都市・交通

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ジェフ・スペック: 都市を歩きやすくするための4つの方法
自動車からの解放と都市のスプロール化(無秩序な拡大)からの解放、自分の町を歩き回る自由を!シティプランナーのジェフ・スペックが、6車線の幹線道路や200メートルの区画ブロックが無秩序に広がる都市を、自転車レーンや街路樹が並ぶ通りでできた安全で歩きやすいオアシスに変身させるための4つの原則「歩きやすさの一般論」を説明します。
ワニス・カバジ: 自動運転の世界とはどんなものか
もしも血管を流れる血液のように、交通が円滑に効率よく町中を流れるとしたらどうでしょう。交通マニアのワニス・カバジは、生物の特性にヒントを得て、未来の輸送システムをデザインできると考えています。この前向きな講演では、活力ある自動運転世界を現実のものにするのに役立つであろうモジュール着脱可能型のバス、空飛ぶタクシー、吊り下げ式のまゆ型乗り物のネットワークのような面白いコンセプトを垣間見ることができます。
トム・ヒューム: 近道から何が学べるか
どうすれば人々が本当に望まれる製品を作り上げられるのでしょうか?消費者にも開発に参加してもらいましょう。「顧客の要求に共感することこそが、事業を成功へと導く一番の指針となるでしょう」とデザイナーのトム・ヒュームは言います。彼はこの短いトークの中で、「ユーザー体験」とデザインとが交差するポイントについて、洞察力に満ちた3つの例を挙げています。そこには、人々が必要にかられて創り上げた近道である「デザイア・...
トラビス・カラニック: 車利用を劇的に効率化するUberのプラン
Uberは、渋滞や公害の削減という壮大な目標を初めから持っていたわけではありません。でも会社が成功するにつれて、共同設立者のトラビス・カラニックはこう思うようになりました。「同じ経路でUberを使う人たちが相乗りできるようにする方法はないだろうか?そうすれば運賃や二酸化炭素排出量を減らせるのに」。その結果が、Uberの自動車相乗りサービスuberPOOLです。このサービスは開始から8か月で、ロサンゼルスの路上から交通量を...
アリソン・キリング: 街に死者を葬る場所が足りなくなったらどうなるか
イギリスでは「自分で墓地を運営しようと思えば、できなくはない」と、アリソン・キリングは言います。彼女は、我々が死んでから埋められる場所について掘り下げて考えています。このトークでは、建築家でTEDフェローである彼女が、我々の市や町の中で見過ごされた場所である「墓地」について驚くような経済的、社会的な視点を提示します。そしてイギリスの法律を例に挙げながら、我々が埋葬される場所に関わる興味深く、時におかしく、...
ベン・ウェリントン: ビックデータを使ったNYCでの最悪な駐車場の見つけ方
市の各課は、都市生活を反映している多くのデータや統計にアクセスしています。しかし、データ分析者のベン・ウェリントンはこの面白いトークの中で、時としてそのデータを使ってやるべきことが分かっていないと示唆しています。ウェリントンは、予期せぬ質問とスマート・データ・クランチングを組み合わせると、不思議と役立つ洞察力が生じることを示し、大量のデータを公表することで誰でも使えるようになる秘訣を共有しています。
アレサンドラ・オロフィーノ: 自分達の街の問題は自分達で直しましょう
みんな政治離れがすすんでいると感じています。それが自分の街であってもです。しかし都市活動家のアレサンドラ・オロフィーノは、テクノロジーと昔ながらの人間のつながりを使えばそれを変えられると考えています。地元のリオデジャネイロの例を示し、「欲しいのは学校かそれとも駐車場か?リサイクル・プロジェクトかそれとも建設用地か?自家用車かそれともバスか?孤独かそれとも連帯か?それを決めるのは自分達である」と語ります。
ダン・バラシュ: ニューヨークシティの喧騒の下にある公園
ダン・バラシュとジェームス・ラムゼイにはニューヨークシティの下に、緑溢れる公園を造るというクレイジーな計画があります。二人は1948年以降放置された市街電車のターミナル駅を利用し、「ローライン」というフットボール競技場の大きさの地下公園を建設しています。地上の太陽光を捉え地下へ導き込む技術を駆使して作られるこの公園なら冬も市民は凍えることが無いでしょう。
アジザ・シャウニ: フェズ川復興とメディナの再生について
