犯罪

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ダン・グロス: 銃による暴力を「普通のこと」とすべきではない理由
銃の好き嫌いは関係ない。身元調査がされないまま毎日何千丁もの銃が販売されることがなくなれば、アメリカがより安全な国になることは明らかです。「(銃暴力を防ぐ)ブレイディ キャンペーン」の代表ダン・グロスは、アメリカ人の90%以上が望む全ての銃販売に身元調査を適用しようと訴え、個人的な思いを情熱的に語ります。「世界中で起こる偉大な活動には、振り返ってみて次のような瞬間があります。『あの時、事態が真に動き始めた...
ジェシカ・ラド: 性的暴行からのサバイバーが望む通報システムとは
TEDフェローであるジェシカ・ラドは、「99%のレイプ犯が逃げおおせるような世界に生きる必要はない」と語ります。大学内での性的暴行を通報する、新しいプラットフォーム「カリスト」を立ち上げたラドは、性的暴行からのサバイバーのプライバシーを尊重しながらも、援助としかるべき正義を得る手助けをしています。このトークでは、「私たちは他人の権利を侵害しようとする者に、真の抑止力が働く世界を作ることが出来るのです」と訴え...
ノイ・スラプカウ: 人身売買は身近にいくらでもある。その実情とは
誰もが大好きな毎日のバーゲンセール ― 10ドルのマニキュアや取り放題のエビ ― の背後には、その価格を低く保つための強制労働が隠されています。ノイ・スラプカウは、米国やヨーロッパ、そして途上国において多発している人身売買についての調査結果とともに、今や世界中の消費者を潤している強制労働の人道的問題について論じます。
トレバー・アーロンソン: FBIの戦略がアメリカ在住のテロリストを作り出すまで
アルカイダやアル・シャバーブ、イスラミックステートを合わせたよりも多くのアメリカ国内でのテロ計画の温床になっている組織があります。FBIです。その方法や理由とは?調査報道記者トレバー・アーロンソンは、真相を暴きつつ、精神面で問題を抱えるイスラム系アメリカ人を利用してテロ計画を生み出す、FBIの不穏な行動を明らかにします。
ジェフリー・ブラウン牧師: どのようにボストンの若者の暴力を79%削減したのか
「ボストンの奇跡」の立役者であるジェフリー・ブラウン牧師は、駆け出しの牧師の頃、周囲の状況に戸惑っていました。通りを歩く子供たちが麻薬やチンピラの暴力の餌食となり、ボストンの地域社会が崩壊するところを目の当たりにしたからです。再生への第一歩は、「子供たちの話を聞くこと、単なる説教はしないこと、子供たちの周囲の暴力を減らす支援をすること」です。変革のための聞く力について、力強く語ります。
イローナ・サボー・デ・カルバーリョ: 薬物政策と銃による暴力に立ち向かうことから学んだ4...
銀行に勤務していたイローナ・サボー・デ・カルバーリョは、いつしか社会運動を始めることになるとは想像もしていませんでした。しかし、殺人件数が世界最悪である母国ブラジルにおいて、薬物と銃が国を引き裂いていることを静観すべきではないとの思いに至りました。サボー・デ・カルバーリョは、将来が安泰な仕事を辞め、現状に対して恐れることなく立ち向かうことによって得られた4つの大切な教訓を紹介します。
ロバート・マガー: 急成長する都市を成功に導く方法
世界全体では暴力は減少傾向にありますが、アレッポ、バマコ、カラカスのようなグローバル・サウスの人口の多い都市では、実際には暴力が増えており、麻薬売買が横行し、多くの人が失業し、市民の不安が広がっています。安全について研究しているロバート・マガーは、急成長を遂げたため、インフラが脆弱で政府もうまく機能していない「基盤の弱い都市」について、私たちの目を向けさせます。マガーは私たちが直面している4大リスクを...
