ストーリーテリング

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ジル・ヒックス: テロ攻撃を生き延びて私が学んだこと
ジル・ヒックスの物語は、混沌と憎悪の念の燃えかすの中から生まれた、思いやりと人間性の物語です。2005年7月7日に起こったロンドンの爆破テロを生き延びた彼女は、その日の出来事について、そしていかに生き延びるかを考える中でもたらされた、深遠な教訓について語ります。
ラティフ・ナサー: 現代の「痛み」治療を生んだ男
患者にとって最も根本的で一番の悩みである「痛み」、医師たちはこれを、非常に長い間ほとんど無視してきました。ラティフ・ナサーは、詩情と知識あふれる語り口で、プロレスラーであり医師であったジョン・J・ボニカの驚くべき物語を語ります。ボニカは、痛みに真剣に向き合うよう医師たちを説得し、何百万もの人々の人生を変えた男なのです。
デイヴ・アイセイ: 身近な人が持っている、世界が記憶すべき物語
大切な人の話に耳を傾けることを通して、その人を称えることができる静かな場所を作りたいという思いから、デイヴ・アイセイは、2003年にStoryCorps(ストーリー・コー、お話し聞こう隊)の最初のブースをニューヨークのグランドセントラル駅構内に作りました。それ以来、StoryCorpsは広がり続け、人々の声を集めた記録として世界最大のものになりました。彼がTEDプライズにかける願いは、人類の知恵を集めたこのデジタルの記録をさらに...
アナンド・ギリダラダス: 2つのアメリカの物語と、衝突の現場になったコンビニ
同時多発テロの10日後にテキサスのコンビニで起きた衝撃的な襲撃事件は、被害者と加害者である2人の男の人生を狂わせました。『The True American』の著者アナンド・ギリダラダスが、この驚くべき話を通してその後の展開を語ります。これはアメリカで生きる上でたどり得る、2つの道に関する寓話です。そして2つの道が和解して1つになることを強く求めています。
ジェームズ・ホワイト・シニア: 家を借りるのさえ苦労した
53年前、ジェームズ・A・ホワイト・シニアは、アメリカ空軍に入隊しました。ところが、彼がアフリカ系アメリカ人だったために、家族が住む場所を近くに見つけるまで驚くほど苦労したのです。彼は力強いストーリーを通して、「日常的な人種差別」の体験を語ります。さらにその体験は、彼が孫に教えなければならなかった、警察官との関わり方に影を落としているのです。
コリン・グラント: 気難しい父親の息子として
コリン・グラントは、これまでの人生で、父親の世界と自分の世界のはざまで、感情の波間を漂ってきました。ジャマイカ出身の両親のもとでイングランドに生まれたグラントが、彼が育った移民コミュニティの中で共有された物語に目を向け、自分を拒んだ父親を許そうと思えるに至った過程を振り返ります。
ジョージ・タケイ: かつて自分を裏切った祖国を愛している訳
ジョージ・タケイがまだ幼かった頃、第二次世界大戦中の「保安」対策として、タケイ一家は日系アメリカ人であることを理由に、収容所での拘置を余儀なくされました。それから70年がたった今、当時の拘留体験が愛国心と民主主義という言葉に対する一風変わった独自の定義を形成した軌跡を振り返ります。
アブハ・デウェザール: 「デジタルの今」を生きる
一年前、アブハ・デウェザールはハリケーン・サンディの過ぎ去った停電中のマンハッタンに住んでおり、電力が復旧するのを待ち望んでいました。小説家として、彼女には次のような比喩が浮かんだと言います。私たちの生活は今やデジタルでつながりたいという衝動にとらわれ過ぎて、何がリアルであるかを見落としているのだろうか?
