エネルギー

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
マイケル・ラバーグ: 同期したハンマーの一撃が核融合を成功に導く
将来のエネルギーは核融合にかかっているとマイケル・ラバーグは主張します。プラズマ物理学者の彼は、クリーンで安価な新型の核融合炉を考案し、小さな会社を立ち上げました。その秘密の方法とは?高速で焼けつくような高温、そして高圧。彼は、この希望の持てるトークで、核融合がもうすぐの所に来ていることを語ります。
アレックス・ラスキー: 行動科学で電気代が安くなるわけ
電気代を安くする実証された方法とは?それはなんと近所の家庭の利用料を知る事なのです。アレックス・ラスキーが、人間の奇妙な性質が人々をより善良な、賢い資源節約家に変えられることを示します。電気代が下がるという証拠付きです。
テイラー・ウィルソン: 僕のラジカルな計画―小型核分裂炉で世界を変える
テイラー・ウィルソンが 自宅ガレージで核融合炉を作ったのは14歳のとき。19歳となった今、彼は再びTEDのステージに立ち、既存技術である「核分裂」の新たな活用法を提示します。ウィルソンは、支援を取り付けて起業し、彼のビジョン実現に向けて動いています。なぜ 小型のモジュール式核分裂炉を製作する革新的な計画に燃えているのか―そして、なぜ それが 世界のエネルギー危機を救う大きな一歩となりうるのか、語ります。
ジョナサン・トレント: 次世代バイオ燃料生産、海に浮かべる藻のゆりかご
化石燃料の代替となる燃料の開発に向け、ジョナサン・トレント は都市部からの排水を栄養源とする微細藻類から 次世代バイオ燃料を得るプロジェクトに取り組んでいます。今回の講演では 彼が率いるプロジェクトOMEGA(海上藻類養殖用膜質容器)の大胆なビジョンと、これを新しいエネルギー源として普及させるための可能性についてお話します。
デイビッド・マッケイ: 再生可能エネルギーの現実
イギリスのような国のエネルギーを、再生可能エネルギーで賄うためにはどの位の面積が必要でしょうか。答えは「国土のほぼ全て」です。デイビッド・マッケイは、選択可能ないくつかの再生エネルギーに関して、どのような制約があるのか、簡単な数式を用いて明らかにします。そして制約にも関わらず、再生可能エネルギーが必要である理由を説明しています。(TEDxWarwick)
エイモリー・ロビンス: エネルギーの40ヶ年計画
TEDのオフィスで撮影されたこの少人数のくつろいだ雰囲気のトークで、エネルギー研究者のエイモリー・ロビンスは石油依存社会を(石油がなくなる前に)終わらせるために必要なステップを示しました。いくつかの変化はすでに始まっています ― より軽量な自動車やスマートなトラックなど ― しかし、いくつかは私達により大きなビジョンを持つようにせまっています。
ドナルド・サドウェイ: 再生可能エネルギーを本当に使えるようにするには
太陽光や風力などの代替エネルギーを使うための鍵となる秘策はなんでしょう?それは蓄電池なのです。蓄電池があれば太陽が出ていなくても風が吹かなくても、電力を得ることができます。このとっつきやすくてひらめきを与えるようなトークでは、ドナルド・サドウェイが黒板を使って再生可能エネルギー用の巨大な電池の未来を説明します。そして彼は説くのです、「問題に対して今までとは異なる考え方が必要です。大きく、そして、安く考...
テイラー・ウィルソン: うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。
T.ブーン・ピケンズ: 天然ガスでエネルギーを変革しよう
アメリカは世界の石油の25%を消費しています。にもかかわらず、エネルギー王のT. ブーン・ピケンズが講演中に指摘するように、アメリカ政府には将来訪れる石油なき時代に対処するエネルギー政策が見あたりません。代替エネルギーは、石油に頼らない未来への橋渡し役として期待できるのでしょうか?風力発電事業で被った1億5千万ドルもの損失の経験を基に、氏は少なくとも今は、代替エネルギーには頼れないと語ります。その一方で氏が期...
ジャスティン・ホール・ティピング: 送電網を必要としないエネルギーを
窓ガラスで発電が出来たとしたら世界はどうなるでしょう?事業家ジャスティン・ホール・ティピングが、これを実現する素材や、いかに「通常」という概念を問うことが類稀な飛躍的進歩に繋がるかについて説明する心を打つ講演です。
リチャード・シアーズ: 「脱石油」について語る
世界が石油探査の危機的状況に注目している現在、2010年2月初旬に行われたリチャード・シアーズのTalkをお届けしたい。新エネルギー資源開発の専門家として、石油依存から抜け出すことは不可避かつ必要な行動であることを語る。その後の向き先は?
