非営利団体と社会活動 (3)

非営利団体と社会活動 (3)
非営利団体と社会活動

動画一覧

ベッキー・マンソン: 写真修復を通じて人々の人生に触れる
09:50
2012/08/02
2011年に発生した東日本大震災と津波によって、多くの家族や大切な人の写真が瓦礫とともに紛失したり傷ついたりしました。写真の加工を専門とするベッキー・マンソンはいち早く現地に入り、地元のボランティアやネットで呼びかけた世界中の仲間と一緒に、見つけられた写真を修復して人々の思い出や人生の記録を再生する支援をしました。
ノア・ウィルソン・リッチ:都会で健康なミツバチを育てよう
12:42
2012/07/27
不思議なことに田園地帯からミツバチが姿を消しており、農業にも大きな影響を与えることが懸念されています。その一方でミツバチはむしろ都市部で栄えており、また都市もミツバチを必要としているようです。ノア・ウィルソン・リッチが都市での養蜂が都市を活性化させ、またミツバチを救うことにもなるという提案を行います。(TEDxBostonにて収録)
ジェイミー・ドラモンド: 世界の目標はクラウドソーシングで達成しよう
12:10
2012/07/17
西暦2000年、国連は貧困の撲滅・疾病の防止をはじめとする、より良い世界の実現に向けた8つのゴール(ミレニアム開発目標)を設定。達成期限である2015年が近づく中、ONE.orgのジェイミー・ドラモンドが、ミレニアム開発目標の目覚ましい成功事例を解説します。さらに、クラウドソーシングによって民衆の参加を促し、向こう15年の活動を建て直そうと訴えます。
マイケル・マクダニエル: 災害復旧のための安くて効果的なシェルター
07:54
2012/05/20
マイケル・マクダニエルは災害地で使われる仮設住宅をデザインしました。費用が掛からず簡単に輸送できて、しかも美しいデザインです。しかし、製造してくれる人はいませんでした。彼は不屈の精神と情熱を持って、1人で造ることを決意しました。マクダニエルは災害対策用EXO仮設住宅を紹介し、次に来る自然災害に備えて、余暇を返上して仕入先や製造業者と取り組んでいる様子について語ります。(TEDxAustinにて撮影)
ナンシー・ルブリン: 命を救う携帯メール
05:25
2012/04/27
ナンシー・ルブリンが自身の社会団体と共に、十代の若者を助けようと彼らに携帯メールを送ってみると、ルブリンは驚くべき実態に気付かされました。虐め・鬱・暴力といった問題を返信メールで明かしてくれたのです。これを機に、ルブリンは携帯メールに特化した相談サービスを設立しましたが、その結果は彼女の期待を凌ぐほどに重大なものかもしれません。
ポール・ギルディン: 地球はもう限界です
16:47
2012/02/29
我々の資源を使い終わったのではないか?地球上で住める空間は使い尽くしたのではないか?ポール・ギルディンによれば、その通りになっています。破滅的な結果が待ち受けるかもしれません。とても恐ろしいトークですが、奇妙なことに、同時に希望も感じることができます。
ポール・コネリー: デジタル式人道主義
10:57
2012/02/17
ハイチでの破滅的な地震により、人道支援団体は思いがけない教訓を学ぶこととなりました。それは携帯端末が調整役となり、情報を発信し、援助活動を導く能力です。TEDxRC2のステージで、ポール・コネリーがソーシャルメディアの驚くべき活用例と、人道支援の中核として台頭しつつある新たなテクノロジーを紹介します。
パヴァン・スクデフ: 自然に値札をつけろ!
