TED日本語 - ディラン・マロン: オンラインの嫌がらせコメントから、オフラインの建設的な対話を生む方法

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

デジタル・クリエイターのディラン・マロンは『Every Single Word(すべての台詞)』や『Sitting in Bathrooms With Trans People(トランスの皆さんとトイレで座り込み)』といったプロジェクトで数百万の視聴回数を集めています。ところが、ネット上での成功の裏側には、嫌がらせがあることに気づきました。彼は次第に、予想外の対処法を身に付けていきます。つまり、彼に対して心無いコメントを残した人々に電話をかけ、「なぜそんな書き込みをしたのか?」とシンプルに質問をするのです。ネット上での人付き合いについて深く考えさせられるこのトークで、彼はこう説明します。「自分ができる最も革命的なことは、対立する相手と実際に対話することであって暴言を吐くことではない」と。

Script

こんにちは 私はネットで嫌がらせを受けています しかも大量にです 嫌がらせは 私の仕事には付きものです 私はデジタル・クリエイターで インターネットに特化した 創作活動をしています 例えば数年前に『すべての台詞』という 動画シリーズを制作しました ヒットした映画を編集して 白人以外の出演者の 台詞だけをつなげました ハリウッドにおける人物描写の問題を 実体験に基づく 見やすい形にしたものです その後 アメリカ中で トランスジェンダーへの嫌悪感丸出しの 「トイレ法」がメディアの注目を 集めるようになって インタビューシリーズの 司会と制作を務めました タイトルは『トランスの皆さんと トイレで座り込み』 文字通り そうしたんです

(笑)

その後 ― どうぞ 拍手は歓迎ですよ

(拍手)

ありがとう 皆さんはYouTubeで パッケージの開封動画を見ますか? ユーチューバーが 最新の電化製品を開封するビデオです そこで私は これを皮肉った 週1回のシリーズで 形のないイデオロギーを 開封しました 「警官の暴力」とか「男らしさ」 「アメリカ先住民に対する不当な扱い」とか

(笑)

私の作品に ― ありがとう 1人だけ拍手してくれてますね

(笑)

やあ 母さん

(笑)

私の番組に人気が出てきました それもかなりの人気で 再生数は数百万回 大量の好意的な意見と 膨大なフォロワーを得ました でもネットで成功した裏側で 私に付きまとったのは ネット上の嫌がらせでした いろいろ言われました 「ベータ」とか「スノーフレーク」 それに 大人気の「寝取られ」とか 安心してください これから説明します

(笑)

わからない方のために 「ベータ」とは ネットスラングで 「男らしくない男」ということです ただ本音を言えば 私はパールのピアスを着けて ファッションセンスは カジュアルな装いのリッチな白人女性 だから 男の中の男なんて目指してません

(拍手)

そんなの無理ですから

(笑)

「スノーフレーク」は 繊細で 自分が特別な存在だと 思っている人に対する嫌味です 私はミレニアル世代で 一人っ子だから そんなの当然でしょう!

(笑)

でも やっぱり最高のお気に入りは 「寝取られ」です 「寝取られ男」を縮めた悪口で 妻に浮気されている 男性のことです でもね 私は筋金入りのゲイですから 妻がいたら 浮気を 勧めるんじゃないかと思います

(笑)

ありがとう では こういう悪口が 実際に使われる様子を見てみましょう 直接的なこともあります 例えば マルコスの書き込みは 「お前は 人間の嫌な部分の塊だ」です ありがとう マルコス 端的に書く人もいます ドノヴァンの書き込みはこうです 「ゲイ野郎 ホ~モ」 ここで言っておきたいんですが ドノヴァンは間違ってません 書き込みの内容は その通りなので 認めるべきは認めましょう ありがとう ドノヴァン ブライアンのように 質問をよこす人もいます 「生まれつきホモなの? それとも だんだんホモに?」 ただ 私がすごくいいと思ったのは ブライアンが書き込んだ後に 手が滑ったんでしょう 私に「いいね!」してきたんです

(笑)

だから 君にも「いいね!」

(笑)

こういうメッセージのことを話すのは 面白いですよね でしょう? 笑い飛ばすのは 気晴らしになりますし でも本当は こんな風に書かれて いい気はしません 初めはコメントの スクリーンショットを撮って 誤字をからかっていましたが すぐに それはエリートじみていて 結局 意味がないと感じました だから 私は予想外の対処法を 身に付けていきました

受け取った嫌がらせメッセージは 大半がSNS経由だったので 送り主のプロフィール写真を クリックすると 大抵の場合 相手の情報が全て見られたのです 彼らがタグ付された写真や 投稿や共有したネタを 見ることができて 画面の向こうに 人間がいるとわかると 少し気分がマシになりました 彼らの書き込みを 正当化する気なんてありませんよ ただ 背景は見えてきました それでも物足りなさを感じて 何人かに電話したんです 怖くなさそうな相手だけですが 出だしの質問はシンプルでした 「なぜそんな書き込みを?」

最初に話した相手はジョシュ ジョシュは書き込みの中で 私を「バカ」で 「アメリカ分断の原因」と呼び その上「ゲイは罪」と 締めくくっていました 初めて会話したときは かなり緊張しました コメント欄ではないので ミュートもブロックもできません もちろん 私から電話を切っても よかったのかもしれませんが そうしたくはありませんでした 話すのが楽しくなり 彼が好きになったからです 会話の一部をお聞きください

(音声 ディラン)ジョシュ きみは ― もうすぐ高校卒業だって言ってたね?

