がん

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
アダム・デ・ラ・ゼルダ: がんとの戦いに勝利するために我々が始めた方法
スタンフォード大の研究者であるアダム・デ・ラ・ゼルダから、がんに対する最新技術について聞いてみましょう。彼は、自ら最先端技術の開発を手掛けています。彼の研究室では、体内に注入されたがんを識別する金の微粒子を描出する素晴らしいイメージング技術を確立しようとしています。この技術で、命にかかわる腫瘍は、極小サイズでも全てを、外科医が摘出できるようにすることを目指しています。
ローラ・インドルフィ: 膵臓がん患者への吉報
膵臓がんは、他に何の健康の問題もない人ですら罹る事のある病気です。愛する人を膵臓がんで亡した人なら誰でも、この病気が如何に衝撃的な早さで進行するかご存知でしょう。TEDフェローでバイオ物医療起業家であるローラ・インドルフィは、この複雑で致命的な病気の、革新的な治療技術の開発に携わっています。腫瘍を封じ込め、転移を防ぎ、薬を腫瘍に直接投与するという画期的なデバイスを紹介しながら、「いつか、膵臓がんを治せるよ...
サンギータ・バティア: 体内で腫瘍を見つけ出すミクロの粒子
もし、高価な検査施設や安定した電気の供給が無くても、悪性腫瘍を何年も前に見つけることができたらどうでしょう?医師、生体工学研究者、そして起業家の顔を持つサンギータ・バティアは、数々の学問領域を横断する研究室を率いて、人間の疾患を理解し、診断し、治療する革新的な方法を探しています。癌による死の3分の2は完全に予防可能であり、彼女の目標は、それを防ぐことだと言います。バティアが複雑なナノ粒子科学をずば抜け...
ポーラ・ハモンド: 癌との闘いに新たな強力な武器を
癌は非常に賢く、順応性の高い病気です。医学研究者であり教育者でもあるポーラ・ハモンドは、癌を倒すために、私たちは新たに強力な攻撃手法を必要としていると語ります。ハモンドがMITの同僚達と共に研究しているのは、悪性度が高く薬剤耐性のある癌も治療が可能な、人間の髪の毛の百分の一サイズの「ナノ粒子」を分子レベルで操作する手法。この特殊な分子武器についてもっと学び、私たち皆に影響を与え得る病気と闘う、ハモンドの冒...
サルヴァトーレ・ヤコネッシ: がん治療をオープンソースで公募したら・・・
脳腫瘍と診断されたサルヴァトーレ・ヤコネッシは、受け身な患者 ― 彼自身の定義では「待つだけの人」 ― でいることを拒否。脳スキャン画像をハッキングして手に入れ、インターネットで公開し、世界中あらゆる場所から治療法を公募したところ、医療アドバイスからアート、音楽、心理的サポートまで、何と50万人を超える人々の協力が寄せられたのでした。
タル・ダニノ: 細菌を使ってガンの早期発見と治療を
合成生物学者のタル・ダニノは、最も発見が難しいガンの1つ肝臓ガンに関して、主流から離れた考えを持っています。それは、プログラムされた細菌の内服で、肝臓ガンを検出できるようにするというものです。彼は、細菌に関して私たちがやっと理解し始めた事を用いています。クオラムセンシングでの細菌の効力、また、一旦、細菌濃度が臨界値に達すると、細菌が協働し合う性質を利用することです。TEDフェローのダニノは、クオラムセンシ...
ホルヘ・ソト: 早期癌検出の将来は?