11:13
2011/12/14
私たちは毎日、考えも無しに地球の資源を無料で使用しています。もし、こうした資源の本当の価値に対して支払をしなければならないとしたら?私たちはもっと無駄遣いに敏感になるのではないでしょうか?パヴァン・スクデフは大自然の管財人のような存在です-彼は自然の持つ資産に評価額をつけます。彼が提示する空気の、水の、そして森の値段についてのチャートに、みなさん驚かれることでしょう。
エイミー・ロックウッド: コンゴでのコンドーム販売
04:17
2011/09/21
HIVはコンゴ共和国の深刻な問題の一つですが、コンゴには支援団体の支給する安価な、もしくは無料のコンドームがあふれています。しかしこれを利用する人はほとんどいません。なぜなのでしょうか?マーケティング経験のあるエイミー・ロックウッドが典型的な慈善活動の形をひっくり返すような驚きの答えを導き出します。(職場閲覧にはふさわしくない画像が含まれています。)
ジェレミー・ギレイが語る「平和の日」
17:42
2011/08/10
クレイジーなアイデアがあります:毎年9月21日を、世界の人々が平和に過ごす日にしようというのです。エネルギーに満ち溢れた率直なスピーチで、ジェレミー・ギレイが、このクレイジーなアイデアをどうやって本当に実現し、紛争地域の何百万という子供たちを助けるに至ったのかを語ります。
マーチン・ヤクボスキー: 文明の設計図をオープンソース化する試みについて
04:11
2011/04/18
Wikiや3次元デザインツールなどを利用し、TEDフェローのマーチン・ヤクボスキーは50もの農業機械の設計図をオープンソース化し、誰でも一からトラクターや収穫機を作れるようにしています。これは完全に自立した集落を目指すための取扱説明書を書く上での第一歩に過ぎません(初期費用は1万ドルから)。
キャロライン・ケイシー: 限界の向こう側
19:18
2011/04/08
活動家のキャロライン・ケイシーが、ある事実を打ち明け(何かはナイショ)、彼女自身の並外れた人生を物語ります。我々の物の見方を考えさせられるこの講演で、ケイシーは私たち自らがつくりだす限界を超えてほしいと語ります。
ジャクリン・ノヴォグラッツ: 人生に打ち込むためのインスピレーション
19:47
2011/02/18
誰しもが目的のある人生を送りたいと思うものですが、どこから始めればいいのでしょう?この多彩にきらめくトークでは、ジャックリーン・ノヴォグラッツが「忍耐力のある資本(Patient Capital)」の活動の中で出会った人々について紹介します。社会的な意義を持つ活動や、コミュニティ、正義への情熱に没頭して生きる人々の話は、力強いインスピレーションをもたらします。
ジョディ・ウィリアムズ: 世界平和の現実的なビジョン
11:23
2011/01/11
ノーベル平和賞を受賞したジョディ・ウィリアムズが世界平和の夢を実現させるために厳しい意見を述べます。「平和」が実際に何を意味するのかという彼女の鋭い見解と共に、世界平和に向けて活動する人々の創造的な努力と犠牲にまつわる情熱あふれた話を紹介します。
マジョラ・カーター: 地域の環境アクティビズムに関する3つの物語
18:29
2011/01/03
環境活動の将来は地域にかかっている - TEDxMidwestで、マジョラ・カーターが、地球を守り地元コミュニティを救う3人の物語を話します。彼らが行ってきたのは、「ふるさとの安全」を守ることです。
アーサー・ポッツ・ドーソン:持続可能なレストランへのビジョン
10:50
2010/12/03
どこかのレストランのキッチンに行ってみれば、大量の食べ物、水、エネルギーがそこで無駄に浪費している様子を目の当たりにするでしょう。シェフのアーサー・ポッツ・ドーソンは資源消費を最小限に抑えるレストランやスーパーマーケットを考案し、環境(とおいしい食べ物)に優しい持続可能なシステムのアイデアを共有します。
バート・ウィートジェンス: いかにラットを訓練して地雷探知させるようにしたか
14:12
2010/12/02
バート・ウィートジェンス氏がラットを訓練して地雷探知をさせるという珍しいプロジェクトについてTEDxロッテルダムで語る。訓練を受けた「英雄ラット」が仕事を行なう映像を見せながら、ウィートジェンス氏はラットを訓練して検査所で結核を発見する次のプロジェクトを紹介する。
R.A.マシェルカー: 革新的デザインで超低価格な製品を
20:11
2010/10/27
工学者のR.A.マシェルカーが、インドで超低価格を実現した3つの事例を紹介します。ボトムアップの思考と巧みなモノづくりで、車や義足などの高価な製品を誰の手にも届くものに変えるのです。
ジェシカ・ジャクリー: 貧困、お金、そして愛
18:34
2010/10/18
貧しい人のことをあなたはどう考えているでしょうか。かつてのジェシカ・ジャクリーと同じように、「彼ら」は「私たち」の助けを必要としていると考え、ボトルにコインを貯めたりしていませんか。Kiva.org の共同創立者のジェシカ・ジャクリーが、彼女の考え方がどう変わり、彼女が進めるマイクロファイナンスが一日数ドルで暮らす人たちにどんなに新しい力をもたらしているかを語ります。
