TED日本語 - ライアン・マーティン: 人はなぜ怒るのか そして怒りはなぜ健全なのか - TED Talk

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

怒り研究家のライアン・マーティンが、人はなぜ怒るのかをこれまで研究してきた経験に基づき、怒りが起こる背景にある認知プロセス、健全な怒りであればむしろ有用であるのはなぜかを解説します。「怒りという感情が私たちに備わっているのは、私たちの祖先が、人間になる前も、なった後も、怒りのおかげで進化の上で優位に立てたからです」

Script

友達から こんなメッセージが 来たとします 「ありえないことが起きた マジふざけんなっての!」 いちおう友達として 詳しく話を聞くと スポーツジムや職場や 前の晩のデートでのことを 話しはじめます あなたは話を聞き 怒りの理由を 理解しようとします そこまで怒ることなのか 密かに疑問に思うかもしれません

(笑)

助言しようとするかもしれません こういうことを 私は毎日しています 怒りを研究するのが仕事だからです 職業上 勤務中は たくさんの時間を費し ― それどころか プライベートでも ― 人はなぜ怒るのかを研究しています 人は怒っているとき どんなことを考え 何をするのか 乱闘を始めるのか モノに当たるのか ネットに全部大文字で書き込んで 八つ当たりするのか

(笑)

また 想像つくと思いますが 人は私の仕事について知ると 自分自身の怒りや 腹が立ったことについて 話したがります セラピストが必要だからではなく ― そういうケースもたまにありますが ― 怒りは万国共通だからに 他なりません 誰でも感じるものですし 誰でも理解できるものです 生後数ヶ月の頃に すでにあった感情です 欲求が満たされないと 泣いて訴えたでしょう 「パパ ガラガラを取ってくれないって 何のつもり? よこせっての!」

(笑)

怒りは 10代にかけても続きます 私の場合 母が証人です ごめんね お母さん そして最期の最期まで 感じるものです 事実 怒りは私たちの人生で 一番辛いときにも起こります 嘆きや悲しみの一環として 自然と そして当然感じるものです ひいては 人生最高のときでさえ 起こるものです 結婚や休暇のような 特別な節目においても ありふれた不満のせいで 台無しになったりします 悪天候に交通機関の遅れ 起こった瞬間は ものすごく嫌ですが いったん何とかなれば 記憶に残らないものです

色々な人と 怒りについて たくさん話をしますが その会話を通じて わかってきたのは 多くの人が ― 会場の皆さんも きっとそうでしょうが ― 怒りを問題だと みなしていることです 人生を振り回されるとか 人間関係を壊されるとか 怖いとさえ感じるからかもしれません どれも気持ちはわかりますが 私の観点は少し違います そして今日は 怒りについて とても大事なことをお教えします 怒りは人生において 健全な力であり 力強い味方だということです 怒りを感じるのは 良いことであり 必要なことなのです

以上を理解するには 少し話を戻して そもそも なぜ人は怒るのかという 話をしなければなりません 大部分はジェリー・ディッフェンバッカー博士 という怒り研究家が 1996年に書いた本に登場する ― たちの悪いタイプの怒りの対処方法が 元になっています たいていの人 そして 皆さんにとっても 怒りの仕組みはごく単純です 刺激されると怒るのだ と これは人々が使う言葉の端々に表れます 「こういうノロノロ運転 本当イラつくんだよな」 「あいつ また牛乳出しっぱなしでさ 頭に来たよ」 極めつけは 「私は怒りで困ってはいない 周りが私の気に障ることをしてこなきゃいいだけだ」

(笑)

この種の刺激についての 理解を深めるために 友人 同僚 さらには家族も含め たくさんの人に話を聞きました 「どんなことに カチンと来るのか どんなことで怒るのか」 ところで ちょうどいい機会だから 言っておきますが この仕事をしてて 得したと思うことの1つが 「同僚の神経を逆なでする方法 完全リスト」を 10年以上かけて作り上げたこと いつか役に立つでしょうから

(笑)

とにかく 興味深い回答が 集まりました こんな感じです 「応援してるスポーツチームが負けたとき」 「他人がものを噛む音がうるさいとき」 ちなみに 信じられないくらい よくある答えです 「歩くのが遅すぎる人」 これは私も同感です そして外せないのが 「環状交差点」

(笑)

冗談抜きで 環状交差点ほど 運転していてイラつく場所はありません

(笑)

どうでもいいなんて言えない 原因もあり 人種差別や性差別やいじめや 環境破壊といった 人類全体が直面する地球規模の問題に 憤るという人もいます しかし 時に 非常に特殊な むしろ珍答ともいえるものも 「シャツが直線状に濡れたときだね 公衆トイレで洗面台に うっかりもたれかかったときのアレ」

(笑)

確かに気持ち悪いですよねぇ

(笑)

「USBメモリだよ 入れる方向は2通りしかないのに なぜか必ず3回目でないと入らない」

(笑)

事の大小や 一般的な理由か 特殊な理由かにかかわらず こういった例を並べて検討すると 共通点を導き出すことができます 人が怒りを覚えるのは 不快な状況や 不公平に感じる状況 目標達成が妨げられる状況 避けられたかもしれない状況 自分が無力に感じる状況 どれも怒りの元です しかし そこで覚える感情は 怒りだけに限りませんよね 怒りは単独では起こりません 私たちが怒りを感じるとき 恐怖や悲しみなど 他の様々な感情を 伴うことがあります

ただし 怒りとは 少なくとも 刺激単体が 引き起こすものではありません 当然ですね でないと 誰もが同じ理由で 腹を立てないといけなくなります 腹が立つ理由は 私とあなたでは異なります ということは 他にも何かあるはずです それが何かというと その人が刺激を受けた瞬間にしていることや 感じていることが影響するそうです 「怒る前の段階」といって 空腹だったり 疲れていたり 何か心配があったり 時間に遅れそうになっていたり こういう状態のときは その分だけ 刺激を強く感じるのです でも 一番の鍵になるのは 刺激そのものでも 「怒る前の段階」でもありません 刺激をどう解釈するか 自分の境遇の中で どう受け取るか なのです

人は 自分に何かが起きると まず 判断を下します 良いことか悪いことか 公平か不公平か 非難したり 罰すべきことか これが「一次評価」です 出来事そのものを査定します 自らの境遇において 何を意味するのかを判断し 次に どの程度ひどいことか 判断します これが「二次評価」です 「これまでの人生最悪 と言うべき出来事か 我慢できることか」 という判断です

例えば 車でどこかに 向かっていると想像してください 先に言っておきますが 私が悪い事をする天才だとして あなたを怒らせる状況を 仕立てあげたいなら ほぼ間違いなく 車の運転中を選びます

(笑)

本当のことです どこかへ向かっていることが 大前提になるので 渋滞 他の車 道路工事など 途中で出くわす ありとあらゆることが 目的達成を阻むものに感じるでしょう 法で定められた交通ルールや 暗黙のルールまでが 日常的に 目の前で 破られています 通常は何事もなく済みます ルールを破っているのは 二度と会うこともない 匿名の誰かです 怒りの矛先を向けるのには もってこいです

(笑)

とにかく あなたは車の運転中 よって怒る準備は万端 そんなとき すぐ前の車が 法定速度よりずいぶん遅く走っています イライラするのは ノロノロ運転の理由を こちらは知りようがないからです これが「一次評価」です 状況を見て「ひどいな 非難に値する」と判断します しかし続いて 「別に急いでないし どうでもいいか」と 判断するかもしれません これが「二次評価」です 腹は立ちません

しかし これが就職面接に 向かう途中だったとしましょう 起こっていることは同じですね 一次評価の結果は変わりません 非難に値するひどいことだと でも あなた自身の余裕が 確実に違います 一転して 今度は 面接に遅れそうだからです 一転して 理想の仕事が遠のいていきます ガンガン稼げるはずの仕事が

(笑)

理想の仕事が 誰かに取られてしまい 自分は文無しになってしまう 貧乏生活が待ち受けている もう諦めて 引き返そうか 実家に戻ろうかな

(笑)

それもこれも 目の前のあの人のせいだ いや 人じゃない 鬼だ

(笑)

俺の人生を台無しにするためだけに やって来た鬼だ と

(笑)

さて この思考の流れを 「破局的思考」といいます 物事を最悪の方向に解釈することです 怒りが慢性化した人に 最もよくあるタイプの考え方です 他にも色々あります 「因果関係の誤解」 怒っている人は理由を 無関係なものに転嫁する傾向があり しかも相手は人に限りません モノのせいにすることもあります バカらしいと思う人 車の鍵が見つからない時 こんなことを言ったんじゃないですか 「鍵はどこ行ったんだ?」 鍵は自分で勝手に 逃げ出すものですからね

