医学

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
パーディス・サベティ: 死に至る新たなウイルスに立ち向かう方法について
エボラ熱が2014年3月に発生し、パーディス・サベティのチームはウイルスのジノム(genome、ゲノムとも表記)解析により、その変異の仕方や感染拡大の経緯を解明しました。世界中のウイルス追跡チームや科学者たちがこのウイルスとの喫緊の戦いに参加できるよう、パーディスは即座に彼女の研究をネットで公開しました。このトークで、彼女はオープンな共同研究がウイルスを食い止める為には必須であり、次に来るであろうウイルス感染症...
セス・バークレー: ワクチンの開発を執拗に阻むある事実
セス・バークレーは、ワクチン市場の現状を展開しながら、世界的脅威となる疫病のワクチン開発が遅れている原因は、その裏にある社会的アンバランスから来る経済的リスクにあると解き明かします。
ビル・ゲイツ: もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?私たちの準備はまだ出来ていない
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により ― そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。アウトブレイクのシナリオに沿った計画立案から、ワクチンの開発、そして医療従事者達のトレーニング ― ビル・ゲイツは、今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現...
ブルース・エイルワード: 人類対エボラ、恐るべき闘いにおける勝利の戦略
世界保健機関(WHO)の職員ブルース・エイルワードは、「エボラは我々を人間たらしめる全てのものを脅かす」と言います。彼は穏やかに、どうやってエボラの感染拡大が起きたのか、そして今回の国際的な警告がどのようにして問題の急速な拡大を助長したのかを語ります。彼はエボラに打ち勝つ為の決定的な4つの戦略と、アウトブレイクの中心地でありながらも、ここ数週間で新たな症例を一例も出さなかったリベリアのロファ郡を例に、どの...
バーバラ・ナッターソン・ホロウィッツ: 獣医が知っていて医師が知らないこと
たった一種類の動物しか診ない獣医を何と呼ぶでしょうか?それは医師です。魅力的なトークの中で、バーバラ・ナッターソン・ホロウィッツは、健康に対する種を跨ったアプローチがどのようにして人間という動物の医療 ― 殊に心の健康 ― を改善出来るかを語っています。
ジョー・ランドリーナ: 一瞬で止血するジェル
縫い針なんか忘れましょう。傷をふさぐのにはもっと良い方法があります。この講演ではTEDフェローのジョー・ランドリーナが、自身の発明を披露しています。圧迫せずに、外傷性の出血を瞬時に止められる医療用ジェルです。※このビデオには医療映像が含まれています。
ニコライ・ベグ: 極めて危険な一瞬を回避できる手術器具
多くの手術は皮膚に穴をあけることから始まり、このときに体内の組織を傷つける危険が伴います。機械工学のエンジニアであるニコライ・ベグは、手術で頻繁に使われるトロッカーと呼ばれる医療器具の物理的なメカニズムに注目し、これを改良しました。日常的に行われる手術の危険性を軽減することができる発明です。
ノーマン・スパック: トランスジェンダーの10代達が「願う自分」になる手助けをする私の方法
思春期は誰にとっても戸惑いの時ですが、トランスジェンダーの10代の若者にとっては、夜ごと心地よく思えない身体に成長していく悪夢の時にもなり得るのです。心に沁みるこの講演では、内分泌科医のノーマン・スパックが、どうやってホルモン補充療法で未成年者を治療するアメリカの数少ない医者の一人となったのか、自身の経験を教えてくれます。思春期の影響を食い止めることで、スパックはトランスジェンダーの10代の若者に必要な時...
マーク・ケンドル: より安全で低コストな注射針を使わないワクチン・パッチ
注射針と注射器の発明から160年後も私達はワクチン投与の際に使っていますが、進化の時です。生物医学工学者のマーク・ケンドルがナノパッチのデモンストレーションします。ナノパッチは1cmX1cmの正方形型ワクチンで、痛みを伴うことなく皮膚に貼れます。この小さなシリコン片が、低コストで現在の注射針と注射器の4大欠点をいかにして克服したのかを説明します。
スティーブン・シュバイツバーグ: 外科医のための万能翻訳機
腹腔鏡手術は切開を出来るだけ小さくする 低侵襲医療の一例です。患者さんの痛みが小さく、回復も早いのが特徴です。しかし、これらの技術を世界に広めるためには問題が2つあります。言語と距離です。ビデオ会議と多言語翻訳機を組み合わせて使い、スティーブン・シュバイツバーグ氏はこの問題にテクノロジーをもって立ち向かいます。(TEDxBeacon Street にて収録)
リチャード・ウェラー: 太陽光は健康にいいかもしれない?
