TED日本語 - スティーブン・デベリー: 街の東側に貧困地域が多いのはなぜか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

社会的、経済的、環境的にぎりぎりの生活をするコミュニティの共通点は何でしょう?1つは、都市の東側に位置している傾向があるということ。この驚くべき洞察をテーマとした、短いトークでは、人類学者であり投資資本家のスティーブン・デベリーが、カリフォルニア州のイーストパロアルト、イーストエルサレムなどの都市では、都市の環境要素と人的要素の両方によって必然的に格差が生まれたのだと説明し、さらに単純明快な解決法を紹介します。

Script

私がお話ししたいのは 第一原理と 自分が大切に思う 地域社会についてです 特に カリフォルニア州の イーストパロアルト 素晴らしい人々が たくさんいるのですが シリコンバレーを貫く 国道101号線によって 不自然に分断されてしまっている 地域でもあります 同じパロアルトでも国道を挟んで 西側は「持つ者」が住んでいます 教育、所得、水の供給など 考えられるもの 何に関してもです 国道を挟んで東側には 「持たざる者」が住んでいます イーストパロアルトを 知らない方も 同じような東西格差を ご存知かもしれません イーストピッツバーグでは 鉄道の線路が 街を線引きし イーストデトロイトでは グロス・ポイント・ゲートが境目です イーストセントルイス、イーストオークランド、イーストフィリーも なぜ 社会的、経済的、環境的に ぎりぎりの生活をする地域が 街の東側に位置することが 多いのでしょうか? 分かったのは 風が理由だということです

地球を 北極から見てみると 反時計回りに 自転していると分かります この影響により 北半球と南半球の風は 地球の自転と同じ方向に 吹いています つまり 東向きです これを キャンプファイヤーにたとえて 考えてみましょう 10人が座りますが 全員を暖かく保つ必要があります ここでの問題は 顔に煙たい風を 受けるのは誰か?です 答えは 権力を持たない人です

このキャンプファイヤーでのような力関係が アメリカだけではなく 世界中の都市で見られます イーストロンドンやパリの東側でも 同じことが起きています イーストエルサレムでも この会場から通りを下った先でさえ ― 社会的弱者が多い イーストバンクーバーでもそうです 気づいたのは 私だけではないはずです 何年も オタクのように 情報収集してきて ようやくイギリスで 産業化時代の有害ガスの拡散状況を モデル化した経済歴史学者の 集団を見つけました 彼らが数学的に出した結論は 私が人類学者として出した 結論と同じでした それは 風向きと汚染が 貧困地域を 東側に追いやっているということです 産業化時代を支配した考え方は 格差が軸となっていました 「持つ者と持たざる者」の話です 私達の文化の一部と化しています だから 皆さんは もし私が 「線路のあちら側の人間」と言ったら ズバリどういう意味か分かるわけです 汽車から出る汚い煙が吹く風下の方向が 語源となった表現です ほとんどの場合 東側のことです 東側は必ず貧困地域であるとか 貧困地域は必ず東側にあると 言いたいわけではなく 少し視野を広げ 街の設計が生む 格差の話をしようとしているわけです さて 高速、川、線路からの 方角の話といえば 決まって 東側の地域のことです

風向きは明らかに 自然現象ですが 人と人を隔てるための 街の設計方法は 自然ではありません アメリカにある 東側のコミュニティは全て 人種隔離政策の時代に 作られたという事実を考えれば 全ての人に配慮した設計など 明らかに目指していなかったので 「レッドライニング」などの 問題が起こりました なんと政府が金融機関向けに 融資するべきではないという地域を 地図にまでしていたのです 実際に作られた 地図の一部です それぞれの都市で 赤色の地域が東側に 固まる傾向にあるのが 分かりますね このような金融方針は 現実に 貧困を作り出してしまいました 融資が得られない地域では 固定資産税の回収額が下がり 税収に比例して教育の質が下がるため 十分に教育を受けた労働者が減り 驚くなかれ 所得も下がります つまり ローンを利用する資格が 得られないということです 本当に悪循環ですよね 今のは 融資だけの話です 様々な分野で 同等に 悪質な設計が行われてきました 水道のインフラや 生鮮食品店を建てるか 酒屋を建てるかを決める際や ハイテク製品を誰のためにデザインし どう投資するかを決める際さえもです

