映画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ダニエル・フェインバーグ: ピクサー映画に命を吹き込む魔法の成分
ピクサーの撮影監督であるダニエル・フェインバーグは、数学と科学とプログラミングを使い、魂のこもった、驚きに満ちた物語を作り出しています。『ファインディング・ニモ』、『トイ・ストーリー』、『メリダとおそろしの森』、『ウォーリー』などの舞台裏に行って、ピクサーがアートと科学を織り合わせることで、どのように夢見たことが本当になりうる素晴らしい世界を創造しているのか覗いてみましょう。この講演はPBS特別番組『TED...
バサーム・タリク: 多様で美しい、ムスリムとしての生き方
バサーム・タリクは、ブロガーで映画監督でハラールの肉屋です。でも、1本の糸が彼の仕事を結びつけています。それは、多様性と人間味あふれる個々の経験に対する喜びです。彼はこの魅力的な話を通して、彼が監督した映画『These Birds Walk』の映像と、『30日間30モスク』からの写真を紹介してくれます。そして誰もが持っている、複雑さの中にある美に思いを馳せるよう促しています。
ヴィンセント・ムーン、ナナ・ヴァスコンセロス: 世界に潜む音楽の儀式
フランスの映像作家ヴィンセント・ムーンは、リュックとノートパソコンとカメラだけを持って世界中を旅します。彼は、エレベーター内のアーケイド・ファイア、アパートのキッチンのボン・イヴェール、そしてワンテイクで撮ったチェチェンのスーフィーの儀式や、ペルーのアヤワスカの儀式の映像を撮影してきました。ここで彼が説明するのは、人々が映像と音楽によって、自分たちの文化を新たな視点から捉えるようになる様子です。それに...
ジュリー・テイモア: 「スパイダーマン」「ライオン・キング」とその創作にかけた人生
ディレクターのジュリー・テイモアが、「フリーダ」「テンペスト」「ライオン・キング」のような素晴らしい作品の映像とともに、映画と演劇に情熱を注いだ人生を語ります。ブロードウェイショー「スパイダーマン Turn Off the Dark」に対する批判のさなかに撮影された本講演では、創作の過程で物語の本質を描きつつも、唯一のものを創り出すなかで感じる葛藤について、ありのままに語ります。
マーティン・ヴィルヌーブ: 私が不可能な映画を製作した方法について
映画制作者のマーティン・ヴィルヌーブが、カナダのSF大作である『Mars & Avril』を事実上無一文で製作した方法について語ります。 魅力的なトークの中で、彼の未来に対する個性的で創意に富んだビジョンが、どうやって資金面、運営面の制約に、様々な方法を用いて打ち勝ったか説明します。
ドン・レヴィ: 視覚効果から見る映画史
ジョルジュ・メリエスが月の眼にロケットを打ち込んでから110年、視覚効果はその後、どのくらい進歩したでしょう。映画芸術科学アカデミーの協力を得て、ドン・レヴィが、初期のトリックから現実としか思えないような現代の映画まで、特殊効果による視覚の旅に皆さんをお連れします。
ロブ・レガート: 迫真の映像の作り方
ロブ・レガートがエフェクトを駆使して作る映画のシーンは、時に本物さえ超えます。『アポロ13』『タイタニック』『ヒューゴの不思議な発明』等の映画を例に、映像のリアリティを高めることに対する自らの考えを、心温まる面白い語りで聞かせてくれます。
ビーバン・キドロン: 映画の素晴らしさを共有する
映画がもつ力とは、共有体験としての物語や記憶、世界観を生み出す力です。イギリスの映画監督ビーバン・キドロンは『ミラノの奇蹟』から『ボーイズン・ザ・フッド』まで、象徴的なシーンを取り上げます。そして彼女が設立したFILMCLUBで素晴らしい映画を、どのように子ども達の間で共有し、変化を起こしているのかを教えてくれます。
シェーカル・カプール: 我々は自らが語る物語である
創造性のひらめきはどこから湧いてくるのか?TEDインディアで、ハリウッドとボリウッドの映画監督シェーカル・カプール(『エリザベス』、『ミスター・インディア』)が彼の創造性の源を語ります。それは純然たる、完全なパニックです。彼は、人が内に秘める「物語の語り手」を解き放つための効果的な方法を示してくれます。
ジェームス・キャメロン: 「アバター」を生み出した好奇心
ジェームス・キャメロンの大予算な(そしてそれ以上に利益をあげる)映画は、それぞれが独自の世界を作り出します。彼はこの私的な話の中で、子供の頃に感じたSFやダイビングの魅力が、いかに彼を「エイリアン」「ターミネーター」「タイタニック」や「アバター」の成功に導いたかを明かします。
ナサニエル・カーン: ドキュメンタリー映画「マイ・アーキテクト」を語る
ナサニエル・カーンがドキュメンタリー映画「マイ・アーキテクト」からの映像を紹介します。このドキュメンタリー映画は父であるルイス・カーンを理解するための探求の旅です。芸術と愛の関わりを理解したい人すべてに向けられた映画です。
エド・ウルブリッチ: ベンジャミン・バトンの顔はこうしてできた
デジタルエフェクト界のカリスマ、デジタル・ドメインのエド・ウルブリッチが視覚効果部門でオスカー賞を獲得した映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」について、いかにブラッド・ピットの若い顔から年をとった顔までがCGで作り上げられたかを話します。
ダニエル・フェインバーグ: ピクサー映画に命を吹き込む魔法の成分
12:04
2016/04/28
