ジェンダー

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
レイラ・ホテイト: アラブのビジネスウーマンが教える、成功のための3つの教訓
アラブの働く女性は、男性よりもずっと多くの責務に追われ、欧米の女性よりも多くの文化的な保守性に直面してきました。アラブの女性たちが成し遂げたことから、粘り強さ、競争、優先順位、進歩について私たちは何を学べるでしょうか。アブダビでのエンジニア、活動家、そして母親としての自身の道のりを辿りながら、レイラ・ホテイトが、現代社会で活躍するための3つの教訓を紹介します。
レシュマ・サジャーニ: 女の子は完璧さよりも勇気を
女子は完璧であるように、男子は勇敢であるように育てられると、Girls Who Codeの創業者レシュマ・サジャーニは言います。若い女性がリスクを取り、プログラミングを学ぼうとする空気を作ろうと彼女は試みてきました。どちらも、女性が社会を前進させるために必要となるスキルです。彼女は言います。「真に革新していこうとするなら、人口の半分を無駄にするわけにはいかないのです。皆さんには知り合いの若い女性すべてに言って欲しい...
ジェーン・フォンダ、リリー・トムリン: 女同士の長年の友情を楽しく祝う
伝説的な2人の女優、ジェーン・フォンダとリリー・トムリンは数十年来の友人です。パット・ミッシェルの司会のもと、3人は率直に思いやりをもって、幅広い話題について ― 長生きすること、フェミニズムや男性と女性の友情の違い、有意義な人生や、将来の世界における女性の役割について語ります。「女友達がいなかったらどうしていいかも分からないわ」「女友達あり、故に我あり」とフォンダは言います。
ジェシカ・ショートル: アメリカが新生児の親と赤ちゃんを失望させている理由
女性には働いてもらう必要があり、私たちには働く女性も出産できるようにする責任があります。では、アメリカはなぜいまだに国家レベルの有給の産休を新生児の母親に提供しない、数少ない国々のひとつなのでしょうか?この痛烈なトークでジェシカ・ショートルは、アメリカにおける新生児の母親にとっての現実が、隠されているとともに厳しいものであることを切々と訴えます。何百万人もの女性が、毎年、産後数週間で職場に戻ることを余...
チェルシー・シールズ: 自分の教会を内部から変化させるための取り組み
宗教がもたらす影響に対する宗教の責任を明確にしながら、他者の宗教的信条を尊重するためにはどうすればよいのでしょう?チェルシー・シールズは、この問いに対して力強い答えを示しています。シールズは、正統派モルモン教の伝統の中で育てられました。その過程で、モルモン教会の中で、女性が重要な地位から除外されるのを目にしてきました。彼女は、現在は文化人類学者で、アクティビストでTED フェローでもあり、教会内の制度にお...
サケナ・ヤクービ: 学校を閉鎖しようとするタリバンを、私がどう阻止したか
タリバンがアフガニスタンの女子校をすべて閉鎖した頃、サケナ・ヤクービは、密かに新たな学校を開いて数千人の男女を教育し始めました。彼女が力強く、軽妙に語るのは、教えるのをやめるよう迫られた2度の驚くべき体験談、そして、愛する祖国の再建に向けたビジョンです。
マイケル・キンメル: なぜジェンダー平等が皆のためになるか ― 男性を含めて
ええ、私たちはそれが正しいことだということはわかっています。けれどマイケル・キンメルは、職場と家庭で男性と女性を平等に扱うことについて、意表をつきユーモアを交えながら、実際的に論証してくれます。ジェンダー平等は、ゼロサム・ゲームではなくウィンウィンであり、男女双方にとって、より多くの機会が得られ、より幸福な結果となるのです。
ビリー・ジーン・キング: 伝説のテニス選手が切り拓いた女子スポーツの道
伝説的テニス選手ビリー・ジーン・キングは、女子テニスの草分けであるだけでなく、女性に対する正当報酬においての先駆者でもあります。ビリーは、個人のアイデンティティー、社会的公正という視点で見たスポーツの役割、そしてボビー・リッグス相手に戦った男女間の対戦について、この闊達な対話を通して話してくれます。
エリザベス・ニャマヤロ: 女性にとってよりよい世界を望む男性を「招き入れる」ということ
世界を見渡すと、女性は未だに基本的な事柄 ― 運転をする権利や時を選んで結婚する権利 ― に於いて平等を求めて闘っています。しかし改革の盟友として、全員つまり男女に、どうやって協力を求めているのでしょうか?「HeForShe」Twitter運動の創始者であるエリザベス・ニャマヤロをご紹介しましょう。この運動では、より平等な世界についての12億件ものツイートが寄せられています。彼女は私たち男女双方を、同じ人間性を分かち合う盟友...
