食料

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
サム・カス: 子ども達に十分な教育を与えたい?それなら十分な食事を与えよう
「もし子ども達が空腹だったり、砂糖まみれで栄養価に乏しい食事をしているなら、何を学ばせられるというのでしょうか?」元ホワイトハウスの料理人で栄養政策担当アドバイザーのサム・カスが、学生の体と心を育成する上で学校が果たせる役割について論じます。
リサ・ダイソン: 忘れられた宇宙時代の技術が食料の生産方法を変革する
世界の人口は100億人にまで増えようとしています。でも、そうなったら私たちは何を食べればいいのでしょう?リサ・ダイソンは、深宇宙探査を目的として1960年代にNASAが開発したアイデアを再発見し、これが食料の生産方法を変革するための鍵となるのではと提案します。
ケイレブ・ハーパー: コンピュータが食物を育てる未来
世界中のどこにいても室内で、美味かつ栄養豊かな食物を育てることが出来たなら?マセチューセッツ工科大学(MIT)メディア・ラボ、CitiFARMの所長であるケイレブ・ハーパーは、生産者を技術でつなぐことによって食糧生産システムを変革することを望んでいます。ハーパーの「フード・コンピュータ」を通して、未来の農業がどのような姿になるのかを垣間見てみましょう。
ポール・グリーンバーグ: 過食される4種類の魚 ― 代わりに何を食べるべきか
鮭、マグロ、エビなどは人気の海産物ですが、今の漁獲の方法は、海を環境破壊の脅威に晒しています。ポール・グリーンバーグは、水産業界の異様な規模と不合理性を明らかにし、自然界にとっても、漁業で生計を立てている人々にも恩恵のあるような具体的な変革の方法を提案します。
パメラ・ロナルド: 実際の遺伝子組換え食料
パメラ・ロナルドは、植物の病気やストレスに対する抵抗性遺伝子を研究しています。この目を見張るようなトークで、洪水でも生き残ることのできるイネ品種を開発するために、10年間も研究に取り組んだ経験について話してくれます。他にも、1950年代にハワイのパパイヤ産業を遺伝子工学が危機から救った例などを通じて、増えつつある人口に食料を安定供給するためには、遺伝子組換えが最も効果的な方法かもしれないと話します。
ジャッキー・サビッツ: 海を保護して世界に食料を
海洋生物学者が世界の食糧問題について何を語れるでしょうか。世界の海の課題を解決することで10億の飢えた人々に食料を提供できるとジャッキー・サビッツは述べています。この目からウロコのトークでは、世界の漁業が置かれた窮状を述べ、いかに巧みにその回復を援助しながら同時に人類のための食料を増やすことができるのかということを、サビッツが語ります。
トリストラム・スチュアート: 世界の食料ムダ捨て事情
先進国は生産した食料の半分近くを廃棄しています - 理由は「食べられない」から?いいえ、「見た目が悪い」からです。トリストラム・スチュアートは食料廃棄に関する驚くべきデータを基に、資源の責任ある使い方を呼びかけます。
ホーマロ・カントゥ、ベン・ロシェ: 料理の錬金術
シカゴにあるレストラン「Moto」のシェフ、ホーマロ・カントゥとベン・ロシェは、新しい料理と食べ方を提案しています。この楽しい味との遊びには真面目な動機があります。この新しい食の技術で、世界を良くする事が出来るでしょうか?
マルセル・ディック: 虫を食べよう
マルセル・ディックが、皆さんの食生活に「虫」を取り入れる方法を論じます。彼は気難し屋のシェフや食わず嫌いの食通たちへメッセージを送ります:イナゴやいも虫などは 肉に負けない風味や栄養があって その上 環境にもやさしいのです
バーク・ベア: 僕たちの食料システムが何かおかしいよ
11歳のバーク・ベアが我々の食糧の主要な生産元である、人里離れた美しとは言いがたい産業化された農場に対する彼のアプローチを紹介します。食料の生産の緑化と地方化を説き、農場が人目から隔離されることによる楽観的超現実的な大型農業が促進されている問題点を主張します。
バートン・シーバー: 持続可能な海産物?賢くなりましょう
バートン・シ―バーは魚介類は健康に良いたんぱく質を提供してくれるが、これの乱獲は我々の海に多大な悪影響を与えてしまっているという現代的なジレンマについて話します。お母さんたちの決まり文句「野菜も食べなさい!」と包括した、我々が食卓で魚を食べ続けるための簡単な方法を提案します。
クリスティン・メンデルツマ: 世界はブタで回っている
“Pig 05049”の著者であるクリスティン・メンデルツマは、ふつうの一匹のブタの体が、銃弾から人工心臓まで、185にも及ぶブタ肉以外の製品へと変わっていく驚くべき様に目を向けています。
エレン・グスタファソン: 肥満+飢餓=1つの共通の食問題
慈善活動的FEED bagのエレン・グスタファソンによると飢餓と肥満は1枚のコインの両面である。TEDxEastで彼女は農作、食のあり方を30年間で見直す、30年プロジェクトを始動します。これにより拡大する2つの問題の裏に潜む食の不平等を解消します。
ダン・バーバー: 魚と恋に落ちた僕
ダン・バーバーは、今日のシェフが皆抱えている問題、つまり、「どうやったら魚をメニューに載せ続けることができるか」という問題の解決を見いだしました。徹底的な調査を行い、真顔でジョークを飛ばしながら、ダンはあこがれの「環境に優しい」魚を追い求めた顛末を熱く語ります。彼は、ついにスペインで、画期的な方式の養魚場でとれた、信じられないほど美味しい魚と出会ったのです。
