教養と教育 (8)

バリー・シュワルツ: 知恵の喪失
20:45
2009/02/16
バリー・シュワルツは、官僚主義を突き詰め、破綻の道を進む社会の特効薬として、「実践知」が必要だと提唱します。規則は役に立たず、よかれと思って与えるインセンティブは裏目となり、そして、実際的で日々の糧となるような知恵こそ、世界を再建するのだと、バリーは力強く説きます。
エリン・マッキーン: 辞書を再定義する
15:54
2007/08/30
愛すべき紙の辞書は、絶滅すべき運命にあるのでしょうか?あふれんばかりに情熱的なこのトークの中で、辞書編纂の第一人者であるエリン・マッキーンが、今日の紙の辞書がどのように変化していけるのか、多くの道筋を考えます。
ハンス・ロスリング: 貧困に対する新たな洞察
2007/06/26
研究者ハンス・ロスリングは、素晴らしいデータツールで国々がどのように貧困から脱出しつつあるのかを示します。ドルストリートでは、世界規模で世帯収入を比較します。スピーチの最後には驚きのオマケもありますよ。
ケン・ロビンソン: 学校教育は創造性を殺してしまっている
20:04
2007/01/06
サー・ケン・ロビンソンは、人間の創造性を(弱めてしまうのではなく)育てていくための教育システムを構築している。彼のやり方はエンターテイメント性に溢れると同時に、我々の心の奥底に何かを強く訴えかけてくる。
ハンス・ロスリング: 最高の統計を披露
20:36
2006/06/14
統計データをこんな風に見せられたことはないでしょう。スポーツ実況者張りのドラマ性と緊迫感を込めて、統計の達人ハンス・ロスリングが「発展途上国」の神話を打ち崩します。