LGBT

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
アイヴァン・カヨーティ: 性別なしのトイレが必要な理由
私たち誰もが必要とするものがあります ― きれいな空気、水、食料、寝る場所、愛・・・そして安全におしっこできる場所。2つの性別の枠に収まらないトランスジェダーの人々にとって、公共のトイレは大きな不安の元であり、咎められたり、嫌な目にあったりしやすい場所です。詩の朗読のごとくリズム感のあるトークで、アイヴァン・カヨーティが性別アイデンティティという、複雑かつ極めて個人的な問題に挑み、全ての公共の場所における...
ジェニ・チャン、リサ・ダゾルス: 世界のLGBTの生活とは
サンフランシスコに住むゲイカップルのジェニ・チャンとリサ・ダゾルスは、それぞれ思い通りの気ままな生活をしていました。しかし彼らが住んでいるベイエリア以外の、基本的な権利を未だに持たない人々の生活とは、どのようなものなのでしょうか?二人は世界で並々ならぬ事をしてきたLGTBの人々、「スーパーゲイ」を探して、アフリカ、アジア、南アフリカ等15カ国を旅しました。最近ゲイである事を初めて公表した王子が現れたインドか...
アッシュ・ベッカム: 立ち向かうべきとき、聞き流すべきとき
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランス及び性同一性障害)活動家のアッシュ・ベッカムはある日、叔母としての役割と、LGBT活動家としての立場の板挟みになってしまいました。誰にでも覚えのあるこういった状況、あなたならどうしますか?このトークでは、アッシュが自身の経験から悟った、難しい状況の下で自分の信条を貫く方法を力強く提案します。
マーティーン・ロスブラット: 我が娘、妻、ロボット、そして永遠の生の追求
シリウスXMラジオの創設者マーティーン・ロスブラットは、現在では稀な病気から生涯命を救う薬(自分自身の娘の命を救ったある薬を含む)を作る製薬会社を指揮しています。同時に彼女は、デジタルファイルの中に愛する女性の意識を保存して、コンパニオンロボット作りに取り組んでいます。TEDのクリス・アンダーソンとの檀上での会話の中で、ロスブラットは、愛、アイデンティティ、創造性、そして限りない可能性について、力強い話をし...
モルガナ・ベイリー: 本当の自分を隠すことの危険性
モルガナ・ベイリーは、16年間、自らの真の姿をひた隠しにしてきました。この講演で、果敢にも、モルガナは「5文字」の言葉を口にします。大したことはないと言う人もいるでしょう。でも、彼女にとっては身のすくむようなことです。なぜ、声を上げるのでしょうか?それは沈黙によってもたらされる個人的、職業的、社会的影響に気付いたからです。同僚たちを前にモルガナは語ります。他人の判断を恐れることの意味は何か、そして、それ...
ヨルバ・リチェン: ゲイ・ライツ・ムーブメントが公民権運動から学んだもの
アフリカ系アメリカ人とLGBTの両方のコミュニティーに属する映画製作者ヨルバ・リチェンは、ゲイ・ライツ・ムーブメント(同性愛者の権利擁護運動)と公民権運動との重なり合いや緊張に興味を持っています。彼女はこのトークで、それぞれの苦闘がどのようにして絡み合い、互いを前進させているかについて探るとともに、見逃せない議論において、両者の不一致の理由とされる通説を一蹴します。私たちの誰もが、平等について関わりがある...
アンドリュー・ソロモン: 人生で最も苦しい経験から、自分らしくなる
アンドリュー・ソロモンは、その作家人生を通じて、苦難を抱える人たちの生き様を語ってきました。ここで彼は、その内面に向き合い、子供時代の葛藤を語り、これまでに会った勇気ある人たちの話を紹介します。この感動的で時に底抜けに明るいトークで、ソロモンは最も苦しいときこそ、そこから意味を創り出すべきだと強く呼びかけます。
ジーナ・ロセロ: 私がカミングアウトすべき理由
ファッションモデルのジーナ・ロセロは自分がビキニをまとったプロの写真を初めて見たとき、有頂天で喜びました。「ついにここまで来た!と思いました」と、誇らしげに言います。これはよくある話ではないかもしれませんが、とロセロは切り出します。というのも、彼女が生まれたときの性別は「男の子」だったからです。感動的で個人的なトークで、ロセロはトランスジェンダーの運動が彼女に全く新しい誇りと目的を与えてくれると語ります。
アッシュ・ベッカム: 誰もが抱える心の壁―勇気を出して壁を打ち破ろう
この感動的なトークでアッシュ・ベッカムが提案するのは、人に共感し、心を開くための新しい方法です。誰もがつらい時期を経験することがあります。そうした事実を受け入れた上で、様々な困難を乗り越えるには、心の扉を打ち開き一歩を踏み出すしかないのだと、ベッカムは訴えます。
サリー・コーン: 「エモーショナル・コレクトネス(正しい感情表現)」を実践しよう
政治評論家のサリー・コーンは「リベラル派と保守派が政治的相違を超越し、お互いが真摯に耳を傾ける時です」と語ります。楽観的なトークで、彼女はFOX のニュース番組に、進歩的なレズビアンの評論家として出演するなかで学んだことを共有します。それは「差別や偏見がなく受け入れられる表現」についてではなく、「社会的に受け入れられる感情表現」だったのです。
アンドリュー・ソロモン: 揺るぎなき愛
自分と根本的に異質な子供(例えば天才児、あるいは特異な才能を持った子供や犯罪に手を染めた子供など)を育てるというのは、どのようなことなのでしょうか?この静かに進行するトークの中で、作家のアンドリュー・ソロモンは何十組もの親たちとの対話を通して学んだことを語ります。無条件の愛と無条件の受容とは何が異なるのでしょうか?