アラー・ムラビット: 私の宗教が女性について本当に語っていること
アラー・ムラビットの家族は、彼女が15歳の時カナダからリビアに引越しました。以前彼女は、自分が兄弟とは平等だと感じていましたが、この新たな環境の下では、自分に出来る事に対して大きな制約を感じるようになりました。誇り高きイスラムの女性として、彼女はこれが本当に宗教の教義なのかと疑問に思うようになりました。ユーモア、情熱、そして清々しいまでの反骨精神をもって、彼女はどうやって自分の信念の歴史を通して女性指導...
ジミー・カーター: 女性虐待が最大の人権侵害問題と考える理由
先進国と発展途上国のどちらも含んだ大変多くの地域で、女性に対する虐待が大変多く生じ続けている理由は何か。元アメリカ合衆国大統領であるジミー・カーターは、3つの思い掛けない理由にまっすぐ迫ります。最後に挙げられた理由は「一般的に、男性が全く気にしていないこと」なのでした。
ロクサーヌ・ゲイ: バッド・フェミニストの告白
作家のロクサーヌ・ゲイが、自らを「バッド・フェミニスト」と名付けたのは、フェミニスト運動の期待に添えるような完璧な行為ができないことを笑ったジョークのつもりでした。しかし、彼女はそれがジョークになっていなかった事に気がつきます。この思慮深く、刺激あるトークの中で、彼女は幅広いフェミニズムの解釈を祝福し、小さな選択の積み重ねによって、実際の変革につなげることを呼びかけます。
ヤズミン・アブデルマジッド: 私の頭のスカーフは、あなたにとって何を意味するのか?
無意識の偏見とは、文化を作り上げるものとして広く知られていて、私たちの受けてきた教育や、影響に基づく思い込みにつながります。このような暗黙の偏見は、様々な所に波及しています。今こそ思慮深く、賢くなるべきではないでしょうか。この面白くて、歯に衣着せぬトークの中で、ヤズミン・アブデルマジッドは、驚くべき方法を使って、私たちに、自分の最初の認識を超えて物事を見るよう促します。
デイム・ステファニー・シャーリー: 上昇志向の女性は、なぜ頭が平らなのか?
デイム・ステファニー・シャーリーは、聞いたこともないような成功を収めたハイテク起業家です。1960年代に、イギリスで草分けとなる、女性社員だけのソフトウェア会社を設立し、最終的に30億ドル企業に成長させ、70人の同僚を億万長者にしました。率直で時に笑いを誘う話を通して、彼女はなぜ「スティーブ」という名前で通したのか、どうやって当時の予想を裏切り成功したのかを説明します。そして上昇志向の女性を見分ける絶対確実な...
カリーダ・ブロヒ: 「名誉の殺人」から女性を守る為にどう動くのか
毎年千件もの「名誉の殺人」が、パキスタンで報告されています。それは結婚外での性的関係といった「恥ずべき」と考えられる行為のため、家族の一員によって行われる殺人です。カリーダ・ブロヒが、この風習で親友を失った時、それに反対する運動をしようと決意しました。しかし、彼女は、思いもよらない所からの抵抗にあったのです。彼女が守ろうとしていた正にそのコミュニティからの抵抗です。この力強く、偽りのないトークの中で、...
カディジャ・ブア: 私の母による「自立」の奇妙な定義
カディジャ・ブアは、「自立した女性」という言葉の2つの異なる定義の狭間で育ちました。シエラレオネ出身の母親は彼女に女子割礼を施すこと ― そして、彼女の性的欲望を抑えること ― こそが女性の自立の究極の形であると考える一方で、カディジャが10代の少女として経験したオーストラリアの文化では、彼女にも性的な悦びを得る権利があり、彼女が経験したものは「女性器切除」であるとされていたのです。率直でユーモアのあるこのト...
