ニュースと政治 (10)

ヴァン・ジョーンズ:プラスチックに関する経済的正当化
13:20
2011/01/21
ヴァン・ジョーンズが社会正義の観点から、プラスチックによる汚染の問題について語ります。プラスチックなどのゴミによる最悪な影響を一番最初に受けるのは、貧しい人々や国々ですが、今回彼は、生活水準や住んでいる場所に関わらず、みんな悪影響を受けている事実を解説します。地球の尊さを改めて私達に考えさせる、新しいアイディアを提示します。
ナオミ・クライン: リスク依存症
20:20
2011/01/18
このスピーチの前にジャーナリストのナオミ・クラインは、BPによる危険な原油開拓が招いた惨事がどのような結果をもたらしたかをメキシコ湾で追っている調査船に同乗していました。私たちの社会は新しいエネルギー、新しい金融商品を求めて過度に大きなリスクの中毒になっています。その結果、私たちは度々後始末をさせられます。クラインは問います。「代替策はないのでしょうか?」
エリザベス・レッサー: 他者への昼食の誘い
11:39
2011/01/14
近代的な政治をダメにしてしまう恐れのある、怒りを伴った対立を誘う緊張感が見受けられます。エリザベス・レッサーはこの緊張感の元凶である両極における人間の性質、「神秘化」と「戦士」を探り、彼女の考案した本物の会話を始める簡単な方法をご紹介します。あなたと意見を異にする人と昼食に行き、彼らの心にあるものを解き明かすために3つの質問をしましょう。
レイチェル・ボッツマン: コラボ消費について
17:05
2010/12/17
TEDxSydneyで、レイチェル・ボッツマンは、我々は「本能として共有することを求めている」と語りました。ZipcarやSwaptreeのようなウェブサイトが、人間の行動に与える影響についてのお話しです。
キラン・ベディ: 警察署長としての変革
09:20
2010/12/13
キアン・ベディーは驚くべき経歴を持っている。インド警察庁の長官となる前、彼女はインド国内で最も厳しいとされる刑務所での任務に就いた。そこで彼女は「予防」と「教育」にフォーカスした新たな手法で、この刑務所を学びと瞑想のための研修センターへと転身させたのである。彼女がTEDWomanにおいてビジョンを持つリーダーシップについて彼女の考えをシェアする。
マルセル・ディック: 虫を食べよう
18:35
2010/12/01
マルセル・ディックが、皆さんの食生活に「虫」を取り入れる方法を論じます。彼は気難し屋のシェフや食わず嫌いの食通たちへメッセージを送ります:イナゴやいも虫などは 肉に負けない風味や栄養があって その上 環境にもやさしいのです
バーク・ベア: 僕たちの食料システムが何かおかしいよ
05:47
2010/11/30
11歳のバーク・ベアが我々の食糧の主要な生産元である、人里離れた美しとは言いがたい産業化された農場に対する彼のアプローチを紹介します。食料の生産の緑化と地方化を説き、農場が人目から隔離されることによる楽観的超現実的な大型農業が促進されている問題点を主張します。
ザイナブ・サルビ: 女性と戦時と平和への夢
19:47
2010/11/24
戦争に関して我々が目にするのは、多くの場合、前線にいる兵士や戦闘に限られています。ザイナブ・サルビがTEDGlobal2010で語るのは、戦時中も毎日の生活を推し進める女性たちのたくましい物語です。そして、戦いが終結した際には交渉の場に女性の存在が必要だと語ります。
オーレット・ヴァン・ヘーデン:国際的な公正労働を実現するには
17:46
2010/11/11
労働運動家のオーレット・ヴァン・ヘーデンが、労働者の安全を守る国家の代表機関が存在しないグローバル産業に隠された、労働者権利の見過ごされている分野について話します。どうしたら国際的な供給プロセスを公正に保つことが出来るのか?ヴァン・ヘーデンが公正な労働を実現するためのビジネスについて話します。
ステファン・ウォルフ: 民族紛争の終結にむけて
21:44
2010/11/10
