自然と生物 (3)

自然と生物 (3)
自然と生物

動画一覧

エディス・ウィダー: 不思議ですばらしい生物発光の世界
12:46
2011/05/19
深く暗い海の底には、獲物を獲り、交尾の相手を求め、自衛のために光を放つ多くの生物が棲息しています。生物発光の専門家エディス・ウィダーは、この薄明の世界を最初にフィルムに収めた一人です。TED2011で彼女は、光を放つ生物をステージに登場させ、発光する海洋生物の驚くべき映像を見せてくれます。
ポール・ニックレン: 氷に閉ざされた不思議の国の話
17:56
2011/05/11
とても恐れられている動物であるヒョウアザラシに近づくため北極海の氷の下へと潜ったポール・ニックレンは、そこで意外な友達を見つけることになります。不思議の地・北極で彼が体験した可笑しくも心温まる物語を、氷の上や下に生きる動物たちの見事な写真とともにお楽しみください。
ルイ・シュワルツバーグ: 受粉の隠れた美しさ
07:41
2011/05/09
受粉は地球上の生命には欠かせないものですが、人間の目に留まることはほとんどありません。主要な送粉者であるミツバチが失踪していることに突き動かされ、映像作家のルイ・シュワルツバーグは、映画「Wings of Life」を製作しました。シュワルツバーグが、その映画で使われているハイスピードカメラで撮影した美しい映像と共に、花粉や送粉者の入り組んだ世界を紹介します。
イザベル・ベーンケ: ボノボから人間へ、遊びという進化の贈り物
07:02
2011/03/22
霊長類学者のイザベル・ベーンケ・イスキエルドが、見たことのないような映像を用いながら、類人猿のボノボたちがいかにして遊び-単独で行うもの、友達と、そして果ては性行為への前兆としての遊び-からさまざまなことを学んでいるかを示します。実際、遊びはボノボが問題を解決したり争いを避けたりする上で、重要な役割を果たしているように見えます。人間に近い類人猿でそんなことが起きているのですから、人間にとっても同じことが言えるのではないでしょうか?
ビバリー + デレック・ジュベール: 命について大型ネコ科動物から教わったこと
17:51
2010/12/20
ビバリー・ジュベールとデレック・ジュベールは、野生のライオンやヒョウを撮影するために、草むらの中で生活しています。今までに誰も見た事がなかった映像も含まれるビデオと共に、彼らが得たこの威厳ある動物との関係や、人間界が及ぼした脅威からネコ科の動物を救おうとする努力を語ります。
クリスティーナ・ジャーディ: 公海における新法を制定しよう
2010/11/22
クリスティーナ・ジャーディは、海洋の64%を占め、いずれの国の法律においても保護を受けていない「公海」についての研究をしています。美しい写真の数々が見せてくれる秘められた世界。これこそ、ジャーディをはじめとする法学者が、賢明な政策立案や健全なPR活動により、トロール漁や不法投棄からの保護活動を行っているものです。
シモン・スタインバーグ: 大自然によるペストコントロール、虫!
15:54
2010/10/28
最高の農作物を求める声に答えるべく、シモン・スタインバーグはTEDxTelAvivで害虫と益虫についての違いについて、そして農薬を使わず益虫を使って害虫を退治することについて、話をします。
ステファノ・マンクソー: 植物が持つ知性の根
17:59
2010/10/12
捕獲者と戦ったり、エネルギー摂取の機会を最大限に高めたり、植物は時として不思議で知性的な振る舞いをします。ですが、我々はそれらを独自の知性を持ったものとして認識できるでしょうか?イタリアの植物学者であるステファノ・マンクソーが興味深い証拠を提示してくれます。
レイチェル・サスマン: 世界で最も長寿な生物
14:20
2010/09/03
レイチェル・サスマンが、トバゴの浜辺にある2,000歳の脳サンゴから、農業の黎明期から生きてきた南アフリカの「地底の森」まで、世界で最も古くから生き続けてきた生命体の写真を見せながら語ります。
ローリー・サントス: 猿の経済界にも見られる不合理性
20:17
2010/07/29
ローリー・サントスが人間の不合理性の元を探すべく、他の霊長類がどのような決断をするのか観察をします。猿を対象にした数々の実験から、人間と同様に、猿も愚かな選択をすることがわかります。
ジョン・ディレイニー: 海底ケーブル網で実現するリアルタイム海洋観測
23:59
2010/07/28
海洋学者ジョン・ディレイニーは、高解像度カメラとセンサーのネットワークを構築することにより、海洋を全地球的な双方向の実験室にしようとしている。海底とその下の地中の世界について、膨大な量のデータを誰もが引き出せる時代がそこまで来ている。
スティーブン・パランビ: 水銀の足跡を追って
16:13
2010/06/30
海の健康と私達自身の健康には、強固で驚くべき繋がりがある、と海洋生物学者スティーブン・パランビは言います。海の食物連鎖の底辺に溜まる毒が、どのように人間の体へと入っていくのか。彼は、日本の魚市場で発見された衝撃的な汚染の実例と共に説明します。彼の研究は、海と、そして人類を健康に導く道を指し示します。
ピーター・タイヤック: 海洋哺乳類の興味深い鳴き声
22:37
2010/06/16
