クラシック

クラシック
エンターテイメント

クラシック

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ダリア・ファン・ベルケン: なぜピアノを路上や空中に持ち出すのか
ピアニストのダリア・ファン・ベルケンはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのバロック鍵盤音楽に恋をしています。今、彼女は他者の中に、この情熱の火をつけることを目指しています。このトークの中で、彼女はヘンデルの激しい感情の浮き沈みを奏でてくれます ― 空中を飛び、街角を走り、もちろんステージ上で、ピアノを操りながら。
ジヘ・パク: バイオリン―魂の暗闇を越えて
世界的に有名なバイオリニストになるために模索していたとき、ジヘ・パクは深刻なうつ病を患いました。音楽だけが彼女を再び立ち上がらせ、一流のコンサートホールで演奏することだけが目標ではなく、できるだけ多くの人にバイオリンの素晴らしさを伝えることが目標になりうることを示してくれました。
マイケル・ティルソン・トーマス: 音楽と感情の奏でる歴史
この素晴らしい講演で、マイケル・ティルソン・トーマスがクラシック音楽の進化を表記方法や録音技術、そして編集方法の進化の観点から説明します。
チャールズ・ヘイゼルウッド: 信頼がつくるアンサンブル
指揮者チャールズ・ヘイゼルウッドが演奏のリーダーシップにおける信頼の役割について話します。それがどう機能するものなのかステージでスコットランド・アンサンブルを指揮しながら示します。またオペラ「ウ・カルメン・イ・カエリチャ」と「パラオーケストラ」の2つの音楽プロジェクトをビデオで紹介します。
ダニエル・ドゥ・ニースが歌う艶やかなアリア
オペラはどれほどセクシーでありうるのでしょう? 燦爛たるソプラノ歌手ダニエル・ドゥ・ニースが“Meine Lippen, sie kussen so heiss”(私の口づけはかくも熱い)を歌ってそれを見せてくれます。曲はフランツ・レハールの「ジュディッタ」から、伴奏はイングリッド・サージェナーです。
8人のマヤ・バイザーによるチェロ合奏
チェリストのマヤ・バイザーが、彼女自身の7人の分身たちとともに8声からなる見事な現代的練習曲を演奏し、ついで瞑想的な音楽と映像のハイブリッドへと移行して、テクノロジーによって力強い音の際限のない可能性を作り出します。曲はスティーヴ・ライヒの「チェロ・カウンターポイント」をビル・モリソンの映像で、デヴィッド・ラングの「ワールド・トゥ・カム」をイリット・バツリーの映像でご覧いただきます。
ロバート・グプタ、ジョシュア・ローマン: ヘンデルの主題によるパッサカリア
ヴァイオリニストのロバート・グプタとチェリストのジョシュア・ローマンの演奏でハルヴォルセンの「ヴァイオリンとヴィオラのためのヘンデルの主題によるパッサカリア」をお聞きいただきます。ローマンはストラディバリウスのチェロでヴィオラのパートを弾いています。2人の音楽家が瞬間と瞬間をつなぎ合わせる姿(そしてハプニングをものともしない集中力)には強く訴えるものがあります。2人はTEDフェローであり、その深い絆がこの眩い...
クラロン・マクファダン: 歌声という原始の神秘
「人間の声は神秘的で、自然発生的で、原始的である」という言葉とともにソプラノ歌手クラロン・マクファダンは我々を呼吸と歌う事の神秘的な探求に招待し、ジョン・ケージの「アリア」に挑戦します。
アーン・トリオ: ピアノ、バイオリン、チェロにおける現代的解釈
チェロのマリア、ピアノのルシア、バイオリンのアンジェラのアーン三姉妹は、情熱的な音楽作りでピアノトリオに新たな命を吹き込んでいます。TEDWomenの聴衆を前に、デヴィッド・バラクリシュナンによる明るくはじけるような「スカイライフ」を弾き、次いでアストル・ピアソラの「オブリビオン」を美しく秘めやかに奏でます。
ベンジャミン・ザンダー: 音楽と情熱
ベンジャミン・ザンダーは二つの伝染性の情熱を持っています:クラシック音楽そのものと、全ての人がクラシック音楽に対して持っている未開発の愛に目覚めさせることです。?そしてさらに、新しい可能性や、経験や、つながりについての未開発の愛に目覚めさせることも。
ダリア・ファン・ベルケン: なぜピアノを路上や空中に持ち出すのか
09:34
2014/10/03
