幸福

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
エミリー・エスファハニ・スミス: 幸せを目指すだけが人生じゃない
私たちの文化は幸せになることに執着していますが、もっと満たされる生き方があるとしたらどうでしょう?作家のエミリー・エスファハニ・スミスは、幸せは気まぐれなものだと言います。でも生きがいを見いだすことは、自分自身のためになるだけでなく、最高の自分を高めてくれ、拠り所となる確かな手応えを与えてくれるのです。エスファハニ・スミスが語る生きがいの4つの柱の説明に耳を傾けて、幸せであることと生きがいを持つことの...
ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から
一生を通し、私達を幸福で健康にするものは何でしょう?名声や富 ― そう考える人はたくさんいます。しかし、心理学者ロバート・ウォールディンガーに拠ると、それは間違っているのです。75年に渡る成人発達に関する研究のディレクターであるウォールディンガーは、真の幸福と満足感に関する無類のデータを基に、この研究結果が私達に教える3つの重要な教訓と、昔からの知恵、幸せな長寿の秘訣を、このトークで語ります。
マチウ・リカール: 愛他性に導かれる生き方
愛他性とは何でしょうか?簡単に言えば、自分以外の人達の幸せを願うことです。そして、幸福学の研究者で仏教の僧侶でもあるマチウ・リカールが言うには、愛他性は短期的なものであれ長期的なものであれ、また仕事に関するものであれ暮らしに関するものであれ、何か決断を下す時に重要な指針として働くものなのです。
デヴィッド・スタインドル=ラスト: 幸せになりたいなら、感謝しよう
「私たち全ての人間に共通することは、幸せになりたいという気持ちを持っていることだ」と、修道僧であり諸宗教の研究者であるデヴィッド・スタインドル=ラストは言います。「幸せは感謝の心から生まれる」と彼は説きます。ゆとりを持ち、自分の方向性を見極め、そして何よりも感謝の気持ちを持つことについて、彼の教えが心に響きます。
タニア・ルナ: 1セント硬貨がもたらした幸福
幼い頃、タニア・ルナはチェルノブイリ原発事故の影響から故郷のウクライナを離れ、アメリカに移住しました。ある日、当時家族で滞在していたニューヨークのホームレスシェルターの床で、タニアは1セント硬貨を見つけます。その時ほど、自分が豊かになったと感じたことはない ― タニアは、自身の子供の頃のほろ苦い、でも小さな幸せの記憶を回想し、それを心に留めておくことの意味を伝えます。
アンディー・プディコム: 必要なのは10分間の瞑想だけ
全く何もせず10分間を最後に過ごしたのはいつですか?メールも会話も思考もしないでね。心配りの専門家アンディー・プディコムはあるテクニックの革新的なパワーについて言及します。そのテクニックは1日10分間、単に今この瞬間を意識して経験することです。(お香も要りませんし、変な座り方も必要ありません)
マット・キリングワース: 幸せになりたい?目の前のことに集中しましょう
人が最も幸福を感じるのはいつでしょうか?この問についてデータを収集するために、マット・キリングワースは幸福度追跡装置(Track Your Happiness)というアプリを開発し、被験者にリアルタイムの幸福度を報告してもらいました。驚きの結果がでました。幸福度が一番高かったのは目の前のことに没頭しているときでした。反対に気が散っている時は幸福度が低くなりました。(撮影: TEDxCambridge)
ロリー・サザーランド: 物事をどのように見るかがすべて
私たちの人生は、直面していることそのものよりも、それをどのように見るかによって大きな影響を受ける、とロリー・サザーランドは言います。TEDxAthensで、彼は物事を見る枠組みを変えることがどのように幸福の鍵となっているのかを見事に例証します。
マイケル・ノートン: 幸せを買う方法
TEDxケンブリッジにおいて、幸せはお金で買うことができるという興味深い研究についてマイケル・ノートンが話します。その方法とは自分以外のためにお金を使うことなのです。様々な向社会的なお金の使い方があなたや、あなたの仕事、そして(もちろん)他の人に恩恵をもたらすという驚きのデータをお聞き下さい。
ラリー・スミス: あなたに夢の仕事ができない理由