ウッズホール海洋研究所のピーター・タイヤック氏が海に隠された秘密「海中の音」について語ります。何百マイルも離れた仲間との交信に、クジラは音や鳴き声をどのように用いているのか?その驚くべき方法を、ミッション・ブルーのステージ上で説明します。
ブライアン・スケリー: 海中に広がる美しい世界と、その世界に起きている惨劇
20:22
2010/06/02
写真家のブライアン・スケリーは海上、そして海中から海の恐怖と魅力にレンズを向けてきました。海洋生物達の驚きに満ちた写真を共有することで、目に映るイメージがどれほど人を動かす力を持っているかを示します。
ディー・ボーズマ: ペンギンに注目
15:10
2010/05/19
ディー・ボーズマンは海洋の変化を最前線で目の当たりにするペンギンを海の番兵だと表現しています。ディーは、ペンギンの生き方と文化を通じて、ペンギンの発するメッセージに私達が耳を貸すことへの必要性を説きます。
エディス・ウィダー: 水中で光る生命
17:20
2010/04/19
海中の生物の 80% から 90%は発光します。どのように光るのか、そしてなぜ光るのかということはほとんど知られていません。生物発光の専門家であるエディス・ウィダーは、この光輝くまばゆい世界を探査して撮った写真と、海の深さ (と明るさ) についての洞察を語ります。
ジョナサン・ドローリ: すべての花粉に物語がある
09:44
2010/04/08
私たちは、花粉症にでもならない限り、花粉の存在には気付きません。しかし、電子顕微鏡を使えば、花粉が素晴らしい色や形をしており、はるか遠くまで飛んでいくことも確認できます。ジョナサン・ドローリが、大変魅力的な植物の求愛方法について、ミクロレベルで紹介します。
ジュリアナ・マチャド・フェレイラ: ブラジルにおける希少動物密売根絶の戦い
06:03
2010/03/23
TED Senior Fellowの一員で生物学者のジュリアナ・マチャド・フェレイラがブラジルで捕獲されている野生の鳥や他の動物たちを救う活動についてお話します。密猟者から助け出された動物達はこれからどうなるのでしょうか、とジュリアナな問いかけます。
カーティック・サティアナラヤン: 踊らされる熊を救った方法
06:34
2010/01/11
インドのカランダル地域では伝統的にナマケグマの子供を捕獲し、とても非情な方法で踊りを調教することで生計を立ててきました。カーティック・サティアナラヤンが何世紀にもわたる古来からのこの風習に終止符を打つなかで、重要な教訓を見つけ出しました。彼らを解決策の一部として取り込んでしまうというものです。
チャールズ・アンダーソン: 海を越えるトンボとの遭遇
19:11
2009/12/17
海洋生物学者として働く中でチャールズ・アンダーソンは毎年ある時期になると突発的なトンボの大発生を確認するようになりました。彼はウスバキトンボと呼ばれるありふれた小さなトンボの移動ルートを突き止めた方法と、これが地球上の全昆虫の移動における最長のものであると判明した経緯についてお話します。
エリック・サンダーソン: ニューヨークが都市になる前の景観
16:40
2009/10/13
ハドソンがニューヨーク湾を発見してから400年後、エリック・サンダーソンが、マンナハッタが都市になる前の、山々や川、野生動物に満ちた素晴らしい生態系の立体地図を作った模様を紹介します。その当時、タイムズスクエアは湿地帯で、配達を受ける事も出来ませんでした。
エレイン・モーガン: 水界の類人猿から進化した人間
17:14
2009/07/31
エレイン・モーガンは水生類人猿説(人間は水中が生息環境であった霊長類から進化したとする見解) の頑強な提唱者です。モーガンが語る自身の見解に対する勇ましい主張、そして科学における主流派が、なぜ水生類人猿説を真剣にみなさないのかという意見をお聴きください。
ロバート・フル: ヤモリの尻尾から学ぶ
12:28
2009/06/14
生物学者ロバート・フルは、驚異的な付着力のある足と落ちずに登る能力を持つ素晴らしいヤモリの研究をしています。でも、ヤモリの尻尾にはこれまでで最も驚くべき能力を隠しているかもしれないことを高速映像が明らかにしています。
ジョナタン・ドロリー: 私たちは数十億の種を貯蔵しています
06:35
2009/05/28
TED U 2009年の短い話では、ジョナタン・ドロリーは生物多様性を守るように強調しています。植物が我々の生命を維持しているということを主張して、30億の種を貯蔵しているミレニアム・シード・バンクの考え方を共有しています。
シルビア・アール: 海を守るという願い
18:17
2009/02/19
世界的権威である海洋科学者シルビア・アールが、美しい海の映像とその危機的状況を数字で示します。TED Prize 受賞に際して彼女の訴える願いは、彼女と共に地球の青い心を守って欲しいというものです。
ポール・スタメッツ: キノコが世界を救う6つの方法
18:17
2008/05/08
菌類学者ポール・スタメッツが、菌性体が宇宙を救うことができる6つの方法を挙げます。汚染された土壌をきれいにし、殺虫剤を作り、天然痘、そして、インフルエンザまで治療します...
デイビッド・ガロ: 水中の驚き
05:24
2008/01/24
デイビッド・ガロによる暗黒の深海に棲む、色を変えるイカや完璧にカモフラージュするタコ、そしてタイムズスクエア並みのネオンライトを発する魚などの驚愕の映像をお楽しみください。