(笑)

過度に一般化する傾向もあります 「いつも」「絶対」「毎回」が口癖です 「私っていつもこんな目に遭う」 「欲しいものは絶対手に入らない」 「ここに来る途中 信号という信号が赤だった」 他人より自分の欲求を優先させる 「わがまま」もあります 「あいつがノロノロ運転してる 理由なんか知るか 俺が面接に間に合うように スピード上げるか 道を譲れよな」 おしまいは 「怒りをかき立てるレッテル貼り」 他人をバカ アホ 鬼などと呼ばわり この場では口に出してはいけない言葉が 軒並み飛び出すことも

(笑)

長い間 心理学では このような思考を 「認知のゆがみ」「理不尽な思い込み」 などと呼んできました 確かに 理不尽なものもあります まあ ほとんどの場合そうです しかし 時には 筋の通った怒りもあります 世の中には不公平や 残忍で利己的な人が 存在しますし ひどい扱いを受けたときは 怒っていいどころか 怒ることが正しいのです

今日のトークから 憶えて帰ってほしいことを1つ挙げるなら 怒りという感情が 私たちに備わっているのは 私たちの祖先が 人間になる前も なった後も 怒りのおかげで 進化の上で優位に立てたからです 恐怖が危険を知らせてくれるように 怒りは不当な物事の存在を 知らせてくれます もうこれ以上は耐えられないという 脳からのメッセージなのです さらに怒りは 不当な物事に 立ち向かう原動力にもなります ここ最近 腹を立てた時のことを 思い出してください 心拍数が上がり 呼吸が荒くなり 汗をかき始めたでしょう これは交感神経の働きです 「闘争・逃走本能」としても 知られており これが作動することで 対応する力が湧くのです 以上は自覚のある反応ですが 同時に 消化も遅くなります エネルギーを節約するためです だから口の中が乾くのです 手足の隅々に血液を送るために 血管も広がります だから顔が赤くなるのです どれも 現代の人類に受け継がれた 複雑な生理反応の一部です 人類の祖先が 厳しい大自然の力に 立ち向かう際に 役立ってきたからです

問題は 祖先たちが 怒りを処理するために 行ってきたような 肉体を使った戦いが 現代では合理的でも 適切でもないことです カッとなるたびにゴルフクラブを 振り回すわけにはいきません

(笑)

でも いいこともあります 人間になる前の祖先たちには なかった能力があるのです それは感情を制御する能力です 手を出したくなっても 自分を抑えて 怒りを 別のもっと生産的な何かに 向けることができます 怒りが話題にのぼると どうすれば怒らずに済むか という話になりがちです 落ち着きなさい リラックスしなさい 気にするな などと言われます どれも 怒りは悪であり 怒りを感じるのは 悪いことだという前提に立っています

私はそれよりも 怒りを 動機づけと考えたいと思います 喉が渇けば 水を一杯飲みたくなり お腹が空けば 一口食べたくなるように 怒りは不当な物事に対処する 動機にもなるのです 何に対して怒ろうかと 頭をひねる必要はありません 冒頭の話に戻ると 確かに 怒る価値もないような くだらないこともありますが

人種差別 性差別 いじめ 環境破壊などは 実際に存在しますし 許しがたいことです このような問題を解決するには まず怒りを感じ その怒りを元に 戦うしかありません 戦う際には 攻撃性も 敵意も暴力も不要です 怒りを表す方法は無限にあります 抗議運動をしたり 編集部に手紙を書いたり 社会運動に寄付や ボランティアで貢献したり アートや文学を創作したり 詩作や作曲をしてもいいし お互いに相手を思いやる 共同体を作って 非道な行為を許容しない というやり方もあります

この次 怒りが わき起こってきたときは 抑え込もうとせずに その怒りが教えてくれていることに 意識を向けて 前向きで生産的な何かに 向けてみてください

ありがとうございました

(拍手)

Alright, so I want you to imagine that you get a text from a friend, and it reads ... "You will NOT believe what just happened. I'm SO MAD right now!" So you do the dutiful thing as a friend, and you ask for details. And they tell you a story about what happened to them at the gym or at work or on their date last night. And you listen and you try to understand why they're so mad. Maybe even secretly judge whether or not they should be so mad.

(Laughter)

And maybe you even offer some suggestions. Now, in that moment, you are doing essentially what I get to do every day, because I'm an anger researcher, and as an anger researcher, I spend a good part of my professional life -- who am I kidding, also my personal life -- studying why people get mad. I study the types of thoughts they have when they get mad, and I even study what they do when they get mad, whether it's getting into fights or breaking things, or even yelling at people in all caps on the internet.

(Laughter)

And as you can imagine, when people hear I'm an anger researcher, they want to talk to me about their anger, they want to share with me their anger stories. And it's not because they need a therapist, though that does sometimes happen, it's really because anger is universal. It's something we all feel and it's something they can relate to. We've been feeling it since the first few months of life, when we didn't get what we wanted in our cries of protests, things like, "What do you mean you won't pick up the rattle, Dad, I want it!"

(Laughter)

We feel it throughout our teenage years, as my mom can certainly attest to with me. Sorry, Mom. We feel it to the very end. In fact, anger has been with us at some of the worst moments of our lives. It's a natural and expected part of our grief. But it's also been with us in some of the best moments of our lives, with those special occasions like weddings and vacations often marred by these everyday frustrations -- bad weather, travel delays -- that feel horrible in the moment, but then are ultimately forgotten when things go OK.

I have a lot of conversations with people about their anger and it's through those conversations that I've learned that many people, and I bet many people in this room right now, you see anger as a problem. You see the way it interferes in your life, the way it damages relationships, maybe even the ways it's scary. And while I get all of that, I see anger a little differently, and today, I want to tell you something really important about your anger, and it's this: anger is a powerful and healthy force in your life. It's good that you feel it. You need to feel it.

But to understand all that, we actually have to back up and talk about why we get mad in the first place. A lot of this goes back to the work of an anger researcher named Dr. Jerry Deffenbacher, who wrote about this back in 1996 in a book chapter on how to deal with problematic anger. Now, for most of us, and I bet most of you, it feels as simple as this: I get mad when I'm provoked. You hear it in the language people use. They say things like, "It makes me so mad when people drive this slow," or, "I got mad because she left the milk out again." Or my favorite, "I don't have an anger problem -- people just need to stop messing with me."

(Laughter)

Now, in the spirit of better understanding those types of provocations, I ask a lot of people, including my friends and colleagues and even family, "What are the things that really get to you? What makes you mad?" By the way, now is a good time to point out one of the advantages of being an anger researcher is that I've spent more than a decade generating a comprehensive list of all the things that really irritate my colleagues. Just in case I need it.

(Laughter)

But their answers are fascinating, because they say things like, "when my sports team loses," "people who chew too loudly." That is surprisingly common, by the way. "People who walk too slowly," that one's mine. And of course, "roundabouts." Roundabouts --

(Laughter)

I can tell you honestly, there is no rage like roundabout rage.

(Laughter)

Sometimes their answers aren't minor at all. Sometimes they talk about racism and sexism and bullying and environmental destruction -- big, global problems we all face. But sometimes, their answers are very specific, maybe even oddly specific. "That wet line you get across your shirt when you accidentally lean against the counter of a public bathroom."

(Laughter)

Super gross, right?

(Laughter)

Or "Flash drives: there's only two ways to plug them in, so why does it always take me three tries?"

(Laughter)

Now whether it's minor or major, whether it's general or specific, we can look at these examples and we can tease out some common themes. We get angry in situations that are unpleasant, that feel unfair, where our goals are blocked, that could have been avoided, and that leave us feeling powerless. This is a recipe for anger. But you can also tell that anger is probably not the only thing we're feeling in these situations. Anger doesn't happen in a vacuum. We can feel angry at the same time that we're scared or sad, or feeling a host of other emotions.

But here's the thing: these provocations -- they aren't making us mad. At least not on their own, and we know that, because if they were, we'd all get angry over the same things, and we don't. The reasons I get angry are different than the reasons you get angry, so there's got to be something else going on. What is that something else? Well, we know what we're doing and feeling at the moment of that provocation matters. We call this the pre-anger state -- are you hungry, are you tired, are you anxious about something else, are you running late for something? When you're feeling those things, those provocations feel that much worse. But what matters most is not the provocation, it's not the pre-anger state, it's this: it's how we interpret that provocation, it's how we make sense of it in our lives.