モロッコの世界遺産であり、中世の趣を残すフェズのメディナ(旧市街)を、フェズ川は迷路のように流れています。かつて、街の“魂”であったこの川も、1950年から現在まで少しずつ埋め立てられ、下水、公害で損なわれています。TEDフェローのアジザ・シャウニが、フェズ川の過去の栄光を取り戻すため、20年にわたる彼女のフェズ川と町の再生の過程をプレゼンします。
アマンダ・バーデン: 公共空間が都市を活かす
ニューヨーク市には800万人以上の人口がひしめき合っている。何がそれを可能にしているのだろうか?ひとつは市が誇る公共空間だ ― 小さな公園からウォーターフロントの遊歩道まで ― 人々が散歩を楽しみ遊べる場所。アマンダ・バーデンは、なんと動物行動学者としての経験を基に幾つかの最近の公共空間を設計した。彼女は公共空間を創る際の知られざる苦労やその大切さを語る。
テディー・クルズ: 建築のイノベーションはいかに国境を越えるか
世界の都市が爆発的成長を遂げる中、不平等が増大しています。豊かな地域と貧しいスラムが隣り合って成長し、両者の格差は拡大していきます。この目からウロコの話では、建築家のテディー・クルズが、草の根の視点から都市開発を再考しようと求めます。ティフアナのスラムからの知恵を共有しながら、クルスは、都市住民の創造的な知性を研究し、我々が貧困地域から何を学べるのか、新鮮な視点を提供してくれます。
ミック・コーネット: 肥満都市の100万ポンド減量法
中堅都市であるオクラホマシティーは、大きな問題を抱えていた。アメリカで最も肥満の多い都市の一つだったのだ。ミック・コーネット市長は、彼の町を働きやすく住みやすい素晴らしい場所にするには、より健康的にならなければならないと気づいた。オクラホマシティーに、合計100万ポンド(45万キロ)の減量をもたらした一連の変化を、彼はチャーミングな口調で、私達に丁寧に解説する。
トニー・グリフィン: デトロイト再建への新たなビジョン
かつて、アメリカの産業の原動力を担っていたデトロイトは、今では、信じられないほどの荒廃と崩壊、破産といったイメージが浸透してしまっている。しかし、シティープランナーのトニー・グリフィンは、70万人のデトロイト住民のために、起業して発展する未来をイメージし、再び見直して欲しいと、我々に提言する。
ローズ・ジョージ: あなたの知らない海運業界の内へ
私たちが所有し消費している、ほとんど総ての物は、コンテナ船に積まれ、一般にはほとんど知られていない海路と港の巨大ネットワークを旅して届きます。ジャーナリストのローズ・ジョージが、消費文明を支える海上輸送の世界の旅へとご案内します。
エンリケ・ペニャロサ: 何故バスが活きた民主主義の象徴なのか
「先進的な都市とは、貧しい人でも車を使う都市ではなく、むしろ、裕福な人でも公共交通を使う都市のことです」とエンリケ・ペニャロサは主張します。この魂のこもったトークで、ボゴタ市の前市長である彼は、コロンビアの首都において、交通手段の形を変えるために使った戦略を披露します...そして未来のスマートシティー建設についての考え方を提案します。
クリス・ダウニー: 目の不自由な人を思ってデザインすると
目の不自由な人たちのために都市をデザインすると、どんな街になるだろう?クリス・ダウニーは2008年に突然失明してしまった建築家。彼が愛するサンフランシスコの街を、盲目になる前となった後で比較し、盲目の彼の生活を豊かにする思いやりあるデザインが、実際には、盲目であるなしにかかわらず、全ての人たちの生活をどのように良くするものであるかを語ります。
ジェフ・スペック: 歩きやすい都市
郊外化に伴う問題はどう解決するべきでしょうか? 都市計画専門家であるジェフ・スペックは歩きやすく住み心地のよい町づくりで「排気ガスを吐き出し、非効率で人間の生命を脅かす人工機器」である自動車からの解放を訴えます。
ジャネット・サディク=カーン: ニューヨークの街路?もうそんなに意地悪じゃない
ジャネット・サディク=カーンは「交通局長の仕事とは、単に交通標識や信号機だけではありません」と話します。ジャネット・サディク=カーンがニューヨーク市の現職に任命されたのは2007年でした。面白くて刺激的な講演では、タイムズ・スクエアの歩行者専用スペースの増設やCiti Bikeの登場など、ニューヨーク市の5つの行政区において街路の様子を再形成するという成功を収めた戦略の舞台裏について紹介します。講演の最後に登場する...
