グリーン・デイ (Green Day)

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV
グリーン・デイ (Green Day)
グリーン・デイ
(Green Day)

動画一覧

  • 活動期間:

    1987 - 現在
  • 出身地 :

    アメリカ合衆国・カリフォルニア州・バークレー

グリーン・デイ (Green Day) は、1987年に結成したアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー出身のパンク・ロックバンド。

概要

1990年にレコードデビュー、1994年にメジャーデビューを果たす。パンクバンドとしては史上初のグラミー賞の最高賞「最優秀レコード賞」を獲得するなど、ポップ・パンクを代表するだけでなく、パンク史においても重要な地位に位置づけられるバンドである。

グラミー賞の最優秀オルタナティブアルバム賞を受賞した『ドゥーキー』、最優秀アルバム賞を受賞した『アメリカン・イディオット』、『21世紀のブレイクダウン』などのアルバムのほか、「バスケット・ケース」、「マイノリティ」、グラミー賞の最優秀レコード賞を受賞した「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」などの楽曲で知られる。2012年に『ウノ!』・『ドス!』・『トレ!』を2か月ごとに発売した。

来歴

結成-1990年代

1987年、互いに親友だったビリーやマイクらが、グリーン・デイの母体となるスウィート・チルドレン(Sweet Children)を結成する。

1990年、1stアルバム『1,039/スムーズド・アウト・スラッピー・アワーズ』でレコードデビューを果たす。当時から既に独自の音楽スタイルを確立しており、それを徐々に変化させながら活動していくことになる。音楽性の相違や学業への専念を理由にオリジナルドラマーのジョンがバンドを脱退する。

1994年、3rdアルバム『ドゥーキー(Dookie)』でメジャーデビューを果たす。『ドゥーキー』からの1stシングル「ロングヴュー(Longview)」や3rdシングル「バスケット・ケース(Basket Case)」などがモダン・ロックチャートで1位に輝き、これらはライヴでも定番の代表曲となる。

1995年、『ドゥーキー』はロングヒットし(後に全米でダイヤモンドディスクを獲得)、日本などの外国でもその名を知られるようになる。

2000年代

2001年 - 2002年、ベスト・アルバム『インターナショナル・スーパーヒッツ!(International Superhits!)』(2001年)や、シングルのB面の曲などを集めた『シェナニガンズ?スーパー・ウラ・ベスト!(Shenanigans)』(2002年)を発表し、活動に一段落をつける。

2004年、7thアルバム『アメリカン・イディオット(American Idiot)』を発表。これが米英1位を記録する。このアルバムはイラク戦争を起こしたブッシュ大統領、それを許したアメリカへの痛烈な批判も込められている。

2005年、アルバム『アメリカン・イディオット』でグラミー賞の「最優秀ロック・アルバム賞」を受賞する。このアルバムから「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス(Boulevard Of Broken Dreams)」や「ホリデイ(Holiday)」、「ウェイク・ミー・アップ・ホウェン・セプテンバー・エンズ(Wake Me Up When September Ends)」等の大ヒットシングルが生まれるが、これらの売上金をインド洋大津波の被災地に寄付することにする。また、ツアー中にも関わらず、ミュージシャン達による様々なボランティア活動に参加している。

2006年、シングル「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」でグラミー賞の「最優秀レコード賞」を受賞する。同年、ハリケーン・カトリーナの被害者支援の一環として、U2とのコラボで「セインツ・アー・カミング(The Saints Are Coming)」(ザ・スキッズのカバー)をリリース。英チャートで2位を記録した。

2009年、8thアルバム『21世紀のブレイクダウン(21st Century Breakdown)』が5月15日に全世界同時発売された。本作は、三部構成のコンセプト・アルバムで、その制作にはニルヴァーナの名盤『ネヴァーマインド』を手がけたブッチ・ヴィグがプロデューサーとして迎えられている。

2000年代

2011年、2枚目となるフルライヴ・アルバム『最強ライヴ!(Awesome As Fuck)』を発売。DVDにはさいたまスーパーアリーナでのライヴ映像が収録されている。

2012年、9th『ウノ!(!Uno!)』(2012年9月26日発売)、10th『ドス!(!Dos!)』(2012年11月14日発売)、11th『トレ!(!Tre!)』(2012年12月12日(2013年1月16日から前倒し)発売)からなるアルバム3部作品を続けてリリースすることを発表した。アルバムジャケットにはそれぞれ順に、ビリー、マイク、トレ(全員目の部分に×印)が描かれている。

2013年、2014年にオーストラリアで開催されるサウンドウェーブ・フェスティバルツアー終了後に、バンドとしての活動を一時休止することを発表した。

2014年、コンピレーション・アルバムのデモリシャスを同年4月19日にリリースすることを発表。このアルバムには9th『ウノ!(!Uno!)』、10th『ドス!(!Dos!)』、11th『トレ!(!Tre!)』レコーディング時のデモ音源や未公開トラックが収録される予定。

メンバー

  • ビリー・ジョー・アームストロング (Billie Joe Armstrong, 1972年2月17日 - ) / ボーカル、ギター
    ライヴでは、観客にギターを演奏させたり、演奏した人にギターをプレゼントしたりするなどのファンサービスが恒例となっている。
  • マイク・ダーント (Mike Dirnt, 1972年5月4日 - ) / ベース、コーラス
    本名は、マイケル・ライアン・プリチャード・ダーント (Michael Ryan Pritchard Dirnt)。ダーントは、ニックネーム。ビリーとは幼馴染み。
  • トレ・クール (Tre' Cool, 1972年12月9日 - ) / ドラムス
    本名は、フランク・エドウィン・ライト3世 (Frank Edwin Wright Ⅲ)。1991年に加入。またギターも演奏できるので、ライヴなどでは時々ギターソロを弾く。その際、ビリーがドラムを叩く。
  • ジェイソン・ホワイト (Jason White, 1973年11月11日 - ) / ギター、コーラス
    1999年からサポートメンバー・ツアーギタリストとして加わって以降、バンドと10年以上ものキャリアを築き上げてきたこともあり、2012年、正式に4人目のメンバーとなったことが発表された。

ディスコグラフィ

スタジオ・アルバム

  • 「39/Smooth / 39/スムーズ」(1990年)
  • 「Kerplunk / カープランク」(1992年)
  • 「Dookie / ドゥーキー」(1994年)
  • 「Insomniac / インソムニアック」(1995年)
  • 「Nimrod / ニムロッド」(1997年)
  • 「Warning / ウォーニング」(2000年)
  • 「American Idiot / アメリカン・イディオット」(2004年)
  • 「21st Century Breakdown / 21世紀のブレイクダウン」(2009年)
  • 「!Uno! / ウノ!」(2012年)
  • 「!Dos! / ドス!」(2012年)
  • 「!Tre! / トレ!」(2012年)

(Wikipedia)

グリーン・デイ: 21ガンズ
05:26
歌詞 カタカナ
2009/10/07
グリーン・デイ(Green Day)の8枚目のスタジオ・アルバム「21世紀のブレイクダウン(21st Century Breakdown)」からのセカンド・シングル曲です。
グリーン・デイ: マイノリティ
02:50
歌詞 カタカナ
2007/10/14
グリーン・デイ(Green Day)の6枚目のスタジオ・アルバム「ウォーニング(Warning)」からのリード・シングル曲です。