音楽

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ: しびれるようなアコースティック・ギターの演奏
ギターデュオのロドリゴ・イ・ガブリエラは、超人的な速弾きのリフと驚異的なリズムを組み合わせ、フラメンコ・ギターとヘビメタを見事に融合させたスタイルを生み出しました。披露された曲目は「サウンドメーカー」です。
ジョン・レジェンド: 『リデンプション・ソング(あがないの歌)』
ジョン・レジェンドはアメリカの刑事司法制度の改革を使命と負い活動しています。彼が主催する「Free America」キャンペーンを通し、受刑者の刑務所、拘置所、留置所内における罪の償いと社会復帰を促進し、刑期を終えた出所者が希望を持ち更生できるよう支援を訴えています。サン・クエンティン刑務所で服役中のジェームス・カヴィットの生の言葉がプレリュードとなり、レジェンド流にアレンジしたボブ・マーレーの『リデンプション・...
カーキ・キング: 音楽の力で光と色の世界へ
彼女自身が独自のジャンルといえる、カーキ・キングは、今世紀のギターの女神かもしれない。キングは、器用に手で弾くことと、デジタルテクノロジー、ギターに色彩を投影するプロジェクションマッピング技術を統合して駆使することで、衝撃的なマルチメディア作品『The Neck Is a Bridge to the Body(首は身体への橋)』を作った。ギターのネックをピアノのキーボードのように使い、複雑な音色を奏で、彼女は人々を音楽で光と色の世界...
ジョーイ・アレキサンダー: 11歳の神童が奏でるモダンジャズピアノ
父親の古いレコードを聴いて育ったジョーイ・アレキサンダーは、小学生とは思えないキレのあるモダンジャズピアノを演奏します。セロニアス・モンクのカバー曲でTEDの聴衆を魅了する、11歳の神童の演奏をお聴きください。
ザ・レディー・ライファーズ: 終身刑に服する女性たちの感動の歌声
終身刑に服する9人の女性が、希望や後悔、恐れといった、彼女たちの思いを感動的に歌い上げます。「私は天使ではないけれど、悪魔でもない」という心の声。マンシー州立刑務所内で開催されたTEDxイベントで撮影されたこの合唱を通じて、仮釈放の希望なく刑に服する人たちの世界を垣間見ることができます。
ドーン・ランデス: 私のヒーロー、ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性に贈る歌
シンガーソングライターのドーン・ランデスが、トリ・マーデン・マクルアの話を語ります。トリには、小さなボートを漕いで大西洋を横断するという夢がありました。でもその夢は、7階建のビルほどもある波に飲み込まれる寸前でした。実際のビデオと語りと歌で、ランデスは、大海原の真ん中で独りぼっちになった女性の心の奥に思いを馳せます。(このトークは、ゲスト・キュレーターにPop-Up Magazineを迎えたTED2015のセッションの一部...
スティング: 再び曲を作り始められたわけ
スティングの生い立ちは造船所と共にありました ― 彼はこの重労働と工業の世界から逃げ出す事を切望する少年でした。しかし、何年も続くライターズ・ブロックに陥って作曲できなくなった後、彼は昔なじみの造船所の労働者たちの物語を歌い始めました。叙情的な告白の物語と共にスティングは新しいミュージカルの歌を、そしてアンコールで『メッセージ・イン・ア・ボトル』を披露します。
マーク・ロンソン: サンプリングが音楽を変えた
サンプリングは「ノスタルジックな音源をハイジャックしてしまう(昔の音源を全てコピーしてしまう)」こととは違うとマーク・ロンソンは言います。それは、自分を曲のナラティブ(物語)の中に存在させ、さらにその物語を続けていくことなのです。このDJは15のTEDトークから音と映像をスクランブルしたオムレツ料理を作り上げ、1984年からあらゆる世代によって再現されてきたダグ・E・フレッシュ&スリック・リックのヒット曲『ラ・デ...