これらの害 全てひっくるめて 私達人間の未熟さの産物です 私達が歴史に残したい 姿ではないと思いますが 私達が この100年の間に 東側のコミュニティに 行ってきたことです でも ずっとこのままである 必要はないことが救いです 私達は まずい設計のせいで 東側のジレンマに 自ら陥りましたが 良い設計があれば 抜け出せます 良い設計の第一原理は 実際はとてもシンプルだと思います 全ての人のことを考えて設計すると 決めることから始めればいいのです キャンプファイヤーのたとえを 振り返ると 全ての人に配慮するには 誰の顔にも煙がかからないように 馬蹄の形に座ればいいのかも しれません

都市再開発についても 言及すべきですね この画像の意味は 東側の地域に転がり込み 住民をどかしていいということでは 決してありません

(拍手)

何が言いたいのかというと 全ての人のことを考えるという 第一原理から始めれば 単純明快な解決策が 皆さんが思うより もっと当たり前のものになるでしょう

シリコンバレーで パロアルトとイーストパロアルトの 溝を埋めるための単純明快な解決策には 何があるでしょう? 難しいほうの街 イーストパロアルトから 考え始めたいところです そこは 革新と富が集中する場所 シリコンバレーの 中心に位置しています この問題を解決するなら まずはこの街からでしょう イーストパロアルトの問題を 解決できたら その解決策を他の東側地域にも 適用すればよいのです 考えてみれば 実はこれは 巨大な投資のチャンスであり 政策の変更や慈善事業を 推し進めるチャンスでもあります しかし根本的には 設計の基本原理の話であり 全ての人に配慮するという決定を するか否かという選択の話です

親愛なる皆さん これは私達の選択です 私達には資本があります 私達の手元には技術があり しかも常に発展し続けています 現在 この建物や TEDコミュニティには 世界でも有数の起業家が 何人もいます しかし 根源的な質問は 「街の設計をする目的は? 持つ者と持たざる者を増やすため? 格差を広げるため? もしくは 格差を減らし 一緒に暮らす選択をするのか」

なぜなら 現実世界では 現代はもう産業化時代ではないのです 人種隔離政策があった時代に 生きているわけではありません 真実を言いましょう 「線路のあちら側」はありません この事実を念頭に 経済制度や地域を設計するべきだ と言いたいわけです

ありがとうございました

(拍手)

I came to talk about first principles and communities that I love -- especially East Palo Alto, California, which is full of amazing people. It's also a community that's oddly separated by the 101 freeway that runs through Silicon Valley. On the west side of the freeway in Palo Alto are the "haves," on just about any dimension you can think of: education, income, access to water. On the east side of the freeway are the "have-nots." And even if you don't know East Palo Alto, you might know the story of eastside disparity, whether it's the separation of the railroad tracks in East Pittsburgh or the Grosse Pointe Gate in East Detroit or East St. Louis, East Oakland, East Philly. Why is it that communities on the social, economic and environmental margin tend to be on the east sides of places? Turns out, it's the wind.

If you look at the Earth from the North Pole, you'd see that it rotates counterclockwise. The impact of this is that the winds in the northern and the southern hemispheres blow in the same direction as the rotation of the Earth -- to the east. A way to think about this is: imagine you're sitting around a campfire. You've got to seat 10 people, you've got to keep everyone warm. The question is: Who sits with the smoky wind blowing in their face? And the answer is: people with less power.