エディ・ラマ: 色を使って街を取り戻す
街を美しくして、汚職に歯止めをかける。この一見単純な信条をもって、エディ・ラマは、アルバニアの首都ティラナの市長として、公共空間を美しく彩り、人々の誇りを育みました。市民を優先した彼の事業によって、犯罪が減少し、政治に希望をもってよいことを人々に示したのです。(TedxThessalonikiにて収録)
ファハド・アル=アティヤ: 水のない国が発展するには
豊富な資源を持ち合わせている国を想像してください -- 石油、ガス、太陽光、風、そして資金 -- しかし、「水」という、生命の維持に必要不可欠な要素がない国があります。インフラエンジニアの、ファハド・アル=アティヤ氏が、中東の小さな国、カタールでの水の供給を実現するための予想外の方法をご紹介します。
ジョナス・エリアソン: 交通渋滞の解消方法
ほとんどの大都市で交通渋滞が起こり、特にラッシュアワーには渋滞が避けられないのが現実です。ジョナス・エリアソンは、ごく一部のドライバーが混む道を通らないよう そっと仕向ける事によって、渋滞を解決する方法を紹介してくれます。 (TED Helvetia にて収録)
ケント・ラーソン: より多くの人が都市に居住するための優れたデザイン
どうすればもっと多くの人々が過密にならずに、都市で暮らすことができるでしょうか。ケント・ラーソンは、折り畳み式の車、間取りが簡単に変更できるアパートや、その他の発明を紹介しながら、未来の都市がまるで昔の小さな村のように機能する様子を語ります。
エドゥアルド・パエス: 都市の4つのポイント
リオデジャネイロ市長のエドゥアルド・パエス。650万人が住む無秩序で、複雑、そして美しいこの都市をどのように導いてきたのか。リオそして未来の全ての都市を導く4つのポイントを示す。
アレックス・ステッフェン: 共有可能な都市の未来
どうすれば都市が未来を救うことができるのか?車で出かけなくとも欲しい物や必要な物を手に入れる地域基盤によるグリーン・プロジェクトについてアレックス・ステッフェンが語ります。
ジェフリー・ウェスト: 都市および組織の意外な数学的法則
物理学者ジェフリー・ウェストは、シンプルな数学的な法則が都市の特徴を支配していることを発見しました。都市の富、犯罪率、住民が歩くスピード、その他様々な都市に関する特色が、たった一つの数字から推論することができるということです。この数字とは人口です。この思いもよらないTEDGlobalのプレゼンテーションでは、ジェフリー・ウェストはこの方程式の構造を明らかにして、同じ法則が生物や組織にも当てはまる事を説明します。
ロバート・ハモンド: 空中庭園の設立
ニューヨークのマンハッタンにある使用されなくなっていたハイラインと呼ばれる高架鉄道の取り壊し計画に対して、ロバート・ハモンドと彼の友人数名はある提案をしました。「これを庭園にするのはどうだろうか?」ロバートが、この提案がどのように地域の文化的活性化を実現したのかを語ります。
ビル・フォード: 交通渋滞の無い世界
ビル・フォードは車を愛しています。曾祖父がヘンリー・フォードであり自身もフォード社で育ったのですから。だからこそ彼の環境問題や世界的に増えつつある交通渋滞についての認識は傾聴に値します。彼のビジョンは「賢い道路」に留まらず環境に優しい「賢い交通機関」にまで及びます。
ケイト・オルフ: ニューヨークの川を牡蠣で蘇らせる!