ピクサーの撮影監督であるダニエル・フェインバーグは、数学と科学とプログラミングを使い、魂のこもった、驚きに満ちた物語を作り出しています。『ファインディング・ニモ』、『トイ・ストーリー』、『メリダとおそろしの森』、『ウォーリー』などの舞台裏に行って、ピクサーがアートと科学を織り合わせることで、どのように夢見たことが本当になりうる素晴らしい世界を創造しているのか覗いてみましょう。この講演はPBS特別番組『TEDトーク ― 科学と不思議』の一部です。
バサーム・タリク: 多様で美しい、ムスリムとしての生き方
04:42
2015/01/30
バサーム・タリクは、ブロガーで映画監督でハラールの肉屋です。でも、1本の糸が彼の仕事を結びつけています。それは、多様性と人間味あふれる個々の経験に対する喜びです。彼はこの魅力的な話を通して、彼が監督した映画『These Birds Walk』の映像と、『30日間30モスク』からの写真を紹介してくれます。そして誰もが持っている、複雑さの中にある美に思いを馳せるよう促しています。
ヴィンセント・ムーン、ナナ・ヴァスコンセロス: 世界に潜む音楽の儀式
24:17
2014/11/14
フランスの映像作家ヴィンセント・ムーンは、リュックとノートパソコンとカメラだけを持って世界中を旅します。彼は、エレベーター内のアーケイド・ファイア、アパートのキッチンのボン・イヴェール、そしてワンテイクで撮ったチェチェンのスーフィーの儀式や、ペルーのアヤワスカの儀式の映像を撮影してきました。ここで彼が説明するのは、人々が映像と音楽によって、自分たちの文化を新たな視点から捉えるようになる様子です。それに続いて、ジャズ界の巨匠ナナ・ヴァスコンセロスがパフォーマンスを披露します。
ジュリー・テイモア: 「スパイダーマン」「ライオン・キング」とその創作にかけた人生
18:29
2013/07/31
ディレクターのジュリー・テイモアが、「フリーダ」「テンペスト」「ライオン・キング」のような素晴らしい作品の映像とともに、映画と演劇に情熱を注いだ人生を語ります。ブロードウェイショー「スパイダーマン Turn Off the Dark」に対する批判のさなかに撮影された本講演では、創作の過程で物語の本質を描きつつも、唯一のものを創り出すなかで感じる葛藤について、ありのままに語ります。
マーティン・ヴィルヌーブ: 私が不可能な映画を製作した方法について
10:56
2013/06/07
映画制作者のマーティン・ヴィルヌーブが、カナダのSF大作である『Mars & Avril』を事実上無一文で製作した方法について語ります。 魅力的なトークの中で、彼の未来に対する個性的で創意に富んだビジョンが、どうやって資金面、運営面の制約に、様々な方法を用いて打ち勝ったか説明します。
ドン・レヴィ: 視覚効果から見る映画史
06:55
2013/01/04
ジョルジュ・メリエスが月の眼にロケットを打ち込んでから110年、視覚効果はその後、どのくらい進歩したでしょう。映画芸術科学アカデミーの協力を得て、ドン・レヴィが、初期のトリックから現実としか思えないような現代の映画まで、特殊効果による視覚の旅に皆さんをお連れします。
ロブ・レガート: 迫真の映像の作り方
16:27
2012/08/17
ロブ・レガートがエフェクトを駆使して作る映画のシーンは、時に本物さえ超えます。『アポロ13』『タイタニック』『ヒューゴの不思議な発明』等の映画を例に、映像のリアリティを高めることに対する自らの考えを、心温まる面白い語りで聞かせてくれます。
ビーバン・キドロン: 映画の素晴らしさを共有する
13:13
2012/06/13
映画がもつ力とは、共有体験としての物語や記憶、世界観を生み出す力です。イギリスの映画監督ビーバン・キドロンは『ミラノの奇蹟』から『ボーイズン・ザ・フッド』まで、象徴的なシーンを取り上げます。そして彼女が設立したFILMCLUBで素晴らしい映画を、どのように子ども達の間で共有し、変化を起こしているのかを教えてくれます。
シェーカル・カプール: 我々は自らが語る物語である
21:42
2010/04/01
創造性のひらめきはどこから湧いてくるのか?TEDインディアで、ハリウッドとボリウッドの映画監督シェーカル・カプール(『エリザベス』、『ミスター・インディア』)が彼の創造性の源を語ります。それは純然たる、完全なパニックです。彼は、人が内に秘める「物語の語り手」を解き放つための効果的な方法を示してくれます。
ジェームス・キャメロン: 「アバター」を生み出した好奇心
17:36
2010/03/04
ジェームス・キャメロンの大予算な(そしてそれ以上に利益をあげる)映画は、それぞれが独自の世界を作り出します。彼はこの私的な話の中で、子供の頃に感じたSFやダイビングの魅力が、いかに彼を「エイリアン」「ターミネーター」「タイタニック」や「アバター」の成功に導いたかを明かします。
ナサニエル・カーン: ドキュメンタリー映画「マイ・アーキテクト」を語る
10:28
2009/04/06
ナサニエル・カーンがドキュメンタリー映画「マイ・アーキテクト」からの映像を紹介します。このドキュメンタリー映画は父であるルイス・カーンを理解するための探求の旅です。芸術と愛の関わりを理解したい人すべてに向けられた映画です。
エド・ウルブリッチ: ベンジャミン・バトンの顔はこうしてできた
18:04
2009/02/24
デジタルエフェクト界のカリスマ、デジタル・ドメインのエド・ウルブリッチが視覚効果部門でオスカー賞を獲得した映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」について、いかにブラッド・ピットの若い顔から年をとった顔までがCGで作り上げられたかを話します。