When something happens to us, we first decide, is this good or bad? Is it fair or unfair, is it blameworthy, is it punishable? That's primary appraisal, it's when you evaluate the event itself. We decide what it means in the context of our lives and once we've done that, we decide how bad it is. That's secondary appraisal. We say, "Is this the worst thing that's ever happened, or can I cope with this?

Now, to illustrate that, I want you to imagine you are driving somewhere. And before I go any further, I should tell you, if I were an evil genius and I wanted to create a situation that was going to make you mad, that situation would look a lot like driving.

(Laughter)

It's true. You are, by definition, on your way somewhere, so everything that happens -- traffic, other drivers, road construction -- it feels like it's blocking your goals. There are all these written and unwritten rules of the road, and those rules are routinely violated right in front of you, usually without consequence. And who's violating those rules? Anonymous others, people you will never see again, making them a very easy target for your wrath.

(Laughter)

So you're driving somewhere, thus teed up to be angry, and the person in front of you is driving well below the speed limit. And it's frustrating because you can't really see why they're driving so slow. That's primary appraisal. You've looked at this and you've said it's bad and it's blameworthy. But maybe you also decide it's not that big a deal. You're not in a hurry, doesn't matter. That's secondary appraisal -- you don't get angry.

But now imagine you're on your way to a job interview. What that person is doing, it hasn't changed, right? So primary appraisal doesn't change; still bad, still blameworthy. But your ability to cope with it sure does. Because all of a sudden, you're going to be late to that job interview. All of a sudden, you are not going to get your dream job, the one that was going to give you piles and piles of money.

(Laughter)

Somebody else is going to get your dream job and you're going to be broke. You're going to be destitute. Might as well stop now, turn around, move in with your parents.

(Laughter)

Why? "Because of this person in front of me. This is not a person, this is a monster."

(Laughter)

And this monster is here just to ruin your life.

(Laughter)

Now that thought process, it's called catastrophizing, the one where we make the worst of things. And it's one of the primary types of thoughts that we know is associated with chronic anger. But there's a couple of others. Misattributing causation. Angry people tend to put blame where it doesn't belong. Not just on people, but actually inanimate objects as well. And if you think that sound ridiculous, think about the last time you lost your car keys and you said, "Where did those car keys go?" Because you know they ran off on their own.

(Laughter)

They tend to overgeneralize, they use words like "always," "never," "every," "this always happens to me," "I never get what I want" or "I hit every stoplight on the way here today." Demandingness: they put their own needs ahead of the needs of others: "I don't care why this person is driving so slow, they need to speed up or move over so I can get to this job interview." And finally, inflammatory labeling. They call people fools, idiots, monsters, or a whole bunch of things I've been told I'm not allowed to say during this TED Talk.

(Laughter)

So for a long time, psychologists have referred to these as cognitive distortions or even irrational beliefs. And yeah, sometimes they are irrational. Maybe even most of the time. But sometimes, these thoughts are totally rational. There is unfairness in the world. There are cruel, selfish people, and it's not only OK to be angry when we're treated poorly, it's right to be angry when we're treated poorly.

If there's one thing I want you to remember from my talk today, it's this: your anger exists in you as an emotion because it offered your ancestors, both human and nonhuman, with an evolutionary advantage. Just as your fear alerts you to danger, your anger alerts you to injustice. It's one of the ways your brain communicates to you that you have had enough. What's more, it energizes you to confront that injustice. Think for a second about the last time you got mad. Your heart rate increased. Your breathing increased, you started to sweat. That's your sympathetic nervous system, otherwise known as your fight-or-flight system, kicking in to offer you the energy you need to respond. And that's just the stuff you noticed. At the same time, your digestive system slowed down so you could conserve energy. That's why your mouth went dry. And your blood vessels dilated to get blood to your extremities. That's why your face went red. It's all part of this complex pattern of physiological experiences that exist today because they helped your ancestors deal with cruel and unforgiving forces of nature.

And the problem is that the thing your ancestors did to deal with their anger, to physically fight, they are no longer reasonable or appropriate. You can't and you shouldn't swing a club every time you're provoked.

(Laughter)

But here's the good news. You are capable of something your nonhuman ancestors weren't capable of. And that is the capacity to regulate your emotions. Even when you want to lash out, you can stop yourself and you can channel that anger into something more productive. So often when we talk about anger, we talk about how to keep from getting angry. We tell people to calm down or relax. We even tell people to let it go. And all of that assumes that anger is bad and that it's wrong to feel it.

But instead, I like to think of anger as a motivator. The same way your thirst motivates you to get a drink of water, the same way your hunger motivates you to get a bite to eat, your anger can motivate you to respond to injustice. Because we don't have to think too hard to find things we should be mad about. When we go back to the beginning, yeah, some of those things, they're silly and not worth getting angry over.

But racism, sexism, bullying, environmental destruction, those things are real, those things are terrible, and the only way to fix them is to get mad first and then channel that anger into fighting back. And you don't have to fight back with aggression or hostility or violence. There are infinite ways that you can express your anger. You can protest, you can write letters to the editor, you can donate to and volunteer for causes, you can create art, you can create literature, you can create poetry and music, you can create a community that cares for one another and does not allow those atrocities to happen.

So the next time you feel yourself getting angry, instead of trying to turn it off, I hope you'll listen to what that anger is telling you. And then I hope you'll channel it into something positive and productive.

Thank you.

(Applause)

Alright,/ so I want you/ to imagine/ that you get a text/ from a friend,/ and it reads ...//

友達から こんなメッセージが 来たとします

"You will NOT believe/ what just happened.// I'm SO MAD right now!"//

「ありえないことが起きた マジふざけんなっての!」

So you do the dutiful thing/ as a friend,/ and you ask for details.//

いちおう友達として 詳しく話を聞くと

And they tell you/ a story/ about what happened to them/ at the gym/ or/ at work/ or/ on their date/ last night.//

スポーツジムや職場や 前の晩のデートでのことを 話しはじめます

And you listen/ and you try to understand/ why they're so mad.//

あなたは話を聞き 怒りの理由を 理解しようとします

Maybe even secretly judge/ whether or not they should be so mad.//

そこまで怒ることなのか 密かに疑問に思うかもしれません

(笑)

And maybe/ you even offer some suggestions.//

助言しようとするかもしれません

Now,/ in that moment,/ you are doing essentially/ what I get to do/ every day,/ because I'm an anger researcher,/ and as an anger researcher,/ I spend a good part of my professional life --/ who am I/ kidding,/ also/ my personal life --/ studying/ why people get mad.//

こういうことを 私は毎日しています 怒りを研究するのが仕事だからです 職業上 勤務中は たくさんの時間を費し ― それどころか プライベートでも ― 人はなぜ怒るのかを研究しています

I study the types of thoughts/ they have/ when they get mad,/ and I even study/ what they do/ when they get mad,/ whether it's getting into fights/ or breaking things,/ or even yelling/ at people/ in all caps/ on the internet.//

人は怒っているとき どんなことを考え 何をするのか 乱闘を始めるのか モノに当たるのか ネットに全部大文字で書き込んで 八つ当たりするのか

(笑)

And/ as you can imagine,/ when people hear/ I'm an anger researcher,/ they want to talk/ to me/ about their anger,/ they want to share/ with me/ their anger stories.//

また 想像つくと思いますが 人は私の仕事について知ると 自分自身の怒りや 腹が立ったことについて 話したがります

And it's not/ because they need a therapist,/ though that does sometimes happen,/ it's really/ because anger is universal.//

セラピストが必要だからではなく ― そういうケースもたまにありますが ― 怒りは万国共通だからに 他なりません

It's something/ we/ all feel/ and it's something/ they can relate to.//

誰でも感じるものですし 誰でも理解できるものです

We've been feeling it/ since the first few months of life,/ when we didn't get/ what we wanted in our cries of protests,/ things like,/ "What do you mean/ you won't pick up/ the rattle,/ Dad,/ I want it!"//

生後数ヶ月の頃に すでにあった感情です 欲求が満たされないと 泣いて訴えたでしょう 「パパ ガラガラを取ってくれないって 何のつもり? よこせっての!」

(笑)

We feel it/ throughout our teenage years,/ as my mom can certainly attest to/ with me.//