リチャード・ウェラーは、我々の体は太陽光からビタミンDを生成するが、太陽光にはもう1つの驚くべき働きがある、と指摘します。 彼のチームの新しい研究によれば、皮膚に大量に蓄えられている窒素酸化物は紫外線で放出され、血圧と心臓血管に非常によい効果をもたらしている可能性があります。 これは何を意味するのでしょう?この発見から、スコットランドに住む人がオーストラリア人より病気がちな理由を説明できるかもしれません・...
ボグマ・カビセン・ティタンジ: HIV治験への倫理的問いかけ
これはよくある話です。サハラ砂漠以南に住むアフリカ人女性が、HIV治験終了後、病院へのバス賃さえ払えず、ましてや、自分の命を繋ぐ抗レトロウイルス薬を買うこともできず投与されずに、放っておかれています。ボグマ・カビセン・ティタンジは、重要な疑問を問いかけます。どうすればHIVに苦しむ人々の弱みに付け込むような事をせずに、HIV治癒の研究が出来るものかと。(TEDxGoodenoughCollege)
ベン・ゴールドエイカー: 医者も知らない薬の秘密
新薬の治験の際には結果は医学界の皆のために公開されるべきです。しかし否定的だったり結論が出ないという結果はわずかな例外を除いて報告されずじまいとなり、医師や研究者は闇に取りのこされます。この情熱的なトークでベン・ゴールドエイカーは、これらの否定的なデータが公開されなかった例が、いかに危険で判断を誤らせるものかを説明します。
バルト・ノルズ: 蚊を殺し、マラリアを撲滅しよう
蚊の習性を利用して、蚊を駆逐しよう。 バルト・ノルズは、リンバーガーチーズや錠剤などを使ってマラリアを根絶する、変わった研究を紹介します。(TEDxMaastricht にて収録.)
アトゥール・ガワンデ: 医療をどう治すか?
私たちの医療システムは崩壊しています。医師は素晴らしい (そして高価な) 治療を施せるようになりましたが、最大の目標を見失っています。実際にどう人を扱うかということです。医師であり作家でもあるアトゥール・ガワンデが現在の医療を見つめ直し、新しい医療の道を紹介します。「カウボーイではなく、より多くのピットクルーを」
タル・ゴールズウォーシー: いかにして自分の心臓を修理したか
タル・ゴールズウォーシーは、導管・配管をよく知るボイラー技士です。彼は手術が必要な大動脈に命に関わる問題を見つけた時に、医師と彼自身のエンジニアとしてのスキルを合わせて、よりよい「修理方法」を設計しました。
エリカ・フランクル: どこでも麻酔器
手術中に電源を失うとどうなるでしょうか?光も酸素も、そして麻酔も提供されなくなります。日常的な手術が悲劇に変わるこの現象が世界中で起こっています。エリカ・フランクルが、解決策として「どこでも麻酔器」をご紹介します。
キエン・グエン: 色分けされた手術
細胞の種類ごとに色分けされた教科書と、実際の手術は今まで全く異なるものでしたが、これからは違います。TEDMEDではキエン・グエンが分子マーカーを使って、どこを切ればいいのかが見えるように腫瘍を緑色に光らせます。
ダニエル・クラフト: 医学の未来ですか?アプリがありますよ
TEDxMaastricht にて、ダニエル・クラフトが今後数年の医学のイノベーションを駆け足で紹介します。新たなツール、診断テスト、アプリなどによって病床へ直に診断情報が届けられるようになるでしょう