マルコム・グラッドウェル: 知られざるダビデとゴリアテの物語
それは弱者が強者を倒したという有名な物語。武器と言えば石投げだけの若い羊飼いダビデが、屈強の戦士ゴリアテを倒したのです。この話は聖書を通して広まり、思いもかけない勝利を表す決まり文句になりました。しかし、本当のダビデとゴリアテの話はどういうものだったのかと、マルコム・グラッドウェルは問いかけます。
ジョシュア・プレーガー: 僕の首を折った男を探しに
ジョシュア・プレーガーは19歳の時、バスの悲惨な事故で半身不随になりました。それから20年後、人生をめちゃくちゃにした運転手を探しにイスラエルに戻りました。再会した時の不思議な話をしながら、プレーガーは自然や社会環境、自己欺瞞、運命について深く追求します。
ローラ・スナイダー: 哲学朝食会
1812年、ケンブリッジ大学の4人の男性が朝食会に集まりました。この熱気に包まれた食事会は、後に新たな科学革命につながります。「科学者」という呼称を作るまで「自然哲学者」と呼ばれていた彼らが、この革命を通して科学研究に4つの原則を導入したのです。歴史家で哲学者のローラ・スナイダーが語るのは、彼ら4人の魅力的な逸話です。
カレン・トンプソン・ウォーカー: “恐怖”が教えてくれること
想像してください。あなたは遭難した船員で、広大な太平洋を漂流しています。自分と仲間の生存をかけて3つの針路から選択できますが、どの選択肢にも恐ろしい結末が待ち受けています。あなたならどう選びますか?小説家カレン・トンプソン・ウォーカーは捕鯨船エセックス号の話を通して、恐怖によっていかに想像が広がるかを説明します。恐怖によって私達は、起こりうる未来とその対処法を考えるようになるのです。
レム・シセイ: 政府保護下の子ども達
文学において、里子、養子、孤児となった子ども達は、長い間、格好のテーマとなってきました。モーゼからシンデレラ、オリバー・ツイストからハリーポッターまで。では、なぜ親無しの子ども達が、自分達の過去を隠さなければならないのでしょうか?詩人で、脚本家のレム・シセイが、彼自身の体験をもとに、心を揺すぶられるような話を聞かせてくれます。
エド・ギャバガン: 結び目と手術の物語
ある日、エド・ギャバガンは地下鉄で、結び目を作る練習をしている二人の医学生に出会いました。すると強烈な記憶が蘇りました ― それは彼の人生を永遠に変えてしまった衝撃的な瞬間のものでした。犯罪、技術と感謝の忘れられないストーリーです。
ジョン・ロンスン: サイコパス・テストへの奇妙なこたえ
狂気と正気を確実に分ける一線はあるのでしょうか?『サイコパスを探せ! 「狂気」をめぐる冒険』の著者ジョン・ロンスンが,身の毛もよだつような話を通して,正気と狂気の間にあるグレー・ゾーンを明らかにしていきます。(ライブ・サウンドミックス:ジュリアン・トレジャー アニメーション:エヴァン・グラント)
ラガヴァ・KK: あなたの200ヵ年計画は何ですか?
向こう5ヵ年の計画をお持ちの人は多いでしょう。でも200ヵ年計画はどうですか? 画家のラガヴァ・KK がディジタル時代の遺産として200年後に何を残そうとしているのか、語ります。そして我々にも同様な思考をするよう説きます。
アンドリュー・スタントン: すばらしい物語を創る方法
「トイ・ストーリー」「ウォーリー」を作った映画制作者 アンドリュー・スタントンが物語の伝え方について、結末から始まりへと遡りながら教えてくれます。 (一部不適切な表現が含まれます)
タン・レイ: 家族の絆の物語
2010年に TED Global のステージで新しい圧倒的なインターフェースを披露した技術者タン・レイ。今回の TEDxWomen では極めて個人的な話をします。彼女の一家が、母と祖母と妹とでベトナムを脱出して新たな生活を築く物語です。
アルベルト・カイロ: 人にはクズなどいない
アルベルト・カイロのアフガニスタンの治療院は、かつては戦闘が起きると閉鎖していました。現在は戦闘中でも開いています。TEDxRC2(RCは赤十字/赤新月を意味します)で、カイロは、戦いの最中に人間性と尊厳を見い出すことができたのは、なぜ、そしてどのようにしてであったかを語ります。