建築家ケイト・オルフは牡蠣が都市変化の要因になると見ている。牡蠣は都市の河川へ沈められると、汚染物質を吸収し、とてつもなく汚かった水をきれいにしてくれる--だからオルフは"oyster-tecture"の改革をさらに進めているのだ。オルフは自然と人間、双方に有益な両者を結び付ける都市の地形に対する自分の考えを発信する。
ギャリー・ローダー: 新たな交通標識、交互に
50%の交通事故が交差点で発生しています。ギャリー・ローダーがドライバーががよりスムーズに運転できるよう素晴しいが簡単なアイディアを共有します:”止まれ”と”譲れ”の性質を融合させた新たな交通標識--そして心ある運転手になって下さい。
ジェフ・スペック: 都市を歩きやすくするための4つの方法
18:37
2017/03/02
自動車からの解放と都市のスプロール化(無秩序な拡大)からの解放、自分の町を歩き回る自由を!シティプランナーのジェフ・スペックが、6車線の幹線道路や200メートルの区画ブロックが無秩序に広がる都市を、自転車レーンや街路樹が並ぶ通りでできた安全で歩きやすいオアシスに変身させるための4つの原則「歩きやすさの一般論」を説明します。
ワニス・カバジ: 自動運転の世界とはどんなものか
11:31
2016/11/15
もしも血管を流れる血液のように、交通が円滑に効率よく町中を流れるとしたらどうでしょう。交通マニアのワニス・カバジは、生物の特性にヒントを得て、未来の輸送システムをデザインできると考えています。この前向きな講演では、活力ある自動運転世界を現実のものにするのに役立つであろうモジュール着脱可能型のバス、空飛ぶタクシー、吊り下げ式のまゆ型乗り物のネットワークのような面白いコンセプトを垣間見ることができます。
トム・ヒューム: 近道から何が学べるか
07:20
2016/07/21
どうすれば人々が本当に望まれる製品を作り上げられるのでしょうか?消費者にも開発に参加してもらいましょう。「顧客の要求に共感することこそが、事業を成功へと導く一番の指針となるでしょう」とデザイナーのトム・ヒュームは言います。彼はこの短いトークの中で、「ユーザー体験」とデザインとが交差するポイントについて、洞察力に満ちた3つの例を挙げています。そこには、人々が必要にかられて創り上げた近道である「デザイア・パス」があるのです。一度「デザイア・パス」の見つけ方がわかると、それが至る所にあるということ気づくでしょう。
トラビス・カラニック: 車利用を劇的に効率化するUberのプラン
19:18
2016/03/25
Uberは、渋滞や公害の削減という壮大な目標を初めから持っていたわけではありません。でも会社が成功するにつれて、共同設立者のトラビス・カラニックはこう思うようになりました。「同じ経路でUberを使う人たちが相乗りできるようにする方法はないだろうか?そうすれば運賃や二酸化炭素排出量を減らせるのに」。その結果が、Uberの自動車相乗りサービスuberPOOLです。このサービスは開始から8か月で、ロサンゼルスの路上から交通量を走行距離にして1,270万キロ分減らし、大気から二酸化炭素を1,400トン削減しました。相乗りは郊外からの通勤にも有効たり得るとカラニックは言います。「現在我々が既に手にしている技術と、もっと賢明な規制さえあれば、すべての車を共用車に変え、街を取り戻せます。それも今日から」
アリソン・キリング: 街に死者を葬る場所が足りなくなったらどうなるか
08:49
2016/01/15
イギリスでは「自分で墓地を運営しようと思えば、できなくはない」と、アリソン・キリングは言います。彼女は、我々が死んでから埋められる場所について掘り下げて考えています。このトークでは、建築家でTEDフェローである彼女が、我々の市や町の中で見過ごされた場所である「墓地」について驚くような経済的、社会的な視点を提示します。そしてイギリスの法律を例に挙げながら、我々が埋葬される場所に関わる興味深く、時におかしく、矛盾しがちな法律について解説します。
