持続可能性

持続可能性
非営利団体と社会活動

持続可能性

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ジェフ・キルシュナー: アプリで楽しくゴミ拾い
地球はあまりにも広すぎて、きれいに保つのは難しいものです。TEDレジデントのジェフ・キルシュナーは世の中のゴミを特定・収集・場所特定できるアプリLitteratiを開発し、クラウドソーシング型の地球清掃コミュニティを生み出しました。そして100か国以上からゴミのデータが集まった今、データの活用をとおして企業や組織と協力し、道にゴミが捨てられることを未然に防げる未来を目指しています。
モニカ・アラヤ: 小さな国の大きなアイディア ― 化石燃料なき発展を目指して
化石燃料なくしてどのように社会を築くのでしょうか?環境保護や再生可能エネルギーに積極的に取り組むコスタリカ人の一人として、気候変動対策の提唱者モニカ・アラヤは、すべての分野でクリーンなエネルギーだけを使用する世界についての大胆なビジョンを説明します。
モリー・ウィンター: 緑も人も健康になれる禁断のヒミツ
私たちのウンチやオシッコは、実はスゴい力を秘めています。でも、活用されることはほとんどありません。モリー・ウィンターが、私たちの排泄物に対する嫌悪感をバッサリと斬り、いつもトイレに流されているモノを、気候変動対策への助っ人として、またイノベーションを促進させ、費用削減にも役立たせる事ができる一種の資源として見ようと呼びかけます。
シュベンデュ・シャルマ: 自宅の裏庭に森を作る方法
森は人間の生活から遠く離れた、広範囲に渡る保護区域である必要はありません。それどころか、今ここで、たとえ街中であっても、作ることができます。TEDフェローで環境起業家でもあるシュベンデュ・シャルマは、土、微生物や有機物を駆使して、植物が自生するプロセスをスピードアップし、びっしりと生い茂り、生物多様性に溢れた小規模の人工森林を都市部で育てる事業をしています。10年で100年分の森林を育て、小さなジャングルを楽...
エマ・マリス: 自然はどこにでもある ― 自然の見つけ方を学びましょう
皆さんは「自然」をどのように定義しますか?もし自然を人間に触れられたことのないものとしたなら、自然はなくなってしまうと環境作家エマ・マリスは言います。マリスが検討を促すのは新たな自然の定義、すなわち手つかずの原野だけでなく、都会に育つ手入れされていない草地を含めるという定義です。そして私たちにこう勧めます。子どもを外に連れ出して、そんな自然に触れ、触って遊べるようにしよう、そうすればいつか子どもたちは...
メラティ&イサベル・ワイゼン: 子どもたちが成し遂げた「バリのレジ袋廃止運動」
レジ袋は基本的には分解されませんが、使用後は後先考えずに捨てられています。ほとんどは最終的に海に辿り着き、海水を汚染し、海の生命体を傷つけています。ごみとして燃やされたものは、大気中に有害なダイオキシンを放出します。メラティとイサベル・ワイゼンは、美しい故郷バリ島が、レジ袋によって汚染されるのを阻止しようという使命に目覚め、署名を集めたり、海岸を清掃したり、ハンストを決行しました。この努力は、バリの知...