オレン・ヤコボヴィッチ: 隠しカメラが捉える世界で最も危険な場所における不正
百聞は一見にしかずとオレン・ヤコボヴィッチは言います。暴力や政治腐敗や虐待の危険な現場を隠しカメラで撮影する人々を彼が手助けしているのはそのためです。彼が設立した組織Videreは、世界が目にすべき人権侵害の状況を暴露し、検証し、公開しています。
イーサン・ネーデルマン: 麻薬戦争に終止符を打つべき理由
麻薬戦争にはメリットもありますが、デメリットの方が大きいとは考えられないでしょうか?麻薬政策の改革論者イーサン・ネーデルマンは、大胆にも、麻薬取引を根絶するためには、時代遅れで無慈悲で破滅的な麻薬戦争を終えるべきだと力強く話します。ネーデルマンは、二つの大きな理由をあげて、薬物との戦争よりも、むしろ理にかなった法規制に取り組むべきであると訴えかけます。
シャカ・センゴア: 自分の罪に人生を支配させないために
1991年、シャカ・センゴアは人を撃ち殺してしまいました。彼曰く、彼は「セミオートを持った、短気な麻薬密売人」でした。第二級殺人で服役し、そこで彼の物語は終わってもおかしくはありませんでした。しかし、そうはなりませんでした。そこは長い年月をかけた、贖罪の旅の始まりで、そこには控えめで落ち着いた誰にでも当てはまる教訓がありました。
シャーミアン・グーチ: 私の願い ― ビジネスにおける情報公開の新時代を切り開くこと
悪名高い麻薬カルテルのリーダーから極悪な武器ディーラーまで、腐敗した個人は、ダミー会社によって守られています。ダミー会社の存在により、そうした個人情報は謎のまま、正体を突き止め責任を取らせることを、ほぼ不可能になっています。でも、反腐敗活動家のシャーミアン・グーチは、それを変えたいと考えています。TED2014のステージで、彼女はTED Prizeの願いを発表します。誰が会社を所有し管理しているのを明らかにし、法律を...
ロドリゴ・カナレス: 天下無双の違法薬物カルテル
メキシコでは、過去6年の間に10万人近くの命が、違法薬物関連の暴力抗争で失われています。我々は、メキシコでの違法薬物抗争を他人事だと考えがちです。しかし、我々はみな共犯者であると言うのは、イェール大学のロドリゴ・カナレス教授です。歯に衣を着せぬプレゼンの中で、カナレス教授は、我々がもつ違法薬物カルテルに対する誤った思い込みについて疑問を投げかけます。組織は名前も顔も分からない、血も涙もなく殺し合いをする...
ゲリー・スラトキン: 暴力を伝染病として捉えよう
医師のゲリー・スラトキンは、アフリカにおいて結核、コレラ、エイズといった伝染病と10年に渡って戦ってきました。アメリカに帰国した際は、残忍な伝染病による死から逃れられるだろうと思っていました。しかし、銃による暴力に目を向け始め、その拡大が伝染病のパターンと同じであることに気付きます。驚いたことに多くの地域が当たり前のように暴力を受け入れていたことに直面します。スラトキン博士は「人類が多くの病気が引き起す...