This campfire dynamic is what's playing out in cities, not just in the US, but all around the world: East London; the east side of Paris is this way; East Jerusalem. Even down the street from where we're sitting right now, the marginalized community is East Vancouver. I'm not the only one to notice this. I nerded on this hard, for years. And I finally found a group of economic historians in the UK who modeled industrial-era smokestack dispersion. And they came to the same conclusion mathematically that I'd come to as an anthropologist, which is: wind and pollution are driving marginalized communities to the east. The dominant logic of the industrial era is about disparity. It's about haves and have-nots, and that's become part of our culture. That's why you know exactly what I'm talking about if I tell you someone's from the "wrong side of the tracks." That phrase comes from the direction that wind would blow dirty train smoke -- to the east, usually. I'm not saying every single community in the east is on the margin, or every community on the margin is in the east, but I'm trying to make a bigger point about disparity by design. So if you find yourself talking about any cardinal direction of a freeway, a river, some train tracks, you're talking about an eastside community.

Now, the wind is obviously a natural phenomenon. But the human design decisions that we make to separate ourselves is not natural. Consider the fact that every eastside community in the United States was built during the era of legal segregation. We clearly weren't even trying to design for the benefit of everyone, so we ended up dealing with issues like redlining. This is where the government literally created maps to tell bankers where they shouldn't lend. These are some of those actual maps. And you'll notice how the red tends to be clustered on the east sides of these cities. Those financial design decisions became a self-fulfilling prophecy: no loans turned into low property tax base and that bled into worse schools and a less well-prepared workforce, and -- lo and behold -- lower incomes. It means that you can't qualify for a loan. Just a vicious downward spiral. And that's just the case with lending. We've made similarly sinister design decisions on any number of issues, from water infrastructure to where we decide to place grocery stores versus liquor stores, or even for whom and how we design and fund technology products.

Collectively, this list of harms is the artifact of our more primitive selves. I don't think this is how we'd want to be remembered, but this is basically what we've been doing to eastside communities for the last century. The good news is, it doesn't have to be this way. We got ourselves into this eastside dilemma through bad design, and so we can get out of it with good design. And I believe the first principle of good design is actually really simple: we have to start with the commitment to design for the benefit of everyone. So, remember the campfire metaphor. If we want to benefit everyone, maybe we just sit in a horseshoe, so nobody gets the smoke in their face.

I've got to make a note to the gentrifiers, because the point of this image is not to say you get to roll into eastside communities and just move people out of the way, because you don't.

(Applause)

But the point is, if you start with this first principle of benefiting everyone, then elegant solutions may become more obvious than you assume.

What are the elegant solutions to close this gap between Palo Alto and East Palo Alto in Silicon Valley? I've got to like the odds of starting with EPA [ East Palo Alto ] . It's in the middle of Silicon Valley, the epicenter of innovation and wealth creation. If we can solve this problem anywhere, it ought to be here. And if we can solve the problems for EPA, we could apply those solutions to other eastside communities. If you think about it, it's actually a massive investment opportunity and an opportunity to drive policy change and philanthropy. But at the core, it's this fundamental design principle, this choice of whether we're going to decide to take care of everyone.

And it's a choice we can make, loved ones. We've got the capital. We've got technology on our side, and it keeps getting better. We've got some of the best entrepreneurs in the world in this building and in these communities right now. But the fundamental question is: What are we designing for? More haves and have-nots? More disparity? Or parity, the choice to come together.

Because the reality is, this is not the industrial era. We don't live in the era of legal segregation. So the punchline is, there is no wrong side of the tracks. And all I'm saying is, we should design our economy and our communities with that in mind.

Thank you.

(Applause)

I came to talk about first principles and communities/ that I love --/ especially/ East Palo Alto,/ California,/ which is full of amazing people.//

私がお話ししたいのは 第一原理と 自分が大切に思う 地域社会についてです 特に カリフォルニア州の イーストパロアルト 素晴らしい人々が たくさんいるのですが

It's also/ a community/ that's oddly separated by the 101 freeway/ that runs through Silicon Valley.//

シリコンバレーを貫く 国道101号線によって 不自然に分断されてしまっている 地域でもあります

On the west side of the freeway/ in Palo Alto are the "haves,/"/ on just about any dimension/ you can think of:/ education, income, access/ to water.//