アチェニョ・イダチャバ: どのように私は有害な植物を繁栄するビジネスに変えたのか
綺麗な花を咲かせるウォーターヒヤシンスは、一見すると無害に見えるかもしれません ― しかし、実際には水路を塞ぎ、交易を止め、通学を阻害し、毎日の生活を崩壊させる有害な水草でした。この災難を、環境起業家のアチェニョ・イダチャバはチャンスとみなしました。彼女が水草を素晴らしい工芸品に変えていくまでをどうぞご覧ください。
デイビッド・セドラック: 壊滅的な水不足を避ける4つの方法
世界の気候パターンが予想も付かない変化を続ける中、今まで飲み水が豊富にあった場所でも、貯水池が枯渇し、地下水が激減するかもしれません。このトークでは、市民環境エンジニアのデイビッド・セドラックが、進行中の都市の水問題を解決する4つの実用的な解決策を紹介します。彼の目標は、私たちの水源を、地域内の新しい水源に移行して、気候変動により将来起こるかもしれないあらゆる困難に耐えるシステムを作り上げることです。
トーファー・ホワイト: リサイクル携帯電話が熱帯雨林を救う
熱帯雨林から聞こえてくるのは、鳥のさえずり、セミの鳴き声、テナガザルのはしゃぎ声などです。でも、背後で絶えず鳴っているのは、違法伐採者のチェーンソーの音です。エンジニアのトーファーは、違法伐採者を食い止めるための、シンプルで広範囲に使える方法について情報をシェアします。使うのは使い古しの携帯電話です。
タッソ・アゼベド: 森林保護活動から得たこと(気候変動防止への望み)
「森林を守ろう」というスローガンは昔からありますが、タッソ・アゼベドは、今日ではどのような取り組みが行われているかを紹介します。ブラジルでは、1990年代に愕然とするほどの森林破壊が起き、法の制定(とデータの公開によって)森林破壊のペースは落ちています。でもこれで十分でしょうか?いいえ、まだまだです。彼は我々が何をすべきかについて5つのアイデアを紹介します。そして、ブラジルで得た教訓をもっと大きな問題、地球...
シュベンデュ・シャルマ: どこでも出来る小さな森の育て方
人間の手で作られた森は、その後は自然そのものの力に委ねられ、成熟するまでには通常少なくとも100年かかります。しかしその過程を私たちが10倍速くする事が出来たらどうなるでしょう。この短いトークの中で、エコ起業家(TEDフェロー)のシュベンデュ・シャルマは、どこでも出来る小さな森の生態系の作り方を説明しています。
レイラ・アジャラルー: 紙はプラスチックに勝る?環境の民間信仰を考え直す方法
多くの人が環境に良いことをしたいと思うでしょう。しかし実際は紙袋を選べば良いと言った単純なことではないと持続可能性を探るレイラ・アジャラルーは言います。システムと製品がおよぼす地球への影響を減らすため、固く信じられているエコ信仰に疑問を投げかけさらに広い視野で物事を見据える事が必要です。
ハリッシュ・マンワニ: 利益が全てではない
グローバル企業の最高執行責任者(COO)はバランスシートや収支ばかり見ていて、その遙か先まで考えているとは思わないかもしれません。でも、ユニリーバのCOOであるハリッシュ・マンワニは熱く語ります。最高意思決定者が、価値や目的、持続可能性を含めて事業を考えることは当然であるだけでなく、21世紀において社会的責任を持って事業運営をする唯一の方法であるというのです。
リアン・ピン・コウ: 無人飛行機から見た環境保全
生態学者のリアン・ピン・コウ氏が、世界の森林と野生生物を保護するために、無人飛行機を活用することを提案します。無人機は軽量で自律飛行を行い、自然界に生息する動物の追跡や、熱帯雨林の健全性の観察、さらに赤外線画像から密猟者を見つけ出して犯罪に対抗することも可能にします。おまけに価格もお手頃です。
スティーブ・ハワード: サステナブルなビジネスに全力投球!
イケアの青色の店舗の屋上にはソーラーパネルと風力発電機が取り付けられています。店舗内ではLED照明器具とリサイクル綿製品が。その理由は?家具の巨大チェーン店イケアの最高持続性責任者スティーブ・ハワードによれば、「持続性は、『できたらいいね』、から、『やるべし』、になった」からです。ハワードはこのトークで、イケアの環境にやさしい製品と社会的取り組み--社内規模のものから世界の顧客を対象にしたものまで--を販売す...
アンドラス・フォーガッシュ: 動物を殺さない皮革と肉の開発
2050年までには、増加した世界の人口に肉や乳製品、卵や皮革を提供するためには、1000億頭の動物を飼育する必要があります。これだけの数を飼育することは、地球に途方もない持続不可能な負荷をかけることになります。でも、もしも違う方法があったらどうでしょうか?再生医療の重要性を提唱するアンドラス・フォーガッシュは、このトークで、肉や皮革を生体培養によって作り出すことは、ハンバーグやハンドバックなどを求めて動物を殺...