ブルース・エイルワード: ポリオを永久に根絶させる方法
ポリオはほぼ完全に根絶されたようなものだ。しかし、ブルース・エイルワード氏いわく、「この恐ろしい病気の場合、ほぼ根絶というのでは不十分」なのだ。科学の奇跡によって、世界の殆どの地域ではポリオが撲滅されたが、これからもこの奇跡を起こし続け、地球上から永久にポリオを根絶させる計画についてエイルワード氏は語る。
エリオット・クレーン: 慢性痛の謎
「痛み」を何かの兆候だと思うかもしれませんが、神経が反応を繰り返し、痛み自体が恐ろしい病気になってしまうことがあります。エリオット・クレーンは、手首の捻挫が悪夢と化してしまったある少女の話を始めに、慢性痛の複雑な謎について、慢性痛がどのように機能するか、そしてどのようにそれを対処するかについて語ります。
スーザン・リム: 臓器移植ではなく細胞移植を
先駆的な外科医 スーザン・リムはアジア初の肝臓移植を行いました。しかし臓器の提供先にまつわる倫理的な懸念から、臓器そのものの移植の代わりに、細胞を移植する可能性が生まれました。INKカンファレンスで、リムは予想外な部位から得られる細胞をめぐる新しい研究を紹介します。
アンソニー・アタラ: 臓器を印刷する試み
外科医であるアンソニー・アタラが、いつか臓器提供者の問題を解決するかもしれない初期段階の実験を披露します。生きた細胞を使った3Dプリンタによって移植可能な腎臓を出力するのです。10年前、アタラ博士の若い患者ルーク・マセラはこれと似た技術を使って作られた膀胱を手にしました。ステージにその彼がやってきます。
アンダース・インナーマン: 爆発的に増大する医療データの視覚化
現在では患者一人に対して、医療用撮影装置はわずかな時間のうちに大量の画像やテラバイト級のデータを生成します。では、医者はこれらの情報の中からどのようにして有用なデータを判断するのでしょうか?TEDxGoteborgでは、科学データの視覚化の専門家であるアンダース・インナーマンが、無数のデータの解析のため、バーチャル解剖などといった新しく高機能なツールの紹介や、現在開発中であるSFに近いような医療技術を少しだけ披露し...
ケビン・ストーン: 関節置換術のバイオな未来像
関節炎や怪我など、非常に多くの人々が膝の故障を抱えています。しかし、ヒト組織を使う最高の治療を享受しているのはごく少数に過ぎません。ヒト移植に要する高額費用やドナー不足を回避できる、動物性組織を使用した新しい治療法をケビン・ストーンが紹介します。
セス・バークレー: HIVとインフルエンザ ー ワクチンの戦略
ワクチンの設計や製造、流通についての知見が進歩して、世界の脅威である AIDSやマラリアやインフルエンザの根絶に近づいていることをセス・バークレーが語ります
エリザベス・ピザーニ: セックス、ドラッグ、HIV―合理的に行きましょう
裏付けとなる論理、機知に富んだ話、そして「公衆衛生オタク」の眼鏡を装備して、エリザベス・ピザーニが、税金によってHIVの拡大に効果的に立ち向かうことを妨げる、今日の政治システムにおける無数の矛盾を明らかにします。刑務所の麻薬中毒者からカンボジアの路上のセックスワーカーまで、リスクの高い状況にある人々に関する彼女の研究によって、時には直感に反した手段が深刻な病の拡大を食い止めることができるということが証明さ...