ロマーナ・パイアーソン: 思いもよらない回復の地
ロマーナ・パイアーソンが22歳の時、彼女は飲酒運転の車にはねられ、18か月もこん睡状態になりました。TED×DUで彼女は、老人ホームで集められた技と知恵によって達成された、自身の驚異的な回復についての物語を語ります。
ジョー・サビア: 語りの技術
飛び出す絵本という大胆な語りの手法を前世紀に発明したローター・メッゲンドルファーを、iPadを使ってジョー・サビアが私たちに紹介してくれます。洞窟の壁から自分のiPadパフォーマンスまで、いかに新しい技術がいつも私たちの物語を伝える助けにになってきたかをお伝えします。
マルコム・グラッドウェル: ノルデン爆撃照準器の奇妙な話
ストーリーテリングの名手マルコム・グラッドウェルが、第二次世界大戦における画期的な発明品であったノルデン爆撃照準機とそれがもたらした予想外の結末について聞かせてくれます。
ジョク・チャーチ: 思いやりの輪
この3分間のトークの中で、漫画家であり教育者でもあるジョク・チャーチは、誰も手を差し伸べてくれなかった時に、彼を助けた恩師に対して、どのようにその恩返しをしたのか、心を動かされる物語を紹介します。
レナード・サスキンド:友人リチャード・ファインマン
天才との親交とはどんなものなのでしょう。TEDxCaltechの壇上から、物理学者レナード・サスキンドが、伝説ともいえるリチャード・ファインマンとの交友関係について少しばかり披露してくれます。まじめな問題も、そうでない問題も、解決に導くファインマン流の型破りなアプローチについて語ります。
リック・エリアス: 不時着事故から学んだ三つのこと
2009年1月、ニューヨークを流れるハドソン川に不時着した1549便の最前列に座っていたリック・エリアス。不運に見舞われ降下を続ける機体の中で、心をよぎった思いとは。TEDで、初めて打ち明けてくれます。
ブルース・ファイラー: 父親団
ガンと診断されたブルース・ファイラーは、幼い子供と妻のことを心配しました。そこで、親しい友人たちに「父親団」として、彼らが人生経験から得た知恵を、成長していくであろう双子の娘たちに与えてくれるよう頼んだのです。その様子を脱線をまじえて面白おかしく語っていますが、実に考えさせられる話です。
シモン・ショケン: ライド・オブ・ホープ
コンピューター・サイエンスの教授であるシモン・ショケンは、熱心なマウンテン・バイカーでもあります。山道を自転車で駆け上る中で、彼が獲得した人生の教訓を共有するために、イスラエルの少年受刑者を対象に、アウトドアプログラムを開始しました。そして彼らの人生の大いなる困難と本当の成功に触れることになります。
ステイシー・クレマー: 人生最高の贈り物
恐ろしく、衝撃的で代償を伴う経験がいかにして最高の贈り物になり得るのか?ステイシー・クレマーが実体験に基づいた例え話を3分間で語ります
エリフ・シャファク: フィクション小説の利害
物語は想像力を広げます。物語を紡ぐことで文化の壁を超え、様々な経験を得て、他者の心の内を理解することができます。エリフ・シャファクは、この明確な概念のもとに、フィクション小説がアイデンティティ政治を乗り越えられると語ります。
チママンダ・アディーチェ: シングルストーリーの危険性
我々の生活や文化は数々の話が重なり合って構成されています。作家のチママンダ・アディーチェは、どのように真の文化的声を探しだしたのかを語り、ある人間や国に対するたった一つの話を聴くだけでは、文化的な誤解を招く可能性があると指摘しています。
ソーパール・イアー: クメール・ルージュからの脱出
TEDフェローであるソーパール・イアーがクメール・ルージュ支配下にあったカンボジアから脱出した家族の感動的な体験を話します。イアーの母が子どもたちを救うために選んだ知恵と決意を物語ります。
ジル・ヒックス: テロ攻撃を生き延びて私が学んだこと
