ブログ

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
ポール・トラズナー: 私が66歳で起業したわけ
「自分を再発見するのに遅すぎることはない」 ポール・トラズナーはそう言います。彼は 40年間会社で働いた後、経験と情熱に仕事へのアイデアを組み合わせて、66歳で会社を立ち上げました。でも、トラズナーは1人ではありません。このユーモラスで意欲を高める短いトークで、起業家魂に火がついた高齢者が増えて、大きな成功を手にしていることを話します。
ジャ・ジャン: 100日間拒絶チャレンジで学んだこと
ジャ・ジャンが果敢に挑むのは、私たちの多くが尻込みする領域「拒絶」です。知らない人に100ドル貸してと頼むことに始まって、果てはレストランで「ハンバーガーのお代わり無料サービス」をお願いするなど、100日間拒絶されるという挑戦を行うことで、ジャ・ジャンは、拒絶されたときに起こりがちな精神的な苦痛や恥ずかしさに対する免疫を身につけました。そしてその過程で、自分の希望をただ伝えることで、絶対に無理と思える状況に...
キオ・スターク: 知らない人と話すべき理由
見知らぬ人と話すとき、日常の変わらない物語の中に素晴らしい小休止を作り出すことができると、キオ・スタークは言います。この心地の良い講演でスタークは、見知らぬ人に対する気まずさを捨て、つかの間ではあっても深く美しい心の繋がる瞬間を楽しむという見落とされがちな価値を探ります。
ティム・アーバン: 先延ばし魔の頭の中はどうなっているか
ティム・アーバンは、先延ばしが理にかなっていないのは分かっていても、間際になるまで始めない癖をどうすることもできませんでした。この可笑しくも洞察に満ちた講演でアーバンは、YouTubeへの耽溺から、Wikipediaの迷路、窓の外を眺めたくなる発作を巡りつつ、自分が本当に先延ばししているものが何なのか真剣に考えるように勧めています ― 時間切れになってしまう前に。
カレ・アンダーソン: チャンスを生み出す人になろう
私たちの誰もが、自らの能力を生かして、人生で有意義なことをしたいと願っています。でも、どうやったら始められるのでしょうか?(そして、もしあなたがシャイならどうしますか?)作家のカレ・アンダーソンが長年患ってきた自身の内向性について告白し、周りの人たちの才能や情熱を生かす手伝いをすることで、どのように自分の世界を広げたのか語ります。
イサベル・アジェンデ: 情熱的に生きる方法 ― 年齢は無関係
作家のイサベル・アジェンデは71歳です。ええ、多少のシワはありますよ。でも彼女の考え方は素晴らしいのです。あらゆる年齢層の視聴者に向けられたこの率直なトークで、彼女は年を取ることへの不安と、情熱的な生き方を続ける意気込みを語ります。
ジャレット・クロザスカ: なぜ給食のおばさんがヒーローなのか
子供の本の作家であるジャレット・クロザスカは、ランチレディ・グラフィック小説シリーズの原作を作っています。その中で、秘密に包まれた学校のヒーローはランチを、そして正義を生み出しているのです!彼の新しいプロジェクトであるスクールランチ・ヒーロー・デーは、どんなに学校給食現場の職員が食事以上のものを与えてくれるのかを明らかにし、どんなに人ができる感謝が力強いものかを証明しています。
サラ・ルイス: 「あと一歩」を大事にしよう
美術史家のサラ・ルイスは、最初に就いた美術館での仕事中、ある芸術家の研究から重要なことに気づきました。それは、「すべての作品が完全な傑作というわけではない」ということです。彼女が私たちに問いかけるのは、私たちの人生における「ほぼ失敗」や「あと一歩」の役割です。成功や熟達の追求において私たちを突き動かしているのは、実はこの「あと一歩」なのでしょうか。