シャーミアン・グーチ: グローバルな汚職の隠れた担い手は、身近なところに
極貧国の大統領の息子が、月7千ドルの公務給でマンションやスポーツカーを買い始めたら、そこには、おそらく汚職がからんでいると、シャーミアン・グーチは指摘します。辛辣で、目を見張るトークで、グーチは、具体的な事例も織り交ぜながら、グローバルな汚職問題について、どうやってお金の流れをたどり、驚くような馴染みの顔にたどり着いたか語ります。
アナス・アレメヤウ・アナス: どうやって名前をさらし、汚し、刑務所に送り込んだか
ジャーナリストのアナス・アレメヤウ・アナスは、これまで、ガーナ全土での汚職や組織犯罪を何十件も暴露してきました。それも、決して正体を明かさずにです。このトークで、アナスは―ここでも正体は隠したまま―これまでの取材の中から身の毛のよだつような映像を紹介し、不正に立ち向かうことの重要性を身をもって示します。
ロバート・ニューワース: 非公式経済のパワー
ロバート・ニューワースは4年間に渡り,露店がならぶ混沌としたストリート・マーケットで過ごしました。カートを押した行商人や「灰色市場」の商人から話を聞き,注目を集めている「システムD」,つまり世界中の無認可経済ネットワークを研究するためです。これはおよそ18億人分の雇用の源泉ですが,そのパワーと広がりは十分に認識されているとは言えません。
マーク・グッドマン: 未来の犯罪の姿
世界がますますオープンになっていくことには、明るい面と危険な面があります。テクノロジーの急速な発展によって犯罪の状況が悪化していく暗い未来の姿を、マーク・グッドマンが描き出します。
オーレット・ヴァン・ヘーデン:国際的な公正労働を実現するには
労働運動家のオーレット・ヴァン・ヘーデンが、労働者の安全を守る国家の代表機関が存在しないグローバル産業に隠された、労働者権利の見過ごされている分野について話します。どうしたら国際的な供給プロセスを公正に保つことが出来るのか?ヴァン・ヘーデンが公正な労働を実現するためのビジネスについて話します。
ジョン・カサオナ: 密猟者から世話人へ
ジョン・カサオナは、生まれ故郷のナミビアで絶滅の危機に瀕した動物を守る画期的な方法を見出しました。密猟していた人たちを含む近隣の村人たちに、野生動物の管理をさせるのです。このやり方は成果をあげています。
ジェームズ・ランディ: 心霊詐欺に対する痛烈な批判
伝説的な懐疑論者のジェームズ・ランディがステージ上で致死量のホメオパシー睡眠薬をのみ、18分間にわたって不合理なものを信じることに対する痛烈な批判を繰り広げる。彼は世界中の能力者たちに挑戦した「あなたたちの能力が本物だと証明できたら、100万ドルを差し上げよう。」(達成者はまだいない)
ケビン・ベールズ: 現代の奴隷制度といかに戦うか
ケビン・ベールズ博士が現代の奴隷制度について感動的かつ現実的な説明をします。奴隷関連ビジネスは、今でも数百億ドルの経済規模を持つ地球上で最悪な産業です。博士は統計や現地での体験を交えながら、地球上の全ての奴隷を解放して社会復帰させるコストと価値を語ります。
スニータ・クリシュナン: 性的奴隷制との闘い
スニータ・クリシュナンは、世界規模の100億ドル市場である性的奴隷制から女性や子どもたちを救出することに生涯を捧げています。この勇気に満ちたスピーチで、彼女は自分自身の体験に加えて三つの強力な物語を語り、犠牲者が人生を再構築するために社会がもっと人間的に接するよう、訴えます。
キャメロン・シンクラー: 一時的な活状の難民
TEDGlobal U にて、キャメロン・シンクラーが巨大不動産プロジェクトの知られざる費用の消失について説明します:何千もの移民建設労働者が無一文の状態で立ち往生しています。他の建築家に向かって、倫理的な対応しかすることは無いと述べます。
ミーシャ・グレニー: 国際犯罪ネットワークを調査する
ジャーナリストのミーシャ・グレニーは、今では世界経済の15%にまで成長した世界規模の組織犯罪ネットワークの調査を果敢に行いました。ロシアマフィアから巨大麻薬カルテルまで、彼の情報源は情報部門や法執行機関に止まらず、犯罪組織の内部者までを含んでいます。