アラン・セイボリー: 砂漠を緑地化させ気候変動を逆転させる方法
「砂漠化は、陸地が砂漠になることを表すしゃれた言葉に過ぎません。」 アラン・セイボリーは静かな口調で、この力強いトークを切り出します。恐ろしいことに、砂漠化は世界中の草原地帯の3分の2の地域で進んでおり、気候変動と伝統的な放牧民の社会崩壊を引き起こしています。セイボリー氏は砂漠化を止めることに一生を捧げています。彼が提唱し、実証が進む手法は驚くべき要素を取り入れて、草原の環境保全と砂漠地帯の緑化に効果を発...
ノア・ウィルソン・リッチ:都会で健康なミツバチを育てよう
不思議なことに田園地帯からミツバチが姿を消しており、農業にも大きな影響を与えることが懸念されています。その一方でミツバチはむしろ都市部で栄えており、また都市もミツバチを必要としているようです。ノア・ウィルソン・リッチが都市での養蜂が都市を活性化させ、またミツバチを救うことにもなるという提案を行います。(TEDxBostonにて収録)
ポール・ギルディン: 地球はもう限界です
我々の資源を使い終わったのではないか?地球上で住める空間は使い尽くしたのではないか?ポール・ギルディンによれば、その通りになっています。破滅的な結果が待ち受けるかもしれません。とても恐ろしいトークですが、奇妙なことに、同時に希望も感じることができます。
パヴァン・スクデフ: 自然に値札をつけろ!
私たちは毎日、考えも無しに地球の資源を無料で使用しています。もし、こうした資源の本当の価値に対して支払をしなければならないとしたら?私たちはもっと無駄遣いに敏感になるのではないでしょうか?パヴァン・スクデフは大自然の管財人のような存在です-彼は自然の持つ資産に評価額をつけます。彼が提示する空気の、水の、そして森の値段についてのチャートに、みなさん驚かれることでしょう。
アーサー・ポッツ・ドーソン:持続可能なレストランへのビジョン
どこかのレストランのキッチンに行ってみれば、大量の食べ物、水、エネルギーがそこで無駄に浪費している様子を目の当たりにするでしょう。シェフのアーサー・ポッツ・ドーソンは資源消費を最小限に抑えるレストランやスーパーマーケットを考案し、環境(とおいしい食べ物)に優しい持続可能なシステムのアイデアを共有します。
ジェイソン・クレイ: いかにして大企業が生物多様性保護に寄与できるか
WWFのジェイソン・クレイは、100の主要企業を持続可能な方向へ向かわせることで、世界の市場が我々人類の消費が増えすぎた地球を守るようになると言います。彼の特別な円卓会議が、いかにして大企業のライバル同士を、彼らが商品を店頭に並べ戦わせる前に、環境活動に同意させようとしているのか、聞いて下さい。
レイ・アンダーソン: 地球に優しい商業倫理
自身の経営する会社で、レイ・アンダーソンは売上を伸ばし、利益を倍増させました。伝統的に産業界の念頭にあった「取る、作る、捨てる」というシステムに革命を起こしました。丁寧にわかりやすく、その地球に優しい商売の魅力あふれる展望を紹介します。
ジェフ・キルシュナー: アプリで楽しくゴミ拾い
06:10
2017/03/22
地球はあまりにも広すぎて、きれいに保つのは難しいものです。TEDレジデントのジェフ・キルシュナーは世の中のゴミを特定・収集・場所特定できるアプリLitteratiを開発し、クラウドソーシング型の地球清掃コミュニティを生み出しました。そして100か国以上からゴミのデータが集まった今、データの活用をとおして企業や組織と協力し、道にゴミが捨てられることを未然に防げる未来を目指しています。
モニカ・アラヤ: 小さな国の大きなアイディア ― 化石燃料なき発展を目指して