同じパロアルトでも国道を挟んで 西側は「持つ者」が住んでいます 教育、所得、水の供給など 考えられるもの 何に関してもです

On the east side of the freeway are the "have-nots."//

国道を挟んで東側には 「持たざる者」が住んでいます

And/ even if you don't know East Palo Alto,/ you might know the story of eastside disparity,/ whether it's the separation of the railroad tracks/ in East Pittsburgh or the Grosse Pointe Gate/ in East Detroit or East St.// Louis,/ East Oakland,/ East Philly.//

イーストパロアルトを 知らない方も 同じような東西格差を ご存知かもしれません イーストピッツバーグでは 鉄道の線路が 街を線引きし イーストデトロイトでは グロス・ポイント・ゲートが境目です イーストセントルイス、イーストオークランド、イーストフィリーも

Why is it/ that communities/ on the social, economic and environmental margin tend to be on the east sides of places?//

なぜ 社会的、経済的、環境的に ぎりぎりの生活をする地域が 街の東側に位置することが 多いのでしょうか?

Turns out,/ it's the wind.//

分かったのは 風が理由だということです

If you look at the Earth/ from the North Pole,/ you'd see/ that it rotates counterclockwise.//

地球を 北極から見てみると 反時計回りに 自転していると分かります

The impact of this is/ that the winds/ in the northern/ and the southern hemispheres blow/ in the same direction/ as the rotation of the Earth --/ to the east.//

この影響により 北半球と南半球の風は 地球の自転と同じ方向に 吹いています つまり 東向きです

A way to think about this is:/ imagine/ you're sitting/ around a campfire.//

これを キャンプファイヤーにたとえて 考えてみましょう

You've got to seat/ 10 people,/ you've got to keep/ everyone warm.//

10人が座りますが 全員を暖かく保つ必要があります

The question is:/ Who sits with the smoky wind blowing in their face?//

ここでの問題は 顔に煙たい風を 受けるのは誰か?です

And the answer is:/ people/ with less power.//

答えは 権力を持たない人です

This campfire dynamic is/ what's playing out/ in cities,/ not just/ in the US,/ but all/ around the world:/ East London;/ the east side of Paris is this way;/ East Jerusalem.//

このキャンプファイヤーでのような力関係が アメリカだけではなく 世界中の都市で見られます イーストロンドンやパリの東側でも 同じことが起きています イーストエルサレムでも

Even/ down the street/ from where we're sitting/ right now,/ the marginalized community is East Vancouver.//

この会場から通りを下った先でさえ ― 社会的弱者が多い イーストバンクーバーでもそうです

I'm not the only one/ to notice this.//

気づいたのは 私だけではないはずです

I nerded on this hard,/ for years.//

何年も オタクのように 情報収集してきて

And I finally found a group of economic historians/ in the UK/ who modeled industrial-era smokestack dispersion.//

ようやくイギリスで 産業化時代の有害ガスの拡散状況を モデル化した経済歴史学者の 集団を見つけました

And they came to the same conclusion mathematically/ that I'd come to/ as an anthropologist,/ which is:/ wind and pollution are driving marginalized communities/ to the east.//

彼らが数学的に出した結論は 私が人類学者として出した 結論と同じでした それは 風向きと汚染が 貧困地域を 東側に追いやっているということです

The dominant logic of the industrial era is about disparity.//

産業化時代を支配した考え方は 格差が軸となっていました

It's about haves and have-nots,/ and that's become part of our culture.//

「持つ者と持たざる者」の話です 私達の文化の一部と化しています

That's/ why you know exactly what I'm talking/ about/ if I tell you/ someone's from the "wrong side of the tracks."//

だから 皆さんは もし私が 「線路のあちら側の人間」と言ったら ズバリどういう意味か分かるわけです

That phrase comes from the direction/ that wind would blow dirty train smoke --/ to the east,/ usually.//