クリス・ハドフィールド: 宇宙で目が見えなくなり学んだ事は
宇宙飛行士の間ではこんな言い回しがあります。「どんなひどい問題でも、それ以上悪化しないとは言い切れない。」では危険で恐ろしい状況の複雑さやプレッシャーを、どう切り抜ければ良いのでしょう?退役したクリス・ハドフィールド大佐が宇宙での(そして人生での)最悪の状況への備え方を分かりやすく説明します?それはクモの巣に意図的に突っ込むことから始まるのです。最後にはすてきなギター演奏も披露します。
マヤ・ペン: 若き起業家、アニメ作家、デザイナー、そして活動家
マヤ・ペンは、8歳のときに初めて起業し、どうすればお客さん、そして地球のためになるか深く考えています。アニメーションあり、デザインあり、まわりも巻き込むようなエネルギーありのこの魅力的なトークで、彼女は自分の物語を聞かせてくれます。
マッケンナ・ポープ: 変化を起こすには-身近なところから
マッケンナ・ポープの弟は料理が大好き。しかし、イージー・ベイク・オーブンを使うかどうか悩んでいました。なぜなら、それは女の子向けのおもちゃだったからです。13歳のポープはインターネット上で署名活動を始め、米国の玩具会社ハズブロに対し、ピンクや紫などの色使いをやめ、テレビCMでも男の子を起用するよう訴えました。ポープは性別を選ばないおもちゃを誕生させた実例を挙げ、非力だと感じているすべての子供たちに行動を起...
ロビン・ネーグル: ニューヨーク市のゴミの中で見つけたもの
ニューヨーク市は毎日11000トンのゴミを排出しています。毎日ですよ。この驚くべき数字はロビン・ネーグルが清掃局で調査を始めた理由の一つにすぎません。ロビンは回収ルートを歩き、清掃機器を操作し、自分で清掃トラックも運転しました。そして、彼女は簡単なようで難しい疑問、「誰が私たちの代わりに清掃してくれるのか?」について答えてくれます。
ギャヴィン・プレイター=ピニー: 曇りの日こそ楽しもう
創造的な刺激を得るために旅を計画する必要はありません。ただ上を見て下さい。「雲を愛でる会」の設立者であるギャヴィン・プレイター=ピニーはそう語ります。自然が作り出した、大気の素晴らしい構造物の魅力的な写真を紹介したプレイター=ピニーは、終わることのないデジタルな仕事の手を止めて、寝転がって頭上の空にある美を堪能しようと呼び掛けます。
リサ・ブー: 読書で心が広がる
子どもの頃の夢が...叶わなかったとき、何をしますか? リサ・ブーはアメリカでの新しい生活に慣れるにつれて、視野を広げて彼女の新しい道を作るため、本に頼りました。本の魔法についての素敵な彼女自身の話を通し、読書へのユニークな向き合い方を紹介します。
ケン・ジェニングス: 「ワトソンとジェパティと私」雑学博士はもう古い?
雑学博士のケン・ジェニングス氏は、アメリカのクイズ番組『ジェパディ!』で最長優勝記録を持つ、「情報の倉庫」としてキャリアを築いた。しかし2011年、「ワトソン」と名付けられたスーパーコンピュータから挑戦を受け、敗北してしまった。ユーモアがあり謙虚な彼は、自分の得意分野でコンピュータに「叩きのめされる」のはどういう気分か、そして古き良き人類の知恵とは何かを語る。(TEDxSeattleUで撮影)
アマンダ・パーマー: “お願い”するということ
音楽にお金を出させるのではなく、払いたい人が払えるようにしてあげればいいんだとアマンダ・パーマーは言います。「2メートル半の花嫁 (!)」として帽子にお金を集めていたストリート・パフォーマー時代で始まる情熱的な語りを通して、彼女はアーティストとファンの新しい関係を考察しています。
ロニー・エドリー: イスラエルとイランの愛の物語(?)