怒りは 10代にかけても続きます 私の場合 母が証人です

Sorry,/ Mom.//

ごめんね お母さん

We feel it/ to the very end.//

そして最期の最期まで 感じるものです

In fact,/ anger has been with us/ at some of the worst moments of our lives.//

事実 怒りは私たちの人生で 一番辛いときにも起こります

It's a natural and expected part of our grief.//

嘆きや悲しみの一環として 自然と そして当然感じるものです

But it's also been with us/ in some of the best moments of our lives,/ with those special occasions/ like weddings and vacations often marred by these everyday frustrations --/ bad weather,/ travel delays --/ that feel horrible/ in the moment,/ but then are ultimately forgotten/ when things go OK.//

ひいては 人生最高のときでさえ 起こるものです 結婚や休暇のような 特別な節目においても ありふれた不満のせいで 台無しになったりします 悪天候に交通機関の遅れ 起こった瞬間は ものすごく嫌ですが いったん何とかなれば 記憶に残らないものです

I have a lot of conversations/ with people/ about their anger/ and it's through those conversations/ that I've learned/ that many people,/ and I bet many people/ in this room right now,/ you see anger/ as a problem.//

色々な人と 怒りについて たくさん話をしますが その会話を通じて わかってきたのは 多くの人が ― 会場の皆さんも きっとそうでしょうが ― 怒りを問題だと みなしていることです

You see the way/ it interferes in your life,/ the way/ it damages relationships,/ maybe even/ the ways/ it's scary.//

人生を振り回されるとか 人間関係を壊されるとか 怖いとさえ感じるからかもしれません

And/ while I get all of that,/ I see anger/ a little differently,/ and today,/ I want to tell/ you/ something really important/ about your anger,/ and it's this:/ anger is a powerful and healthy force/ in your life.//

どれも気持ちはわかりますが 私の観点は少し違います そして今日は 怒りについて とても大事なことをお教えします 怒りは人生において 健全な力であり 力強い味方だということです

It's good/ that you feel it.//

怒りを感じるのは 良いことであり

You need to feel/ it.//

必要なことなのです

But to understand all that,/ we actually have to back up/ and talk/ about why we get mad/ in the first place.//

以上を理解するには 少し話を戻して そもそも なぜ人は怒るのかという 話をしなければなりません

A lot of this goes back/ to the work of an anger researcher named Dr. Jerry Deffenbacher,/ who wrote about this back/ in 1996/ in a book chapter/ on how to deal with problematic anger.//

大部分はジェリー・ディッフェンバッカー博士 という怒り研究家が 1996年に書いた本に登場する ― たちの悪いタイプの怒りの対処方法が 元になっています

Now,/ for most of us,/ and I bet most of you,/ it feels as simple/ as this:/ I get mad/ when I'm provoked.//

たいていの人 そして 皆さんにとっても 怒りの仕組みはごく単純です 刺激されると怒るのだ と

You hear it/ in the language people use.//

これは人々が使う言葉の端々に表れます

They say things like,/ "It makes me so mad/ when people drive this slow,/"/ or,/ "I got mad/ because she left the milk out again."//

「こういうノロノロ運転 本当イラつくんだよな」 「あいつ また牛乳出しっぱなしでさ 頭に来たよ」

Or my favorite,/ "I don't have an anger problem --/ people just need to stop messing/ with me."//

極めつけは 「私は怒りで困ってはいない 周りが私の気に障ることをしてこなきゃいいだけだ」

(笑)

Now,/ in the spirit of better/ understanding those types of provocations,/ I ask a lot of people,/ including/ my friends and colleagues/ and even/ family,/ "What are the things/ that really get to you?//

この種の刺激についての 理解を深めるために 友人 同僚 さらには家族も含め たくさんの人に話を聞きました 「どんなことに カチンと来るのか

What makes you mad?"//

どんなことで怒るのか」

By the way,/ now is a good time/ to point out/ one of the advantages of being an anger researcher is/ that I've spent more/ than a decade/ generating a comprehensive list of all the things/ that really irritate my colleagues.//

ところで ちょうどいい機会だから 言っておきますが この仕事をしてて 得したと思うことの1つが 「同僚の神経を逆なでする方法 完全リスト」を 10年以上かけて作り上げたこと

Just/ in case I need it.//

いつか役に立つでしょうから

(笑)

But their answers are fascinating,/ because they say things like,/ "when my sports team loses,/"/ "people/ who chew too loudly."//

とにかく 興味深い回答が 集まりました こんな感じです 「応援してるスポーツチームが負けたとき」 「他人がものを噛む音がうるさいとき」

That is surprisingly common,/ by the way.//

ちなみに 信じられないくらい よくある答えです

"People/ who walk too slowly,/"/ that one's mine.//

「歩くのが遅すぎる人」 これは私も同感です

And of course,/ "roundabouts."//

そして外せないのが

「環状交差点」 (笑)

I can tell you honestly,/ there is no rage/ like roundabout rage.//

冗談抜きで 環状交差点ほど 運転していてイラつく場所はありません

(笑)

Sometimes/ their answers aren't minor/ at all.//

どうでもいいなんて言えない 原因もあり

Sometimes/ they talk about racism and sexism and bullying and environmental destruction --/ big, global problems/ we/ all face.//

人種差別や性差別やいじめや 環境破壊といった 人類全体が直面する地球規模の問題に 憤るという人もいます

But sometimes,/ their answers are very specific,/ maybe even oddly specific.//

しかし 時に 非常に特殊な むしろ珍答ともいえるものも

"That wet line/ you get across your shirt/ when you accidentally lean/ against the counter of a public bathroom."//

「シャツが直線状に濡れたときだね 公衆トイレで洗面台に うっかりもたれかかったときのアレ」

(笑)

Super gross, right?//

確かに気持ち悪いですよねぇ

(笑)

Or "Flash drives:/ there's only two ways/ to plug them in,/ so/ why does it always take me/ three tries?"//

「USBメモリだよ 入れる方向は2通りしかないのに なぜか必ず3回目でないと入らない」

(笑)

Now/ whether it's minor or major,/ whether it's general or specific,/ we can look at these examples/ and we can tease out/ some common themes.//

事の大小や 一般的な理由か 特殊な理由かにかかわらず こういった例を並べて検討すると 共通点を導き出すことができます

We get angry/ in situations/ that are unpleasant,/ that feel unfair,/ where our goals are blocked,/ that could have been avoided,/ and that leave us/ feeling powerless.//

人が怒りを覚えるのは 不快な状況や 不公平に感じる状況 目標達成が妨げられる状況 避けられたかもしれない状況 自分が無力に感じる状況

This is a recipe/ for anger.//

どれも怒りの元です

But you can also tell/ that anger is probably not the only thing/ we're feeling/ in these situations.//

しかし そこで覚える感情は 怒りだけに限りませんよね

Anger doesn't happen in a vacuum.//

怒りは単独では起こりません

We can feel angry/ at the same time that/ we're scared or sad,/ or feeling a host of other emotions.//

私たちが怒りを感じるとき 恐怖や悲しみなど 他の様々な感情を 伴うことがあります

But here's the thing:/ these provocations --/ they aren't making us/ mad.//

ただし 怒りとは 少なくとも 刺激単体が 引き起こすものではありません

At least not on their own,/ and we know/ that,/ because/ if they were,/ we'd all get angry/ over the same things,/ and we don't.//

当然ですね でないと 誰もが同じ理由で 腹を立てないといけなくなります

The reasons/ I get/ angry are different/ than the reasons/ you get angry,/ so there's got/ to be something else going on.//

腹が立つ理由は 私とあなたでは異なります ということは 他にも何かあるはずです

What is that/ something else?//

それが何かというと

Well,/ we know/ what we're doing/ and feeling at the moment of that provocation matters.//

その人が刺激を受けた瞬間にしていることや 感じていることが影響するそうです

We call this the pre-anger state --/ are you hungry,/ are you tired,/ are you anxious/ about something else,/ are you running late/ for something?//

「怒る前の段階」といって 空腹だったり 疲れていたり 何か心配があったり 時間に遅れそうになっていたり

When you're feeling/ those things,/ those provocations feel/ that much worse.//

こういう状態のときは その分だけ 刺激を強く感じるのです

But what matters/ most is not the provocation,/ it's not the pre-anger state,/ it's this:/ it's/ how we interpret/ that provocation,/ it's/ how we make sense of it/ in our lives.//