汽車から出る汚い煙が吹く風下の方向が 語源となった表現です ほとんどの場合 東側のことです

I'm not saying/ every single community/ in the east is on the margin,/ or every community/ on the margin is in the east,/ but I'm trying to make/ a bigger point/ about disparity/ by design.//

東側は必ず貧困地域であるとか 貧困地域は必ず東側にあると 言いたいわけではなく 少し視野を広げ 街の設計が生む 格差の話をしようとしているわけです

So/ if you find yourself/ talking about any cardinal direction of a freeway,/ a river,/ some train tracks,/ you're talking/ about an eastside community.//

さて 高速、川、線路からの 方角の話といえば 決まって 東側の地域のことです

風向きは明らかに 自然現象ですが

But the human design decisions/ that we make to separate/ ourselves/ is not natural.//

人と人を隔てるための 街の設計方法は 自然ではありません

Consider the fact/ that every eastside community/ in the United States was built during the era of legal segregation.//

アメリカにある 東側のコミュニティは全て 人種隔離政策の時代に 作られたという事実を考えれば

We clearly weren't even trying to design/ for the benefit of everyone,/ so we ended up/ dealing with issues/ like redlining.//

全ての人に配慮した設計など 明らかに目指していなかったので 「レッドライニング」などの 問題が起こりました

This is/ where the government literally created maps/ to tell bankers/ where they shouldn't lend.//

なんと政府が金融機関向けに 融資するべきではないという地域を 地図にまでしていたのです

These are some of those actual maps.//

実際に作られた 地図の一部です

And you'll notice/ how the red tends to be clustered on the east sides of these cities.//

それぞれの都市で 赤色の地域が東側に 固まる傾向にあるのが 分かりますね

Those financial design decisions became a self-fulfilling prophecy:/ no loans turned into low property tax base/ and that bled into worse schools and a less well-prepared workforce,/ and --/ lo and behold --/ lower incomes.//

このような金融方針は 現実に 貧困を作り出してしまいました 融資が得られない地域では 固定資産税の回収額が下がり 税収に比例して教育の質が下がるため 十分に教育を受けた労働者が減り 驚くなかれ 所得も下がります

It means/ that you can't qualify for a loan.//

つまり ローンを利用する資格が 得られないということです

本当に悪循環ですよね

And that's just/ the case/ with lending.//

今のは 融資だけの話です

We've made similarly sinister design decisions/ on any number of issues,/ from water infrastructure/ to/ where we decide to place/ grocery stores/ versus liquor stores,/ or even/ for whom and how we/ design and fund technology products.//

様々な分野で 同等に 悪質な設計が行われてきました 水道のインフラや 生鮮食品店を建てるか 酒屋を建てるかを決める際や ハイテク製品を誰のためにデザインし どう投資するかを決める際さえもです

Collectively,/ this list of harms is the artifact of our more primitive selves.//

これらの害 全てひっくるめて 私達人間の未熟さの産物です

I don't think/ this is/ how we'd want to be remembered,/ but this is basically/ what we've been doing to eastside communities/ for the last century.//

私達が歴史に残したい 姿ではないと思いますが 私達が この100年の間に 東側のコミュニティに 行ってきたことです

The good news is,/ it doesn't have to be this way.//

でも ずっとこのままである 必要はないことが救いです

We got ourselves/ into this eastside dilemma/ through bad design,/ and/ so we can get out of it/ with good design.//

私達は まずい設計のせいで 東側のジレンマに 自ら陥りましたが 良い設計があれば 抜け出せます

And I believe the first principle of good design is actually really simple:/ we have to start/ with the commitment/ to design/ for the benefit of everyone.//

良い設計の第一原理は 実際はとてもシンプルだと思います 全ての人のことを考えて設計すると 決めることから始めればいいのです

So,/ remember the campfire metaphor.//

キャンプファイヤーのたとえを 振り返ると

If we want to benefit/ everyone,/ maybe/ we just sit in a horseshoe,/ so nobody gets the smoke/ in their face.//