ダン・グロス: 銃による暴力を「普通のこと」とすべきではない理由
13:38
2016/04/20
銃の好き嫌いは関係ない。身元調査がされないまま毎日何千丁もの銃が販売されることがなくなれば、アメリカがより安全な国になることは明らかです。「(銃暴力を防ぐ)ブレイディ キャンペーン」の代表ダン・グロスは、アメリカ人の90%以上が望む全ての銃販売に身元調査を適用しようと訴え、個人的な思いを情熱的に語ります。「世界中で起こる偉大な活動には、振り返ってみて次のような瞬間があります。『あの時、事態が真に動き始めた』」グロスはさらにこう続けます。「アメリカの銃暴力に幕を閉じる活動に、その変化の時がきた」と。
ジェシカ・ラド: 性的暴行からのサバイバーが望む通報システムとは
05:59
2016/04/07
TEDフェローであるジェシカ・ラドは、「99%のレイプ犯が逃げおおせるような世界に生きる必要はない」と語ります。大学内での性的暴行を通報する、新しいプラットフォーム「カリスト」を立ち上げたラドは、性的暴行からのサバイバーのプライバシーを尊重しながらも、援助としかるべき正義を得る手助けをしています。このトークでは、「私たちは他人の権利を侵害しようとする者に、真の抑止力が働く世界を作ることが出来るのです」と訴えます。
ノイ・スラプカウ: 人身売買は身近にいくらでもある。その実情とは
18:51
2015/07/13
誰もが大好きな毎日のバーゲンセール ― 10ドルのマニキュアや取り放題のエビ ― の背後には、その価格を低く保つための強制労働が隠されています。ノイ・スラプカウは、米国やヨーロッパ、そして途上国において多発している人身売買についての調査結果とともに、今や世界中の消費者を潤している強制労働の人道的問題について論じます。
トレバー・アーロンソン: FBIの戦略がアメリカ在住のテロリストを作り出すまで
09:22
2015/06/04
アルカイダやアル・シャバーブ、イスラミックステートを合わせたよりも多くのアメリカ国内でのテロ計画の温床になっている組織があります。FBIです。その方法や理由とは?調査報道記者トレバー・アーロンソンは、真相を暴きつつ、精神面で問題を抱えるイスラム系アメリカ人を利用してテロ計画を生み出す、FBIの不穏な行動を明らかにします。
ジェフリー・ブラウン牧師: どのようにボストンの若者の暴力を79%削減したのか
18:03
2015/05/26
「ボストンの奇跡」の立役者であるジェフリー・ブラウン牧師は、駆け出しの牧師の頃、周囲の状況に戸惑っていました。通りを歩く子供たちが麻薬やチンピラの暴力の餌食となり、ボストンの地域社会が崩壊するところを目の当たりにしたからです。再生への第一歩は、「子供たちの話を聞くこと、単なる説教はしないこと、子供たちの周囲の暴力を減らす支援をすること」です。変革のための聞く力について、力強く語ります。
イローナ・サボー・デ・カルバーリョ: 薬物政策と銃による暴力に立ち向かうことから学んだ4つの教訓
13:43
2015/03/06
銀行に勤務していたイローナ・サボー・デ・カルバーリョは、いつしか社会運動を始めることになるとは想像もしていませんでした。しかし、殺人件数が世界最悪である母国ブラジルにおいて、薬物と銃が国を引き裂いていることを静観すべきではないとの思いに至りました。サボー・デ・カルバーリョは、将来が安泰な仕事を辞め、現状に対して恐れることなく立ち向かうことによって得られた4つの大切な教訓を紹介します。
ロバート・マガー: 急成長する都市を成功に導く方法
14:52
2015/01/15
世界全体では暴力は減少傾向にありますが、アレッポ、バマコ、カラカスのようなグローバル・サウスの人口の多い都市では、実際には暴力が増えており、麻薬売買が横行し、多くの人が失業し、市民の不安が広がっています。安全について研究しているロバート・マガーは、急成長を遂げたため、インフラが脆弱で政府もうまく機能していない「基盤の弱い都市」について、私たちの目を向けさせます。マガーは私たちが直面している4大リスクを示し、方向転換させる方法を提案します。