でも 一番の鍵になるのは 刺激そのものでも 「怒る前の段階」でもありません 刺激をどう解釈するか 自分の境遇の中で どう受け取るか なのです

When something happens to us,/ we first decide,/ is this good or bad?//

人は 自分に何かが起きると まず 判断を下します 良いことか悪いことか

Is it fair or unfair,/ is it blameworthy,/ is it punishable?//

公平か不公平か 非難したり 罰すべきことか

That's primary appraisal,/ it's/ when you evaluate the event/ itself.//

これが「一次評価」です 出来事そのものを査定します

We decide/ what it means in the context of our lives/ and/ once we've done/ that,/ we decide how bad/ it is.//

自らの境遇において 何を意味するのかを判断し 次に どの程度ひどいことか 判断します

これが「二次評価」です

We say,/ "Is this the worst thing/ that's ever happened,/ or can I cope with this?//

「これまでの人生最悪 と言うべき出来事か 我慢できることか」 という判断です

Now,/ to illustrate/ that,/ I want you/ to imagine you are driving somewhere.//

例えば 車でどこかに 向かっていると想像してください

And/ before I go any further,/ I should tell you,/ if I were an evil genius/ and I wanted to create/ a situation/ that was going to make/ you mad,/ that situation would look a lot/ like driving.//

先に言っておきますが 私が悪い事をする天才だとして あなたを怒らせる状況を 仕立てあげたいなら ほぼ間違いなく 車の運転中を選びます

(笑)

It's true.//

本当のことです

You are,/ by definition,/ on your way somewhere,/ so everything/ that happens --/ traffic,/ other drivers,/ road construction --/ it feels/ like it's blocking your goals.//

どこかへ向かっていることが 大前提になるので 渋滞 他の車 道路工事など 途中で出くわす ありとあらゆることが 目的達成を阻むものに感じるでしょう

There are all these written and unwritten rules of the road,/ and those rules are routinely violated right/ in front of you,/ usually/ without consequence.//

法で定められた交通ルールや 暗黙のルールまでが 日常的に 目の前で 破られています 通常は何事もなく済みます

And who's violating those rules?//

ルールを破っているのは

Anonymous others,/ people/ you will never see again,/ making them/ a very easy target/ for your wrath.//

二度と会うこともない 匿名の誰かです 怒りの矛先を向けるのには もってこいです

(笑)

So you're driving/ somewhere,/ thus teed up/ to be angry,/ and the person/ in front of you is driving well/ below the speed limit.//

とにかく あなたは車の運転中 よって怒る準備は万端 そんなとき すぐ前の車が 法定速度よりずいぶん遅く走っています

And it's frustrating/ because you can't really see/ why they're driving/ so slow.//

イライラするのは ノロノロ運転の理由を こちらは知りようがないからです

これが「一次評価」です

You've looked at this/ and you've said it's bad/ and it's blameworthy.//

状況を見て「ひどいな 非難に値する」と判断します

But maybe/ you also decide/ it's not that/ big a deal.//

しかし続いて 「別に急いでないし

You're not in a hurry,/ doesn't matter.//

どうでもいいか」と 判断するかもしれません

That's secondary appraisal --/ you don't get angry.//

これが「二次評価」です 腹は立ちません

But now imagine/ you're on your way/ to a job interview.//

しかし これが就職面接に 向かう途中だったとしましょう

What that person is doing,/ it hasn't changed,/ right?//

起こっていることは同じですね

So primary appraisal doesn't change;/ still bad,/ still blameworthy.//

一次評価の結果は変わりません 非難に値するひどいことだと

But your ability to cope with it sure/ does.//

でも あなた自身の余裕が 確実に違います

Because all of a sudden,/ you're going to be late to that job interview.//

一転して 今度は 面接に遅れそうだからです

All of a sudden,/ you are not going to get/ your dream job,/ the one/ that was going to give/ you/ piles and piles of money.//

一転して 理想の仕事が遠のいていきます ガンガン稼げるはずの仕事が

(笑)

Somebody else is going to get/ your dream job/ and you're going to be broke.//

理想の仕事が 誰かに取られてしまい 自分は文無しになってしまう

You're going to be destitute.//

貧乏生活が待ち受けている

Might as well stop now,/ turn around,/ move in/ with your parents.//

もう諦めて 引き返そうか 実家に戻ろうかな

(笑)

Why?//

それもこれも

"Because of this person/ in front of me.//

目の前のあの人のせいだ

This is not a person,/ this is a monster."//

いや 人じゃない 鬼だ

(笑)

And this monster is here just/ to ruin your life.//

俺の人生を台無しにするためだけに やって来た鬼だ と

(笑)

Now/ that thought process,/ it's called catastrophizing,/ the one/ where we make the worst of things.//

さて この思考の流れを 「破局的思考」といいます 物事を最悪の方向に解釈することです

And it's one of the primary types of thoughts/ that we know is associated with chronic anger.//

怒りが慢性化した人に 最もよくあるタイプの考え方です

But there's a couple of others.//

他にも色々あります

Misattributing causation.//

「因果関係の誤解」

Angry people tend to put/ blame/ where it doesn't belong.//

怒っている人は理由を 無関係なものに転嫁する傾向があり

Not just/ on people,/ but actually inanimate objects/ as well.//

しかも相手は人に限りません モノのせいにすることもあります

And/ if you think/ that sound ridiculous,/ think about the last time/ you lost your car keys/ and you said,/ "Where did those car keys go?"//

バカらしいと思う人 車の鍵が見つからない時 こんなことを言ったんじゃないですか 「鍵はどこ行ったんだ?」

Because you know/ they ran off/ on their own.//

鍵は自分で勝手に 逃げ出すものですからね

(笑)

They tend to overgeneralize,/ they use words/ like "always,/"/ "never,/"/ "every,/"/ "this always happens to me,/"/ "I never get/ what I want"/ or "I hit every stoplight/ on the way/ here today."//

過度に一般化する傾向もあります 「いつも」「絶対」「毎回」が口癖です 「私っていつもこんな目に遭う」 「欲しいものは絶対手に入らない」 「ここに来る途中 信号という信号が赤だった」

Demandingness:/ they put their own needs ahead of the needs of others:/ "I don't care/ why this person is driving so slow,/ they need to speed up/ or move over/ so I can get to this job interview."//

他人より自分の欲求を優先させる 「わがまま」もあります 「あいつがノロノロ運転してる 理由なんか知るか 俺が面接に間に合うように スピード上げるか 道を譲れよな」

And finally,/ inflammatory labeling.//

おしまいは 「怒りをかき立てるレッテル貼り」

They call people fools,/ idiots,/ monsters,/ or a whole bunch of things/ I've been told/ I'm not allowed to say/ during this TED Talk.//

他人をバカ アホ 鬼などと呼ばわり この場では口に出してはいけない言葉が 軒並み飛び出すことも

(笑)

So/ for a long time,/ psychologists have referred to these/ as cognitive distortions or even irrational beliefs.//

長い間 心理学では このような思考を 「認知のゆがみ」「理不尽な思い込み」 などと呼んできました

And yeah,/ sometimes/ they are irrational.//

確かに 理不尽なものもあります

Maybe even/ most of the time.//

まあ ほとんどの場合そうです

But sometimes,/ these thoughts are totally rational.//

しかし 時には 筋の通った怒りもあります

There is unfairness/ in the world.//

世の中には不公平や

There are cruel,/ selfish people,/ and it's not only OK/ to be angry/ when we're treated poorly,/ it's right/ to be angry/ when we're treated poorly.//

残忍で利己的な人が 存在しますし ひどい扱いを受けたときは 怒っていいどころか 怒ることが正しいのです

If there's one thing/ I want you/ to remember from my talk/ today,/ it's this:/ your anger exists in you/ as an emotion/ because it offered your ancestors,/ both human and nonhuman,/ with an evolutionary advantage.//

今日のトークから 憶えて帰ってほしいことを1つ挙げるなら 怒りという感情が 私たちに備わっているのは 私たちの祖先が 人間になる前も なった後も 怒りのおかげで 進化の上で優位に立てたからです

Just/ as your fear alerts you/ to danger,/ your anger alerts you/ to injustice.//

恐怖が危険を知らせてくれるように 怒りは不当な物事の存在を 知らせてくれます

It's one of the ways/ your brain communicates to you/ that you have had enough.//

もうこれ以上は耐えられないという 脳からのメッセージなのです

What's more,/ it energizes you/ to confront/ that injustice.//

さらに怒りは 不当な物事に 立ち向かう原動力にもなります

Think/ for a second/ about the last time/ you got mad.//

ここ最近 腹を立てた時のことを 思い出してください

Your heart rate increased.//

心拍数が上がり

Your breathing increased,/ you started to sweat.//

呼吸が荒くなり 汗をかき始めたでしょう

That's your sympathetic nervous system,/ otherwise known as your fight-or-flight system,/ kicking/ in to offer you/ the energy/ you need to respond.//

