貧困

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
アンドリュー・ユーン: 私たちに貧困との戦いを終わらせることが出来る三つの理由
世界の最貧困層の半分に共通することは、彼らがみな小規模農家であるということです。この目を見張る講演で、活動家であるアンドリュー・ユーンは、彼の組織「One Acre Fund(1エーカー基金)」が、どのようにしてそういった農家が貧困から抜け出す手助けをしているのかお見せします。その方法とは、世界中で既に使われている命を支える農業サービスを届けるということです。飢餓や極度の貧困をなくすことなど出来はしないと思いながら...
ミア・バードソング: 世間で語られる貧困の嘘
グローバルコミュニティとして、私たちは誰もが貧困に終止符を打ちたいと願っています。ミア・バードソングは、その運動の素晴らしいスタートラインを提唱しています。日々貧しい人々が、貧困との苦闘に持ち込むスキル、原動力、自発性を尊重しようというものです。彼女は、私たちに貧困の中にいる人々を見つめ直すよう求めています。彼らはお金はなくとも、逆境に負けてはいないのです。
ゲイリー・ホーゲン: 世界は今、貧困の隠された理由にこそ立ち向かわなければならない
公民権を専門とする弁護士のゲイリー・ホーゲンは、「1980年代以降、援助しようとする人々の思いやりの心の大きな波によって、地球規模の貧困が減少した」と話します。しかし、世界規模で金銭面での支援が行われているにも拘らず、ある隠れた問題が蔓延することで貧困は残り続けています。ゲイリー・ホーゲンが、この隠れた根本的原因を明らかにします。我々はこの事実を認識して、それに対処しなくてはなりません。
ジョイ・サン: 援助の新しい形
テクノロジーが、世界で極貧にあえぐ人達に直接現金を届けることを可能にしつつあります。私たちもそうすべきでしょうか?熟練の援助従事者であるジョイ・サンが、示唆に富んだ講演で、貧しい人達を助ける2つの方法を紹介します。
ポール・フォレロス: 貧困を減らすには?家を直そう
1985年、建築家のポール・フォレロスは、アボリジニが運営する医療施設の責任者に南オーストラリアの小さな原住民のコミュニティで「人々が病気にならないようにする」という課題を突きつけられました。本質を見極めるポイントは ー 医学の視点に捉われず、現地の環境を変えること。生き生きとした対話型の語り口で、フォレロスは自身が率いる"ヘルス ハビタ"がオーストラリア国内外で取り組んでいる、実用的な修繕を施すこと...
ボノ:貧困についての良いニュース(そう、良いニュースもあるんだ)
人間は3,000年にわたって不平等と貧困をなくすためのキャンペーンを行ってきましたが、その旅が速度を増しています。このトークでは、自らの「内なるオタク心」を受け入れたボノが、刺激的なデータを提示します。今の勢いを保てば、貧困をなくすことも視野に入れることができる、というデータです。
ジェイミー・ドラモンド: 世界の目標はクラウドソーシングで達成しよう
西暦2000年、国連は貧困の撲滅・疾病の防止をはじめとする、より良い世界の実現に向けた8つのゴール(ミレニアム開発目標)を設定。達成期限である2015年が近づく中、ONE.orgのジェイミー・ドラモンドが、ミレニアム開発目標の目覚ましい成功事例を解説します。さらに、クラウドソーシングによって民衆の参加を促し、向こう15年の活動を建て直そうと訴えます。
ジェシカ・ジャクリー: 貧困、お金、そして愛
貧しい人のことをあなたはどう考えているでしょうか。かつてのジェシカ・ジャクリーと同じように、「彼ら」は「私たち」の助けを必要としていると考え、ボトルにコインを貯めたりしていませんか。Kiva.org の共同創立者のジェシカ・ジャクリーが、彼女の考え方がどう変わり、彼女が進めるマイクロファイナンスが一日数ドルで暮らす人たちにどんなに新しい力をもたらしているかを語ります。
エスター・デュフロ: 貧困に立ち向かう社会的実験
貧困の軽減を目指すには科学以上に手探りな面が見られます。援助がもたらす影響に関するデータ不足は、援助の提供の仕方について疑問を掲げます。しかし、クラークメダル受賞者であるエスター・デュフロは解決策をランダム化試験で試す事で、どのような発展努力がうまくいくのか否かがわかると言います。
ジャクリン・ノヴォグラッツ: 援助への第三の道
対外援助の議論において「慈善事業」に不信感を抱く人と「市場の信頼性」に不信感を抱く人はしばしば対立します。ジャクリン・ノヴォグラッツは起業家精神あふれるイノベーションによる社会変革の有望な例を上げながら、彼女が寛容資本と呼ぶ中道を提案します。
ジャクリン・ノヴォグラッツ: 貧困からの避難
ジャクリン・ノヴォクラッツがナイロビのスラム街で出会ったジェーンという女性との感動的なストーリーを語ります。ジェーンは元売春婦で、彼女の夢は貧困から避難し、医者になり、幸せな結婚をすることでしたが、予想しないかたちで夢が実現します。
アンドリュー・ユーン: 私たちに貧困との戦いを終わらせることが出来る三つの理由
13:14
2016/07/06