TEDスタッフ: ミュージカル『これがTEDだ』
あなたの心の中にもTEDトークが眠っていて、解き放たれる瞬間を待っているのでは?あなたがトークをする前に、この洒落っ気たっぷりのミュージカルをご覧ください。TEDスタッフが脚本、演出、出演を手がけたミュージカル。スピーカーに向けたラブレターです。
クレイトン・キャメロン: 数楽リズム―音楽のビートに隠された数学
さあ、一緒にその場で踊りましょう。ドラマーのクレイトン・キャメロンは、R&Bからラテン、ポップスまで、いろんな音楽をビートに分解します。ヒップホップとジャズが数学よりクールだということはありません―数学に基づいたリズムなのですから。
ビアディーマン: ポリフォニックな私
音楽創造家のビアディーマン(本名:ダレン・フォアマン)は、2つの音程を同時に発声できないことを不満に思い、自分の声をループさせ多重化させるマシンを開発しました。この世にあるほとんどすべての楽器の音をまねるだけでなく、赤ん坊の泣き声からハエの羽音までなんなく発声できる才能を持つ彼にとっても、このマシンで作り出す音は多様性に富んでいます。さあ、リラックスして目くらむような音の波に身を任せてみましょう。
スリーピーマン・バンジョー・ボーイズ: ブルーグラス音楽の達人ニュージャージーに現わる
まだ16にも満たないミゾーニ家の三兄弟ジョニー、ロビー、トミーは、ブルーグラスのアール・スクラッグスよりはロックンロールのブルース・スプリングスティーンが有名なニュージャージーに生まれ育ちましたが、小さい頃から兄弟でブルーグラス音楽のカバー演奏をはじめ、自分たちで作曲もするようになりました。フィドル、バンジョー、ギターでリード役を入れ替わりながら、それぞれキーの違う眩いばかりの3曲を演奏します。
ジョン・レジェンド: 「True Colors」
心和ませるひととき、TED Talks Educationで、ジョン・レジェンドが「True Colors(トゥルー・カラーズ)」の弾き語りをします。歌詞には、子どもたちや先生への特別な思いが込められました。「怖がらずに / 本当の心を出してごらん / 君の本当の心は / 美しく 虹色に輝く」
エリック・ウィテカー: バーチャル合唱団ライブ
作曲家・指揮者であるエリック・ウィテカーは、たくさんの国々の歌手をビデオの上で結び付けて「バーチャル合唱団」を作り上げ、何百万という人々に感動を与えました。今回、初の試みとして、この体験をリアルタイムで実現します。ステージ上にいる地元の大学から募られた合唱団に、Skypeを使って世界に散らばる32人の歌手が加わり、オクタビオ・パスの詩によるウィテカー作曲の『豪雨』を見事に歌い上げます。
スリーピーマン・バンジョー・ボーイズ: 3兄弟による奇跡の演奏
楽器演奏が達者なミゾーニ家の3兄弟、ジョニー、ロビー、トミーは「スリーピーマン・バンジョー・ボーイズ」として、まばゆいほどの快活さでブルーグラス・ミュージックを演奏します。みんな14歳以下だというのは言いましたっけ?
マーク・アプルバウム: 音楽のマッド・サイエンティスト
マーク・アプルバウムは、フラワーデザイナーのための協奏曲を作曲したり、ガラクタやそこらへんにある品物を使って楽器を作り上げたりといった、思いがけない方法でルールを打破しながら音楽を制作しています。この一風変わったトークは、創造的な仕事に携わる視聴者にインスピレーションを喚起し、それぞれが持つ「ルール」に揺さぶりをかけるのではないでしょうか。
ウスマン・リアス&プレストン・リード: 若きギタリスト、ヒーローに出会う
21歳の打楽器的ギター演奏の名人ウスマン・リアスは、YouTubeでヒーローたちの演奏を見てその技を覚えました。TEDフェローに選ばれた彼がTEDGlobal 2012のステージで演奏し、つづいて打楽器的ギター演奏の巨匠プレストン・リードが見事な演奏を聞かせてくれます。そしてこの2人のギタリストがまさにその場で即興演奏を生み出す様をご覧ください。
アビゲイル・ウォッシュバーン: 米中関係構築の秘密兵器、バンジョー
TEDフェローのアビゲイル・ウォッシュバーンは米中関係改善のために弁護士になろうとしていました ?? バンジョーと出会うまでは。アメリカと中国をツアーでまわる中で築いた驚くべき絆についての感動的なストーリーを、バンジョーの演奏と中国語の歌を交えながら聞かせてくれます。
モーリーが歌う「希望を抱く女性」