ジェイミー・オリバー: 子供たちに食の教育を
ウエストヴァージニア、ハンティントンでのアンチ肥満プロジェクトにおける物語を語りながら、TED prize 受賞者のジェイミー・オリバーが我々の食への無関心に反旗を翻します。
キャロリン・スティール: 食料による都市の形成
ロンドンほどの規模の都市では、毎日、三千万食が供給されています。しかし、この食料はどこからやってくるのでしょうか。建築家であるキャロリン・スティールが、食糧が毎日、都市に供給されることがいかに奇跡的であるか、また、食料が運ばれたルートによって、古代にどのようにして都市が形成されたかを語ります。
キャリー・フォウラー: 種を通じて食料の未来を守る
私たちが現在生産している小麦、トウモロコシ、そして米の種類は地球気候変動のため、将来が危ぶまれています。凍える山々に囲まれたノルウェーにある、未来のためのさまざまな種類の食料を蓄えている国際種子バンクをキャリー・フォウラーが紹介します。
ルイズ・フレスコ: 世界中に食料を与える事について語る
ルイズ・フレスコはなぜ大量生産されたスーパーマーケット式の白パンを褒め称えるべきなのか説明します。環境保護の観点で健全な大量生産をすれば、世界に食料を与え、その一方で、小さなパン屋や伝統的な生産方法の役割も残す事ができると言います。
マーク・ビットマン: 我々の食料に関する課題
ニューヨーク・タイムズ紙の料理記者のマーク・ビットマンは、現代の我々が求める食べ物における問題について主張します。「肉を食べすぎ、野菜を充分に摂取していない、ファスト・フードをいっぱい食べている反面、家庭調理が少なくなった」という現在の習慣は、地球に危機状態をもたらしていくという結論に達する、情熱とユーモアに富んだ話です。
サム・カス: 子ども達に十分な教育を与えたい?それなら十分な食事を与えよう
12:08
2017/01/30
「もし子ども達が空腹だったり、砂糖まみれで栄養価に乏しい食事をしているなら、何を学ばせられるというのでしょうか?」元ホワイトハウスの料理人で栄養政策担当アドバイザーのサム・カスが、学生の体と心を育成する上で学校が果たせる役割について論じます。
リサ・ダイソン: 忘れられた宇宙時代の技術が食料の生産方法を変革する
11:55
2016/08/24
世界の人口は100億人にまで増えようとしています。でも、そうなったら私たちは何を食べればいいのでしょう?リサ・ダイソンは、深宇宙探査を目的として1960年代にNASAが開発したアイデアを再発見し、これが食料の生産方法を変革するための鍵となるのではと提案します。
ケイレブ・ハーパー: コンピュータが食物を育てる未来
15:55
2016/03/29
世界中のどこにいても室内で、美味かつ栄養豊かな食物を育てることが出来たなら?マセチューセッツ工科大学(MIT)メディア・ラボ、CitiFARMの所長であるケイレブ・ハーパーは、生産者を技術でつなぐことによって食糧生産システムを変革することを望んでいます。ハーパーの「フード・コンピュータ」を通して、未来の農業がどのような姿になるのかを垣間見てみましょう。
ポール・グリーンバーグ: 過食される4種類の魚 ― 代わりに何を食べるべきか
2016/01/13
鮭、マグロ、エビなどは人気の海産物ですが、今の漁獲の方法は、海を環境破壊の脅威に晒しています。ポール・グリーンバーグは、水産業界の異様な規模と不合理性を明らかにし、自然界にとっても、漁業で生計を立てている人々にも恩恵のあるような具体的な変革の方法を提案します。
パメラ・ロナルド: 実際の遺伝子組換え食料
17:49
2015/05/04
パメラ・ロナルドは、植物の病気やストレスに対する抵抗性遺伝子を研究しています。この目を見張るようなトークで、洪水でも生き残ることのできるイネ品種を開発するために、10年間も研究に取り組んだ経験について話してくれます。他にも、1950年代にハワイのパパイヤ産業を遺伝子工学が危機から救った例などを通じて、増えつつある人口に食料を安定供給するためには、遺伝子組換えが最も効果的な方法かもしれないと話します。
ジャッキー・サビッツ: 海を保護して世界に食料を
11:10
2014/05/20
海洋生物学者が世界の食糧問題について何を語れるでしょうか。世界の海の課題を解決することで10億の飢えた人々に食料を提供できるとジャッキー・サビッツは述べています。この目からウロコのトークでは、世界の漁業が置かれた窮状を述べ、いかに巧みにその回復を援助しながら同時に人類のための食料を増やすことができるのかということを、サビッツが語ります。
トリストラム・スチュアート: 世界の食料ムダ捨て事情
14:16
2012/09/17
先進国は生産した食料の半分近くを廃棄しています - 理由は「食べられない」から?いいえ、「見た目が悪い」からです。トリストラム・スチュアートは食料廃棄に関する驚くべきデータを基に、資源の責任ある使い方を呼びかけます。
ホーマロ・カントゥ、ベン・ロシェ: 料理の錬金術
09:34
2011/12/15
シカゴにあるレストラン「Moto」のシェフ、ホーマロ・カントゥとベン・ロシェは、新しい料理と食べ方を提案しています。この楽しい味との遊びには真面目な動機があります。この新しい食の技術で、世界を良くする事が出来るでしょうか?