アイオ・ティレット・ライト: 「フィフティ・シェイズ・オブ・“ゲイ”」
写真家のアイオ・ティレット・ライトは自分がLGBTQ(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ジェンダークィア)だと認識している2,000人の写真を取りました。その際「自分がどれだけゲイかパーセントで言えますか」との質問しました。その結果、ほとんどの人は100%ゲイでもなく100%ストレート(異性愛者)でもなく「どっちつかずの領域」に属していることがわかりました。これは差別の問題に根本的な問題を提示します...
LZ グランダーソン: ゲイアジェンダの神話
LZグランダーソンは、切迫したメッセージをユーモアにくるんで、 ”ゲイのライフスタイル”だとか、まして”ゲイアジェンダ”などという考え自体がばかげたものだと指摘します。(TEDxGrandRapids にて撮影)
アイヴァン・カヨーティ: 性別なしのトイレが必要な理由
11:50
2016/03/18
私たち誰もが必要とするものがあります ― きれいな空気、水、食料、寝る場所、愛・・・そして安全におしっこできる場所。2つの性別の枠に収まらないトランスジェダーの人々にとって、公共のトイレは大きな不安の元であり、咎められたり、嫌な目にあったりしやすい場所です。詩の朗読のごとくリズム感のあるトークで、アイヴァン・カヨーティが性別アイデンティティという、複雑かつ極めて個人的な問題に挑み、全ての公共の場所における性別のないトイレの必要性を訴えます。
ジェニ・チャン、リサ・ダゾルス: 世界のLGBTの生活とは
11:50
2015/12/04
サンフランシスコに住むゲイカップルのジェニ・チャンとリサ・ダゾルスは、それぞれ思い通りの気ままな生活をしていました。しかし彼らが住んでいるベイエリア以外の、基本的な権利を未だに持たない人々の生活とは、どのようなものなのでしょうか?二人は世界で並々ならぬ事をしてきたLGTBの人々、「スーパーゲイ」を探して、アフリカ、アジア、南アフリカ等15カ国を旅しました。最近ゲイである事を初めて公表した王子が現れたインドから、ゲイの婚姻をラテンアメリカで初めて認めたアルゼンチンまでです。その旅の中で、二人は感動的な物語や自分達が探してきた、勇敢で快活で誇り高い「スーパーゲイ」を見つけたのです。
アッシュ・ベッカム: 立ち向かうべきとき、聞き流すべきとき
15:35
2015/07/10
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランス及び性同一性障害)活動家のアッシュ・ベッカムはある日、叔母としての役割と、LGBT活動家としての立場の板挟みになってしまいました。誰にでも覚えのあるこういった状況、あなたならどうしますか?このトークでは、アッシュが自身の経験から悟った、難しい状況の下で自分の信条を貫く方法を力強く提案します。
マーティーン・ロスブラット: 我が娘、妻、ロボット、そして永遠の生の追求
21:04
2015/05/18
シリウスXMラジオの創設者マーティーン・ロスブラットは、現在では稀な病気から生涯命を救う薬(自分自身の娘の命を救ったある薬を含む)を作る製薬会社を指揮しています。同時に彼女は、デジタルファイルの中に愛する女性の意識を保存して、コンパニオンロボット作りに取り組んでいます。TEDのクリス・アンダーソンとの檀上での会話の中で、ロスブラットは、愛、アイデンティティ、創造性、そして限りない可能性について、力強い話をしています。
モルガナ・ベイリー: 本当の自分を隠すことの危険性
10:26
2015/01/23
モルガナ・ベイリーは、16年間、自らの真の姿をひた隠しにしてきました。この講演で、果敢にも、モルガナは「5文字」の言葉を口にします。大したことはないと言う人もいるでしょう。でも、彼女にとっては身のすくむようなことです。なぜ、声を上げるのでしょうか?それは沈黙によってもたらされる個人的、職業的、社会的影響に気付いたからです。同僚たちを前にモルガナは語ります。他人の判断を恐れることの意味は何か、そして、それが自らをどう決めつけることになるか、ということを。