この楽曲は、アウンサンスーチーの「自分を無力と感じるなら誰かを助けなさい」と提唱する運動に感銘を受けたモーリーが作詞したものです。TEDxWomenにて暖かくきらびやかな声でモーリーが歌い上げます。
ステフォン・ハリス: バンドスタンドではミスなんてない
ミスって何でしょう?ステフォン・ハリスは、彼のジャズカルテットが即興で奏でる音楽を例に挙げて話し、私たちを意味深い真実へと導いてくれます。つまり、多くの行動が「誤り」と捉えられますが、その唯一の原因は私たちがその「誤り」に上手く対応していないことによるのです。
オニックス・アシャンティ: これがビートジャズ
音楽家でもあり発明家のオニックス・アシャンティが”ビートジャズ”を披露します。彼は、2つのコントローラー、iPhone、そしてマウスピースを操り、全身を利用して音楽を作り上げます。TEDのフルスペクトラムオーディションで, ビート音とループ音を駆使した、彼の音楽の対する将来のビジョンを共有する、3分間の演奏をご覧頂きます。
ジャクソン・ブラウン: どこへでも行けるなら
半年前、シルビア・アールのアイデアで始まった海を救うためのブレーンストーミングの場である「ミッションブルーの旅」に参加した時に書き始めた曲を、ジャクソン・ブラウンがTEDxGPGPの場で披露しています。「今すぐどこへでも行けるなら、俺はここにいたい」と彼は歌っています。
エリック・ウィテカー: 2000の歌声でつくるバーチャル合唱団
去年現れた感動的でものすごくバイラルなビデオの中で、作曲家エリック・ウィテカーは世界中の歌手たちによるバーチャル合唱団を指揮しました。YouTubeの力を借りて音楽を作るクリエイティブな挑戦について語り、2,052人の合唱からなる新作「眠り」の最初の2分をお披露目します。完全版は4月7日に公開されます(もちろんYouTubeで!)
アンドリュー・バード: 独創的ひとりオーケストラ
音楽の開拓者、アンドリュー・バードがトレードマークのバイオリンの技と、木琴、声、そして洗練された電子ループを操る。その上に超人的な口笛の能力を加えると、誰をも釘付けにするひとりオーケストラの出来上がり。
デビッド・バーン: ナッシング・バット・フラワーズを歌う
トーキングヘッズ88年のヒット作、ナッシング・バット・フラワーズ。デビッド・バーンは、トーマス・ドルビー、弦楽四重奏団エセルと共に「TED2010ハウスバンド」を結成し、この曲を歌います。
キャロライン・フィリップス: 初心者のためのハーディ・ガーディ
キャロライン・フィリップスが、めったに耳にすることのない民族楽器ハーディ・ガーディ、別名ホイール・フィドルで音を紡ぎ出します。この独特な楽器の仕組みと1000年に及ぶ歴史についての楽しい授業の後には、染み入るようなバスクの旋律をお聞きいただきます。
トーマス・ドルビー: 愛は弾を込めたピストル
音楽界の発明家トーマス・ドルビーは、10年ぶりのスタジオアルバムを、復元された救命艇というユニークな、創作意欲を掻き立てる場所で制作中です。このアルバムの中から、伝説の歌手との一夜を歌った幻想的な曲を初披露しました。伴奏は現代弦楽四重奏団エセルのメンバーです。
ハービー・ハンコック: オールスター・セット
伝説的なジャズ・ミュージシャンのハービー・ハンコックが、旧友2人(ヘッドハンターズの元ドラマーとベーシスト、ハービー・メイソンとマーカス・ミラー)と共に素晴らしい演奏をお届けします。美しくアレンジされた ハービー・ハンコックの定番「ウォーターメロン・マン」を最後までじっくりお楽しみください。
イモジェン・ヒープ: 「終わるまで待つの?」
イモジェン・ヒープが、新作アルバム「楕円」から心に訴える曲「終わるまで待つの?」をピアノ弾き語りでお送りします。
カーキ・キング: ロックする「ピンク・ノイズ」
カーキ・キングはローリング・ストーン誌で「ギターの神」に選ばれた初めての女性です。TED2008のステージで、ヒット作「Playing with Pink Noise」を含むフルセットの演奏の模様です。驚愕の芸術性と、突出したギターテクニックの出会いをお楽しみください。
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ: しびれるようなアコースティック・ギターの演奏
04:17
2017/03/09
ギターデュオのロドリゴ・イ・ガブリエラは、超人的な速弾きのリフと驚異的なリズムを組み合わせ、フラメンコ・ギターとヘビメタを見事に融合させたスタイルを生み出しました。披露された曲目は「サウンドメーカー」です。