ホルヘ・ソトは、科学者と技術者達から成るチームと共に、様々な癌の初期の兆候を捉えるために、オープンソースで、シンプルであり非侵襲的な検出方法を生み出しました。TEDGlobal 2014のステージで、このモバイル・プラットフォームの実用モデルを初めて披露します。
ジャック・アンドレイカ: 有望な膵臓がん検査 ― ティーンエージャーが開発
85%以上もの膵臓がんが2%未満の生存率しかない手遅れの状態で発見されます。なぜこんなことになるのか? ジャック・アンドレイカが、膵臓がんの早期発見を可能にする有望な方法を開発した過程を語ります。超安価、効果的、かつ侵襲性の低い方法を、なんと16歳の誕生日を迎える前に作り出しました。
ミナ・ビッセル: 癌の新しい理解につながる実験
乳癌研究者のミナ・ビッセルは、癌細胞はどれもが腫瘍になるのではなく 周囲の環境(微小環境)の送る信号によって腫瘍化が左右されると信じ、この画期的な考えを証明するための研究を数十年に渡って続けてきました。癌の増殖に対する定説の間違いを示した二つの実験について話します。
ビル・ドイル: 電場を使って癌を治療する
癌の治療で最もよく知られた方法と言えば、手術、化学療法、放射線療法ですが、 TEDMEDで、ビル・ドイルが瘍治療電場(TTF)と呼ばれる電場を使用して癌細胞の分裂を遮る新しい治療手段を紹介します。開発はまだ初期段階で、特定の種類の癌の治療にしか承認されていませんが、この治療法にはQOLを損なわない大きな利点があります。
ジェイ・ブラッドナー: 癌研究のオープンソース化
癌細胞は、自身が癌細胞であることをどうやって記憶するのか。ジェイ・ブラッドナーの研究室では、この問いの鍵を握るJQ1という化合物を見つけました。そして、特許を取得する代わりに、研究を進めるために、研究成果と化合物のサンプルを40の研究施設と共有しました。オープンソース手法を活用した医学研究の将来を、ここに垣間見ます。
エリザベス・マーチソン: 感染性のガンと闘う
タスマニアデビルの大量死の原因とは?何千ものタスマニアデビルが悪性のガンにかかっています。他のガンとは異なり、これは感染性のガンなのです。研究者のエリザベス・マーチソンが、タスマニアデビルを救うためどのように奮闘しているのか、またこの特別なガンについての新発見をお話します。(刺激の強い、顔にできたガンの画像を含みます。)
ダニー・ヒリス: プロテオミクスによって癌を理解する
ダニー・ヒリスが癌研究における次の分野、身体のタンパク質の研究であるプロテオミクスについて論証します。ゲノミクスが身体を構成する材料を記載するものである一方、プロテオミクスはこれらの材料で何が生成されているか示すとヒリスは説明します。体内で起こっていることをタンパク質のレベルで理解すれば、癌がどのように発症するかを理解する手がかりになるかもしれません。
デボラ・ローズ:乳腺腫瘍を3倍も発見できるツール、そしてそれを一般に使用できない理由
物理学者グループと共にデボラ・ローズ博士は、高濃度の乳腺組織を持つ女性にとって、腫瘍の発見に、従来のマンモグラムより3倍も効果がある新しいツールを開発した。このツールによる救命の可能性は相当なものである。ではなぜ一般には知らされていないのだろう?ローズ博士はツールの作成の裏話、一般使用を妨げる政略および経済の絡みについてを語る。
ウィリアム・リー: 癌が消滅する食し方
ウィリアム・リーが、ガンの新しい治療方法を披露します。その方法とは血管新生と呼ばれる、腫瘍を肥大させる血管をターゲットにしています。きわめて重要な第一ステップは、進行するガンを食い止める抗ガン作用のある食品を食べることです。
デイビット・アガス: がんとの戦いへの新しい戦略
デイビット・アガスは従来のがん治療は個々の細胞を攻撃することに焦点をあてた視野の狭いアプローチだったと説明する。そして、今までになかった薬やコンピューター・モデリング、タンパク質の解析などを活用し分野を超えて体全体を分析し治療する新しいアプローチを提案する。