全ての人に配慮するには 誰の顔にも煙がかからないように 馬蹄の形に座ればいいのかも しれません

I've got to make/ a note/ to the gentrifiers,/ because the point of this image is not to say you get to roll/ into eastside communities/ and just move people/ out of the way,/ because you don't.//

都市再開発についても 言及すべきですね この画像の意味は 東側の地域に転がり込み 住民をどかしていいということでは 決してありません

(拍手)

But the point is,/ if you start with this first principle of benefiting everyone,/ then/ elegant solutions may become more obvious/ than you assume.//

何が言いたいのかというと 全ての人のことを考えるという 第一原理から始めれば 単純明快な解決策が 皆さんが思うより もっと当たり前のものになるでしょう

What are the elegant solutions to close this gap/ between Palo Alto and East Palo Alto/ in Silicon Valley?//

シリコンバレーで パロアルトとイーストパロアルトの 溝を埋めるための単純明快な解決策には 何があるでしょう?

I've got to like/ the odds of starting with EPA [ East Palo Alto ] .//

難しいほうの街 イーストパロアルトから 考え始めたいところです

It's in the middle of Silicon Valley,/ the epicenter of innovation and wealth creation.//

そこは 革新と富が集中する場所 シリコンバレーの 中心に位置しています

If we can solve this problem anywhere,/ it ought to be here.//

この問題を解決するなら まずはこの街からでしょう

And/ if we can solve the problems/ for EPA,/ we could apply those solutions/ to other eastside communities.//

イーストパロアルトの問題を 解決できたら その解決策を他の東側地域にも 適用すればよいのです

If you think about it,/ it's actually/ a massive investment opportunity/ and an opportunity/ to drive policy change and philanthropy.//

考えてみれば 実はこれは 巨大な投資のチャンスであり 政策の変更や慈善事業を 推し進めるチャンスでもあります

But at the core,/ it's this fundamental design principle,/ this choice of whether we're going to decide/ to take care of everyone.//

しかし根本的には 設計の基本原理の話であり 全ての人に配慮するという決定を するか否かという選択の話です

And it's a choice/ we can make,/ loved ones.//

親愛なる皆さん これは私達の選択です

We've got the capital.//

私達には資本があります

We've got technology/ on our side,/ and it keeps getting/ better.//

私達の手元には技術があり しかも常に発展し続けています

We've got some of the best entrepreneurs/ in the world/ in this building/ and/ in these communities right now.//

現在 この建物や TEDコミュニティには 世界でも有数の起業家が 何人もいます

But the fundamental question is:/ What are we designing for?//

しかし 根源的な質問は 「街の設計をする目的は?

More haves and have-nots?// More disparity?//

持つ者と持たざる者を増やすため? 格差を広げるため?

Or parity,/ the choice to come together.//

もしくは 格差を減らし 一緒に暮らす選択をするのか」

Because the reality is,/ this is not the industrial era.//

なぜなら 現実世界では 現代はもう産業化時代ではないのです

We don't live in the era of legal segregation.//

人種隔離政策があった時代に 生きているわけではありません

So the punchline is,/ there is no wrong side of the tracks.//

真実を言いましょう 「線路のあちら側」はありません

And all I'm saying/ is,/ we should design our economy and our communities/ with that/ in mind.//

この事実を念頭に 経済制度や地域を設計するべきだ と言いたいわけです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

especially

『特に』,特別に;きわだって

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

alto

〈U〉アルト,中高音(おもに女性の最低音;以前は男性の高音も意味した)

〈C〉アルト歌手;アルト音域の楽器

アルトの

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

oddly

奇妙に;不思議に

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

freeway

(平面交差のない,多車線式の)高速道路

silicon

ケイ素(非金属元素;化学記号はSi)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

w

week

width

weight

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

income

(一定の)『収入』,所得

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

have-not

(富を)持たない人(国)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

disparity

(…の)本質的な相違;〈C〉本質的な相違点《+『in』(『of』)+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

separation

〈C〉〈U〉『分離』,分割,別離・〈C〉(…の分離(分割)した箇所《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(合意・判決に基づく)夫婦の別居

railroad

『鉄道』,鉄道線路

『鉄道会社』;鉄道施設

《米》…‘を'鉄道で輸送する

《話》〈法案など〉‘を'大急ぎで(…を)通す《+『名』+『through』+『名』》

《米俗》〈人〉‘を'でっち上げの証拠で牢に送りこむ

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

Pittsburgh

ピッツバーグ(米国Pennsylvania州の都市)