15:52
2016/09/06
化石燃料なくしてどのように社会を築くのでしょうか?環境保護や再生可能エネルギーに積極的に取り組むコスタリカ人の一人として、気候変動対策の提唱者モニカ・アラヤは、すべての分野でクリーンなエネルギーだけを使用する世界についての大胆なビジョンを説明します。
モリー・ウィンター: 緑も人も健康になれる禁断のヒミツ
12:22
2016/09/02
私たちのウンチやオシッコは、実はスゴい力を秘めています。でも、活用されることはほとんどありません。モリー・ウィンターが、私たちの排泄物に対する嫌悪感をバッサリと斬り、いつもトイレに流されているモノを、気候変動対策への助っ人として、またイノベーションを促進させ、費用削減にも役立たせる事ができる一種の資源として見ようと呼びかけます。
シュベンデュ・シャルマ: 自宅の裏庭に森を作る方法
09:11
2016/08/22
森は人間の生活から遠く離れた、広範囲に渡る保護区域である必要はありません。それどころか、今ここで、たとえ街中であっても、作ることができます。TEDフェローで環境起業家でもあるシュベンデュ・シャルマは、土、微生物や有機物を駆使して、植物が自生するプロセスをスピードアップし、びっしりと生い茂り、生物多様性に溢れた小規模の人工森林を都市部で育てる事業をしています。10年で100年分の森林を育て、小さなジャングルを楽しめるようになる方法とは?シャルマの解説を見ていきましょう。
エマ・マリス: 自然はどこにでもある ― 自然の見つけ方を学びましょう
15:52
2016/08/19
皆さんは「自然」をどのように定義しますか?もし自然を人間に触れられたことのないものとしたなら、自然はなくなってしまうと環境作家エマ・マリスは言います。マリスが検討を促すのは新たな自然の定義、すなわち手つかずの原野だけでなく、都会に育つ手入れされていない草地を含めるという定義です。そして私たちにこう勧めます。子どもを外に連れ出して、そんな自然に触れ、触って遊べるようにしよう、そうすればいつか子どもたちは自然を愛し、保護するようになるかもしれないのだからと。
メラティ&イサベル・ワイゼン: 子どもたちが成し遂げた「バリのレジ袋廃止運動」
11:00
2016/02/19
レジ袋は基本的には分解されませんが、使用後は後先考えずに捨てられています。ほとんどは最終的に海に辿り着き、海水を汚染し、海の生命体を傷つけています。ごみとして燃やされたものは、大気中に有害なダイオキシンを放出します。メラティとイサベル・ワイゼンは、美しい故郷バリ島が、レジ袋によって汚染されるのを阻止しようという使命に目覚め、署名を集めたり、海岸を清掃したり、ハンストを決行しました。この努力は、バリの知事が2018年までに島におけるレジ袋を廃止するという宣言をしたことで報われました。イサベルは他のやる気溢れる活動家たちに向け「若いから分からないのだなどと、誰にも言わせちゃだめだ。」と言います。「楽な道のりだとは言いません。しかしやる価値はあると言いたいのです。」
アチェニョ・イダチャバ: どのように私は有害な植物を繁栄するビジネスに変えたのか
07:17
2016/02/11
綺麗な花を咲かせるウォーターヒヤシンスは、一見すると無害に見えるかもしれません ― しかし、実際には水路を塞ぎ、交易を止め、通学を阻害し、毎日の生活を崩壊させる有害な水草でした。この災難を、環境起業家のアチェニョ・イダチャバはチャンスとみなしました。彼女が水草を素晴らしい工芸品に変えていくまでをどうぞご覧ください。
デイビッド・セドラック: 壊滅的な水不足を避ける4つの方法