ジョン・レジェンド: 『リデンプション・ソング(あがないの歌)』
08:38
2016/08/10
ジョン・レジェンドはアメリカの刑事司法制度の改革を使命と負い活動しています。彼が主催する「Free America」キャンペーンを通し、受刑者の刑務所、拘置所、留置所内における罪の償いと社会復帰を促進し、刑期を終えた出所者が希望を持ち更生できるよう支援を訴えています。サン・クエンティン刑務所で服役中のジェームス・カヴィットの生の言葉がプレリュードとなり、レジェンド流にアレンジしたボブ・マーレーの『リデンプション・ソング』の演奏で観客を魅惑します。「一緒に歌ってくれないか、自由の歌を」と。
カーキ・キング: 音楽の力で光と色の世界へ
11:31
2015/12/03
彼女自身が独自のジャンルといえる、カーキ・キングは、今世紀のギターの女神かもしれない。キングは、器用に手で弾くことと、デジタルテクノロジー、ギターに色彩を投影するプロジェクションマッピング技術を統合して駆使することで、衝撃的なマルチメディア作品『The Neck Is a Bridge to the Body(首は身体への橋)』を作った。ギターのネックをピアノのキーボードのように使い、複雑な音色を奏で、彼女は人々を音楽で光と色の世界に連れて行く。彼女はギターが絵筆だという。
ジョーイ・アレキサンダー: 11歳の神童が奏でるモダンジャズピアノ
06:28
2015/06/19
父親の古いレコードを聴いて育ったジョーイ・アレキサンダーは、小学生とは思えないキレのあるモダンジャズピアノを演奏します。セロニアス・モンクのカバー曲でTEDの聴衆を魅了する、11歳の神童の演奏をお聴きください。
ザ・レディー・ライファーズ: 終身刑に服する女性たちの感動の歌声
09:36
2015/05/15
終身刑に服する9人の女性が、希望や後悔、恐れといった、彼女たちの思いを感動的に歌い上げます。「私は天使ではないけれど、悪魔でもない」という心の声。マンシー州立刑務所内で開催されたTEDxイベントで撮影されたこの合唱を通じて、仮釈放の希望なく刑に服する人たちの世界を垣間見ることができます。
ドーン・ランデス: 私のヒーロー、ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性に贈る歌
09:26
2015/05/08
シンガーソングライターのドーン・ランデスが、トリ・マーデン・マクルアの話を語ります。トリには、小さなボートを漕いで大西洋を横断するという夢がありました。でもその夢は、7階建のビルほどもある波に飲み込まれる寸前でした。実際のビデオと語りと歌で、ランデスは、大海原の真ん中で独りぼっちになった女性の心の奥に思いを馳せます。(このトークは、ゲスト・キュレーターにPop-Up Magazineを迎えたTED2015のセッションの一部です。)
スティング: 再び曲を作り始められたわけ
23:15
2014/05/30
スティングの生い立ちは造船所と共にありました ― 彼はこの重労働と工業の世界から逃げ出す事を切望する少年でした。しかし、何年も続くライターズ・ブロックに陥って作曲できなくなった後、彼は昔なじみの造船所の労働者たちの物語を歌い始めました。叙情的な告白の物語と共にスティングは新しいミュージカルの歌を、そしてアンコールで『メッセージ・イン・ア・ボトル』を披露します。
マーク・ロンソン: サンプリングが音楽を変えた
16:54
2014/05/09
サンプリングは「ノスタルジックな音源をハイジャックしてしまう(昔の音源を全てコピーしてしまう)」こととは違うとマーク・ロンソンは言います。それは、自分を曲のナラティブ(物語)の中に存在させ、さらにその物語を続けていくことなのです。このDJは15のTEDトークから音と映像をスクランブルしたオムレツ料理を作り上げ、1984年からあらゆる世代によって再現されてきたダグ・E・フレッシュ&スリック・リックのヒット曲『ラ・ディ・ダ・ディ』の進化を紹介します。
TEDスタッフ: ミュージカル『これがTEDだ』
04:37
2014/04/01
あなたの心の中にもTEDトークが眠っていて、解き放たれる瞬間を待っているのでは?あなたがトークをする前に、この洒落っ気たっぷりのミュージカルをご覧ください。TEDスタッフが脚本、演出、出演を手がけたミュージカル。スピーカーに向けたラブレターです。
クレイトン・キャメロン: 数楽リズム―音楽のビートに隠された数学