これは交感神経の働きです 「闘争・逃走本能」としても 知られており これが作動することで 対応する力が湧くのです

And that's just the stuff/ you noticed.//

以上は自覚のある反応ですが

At the same time,/ your digestive system slowed down/ so/ you could conserve energy.//

同時に 消化も遅くなります エネルギーを節約するためです

That's/ why your mouth went dry.//

だから口の中が乾くのです

And your blood vessels dilated to get blood/ to your extremities.//

手足の隅々に血液を送るために 血管も広がります

That's/ why your face went red.//

だから顔が赤くなるのです

It's all part of this complex pattern of physiological experiences/ that exist today/ because they helped your ancestors deal with cruel and unforgiving forces of nature.//

どれも 現代の人類に受け継がれた 複雑な生理反応の一部です 人類の祖先が 厳しい大自然の力に 立ち向かう際に 役立ってきたからです

And the problem is/ that the thing/ your ancestors did to deal/ with their anger,/ to physically fight,/ they are no longer reasonable/ or appropriate.//

問題は 祖先たちが 怒りを処理するために 行ってきたような 肉体を使った戦いが 現代では合理的でも 適切でもないことです

You can't/ and you shouldn't swing a club/ every time/ you're provoked.//

カッとなるたびにゴルフクラブを 振り回すわけにはいきません

(笑)

But here's the good news.//

でも いいこともあります

You are capable of something/ your nonhuman ancestors weren't capable of.//

人間になる前の祖先たちには なかった能力があるのです

And that is the capacity/ to regulate your emotions.//

それは感情を制御する能力です

Even/ when you want to lash out,/ you can stop yourself/ and you can channel that anger/ into something more productive.//

手を出したくなっても 自分を抑えて 怒りを 別のもっと生産的な何かに 向けることができます

So often/ when we talk about anger,/ we talk about how to keep from getting angry.//

怒りが話題にのぼると どうすれば怒らずに済むか という話になりがちです

We tell people/ to calm down/ or relax.//

落ち着きなさい リラックスしなさい

We even tell people/ to let it go.//

気にするな などと言われます

And all of that assumes/ that anger is bad/ and/ that it's wrong/ to feel it.//

どれも 怒りは悪であり 怒りを感じるのは 悪いことだという前提に立っています

But instead,/ I like to think/ of anger/ as a motivator.//

私はそれよりも 怒りを 動機づけと考えたいと思います

The same way/ your thirst motivates you/ to get a drink of water,/ the same way/ your hunger motivates you/ to get a bite/ to eat,/ your anger can motivate you/ to respond to injustice.//

喉が渇けば 水を一杯飲みたくなり お腹が空けば 一口食べたくなるように 怒りは不当な物事に対処する 動機にもなるのです

Because we don't have to think too hard/ to find things/ we should be mad about.//

何に対して怒ろうかと 頭をひねる必要はありません

When we go back/ to the beginning,/ yeah,/ some of those things,/ they're silly and not worth/ getting angry over.//

冒頭の話に戻ると 確かに 怒る価値もないような くだらないこともありますが

But racism,/ sexism,/ bullying,/ environmental destruction,/ those things are real,/ those things are terrible,/ and the only way to fix them is to get mad first/ and then/ channel/ that anger/ into fighting back.//

人種差別 性差別 いじめ 環境破壊などは 実際に存在しますし 許しがたいことです このような問題を解決するには まず怒りを感じ その怒りを元に 戦うしかありません

And you don't have to fight back/ with aggression or hostility or violence.//

戦う際には 攻撃性も 敵意も暴力も不要です

There are infinite ways/ that you can express your anger.//

怒りを表す方法は無限にあります

You can protest,/ you can write letters/ to the editor,/ you can donate to and volunteer/ for causes,/ you can create art,/ you can create literature,/ you can create poetry and music,/ you can create a community/ that cares for one another/ and does not allow those atrocities/ to happen.//

抗議運動をしたり 編集部に手紙を書いたり 社会運動に寄付や ボランティアで貢献したり アートや文学を創作したり 詩作や作曲をしてもいいし お互いに相手を思いやる 共同体を作って 非道な行為を許容しない というやり方もあります

So the next time/ you feel yourself/ getting angry,/ instead of trying to turn it off,/ I hope/ you'll listen to/ what that anger is telling you.//

この次 怒りが わき起こってきたときは 抑え込もうとせずに その怒りが教えてくれていることに 意識を向けて

And then/ I hope/ you'll channel it/ into something/ positive and productive.//

前向きで生産的な何かに 向けてみてください

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

alright

=all right

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

dutiful

本分を守る,義務を果たす,従順な

(行いなどが)礼儀正しい,折り目正しい

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

gym

〈C〉=gymnasium l

〈U〉(学科目の)体操(gymnastics)

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

secretly

内密に,こっそり(in secrecy)

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

laughter

『笑い』,笑い声

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

suggestion

〈U〉〈C〉『提案,』提案すること

〈C〉『提案されたもの(こと)』

〈C〉〈U〉そりとなく言うこと,暗に示すこと;連想させること

〈C〉《a~》『少しばかり』(の…),少量(の…)《+of+名》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

researcher

研究者,調査員

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

yell

(…を求めて)『大声で叫ぶ』《+for+名》;(…に)大声をあげる《+at+名》

(…に向かって)…‘を'叫んで(大声で)言う《+out+名(+名+out)+at(to)+名》

『叫び声』金切り声,わめき

cap

(縁のない)『帽子』,制帽

(形・用途が)帽子に似たもの;万年筆のキャップ,時計の中ぶた,びんのふた,キノコのかさなど

(銃弾の)雷管;おもちゃのピストル玉

頂上,最高

…‘に'帽子をかぶせる

…‘の'頂をおおう

〈人が言った・した事〉‘の'上手(うわて)を行く,'を'しのぐ

…‘に'栄誉を与える

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

therapist

治療専門家

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

protest

(…に対する)『抗議』,異議の申し立て;(少し軽い意味で,…への)反対,不満《+『against』+『名』》

(…に対して,…について)『抗議をする』,異議を申し立てる《+『about』(『against』)+『名』(do『ing』)+『at』(『to』)+『名』》

(不信に対して,また不満・反対があって)…‘を'『主張する』,『断言する』

《米》…‘に'坑議する(protest against)

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

rattle

『ガタガタ(ガラガラ)音を立てる』

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》『ガタガタ(ガラガラ)と動く』

ぺちゃぺちゃ話す《+『on(away)』》

…‘を'ガタガタ(ガラガラ)いわせる

…‘を'す早く言う;〈詩など〉‘を'さっと暗誦する《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

《話》〈人〉‘を'混乱させる,当惑させる

〈U〉《a ~》ガタガタ(ガラガラ)いう音

〈C〉(特に,赤ん坊用の)がらがら

〈C〉ガラガラと音を立てるガラガラヘビの尾の先端

dad

『おとうちゃん』

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

mom

=mother

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

attest

〈真実性など〉'を'証明する,‘の'証拠となる

(…を)証明する,立証する《+『to』+『名』(do『ing』)》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

lives

lifeの複数形

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

grief

〈U〉(…についての)『深い悲しみ』,悲嘆《+『at』(『for』,『over』,『about』)+『名』》

〈C〉(…にとっての)悲しみのもと,嘆きの種《+『to』+『名』〈人〉》

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

occasion

〈C〉(事が起こる,特定の)『時』,場合

〈C〉『でき事』;(しばしば)意義深いでき事

〈U〉〈C〉『機会』,好機

〈U〉〈C〉『理由』,根拠;必要

…‘を'引き起こす,生じさせる

wedding

(特に,教会で誓いを済ませた後で宴会のある)結婚式,婚礼

vacation

〈C〉《おもに米》『休暇』,休み(《英》holiday)

〈C〉〈U〉《文》(部屋・家・土地などを)明け渡すこと,立ちのき;辞職,退任《+of+名》

(…で)『休暇をとる』《+at(in)+名》

mar

…‘を'汚す,傷つける

《文》…‘を'損なう(spoil)

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

frustration

〈U〉(努力・計画などの)失敗,ざ折,落胆,失意;〈C〉(具体的な事柄の)失敗,ざ折

〈U〉(心理学で)欲求不満,フラストレーション

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

delay

…'を'『延期する』,延ばす

〈事故などが〉…'を'『遅らせる』

『ぐずぐずする』,『手間取る』

『遅れ』,遅延

『延期』,猶予

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

ultimately

最後に,ついに

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

interfere

(‥に)『干渉する』,口出しをする(meddle)《+『in』(with』)+『名』)『wh-節』(『句』,do『ing』)》

(仕事・状況などの)『妨げとなる』,邪魔になる《+『with』+『名』(do『ing』)》

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

jerry

=chamber pot

chapter

(各種の文章の)『章』(《略》chao.,Chap.,ch.,Ch.,c.)

