I have lovingly termed the Magnum, P.I. hypothesis, females are overwhelmingly more likely to be found with males that have these fish mustaches. A little guppy porn for you right there.

So we've seen very different strategies that males are using when it comes to winning a female partner. We've seen a coercion strategy in which sexual structures are used in a forceful way to basically make a female have sex. We've also seen a titillation strategy where males are actually pleasing their female partners into choosing them as a sex partner. Now unfortunately, in the animal kingdom, it's the coercion strategy that we see time and time again. It's very common in many phyla, from invertebrates to avian species, mammals, and, of course, even in primates.

Now interestingly, there are a few mammalian species in which females have evolved specialized genitalia that doesn't allow for sexual coercion to take place. Female elephants and female hyenas have a penile clitoris, or an enlarged clitoral tissue that hangs externally, much like a penis, and in fact it's very difficult to sex these animals by merely looking at their external morphology. So before a male can insert his penis into a female's vagina, she has to take this penile clitoris and basically inside-out it in her own body. I mean, imagine putting a penis into another penis. It's simply not going to happen unless the female is on board with the action. Now, even more interesting is the fact that elephant and hyena societies are entirely matriarchal: they're run by females, groups of females, sisters, aunts and offspring, and when young males attain sexual maturity, they're turfed out of the group. In hyena societies, adult males are actually the lowest on the social scale. They can take part in a kill only after everybody else, including the offspring. So it seems that when you take the penis power away from a male, you take away all the social power he has.

So what are my take-home messages from my talk today? Well, sex is just so much more than insert part A into slot B and hope that the offspring run around everywhere. The sexual strategies and reproductive structures that we see in the animal kingdom basically dictate how males and females will react to each other, which then dictates how populations and societies form and evolve.

So it may not be surprising to any of you that animals, including ourselves, spend a good amount of time thinking about sex, but what might surprise you is the extent to which so many other aspects of their lives and our lives are influenced by it.

So thank you, and happy daydreaming.

(Applause)

今日エッチな妄想をした人はいますか? (笑) みんなしたでしょう? 手を挙げてくれてありがとうございました 今日私は 皆さんの 汚れた妄想のネタを 生物学的に検証します これからワイルドなセックス (野生の性行為)について 目新しい事実をいくつかお伝えします

まず 人がセックスについて考える時 男と女 が頭に浮かびますが 数百万年もの間 そのような 分類自体が存在しませんでした セックスはただの体の融合 もしくは 2者以上で共有する DNAを垂れ流す行為でした DNAを提供するペニス そしてそれを受け止めるヴァギナのような 構造は500万年前まで 現れませんでした 今 皆さん は我々に親しみ深い 我々 人間の性器を 思い浮かべているでしょう しかし 繁殖に影響する様々な 因子に呼応するように 進化をしてきた動物界の 性器の多様性は 我々の想像を越えています

ペニスは特に多様性に富んでいます これはペーパー・ノーチラス タコやイカに近い生物です オスには交接腕があります では交接腕とは何か? それは脱着可能な泳ぐペニスです オスの体を離れて フェロモンを-- 手掛かりにしながら メスを探して泳ぎ 彼女の体にくっついて 精子を放出します 何十年もの間 生物学者は 交接腕が一種の完全な動物だと 考えてきました このバクは南アメリカに 生息する哺乳類で ペニスには物を掴む能力があります 実はこのペニスはかなり器用で 我々の手と同じくらい器用です その器用さで ヴァギナを通り越し メスの子宮に直接精子を放出します また 見ての通りいい大きさです しかし 動物界最大のペニスを 持つのはバクではありません 動物界で自身の体に対して 最大のペニスを持つのは 小さなフジツボ達です このビデオは人間のペニスが フジツボと同じぐらいに なった場合どうなるかを表しています (笑) ムフフ(笑)

これだけ沢山の多様性があっても 繁殖を成功させるためには 全てのペニスがヴァギナに 上手にハマるものだと 考えるかもしれません 単純にAをスロットBに入れる それで全て解決します しかし もちろん そんな単純ではありません なぜならその形だけでなく機能も 考慮に入れる必要があります そしてセックスにおける 機能とは配偶子 つまり卵子と精子の それぞれの貢献度と関係しています そしてその貢献度は 同等からかけ離れています 卵子を作るためのコストは高く メスが誰と卵子を共有するか選ぶのに 慎重になるのは理に適っています 一方 精子は安く 大量にあります なのでオスにとって 自分の-- 子孫を次の世代に残すために セックスを沢山する 戦術は理に適っています