アンソニー・アタラ: 臓器の培養
アンソニー・アタラの最先端技術を駆使した研究所では筋肉、血管、膀胱を始め様々な人間の臓器が培養されています。TEDMEDでアタラ医師は生体工学の研究者たちと取り組んでいる様子を紹介します。摂氏37度に予熱されるオーブンのようなバイオリアクタ―や人間の組織をプリントする機械など、どれもSF小説の中から飛び出して来たような発明ばかりです。
トゥラシラジ・ラヴィラ: 世界水準の眼科治療をローコストで実現する方法
インドの革新的なアラビンド・アイケア・システムは、何百万人もの眼病患者の視力を回復しました。コスト削減と同時に医療の質を向上させるための独創的なアプローチと、このシステムが全ての人的サービスを再考するきっかけとなる理由について、地域眼科医療研究所(LAICO)責任者のトゥラシラジ・ラヴィラ氏が語ります。
ダニエル・クラフト: より良い骨髄採取法の開発
ダニエル・クラフトが彼の骨髄採取器(メローマイナー)をデモンストレーションします。 この新しい装置は骨髄液を素早く採取し、ドナーの痛みを最小限に抑えることができます。彼は成人骨髄液中の幹細胞は、パーキンソン病から心臓病までの多くの末期症状の治療に利用可能と説いています。
キャリー マリス: 危険な感染症に対する次世代治療法について
薬剤耐性菌の犠牲者は世界有数の病院でも報告されています。しかし、高い病原性をもつ黄色ブドウ球菌や炭疽菌などによる感染症は今後大いに驚くことになりそうです。強力な抗生物質の効果が無いまま死亡した友人を目の当たりにしたノーベル賞化学者キャリー・マリスは、驚くほど将来性のある、革新的な治療法を明らかにします。
キャサリン・モーア: 外科の過去、現在とロボットのある未来
外科医で発明家のキャサリン・モーアが外科の歴史(痛み止め・麻酔なしの時代)を概説した後、小さな切開口から精巧なロボットハンドで手術を行う最新のツールをデモします。魅力的ですがすぐ気分の悪くなる方には向きません。
パーディス・サベティ: 死に至る新たなウイルスに立ち向かう方法について
09:37
2016/02/25
エボラ熱が2014年3月に発生し、パーディス・サベティのチームはウイルスのジノム(genome、ゲノムとも表記)解析により、その変異の仕方や感染拡大の経緯を解明しました。世界中のウイルス追跡チームや科学者たちがこのウイルスとの喫緊の戦いに参加できるよう、パーディスは即座に彼女の研究をネットで公開しました。このトークで、彼女はオープンな共同研究がウイルスを食い止める為には必須であり、次に来るであろうウイルス感染症への対応に必要だと示しています。「私たちは透明性のあるオープンさを持って協業し、情報を共有し、共に戦わなければなりませんでした。」サベティは続けます「世界が一つのウイルスによる破壊に振り回されないよう、何十億もの暖かい心や思いやりの協力で 世界を照らして行きましょう。」
セス・バークレー: ワクチンの開発を執拗に阻むある事実
07:17
2015/09/17
セス・バークレーは、ワクチン市場の現状を展開しながら、世界的脅威となる疫病のワクチン開発が遅れている原因は、その裏にある社会的アンバランスから来る経済的リスクにあると解き明かします。
ビル・ゲイツ: もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?私たちの準備はまだ出来ていない
08:36
2015/04/03
2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により ― そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。アウトブレイクのシナリオに沿った計画立案から、ワクチンの開発、そして医療従事者達のトレーニング ― ビル・ゲイツは、今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます。「パニックに陥る必要はありません ― でも今、始めなければならないのです。」
ブルース・エイルワード: 人類対エボラ、恐るべき闘いにおける勝利の戦略
19:14
2015/02/03
世界保健機関(WHO)の職員ブルース・エイルワードは、「エボラは我々を人間たらしめる全てのものを脅かす」と言います。彼は穏やかに、どうやってエボラの感染拡大が起きたのか、そして今回の国際的な警告がどのようにして問題の急速な拡大を助長したのかを語ります。彼はエボラに打ち勝つ為の決定的な4つの戦略と、アウトブレイクの中心地でありながらも、ここ数週間で新たな症例を一例も出さなかったリベリアのロファ郡を例に、どのようにその戦略を実施し、成功を収めたのかを語ります。エボラとの闘いで、まだ勝利を得られてはいないと彼は明言していますが、もし私たちが正しく行動を起こせば、伝染病に反撃する人類の能力を楽観視できるようになるでしょう。