ベン・ウェリントン: ビックデータを使ったNYCでの最悪な駐車場の見つけ方
11:52
2015/02/26
市の各課は、都市生活を反映している多くのデータや統計にアクセスしています。しかし、データ分析者のベン・ウェリントンはこの面白いトークの中で、時としてそのデータを使ってやるべきことが分かっていないと示唆しています。ウェリントンは、予期せぬ質問とスマート・データ・クランチングを組み合わせると、不思議と役立つ洞察力が生じることを示し、大量のデータを公表することで誰でも使えるようになる秘訣を共有しています。
アレサンドラ・オロフィーノ: 自分達の街の問題は自分達で直しましょう
15:19
2014/11/03
みんな政治離れがすすんでいると感じています。それが自分の街であってもです。しかし都市活動家のアレサンドラ・オロフィーノは、テクノロジーと昔ながらの人間のつながりを使えばそれを変えられると考えています。地元のリオデジャネイロの例を示し、「欲しいのは学校かそれとも駐車場か?リサイクル・プロジェクトかそれとも建設用地か?自家用車かそれともバスか?孤独かそれとも連帯か?それを決めるのは自分達である」と語ります。
ダン・バラシュ: ニューヨークシティの喧騒の下にある公園
06:21
2014/09/10
ダン・バラシュとジェームス・ラムゼイにはニューヨークシティの下に、緑溢れる公園を造るというクレイジーな計画があります。二人は1948年以降放置された市街電車のターミナル駅を利用し、「ローライン」というフットボール競技場の大きさの地下公園を建設しています。地上の太陽光を捉え地下へ導き込む技術を駆使して作られるこの公園なら冬も市民は凍えることが無いでしょう。
アジザ・シャウニ: フェズ川復興とメディナの再生について
05:43
2014/08/19
モロッコの世界遺産であり、中世の趣を残すフェズのメディナ(旧市街)を、フェズ川は迷路のように流れています。かつて、街の“魂”であったこの川も、1950年から現在まで少しずつ埋め立てられ、下水、公害で損なわれています。TEDフェローのアジザ・シャウニが、フェズ川の過去の栄光を取り戻すため、20年にわたる彼女のフェズ川と町の再生の過程をプレゼンします。
アマンダ・バーデン: 公共空間が都市を活かす
18:28
2014/04/07
ニューヨーク市には800万人以上の人口がひしめき合っている。何がそれを可能にしているのだろうか?ひとつは市が誇る公共空間だ ― 小さな公園からウォーターフロントの遊歩道まで ― 人々が散歩を楽しみ遊べる場所。アマンダ・バーデンは、なんと動物行動学者としての経験を基に幾つかの最近の公共空間を設計した。彼女は公共空間を創る際の知られざる苦労やその大切さを語る。
テディー・クルズ: 建築のイノベーションはいかに国境を越えるか
13:14
2014/02/05
世界の都市が爆発的成長を遂げる中、不平等が増大しています。豊かな地域と貧しいスラムが隣り合って成長し、両者の格差は拡大していきます。この目からウロコの話では、建築家のテディー・クルズが、草の根の視点から都市開発を再考しようと求めます。ティフアナのスラムからの知恵を共有しながら、クルスは、都市住民の創造的な知性を研究し、我々が貧困地域から何を学べるのか、新鮮な視点を提供してくれます。
ミック・コーネット: 肥満都市の100万ポンド減量法
15:15
2014/01/02