ミラ・ヴィジャヤン: 性暴力に対して声を上げよう
この講演は耳を塞ぎたくなるような性暴力の体験談から始まります。しかし、市民ジャーナリストのミラ・ヴィジャヤンは、それこそが重要だと主張します。難しくてタブーとされているトピックを話すことが変化のきっかけになるのです。ヴィジャヤンはデジタルメディアを利用して、母国インドでの性暴力にまつわる彼女自身の体験を率直に語っています。そして他の人にも声を上げるよう呼びかけます。
アン・マリー・スローター: 私たちは「すべてを手に入れられる」か?
公共政策の第一人者であるアン・マリー・スローターは2012年の記事「なぜ女性はすべてを手に入れられないのか」で議論を呼びました。しかし、それは本当に女性だけの問題なのでしょうか?スローターが自らの考えを掘り下げ、働き方や公共政策、社会的道徳観を変える事で、全ての男性と女性にとってより平等な世の中にできると語ります。
エスタ・ソーラー: 家庭内暴力の流れを変えるためにどうしたか(ポロライドカメラの役目)
エスタ・ソーラーが家庭内暴力の非合法化運動をしていたのは1984年。ある議員はそれに対し「結婚のお楽しみを奪っちゃう法」と呼びました。「ツイッターがあったら良かったのに!」と彼女は思いをはせます。このトークでは、ポロライドカメラからソーシャルメディアまであらゆる手法やテクノロジーを駆使した30年にもおよぶ活動とそれを支えた楽観主義を振り返ります。アメリカの家庭内暴力は64パーセントも減少したのです。
シェリル・サンドバーグ: 「リーン・イン」のその後――1歩踏み出した私たちのこれから
シェリル・サンドバーグは、2010年にTEDでステージに立つのは怖かったと言います。実業界のトップにいる女性としての孤独な経験について、初めて公の場で話すからです。トークが何百万回も再生され、本もベストセラーになった今、Facebook最高執行責任者(COO)であるサンドバーグは、あのトークの後押しをしてくれた女性、パット・ミッチェルと対談します。サンドバーグは、彼女のアイデアから何が起こったか紹介し、女性が成功に向け ...
マナル・アルシャリフ: 女性にも車を運転する権利を
サウジアラビアの法律には規定がないにもかかわらず、女性が車を運転することは禁じられている。2年前、この状況に異を唱えたマナル・アルシャリフ。自ら運転してみせることで女性たちに勇気を与え、その様子はYouTubeにも投稿されました。その後、彼女に何が起こったのか、どうぞご覧ください。
ジャクソン・カッツ: 女性への暴力―男の問題
DVや性的虐待はしばしば「女性の問題」と呼ばれる。しかしジャクソン・カッツは大胆かつ率直に、これらの問題は本質的に男性の問題だと指摘し、こうした暴力的な振る舞いがいかに男らしさの定義と結びついているかを示す。男女問わずすべての人に対し、こうした暴力を許さない態度を取り、変化を起こすリーダーとなれと高らかに呼びかけている。
ゲイル・スマク・レモン:特別な存在ではない女性起業家
女性達は決して小さな存在ではありません。一方で、なぜ彼女達にはマイクロローンの審査しか通らないのでしょうか?TEDxWomenで、ゲイル・スマク・レモンはあらゆる会社を運営する女性達―家内経営から大規模な工場まで―彼女達こそ見過ごされている経済発展の鍵を握る存在だと語ります。
イヴ・エンズラー: 突然、私の身体が
詩人、作家、そして活動家であるイヴ・エンズラーは頭の中に生きていました。TEDWomenでの、この力強いトークで、彼女はずっと感じてきた、自分の身体と切り離されたような感覚について語ります。そして二つの衝撃的な出来事が、どのようにして、自分が身体を持った人間であるという現実を理解するのに役立ったかについて話します。
フィリップ・ジンバルド: 男の消滅?