ヨルバ・リチェン: ゲイ・ライツ・ムーブメントが公民権運動から学んだもの
17:42
2014/06/06
アフリカ系アメリカ人とLGBTの両方のコミュニティーに属する映画製作者ヨルバ・リチェンは、ゲイ・ライツ・ムーブメント(同性愛者の権利擁護運動)と公民権運動との重なり合いや緊張に興味を持っています。彼女はこのトークで、それぞれの苦闘がどのようにして絡み合い、互いを前進させているかについて探るとともに、見逃せない議論において、両者の不一致の理由とされる通説を一蹴します。私たちの誰もが、平等について関わりがあるのだと力強く思い出させてくれるトークです。
アンドリュー・ソロモン: 人生で最も苦しい経験から、自分らしくなる
20:27
2014/05/21
アンドリュー・ソロモンは、その作家人生を通じて、苦難を抱える人たちの生き様を語ってきました。ここで彼は、その内面に向き合い、子供時代の葛藤を語り、これまでに会った勇気ある人たちの話を紹介します。この感動的で時に底抜けに明るいトークで、ソロモンは最も苦しいときこそ、そこから意味を創り出すべきだと強く呼びかけます。
ジーナ・ロセロ: 私がカミングアウトすべき理由
09:59
2014/03/31
ファッションモデルのジーナ・ロセロは自分がビキニをまとったプロの写真を初めて見たとき、有頂天で喜びました。「ついにここまで来た!と思いました」と、誇らしげに言います。これはよくある話ではないかもしれませんが、とロセロは切り出します。というのも、彼女が生まれたときの性別は「男の子」だったからです。感動的で個人的なトークで、ロセロはトランスジェンダーの運動が彼女に全く新しい誇りと目的を与えてくれると語ります。
アッシュ・ベッカム: 誰もが抱える心の壁―勇気を出して壁を打ち破ろう
09:22
2014/02/21
この感動的なトークでアッシュ・ベッカムが提案するのは、人に共感し、心を開くための新しい方法です。誰もがつらい時期を経験することがあります。そうした事実を受け入れた上で、様々な困難を乗り越えるには、心の扉を打ち開き一歩を踏み出すしかないのだと、ベッカムは訴えます。
サリー・コーン: 「エモーショナル・コレクトネス(正しい感情表現)」を実践しよう
05:59
2013/12/04
政治評論家のサリー・コーンは「リベラル派と保守派が政治的相違を超越し、お互いが真摯に耳を傾ける時です」と語ります。楽観的なトークで、彼女はFOX のニュース番組に、進歩的なレズビアンの評論家として出演するなかで学んだことを共有します。それは「差別や偏見がなく受け入れられる表現」についてではなく、「社会的に受け入れられる感情表現」だったのです。
アンドリュー・ソロモン: 揺るぎなき愛
23:27
2013/06/03
自分と根本的に異質な子供(例えば天才児、あるいは特異な才能を持った子供や犯罪に手を染めた子供など)を育てるというのは、どのようなことなのでしょうか?この静かに進行するトークの中で、作家のアンドリュー・ソロモンは何十組もの親たちとの対話を通して学んだことを語ります。無条件の愛と無条件の受容とは何が異なるのでしょうか?
アイオ・ティレット・ライト: 「フィフティ・シェイズ・オブ・“ゲイ”」
18:18
2013/01/30
写真家のアイオ・ティレット・ライトは自分がLGBTQ(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ジェンダークィア)だと認識している2,000人の写真を取りました。その際「自分がどれだけゲイかパーセントで言えますか」との質問しました。その結果、ほとんどの人は100%ゲイでもなく100%ストレート(異性愛者)でもなく「どっちつかずの領域」に属していることがわかりました。これは差別の問題に根本的な問題を提示します-どこに境界線を引きますか?
LZ グランダーソン: ゲイアジェンダの神話
17:52
2012/06/15
LZグランダーソンは、切迫したメッセージをユーモアにくるんで、 ”ゲイのライフスタイル”だとか、まして”ゲイアジェンダ”などという考え自体がばかげたものだと指摘します。(TEDxGrandRapids にて撮影)