情熱を追えない人が口にするくだらない言い訳を、ジョークを交えつつ率直な口調で、ラリー・スミスがバッサリ斬ります。
キャサリン・シュルツ: 後悔を後悔しない
私たちは、後悔しないように生きろと教えられてきた。でも、それはなぜ?自身のタトゥーを例にとり、キャサリン・シュルツが後悔を受け入れることについて力強く感動的な主張を展開する。
グラハム・ヒル: ものは少なく、幸せは多めに
作家でありデザイナーのグラハム・ヒルが問います「モノやスペースを制限することは、幸せを増幅させるだろうか?」スペースを節約し、あなたの人生をコンパクトに編集する3つのルールをご紹介します。
キャサリン・シュルツ: 間違えるという事
多くの人々は、間違いを避けようとします。でも、それ自体が間違いだとしたら?“間違い主義者”のキャサリン・シュルツが、人間の持つ、間違いをしがちな性質を受容するための事例をご紹介します。
ニール・パスリチャ: 「Awsome(最高)」の3つの要素
無料のおかわりから清潔なシーツまで、人生のささやかな喜びをかみ締めるニール・パスリチャのブログ「1000 Awsome Things(1000の最高なこと)」。TEDxTrontoにおける誠実な講演で、パスリチャは本当に最高な人生を送るための3つの秘訣を紹介する。
チップ・コンリー: 人生に意味を与えるものをどう測るか
ITバブル崩壊後、ホテル経営者チップ・コンリーは幸せを基準にしたビジネスモデルを模索し始める。従業員との古い友情と仏教国の王の英知を通し学んだのは、成功には何を「測る」かが大切だということだった。
ダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎
ノーベル賞受賞者であり、行動経済学をつくり上げたダニエル・カーネマンが、休暇や大腸内視鏡検査の例を交えながら、「経験の自己」と「記憶の自己」の幸福の捉え方の違いを語ります。この識見は、経済や公共政策、我々の自己意識と密接な関係をもち、意味深いものです。
ロリー・サザーランド: 広告マンの人生の教訓
宣伝広告は、製品そのものを変えるのでなく、私たちの見方を変えることで製品の価値を高めます。ロリー・サザーランドは「知覚価値を変えることで、私たちの思う『実際の価値』と同様の満足感を与えることができる」と大胆な主張をし、私たちの人生観に興味深い影響を与える結論を提示します。
ステファン・サグマイスター:長期充電休暇のちから
クリエイティブな取り組みへの考え方をリセットし活性化させるため、デザイナーのステファン・サグマイスターは7年ごとに1年間ニューヨークのスタジオを閉め、充電のための長期休暇を設けています。そんな彼が普段見過ごしている長期休暇の力について説明し、バリで過ごした時間の中で生まれた創造力に富んだプロジェクトを紹介します。
フィリップ・ジンバルド: 時間と健全に向き合う処方箋
心理学者フィリップ・ジンバルドは幸福と成功は我々が一番無視しがちな特質にある、といいます:それは我々が過去・現在・未来に向き合う方法です。彼は、時間に関する観点を修正することが、人生をより良くする最初のステップだと言います。
リチャード・セント・ジョン: 成功とは終わりのない旅である
リチャード・セント・ジョンが、彼ならではの率直なスタイルで、成功とは一方通行ではなく終わりのない旅であることを語ります。自身のビジネスの成長と没落を例に挙げながら、「挑戦を止めた時、人は失敗する」という貴重な教えを伝えます。
ナンシー・エトコフ: 幸せとは、いったい何か
認知科学を研究する、ナンシー・エトコフが幸せについて語ります -- もっと幸せになろうとする私たちの努力、幸せが実際の状況に結びつかない現実、思いもよらなかった幸せの身体への影響を考えます。
マチュー・リシャール: 幸せの習慣
幸せとは何で、どうやったら幸せになれるのでしょうか?生化学者から仏門を選んだマチュー リシャールは、我々の心を鍛えて満ち足りた状態を習慣にすることによって、心の奥底からの静かな充足を生み出すことができると言います。
ダン・ギルバート: 私たちが幸せを感じる理由
『幸せはいつもちょっと先にある-期待と妄想の心理学』の著者であるダン・ギルバートが、期待外れが不幸を呼ぶという考えに対立します。私たちの中にある「心理学的免疫システム」が、たとえ予想通りに事が運ばなくても、心からの幸せを感じさせてくれることがあるのです。
リチャード・セント・ジョン: 成功者だけが知る、8つの秘密!