オレン・ヤコボヴィッチ: 隠しカメラが捉える世界で最も危険な場所における不正
14:35
2014/12/01
百聞は一見にしかずとオレン・ヤコボヴィッチは言います。暴力や政治腐敗や虐待の危険な現場を隠しカメラで撮影する人々を彼が手助けしているのはそのためです。彼が設立した組織Videreは、世界が目にすべき人権侵害の状況を暴露し、検証し、公開しています。
イーサン・ネーデルマン: 麻薬戦争に終止符を打つべき理由
17:30
2014/11/12
麻薬戦争にはメリットもありますが、デメリットの方が大きいとは考えられないでしょうか?麻薬政策の改革論者イーサン・ネーデルマンは、大胆にも、麻薬取引を根絶するためには、時代遅れで無慈悲で破滅的な麻薬戦争を終えるべきだと力強く話します。ネーデルマンは、二つの大きな理由をあげて、薬物との戦争よりも、むしろ理にかなった法規制に取り組むべきであると訴えかけます。
シャカ・センゴア: 自分の罪に人生を支配させないために
12:00
2014/06/23
1991年、シャカ・センゴアは人を撃ち殺してしまいました。彼曰く、彼は「セミオートを持った、短気な麻薬密売人」でした。第二級殺人で服役し、そこで彼の物語は終わってもおかしくはありませんでした。しかし、そうはなりませんでした。そこは長い年月をかけた、贖罪の旅の始まりで、そこには控えめで落ち着いた誰にでも当てはまる教訓がありました。
シャーミアン・グーチ: 私の願い ― ビジネスにおける情報公開の新時代を切り開くこと
16:10
2014/03/20
悪名高い麻薬カルテルのリーダーから極悪な武器ディーラーまで、腐敗した個人は、ダミー会社によって守られています。ダミー会社の存在により、そうした個人情報は謎のまま、正体を突き止め責任を取らせることを、ほぼ不可能になっています。でも、反腐敗活動家のシャーミアン・グーチは、それを変えたいと考えています。TED2014のステージで、彼女はTED Prizeの願いを発表します。誰が会社を所有し管理しているのを明らかにし、法律を変え、ビジネスにおける情報公開が担保される新しい時代を切り開くのです。
ロドリゴ・カナレス: 天下無双の違法薬物カルテル
17:56
2013/11/04
メキシコでは、過去6年の間に10万人近くの命が、違法薬物関連の暴力抗争で失われています。我々は、メキシコでの違法薬物抗争を他人事だと考えがちです。しかし、我々はみな共犯者であると言うのは、イェール大学のロドリゴ・カナレス教授です。歯に衣を着せぬプレゼンの中で、カナレス教授は、我々がもつ違法薬物カルテルに対する誤った思い込みについて疑問を投げかけます。組織は名前も顔も分からない、血も涙もなく殺し合いをする殺し屋の集まりではなく、殺し合いは非常に洗練されたブランドの経営から生じるものなのです。
ゲリー・スラトキン: 暴力を伝染病として捉えよう
14:09
2013/10/10
医師のゲリー・スラトキンは、アフリカにおいて結核、コレラ、エイズといった伝染病と10年に渡って戦ってきました。アメリカに帰国した際は、残忍な伝染病による死から逃れられるだろうと思っていました。しかし、銃による暴力に目を向け始め、その拡大が伝染病のパターンと同じであることに気付きます。驚いたことに多くの地域が当たり前のように暴力を受け入れていたことに直面します。スラトキン博士は「人類が多くの病気が引き起す影響を食い止めてきたように、同じことを暴力にも適用できる」と訴えます。(TEDMEDにて撮影)
シャーミアン・グーチ: グローバルな汚職の隠れた担い手は、身近なところに
14:27
2013/07/08
極貧国の大統領の息子が、月7千ドルの公務給でマンションやスポーツカーを買い始めたら、そこには、おそらく汚職がからんでいると、シャーミアン・グーチは指摘します。辛辣で、目を見張るトークで、グーチは、具体的な事例も織り交ぜながら、グローバルな汚職問題について、どうやってお金の流れをたどり、驚くような馴染みの顔にたどり着いたか語ります。