中堅都市であるオクラホマシティーは、大きな問題を抱えていた。アメリカで最も肥満の多い都市の一つだったのだ。ミック・コーネット市長は、彼の町を働きやすく住みやすい素晴らしい場所にするには、より健康的にならなければならないと気づいた。オクラホマシティーに、合計100万ポンド(45万キロ)の減量をもたらした一連の変化を、彼はチャーミングな口調で、私達に丁寧に解説する。
トニー・グリフィン: デトロイト再建への新たなビジョン
11:46
2013/12/16
かつて、アメリカの産業の原動力を担っていたデトロイトは、今では、信じられないほどの荒廃と崩壊、破産といったイメージが浸透してしまっている。しかし、シティープランナーのトニー・グリフィンは、70万人のデトロイト住民のために、起業して発展する未来をイメージし、再び見直して欲しいと、我々に提言する。
ローズ・ジョージ: あなたの知らない海運業界の内へ
11:24
2013/12/13
私たちが所有し消費している、ほとんど総ての物は、コンテナ船に積まれ、一般にはほとんど知られていない海路と港の巨大ネットワークを旅して届きます。ジャーナリストのローズ・ジョージが、消費文明を支える海上輸送の世界の旅へとご案内します。
エンリケ・ペニャロサ: 何故バスが活きた民主主義の象徴なのか
14:17
2013/12/06
「先進的な都市とは、貧しい人でも車を使う都市ではなく、むしろ、裕福な人でも公共交通を使う都市のことです」とエンリケ・ペニャロサは主張します。この魂のこもったトークで、ボゴタ市の前市長である彼は、コロンビアの首都において、交通手段の形を変えるために使った戦略を披露します...そして未来のスマートシティー建設についての考え方を提案します。
クリス・ダウニー: 目の不自由な人を思ってデザインすると
11:41
2013/11/12
目の不自由な人たちのために都市をデザインすると、どんな街になるだろう?クリス・ダウニーは2008年に突然失明してしまった建築家。彼が愛するサンフランシスコの街を、盲目になる前となった後で比較し、盲目の彼の生活を豊かにする思いやりあるデザインが、実際には、盲目であるなしにかかわらず、全ての人たちの生活をどのように良くするものであるかを語ります。
ジェフ・スペック: 歩きやすい都市
16:57
2013/10/14
郊外化に伴う問題はどう解決するべきでしょうか? 都市計画専門家であるジェフ・スペックは歩きやすく住み心地のよい町づくりで「排気ガスを吐き出し、非効率で人間の生命を脅かす人工機器」である自動車からの解放を訴えます。
ジャネット・サディク=カーン: ニューヨークの街路?もうそんなに意地悪じゃない
14:03
2013/10/08
ジャネット・サディク=カーンは「交通局長の仕事とは、単に交通標識や信号機だけではありません」と話します。ジャネット・サディク=カーンがニューヨーク市の現職に任命されたのは2007年でした。面白くて刺激的な講演では、タイムズ・スクエアの歩行者専用スペースの増設やCiti Bikeの登場など、ニューヨーク市の5つの行政区において街路の様子を再形成するという成功を収めた戦略の舞台裏について紹介します。講演の最後に登場する特別ゲストにご注目ください。
エディ・ラマ: 色を使って街を取り戻す
15:42
2013/02/12
街を美しくして、汚職に歯止めをかける。この一見単純な信条をもって、エディ・ラマは、アルバニアの首都ティラナの市長として、公共空間を美しく彩り、人々の誇りを育みました。市民を優先した彼の事業によって、犯罪が減少し、政治に希望をもってよいことを人々に示したのです。(TedxThessalonikiにて収録)
ファハド・アル=アティヤ: 水のない国が発展するには
08:47
2013/01/31
豊富な資源を持ち合わせている国を想像してください -- 石油、ガス、太陽光、風、そして資金 -- しかし、「水」という、生命の維持に必要不可欠な要素がない国があります。インフラエンジニアの、ファハド・アル=アティヤ氏が、中東の小さな国、カタールでの水の供給を実現するための予想外の方法をご紹介します。