心理学者フィリップ・ジンバルドは問いかけます。「なぜ男子は苦労しているのか?」 彼はいくつかの統計(女子より低い卒業率、社交性や人間関係についての心配事)を見せてその理由を述べます。そして、あなたの助けを求めています!この話を聞いた後に、以下のURLで10個ほどの質問に答えていただきたいです。http://on.ted.com/PZSurvey
コートニー・マーティン: フェミニズムの再発明
ブロガーであるコートニー・マーティンはこの誠実な講演の中で、 彼女達の世代が自己を探求しようとして直面する、三つの代表的なパラドックスを通して 「フェミニズム」という、長年様々な意味で使われてきた言葉について考察しています。
シェリル・サンドバーグ: 何故女性のリーダーは少ないのか
Facebook COO のシェリル・サンドバーグが、男性と比べて低い割合の女性しか職場でトップまでたどり着けない理由に目を向け、経営幹部を目指している女性に3つの強力なアドバイスを与えます。
ハンナ・ロージン: 女性上昇の新データ
ハンナ・ロージンが、大学の卒業率などのいくつかの重要な測定において、女性が事実男性を上回ることを示す驚異的な新しいデータをご覧に入れます。このような傾向は、米国のみならずグローバルな、「男性の終焉」信号なのでしょうか? 恐らく違うでしょう -- しかし深く議論する価値のある重要な社会的変化を指し示します。
ハッラ・トーマスドッティル: アイスランド経済危機における女性の責務
ハッラ・トマスドティヤーは5つの女性的な価値観をフィナンシャルサービス業に適応することで彼女の会社オイズルキャピタルと共にアイスランド経済危機を切り抜けました。TEDWomanにて彼女がこれらの価値観と均衡の重要性についてお話します。
トニー・ポーター: 男達への提言
TEDWomenで、トニー・ポーター氏は男性に向かってこう提言しています。「男らしく」振舞うのはやめなさい。自身の体験をもとに、成人男性や少年の多くの心に焼き付いているような「男らしい」振舞いをしようとすると、女性や他人に敬意を払わず、虐待したりののしったりしてしまうと言います。解決策は「男らしさ」という概念にとらわれないようにすることです。
カヴィータ・ラムダス: 伝統を取り込んだ先鋭的な女性達
社会的権限を与えられた女性は、どのような恰好をしているのでしょうか? 彼女はブルカやヒジャブ、サリーを着ていてもいいのでしょうか? カヴィータ?ラムダスが抑圧的な慣習を変えようと努力しつつ自分たちの伝統文化を誇りにする三人の素晴らしい女性について話します。
イヴ・エンスラー: 忘れられた女子細胞
情熱的なトークの中で、イヴ・エンスラーは私たちの中には女子細胞があると宣言します。私たちはそれを抑圧するように教えられてきました。 世界中で信じられないような逆境や暴力を克服した女の子たちの衝撃的な物語を語り、「女子」の驚くべき強さを明らかにします。
イサベル・アジェンデ: 情熱物語
作家であり活動家であるイサベル・アジェンデが女性、創造性、フェミニズムの定義、情熱について語ります。
レイラ・ホテイト: アラブのビジネスウーマンが教える、成功のための3つの教訓
14:02
2016/08/17
アラブの働く女性は、男性よりもずっと多くの責務に追われ、欧米の女性よりも多くの文化的な保守性に直面してきました。アラブの女性たちが成し遂げたことから、粘り強さ、競争、優先順位、進歩について私たちは何を学べるでしょうか。アブダビでのエンジニア、活動家、そして母親としての自身の道のりを辿りながら、レイラ・ホテイトが、現代社会で活躍するための3つの教訓を紹介します。
レシュマ・サジャーニ: 女の子は完璧さよりも勇気を
12:39
2016/03/28
女子は完璧であるように、男子は勇敢であるように育てられると、Girls Who Codeの創業者レシュマ・サジャーニは言います。若い女性がリスクを取り、プログラミングを学ぼうとする空気を作ろうと彼女は試みてきました。どちらも、女性が社会を前進させるために必要となるスキルです。彼女は言います。「真に革新していこうとするなら、人口の半分を無駄にするわけにはいかないのです。皆さんには知り合いの若い女性すべてに言って欲しいんです。不完全であることを受け入れなさいと」
ジェーン・フォンダ、リリー・トムリン: 女同士の長年の友情を楽しく祝う