マルセル・ディック: 虫を食べよう
18:35
2010/12/01
マルセル・ディックが、皆さんの食生活に「虫」を取り入れる方法を論じます。彼は気難し屋のシェフや食わず嫌いの食通たちへメッセージを送ります:イナゴやいも虫などは 肉に負けない風味や栄養があって その上 環境にもやさしいのです
バーク・ベア: 僕たちの食料システムが何かおかしいよ
05:47
2010/11/30
11歳のバーク・ベアが我々の食糧の主要な生産元である、人里離れた美しとは言いがたい産業化された農場に対する彼のアプローチを紹介します。食料の生産の緑化と地方化を説き、農場が人目から隔離されることによる楽観的超現実的な大型農業が促進されている問題点を主張します。
バートン・シーバー: 持続可能な海産物?賢くなりましょう
09:57
2010/10/27
バートン・シ―バーは魚介類は健康に良いたんぱく質を提供してくれるが、これの乱獲は我々の海に多大な悪影響を与えてしまっているという現代的なジレンマについて話します。お母さんたちの決まり文句「野菜も食べなさい!」と包括した、我々が食卓で魚を食べ続けるための簡単な方法を提案します。
クリスティン・メンデルツマ: 世界はブタで回っている
08:55
2010/09/20
“Pig 05049”の著者であるクリスティン・メンデルツマは、ふつうの一匹のブタの体が、銃弾から人工心臓まで、185にも及ぶブタ肉以外の製品へと変わっていく驚くべき様に目を向けています。
エレン・グスタファソン: 肥満+飢餓=1つの共通の食問題
09:45
2010/07/07
慈善活動的FEED bagのエレン・グスタファソンによると飢餓と肥満は1枚のコインの両面である。TEDxEastで彼女は農作、食のあり方を30年間で見直す、30年プロジェクトを始動します。これにより拡大する2つの問題の裏に潜む食の不平等を解消します。
ダン・バーバー: 魚と恋に落ちた僕
19:31
2010/03/10
ダン・バーバーは、今日のシェフが皆抱えている問題、つまり、「どうやったら魚をメニューに載せ続けることができるか」という問題の解決を見いだしました。徹底的な調査を行い、真顔でジョークを飛ばしながら、ダンはあこがれの「環境に優しい」魚を追い求めた顛末を熱く語ります。彼は、ついにスペインで、画期的な方式の養魚場でとれた、信じられないほど美味しい魚と出会ったのです。
ジェイミー・オリバー: 子供たちに食の教育を
21:54
2010/02/12
ウエストヴァージニア、ハンティントンでのアンチ肥満プロジェクトにおける物語を語りながら、TED prize 受賞者のジェイミー・オリバーが我々の食への無関心に反旗を翻します。
キャロリン・スティール: 食料による都市の形成
15:38
2009/10/05
ロンドンほどの規模の都市では、毎日、三千万食が供給されています。しかし、この食料はどこからやってくるのでしょうか。建築家であるキャロリン・スティールが、食糧が毎日、都市に供給されることがいかに奇跡的であるか、また、食料が運ばれたルートによって、古代にどのようにして都市が形成されたかを語ります。
キャリー・フォウラー: 種を通じて食料の未来を守る
18:19
2009/08/31
私たちが現在生産している小麦、トウモロコシ、そして米の種類は地球気候変動のため、将来が危ぶまれています。凍える山々に囲まれたノルウェーにある、未来のためのさまざまな種類の食料を蓄えている国際種子バンクをキャリー・フォウラーが紹介します。
ルイズ・フレスコ: 世界中に食料を与える事について語る
18:01
2009/05/08
ルイズ・フレスコはなぜ大量生産されたスーパーマーケット式の白パンを褒め称えるべきなのか説明します。環境保護の観点で健全な大量生産をすれば、世界に食料を与え、その一方で、小さなパン屋や伝統的な生産方法の役割も残す事ができると言います。
マーク・ビットマン: 我々の食料に関する課題
20:08
2008/05/21
ニューヨーク・タイムズ紙の料理記者のマーク・ビットマンは、現代の我々が求める食べ物における問題について主張します。「肉を食べすぎ、野菜を充分に摂取していない、ファスト・フードをいっぱい食べている反面、家庭調理が少なくなった」という現在の習慣は、地球に危機状態をもたらしていくという結論に達する、情熱とユーモアに富んだ話です。