どんな人が成功するのでしょうか?頭が良い人でしょうか。それとも、運が良い人でしょうか。実は、どちらでもないのです。アナリスト、リチャードは何年にも及んだインタビューを、成功の秘密と題した見事な3分間スライドに仕上げています。
エミリー・エスファハニ・スミス: 幸せを目指すだけが人生じゃない
12:18
2017/09/26
私たちの文化は幸せになることに執着していますが、もっと満たされる生き方があるとしたらどうでしょう?作家のエミリー・エスファハニ・スミスは、幸せは気まぐれなものだと言います。でも生きがいを見いだすことは、自分自身のためになるだけでなく、最高の自分を高めてくれ、拠り所となる確かな手応えを与えてくれるのです。エスファハニ・スミスが語る生きがいの4つの柱の説明に耳を傾けて、幸せであることと生きがいを持つことの違いをよりよく知ってください。
ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から
12:47
2016/01/25
一生を通し、私達を幸福で健康にするものは何でしょう?名声や富 ― そう考える人はたくさんいます。しかし、心理学者ロバート・ウォールディンガーに拠ると、それは間違っているのです。75年に渡る成人発達に関する研究のディレクターであるウォールディンガーは、真の幸福と満足感に関する無類のデータを基に、この研究結果が私達に教える3つの重要な教訓と、昔からの知恵、幸せな長寿の秘訣を、このトークで語ります。
マチウ・リカール: 愛他性に導かれる生き方
16:11
2015/01/20
愛他性とは何でしょうか?簡単に言えば、自分以外の人達の幸せを願うことです。そして、幸福学の研究者で仏教の僧侶でもあるマチウ・リカールが言うには、愛他性は短期的なものであれ長期的なものであれ、また仕事に関するものであれ暮らしに関するものであれ、何か決断を下す時に重要な指針として働くものなのです。
デヴィッド・スタインドル=ラスト: 幸せになりたいなら、感謝しよう
14:30
2013/11/27
「私たち全ての人間に共通することは、幸せになりたいという気持ちを持っていることだ」と、修道僧であり諸宗教の研究者であるデヴィッド・スタインドル=ラストは言います。「幸せは感謝の心から生まれる」と彼は説きます。ゆとりを持ち、自分の方向性を見極め、そして何よりも感謝の気持ちを持つことについて、彼の教えが心に響きます。
タニア・ルナ: 1セント硬貨がもたらした幸福
05:32
2013/07/26
幼い頃、タニア・ルナはチェルノブイリ原発事故の影響から故郷のウクライナを離れ、アメリカに移住しました。ある日、当時家族で滞在していたニューヨークのホームレスシェルターの床で、タニアは1セント硬貨を見つけます。その時ほど、自分が豊かになったと感じたことはない ― タニアは、自身の子供の頃のほろ苦い、でも小さな幸せの記憶を回想し、それを心に留めておくことの意味を伝えます。
アンディー・プディコム: 必要なのは10分間の瞑想だけ
09:25
2013/01/11
全く何もせず10分間を最後に過ごしたのはいつですか?メールも会話も思考もしないでね。心配りの専門家アンディー・プディコムはあるテクニックの革新的なパワーについて言及します。そのテクニックは1日10分間、単に今この瞬間を意識して経験することです。(お香も要りませんし、変な座り方も必要ありません)
マット・キリングワース: 幸せになりたい?目の前のことに集中しましょう
10:17
2012/11/05
人が最も幸福を感じるのはいつでしょうか?この問についてデータを収集するために、マット・キリングワースは幸福度追跡装置(Track Your Happiness)というアプリを開発し、被験者にリアルタイムの幸福度を報告してもらいました。驚きの結果がでました。幸福度が一番高かったのは目の前のことに没頭しているときでした。反対に気が散っている時は幸福度が低くなりました。(撮影: TEDxCambridge)
ロリー・サザーランド: 物事をどのように見るかがすべて
18:25
2012/05/04
私たちの人生は、直面していることそのものよりも、それをどのように見るかによって大きな影響を受ける、とロリー・サザーランドは言います。TEDxAthensで、彼は物事を見る枠組みを変えることがどのように幸福の鍵となっているのかを見事に例証します。
マイケル・ノートン: 幸せを買う方法
10:59
2012/04/24
TEDxケンブリッジにおいて、幸せはお金で買うことができるという興味深い研究についてマイケル・ノートンが話します。その方法とは自分以外のためにお金を使うことなのです。様々な向社会的なお金の使い方があなたや、あなたの仕事、そして(もちろん)他の人に恩恵をもたらすという驚きのデータをお聞き下さい。
ラリー・スミス: あなたに夢の仕事ができない理由
15:00
2012/03/10
情熱を追えない人が口にするくだらない言い訳を、ジョークを交えつつ率直な口調で、ラリー・スミスがバッサリ斬ります。
キャサリン・シュルツ: 後悔を後悔しない