10:38
2016/07/18
ジル・ヒックスの物語は、混沌と憎悪の念の燃えかすの中から生まれた、思いやりと人間性の物語です。2005年7月7日に起こったロンドンの爆破テロを生き延びた彼女は、その日の出来事について、そしていかに生き延びるかを考える中でもたらされた、深遠な教訓について語ります。
ラティフ・ナサー: 現代の「痛み」治療を生んだ男
13:51
2015/07/01
患者にとって最も根本的で一番の悩みである「痛み」、医師たちはこれを、非常に長い間ほとんど無視してきました。ラティフ・ナサーは、詩情と知識あふれる語り口で、プロレスラーであり医師であったジョン・J・ボニカの驚くべき物語を語ります。ボニカは、痛みに真剣に向き合うよう医師たちを説得し、何百万もの人々の人生を変えた男なのです。
デイヴ・アイセイ: 身近な人が持っている、世界が記憶すべき物語
21:42
2015/03/25
大切な人の話に耳を傾けることを通して、その人を称えることができる静かな場所を作りたいという思いから、デイヴ・アイセイは、2003年にStoryCorps(ストーリー・コー、お話し聞こう隊)の最初のブースをニューヨークのグランドセントラル駅構内に作りました。それ以来、StoryCorpsは広がり続け、人々の声を集めた記録として世界最大のものになりました。彼がTEDプライズにかける願いは、人類の知恵を集めたこのデジタルの記録をさらに大きくすることです。StoryCorpsを全世界に広めようという彼のビジョン、そして、StoryCorpsアプリでインタビューをすることで、その一翼を担う方法をお聞きください。
アナンド・ギリダラダス: 2つのアメリカの物語と、衝突の現場になったコンビニ
2015/03/24
同時多発テロの10日後にテキサスのコンビニで起きた衝撃的な襲撃事件は、被害者と加害者である2人の男の人生を狂わせました。『The True American』の著者アナンド・ギリダラダスが、この驚くべき話を通してその後の展開を語ります。これはアメリカで生きる上でたどり得る、2つの道に関する寓話です。そして2つの道が和解して1つになることを強く求めています。
ジェームズ・ホワイト・シニア: 家を借りるのさえ苦労した
14:20
2015/02/20
53年前、ジェームズ・A・ホワイト・シニアは、アメリカ空軍に入隊しました。ところが、彼がアフリカ系アメリカ人だったために、家族が住む場所を近くに見つけるまで驚くほど苦労したのです。彼は力強いストーリーを通して、「日常的な人種差別」の体験を語ります。さらにその体験は、彼が孫に教えなければならなかった、警察官との関わり方に影を落としているのです。
コリン・グラント: 気難しい父親の息子として
17:29
2014/09/05
コリン・グラントは、これまでの人生で、父親の世界と自分の世界のはざまで、感情の波間を漂ってきました。ジャマイカ出身の両親のもとでイングランドに生まれたグラントが、彼が育った移民コミュニティの中で共有された物語に目を向け、自分を拒んだ父親を許そうと思えるに至った過程を振り返ります。
ジョージ・タケイ: かつて自分を裏切った祖国を愛している訳
15:58
2014/07/04
ジョージ・タケイがまだ幼かった頃、第二次世界大戦中の「保安」対策として、タケイ一家は日系アメリカ人であることを理由に、収容所での拘置を余儀なくされました。それから70年がたった今、当時の拘留体験が愛国心と民主主義という言葉に対する一風変わった独自の定義を形成した軌跡を振り返ります。
アブハ・デウェザール: 「デジタルの今」を生きる
12:02
2013/10/30
一年前、アブハ・デウェザールはハリケーン・サンディの過ぎ去った停電中のマンハッタンに住んでおり、電力が復旧するのを待ち望んでいました。小説家として、彼女には次のような比喩が浮かんだと言います。私たちの生活は今やデジタルでつながりたいという衝動にとらわれ過ぎて、何がリアルであるかを見落としているのだろうか?