15:44
2016/01/19
伝説的な2人の女優、ジェーン・フォンダとリリー・トムリンは数十年来の友人です。パット・ミッシェルの司会のもと、3人は率直に思いやりをもって、幅広い話題について ― 長生きすること、フェミニズムや男性と女性の友情の違い、有意義な人生や、将来の世界における女性の役割について語ります。「女友達がいなかったらどうしていいかも分からないわ」「女友達あり、故に我あり」とフォンダは言います。
ジェシカ・ショートル: アメリカが新生児の親と赤ちゃんを失望させている理由
15:45
2016/01/04
女性には働いてもらう必要があり、私たちには働く女性も出産できるようにする責任があります。では、アメリカはなぜいまだに国家レベルの有給の産休を新生児の母親に提供しない、数少ない国々のひとつなのでしょうか?この痛烈なトークでジェシカ・ショートルは、アメリカにおける新生児の母親にとっての現実が、隠されているとともに厳しいものであることを切々と訴えます。何百万人もの女性が、毎年、産後数週間で職場に戻ることを余儀なくされているのです。彼女の「広める価値のあるアイディア」は次のようなものです。働く母親とその赤ちゃんに対して、アメリカが取ってきたやり方の経済的・肉体的・心理的負担を認識すべき時がきたのだということ。そして、すべての働く親たちに有給の産休を与えることによって、アメリカの経済的な将来を安定したものにすべきだ、ということです。
チェルシー・シールズ: 自分の教会を内部から変化させるための取り組み
12:36
2015/12/08
宗教がもたらす影響に対する宗教の責任を明確にしながら、他者の宗教的信条を尊重するためにはどうすればよいのでしょう?チェルシー・シールズは、この問いに対して力強い答えを示しています。シールズは、正統派モルモン教の伝統の中で育てられました。その過程で、モルモン教会の中で、女性が重要な地位から除外されるのを目にしてきました。彼女は、現在は文化人類学者で、アクティビストでTED フェローでもあり、教会内の制度における男女差別の是正のために活動しています。「宗教は、自由を与え、従属させ、力を与え、搾取し、慰め、破壊することも可能です。安息日の教えが、政治や保健政策、世界の暴力にも影響を与えるのです」とシールズは述べています。
サケナ・ヤクービ: 学校を閉鎖しようとするタリバンを、私がどう阻止したか
17:03
2015/10/12
タリバンがアフガニスタンの女子校をすべて閉鎖した頃、サケナ・ヤクービは、密かに新たな学校を開いて数千人の男女を教育し始めました。彼女が力強く、軽妙に語るのは、教えるのをやめるよう迫られた2度の驚くべき体験談、そして、愛する祖国の再建に向けたビジョンです。
マイケル・キンメル: なぜジェンダー平等が皆のためになるか ― 男性を含めて
15:58
2015/10/06
ええ、私たちはそれが正しいことだということはわかっています。けれどマイケル・キンメルは、職場と家庭で男性と女性を平等に扱うことについて、意表をつきユーモアを交えながら、実際的に論証してくれます。ジェンダー平等は、ゼロサム・ゲームではなくウィンウィンであり、男女双方にとって、より多くの機会が得られ、より幸福な結果となるのです。
ビリー・ジーン・キング: 伝説のテニス選手が切り拓いた女子スポーツの道
16:05
2015/10/01
伝説的テニス選手ビリー・ジーン・キングは、女子テニスの草分けであるだけでなく、女性に対する正当報酬においての先駆者でもあります。ビリーは、個人のアイデンティティー、社会的公正という視点で見たスポーツの役割、そしてボビー・リッグス相手に戦った男女間の対戦について、この闊達な対話を通して話してくれます。
エリザベス・ニャマヤロ: 女性にとってよりよい世界を望む男性を「招き入れる」ということ
12:39
2015/09/23
世界を見渡すと、女性は未だに基本的な事柄 ― 運転をする権利や時を選んで結婚する権利 ― に於いて平等を求めて闘っています。しかし改革の盟友として、全員つまり男女に、どうやって協力を求めているのでしょうか?「HeForShe」Twitter運動の創始者であるエリザベス・ニャマヤロをご紹介しましょう。この運動では、より平等な世界についての12億件ものツイートが寄せられています。彼女は私たち男女双方を、同じ人間性を分かち合う盟友として、この運動に招き入れています。