内戦や民族紛争によって生み出された苦しみは計り知れません。しかしステファン・ウォルフの調査によると、過去20年に渡り、こうした対立は確実に減少しています。ウォルフは、北アイルランド、リベリア、ティモールなどのケースを取り上げ、リーダーシップ、外交、制度設計の3つが平和を得るための最も有力な武器であることを明らかにしています。
デイビッド・ビスマルク: 不正なき電子投票
07:03
2010/11/02
デイビッド・ビスマルクが投票の守秘を保ちながら、単純かつ確実に不正行為や数え損じを防ぐことができる新たな投票システムを紹介します。
バートン・シーバー: 持続可能な海産物?賢くなりましょう
09:57
2010/10/27
バートン・シ―バーは魚介類は健康に良いたんぱく質を提供してくれるが、これの乱獲は我々の海に多大な悪影響を与えてしまっているという現代的なジレンマについて話します。お母さんたちの決まり文句「野菜も食べなさい!」と包括した、我々が食卓で魚を食べ続けるための簡単な方法を提案します。
ジョセフ・ナイ: グローバル パワーシフト
21:25
2010/10/27
歴史家、外交官であるジョセフ・ナイが大局的に見た国際社会における米国と中国の力関係、そして経済・外交、そしてソフトパワーがもたらす世界的なパワーシフトについて語る。
ダイアナ・コーヘン: プラスチック汚染の許容しがたい真実
05:19
2010/10/20
芸術家ダイアナ・コーヘンが、我々の生活と海洋におけるプラスチック汚染の不幸な真実とプラスチック依存の渦から脱却する案について話します。
エベン・ベイヤー: キノコが新型プラスチックに?
09:36
2010/10/04
壊れやすい家具や液晶スクリーンだけでなく、環境も保護する梱包材。これをキノコを使ってを生産する新しい方法を製品設計者エベン・ベイヤーが紹介します。
クリスティン・メンデルツマ: 世界はブタで回っている
08:55
2010/09/20
“Pig 05049”の著者であるクリスティン・メンデルツマは、ふつうの一匹のブタの体が、銃弾から人工心臓まで、185にも及ぶブタ肉以外の製品へと変わっていく驚くべき様に目を向けています。
クリス・アンダーソン: ウェブ上の動画が後押しする世界のイノベーション
18:54
2010/09/14
TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンが、ウェブ動画の成長は世界中で「集団が加速させるイノベーション」を後押ししていると語ります。自らエネルギーを生み出す学びのサイクルが生まれていることは、印刷の発明と同じぐらい重要とも言えるのです。でもその力を引き出すためには、組織は徹底的にオープンにならなければなりません。それはTEDにとって新たな一章の幕開けとなるのです。
ダン・コブリー: マーケティングについて物理が教えてくれたこと
08:10
2010/08/27
一見何の共通点もないように見える物理とマーケティング。しかし両方に熱意を持つダン・コブリーが、ニュートンの法則、ハイゼンベルクの不確定性原理、科学的方法、熱力学の第二法則を引き合いに出し、全く関連のなさそうな二つを連結させ、ブランド構築の基本的理論を説明します。
リー・ホッズ:南極タイムマシンの秘密
12:55
2010/08/24
科学コラムニストのリー・ホッズが、WAIS Divide(西南極氷床分水嶺)における驚くべき研究プロジェクトについて語ります。そこでは酷寒に耐えながら、科学者のチームが、1万年前の氷にドリルで穴を穿ち、気候変動に関するデータを取り出しているのです。
セス・プリーバッチ: 世界を覆うゲームレイヤを作る
15:33
2010/08/20
今や私達はFacebookやTwitterにWeb上の社会生活を捉えられるにまかせ、現実世界の上に築かれた「ソーシャルレイヤ」にすっかり馴染んでいます。TEDxBostonでセス・プリーバッチは、その次のレイヤとなる「ゲームレイヤ」の構築が進んでいるのだと言います。あまねく行き渡って行動に影響するゲームのダイナミクスが、教育や商業を大きく変えることになると。
シェリル・ウーダン: 21世紀最大の不公平とは
18:23
2010/08/17