イスラエルとイランの戦争が緊迫状態にある中、イスラエル人グラフィックデザイナーのロニー・エドリーは自分と娘が写ったポスター『イラン人の皆さん・・私たちはあなた方を愛しています』をフェイスブックでシェアします。他のイスラエル人もすぐに自分のポスターを同じメッセージで作ると、イラン人も同じやり方で返事をしてきたのです。シンプルな意思伝達が「イスラエルはイランを愛する」ページや「イランはイスラエルを愛する」...
スティーブン・アディス: 一枚一枚の写真で綴る父娘の絆
ずっと以前、とあるニューヨークの街角で、1歳の娘を抱えて立つスティーブン・アディスを妻がスナップ写真に収めました。それが父と娘の年中行事の始まりでした。アディスは娘といっしょに毎年同じ街角で同じ写真を撮り続けています。アディスはその宝物の写真15枚を見せながら、このささやかな行事の繰り返しがなぜ大きな意味を持つのかを語っています。
ハナ・ブランチャー: 他人に綴る愛のこもった手紙
ハナ・ブランチャーは母からいつも手書きの手紙をもらっていました。大学を卒業して極度の鬱に陥ったハナは自然と行動にでていました。見知らぬ人に愛を伝える手紙を書いて、街中に置いていったのです。ここからThe World Needs More Lover Letters(世界にもっと愛の込められた手紙を)という世界規模の団体ができあがり、後押しが必要な人々のもとに手書きの手紙を届けています。
パム・ワーハースト: 食べられる景色がある町づくり
空き地をどう使うべきか?もちろん、食べられる植物を植えて下さいとパム・ワーハーストは言います。地域のボランティアと共に空き地を野菜畑に変え、地元の食に対する意識まで変えてしまった彼女の、ユーモアたっぷりのエネルギッシュなトークをお聞き下さい。
ブレンダ・ブレスワイト: 理解する為のゲームという手段
複雑な悲劇を、人に伝えるのは簡単ではありません。娘が学校から帰ってきて奴隷制について尋ねた時、ゲームのデザイナー、ブレンダ・ブレスワイトは仕事でやっていることを家でやってみました。物語を理解させる事でゲームがもたらした驚くべき効果などについてTEDxPhoenixで語ります。(TEDxPhoenix)
ブリッタ・ライリー: アパートの菜園
ブリッタ・ライリーは、自分の小さなアパートで食べ物を育てたいと思い、使用済みのペットボトルを使った栽培システムを友人とともに作り上げました。彼女たちはソーシャルメディアを使ってシステムのリサーチ・実験・調整を行います。ソーシャルメディアの特性から同時期に様々なバリエーションを試作することができ、間もなく理想的な装置を作り上げました。これこそ分配型のDIYです。その結果は?「美味しい」ものでした。
マット・カッツ: 30日間チャレンジ
ずっとするつもりでいたこと、したいと思っていたことなのに、なかなかやれないでいることはありませんか?マット・カッツは試しに30日間だけやってみてはと言います。この短い軽妙な講演では、目標の設定と達成について考えるための素敵な方法が提案されています。
マーク・ベゾス: ボランティア消防士が語る人生の教え
ボランティア消防士のマーク・ベゾスが、勇敢な行為についての話を語ります。それは想像していたようなものとは違いましたが、彼にとって大きな教えとなりました。ヒーローになるには、待っていてはダメなのです。
デレク・シヴァーズ: 目標は人に言わずにおこう
素晴らしい計画を新しく思いついたとき、私たちが最初に考えるのはそれを誰かに話すということですが、目標は秘密にしておいた方が良いとデレク・シヴァーズは言います。彼は1920年代まで遡る研究を援用しながら、自分の野心について話すことはその実現の見込みを下げる可能性があることを示しています。
トム・ウージェック: 塔を建て、チームを作る
トム・ウージェックが「マシュマロ・チャレンジ」についての驚くほど詳しい研究を発表します。「マシュマロ・チャレンジ」とは、スパゲッティの乾麺、90センチのテープと一つのマシュマロを使って行われる単純なチーム・ビルディングの演習です。これらを使って一番高い塔を建てられるのは誰でしょう?なぜ驚くべきグループの人々がいつも平均以上の成績を残すのでしょう?