〈C〉(人生・歴史・事がらの)重要な一時期

《集合的に》聖堂参事会,修道院義士会

(協会・組合・クラブなどの)地方支部,分会

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

milk

(雌の哺乳(ほにゅう)動物が分泌する)乳,(特に食料としての)『牛乳』,『ミルク』

(植物の)乳汁,乳剤,乳液

〈牛など〉‘の'乳をしぼる

〈情報など〉‘を'引き出す;(…を)〈人〉‘から'しぼり取る《+『名』+『of』+『名』》

(毒を)〈蛇〉‘から'抜き取る《+『名』+『of』+『名』》

〈牛などが〉乳を出す

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

provocation

怒らせること,挑発する(される)こと

〈U〉〈C〉怒らせる原因,挑発するもの

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

decade

『10年間』

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

comprehensive

理解力のある,分かりのいい

包括的な,範囲の広い

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

irritate

…‘を'『怒らせる』,『いらだたせる』

…‘を'刺激する;…‘に'炎症を起こさせる

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

chew

〈食物〉'を'『かむ』,かみくだく

…'を'かんで作る

かむ,かみこなす

かむこと;〈C〉かみ,一口

loudly

『大声で』,『騒々しく』,声高に

はでに,けばけばしく

surprisingly

驚くほどに

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

roundabout

遠回りの,回り道の・(言葉などが)遠回しの,間接の・= merry-go-round・traffic circle

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

rage

〈U〉〈C〉『激怒』,憤激

〈U〉〈C〉《おもに文》(風・波などの)『猛威』,激しさ《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情・欲望などの)激しさ,強烈さ《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)熱望,熱情《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《話》(一時的に)『大流行しているもの』

(…に)『激怒する』,憤激する《+『against』(『about,at,over』)+『名』(do『ing』)》

〈風・波などが〉『荒れ狂う』,猛威をふるう

sometime

(未来の)『いつか』;そのうち

(過去の)あるとき;以前

かつての,以前の(former)

minor

『小さいほうの,少ない』

(階級・地位・重要性などが)『劣ったほうの』,重要でない

重大ではない

未成年の

(音楽で)短調の

未成年者

(大学の科目・課程の)副専攻科目

(音楽で)短調

《the minors》《米》=minor league

racism

民族主義,民族的優越感;人種差別

民族主義政策(体制)

sexism

(職業選択などでの)女性差別主義,男女差別

environmental

環境の;自然環境の

destruction

『破壊』[行為]

破壊された状態,破滅,絶滅

破壊手段,破壊をもたらすもの

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

oddly

奇妙に;不思議に

wet

『ぬれた』,湿った,乾いていない

『雨でぬれた』;雨降りの

《米》非(反)禁酒主義の

《英話》《軽べつして》(人が)気が弱い,湿っぽい,からっとしていない

《the wet》(特に雨後の)湿った地面

《the wet》『雨』;雨天

《しばしば a wet》《英俗》『酒』

…‘を'『ぬらす』,湿らせる

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

shirt

(えり付きの男物)『シャツ』,ワイシャツ

《米》(下着の)シャツ,はだ着(undershirt)

accidentally

偶然に,思いがけなく

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

counter

(商店・銀行などの)『売り台』,勘定台,カウンター

(食堂などに)『カウンター』

(おもちゃの)模造貨幣

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

bathroom

『浴室』,ふろ場

便所(toilet)

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

gross

『全体の,総計の』(entire)

(人が)太りすぎた,でぶの

粗野な,下品な(vulgar)

(食物が)粗悪な

(誤り・誤解などが)はなはだしい,全くひどい(very bad)

(植物が)はびこった,伸びほうだいの…(霧などが)濃い,密な

グロス(12ダース,144個)

《the~》《文》全体;大部分

…の総利益をあげる

flash

(花・炎などの)『ひらめき』,ぴかっと(ぱっと,ちらっと)光ること;閃光(せんこう)《+『of』+『名』》

(機知などの)『ひらめき』;(喜びなどが)急にわいてくること《+『of』+『名』》

(写真の)フラッシュ

瞬間

ニュース速報,特報

『ぱっと光る』,(反射して)きらめく

〈目などが〉きらりと(ぎらっと)光る

(心に)〈言葉・考えなどが〉『ひらめく』《+『through』(『into, across』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人・車などが〉さっと通り過ぎる

…‘を'ぱっと照らす;〈火・光〉‘を'ぱっと発する

…‘を'ちらり(ぴかり,ぎらり)とさせる

(…に)〈サイン・視線など〉‘を'すばやく送る,さっと送る《+『名』+『at』+『名』》

(電信で)…‘を'急送する,速報する

急で短い,瞬間的な

《英話》(現代ふうで)気のきいた

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

tease

〈人・動物〉‘を'『いじめる』,からかう

《米》(逆にくしを入れて)〈髪〉‘を'逆立てる

〈布〉‘に'毛羽を立てる

(紡ぐため)〈羊毛など〉‘を'すく

人(動物)をしつこくいじめる(からかう)

いじめる人,からかう人

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

unpleasant

『不愉快な』,不仇感を与える,いやな

unfair

不公平な,不当な,かたよった

(商取引などが)公正でない,不正の

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

powerless

力の無い,無能な

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

vacuum

真空

《単数形で》‘空虚',‘空所',空白

(現実から隔離された)孤立状態

《米》=vacuum cleaner

‘…を'電気そうじ機でそうじする

電気掃除機をかける

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

hungry

『飢えた』,空腹の;空腹にさせる

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,渇望して《+『after』(『for』)+『名』》

(土地などが)不毛の,やせた

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

anxious

(物事が)『気になる』,不安な

《話》《補語にのみ用いて》『切望して』,熱望して

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

interpret

〈物事〉‘を'『解釈する』,受け取る;…‘の'意味を明らかにする,‘を'説明する

〈外国語で表現されたもの〉‘を'『通訳する』,翻訳する(translate)

…‘を'自分の解釈に基づいて演じる(演奏する)

『通訳をする』

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

blameworthy

非難すべき,とがめるべき

punishable

(死刑・懲役などで)罰しうる,罰すべき《+『by』(『for』)+『名』》

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

appraisal

評価;鑑定;(物の)値踏み

evaluate

…‘を'評価する,‘の'数量を見積る

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

secondary

『第2の』,2番目の;(…の)次の《+『to』+『名』》

派生的な,二次的な,あまり重要でない

中等学校[教育]の

二次電流の

cope

対抗する;(難局に)対処する,打ち勝つ《+『with』+『名』》

illustrate

…‘を'『説明する』,例証する

〈本・雑誌など〉‘に'図解(挿絵)を入れる

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

driving

推進する,伝動の,駆動の

猛烈な,激しい

精力的な,勢いのよい

効果的な,強力な

(自動車)運転の

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

written

write の過去分詞

『書かれた』,文書にした,成文の

unwritten

書かれていない,記録されていない;口頭の

(成文化されてなく)慣習による

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

violate

〈約束・法律・条約など〉‘を'『破る』,犯す

《おもに文》〈静けさなど〉‘を'乱す,妨害する

〈神聖なもの〉‘を'汚す

《文》《遠回しに》〈女性〉‘に'暴行を加える、強姦する(rape)

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

anonymous

作者不明の

名を伏せた,匿名の

名もない,人に知られていない

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

wrath

憤怒,激怒

thus

『このように』,かくかくして

『従って』,だから

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

hurry

『急ぐ』,あわてて行く(する)

〈動作など〉‘を'『早める』,〈事〉‘を'『急いでする』,急がせる

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'急がせる,せき立てる

(…へ)…‘を'急いで動かす(送る,運ぶ)《+『名』+『to』+『名』》

急ぐこと,大急ぎ

《否定文・疑問文で》(…を)急ぐ必要《+『for』(『about』)+『名』》

《話》なかなか…する気にならない《+『to』 do》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

pile

〈C〉(…の)『積み重ね』《+『of』+『名』》

《話》『多数』(…の),たくさん(の…),大量(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》大金

〈C〉大建築物[群]