アラー・ムラビット: 私の宗教が女性について本当に語っていること
12:13
2015/07/21
アラー・ムラビットの家族は、彼女が15歳の時カナダからリビアに引越しました。以前彼女は、自分が兄弟とは平等だと感じていましたが、この新たな環境の下では、自分に出来る事に対して大きな制約を感じるようになりました。誇り高きイスラムの女性として、彼女はこれが本当に宗教の教義なのかと疑問に思うようになりました。ユーモア、情熱、そして清々しいまでの反骨精神をもって、彼女はどうやって自分の信念の歴史を通して女性指導者の実例を見い出したか、又どうやって彼女がコーランからの引用を使って女性の権利を求めて闘う運動に取り組んでいるかを語っています。
ジミー・カーター: 女性虐待が最大の人権侵害問題と考える理由
16:36
2015/06/30
先進国と発展途上国のどちらも含んだ大変多くの地域で、女性に対する虐待が大変多く生じ続けている理由は何か。元アメリカ合衆国大統領であるジミー・カーターは、3つの思い掛けない理由にまっすぐ迫ります。最後に挙げられた理由は「一般的に、男性が全く気にしていないこと」なのでした。
ロクサーヌ・ゲイ: バッド・フェミニストの告白
11:28
2015/06/22
作家のロクサーヌ・ゲイが、自らを「バッド・フェミニスト」と名付けたのは、フェミニスト運動の期待に添えるような完璧な行為ができないことを笑ったジョークのつもりでした。しかし、彼女はそれがジョークになっていなかった事に気がつきます。この思慮深く、刺激あるトークの中で、彼女は幅広いフェミニズムの解釈を祝福し、小さな選択の積み重ねによって、実際の変革につなげることを呼びかけます。
ヤズミン・アブデルマジッド: 私の頭のスカーフは、あなたにとって何を意味するのか?
14:02
2015/05/27
無意識の偏見とは、文化を作り上げるものとして広く知られていて、私たちの受けてきた教育や、影響に基づく思い込みにつながります。このような暗黙の偏見は、様々な所に波及しています。今こそ思慮深く、賢くなるべきではないでしょうか。この面白くて、歯に衣着せぬトークの中で、ヤズミン・アブデルマジッドは、驚くべき方法を使って、私たちに、自分の最初の認識を超えて物事を見るよう促します。
デイム・ステファニー・シャーリー: 上昇志向の女性は、なぜ頭が平らなのか?
13:43
2015/03/27
デイム・ステファニー・シャーリーは、聞いたこともないような成功を収めたハイテク起業家です。1960年代に、イギリスで草分けとなる、女性社員だけのソフトウェア会社を設立し、最終的に30億ドル企業に成長させ、70人の同僚を億万長者にしました。率直で時に笑いを誘う話を通して、彼女はなぜ「スティーブ」という名前で通したのか、どうやって当時の予想を裏切り成功したのかを説明します。そして上昇志向の女性を見分ける絶対確実な方法を教えてくれます。
カリーダ・ブロヒ: 「名誉の殺人」から女性を守る為にどう動くのか
18:17
2015/02/25
毎年千件もの「名誉の殺人」が、パキスタンで報告されています。それは結婚外での性的関係といった「恥ずべき」と考えられる行為のため、家族の一員によって行われる殺人です。カリーダ・ブロヒが、この風習で親友を失った時、それに反対する運動をしようと決意しました。しかし、彼女は、思いもよらない所からの抵抗にあったのです。彼女が守ろうとしていた正にそのコミュニティからの抵抗です。この力強く、偽りのないトークの中で、ブロヒは自身の辿って来た道のりを厳しい目で振り返り、他の情熱的な活動家に鋭い洞察を与えています。
カディジャ・ブア: 私の母による「自立」の奇妙な定義
18:43
2015/01/29
カディジャ・ブアは、「自立した女性」という言葉の2つの異なる定義の狭間で育ちました。シエラレオネ出身の母親は彼女に女子割礼を施すこと ― そして、彼女の性的欲望を抑えること ― こそが女性の自立の究極の形であると考える一方で、カディジャが10代の少女として経験したオーストラリアの文化では、彼女にも性的な悦びを得る権利があり、彼女が経験したものは「女性器切除」であるとされていたのです。率直でユーモアのあるこのトークで、彼女は「クリトリス中心主義の社会」でどう居場所を見つけたか、そしていかに他の女性たちがこのような思いをしなくて済むよう努力しているかについて話します。(注意:このトークには、一部聞くにたえない詳細な描写が含まれています)