05:57
2014/03/11
さあ、一緒にその場で踊りましょう。ドラマーのクレイトン・キャメロンは、R&Bからラテン、ポップスまで、いろんな音楽をビートに分解します。ヒップホップとジャズが数学よりクールだということはありません―数学に基づいたリズムなのですから。
ビアディーマン: ポリフォニックな私
11:11
2013/08/02
音楽創造家のビアディーマン(本名:ダレン・フォアマン)は、2つの音程を同時に発声できないことを不満に思い、自分の声をループさせ多重化させるマシンを開発しました。この世にあるほとんどすべての楽器の音をまねるだけでなく、赤ん坊の泣き声からハエの羽音までなんなく発声できる才能を持つ彼にとっても、このマシンで作り出す音は多様性に富んでいます。さあ、リラックスして目くらむような音の波に身を任せてみましょう。
スリーピーマン・バンジョー・ボーイズ: ブルーグラス音楽の達人ニュージャージーに現わる
08:48
2013/07/05
まだ16にも満たないミゾーニ家の三兄弟ジョニー、ロビー、トミーは、ブルーグラスのアール・スクラッグスよりはロックンロールのブルース・スプリングスティーンが有名なニュージャージーに生まれ育ちましたが、小さい頃から兄弟でブルーグラス音楽のカバー演奏をはじめ、自分たちで作曲もするようになりました。フィドル、バンジョー、ギターでリード役を入れ替わりながら、それぞれキーの違う眩いばかりの3曲を演奏します。
ジョン・レジェンド: 「True Colors」
03:59
2013/05/08
心和ませるひととき、TED Talks Educationで、ジョン・レジェンドが「True Colors(トゥルー・カラーズ)」の弾き語りをします。歌詞には、子どもたちや先生への特別な思いが込められました。「怖がらずに / 本当の心を出してごらん / 君の本当の心は / 美しく 虹色に輝く」
エリック・ウィテカー: バーチャル合唱団ライブ
12:33
2013/03/22
作曲家・指揮者であるエリック・ウィテカーは、たくさんの国々の歌手をビデオの上で結び付けて「バーチャル合唱団」を作り上げ、何百万という人々に感動を与えました。今回、初の試みとして、この体験をリアルタイムで実現します。ステージ上にいる地元の大学から募られた合唱団に、Skypeを使って世界に散らばる32人の歌手が加わり、オクタビオ・パスの詩によるウィテカー作曲の『豪雨』を見事に歌い上げます。
スリーピーマン・バンジョー・ボーイズ: 3兄弟による奇跡の演奏
05:03
2012/11/21
楽器演奏が達者なミゾーニ家の3兄弟、ジョニー、ロビー、トミーは「スリーピーマン・バンジョー・ボーイズ」として、まばゆいほどの快活さでブルーグラス・ミュージックを演奏します。みんな14歳以下だというのは言いましたっけ?
マーク・アプルバウム: 音楽のマッド・サイエンティスト
16:50
2012/08/03
マーク・アプルバウムは、フラワーデザイナーのための協奏曲を作曲したり、ガラクタやそこらへんにある品物を使って楽器を作り上げたりといった、思いがけない方法でルールを打破しながら音楽を制作しています。この一風変わったトークは、創造的な仕事に携わる視聴者にインスピレーションを喚起し、それぞれが持つ「ルール」に揺さぶりをかけるのではないでしょうか。
ウスマン・リアス&プレストン・リード: 若きギタリスト、ヒーローに出会う
16:43
2012/07/06
21歳の打楽器的ギター演奏の名人ウスマン・リアスは、YouTubeでヒーローたちの演奏を見てその技を覚えました。TEDフェローに選ばれた彼がTEDGlobal 2012のステージで演奏し、つづいて打楽器的ギター演奏の巨匠プレストン・リードが見事な演奏を聞かせてくれます。そしてこの2人のギタリストがまさにその場で即興演奏を生み出す様をご覧ください。
アビゲイル・ウォッシュバーン: 米中関係構築の秘密兵器、バンジョー
06:34
2012/04/13
TEDフェローのアビゲイル・ウォッシュバーンは米中関係改善のために弁護士になろうとしていました ?? バンジョーと出会うまでは。アメリカと中国をツアーでまわる中で築いた驚くべき絆についての感動的なストーリーを、バンジョーの演奏と中国語の歌を交えながら聞かせてくれます。
モーリーが歌う「希望を抱く女性」
05:31
2012/01/13
