ブログと人 (9)

デレク・シヴァーズ: 「変? それとも違うだけ?」
03:13
2010/01/29
「あらゆるものは別な見方ができる」とよく言いますが、それが思わぬところで当たっていることを、デレク・シヴァーズが2分間で示して見せてくれます。
イヴ・エンスラー: 忘れられた女子細胞
20:25
2010/01/27
情熱的なトークの中で、イヴ・エンスラーは私たちの中には女子細胞があると宣言します。私たちはそれを抑圧するように教えられてきました。 世界中で信じられないような逆境や暴力を克服した女の子たちの衝撃的な物語を語り、「女子」の驚くべき強さを明らかにします。
デイビッド・ブレイン: 17分間の息止め世界記録
20:19
2010/01/19
TEDMEDから、マジシャンでありスタントマンでもあるデイビッド・ブレインが、水中で17分間息を止めた-世界記録(このトークよりほんの1分短いだけ!)-体験談と、彼の死と隣合わせの仕事の意味を語ります。注意:絶対にまねはしないでください。
シェリーン・エルフェキ: アラブ世界のポップカルチャー
07:38
2009/12/11
音楽ビデオ、漫画、バービーなどの西洋ポップカルチャーのトレードマークをアラブ文化に取り入れ、文化的に許される進展を加えている様子をシェリーン・エルフェキがTED Global Universityにて話します。かけ合わせのメディアからは、いかに二つの文明が割けることなく繋がりあっていくことができるのかがわかります。
フィールズ・ウィッカー・ミウリン: リーダーシップに関する「隠れたマニュアル」
16:35
2009/11/19
リーダシップにはマニュアルはありませんが、地域レベルで働く素晴らしいリーダー達は良い見本になるとフィールズ・ウィカー・ミウリンは述べます。彼女がロンドンのTEDサロンで3人のリーダーについて語ります。
シンシア・シュナイダー: 視聴者オーディション番組の驚くべき広がり
08:10
2009/11/13
シンシア・シュナイダーがアフガニスタンとアラブ首長国連邦で放送されている「アメリカン・アイドル」形式の番組を取り上げて、これらのリアリティTVが社会に与えている驚くべき影響を示します。
ベッキー・ブラントン: 私のホームレス体験
09:42
2009/10/28
ベッキー・ブラントンは、一年間バン暮らしながら旅をして回ろうと考えました。しかし鬱になり、フリーランスの職を失った時、彼女のキャンプ旅行はホームレス状態に変わりました。この個人的トークで、彼女は自分がアメリカのワーキングホームレスの一人になった時の体験を語ります。
イタイ・タルガム: 偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ
23:24
2009/10/21
オーケストラの指揮者はきわめて難しいリーダーシップの問題に直面します。一言も発することなく完璧なハーモニーを作り出すということです。この魅力的な講演で、イタイ・タルガムは20世紀の偉大な指揮者5人それぞれの独特なスタイルを示し、リーダーの立場にいるすべての人にとって重要な教訓を引き出しています。
ロリー・サザーランド: 広告マンの人生の教訓
19:12
2009/10/14
宣伝広告は、製品そのものを変えるのでなく、私たちの見方を変えることで製品の価値を高めます。ロリー・サザーランドは「知覚価値を変えることで、私たちの思う『実際の価値』と同様の満足感を与えることができる」と大胆な主張をし、私たちの人生観に興味深い影響を与える結論を提示します。
サム・マーティン: 「男の空間」という癖のある世界
04:58
2009/10/09
作家のサム・マーティンが様々なものに彩られた「男の空間」と言える癖のある趣味の世界の写真を披露してくれます(カスタマイズされた居住空間で、男が働き、くつろぎ、そして自分自身になることができるテリトリーです)。冷たいのを一杯おやり下さい。
チママンダ・アディーチェ: シングルストーリーの危険性
19:17
2009/10/07
我々の生活や文化は数々の話が重なり合って構成されています。作家のチママンダ・アディーチェは、どのように真の文化的声を探しだしたのかを語り、ある人間や国に対するたった一つの話を聴くだけでは、文化的な誤解を招く可能性があると指摘しています。
デビッド・ローガン: 集団のリーダーシップ
16:37
2009/10/06
TEDxUSCでは、経営学の教授であるデビッド・ローガンが、学校や職場、そして運転免許センターなどで人間が自然と形成する、5種類の集団についてお話しします。私達が共有する集団の傾向を理解することで、よりよい個人へとお互いを導く一助となるでしょう。
ステファン・サグマイスター:長期充電休暇のちから
17:37
2009/10/05
クリエイティブな取り組みへの考え方をリセットし活性化させるため、デザイナーのステファン・サグマイスターは7年ごとに1年間ニューヨークのスタジオを閉め、充電のための長期休暇を設けています。そんな彼が普段見過ごしている長期休暇の力について説明し、バリで過ごした時間の中で生まれた創造力に富んだプロジェクトを紹介します。
ウィリアム・カムクァンバ: 私がやって見せた風力発電
05:56
2009/09/23
貧困と飢饉という環境の中、マラウィ人の少年が14歳にして自家発電用の風車を作りました。現在22歳になったウィリアム・カムクァンバが2度目のTEDステージで、彼自身の人生を変えた心を打たれる発明品の話をします。
ルイス・ピュー: 北極海での水泳
20:54
2009/09/09