世界の最貧困層の半分に共通することは、彼らがみな小規模農家であるということです。この目を見張る講演で、活動家であるアンドリュー・ユーンは、彼の組織「One Acre Fund(1エーカー基金)」が、どのようにしてそういった農家が貧困から抜け出す手助けをしているのかお見せします。その方法とは、世界中で既に使われている命を支える農業サービスを届けるということです。飢餓や極度の貧困をなくすことなど出来はしないと思いながらこの講演を聞き始めても、終わったときにはこの世界最大の問題のスケールについて新たな理解を手にしていることでしょう。
ミア・バードソング: 世間で語られる貧困の嘘
15:16
2015/10/05
グローバルコミュニティとして、私たちは誰もが貧困に終止符を打ちたいと願っています。ミア・バードソングは、その運動の素晴らしいスタートラインを提唱しています。日々貧しい人々が、貧困との苦闘に持ち込むスキル、原動力、自発性を尊重しようというものです。彼女は、私たちに貧困の中にいる人々を見つめ直すよう求めています。彼らはお金はなくとも、逆境に負けてはいないのです。
ゲイリー・ホーゲン: 世界は今、貧困の隠された理由にこそ立ち向かわなければならない
22:06
2015/04/21
公民権を専門とする弁護士のゲイリー・ホーゲンは、「1980年代以降、援助しようとする人々の思いやりの心の大きな波によって、地球規模の貧困が減少した」と話します。しかし、世界規模で金銭面での支援が行われているにも拘らず、ある隠れた問題が蔓延することで貧困は残り続けています。ゲイリー・ホーゲンが、この隠れた根本的原因を明らかにします。我々はこの事実を認識して、それに対処しなくてはなりません。
ジョイ・サン: 援助の新しい形
07:39
2014/10/22
テクノロジーが、世界で極貧にあえぐ人達に直接現金を届けることを可能にしつつあります。私たちもそうすべきでしょうか?熟練の援助従事者であるジョイ・サンが、示唆に富んだ講演で、貧しい人達を助ける2つの方法を紹介します。
ポール・フォレロス: 貧困を減らすには?家を直そう
17:39
2013/06/20
1985年、建築家のポール・フォレロスは、アボリジニが運営する医療施設の責任者に南オーストラリアの小さな原住民のコミュニティで「人々が病気にならないようにする」という課題を突きつけられました。本質を見極めるポイントは ー 医学の視点に捉われず、現地の環境を変えること。生き生きとした対話型の語り口で、フォレロスは自身が率いる"ヘルス ハビタ"がオーストラリア国内外で取り組んでいる、実用的な修繕を施すことで貧困を減らすプロジェクトを紹介します。
ボノ:貧困についての良いニュース(そう、良いニュースもあるんだ)
13:57
2013/03/14
人間は3,000年にわたって不平等と貧困をなくすためのキャンペーンを行ってきましたが、その旅が速度を増しています。このトークでは、自らの「内なるオタク心」を受け入れたボノが、刺激的なデータを提示します。今の勢いを保てば、貧困をなくすことも視野に入れることができる、というデータです。
ジェイミー・ドラモンド: 世界の目標はクラウドソーシングで達成しよう
12:10
2012/07/17
西暦2000年、国連は貧困の撲滅・疾病の防止をはじめとする、より良い世界の実現に向けた8つのゴール(ミレニアム開発目標)を設定。達成期限である2015年が近づく中、ONE.orgのジェイミー・ドラモンドが、ミレニアム開発目標の目覚ましい成功事例を解説します。さらに、クラウドソーシングによって民衆の参加を促し、向こう15年の活動を建て直そうと訴えます。
ジェシカ・ジャクリー: 貧困、お金、そして愛
18:34
2010/10/18
貧しい人のことをあなたはどう考えているでしょうか。かつてのジェシカ・ジャクリーと同じように、「彼ら」は「私たち」の助けを必要としていると考え、ボトルにコインを貯めたりしていませんか。Kiva.org の共同創立者のジェシカ・ジャクリーが、彼女の考え方がどう変わり、彼女が進めるマイクロファイナンスが一日数ドルで暮らす人たちにどんなに新しい力をもたらしているかを語ります。
エスター・デュフロ: 貧困に立ち向かう社会的実験
17:18
2010/05/04
貧困の軽減を目指すには科学以上に手探りな面が見られます。援助がもたらす影響に関するデータ不足は、援助の提供の仕方について疑問を掲げます。しかし、クラークメダル受賞者であるエスター・デュフロは解決策をランダム化試験で試す事で、どのような発展努力がうまくいくのか否かがわかると言います。
ジャクリン・ノヴォグラッツ: 援助への第三の道
17:06
2009/09/25
対外援助の議論において「慈善事業」に不信感を抱く人と「市場の信頼性」に不信感を抱く人はしばしば対立します。ジャクリン・ノヴォグラッツは起業家精神あふれるイノベーションによる社会変革の有望な例を上げながら、彼女が寛容資本と呼ぶ中道を提案します。
ジャクリン・ノヴォグラッツ: 貧困からの避難
07:30
2009/03/24
ジャクリン・ノヴォクラッツがナイロビのスラム街で出会ったジェーンという女性との感動的なストーリーを語ります。ジェーンは元売春婦で、彼女の夢は貧困から避難し、医者になり、幸せな結婚をすることでしたが、予想しないかたちで夢が実現します。