デレク・シヴァーズ: 「変? それとも違うだけ?」
「あらゆるものは別な見方ができる」とよく言いますが、それが思わぬところで当たっていることを、デレク・シヴァーズが2分間で示して見せてくれます。
ベッキー・ブラントン: 私のホームレス体験
ベッキー・ブラントンは、一年間バン暮らしながら旅をして回ろうと考えました。しかし鬱になり、フリーランスの職を失った時、彼女のキャンプ旅行はホームレス状態に変わりました。この個人的トークで、彼女は自分がアメリカのワーキングホームレスの一人になった時の体験を語ります。
サム・マーティン: 「男の空間」という癖のある世界
作家のサム・マーティンが様々なものに彩られた「男の空間」と言える癖のある趣味の世界の写真を披露してくれます(カスタマイズされた居住空間で、男が働き、くつろぎ、そして自分自身になることができるテリトリーです)。冷たいのを一杯おやり下さい。
ティム・フェリス: 恐怖に打ち勝って何でも学ぼう
生産性のカリスマ"、ティム・フェリスの楽しくて勇気を与えてくれるエピソードは、「これをやったら最悪どうなるか?」というシンプルな問いこそが、何事も習得する秘訣だと教えてくれる。
ポール・トラズナー: 私が66歳で起業したわけ
06:57
2017/11/02
「自分を再発見するのに遅すぎることはない」 ポール・トラズナーはそう言います。彼は 40年間会社で働いた後、経験と情熱に仕事へのアイデアを組み合わせて、66歳で会社を立ち上げました。でも、トラズナーは1人ではありません。このユーモラスで意欲を高める短いトークで、起業家魂に火がついた高齢者が増えて、大きな成功を手にしていることを話します。
ジャ・ジャン: 100日間拒絶チャレンジで学んだこと
15:31
2017/01/06
ジャ・ジャンが果敢に挑むのは、私たちの多くが尻込みする領域「拒絶」です。知らない人に100ドル貸してと頼むことに始まって、果てはレストランで「ハンバーガーのお代わり無料サービス」をお願いするなど、100日間拒絶されるという挑戦を行うことで、ジャ・ジャンは、拒絶されたときに起こりがちな精神的な苦痛や恥ずかしさに対する免疫を身につけました。そしてその過程で、自分の希望をただ伝えることで、絶対に無理と思える状況に可能性の扉を開くことができると気づいたのです。
キオ・スターク: 知らない人と話すべき理由
11:52
2016/09/23
見知らぬ人と話すとき、日常の変わらない物語の中に素晴らしい小休止を作り出すことができると、キオ・スタークは言います。この心地の良い講演でスタークは、見知らぬ人に対する気まずさを捨て、つかの間ではあっても深く美しい心の繋がる瞬間を楽しむという見落とされがちな価値を探ります。
ティム・アーバン: 先延ばし魔の頭の中はどうなっているか
14:03
2016/04/06
ティム・アーバンは、先延ばしが理にかなっていないのは分かっていても、間際になるまで始めない癖をどうすることもできませんでした。この可笑しくも洞察に満ちた講演でアーバンは、YouTubeへの耽溺から、Wikipediaの迷路、窓の外を眺めたくなる発作を巡りつつ、自分が本当に先延ばししているものが何なのか真剣に考えるように勧めています ― 時間切れになってしまう前に。
カレ・アンダーソン: チャンスを生み出す人になろう
09:50
2014/11/05
私たちの誰もが、自らの能力を生かして、人生で有意義なことをしたいと願っています。でも、どうやったら始められるのでしょうか?(そして、もしあなたがシャイならどうしますか?)作家のカレ・アンダーソンが長年患ってきた自身の内向性について告白し、周りの人たちの才能や情熱を生かす手伝いをすることで、どのように自分の世界を広げたのか語ります。
イサベル・アジェンデ: 情熱的に生きる方法 ― 年齢は無関係
08:20
2014/09/03
作家のイサベル・アジェンデは71歳です。ええ、多少のシワはありますよ。でも彼女の考え方は素晴らしいのです。あらゆる年齢層の視聴者に向けられたこの率直なトークで、彼女は年を取ることへの不安と、情熱的な生き方を続ける意気込みを語ります。