〈C〉=nuclear reactor

《副詞[句]を伴って》…‘を'『積み重ねる』,積み上げる

(…を)〈容器〉‘に'積み上げる,盛る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'畜積する,ためる《+『輝箇』+『名,』+『名』+『up』》

『積み重なる』,積もる《+『up』》

《話》《方向・状熊を表す副詞[句]を伴って》どやどやと動く

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

broke

breakの過去形

ほとんど(全く)金を持たない,文なしの

destitute

貧困な(very poor)

《補語にのみ用いて》(…を)奪われた,欠いた《+『of』+『名』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

chronic

(病気が)長期にわたる,慢性の

《名詞の前にのみ用いて》常習の,癖になった

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

causation

引き起こすこと,原因となること

=causality

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

inanimate

生命のない(lifeless)

生気のない,退屈な(dull)

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

ridiculous

『おかしな』・『ばかばかしい』,とんでもない

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

stoplight

《米》=traffic light

(自動車の)ブレーキランプ

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

inflammatory

炎症を起こす,炎症性の

憤激させる,扇動的な

fool

〈C〉『ばか者』

〈C〉(昔,王候貴族に仕えた)道化師(jester)

〈U〉〈C〉フール(煮てつぶした果物にクリームをかけた食品)

〈人〉‘を'だます,かつぐ

〈人が〉ばかなまねをする,ふざける,冗談をいう

愚かな

idiot

(3‐4歳以下の知能しかない)白痴

《話》ばか(fool)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

psychologist

心理学者

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

cognitive

認識の(に関する,を要する)

distortion

〈U〉(話・真実・事実などを)ゆがめること,曲げて伝えること

〈U〉(形の)ゆがみ,ねじれ;〈C〉ゆがんだ(ねじれた)もの

(光の)ひずみ,収差

irrational

理性のない

理性に反する,ばかげた(absurd)

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

totally

全く,完全に

rational

(物事が)『道理にかなった』,合理的な

(人が)『理性的な』,分別のある

『理性を備えた』

(数が)有理の

cruel

(人・行動が)『残酷な』,無慈悲な

『悲惨な』,むごい

selfish

(人・言動などが)『利己的な』,自分本位の

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

poorly

『貧しく』,乏しく,不十分に

『へたに』,まずく

健康がすぐれない,病身な

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

alert

『油断のない』,用心深い

(頭の回転・動作などが)機敏な

(動作が)敏しょうな

〈U〉《しばしばthe ~》警戒,用心

〈C〉警報;警報発令期間

(…に対して)…‘に'警報(警告)を出す,警戒態勢をとらせる《+『名』+『to』+『名』》

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

injustice

〈U〉『不正』,不便,不公平

〈C〉『不正』(『不法』)『行為』

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

sweat

〈U〉『汗』

〈U〉(一般に,物の表面にできる)湿気,露,水滴

〈U〉《しばしばa ~》発汗[状態];〈C〉発汗作用

〈U〉《しばしばa ~》《話》心配(いらだち,怒り)の状態

〈U〉《しばしばa ~》骨折り,つらい労働

『汗をかく』

(一般に,物の表面が)湿気を帯びる,汗をかく

《話》汗水流して働く

〈水分〉‘を'毛穴などから出す

…‘に'汗をかかせる

〈体重など〉‘を'汗を流して減らす《+away(off)+名,+away(off)+名》

…から水分を出させる

〈人・馬など〉‘を'汗水流して働かせる,酷使する

sympathetic

『同情的な』,思いやりのある

気に入った,好意的な,共鳴する

《まれ》気性に合った,気心の合った

nervous system

《the ~》神経系統

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

digestive system

消化器系統

conserve

(損傷・腐敗などしないように)…'を'保存する,保護する

《文》〈果物〉'を'砂糖煮にする,ジャムにする

(果物の)砂糖煮,ジャム

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

blood vessel

血管

dilate

…‘を'広げる,膨張させる

広がる;膨張する

《文》(…を)詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

physiological

生理学上の;生理的な

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

physically

物質的に;身体上;物理的に

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

swing

(一定の動きで)…‘を'『振る』,揺り動かす

(一点を軸にして)…‘を'『回転させる』,ぐるりと回す

〈棒など〉‘を'『振り回す』

…‘を'向きを変える

〈物〉‘を'『つるす』,掛ける

《米話》〈取引きなど〉‘を'うまく処理する,思いどおりに操る

(…から別の意見・立場などに)…‘を'変える《+from+名+to+名》

《副詞[句]を伴って》(一定の動きで)『揺れる』,揺れ動く;ぶらんこに乗る

(一点を軸にして)『回転する』,ぐるりと回る

(大きく弧を描くように)(…を)打つ《+at+名》

(…の方に)向きを変える《+on(onto,to,into)+名》

のびのびと調子よく歩く,活動的になる

《話》(…のことで)絞首刑になる《+for+名》

(別の意見・立場などに)変わる《+to(toward)+名(doing)》

《話》〈音楽が〉スイング風である(に演奏する)

〈C〉〈U〉(一定の動きを伴う)揺れ,振動;(ある方向への)揺れ動き《+toward+名》

〈C〉振幅

〈C〉『ぶらんこ』;ぶらんこ遊び

〈U〉《しばしば a~》リズミカルな動き(歩き方)

〈C〉(…を)大きく振ること,打つこと《+of+名》

〈U〉活動の自由

〈U〉スイング(1930‐40年代のジャズのリズム)

〈C〉各国・各大陸を飛び歩く

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

regulate

(規則などで)…‘を'『規制する』,『統制する』

〈機械など〉‘を'『調整する』

〈量や率など〉‘を'ある限度内におさえる

lash

〈C〉(皮製の)『むちひも』,むち

〈C〉『むちの一打ち』;《the ~》(昔の刑罰で)むち打ちの刑罰

〈C〉(むちのような)素早い動き;(むち打つような)激しい非難,痛烈な皮肉

〈C〉まつげ(eyelash)

〈人・動物〉‘を'『むちで打つ』

〈風・雨・波などが〉…‘を'激しく打つ

〈むち・尾など〉‘を'『激しく振る』

(言葉で)…‘を'厳しく非難する《+『名』+『with』+『名』》

〈人など〉‘を'刺激して(かり立てて)(…)させる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)『激しく打つ』《+『at』+『名』》

(…に)〈雨・風・波などが〉『激しく打ちつける』《+『against』+『名』》

〈尾などが〉激しく動く《+『about』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

relax

〈緊張・力など〉‘を'『ゆるめる』,和らける(loosen)

〈規則など〉‘を'緩和する

〈人〉‘を'楽にさせる,くつろがせる

〈緊張・力などが〉『ゆるむ』,和らぐ;〈規則などが〉緩和される

〈人が〉楽にする,くつろぐ,緊張をほぐす

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

instead

『その代りとして』,それよりも

thirst

『のどの渇き』,渇

《a ~》(…に対する)『渇望』,熱望《+for+名》

(進行形にできない)《古》のどが渇く(be thirsty)

(…を)『渇望する』,熱望する《+for(after)+名》

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

hunger

〈U〉『飢え』,空腹

〈C〉《単数形で》(…に対する)『渇望』,熱望《+『for』(『after』)+『名』》

空腹を感じる,腹がへる

(…を)切望する,熱望する(long)《+『for』(『after』)+『名』》

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

bully

弱い者いじめ,がき大将

〈弱い者〉'を'いじめる,おどかす

《話》(…にとって)すてきな,すばらしい《+『for』+『名』》

うまい,でかした

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

aggression

〈U〉〈C〉(武力による他国への)侵略,攻撃

〈U〉〈C〉(他人の権利などへの)侵害

hostility

〈U〉(…への)敵意,敵がい心《+『toward』(『to』)+『名』》

〈C〉敵対行為

《複数形で》戦争[状態]

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

infinite

(空間・数・量・程度などについて)『無限の』,限りがない

ばく大な,非常に大きい(very great)

《the I-》神(God)

《the ~》無限なもの,無限の空間(時間)

(数学で)無限

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

poetry

《集合的に》(文学の一部門としての)『詩』,韻文

《集合的に》(ある詩人・国などの)詩集,詩歌

詩的なもの,詩情

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

atrocity

〈U〉残虐,凶暴;〈C〉残虐行為

〈C〉《話》ひどいへま

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画