バーバラ・ナッターソン・ホロウィッツ: 獣医が知っていて医師が知らないこと
15:01
2014/12/04
たった一種類の動物しか診ない獣医を何と呼ぶでしょうか?それは医師です。魅力的なトークの中で、バーバラ・ナッターソン・ホロウィッツは、健康に対する種を跨ったアプローチがどのようにして人間という動物の医療 ― 殊に心の健康 ― を改善出来るかを語っています。
ジョー・ランドリーナ: 一瞬で止血するジェル
05:05
2014/11/20
縫い針なんか忘れましょう。傷をふさぐのにはもっと良い方法があります。この講演ではTEDフェローのジョー・ランドリーナが、自身の発明を披露しています。圧迫せずに、外傷性の出血を瞬時に止められる医療用ジェルです。※このビデオには医療映像が含まれています。
ニコライ・ベグ: 極めて危険な一瞬を回避できる手術器具
09:21
2014/07/15
多くの手術は皮膚に穴をあけることから始まり、このときに体内の組織を傷つける危険が伴います。機械工学のエンジニアであるニコライ・ベグは、手術で頻繁に使われるトロッカーと呼ばれる医療器具の物理的なメカニズムに注目し、これを改良しました。日常的に行われる手術の危険性を軽減することができる発明です。
ノーマン・スパック: トランスジェンダーの10代達が「願う自分」になる手助けをする私の方法
16:53
2014/04/16
思春期は誰にとっても戸惑いの時ですが、トランスジェンダーの10代の若者にとっては、夜ごと心地よく思えない身体に成長していく悪夢の時にもなり得るのです。心に沁みるこの講演では、内分泌科医のノーマン・スパックが、どうやってホルモン補充療法で未成年者を治療するアメリカの数少ない医者の一人となったのか、自身の経験を教えてくれます。思春期の影響を食い止めることで、スパックはトランスジェンダーの10代の若者に必要な時間を与えているのです。(TEDxBeaconStreetにて撮影)
マーク・ケンドル: より安全で低コストな注射針を使わないワクチン・パッチ
13:50
2014/01/14
注射針と注射器の発明から160年後も私達はワクチン投与の際に使っていますが、進化の時です。生物医学工学者のマーク・ケンドルがナノパッチのデモンストレーションします。ナノパッチは1cmX1cmの正方形型ワクチンで、痛みを伴うことなく皮膚に貼れます。この小さなシリコン片が、低コストで現在の注射針と注射器の4大欠点をいかにして克服したのかを説明します。
スティーブン・シュバイツバーグ: 外科医のための万能翻訳機
11:41
2013/01/24
腹腔鏡手術は切開を出来るだけ小さくする 低侵襲医療の一例です。患者さんの痛みが小さく、回復も早いのが特徴です。しかし、これらの技術を世界に広めるためには問題が2つあります。言語と距離です。ビデオ会議と多言語翻訳機を組み合わせて使い、スティーブン・シュバイツバーグ氏はこの問題にテクノロジーをもって立ち向かいます。(TEDxBeacon Street にて収録)
リチャード・ウェラー: 太陽光は健康にいいかもしれない?
13:00
2013/01/17
リチャード・ウェラーは、我々の体は太陽光からビタミンDを生成するが、太陽光にはもう1つの驚くべき働きがある、と指摘します。 彼のチームの新しい研究によれば、皮膚に大量に蓄えられている窒素酸化物は紫外線で放出され、血圧と心臓血管に非常によい効果をもたらしている可能性があります。 これは何を意味するのでしょう?この発見から、スコットランドに住む人がオーストラリア人より病気がちな理由を説明できるかもしれません・・・。
ボグマ・カビセン・ティタンジ: HIV治験への倫理的問いかけ
11:11
2013/01/10
これはよくある話です。サハラ砂漠以南に住むアフリカ人女性が、HIV治験終了後、病院へのバス賃さえ払えず、ましてや、自分の命を繋ぐ抗レトロウイルス薬を買うこともできず投与されずに、放っておかれています。ボグマ・カビセン・ティタンジは、重要な疑問を問いかけます。どうすればHIVに苦しむ人々の弱みに付け込むような事をせずに、HIV治癒の研究が出来るものかと。(TEDxGoodenoughCollege)
ベン・ゴールドエイカー: 医者も知らない薬の秘密
13:29
2012/09/27
新薬の治験の際には結果は医学界の皆のために公開されるべきです。しかし否定的だったり結論が出ないという結果はわずかな例外を除いて報告されずじまいとなり、医師や研究者は闇に取りのこされます。この情熱的なトークでベン・ゴールドエイカーは、これらの否定的なデータが公開されなかった例が、いかに危険で判断を誤らせるものかを説明します。
バルト・ノルズ: 蚊を殺し、マラリアを撲滅しよう
10:41
2012/05/12
蚊の習性を利用して、蚊を駆逐しよう。 バルト・ノルズは、リンバーガーチーズや錠剤などを使ってマラリアを根絶する、変わった研究を紹介します。(TEDxMaastricht にて収録.)