ジャレット・クロザスカ: なぜ給食のおばさんがヒーローなのか
05:24
2014/08/20
子供の本の作家であるジャレット・クロザスカは、ランチレディ・グラフィック小説シリーズの原作を作っています。その中で、秘密に包まれた学校のヒーローはランチを、そして正義を生み出しているのです!彼の新しいプロジェクトであるスクールランチ・ヒーロー・デーは、どんなに学校給食現場の職員が食事以上のものを与えてくれるのかを明らかにし、どんなに人ができる感謝が力強いものかを証明しています。
サラ・ルイス: 「あと一歩」を大事にしよう
11:41
2014/04/21
美術史家のサラ・ルイスは、最初に就いた美術館での仕事中、ある芸術家の研究から重要なことに気づきました。それは、「すべての作品が完全な傑作というわけではない」ということです。彼女が私たちに問いかけるのは、私たちの人生における「ほぼ失敗」や「あと一歩」の役割です。成功や熟達の追求において私たちを突き動かしているのは、実はこの「あと一歩」なのでしょうか。
クリス・ハドフィールド: 宇宙で目が見えなくなり学んだ事は
18:21
2014/03/19
宇宙飛行士の間ではこんな言い回しがあります。「どんなひどい問題でも、それ以上悪化しないとは言い切れない。」では危険で恐ろしい状況の複雑さやプレッシャーを、どう切り抜ければ良いのでしょう?退役したクリス・ハドフィールド大佐が宇宙での(そして人生での)最悪の状況への備え方を分かりやすく説明します?それはクモの巣に意図的に突っ込むことから始まるのです。最後にはすてきなギター演奏も披露します。
マヤ・ペン: 若き起業家、アニメ作家、デザイナー、そして活動家
07:16
2014/01/31
マヤ・ペンは、8歳のときに初めて起業し、どうすればお客さん、そして地球のためになるか深く考えています。アニメーションあり、デザインあり、まわりも巻き込むようなエネルギーありのこの魅力的なトークで、彼女は自分の物語を聞かせてくれます。
マッケンナ・ポープ: 変化を起こすには-身近なところから
05:21
2014/01/29
マッケンナ・ポープの弟は料理が大好き。しかし、イージー・ベイク・オーブンを使うかどうか悩んでいました。なぜなら、それは女の子向けのおもちゃだったからです。13歳のポープはインターネット上で署名活動を始め、米国の玩具会社ハズブロに対し、ピンクや紫などの色使いをやめ、テレビCMでも男の子を起用するよう訴えました。ポープは性別を選ばないおもちゃを誕生させた実例を挙げ、非力だと感じているすべての子供たちに行動を起こすよう呼びかけます。
ロビン・ネーグル: ニューヨーク市のゴミの中で見つけたもの
07:52
2013/11/05
ニューヨーク市は毎日11000トンのゴミを排出しています。毎日ですよ。この驚くべき数字はロビン・ネーグルが清掃局で調査を始めた理由の一つにすぎません。ロビンは回収ルートを歩き、清掃機器を操作し、自分で清掃トラックも運転しました。そして、彼女は簡単なようで難しい疑問、「誰が私たちの代わりに清掃してくれるのか?」について答えてくれます。
ギャヴィン・プレイター=ピニー: 曇りの日こそ楽しもう
10:55
2013/07/16
創造的な刺激を得るために旅を計画する必要はありません。ただ上を見て下さい。「雲を愛でる会」の設立者であるギャヴィン・プレイター=ピニーはそう語ります。自然が作り出した、大気の素晴らしい構造物の魅力的な写真を紹介したプレイター=ピニーは、終わることのないデジタルな仕事の手を止めて、寝転がって頭上の空にある美を堪能しようと呼び掛けます。
リサ・ブー: 読書で心が広がる
06:17
2013/05/31
子どもの頃の夢が...叶わなかったとき、何をしますか? リサ・ブーはアメリカでの新しい生活に慣れるにつれて、視野を広げて彼女の新しい道を作るため、本に頼りました。本の魔法についての素敵な彼女自身の話を通し、読書へのユニークな向き合い方を紹介します。
ケン・ジェニングス: 「ワトソンとジェパティと私」雑学博士はもう古い?