ピアニストのダリア・ファン・ベルケンはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのバロック鍵盤音楽に恋をしています。今、彼女は他者の中に、この情熱の火をつけることを目指しています。このトークの中で、彼女はヘンデルの激しい感情の浮き沈みを奏でてくれます ― 空中を飛び、街角を走り、もちろんステージ上で、ピアノを操りながら。
ジヘ・パク: バイオリン―魂の暗闇を越えて
12:42
2013/05/24
世界的に有名なバイオリニストになるために模索していたとき、ジヘ・パクは深刻なうつ病を患いました。音楽だけが彼女を再び立ち上がらせ、一流のコンサートホールで演奏することだけが目標ではなく、できるだけ多くの人にバイオリンの素晴らしさを伝えることが目標になりうることを示してくれました。
マイケル・ティルソン・トーマス: 音楽と感情の奏でる歴史
20:14
2012/05/07
この素晴らしい講演で、マイケル・ティルソン・トーマスがクラシック音楽の進化を表記方法や録音技術、そして編集方法の進化の観点から説明します。
チャールズ・ヘイゼルウッド: 信頼がつくるアンサンブル
19:36
2011/10/07
指揮者チャールズ・ヘイゼルウッドが演奏のリーダーシップにおける信頼の役割について話します。それがどう機能するものなのかステージでスコットランド・アンサンブルを指揮しながら示します。またオペラ「ウ・カルメン・イ・カエリチャ」と「パラオーケストラ」の2つの音楽プロジェクトをビデオで紹介します。
ダニエル・ドゥ・ニースが歌う艶やかなアリア
05:55
2011/09/30
オペラはどれほどセクシーでありうるのでしょう? 燦爛たるソプラノ歌手ダニエル・ドゥ・ニースが“Meine Lippen, sie kussen so heiss”(私の口づけはかくも熱い)を歌ってそれを見せてくれます。曲はフランツ・レハールの「ジュディッタ」から、伴奏はイングリッド・サージェナーです。
8人のマヤ・バイザーによるチェロ合奏
20:30
2011/06/17
チェリストのマヤ・バイザーが、彼女自身の7人の分身たちとともに8声からなる見事な現代的練習曲を演奏し、ついで瞑想的な音楽と映像のハイブリッドへと移行して、テクノロジーによって力強い音の際限のない可能性を作り出します。曲はスティーヴ・ライヒの「チェロ・カウンターポイント」をビル・モリソンの映像で、デヴィッド・ラングの「ワールド・トゥ・カム」をイリット・バツリーの映像でご覧いただきます。
ロバート・グプタ、ジョシュア・ローマン: ヘンデルの主題によるパッサカリア
09:21
2011/05/27
ヴァイオリニストのロバート・グプタとチェリストのジョシュア・ローマンの演奏でハルヴォルセンの「ヴァイオリンとヴィオラのためのヘンデルの主題によるパッサカリア」をお聞きいただきます。ローマンはストラディバリウスのチェロでヴィオラのパートを弾いています。2人の音楽家が瞬間と瞬間をつなぎ合わせる姿(そしてハプニングをものともしない集中力)には強く訴えるものがあります。2人はTEDフェローであり、その深い絆がこの眩いばかりのデュエットに力を与えています。
クラロン・マクファダン: 歌声という原始の神秘
10:55
2011/03/26
「人間の声は神秘的で、自然発生的で、原始的である」という言葉とともにソプラノ歌手クラロン・マクファダンは我々を呼吸と歌う事の神秘的な探求に招待し、ジョン・ケージの「アリア」に挑戦します。
アーン・トリオ: ピアノ、バイオリン、チェロにおける現代的解釈
12:35
2011/02/26
チェロのマリア、ピアノのルシア、バイオリンのアンジェラのアーン三姉妹は、情熱的な音楽作りでピアノトリオに新たな命を吹き込んでいます。TEDWomenの聴衆を前に、デヴィッド・バラクリシュナンによる明るくはじけるような「スカイライフ」を弾き、次いでアストル・ピアソラの「オブリビオン」を美しく秘めやかに奏でます。
ベンジャミン・ザンダー: 音楽と情熱
20:44
2008/06/27
ベンジャミン・ザンダーは二つの伝染性の情熱を持っています:クラシック音楽そのものと、全ての人がクラシック音楽に対して持っている未開発の愛に目覚めさせることです。?そしてさらに、新しい可能性や、経験や、つながりについての未開発の愛に目覚めさせることも。