ミラ・ヴィジャヤン: 性暴力に対して声を上げよう
14:02
2014/08/27
この講演は耳を塞ぎたくなるような性暴力の体験談から始まります。しかし、市民ジャーナリストのミラ・ヴィジャヤンは、それこそが重要だと主張します。難しくてタブーとされているトピックを話すことが変化のきっかけになるのです。ヴィジャヤンはデジタルメディアを利用して、母国インドでの性暴力にまつわる彼女自身の体験を率直に語っています。そして他の人にも声を上げるよう呼びかけます。
アン・マリー・スローター: 私たちは「すべてを手に入れられる」か?
17:11
2014/03/12
公共政策の第一人者であるアン・マリー・スローターは2012年の記事「なぜ女性はすべてを手に入れられないのか」で議論を呼びました。しかし、それは本当に女性だけの問題なのでしょうか?スローターが自らの考えを掘り下げ、働き方や公共政策、社会的道徳観を変える事で、全ての男性と女性にとってより平等な世の中にできると語ります。
エスタ・ソーラー: 家庭内暴力の流れを変えるためにどうしたか(ポロライドカメラの役目)
11:10
2014/02/03
エスタ・ソーラーが家庭内暴力の非合法化運動をしていたのは1984年。ある議員はそれに対し「結婚のお楽しみを奪っちゃう法」と呼びました。「ツイッターがあったら良かったのに!」と彼女は思いをはせます。このトークでは、ポロライドカメラからソーシャルメディアまであらゆる手法やテクノロジーを駆使した30年にもおよぶ活動とそれを支えた楽観主義を振り返ります。アメリカの家庭内暴力は64パーセントも減少したのです。
シェリル・サンドバーグ: 「リーン・イン」のその後――1歩踏み出した私たちのこれから
16:55
2014/01/15
シェリル・サンドバーグは、2010年にTEDでステージに立つのは怖かったと言います。実業界のトップにいる女性としての孤独な経験について、初めて公の場で話すからです。トークが何百万回も再生され、本もベストセラーになった今、Facebook最高執行責任者(COO)であるサンドバーグは、あのトークの後押しをしてくれた女性、パット・ミッチェルと対談します。サンドバーグは、彼女のアイデアから何が起こったか紹介し、女性が成功に向け いまだに苦戦する状況について話します。
マナル・アルシャリフ: 女性にも車を運転する権利を
14:17
2013/06/14
サウジアラビアの法律には規定がないにもかかわらず、女性が車を運転することは禁じられている。2年前、この状況に異を唱えたマナル・アルシャリフ。自ら運転してみせることで女性たちに勇気を与え、その様子はYouTubeにも投稿されました。その後、彼女に何が起こったのか、どうぞご覧ください。
ジャクソン・カッツ: 女性への暴力―男の問題
17:40
2013/05/29
DVや性的虐待はしばしば「女性の問題」と呼ばれる。しかしジャクソン・カッツは大胆かつ率直に、これらの問題は本質的に男性の問題だと指摘し、こうした暴力的な振る舞いがいかに男らしさの定義と結びついているかを示す。男女問わずすべての人に対し、こうした暴力を許さない態度を取り、変化を起こすリーダーとなれと高らかに呼びかけている。
ゲイル・スマク・レモン:特別な存在ではない女性起業家
13:17
2012/01/27
女性達は決して小さな存在ではありません。一方で、なぜ彼女達にはマイクロローンの審査しか通らないのでしょうか?TEDxWomenで、ゲイル・スマク・レモンはあらゆる会社を運営する女性達―家内経営から大規模な工場まで―彼女達こそ見過ごされている経済発展の鍵を握る存在だと語ります。
イヴ・エンズラー: 突然、私の身体が
12:58
2011/08/05
詩人、作家、そして活動家であるイヴ・エンズラーは頭の中に生きていました。TEDWomenでの、この力強いトークで、彼女はずっと感じてきた、自分の身体と切り離されたような感覚について語ります。そして二つの衝撃的な出来事が、どのようにして、自分が身体を持った人間であるという現実を理解するのに役立ったかについて話します。
フィリップ・ジンバルド: 男の消滅?