アトゥール・ガワンデ: 医療をどう治すか?
19:20
2012/04/16
私たちの医療システムは崩壊しています。医師は素晴らしい (そして高価な) 治療を施せるようになりましたが、最大の目標を見失っています。実際にどう人を扱うかということです。医師であり作家でもあるアトゥール・ガワンデが現在の医療を見つめ直し、新しい医療の道を紹介します。「カウボーイではなく、より多くのピットクルーを」
タル・ゴールズウォーシー: いかにして自分の心臓を修理したか
13:15
2012/04/12
タル・ゴールズウォーシーは、導管・配管をよく知るボイラー技士です。彼は手術が必要な大動脈に命に関わる問題を見つけた時に、医師と彼自身のエンジニアとしてのスキルを合わせて、よりよい「修理方法」を設計しました。
エリカ・フランクル: どこでも麻酔器
11:24
2012/02/02
手術中に電源を失うとどうなるでしょうか?光も酸素も、そして麻酔も提供されなくなります。日常的な手術が悲劇に変わるこの現象が世界中で起こっています。エリカ・フランクルが、解決策として「どこでも麻酔器」をご紹介します。
キエン・グエン: 色分けされた手術
16:09
2011/12/13
細胞の種類ごとに色分けされた教科書と、実際の手術は今まで全く異なるものでしたが、これからは違います。TEDMEDではキエン・グエンが分子マーカーを使って、どこを切ればいいのかが見えるように腫瘍を緑色に光らせます。
ダニエル・クラフト: 医学の未来ですか?アプリがありますよ
18:22
2011/06/13
TEDxMaastricht にて、ダニエル・クラフトが今後数年の医学のイノベーションを駆け足で紹介します。新たなツール、診断テスト、アプリなどによって病床へ直に診断情報が届けられるようになるでしょう
ブルース・エイルワード: ポリオを永久に根絶させる方法
23:10
2011/05/24
ポリオはほぼ完全に根絶されたようなものだ。しかし、ブルース・エイルワード氏いわく、「この恐ろしい病気の場合、ほぼ根絶というのでは不十分」なのだ。科学の奇跡によって、世界の殆どの地域ではポリオが撲滅されたが、これからもこの奇跡を起こし続け、地球上から永久にポリオを根絶させる計画についてエイルワード氏は語る。
エリオット・クレーン: 慢性痛の謎
08:30
2011/05/19
「痛み」を何かの兆候だと思うかもしれませんが、神経が反応を繰り返し、痛み自体が恐ろしい病気になってしまうことがあります。エリオット・クレーンは、手首の捻挫が悪夢と化してしまったある少女の話を始めに、慢性痛の複雑な謎について、慢性痛がどのように機能するか、そしてどのようにそれを対処するかについて語ります。
スーザン・リム: 臓器移植ではなく細胞移植を
16:26
2011/04/19
先駆的な外科医 スーザン・リムはアジア初の肝臓移植を行いました。しかし臓器の提供先にまつわる倫理的な懸念から、臓器そのものの移植の代わりに、細胞を移植する可能性が生まれました。INKカンファレンスで、リムは予想外な部位から得られる細胞をめぐる新しい研究を紹介します。
アンソニー・アタラ: 臓器を印刷する試み
17:25
2011/03/07
外科医であるアンソニー・アタラが、いつか臓器提供者の問題を解決するかもしれない初期段階の実験を披露します。生きた細胞を使った3Dプリンタによって移植可能な腎臓を出力するのです。10年前、アタラ博士の若い患者ルーク・マセラはこれと似た技術を使って作られた膀胱を手にしました。ステージにその彼がやってきます。
アンダース・インナーマン: 爆発的に増大する医療データの視覚化
17:07
2011/01/21