アダム・デ・ラ・ゼルダ: がんとの戦いに勝利するために我々が始めた方法
12:42
2016/10/26
スタンフォード大の研究者であるアダム・デ・ラ・ゼルダから、がんに対する最新技術について聞いてみましょう。彼は、自ら最先端技術の開発を手掛けています。彼の研究室では、体内に注入されたがんを識別する金の微粒子を描出する素晴らしいイメージング技術を確立しようとしています。この技術で、命にかかわる腫瘍は、極小サイズでも全てを、外科医が摘出できるようにすることを目指しています。
ローラ・インドルフィ: 膵臓がん患者への吉報
06:03
2016/06/09
膵臓がんは、他に何の健康の問題もない人ですら罹る事のある病気です。愛する人を膵臓がんで亡した人なら誰でも、この病気が如何に衝撃的な早さで進行するかご存知でしょう。TEDフェローでバイオ物医療起業家であるローラ・インドルフィは、この複雑で致命的な病気の、革新的な治療技術の開発に携わっています。腫瘍を封じ込め、転移を防ぎ、薬を腫瘍に直接投与するという画期的なデバイスを紹介しながら、「いつか、膵臓がんを治せるようにしたいと願っている」とインドルフィは語ります。
サンギータ・バティア: 体内で腫瘍を見つけ出すミクロの粒子
10:43
2016/06/07
もし、高価な検査施設や安定した電気の供給が無くても、悪性腫瘍を何年も前に見つけることができたらどうでしょう?医師、生体工学研究者、そして起業家の顔を持つサンギータ・バティアは、数々の学問領域を横断する研究室を率いて、人間の疾患を理解し、診断し、治療する革新的な方法を探しています。癌による死の3分の2は完全に予防可能であり、彼女の目標は、それを防ぐことだと言います。バティアが複雑なナノ粒子科学をずば抜けた明晰さで解説し、何百万もの命を救うであろう革新的な癌検診法について語ります。
ポーラ・ハモンド: 癌との闘いに新たな強力な武器を
10:42
2016/05/06
癌は非常に賢く、順応性の高い病気です。医学研究者であり教育者でもあるポーラ・ハモンドは、癌を倒すために、私たちは新たに強力な攻撃手法を必要としていると語ります。ハモンドがMITの同僚達と共に研究しているのは、悪性度が高く薬剤耐性のある癌も治療が可能な、人間の髪の毛の百分の一サイズの「ナノ粒子」を分子レベルで操作する手法。この特殊な分子武器についてもっと学び、私たち皆に影響を与え得る病気と闘う、ハモンドの冒険の旅へ加わってみましょう。
サルヴァトーレ・ヤコネッシ: がん治療をオープンソースで公募したら・・・
10:52
2015/07/16
脳腫瘍と診断されたサルヴァトーレ・ヤコネッシは、受け身な患者 ― 彼自身の定義では「待つだけの人」 ― でいることを拒否。脳スキャン画像をハッキングして手に入れ、インターネットで公開し、世界中あらゆる場所から治療法を公募したところ、医療アドバイスからアート、音楽、心理的サポートまで、何と50万人を超える人々の協力が寄せられたのでした。
タル・ダニノ: 細菌を使ってガンの早期発見と治療を
04:11
2015/05/07
合成生物学者のタル・ダニノは、最も発見が難しいガンの1つ肝臓ガンに関して、主流から離れた考えを持っています。それは、プログラムされた細菌の内服で、肝臓ガンを検出できるようにするというものです。彼は、細菌に関して私たちがやっと理解し始めた事を用いています。クオラムセンシングでの細菌の効力、また、一旦、細菌濃度が臨界値に達すると、細菌が協働し合う性質を利用することです。TEDフェローのダニノは、クオラムセンシングがどのように働くのかを説明し、細菌が巧妙に相互作用する性質を利用する事で、ガン治療を変える日が来るだろうと語ります。
ホルヘ・ソト: 早期癌検出の将来は?