16:51
2011/12/02
私たちは、後悔しないように生きろと教えられてきた。でも、それはなぜ?自身のタトゥーを例にとり、キャサリン・シュルツが後悔を受け入れることについて力強く感動的な主張を展開する。
グラハム・ヒル: ものは少なく、幸せは多めに
05:50
2011/10/05
作家でありデザイナーのグラハム・ヒルが問います「モノやスペースを制限することは、幸せを増幅させるだろうか?」スペースを節約し、あなたの人生をコンパクトに編集する3つのルールをご紹介します。
キャサリン・シュルツ: 間違えるという事
17:52
2011/04/24
多くの人々は、間違いを避けようとします。でも、それ自体が間違いだとしたら?“間違い主義者”のキャサリン・シュルツが、人間の持つ、間違いをしがちな性質を受容するための事例をご紹介します。
ニール・パスリチャ: 「Awsome(最高)」の3つの要素
18:04
2011/01/11
無料のおかわりから清潔なシーツまで、人生のささやかな喜びをかみ締めるニール・パスリチャのブログ「1000 Awsome Things(1000の最高なこと)」。TEDxTrontoにおける誠実な講演で、パスリチャは本当に最高な人生を送るための3つの秘訣を紹介する。
チップ・コンリー: 人生に意味を与えるものをどう測るか
21:49
2010/06/21
ITバブル崩壊後、ホテル経営者チップ・コンリーは幸せを基準にしたビジネスモデルを模索し始める。従業員との古い友情と仏教国の王の英知を通し学んだのは、成功には何を「測る」かが大切だということだった。
ダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎
20:37
2010/03/01
ノーベル賞受賞者であり、行動経済学をつくり上げたダニエル・カーネマンが、休暇や大腸内視鏡検査の例を交えながら、「経験の自己」と「記憶の自己」の幸福の捉え方の違いを語ります。この識見は、経済や公共政策、我々の自己意識と密接な関係をもち、意味深いものです。
ロリー・サザーランド: 広告マンの人生の教訓
19:12
2009/10/14
宣伝広告は、製品そのものを変えるのでなく、私たちの見方を変えることで製品の価値を高めます。ロリー・サザーランドは「知覚価値を変えることで、私たちの思う『実際の価値』と同様の満足感を与えることができる」と大胆な主張をし、私たちの人生観に興味深い影響を与える結論を提示します。
ステファン・サグマイスター:長期充電休暇のちから
17:37
2009/10/05
クリエイティブな取り組みへの考え方をリセットし活性化させるため、デザイナーのステファン・サグマイスターは7年ごとに1年間ニューヨークのスタジオを閉め、充電のための長期休暇を設けています。そんな彼が普段見過ごしている長期休暇の力について説明し、バリで過ごした時間の中で生まれた創造力に富んだプロジェクトを紹介します。
フィリップ・ジンバルド: 時間と健全に向き合う処方箋
07:07
2009/06/22
心理学者フィリップ・ジンバルドは幸福と成功は我々が一番無視しがちな特質にある、といいます:それは我々が過去・現在・未来に向き合う方法です。彼は、時間に関する観点を修正することが、人生をより良くする最初のステップだと言います。
リチャード・セント・ジョン: 成功とは終わりのない旅である
2009/06/15
リチャード・セント・ジョンが、彼ならではの率直なスタイルで、成功とは一方通行ではなく終わりのない旅であることを語ります。自身のビジネスの成長と没落を例に挙げながら、「挑戦を止めた時、人は失敗する」という貴重な教えを伝えます。
ナンシー・エトコフ: 幸せとは、いったい何か
14:21
2009/06/13
認知科学を研究する、ナンシー・エトコフが幸せについて語ります -- もっと幸せになろうとする私たちの努力、幸せが実際の状況に結びつかない現実、思いもよらなかった幸せの身体への影響を考えます。
マチュー・リシャール: 幸せの習慣
20:55
2007/11/15
幸せとは何で、どうやったら幸せになれるのでしょうか?生化学者から仏門を選んだマチュー リシャールは、我々の心を鍛えて満ち足りた状態を習慣にすることによって、心の奥底からの静かな充足を生み出すことができると言います。
ダン・ギルバート: 私たちが幸せを感じる理由
22:02
2007/01/16
『幸せはいつもちょっと先にある-期待と妄想の心理学』の著者であるダン・ギルバートが、期待外れが不幸を呼ぶという考えに対立します。私たちの中にある「心理学的免疫システム」が、たとえ予想通りに事が運ばなくても、心からの幸せを感じさせてくれることがあるのです。
リチャード・セント・ジョン: 成功者だけが知る、8つの秘密!
03:47
2007/01/06
どんな人が成功するのでしょうか?頭が良い人でしょうか。それとも、運が良い人でしょうか。実は、どちらでもないのです。アナリスト、リチャードは何年にも及んだインタビューを、成功の秘密と題した見事な3分間スライドに仕上げています。