13:37
2016/01/29
世界の気候パターンが予想も付かない変化を続ける中、今まで飲み水が豊富にあった場所でも、貯水池が枯渇し、地下水が激減するかもしれません。このトークでは、市民環境エンジニアのデイビッド・セドラックが、進行中の都市の水問題を解決する4つの実用的な解決策を紹介します。彼の目標は、私たちの水源を、地域内の新しい水源に移行して、気候変動により将来起こるかもしれないあらゆる困難に耐えるシステムを作り上げることです。
トーファー・ホワイト: リサイクル携帯電話が熱帯雨林を救う
09:34
2015/03/03
熱帯雨林から聞こえてくるのは、鳥のさえずり、セミの鳴き声、テナガザルのはしゃぎ声などです。でも、背後で絶えず鳴っているのは、違法伐採者のチェーンソーの音です。エンジニアのトーファーは、違法伐採者を食い止めるための、シンプルで広範囲に使える方法について情報をシェアします。使うのは使い古しの携帯電話です。
タッソ・アゼベド: 森林保護活動から得たこと(気候変動防止への望み)
15:20
2015/01/09
「森林を守ろう」というスローガンは昔からありますが、タッソ・アゼベドは、今日ではどのような取り組みが行われているかを紹介します。ブラジルでは、1990年代に愕然とするほどの森林破壊が起き、法の制定(とデータの公開によって)森林破壊のペースは落ちています。でもこれで十分でしょうか?いいえ、まだまだです。彼は我々が何をすべきかについて5つのアイデアを紹介します。そして、ブラジルで得た教訓をもっと大きな問題、地球の気候変動の問題解決に適用できないか問いかけます。
シュベンデュ・シャルマ: どこでも出来る小さな森の育て方
04:26
2014/09/04
人間の手で作られた森は、その後は自然そのものの力に委ねられ、成熟するまでには通常少なくとも100年かかります。しかしその過程を私たちが10倍速くする事が出来たらどうなるでしょう。この短いトークの中で、エコ起業家(TEDフェロー)のシュベンデュ・シャルマは、どこでも出来る小さな森の生態系の作り方を説明しています。
レイラ・アジャラルー: 紙はプラスチックに勝る?環境の民間信仰を考え直す方法
18:07
2014/02/11
多くの人が環境に良いことをしたいと思うでしょう。しかし実際は紙袋を選べば良いと言った単純なことではないと持続可能性を探るレイラ・アジャラルーは言います。システムと製品がおよぼす地球への影響を減らすため、固く信じられているエコ信仰に疑問を投げかけさらに広い視野で物事を見据える事が必要です。
ハリッシュ・マンワニ: 利益が全てではない
07:49
2014/01/13
グローバル企業の最高執行責任者(COO)はバランスシートや収支ばかり見ていて、その遙か先まで考えているとは思わないかもしれません。でも、ユニリーバのCOOであるハリッシュ・マンワニは熱く語ります。最高意思決定者が、価値や目的、持続可能性を含めて事業を考えることは当然であるだけでなく、21世紀において社会的責任を持って事業運営をする唯一の方法であるというのです。
リアン・ピン・コウ: 無人飛行機から見た環境保全
13:30
2013/11/18
生態学者のリアン・ピン・コウ氏が、世界の森林と野生生物を保護するために、無人飛行機を活用することを提案します。無人機は軽量で自律飛行を行い、自然界に生息する動物の追跡や、熱帯雨林の健全性の観察、さらに赤外線画像から密猟者を見つけ出して犯罪に対抗することも可能にします。おまけに価格もお手頃です。
スティーブ・ハワード: サステナブルなビジネスに全力投球!