アナス・アレメヤウ・アナス: どうやって名前をさらし、汚し、刑務所に送り込んだか
12:47
2013/06/05
ジャーナリストのアナス・アレメヤウ・アナスは、これまで、ガーナ全土での汚職や組織犯罪を何十件も暴露してきました。それも、決して正体を明かさずにです。このトークで、アナスは―ここでも正体は隠したまま―これまでの取材の中から身の毛のよだつような映像を紹介し、不正に立ち向かうことの重要性を身をもって示します。
ロバート・ニューワース: 非公式経済のパワー
12:30
2012/09/05
ロバート・ニューワースは4年間に渡り,露店がならぶ混沌としたストリート・マーケットで過ごしました。カートを押した行商人や「灰色市場」の商人から話を聞き,注目を集めている「システムD」,つまり世界中の無認可経済ネットワークを研究するためです。これはおよそ18億人分の雇用の源泉ですが,そのパワーと広がりは十分に認識されているとは言えません。
マーク・グッドマン: 未来の犯罪の姿
19:26
2012/07/12
世界がますますオープンになっていくことには、明るい面と危険な面があります。テクノロジーの急速な発展によって犯罪の状況が悪化していく暗い未来の姿を、マーク・グッドマンが描き出します。
オーレット・ヴァン・ヘーデン:国際的な公正労働を実現するには
17:46
2010/11/11
労働運動家のオーレット・ヴァン・ヘーデンが、労働者の安全を守る国家の代表機関が存在しないグローバル産業に隠された、労働者権利の見過ごされている分野について話します。どうしたら国際的な供給プロセスを公正に保つことが出来るのか?ヴァン・ヘーデンが公正な労働を実現するためのビジネスについて話します。
ジョン・カサオナ: 密猟者から世話人へ
19:55
2010/06/08
ジョン・カサオナは、生まれ故郷のナミビアで絶滅の危機に瀕した動物を守る画期的な方法を見出しました。密猟していた人たちを含む近隣の村人たちに、野生動物の管理をさせるのです。このやり方は成果をあげています。
ジェームズ・ランディ: 心霊詐欺に対する痛烈な批判
17:51
2010/04/20
伝説的な懐疑論者のジェームズ・ランディがステージ上で致死量のホメオパシー睡眠薬をのみ、18分間にわたって不合理なものを信じることに対する痛烈な批判を繰り広げる。彼は世界中の能力者たちに挑戦した「あなたたちの能力が本物だと証明できたら、100万ドルを差し上げよう。」(達成者はまだいない)
ケビン・ベールズ: 現代の奴隷制度といかに戦うか
20:34
2010/03/29
ケビン・ベールズ博士が現代の奴隷制度について感動的かつ現実的な説明をします。奴隷関連ビジネスは、今でも数百億ドルの経済規模を持つ地球上で最悪な産業です。博士は統計や現地での体験を交えながら、地球上の全ての奴隷を解放して社会復帰させるコストと価値を語ります。
スニータ・クリシュナン: 性的奴隷制との闘い
13:12
2009/12/08
スニータ・クリシュナンは、世界規模の100億ドル市場である性的奴隷制から女性や子どもたちを救出することに生涯を捧げています。この勇気に満ちたスピーチで、彼女は自分自身の体験に加えて三つの強力な物語を語り、犠牲者が人生を再構築するために社会がもっと人間的に接するよう、訴えます。
キャメロン・シンクラー: 一時的な活状の難民
05:09
2009/11/13
TEDGlobal U にて、キャメロン・シンクラーが巨大不動産プロジェクトの知られざる費用の消失について説明します:何千もの移民建設労働者が無一文の状態で立ち往生しています。他の建築家に向かって、倫理的な対応しかすることは無いと述べます。
ミーシャ・グレニー: 国際犯罪ネットワークを調査する
19:27
2009/09/14
ジャーナリストのミーシャ・グレニーは、今では世界経済の15%にまで成長した世界規模の組織犯罪ネットワークの調査を果敢に行いました。ロシアマフィアから巨大麻薬カルテルまで、彼の情報源は情報部門や法執行機関に止まらず、犯罪組織の内部者までを含んでいます。