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

Detroit

デトロイト(米国Michigan州にある自動車製造で有名な工業都市)

Louis

ルイ14世(1638‐1715;フランス王(1643‐1715))

ルイ16世(1754‐1793;フランス王(1774‐1792)で,フランス革命により断頭台で処刑された)

Oakland

オークランド(米国California州のサンフランシスコ湾に臨む港市)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

economic

『経済の』

『経済学の』

environmental

環境の;自然環境の

margin

『へり』,『縁』,端(edge)

(ページの)『余白』,欄外

(可能の)限界,限度

(空間・時間・経費・活動などの)余裕,余地

利ざや,マージン,販売利益

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

North Pole

北極

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

counterclockwise

時計と反対回りの,左回りの(《英》anticlockwise)

時計と反対回りに,左回りに

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

hemisphere

(地球の)『半球』

半球体

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

rotation

〈U〉〈C〉回転

〈U〉〈C〉(地球・天体の)自転

〈U〉循環;交替;(作物の)輪作

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

campfire

(暖房または炊事用の)野営地のたき火,キャンプファイアー

(キャンプファイアーを囲んで行う)懇親会

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

smoky

(特にたくさん)煙を出す,もくもくと煙の出る

煙でいっぱいの

(性質・外観などが)煙のような

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

Jerusalem

エルサレム(キリスト教徒,ユダヤ教徒,イスラム教徒にとっての聖地;イスラエル共和国の首都)

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

Vancouver

バンクーバー(カナダの British Columbia 州の南西部にある港市)

バンクーバー島(バンクーバーの南西海岸の沖にある島)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

historian

歴史家,歴史学者

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

smokestack

(工場・汽船の)煙突,煙出し

《米》(機関車の)煙突

dispersion

(また『dispersal』)分散[状態],散乱,消散

(光の)分散;(微粒子の)分散

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

anthropologist

人類学者

pollution

(…を)『汚すこと』,汚染すること;(…が)『汚されていること』《+『of』+『名』》

汚染物質(地域)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

wrong side

(布・紙・衣類などの)裏側,内側

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

dirty

『汚い』,汚れた,不潔な;泥だらけの,泥んこの

『不正な』,卑劣な,下劣な

『下品な』,卑わいな,わいせつな

《話》(天気が)荒れ模様の(stormy)

(原子兵器が)汚れた,放射性降下物の多い,放射能の多い

…‘を'『汚す』;〈名誉・名声など〉‘を'汚す,傷つける

汚れる

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

cardinal

『基本的な』;主要な

深紅(しんこう)色の

〈C〉枢機卿(教皇の最高顧問;その数は70人で深紅色の衣装をまとう)

〈U〉深紅色

〈C〉=cardinal number

(また『cardinal bird』)〈C〉(北米産の)ショウジョウコウカンチョウ

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

obviously

明らかに,明白に

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

segregation

分離(隔離,差別)すること(された状態)

(特に黒人に対する)人種差別

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

lend

〈金・金〉‘を'『貸す』

(…に)〈援助〉‘を'与える,〈魅力など〉‘を'添える《+『名』+『to』+『名』》

金を貸す,融資する

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

self-fulfilling prophecy

自己実現的予言 《予言したという事実がその実現をもたらす》・自己達成しつつある予言、自己達成的予言

loan

〈U〉(…の)『貸し付け』《+『of』+『名』》

〈C〉貸し付け金,貸与物

《『loan』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『loan』+『名』+『to』+『名』》《米》…‘に'…‘を'『貸す』(《英》lend)