シェリル・ウーダンの著作「ハーフ ザ スカイ」には、世界で抑圧されている女性たちが記されている。その話は衝撃的である。途上国の女性達が教育と経済的機会を等しく与えられた時に、人類はすべての人的資源をフルに活用することになるという。
ジュリアン・アサンジ: なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか
19:34
2010/07/19
物議を醸しているWebサイトWikiLeaksでは、極秘にされている文書やビデオを収集しています。喚問のため米国当局から追求されていると言われるWikiLeaksの創設者ジュリアン・アサンジが、TEDのクリス・アンダーソンに、サイトがどのように運営されているのか、どのようなことを達成してきたのか、そして何が彼を駆り立てているのか話しています。このインタビューには最近注目を集めたバグダッドにおけるヘリ攻撃の映像も登場します。
イーサン・ザッカーマン: グローバル・ボイスに耳を傾ける
20:01
2010/07/19
ウェブが世界をつなげているのは確かですが、大部分の人が耳にする「声」というのは、自分たちに似た人たちの声です。ブロガー兼テクノロジストのイーサン・ザッカーマン氏は、世界中で話題を共有するための手助けをしたいと考えています。Twitterでの世界の広げ方や、読めない言語でニュースを読む方法について、お話しします。
ナリーニ・ナドカーニ: 刑務所内の生命科学
05:38
2010/07/09
ナリーニ・ナドカーニは樹木や刑務所に対する異なる視点を提供してくれます。どちらも考えている以上に躍動的だと言います。ワシントン州との協働により、科学講義、環境保全プログラムを囚人と結びつけ、素晴らしい結果をもたらしています。
エレン・グスタファソン: 肥満+飢餓=1つの共通の食問題
09:45
2010/07/07
慈善活動的FEED bagのエレン・グスタファソンによると飢餓と肥満は1枚のコインの両面である。TEDxEastで彼女は農作、食のあり方を30年間で見直す、30年プロジェクトを始動します。これにより拡大する2つの問題の裏に潜む食の不平等を解消します。
クレイ・シャーキー: 思考の余剰が世界を変える
13:39
2010/06/29
クレイ・シャーキーが「思考の余剰」に注目しています。これは人々が頭の余力を使って行っているネット上で共有された作業のことです。忙しくWikipediaを編集し、Ushahidiに投稿をするとき (それにLOLcatsを作っているときでさえ)、私達はより良い協力的な世界を作り出しているのです。
マーガレット・スチュワート: YouTubeの著作権への取り組み
06:17
2010/06/15
私達が至る所で目にしているビデオサイトのYouTubeが、誰もが得するクリエイティブなエコシステムを育てるために、著作権保有者やクリエーターたちとどのように取り組んでいるのか、YouTubeのユーザ体験責任者であるマーガレット・グールド・スチュワートが語っています。
討論: 原子力発電は必要か?
25:32
2010/06/10
原子力発電: エネルギー危機は環境保護主義者でさえ再認識し始めている。このTED史上初の討論会では、スチュワート・ブランドとマーク・Z・ヤコブソンが原子力の是非をめぐり攻防を繰り広げる。この討論があなたを揺るがし、そして考えを変えさせるかもしれない。
マイケル・サンデル: 失われた民主的議論の技術
22:15
2010/06/08
民主主義は市民の議論によって成長する、とマイケル・サンデルは語ります。しかし、残念なことに、これが実行されることは希なことなのです。サンデルは再教育講座を開き、最高裁の判例(PGA Tour対マーティン)を基にTED参加者と議論することで、正義を構成する重大な要素とは何かを明らかにします。
ジョン・カサオナ: 密猟者から世話人へ
19:55
2010/06/08
ジョン・カサオナは、生まれ故郷のナミビアで絶滅の危機に瀕した動物を守る画期的な方法を見出しました。密猟していた人たちを含む近隣の村人たちに、野生動物の管理をさせるのです。このやり方は成果をあげています。