ルイス・ピューが北極海を泳いで渡り、自らの記録を打ち破った話を紹介します。氷のように冷たい海を水泳着だけで泳いだのは、解けつつある氷冠に脚光を当てるためでした。驚くべき様子を記録したビデオと、寒冷水泳の現実に関する率直すぎるほどの解説をご覧ください。
スティーブ・トルグリア: スカイダイビング世界記録への挑戦
15:47
2009/09/07
スティーブ・トルグリアは本業で、車をひっくり返したり、火の中を歩いたり、建物から落ちたりします。そこで、スタントをより激しくかつ安全に、そして素晴らしいものにするために、最新技術を推進しています。TEDGlobal 2009では、次に挑戦するスリル満点のスタント、これまでで最も高い成層圏からのスカイダイビングについて、順を追って説明しています。
ダニエル・ピンク: やる気に関する驚きの科学
18:37
2009/08/25
キャリアアナリストであるダニエル・ピンクが、社会科学者が知っていて多くのマネージャが知らない「伝統的な報奨は我々が考えているほど有効ではない」という事実を手始めに、やる気の謎を調べます。啓発される話に耳を傾け、そして前に進むことにしましょう。
ソーパール・イアー: クメール・ルージュからの脱出
05:58
2009/07/08
TEDフェローであるソーパール・イアーがクメール・ルージュ支配下にあったカンボジアから脱出した家族の感動的な体験を話します。イアーの母が子どもたちを救うために選んだ知恵と決意を物語ります。
レイ・ザハブ: 南極点まで歩きます
05:54
2009/06/26
エクストリーム・ランナー、レイ・ザハブが、南極点までの徒歩旅行?33日間の雪中全力疾走の世界新記録の旅について、情熱的に、詳しく語ります。
フィリップ・ジンバルド: 時間と健全に向き合う処方箋
07:07
2009/06/22
心理学者フィリップ・ジンバルドは幸福と成功は我々が一番無視しがちな特質にある、といいます:それは我々が過去・現在・未来に向き合う方法です。彼は、時間に関する観点を修正することが、人生をより良くする最初のステップだと言います。
リチャード・セント・ジョン: 成功とは終わりのない旅である
2009/06/15
リチャード・セント・ジョンが、彼ならではの率直なスタイルで、成功とは一方通行ではなく終わりのない旅であることを語ります。自身のビジネスの成長と没落を例に挙げながら、「挑戦を止めた時、人は失敗する」という貴重な教えを伝えます。
ナンシー・エトコフ: 幸せとは、いったい何か
14:21
2009/06/13
認知科学を研究する、ナンシー・エトコフが幸せについて語ります -- もっと幸せになろうとする私たちの努力、幸せが実際の状況に結びつかない現実、思いもよらなかった幸せの身体への影響を考えます。
ホアキム・デ・ポサダ: マシュマロはまだ食べちゃダメ!
07:15
2009/05/24
TED Uでのこの短い講演で、ホアキム・デ・ポサダが、楽しみを後に取っておくことに関する画期的な実験について、そしてその実験がどのように将来の成功を予見できるものかについて紹介します。子どもたちがマシュマロを食べないよう必死になっている、爆笑ビデオ付です。
メアリー・ローチ: あなたの知らないオーガズムに関する10の事実
17:12
2009/05/20
「セックスと科学のイケない関係」の著者、メアリー・ローチが我々の知らない、数世紀にわたる科学的研究の歴史を徹底的に調べ上げ、オーガズムについての一風変わったものから笑いを誘うものまで10の事実を紹介します。
ダン・アリエリー: 我々は本当に自分で決めているのか?
17:27
2009/05/19
「予想通りに不合理」の著者である、行動経済学者ダン・アリエリーは昔ながらの視覚的錯覚や彼独自の思いもよらぬ(時にショッキングな)研究結果を用い、人が何かを決断する際、自分で思っているほど合理的ではないことを証明します。
マシュー・チャイルド: ロッククライミングから学んだ9つのこと
04:49
2009/04/17
このトークはTED University 2009でベテランロッククライマーのマッシュー・チャイルズがロッククライミングがうまくなる9つのポイントについて話します。これらのポイントは海抜ゼロメートルでも役に立ちます。
ティム・フェリス: 恐怖に打ち勝って何でも学ぼう
16:26
2009/04/16
生産性のカリスマ"、ティム・フェリスの楽しくて勇気を与えてくれるエピソードは、「これをやったら最悪どうなるか?」というシンプルな問いこそが、何事も習得する秘訣だと教えてくれる。
ウェリ・ゲーゲンシャッツ: スーパーウィングスーツジャンピング
13:17
2009/04/01
ウィングスーツジャンピングは最先端のエクストリームスポーツです?信じられないくらいの大胆さやわくわくする妙技で、峡谷の間を時速160km以上で滑空します。ウェリ・ゲーゲンシャッツが、どうやって(なぜ)それをやるのか、驚くべき映像で示します。
ダン・アリエリー: 私たちのモラルに潜む落とし穴
16:51
2009/03/18
何故、ずるいことをしたり、(時として)盗みを働いても平気だという考え方が生まれてくるのか、行動経済学者のダン・アリエリーがその隠された真実を探ります。ユニークで愉快な実験を通して、彼は人が「予想通りに不合理」で無意識のうちに自分たちの判断を左右されているのだと指摘します。
エリザベス・ギルバート: 創造性をはぐくむには
19:29
2009/02/09
人々が芸術家や天才に抱く無理な期待を巡ってエリザベス・ギルバートが考察します。そして、わずかばかりの一個人がジーニアス(天才)「である」のではなく、人間はみなジーニアスを「持っている」のだという急進的な考えを語ります。これは私的であり、可笑しいながらも、驚くほど感動的な講演です。