マルコム・グラッドウェル: 知られざるダビデとゴリアテの物語
15:41
2013/09/30
それは弱者が強者を倒したという有名な物語。武器と言えば石投げだけの若い羊飼いダビデが、屈強の戦士ゴリアテを倒したのです。この話は聖書を通して広まり、思いもかけない勝利を表す決まり文句になりました。しかし、本当のダビデとゴリアテの話はどういうものだったのかと、マルコム・グラッドウェルは問いかけます。
ジョシュア・プレーガー: 僕の首を折った男を探しに
18:31
2013/04/17
ジョシュア・プレーガーは19歳の時、バスの悲惨な事故で半身不随になりました。それから20年後、人生をめちゃくちゃにした運転手を探しにイスラエルに戻りました。再会した時の不思議な話をしながら、プレーガーは自然や社会環境、自己欺瞞、運命について深く追求します。
ローラ・スナイダー: 哲学朝食会
12:35
2013/04/12
1812年、ケンブリッジ大学の4人の男性が朝食会に集まりました。この熱気に包まれた食事会は、後に新たな科学革命につながります。「科学者」という呼称を作るまで「自然哲学者」と呼ばれていた彼らが、この革命を通して科学研究に4つの原則を導入したのです。歴史家で哲学者のローラ・スナイダーが語るのは、彼ら4人の魅力的な逸話です。
カレン・トンプソン・ウォーカー: “恐怖”が教えてくれること
11:30
2013/01/02
想像してください。あなたは遭難した船員で、広大な太平洋を漂流しています。自分と仲間の生存をかけて3つの針路から選択できますが、どの選択肢にも恐ろしい結末が待ち受けています。あなたならどう選びますか?小説家カレン・トンプソン・ウォーカーは捕鯨船エセックス号の話を通して、恐怖によっていかに想像が広がるかを説明します。恐怖によって私達は、起こりうる未来とその対処法を考えるようになるのです。
レム・シセイ: 政府保護下の子ども達
15:36
2012/10/24
文学において、里子、養子、孤児となった子ども達は、長い間、格好のテーマとなってきました。モーゼからシンデレラ、オリバー・ツイストからハリーポッターまで。では、なぜ親無しの子ども達が、自分達の過去を隠さなければならないのでしょうか?詩人で、脚本家のレム・シセイが、彼自身の体験をもとに、心を揺すぶられるような話を聞かせてくれます。
エド・ギャバガン: 結び目と手術の物語
12:21
2012/09/22
ある日、エド・ギャバガンは地下鉄で、結び目を作る練習をしている二人の医学生に出会いました。すると強烈な記憶が蘇りました ― それは彼の人生を永遠に変えてしまった衝撃的な瞬間のものでした。犯罪、技術と感謝の忘れられないストーリーです。
ジョン・ロンスン: サイコパス・テストへの奇妙なこたえ
18:02
2012/08/15
狂気と正気を確実に分ける一線はあるのでしょうか?『サイコパスを探せ! 「狂気」をめぐる冒険』の著者ジョン・ロンスンが,身の毛もよだつような話を通して,正気と狂気の間にあるグレー・ゾーンを明らかにしていきます。(ライブ・サウンドミックス:ジュリアン・トレジャー アニメーション:エヴァン・グラント)
ラガヴァ・KK: あなたの200ヵ年計画は何ですか?
10:59
2012/07/04
向こう5ヵ年の計画をお持ちの人は多いでしょう。でも200ヵ年計画はどうですか? 画家のラガヴァ・KK がディジタル時代の遺産として200年後に何を残そうとしているのか、語ります。そして我々にも同様な思考をするよう説きます。
アンドリュー・スタントン: すばらしい物語を創る方法
19:17
2012/03/06
「トイ・ストーリー」「ウォーリー」を作った映画制作者 アンドリュー・スタントンが物語の伝え方について、結末から始まりへと遡りながら教えてくれます。 (一部不適切な表現が含まれます)
タン・レイ: 家族の絆の物語
12:17
2012/02/24
2010年に TED Global のステージで新しい圧倒的なインターフェースを披露した技術者タン・レイ。今回の TEDxWomen では極めて個人的な話をします。彼女の一家が、母と祖母と妹とでベトナムを脱出して新たな生活を築く物語です。
アルベルト・カイロ: 人にはクズなどいない
19:03
2011/12/23
アルベルト・カイロのアフガニスタンの治療院は、かつては戦闘が起きると閉鎖していました。現在は戦闘中でも開いています。TEDxRC2(RCは赤十字/赤新月を意味します)で、カイロは、戦いの最中に人間性と尊厳を見い出すことができたのは、なぜ、そしてどのようにしてであったかを語ります。