17:53
2013/04/05
雑学博士のケン・ジェニングス氏は、アメリカのクイズ番組『ジェパディ!』で最長優勝記録を持つ、「情報の倉庫」としてキャリアを築いた。しかし2011年、「ワトソン」と名付けられたスーパーコンピュータから挑戦を受け、敗北してしまった。ユーモアがあり謙虚な彼は、自分の得意分野でコンピュータに「叩きのめされる」のはどういう気分か、そして古き良き人類の知恵とは何かを語る。(TEDxSeattleUで撮影)
アマンダ・パーマー: “お願い”するということ
13:48
2013/03/01
音楽にお金を出させるのではなく、払いたい人が払えるようにしてあげればいいんだとアマンダ・パーマーは言います。「2メートル半の花嫁 (!)」として帽子にお金を集めていたストリート・パフォーマー時代で始まる情熱的な語りを通して、彼女はアーティストとファンの新しい関係を考察しています。
ロニー・エドリー: イスラエルとイランの愛の物語(?)
14:58
2012/12/21
イスラエルとイランの戦争が緊迫状態にある中、イスラエル人グラフィックデザイナーのロニー・エドリーは自分と娘が写ったポスター『イラン人の皆さん・・私たちはあなた方を愛しています』をフェイスブックでシェアします。他のイスラエル人もすぐに自分のポスターを同じメッセージで作ると、イラン人も同じやり方で返事をしてきたのです。シンプルな意思伝達が「イスラエルはイランを愛する」ページや「イランはイスラエルを愛する」ページ、さらには「パレスチナはイスラエルを愛する」ページといったフェイスブックコミュニティを呼び起こしたのです。
スティーブン・アディス: 一枚一枚の写真で綴る父娘の絆
03:39
2012/12/19
ずっと以前、とあるニューヨークの街角で、1歳の娘を抱えて立つスティーブン・アディスを妻がスナップ写真に収めました。それが父と娘の年中行事の始まりでした。アディスは娘といっしょに毎年同じ街角で同じ写真を撮り続けています。アディスはその宝物の写真15枚を見せながら、このささやかな行事の繰り返しがなぜ大きな意味を持つのかを語っています。
ハナ・ブランチャー: 他人に綴る愛のこもった手紙
04:53
2012/11/14
ハナ・ブランチャーは母からいつも手書きの手紙をもらっていました。大学を卒業して極度の鬱に陥ったハナは自然と行動にでていました。見知らぬ人に愛を伝える手紙を書いて、街中に置いていったのです。ここからThe World Needs More Lover Letters(世界にもっと愛の込められた手紙を)という世界規模の団体ができあがり、後押しが必要な人々のもとに手書きの手紙を届けています。
パム・ワーハースト: 食べられる景色がある町づくり
13:21
2012/08/09
空き地をどう使うべきか?もちろん、食べられる植物を植えて下さいとパム・ワーハーストは言います。地域のボランティアと共に空き地を野菜畑に変え、地元の食に対する意識まで変えてしまった彼女の、ユーモアたっぷりのエネルギッシュなトークをお聞き下さい。
ブレンダ・ブレスワイト: 理解する為のゲームという手段
09:30
2012/05/01
複雑な悲劇を、人に伝えるのは簡単ではありません。娘が学校から帰ってきて奴隷制について尋ねた時、ゲームのデザイナー、ブレンダ・ブレスワイトは仕事でやっていることを家でやってみました。物語を理解させる事でゲームがもたらした驚くべき効果などについてTEDxPhoenixで語ります。(TEDxPhoenix)