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

property

動産

tax

〈C〉〈U〉(…に対する)税,税金《+on(upon)+名》

〈C〉《単数形で》(…にとっての)『重荷』,過酷な要求《+on(upon)+名》

〈物品・人〉‘に'『課税する』,税金をかける

…‘に'『重荷を負わせる,』負担をかける

(…の理由で)〈人〉‘を'責める《名〈人)+with+名(doing)》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

bleed

『出血する』,血を流す;血を流して死ぬ

(切り口などから)〈植物が〉樹液を出す

(…に)血の出るような思いをする《+『for』+『名』》

〈絵具・染料などが〉にじむ

(病気の治療として)〈患者〉‘から'血をとる,放血させる

(切口・開口部から)〈血・樹液など〉'を'出す

…‘から'液体(ガス)を抜きとる;(液体・ガスなどを)…‘から'抜きとる《+『名』+『of』+『名』》

《話》…‘から'金をしぼり取る

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

workforce

労働人口,全労働力

lo and behold

なんとまあ

qualify

〈才能・技術などが〉〈人〉‘に'『資格を与える』

(…で)‘を'緩和する,適度にする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'(…と)称する《+『名』〈人〉+『as』+『名』》

(文法で)…‘を'修飾する(modify)

『資格を得る』,検定を取る

(スポーツで)予選を通過する《+『in』+『名』》

vicious

『悪意のある』,意地悪な,残忍な

(馬が)御しにくい;(他の動物が)どうもうな

《米》ひどい,激しい

《文・今はまれ》『悪徳の』,不道徳の,よこしまな

downward

(高さ・状態が)『下の方へ』,低い方へ

…『以来』,このかた

(位置・状態が)『下方への』,下り坂の,下向きの

spiral

らせん(helix)

らせん状のもの;らせんばね;巻き貝

(物価・賃金などの)らせん状上昇(下降)

らせん状の

… ‘を'らせん形にする

らせん形になる;らせん状に動く

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

sinister

不吉な,縁起の悪い

悪意のある,邪悪な(evil)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

grocery

〈C〉《米》『食料品』[『雑貨』]『店』(《英》ではgrocer's, grocery shopなどが普通)

《複数形で》『食料』[『雑貨』]『品類』,乾物類

〈U〉食料品[雑貨]販売業

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

liquor

〈U〉〈C〉《英》『アルコール性飲料』,《米》(特に強い)蒸留酒(発酵によるぶどう酒やビールに対して,特にウイスキー・ブランデーなど)

〈U〉(一般に)液体,(特に)野菜や肉の汁;(薬物の)溶液,水薬

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

collectively

集合的に;集団的に

(文法で,名詞が)集合的に

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

harm

『害』,『損害』;危害

(精神的な)害,災い;不幸;不都合

…‘を'『害する』,‘に'損害を与える,危害を加える

artifact

(天然物と区別して)人工物,加工品;(特に)古代人が使った道具(武器,装飾品)

primitive

『原始の』,太古の

原始的な,そぼくな;古風な,旧式な

原始人

selves

selfの複数形

basically

基本的に,根本的に;元来は

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

dilemma

『板ばさみ』,抜きさしならない羽目,窮地

(論理学で)両刀論法

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

commitment

〈U〉委託,委任

〈U〉〈C〉(刑務所などへの)抱留,(病院などへの)収容《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への…する)公約,約束《+『to』+『名』+『to』do》

〈C〉(…への)かかわり合い;専心,傾倒《+『to』+『名』》

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

horseshoe

てい鉄;馬てい形のもの

〈馬〉‘に'てい鉄をつける

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

applause

『拍手かっさい』;称賛

elegant

(人・服装・デザインなどが)『優雅な』,上品な;(趣味・習慣などが)『風雅な』,高雅な

みごとな,すばらしい;要を得た,的確な

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

opportunity

『機会』,好機

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

philanthropy

〈U〉博愛,慈善

〈C〉慈善事業,慈善行為;博愛(慈善)団体

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

parity

同等,均等,類似

(他国通貨との)等価,平価

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

関連動画