04:47
2011/08/05
心理学者フィリップ・ジンバルドは問いかけます。「なぜ男子は苦労しているのか?」 彼はいくつかの統計(女子より低い卒業率、社交性や人間関係についての心配事)を見せてその理由を述べます。そして、あなたの助けを求めています!この話を聞いた後に、以下のURLで10個ほどの質問に答えていただきたいです。http://on.ted.com/PZSurvey
コートニー・マーティン: フェミニズムの再発明
11:27
2011/03/08
ブロガーであるコートニー・マーティンはこの誠実な講演の中で、 彼女達の世代が自己を探求しようとして直面する、三つの代表的なパラドックスを通して 「フェミニズム」という、長年様々な意味で使われてきた言葉について考察しています。
シェリル・サンドバーグ: 何故女性のリーダーは少ないのか
15:29
2010/12/21
Facebook COO のシェリル・サンドバーグが、男性と比べて低い割合の女性しか職場でトップまでたどり着けない理由に目を向け、経営幹部を目指している女性に3つの強力なアドバイスを与えます。
ハンナ・ロージン: 女性上昇の新データ
16:45
2010/12/15
ハンナ・ロージンが、大学の卒業率などのいくつかの重要な測定において、女性が事実男性を上回ることを示す驚異的な新しいデータをご覧に入れます。このような傾向は、米国のみならずグローバルな、「男性の終焉」信号なのでしょうか? 恐らく違うでしょう -- しかし深く議論する価値のある重要な社会的変化を指し示します。
ハッラ・トーマスドッティル: アイスランド経済危機における女性の責務
10:18
2010/12/10
ハッラ・トマスドティヤーは5つの女性的な価値観をフィナンシャルサービス業に適応することで彼女の会社オイズルキャピタルと共にアイスランド経済危機を切り抜けました。TEDWomanにて彼女がこれらの価値観と均衡の重要性についてお話します。
トニー・ポーター: 男達への提言
11:46
2010/12/10
TEDWomenで、トニー・ポーター氏は男性に向かってこう提言しています。「男らしく」振舞うのはやめなさい。自身の体験をもとに、成人男性や少年の多くの心に焼き付いているような「男らしい」振舞いをしようとすると、女性や他人に敬意を払わず、虐待したりののしったりしてしまうと言います。解決策は「男らしさ」という概念にとらわれないようにすることです。
カヴィータ・ラムダス: 伝統を取り込んだ先鋭的な女性達
19:11
2010/04/26
社会的権限を与えられた女性は、どのような恰好をしているのでしょうか? 彼女はブルカやヒジャブ、サリーを着ていてもいいのでしょうか? カヴィータ?ラムダスが抑圧的な慣習を変えようと努力しつつ自分たちの伝統文化を誇りにする三人の素晴らしい女性について話します。
イヴ・エンスラー: 忘れられた女子細胞
20:25
2010/01/27
情熱的なトークの中で、イヴ・エンスラーは私たちの中には女子細胞があると宣言します。私たちはそれを抑圧するように教えられてきました。 世界中で信じられないような逆境や暴力を克服した女の子たちの衝撃的な物語を語り、「女子」の驚くべき強さを明らかにします。
イサベル・アジェンデ: 情熱物語
18:30
2008/01/06
作家であり活動家であるイサベル・アジェンデが女性、創造性、フェミニズムの定義、情熱について語ります。