ピーター・ハース: 建築工学が引き起こしたハイチの大惨事
11:40
2010/10/14
TEDフェローのピーター・ハースは「ハイチを襲ったのは自然災害ではなく、建築工学の欠陥が大災害を引き起こしたんだ」と話しています。1月の大地震後の国家再建にあたり、旧式の建築方法が新たな時限爆弾を生むのでは?AIDGというハースの団体は、着実な国家建築を目指し、ハイチの建築家に現代建築と設計の学習機会を提供しています。
メリンダ・フレンチ・ゲイツ: NGOがコカコーラから学べること
17:00
2010/10/12
現場の状況を理解したマーケティングと流通業者のグローバルネットワークを築き、どんな僻地の村でもコーラの需要があり購入可能にしているコカコーラ。そんなコカコーラのような企業をNGOは見習うべきだとTEDxChangeでメリンダ・ゲイツが挑発的な議論を展開します。そしてこのやり方はコンドーム、公衆衛生、予防接種などでも利用されるべきではないのか?と問います。
メチャイ・ビラバイダヤ: ミスター・コンドームはいかにしてタイの状況を改善したのか
14:22
2010/10/04
TEDxChangeにおいて、タイの「ミスター・コンドーム」メチャイ・ビラバイダヤは1970年代に取り組みを始めたタイの生活水準向上のための大胆な活動について話しました。最初のステップは、人口増加の抑制。つまり、率直で、愉快で、かつ効果的な手段、コンドームについての話です。
アニー・レノックス: なぜ私はHIVエイズ活動家になのか
09:47
2010/09/23
音楽家のアニー・レノックスは、8年間に渡り多くの時間を費やして、SINGキャンペーンに取り組みHIVエイズの現状を伝えてきました。ネルソン・マンデラ氏との出会いから、アフリカで苦しむ少女達との出会いまで、彼女が感銘を受けた経験についてお話します。
ミッチェル ベッサー:HIVと闘う母親を手助けする母親たち
22:39
2010/09/23
サハラ以南アフリカでは、世界のどこよりもHIVが蔓延しており、世界のどこよりも医者が不足している。医療従事者が不足しているため、ミッチェル ベッサーは患者の助けを借り、マザーズ2マザーズを立ち上げた。それはHIVに感染した母親が、他の感染した母親を手助けするという非常に優れたネットワークで、効果を上げている。
カーン・ロス: 独立外交官
24:48
2010/09/09
15年にわたってイギリス外務省に勤務した後、カーン・ロスは”フリーランス外交官”に転身。非営利組織を設立し、国際社会の中で軽視され国家として認識されない小集団に発言権を与えるという挑戦に果敢に挑んでいる。BIF-5の会合で、小国に発言権を与える外交プロセスや移り変わる世界情勢に適応する新しい外交手段、そして革新を迎え入れる新たな外交の形を提案する。
ジェイソン・クレイ: いかにして大企業が生物多様性保護に寄与できるか
23:39
2010/08/16
WWFのジェイソン・クレイは、100の主要企業を持続可能な方向へ向かわせることで、世界の市場が我々人類の消費が増えすぎた地球を守るようになると言います。彼の特別な円卓会議が、いかにして大企業のライバル同士を、彼らが商品を店頭に並べ戦わせる前に、環境活動に同意させようとしているのか、聞いて下さい。
ネイサン・ミアボルド: レーザーでマラリアは退治できるか
15:42
2010/05/11
ネイサン・ミアボルドのチームによる見事で大胆な最新の発明品は、マラリアのような大きな問題に取り組むために世界は奔放なクリエイティビティを必要としていることを再認識させます。そしてアイデアが染み入るやいなや、彼は蚊を退治する新装置のライブデモを披露します。実際に見るまではきっと信じられないことでしょう。
アニル・グプタ: インドの隠れた発明の温床
23:26
2010/05/06
アニル・グプタは発展途上国の無名発明家を捜索しています - 貧困の陰に隠れている生来の起業家は、たくさんの人の暮らしを変えることでしょう。アニルは、ミツバチネットワークが彼らに必要なコネクションをどのように構築し、正当な評価を得る助けをしているかを紹介します。
エスター・デュフロ: 貧困に立ち向かう社会的実験
17:18
2010/05/04
貧困の軽減を目指すには科学以上に手探りな面が見られます。援助がもたらす影響に関するデータ不足は、援助の提供の仕方について疑問を掲げます。しかし、クラークメダル受賞者であるエスター・デュフロは解決策をランダム化試験で試す事で、どのような発展努力がうまくいくのか否かがわかると言います。
ジョージ・ホワイトサイド: 切手サイズの検査室
16:47
2010/02/03
昔ながらの臨床検査は、必要を要する地域では高価で、扱いにくいものでした。TEDxBostonでのジョージ・ホワイトサイドの解決策は、独創的で、コストゼロで生産でき、誰でも簡単に扱える物でした。