ロマーナ・パイアーソン: 思いもよらない回復の地
11:13
2011/12/16
ロマーナ・パイアーソンが22歳の時、彼女は飲酒運転の車にはねられ、18か月もこん睡状態になりました。TED×DUで彼女は、老人ホームで集められた技と知恵によって達成された、自身の驚異的な回復についての物語を語ります。
ジョー・サビア: 語りの技術
03:52
2011/11/23
飛び出す絵本という大胆な語りの手法を前世紀に発明したローター・メッゲンドルファーを、iPadを使ってジョー・サビアが私たちに紹介してくれます。洞窟の壁から自分のiPadパフォーマンスまで、いかに新しい技術がいつも私たちの物語を伝える助けにになってきたかをお伝えします。
マルコム・グラッドウェル: ノルデン爆撃照準器の奇妙な話
15:01
2011/10/26
ストーリーテリングの名手マルコム・グラッドウェルが、第二次世界大戦における画期的な発明品であったノルデン爆撃照準機とそれがもたらした予想外の結末について聞かせてくれます。
ジョク・チャーチ: 思いやりの輪
03:34
2011/06/22
この3分間のトークの中で、漫画家であり教育者でもあるジョク・チャーチは、誰も手を差し伸べてくれなかった時に、彼を助けた恩師に対して、どのようにその恩返しをしたのか、心を動かされる物語を紹介します。
レナード・サスキンド:友人リチャード・ファインマン
14:42
2011/05/16
天才との親交とはどんなものなのでしょう。TEDxCaltechの壇上から、物理学者レナード・サスキンドが、伝説ともいえるリチャード・ファインマンとの交友関係について少しばかり披露してくれます。まじめな問題も、そうでない問題も、解決に導くファインマン流の型破りなアプローチについて語ります。
リック・エリアス: 不時着事故から学んだ三つのこと
05:03
2011/04/26
2009年1月、ニューヨークを流れるハドソン川に不時着した1549便の最前列に座っていたリック・エリアス。不運に見舞われ降下を続ける機体の中で、心をよぎった思いとは。TEDで、初めて打ち明けてくれます。
ブルース・ファイラー: 父親団
20:34
2011/01/28
ガンと診断されたブルース・ファイラーは、幼い子供と妻のことを心配しました。そこで、親しい友人たちに「父親団」として、彼らが人生経験から得た知恵を、成長していくであろう双子の娘たちに与えてくれるよう頼んだのです。その様子を脱線をまじえて面白おかしく語っていますが、実に考えさせられる話です。
シモン・ショケン: ライド・オブ・ホープ
17:47
2010/11/17
コンピューター・サイエンスの教授であるシモン・ショケンは、熱心なマウンテン・バイカーでもあります。山道を自転車で駆け上る中で、彼が獲得した人生の教訓を共有するために、イスラエルの少年受刑者を対象に、アウトドアプログラムを開始しました。そして彼らの人生の大いなる困難と本当の成功に触れることになります。
ステイシー・クレマー: 人生最高の贈り物
06:27
2010/10/08
恐ろしく、衝撃的で代償を伴う経験がいかにして最高の贈り物になり得るのか?ステイシー・クレマーが実体験に基づいた例え話を3分間で語ります
エリフ・シャファク: フィクション小説の利害
20:16
2010/07/19
物語は想像力を広げます。物語を紡ぐことで文化の壁を超え、様々な経験を得て、他者の心の内を理解することができます。エリフ・シャファクは、この明確な概念のもとに、フィクション小説がアイデンティティ政治を乗り越えられると語ります。
チママンダ・アディーチェ: シングルストーリーの危険性
19:17
2009/10/07
我々の生活や文化は数々の話が重なり合って構成されています。作家のチママンダ・アディーチェは、どのように真の文化的声を探しだしたのかを語り、ある人間や国に対するたった一つの話を聴くだけでは、文化的な誤解を招く可能性があると指摘しています。
ソーパール・イアー: クメール・ルージュからの脱出
05:58
2009/07/08
TEDフェローであるソーパール・イアーがクメール・ルージュ支配下にあったカンボジアから脱出した家族の感動的な体験を話します。イアーの母が子どもたちを救うために選んだ知恵と決意を物語ります。