動物たちはこの性別間の ニーズの違いにどう 対処しているのでしょう? 例えば もしメスが 特定のオスを選ばなかったり 精子を貯蔵する能力を持ち 十分保存していたら 彼女にとって より理に適うのは 他の生物学的に有用な活動に 時間を割くことです 天敵から逃げる 子供を育てる 食べ物を集めて 消化する これはもちろん 彼女の精子バンクに まだ入金がないオスには 悪いニュースです このようなことがあると 受精を成功させるために 極端な戦術が用いられることがあります これはトコジラミのセックスです 外傷型受精という上手い用語が つけられています オスは引っ掛かりのある トゲ付きのペニスを 文字通りメスに突き刺します それもヴァギナの近くに 刺すわけではなく 体のどこにでも刺します そして精子は単純に 彼女の血リンパの中を 子宮まで移動します もしメスが刺されすぎたり 刺し傷が感染したりすると 彼女は死ぬこともあります

もし あなたが池のほとりを 気持ちよく散歩していて 何羽かのカモの交尾を見かけたら 集団レイプのような有様に 警戒心を覚えることでしょう そして率直に言えば集団レイプなんです オスのグループがメスを 取り押さえて 弾丸のようにスパイラル状のペニスを スクリュー型の ヴァギナに挿入します 何度も何度も 通常の状態から射精まで 1秒もかかりません しかし最後に笑うのはメスです なぜなら彼女は姿勢を変えることで 特定の求婚者の精子が 子宮に 到達しやすく出来るからです

私がこういう話を共有するのは 私たち人間はよく セックスについて考えるからです 楽しく 気持ちよく ロマンスがあり オーガズムがある しかし オーガズムの進化は 哺乳類が現れる6,500万年前まで 実際は起こりませんでした しかし それ以前に いくつかの動物は 原始的な 相手を喜ばす 方法を取っていました

ハサミムシのオスの ペニスは非常に大きいか 非常に小さいです 非常に単純な遺伝的特徴で 他の特徴に 影響は及ぼしません つまり より長いペニスを持つ者が 強かったり 大きかったり 他の差があることはない そこで生物学的な考えをすれば メスはペニスの短いオスと 交尾をするべきだと思うでしょう それにより他のことに時間を割けます 天敵から逃げ 子供を育て 食べ物を集め 消化する しかし 生物学者は繰り返しメスが 長いペニスを持つオスと 交尾することを選ぶところを 観察しています なぜでしょう? どうやら 生物学の文献によると 「性交の間 特定のオスの性器は メスの性器とのより強い 物理的-- また刺激的な相互作用によって メスから-- より好意的な反応を 引き出しているかもしれない」 ムフフ

彼らはメキシカン・グッピーです そして彼らの上あごから 表皮繊毛が伸びているのが見えます そしてこれらの繊毛は 言うなれば「魚髭」を形成します オスはメスの性器の入り口を 性交の前に刺激することが 観察されています そして私が「私立探偵マグナム仮説」-- と可愛く名付けたように メスはこの「魚髭」を持つ オスと交尾していることが 圧倒的に多いのです ちょっとしたグッピーポルノですよね

ここまで オスがメスのパートナーを 獲得するためにとっている様々な 戦術を見てきました まず メスとセックスをするために 性器を暴力的に使用する 強要戦術がありました またメスにパートナーとして 選ばれるため オスが実際に 相手を喜ばせる 愛撫戦術も 見られました 残念なことに 動物界で 繰り返し 繰り返し観察されるのは 強要戦術の方です 無脊椎動物から鳥類 哺乳類 それも類人猿に至るまで 多くの系統で観察されています

そして興味深い事に 少数の哺乳類は 性行為の強要をさせないために メスの性器が特別な進化をしました メスの象やメスのハイエナは ペニスのようなクリトリス というよりペニスのように 外にぶら下がる クリトリス組織を持ちます 実際に彼らの性別を判別するには 外見を少し見ただけでは かなり難しいのです ですので オスがメスのヴァギナに ペニスを挿入する前には メスはクリトリスを ひっくり返して体の中に 入れる必要があります ペニスをもう一つのペニスに 入れるところを想像してみてください メスが乗り気でないと 起こりえませんよね そして さらに興味深い事実として 象やハイエナは 母系家族社会なのです メスが メスのグループが 社会を仕切ります 姉 叔母 そして子供達 そして若いオスは 性成熟した暁に 群れから追い出されます ハイエナの社会では 大人のオスは 最も低い地位にあります 彼らが狩りの恩恵に預かるのは 子供たちを含む 他の皆の後です つまり オスからペニスの力を 取り上げると どうやら 持っている社会的な権力まで 取り上げてしまうようです

そして 今日の私の話で重要なのは セックスにはただ AをBに挿入し 子孫が元気に走り回ることを希望する 以上に多くのことが 絡んでいるということです 動物界で見られる 性的な戦術と 生殖器の構造は オスとメスが互いに どのように反応するかを支配し すなわちそれは 群れや社会の 形成と進化の 方向性を決定します

なので皆さんは 私たちを含む動物が 多くの時間セックスについて 考えていることには 驚かないかもしれませんが 彼らの生活や 私たちの生活の かなり多くの部分が その影響を受けていることには 驚いたと思います

ありがとうございました 妄想を楽しんでください

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画