この楽曲は、アウンサンスーチーの「自分を無力と感じるなら誰かを助けなさい」と提唱する運動に感銘を受けたモーリーが作詞したものです。TEDxWomenにて暖かくきらびやかな声でモーリーが歌い上げます。
ステフォン・ハリス: バンドスタンドではミスなんてない
13:11
2011/12/09
ミスって何でしょう?ステフォン・ハリスは、彼のジャズカルテットが即興で奏でる音楽を例に挙げて話し、私たちを意味深い真実へと導いてくれます。つまり、多くの行動が「誤り」と捉えられますが、その唯一の原因は私たちがその「誤り」に上手く対応していないことによるのです。
オニックス・アシャンティ: これがビートジャズ
06:30
2011/06/17
音楽家でもあり発明家のオニックス・アシャンティが”ビートジャズ”を披露します。彼は、2つのコントローラー、iPhone、そしてマウスピースを操り、全身を利用して音楽を作り上げます。TEDのフルスペクトラムオーディションで, ビート音とループ音を駆使した、彼の音楽の対する将来のビジョンを共有する、3分間の演奏をご覧頂きます。
ジャクソン・ブラウン: どこへでも行けるなら
04:27
2011/04/10
半年前、シルビア・アールのアイデアで始まった海を救うためのブレーンストーミングの場である「ミッションブルーの旅」に参加した時に書き始めた曲を、ジャクソン・ブラウンがTEDxGPGPの場で披露しています。「今すぐどこへでも行けるなら、俺はここにいたい」と彼は歌っています。
エリック・ウィテカー: 2000の歌声でつくるバーチャル合唱団
14:35
2011/04/04
去年現れた感動的でものすごくバイラルなビデオの中で、作曲家エリック・ウィテカーは世界中の歌手たちによるバーチャル合唱団を指揮しました。YouTubeの力を借りて音楽を作るクリエイティブな挑戦について語り、2,052人の合唱からなる新作「眠り」の最初の2分をお披露目します。完全版は4月7日に公開されます(もちろんYouTubeで!)
アンドリュー・バード: 独創的ひとりオーケストラ
19:20
2010/11/05
音楽の開拓者、アンドリュー・バードがトレードマークのバイオリンの技と、木琴、声、そして洗練された電子ループを操る。その上に超人的な口笛の能力を加えると、誰をも釘付けにするひとりオーケストラの出来上がり。
デビッド・バーン: ナッシング・バット・フラワーズを歌う
03:16
2010/10/22
トーキングヘッズ88年のヒット作、ナッシング・バット・フラワーズ。デビッド・バーンは、トーマス・ドルビー、弦楽四重奏団エセルと共に「TED2010ハウスバンド」を結成し、この曲を歌います。
キャロライン・フィリップス: 初心者のためのハーディ・ガーディ
08:51
2010/09/17
キャロライン・フィリップスが、めったに耳にすることのない民族楽器ハーディ・ガーディ、別名ホイール・フィドルで音を紡ぎ出します。この独特な楽器の仕組みと1000年に及ぶ歴史についての楽しい授業の後には、染み入るようなバスクの旋律をお聞きいただきます。
トーマス・ドルビー: 愛は弾を込めたピストル
05:28
2010/05/07
音楽界の発明家トーマス・ドルビーは、10年ぶりのスタジオアルバムを、復元された救命艇というユニークな、創作意欲を掻き立てる場所で制作中です。このアルバムの中から、伝説の歌手との一夜を歌った幻想的な曲を初披露しました。伴奏は現代弦楽四重奏団エセルのメンバーです。
ハービー・ハンコック: オールスター・セット
27:36
2010/01/08
伝説的なジャズ・ミュージシャンのハービー・ハンコックが、旧友2人(ヘッドハンターズの元ドラマーとベーシスト、ハービー・メイソンとマーカス・ミラー)と共に素晴らしい演奏をお届けします。美しくアレンジされた ハービー・ハンコックの定番「ウォーターメロン・マン」を最後までじっくりお楽しみください。
イモジェン・ヒープ: 「終わるまで待つの?」
03:55
2009/09/20
イモジェン・ヒープが、新作アルバム「楕円」から心に訴える曲「終わるまで待つの?」をピアノ弾き語りでお送りします。
カーキ・キング: ロックする「ピンク・ノイズ」
14:50
2009/05/29
カーキ・キングはローリング・ストーン誌で「ギターの神」に選ばれた初めての女性です。TED2008のステージで、ヒット作「Playing with Pink Noise」を含むフルセットの演奏の模様です。驚愕の芸術性と、突出したギターテクニックの出会いをお楽しみください。