スティーヴン・カウリー: 未来エネルギーの核融合
物理学者のスティーヴン・カウリーは核融合が燃料危機に対する持続可能な唯一の解決策だと確信しています。彼がなぜ核融合だと上手くいくのか -- そして彼とその他の大勢が人生を捧げた、時間との戦いである新しいエネルギー源を作り出すプロジェクトの詳細を説明します
ソール・グリフィス: 未来の再生可能エネルギーとしての凧
ソール・グリフィスが、彼の新しい会社Makani Powerの仕事について明らかにします。それは、巨大な凧を用いて驚くほど大量の、クリーンで再生可能なエネルギーを作り出すことです。
マイケル・ラバーグ: 同期したハンマーの一撃が核融合を成功に導く
12:50
2014/04/22
将来のエネルギーは核融合にかかっているとマイケル・ラバーグは主張します。プラズマ物理学者の彼は、クリーンで安価な新型の核融合炉を考案し、小さな会社を立ち上げました。その秘密の方法とは?高速で焼けつくような高温、そして高圧。彼は、この希望の持てるトークで、核融合がもうすぐの所に来ていることを語ります。
アレックス・ラスキー: 行動科学で電気代が安くなるわけ
08:12
2013/06/04
電気代を安くする実証された方法とは?それはなんと近所の家庭の利用料を知る事なのです。アレックス・ラスキーが、人間の奇妙な性質が人々をより善良な、賢い資源節約家に変えられることを示します。電気代が下がるという証拠付きです。
テイラー・ウィルソン: 僕のラジカルな計画―小型核分裂炉で世界を変える
12:54
2013/04/30
テイラー・ウィルソンが 自宅ガレージで核融合炉を作ったのは14歳のとき。19歳となった今、彼は再びTEDのステージに立ち、既存技術である「核分裂」の新たな活用法を提示します。ウィルソンは、支援を取り付けて起業し、彼のビジョン実現に向けて動いています。なぜ 小型のモジュール式核分裂炉を製作する革新的な計画に燃えているのか―そして、なぜ それが 世界のエネルギー危機を救う大きな一歩となりうるのか、語ります。
ジョナサン・トレント: 次世代バイオ燃料生産、海に浮かべる藻のゆりかご
14:46
2012/09/08
化石燃料の代替となる燃料の開発に向け、ジョナサン・トレント は都市部からの排水を栄養源とする微細藻類から 次世代バイオ燃料を得るプロジェクトに取り組んでいます。今回の講演では 彼が率いるプロジェクトOMEGA(海上藻類養殖用膜質容器)の大胆なビジョンと、これを新しいエネルギー源として普及させるための可能性についてお話します。
デイビッド・マッケイ: 再生可能エネルギーの現実
18:31
2012/05/25
イギリスのような国のエネルギーを、再生可能エネルギーで賄うためにはどの位の面積が必要でしょうか。答えは「国土のほぼ全て」です。デイビッド・マッケイは、選択可能ないくつかの再生エネルギーに関して、どのような制約があるのか、簡単な数式を用いて明らかにします。そして制約にも関わらず、再生可能エネルギーが必要である理由を説明しています。(TEDxWarwick)
エイモリー・ロビンス: エネルギーの40ヶ年計画
27:04
2012/05/01
TEDのオフィスで撮影されたこの少人数のくつろいだ雰囲気のトークで、エネルギー研究者のエイモリー・ロビンスは石油依存社会を(石油がなくなる前に)終わらせるために必要なステップを示しました。いくつかの変化はすでに始まっています ― より軽量な自動車やスマートなトラックなど ― しかし、いくつかは私達により大きなビジョンを持つようにせまっています。
ドナルド・サドウェイ: 再生可能エネルギーを本当に使えるようにするには
15:15
2012/03/26
太陽光や風力などの代替エネルギーを使うための鍵となる秘策はなんでしょう?それは蓄電池なのです。蓄電池があれば太陽が出ていなくても風が吹かなくても、電力を得ることができます。このとっつきやすくてひらめきを与えるようなトークでは、ドナルド・サドウェイが黒板を使って再生可能エネルギー用の巨大な電池の未来を説明します。そして彼は説くのです、「問題に対して今までとは異なる考え方が必要です。大きく、そして、安く考えるのです」と。
テイラー・ウィルソン: うん、核融合炉を作ったよ
03:33
2012/03/22
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。
T.ブーン・ピケンズ: 天然ガスでエネルギーを変革しよう
19:42
2012/03/19
アメリカは世界の石油の25%を消費しています。にもかかわらず、エネルギー王のT. ブーン・ピケンズが講演中に指摘するように、アメリカ政府には将来訪れる石油なき時代に対処するエネルギー政策が見あたりません。代替エネルギーは、石油に頼らない未来への橋渡し役として期待できるのでしょうか?風力発電事業で被った1億5千万ドルもの損失の経験を基に、氏は少なくとも今は、代替エネルギーには頼れないと語ります。その一方で氏が期待するのは天然ガスです。講演の後にはTED主宰者のクリス・アンダーソンと活気あふれる質疑応答を展開します。
ジャスティン・ホール・ティピング: 送電網を必要としないエネルギーを
12:46
2011/10/18
窓ガラスで発電が出来たとしたら世界はどうなるでしょう?事業家ジャスティン・ホール・ティピングが、これを実現する素材や、いかに「通常」という概念を問うことが類稀な飛躍的進歩に繋がるかについて説明する心を打つ講演です。
リチャード・シアーズ: 「脱石油」について語る
07:23
2010/05/20
世界が石油探査の危機的状況に注目している現在、2010年2月初旬に行われたリチャード・シアーズのTalkをお届けしたい。新エネルギー資源開発の専門家として、石油依存から抜け出すことは不可避かつ必要な行動であることを語る。その後の向き先は?
スティーヴン・カウリー: 未来エネルギーの核融合
12:27
2009/12/22
物理学者のスティーヴン・カウリーは核融合が燃料危機に対する持続可能な唯一の解決策だと確信しています。彼がなぜ核融合だと上手くいくのか -- そして彼とその他の大勢が人生を捧げた、時間との戦いである新しいエネルギー源を作り出すプロジェクトの詳細を説明します
ソール・グリフィス: 未来の再生可能エネルギーとしての凧
05:22
2009/03/22
ソール・グリフィスが、彼の新しい会社Makani Powerの仕事について明らかにします。それは、巨大な凧を用いて驚くほど大量の、クリーンで再生可能なエネルギーを作り出すことです。