11:21
2014/10/15
ホルヘ・ソトは、科学者と技術者達から成るチームと共に、様々な癌の初期の兆候を捉えるために、オープンソースで、シンプルであり非侵襲的な検出方法を生み出しました。TEDGlobal 2014のステージで、このモバイル・プラットフォームの実用モデルを初めて披露します。
ジャック・アンドレイカ: 有望な膵臓がん検査 ― ティーンエージャーが開発
10:50
2013/07/11
85%以上もの膵臓がんが2%未満の生存率しかない手遅れの状態で発見されます。なぜこんなことになるのか? ジャック・アンドレイカが、膵臓がんの早期発見を可能にする有望な方法を開発した過程を語ります。超安価、効果的、かつ侵襲性の低い方法を、なんと16歳の誕生日を迎える前に作り出しました。
ミナ・ビッセル: 癌の新しい理解につながる実験
16:18
2012/07/16
乳癌研究者のミナ・ビッセルは、癌細胞はどれもが腫瘍になるのではなく 周囲の環境(微小環境)の送る信号によって腫瘍化が左右されると信じ、この画期的な考えを証明するための研究を数十年に渡って続けてきました。癌の増殖に対する定説の間違いを示した二つの実験について話します。
ビル・ドイル: 電場を使って癌を治療する
15:36
2012/01/31
癌の治療で最もよく知られた方法と言えば、手術、化学療法、放射線療法ですが、 TEDMEDで、ビル・ドイルが瘍治療電場(TTF)と呼ばれる電場を使用して癌細胞の分裂を遮る新しい治療手段を紹介します。開発はまだ初期段階で、特定の種類の癌の治療にしか承認されていませんが、この治療法にはQOLを損なわない大きな利点があります。
ジェイ・ブラッドナー: 癌研究のオープンソース化
12:47
2011/10/27
癌細胞は、自身が癌細胞であることをどうやって記憶するのか。ジェイ・ブラッドナーの研究室では、この問いの鍵を握るJQ1という化合物を見つけました。そして、特許を取得する代わりに、研究を進めるために、研究成果と化合物のサンプルを40の研究施設と共有しました。オープンソース手法を活用した医学研究の将来を、ここに垣間見ます。
エリザベス・マーチソン: 感染性のガンと闘う
13:04
2011/09/22
タスマニアデビルの大量死の原因とは?何千ものタスマニアデビルが悪性のガンにかかっています。他のガンとは異なり、これは感染性のガンなのです。研究者のエリザベス・マーチソンが、タスマニアデビルを救うためどのように奮闘しているのか、またこの特別なガンについての新発見をお話します。(刺激の強い、顔にできたガンの画像を含みます。)
ダニー・ヒリス: プロテオミクスによって癌を理解する
19:56
2011/02/24
ダニー・ヒリスが癌研究における次の分野、身体のタンパク質の研究であるプロテオミクスについて論証します。ゲノミクスが身体を構成する材料を記載するものである一方、プロテオミクスはこれらの材料で何が生成されているか示すとヒリスは説明します。体内で起こっていることをタンパク質のレベルで理解すれば、癌がどのように発症するかを理解する手がかりになるかもしれません。
デボラ・ローズ:乳腺腫瘍を3倍も発見できるツール、そしてそれを一般に使用できない理由
21:40
2011/01/06
物理学者グループと共にデボラ・ローズ博士は、高濃度の乳腺組織を持つ女性にとって、腫瘍の発見に、従来のマンモグラムより3倍も効果がある新しいツールを開発した。このツールによる救命の可能性は相当なものである。ではなぜ一般には知らされていないのだろう?ローズ博士はツールの作成の裏話、一般使用を妨げる政略および経済の絡みについてを語る。
ウィリアム・リー: 癌が消滅する食し方
24:11
2010/05/17
ウィリアム・リーが、ガンの新しい治療方法を披露します。その方法とは血管新生と呼ばれる、腫瘍を肥大させる血管をターゲットにしています。きわめて重要な第一ステップは、進行するガンを食い止める抗ガン作用のある食品を食べることです。
デイビット・アガス: がんとの戦いへの新しい戦略
23:44
2010/02/04
デイビット・アガスは従来のがん治療は個々の細胞を攻撃することに焦点をあてた視野の狭いアプローチだったと説明する。そして、今までになかった薬やコンピューター・モデリング、タンパク質の解析などを活用し分野を超えて体全体を分析し治療する新しいアプローチを提案する。