13:19
2013/10/21
イケアの青色の店舗の屋上にはソーラーパネルと風力発電機が取り付けられています。店舗内ではLED照明器具とリサイクル綿製品が。その理由は?家具の巨大チェーン店イケアの最高持続性責任者スティーブ・ハワードによれば、「持続性は、『できたらいいね』、から、『やるべし』、になった」からです。ハワードはこのトークで、イケアの環境にやさしい製品と社会的取り組み--社内規模のものから世界の顧客を対象にしたものまで--を販売する試みを紹介します。このイケアの試みは、世界展開する他の企業へイケアが提示する新たな課題でもあります。
アンドラス・フォーガッシュ: 動物を殺さない皮革と肉の開発
09:03
2013/09/19
2050年までには、増加した世界の人口に肉や乳製品、卵や皮革を提供するためには、1000億頭の動物を飼育する必要があります。これだけの数を飼育することは、地球に途方もない持続不可能な負荷をかけることになります。でも、もしも違う方法があったらどうでしょうか?再生医療の重要性を提唱するアンドラス・フォーガッシュは、このトークで、肉や皮革を生体培養によって作り出すことは、ハンバーグやハンドバックなどを求めて動物を殺す時代を過去に葬り去る、より文明化した新たな方法であると主張し、聴衆の目を開かせます。
アラン・セイボリー: 砂漠を緑地化させ気候変動を逆転させる方法
22:20
2013/03/04
「砂漠化は、陸地が砂漠になることを表すしゃれた言葉に過ぎません。」 アラン・セイボリーは静かな口調で、この力強いトークを切り出します。恐ろしいことに、砂漠化は世界中の草原地帯の3分の2の地域で進んでおり、気候変動と伝統的な放牧民の社会崩壊を引き起こしています。セイボリー氏は砂漠化を止めることに一生を捧げています。彼が提唱し、実証が進む手法は驚くべき要素を取り入れて、草原の環境保全と砂漠地帯の緑化に効果を発揮しようとしています。
ノア・ウィルソン・リッチ:都会で健康なミツバチを育てよう
12:42
2012/07/27
不思議なことに田園地帯からミツバチが姿を消しており、農業にも大きな影響を与えることが懸念されています。その一方でミツバチはむしろ都市部で栄えており、また都市もミツバチを必要としているようです。ノア・ウィルソン・リッチが都市での養蜂が都市を活性化させ、またミツバチを救うことにもなるという提案を行います。(TEDxBostonにて収録)
ポール・ギルディン: 地球はもう限界です
16:47
2012/02/29
我々の資源を使い終わったのではないか?地球上で住める空間は使い尽くしたのではないか?ポール・ギルディンによれば、その通りになっています。破滅的な結果が待ち受けるかもしれません。とても恐ろしいトークですが、奇妙なことに、同時に希望も感じることができます。
パヴァン・スクデフ: 自然に値札をつけろ!
11:13
2011/12/14
私たちは毎日、考えも無しに地球の資源を無料で使用しています。もし、こうした資源の本当の価値に対して支払をしなければならないとしたら?私たちはもっと無駄遣いに敏感になるのではないでしょうか?パヴァン・スクデフは大自然の管財人のような存在です-彼は自然の持つ資産に評価額をつけます。彼が提示する空気の、水の、そして森の値段についてのチャートに、みなさん驚かれることでしょう。
アーサー・ポッツ・ドーソン:持続可能なレストランへのビジョン
10:50
2010/12/03
どこかのレストランのキッチンに行ってみれば、大量の食べ物、水、エネルギーがそこで無駄に浪費している様子を目の当たりにするでしょう。シェフのアーサー・ポッツ・ドーソンは資源消費を最小限に抑えるレストランやスーパーマーケットを考案し、環境(とおいしい食べ物)に優しい持続可能なシステムのアイデアを共有します。
ジェイソン・クレイ: いかにして大企業が生物多様性保護に寄与できるか
23:39
2010/08/16
WWFのジェイソン・クレイは、100の主要企業を持続可能な方向へ向かわせることで、世界の市場が我々人類の消費が増えすぎた地球を守るようになると言います。彼の特別な円卓会議が、いかにして大企業のライバル同士を、彼らが商品を店頭に並べ戦わせる前に、環境活動に同意させようとしているのか、聞いて下さい。
レイ・アンダーソン: 地球に優しい商業倫理
16:40
2009/05/18
自身の経営する会社で、レイ・アンダーソンは売上を伸ばし、利益を倍増させました。伝統的に産業界の念頭にあった「取る、作る、捨てる」というシステムに革命を起こしました。丁寧にわかりやすく、その地球に優しい商売の魅力あふれる展望を紹介します。