ブリッタ・ライリー: アパートの菜園
07:53
2011/11/26
ブリッタ・ライリーは、自分の小さなアパートで食べ物を育てたいと思い、使用済みのペットボトルを使った栽培システムを友人とともに作り上げました。彼女たちはソーシャルメディアを使ってシステムのリサーチ・実験・調整を行います。ソーシャルメディアの特性から同時期に様々なバリエーションを試作することができ、間もなく理想的な装置を作り上げました。これこそ分配型のDIYです。その結果は?「美味しい」ものでした。
マット・カッツ: 30日間チャレンジ
03:28
2011/07/01
ずっとするつもりでいたこと、したいと思っていたことなのに、なかなかやれないでいることはありませんか?マット・カッツは試しに30日間だけやってみてはと言います。この短い軽妙な講演では、目標の設定と達成について考えるための素敵な方法が提案されています。
マーク・ベゾス: ボランティア消防士が語る人生の教え
04:41
2011/03/16
ボランティア消防士のマーク・ベゾスが、勇敢な行為についての話を語ります。それは想像していたようなものとは違いましたが、彼にとって大きな教えとなりました。ヒーローになるには、待っていてはダメなのです。
デレク・シヴァーズ: 目標は人に言わずにおこう
03:46
2010/09/02
素晴らしい計画を新しく思いついたとき、私たちが最初に考えるのはそれを誰かに話すということですが、目標は秘密にしておいた方が良いとデレク・シヴァーズは言います。彼は1920年代まで遡る研究を援用しながら、自分の野心について話すことはその実現の見込みを下げる可能性があることを示しています。
トム・ウージェック: 塔を建て、チームを作る
07:23
2010/04/22
トム・ウージェックが「マシュマロ・チャレンジ」についての驚くほど詳しい研究を発表します。「マシュマロ・チャレンジ」とは、スパゲッティの乾麺、90センチのテープと一つのマシュマロを使って行われる単純なチーム・ビルディングの演習です。これらを使って一番高い塔を建てられるのは誰でしょう?なぜ驚くべきグループの人々がいつも平均以上の成績を残すのでしょう?
デレク・シヴァーズ: 「変? それとも違うだけ?」
03:13
2010/01/29
「あらゆるものは別な見方ができる」とよく言いますが、それが思わぬところで当たっていることを、デレク・シヴァーズが2分間で示して見せてくれます。
ベッキー・ブラントン: 私のホームレス体験
09:42
2009/10/28
ベッキー・ブラントンは、一年間バン暮らしながら旅をして回ろうと考えました。しかし鬱になり、フリーランスの職を失った時、彼女のキャンプ旅行はホームレス状態に変わりました。この個人的トークで、彼女は自分がアメリカのワーキングホームレスの一人になった時の体験を語ります。
サム・マーティン: 「男の空間」という癖のある世界
04:58
2009/10/09
作家のサム・マーティンが様々なものに彩られた「男の空間」と言える癖のある趣味の世界の写真を披露してくれます(カスタマイズされた居住空間で、男が働き、くつろぎ、そして自分自身になることができるテリトリーです)。冷たいのを一杯おやり下さい。
ティム・フェリス: 恐怖に打ち勝って何でも学ぼう
16:26
2009/04/16
生産性のカリスマ"、ティム・フェリスの楽しくて勇気を与えてくれるエピソードは、「これをやったら最悪どうなるか?」というシンプルな問いこそが、何事も習得する秘訣だと教えてくれる。