現在では患者一人に対して、医療用撮影装置はわずかな時間のうちに大量の画像やテラバイト級のデータを生成します。では、医者はこれらの情報の中からどのようにして有用なデータを判断するのでしょうか?TEDxGoteborgでは、科学データの視覚化の専門家であるアンダース・インナーマンが、無数のデータの解析のため、バーチャル解剖などといった新しく高機能なツールの紹介や、現在開発中であるSFに近いような医療技術を少しだけ披露します。本トークには医療用画像が含まれます。
ケビン・ストーン: 関節置換術のバイオな未来像
10:02
2010/07/23
関節炎や怪我など、非常に多くの人々が膝の故障を抱えています。しかし、ヒト組織を使う最高の治療を享受しているのはごく少数に過ぎません。ヒト移植に要する高額費用やドナー不足を回避できる、動物性組織を使用した新しい治療法をケビン・ストーンが紹介します。
セス・バークレー: HIVとインフルエンザ ー ワクチンの戦略
21:37
2010/05/27
ワクチンの設計や製造、流通についての知見が進歩して、世界の脅威である AIDSやマラリアやインフルエンザの根絶に近づいていることをセス・バークレーが語ります
エリザベス・ピザーニ: セックス、ドラッグ、HIV―合理的に行きましょう
21:47
2010/04/05
裏付けとなる論理、機知に富んだ話、そして「公衆衛生オタク」の眼鏡を装備して、エリザベス・ピザーニが、税金によってHIVの拡大に効果的に立ち向かうことを妨げる、今日の政治システムにおける無数の矛盾を明らかにします。刑務所の麻薬中毒者からカンボジアの路上のセックスワーカーまで、リスクの高い状況にある人々に関する彼女の研究によって、時には直感に反した手段が深刻な病の拡大を食い止めることができるということが証明されます。
アンソニー・アタラ: 臓器の培養
17:53
2010/01/21
アンソニー・アタラの最先端技術を駆使した研究所では筋肉、血管、膀胱を始め様々な人間の臓器が培養されています。TEDMEDでアタラ医師は生体工学の研究者たちと取り組んでいる様子を紹介します。摂氏37度に予熱されるオーブンのようなバイオリアクタ―や人間の組織をプリントする機械など、どれもSF小説の中から飛び出して来たような発明ばかりです。
トゥラシラジ・ラヴィラ: 世界水準の眼科治療をローコストで実現する方法
19:59
2009/12/10
インドの革新的なアラビンド・アイケア・システムは、何百万人もの眼病患者の視力を回復しました。コスト削減と同時に医療の質を向上させるための独創的なアプローチと、このシステムが全ての人的サービスを再考するきっかけとなる理由について、地域眼科医療研究所(LAICO)責任者のトゥラシラジ・ラヴィラ氏が語ります。
ダニエル・クラフト: より良い骨髄採取法の開発
04:42
2009/07/15
ダニエル・クラフトが彼の骨髄採取器(メローマイナー)をデモンストレーションします。 この新しい装置は骨髄液を素早く採取し、ドナーの痛みを最小限に抑えることができます。彼は成人骨髄液中の幹細胞は、パーキンソン病から心臓病までの多くの末期症状の治療に利用可能と説いています。
キャリー マリス: 危険な感染症に対する次世代治療法について
05:09
2009/07/09
薬剤耐性菌の犠牲者は世界有数の病院でも報告されています。しかし、高い病原性をもつ黄色ブドウ球菌や炭疽菌などによる感染症は今後大いに驚くことになりそうです。強力な抗生物質の効果が無いまま死亡した友人を目の当たりにしたノーベル賞化学者キャリー・マリスは、驚くほど将来性のある、革新的な治療法を明らかにします。
キャサリン・モーア: 外科の過去、現在とロボットのある未来
21:29
2009/06/18
外科医で発明家のキャサリン・モーアが外科の歴史(痛み止め・麻酔なしの時代)を概説した後、小さな切開口から精巧なロボットハンドで手術を行う最新のツールをデモします。魅力的ですがすぐ気分の悪くなる方には向きません。