ジョナス・エリアソン: 交通渋滞の解消方法
08:28
2012/11/27
ほとんどの大都市で交通渋滞が起こり、特にラッシュアワーには渋滞が避けられないのが現実です。ジョナス・エリアソンは、ごく一部のドライバーが混む道を通らないよう そっと仕向ける事によって、渋滞を解決する方法を紹介してくれます。 (TED Helvetia にて収録)
ケント・ラーソン: より多くの人が都市に居住するための優れたデザイン
16:42
2012/09/09
どうすればもっと多くの人々が過密にならずに、都市で暮らすことができるでしょうか。ケント・ラーソンは、折り畳み式の車、間取りが簡単に変更できるアパートや、その他の発明を紹介しながら、未来の都市がまるで昔の小さな村のように機能する様子を語ります。
エドゥアルド・パエス: 都市の4つのポイント
12:21
2012/04/26
リオデジャネイロ市長のエドゥアルド・パエス。650万人が住む無秩序で、複雑、そして美しいこの都市をどのように導いてきたのか。リオそして未来の全ての都市を導く4つのポイントを示す。
アレックス・ステッフェン: 共有可能な都市の未来
10:14
2011/08/08
どうすれば都市が未来を救うことができるのか?車で出かけなくとも欲しい物や必要な物を手に入れる地域基盤によるグリーン・プロジェクトについてアレックス・ステッフェンが語ります。
ジェフリー・ウェスト: 都市および組織の意外な数学的法則
17:34
2011/07/26
物理学者ジェフリー・ウェストは、シンプルな数学的な法則が都市の特徴を支配していることを発見しました。都市の富、犯罪率、住民が歩くスピード、その他様々な都市に関する特色が、たった一つの数字から推論することができるということです。この数字とは人口です。この思いもよらないTEDGlobalのプレゼンテーションでは、ジェフリー・ウェストはこの方程式の構造を明らかにして、同じ法則が生物や組織にも当てはまる事を説明します。
ロバート・ハモンド: 空中庭園の設立
05:42
2011/07/01
ニューヨークのマンハッタンにある使用されなくなっていたハイラインと呼ばれる高架鉄道の取り壊し計画に対して、ロバート・ハモンドと彼の友人数名はある提案をしました。「これを庭園にするのはどうだろうか?」ロバートが、この提案がどのように地域の文化的活性化を実現したのかを語ります。
ビル・フォード: 交通渋滞の無い世界
16:49
2011/06/20
ビル・フォードは車を愛しています。曾祖父がヘンリー・フォードであり自身もフォード社で育ったのですから。だからこそ彼の環境問題や世界的に増えつつある交通渋滞についての認識は傾聴に値します。彼のビジョンは「賢い道路」に留まらず環境に優しい「賢い交通機関」にまで及びます。
ケイト・オルフ: ニューヨークの川を牡蠣で蘇らせる!
10:08
2011/01/31
建築家ケイト・オルフは牡蠣が都市変化の要因になると見ている。牡蠣は都市の河川へ沈められると、汚染物質を吸収し、とてつもなく汚かった水をきれいにしてくれる--だからオルフは"oyster-tecture"の改革をさらに進めているのだ。オルフは自然と人間、双方に有益な両者を結び付ける都市の地形に対する自分の考えを発信する。
ギャリー・ローダー: 新たな交通標識、交互に
04:55
2010/03/09
50%の交通事故が交差点で発生しています。ギャリー・ローダーがドライバーががよりスムーズに運転できるよう素晴しいが簡単なアイディアを共有します:”止まれ”と”譲れ”の性質を融合させた新たな交通標識--そして心ある運転手になって下さい。