(ジョシュ)ああ

(ディラン)高校はどう?

(ジョシュ)下品な言葉を 使ってもいいのかな

(ディラン)もちろん 大丈夫だよ

(ジョシュ)クソだったね

(ディラン)そうなの?

(ジョシュ)2週間で卒業なのに それでもクソだね 僕はちょっと体格がよくて ― 「デブ」って表現は嫌なんだ ― とにかく クラスのみんなより ちょっと体格がいいから 僕って人間を知る前に みんな先入観を持つみたいなんだ

(ディラン)最悪だね きみには知ってほしいんだけど 僕も高校でいじめられてたんだ 高校でいじめに遭ったという 共通の体験があるからといって 彼の行為を打ち消せるでしょうか それは無理です では たった1本の電話で 政治的に分裂したこの国が 根本的に癒されて 組織的な不正をなくせるでしょうか? そんなこと ありえませんよね では 会話することで プロフィール写真や投稿よりも お互いの人間性が わかるようになったでしょうか? 間違いなく イエスです 私はさらに続けました 一部は「味方」からの 嫌がらせだったんです マシューは 私と同じ 同性愛者で リベラルな芸術家ですが 「リベラリズムの最悪な面を 体現している」と書き込んだ彼に 聞きたいことがありました

(ディラン)この投稿で 僕をタグ付けしたね 僕に見せたかったの?

(マシュー 笑って)正直に言うと 見られるとは思わなかった

(ディラン)公衆の面前で 辱められた経験は?

(マシュー)あるよ でも「だから何だ」って言ってきた

(ディラン)気にしなかった?

(マシュー)辛かったけどね

(ディラン)気にしなかった?

(マシュー)いや 気にしたさ

(ディラン)こういう会話の最後で 自分を振り返ることが よくあります 改めて考えるんです そういうことが起きたのは ダグという男性との電話の最後でした ダグは私のことを 「三流プロパガンダライター」と書きました

(ディラン)2人で話してきたけど 自分がネットに書き込んでいることへの 感じ方は変わった?

(ダグ)変わったよ! きみに「三流ライター」と書いた時は 対話なんてできてなかったし 本当のきみを知らなかった よく思うんだけど それがコメント欄の実態なんだ 相手を知らないのに 誰彼構わず 世間に対する怒りを ぶちまける手段なのさ

(ディラン 笑って)そうだね

(ダグ)でも 今回をきっかけに オンラインでの人付き合いを 考え直してるよ

(ディラン)それで私は こういう会話をたくさん集めて 『僕を嫌う人との対話』という ポッドキャストを制作しました

(笑)

それまで私はこう考えていました 何かを変えたかったら 現実的な手段は 対立する意見を封殺すること そのためには 大げさな言い回しの動画や コメント、投稿をしようと でも すぐに気づきました そんなのを歓迎するのは 元々 私に賛成している人だけなんです 時に...お大事に 時に 自分ができる 最も革命的なことは ― みんな あの人に拍手を

(笑)

自分ができる最も革命的なことは 対立する相手と 実際に対話することであって 暴言を吐くことではないんです

私は電話をかける度に ゲストに自分自身のことを 話してくれるように 必ず頼みます そして相手が答えてくれるから 私は共感できるんです 結局 共感こそが 対話を軌道に乗せるために 最も重要な要素なんです ただ 自分が心底対立している人に 共感しようとすると 傷つきやすくなる気がします だから役に立つ合言葉を 自分で考えました 「共感は支持じゃない」 自分と心底対立する人に 共感するのは 心の奥にある信念を いきなり譲って 相手を支持するという 意味ではありません 例えば 「ゲイは罪」と信じる人に 共感したとしても 私が急に全部投げ出し 荷物をまとめて 地獄への片道切符を 手にする訳ではありません 共感とは 単に成長の過程で 私とは全然違う考え方になった人の 人間性を認めることなんです それから はっきり言っておきたいのは 共感はアクティビズムへの 処方箋ではありません もちろん 中には 自分を中傷する人と話すのは 不安だという人もいますし 自分は社会のはみ出し者だから 他人に共感する気なんて さらさらないと思う人もいます すごくよくわかります これが 私に合ったやり方というだけです

私はポッドキャストのために いろいろな人に連絡しました 丁寧に断る人もいれば メッセージを読んでも無視する人や 私からの招待を 自動ブロックする人もいます ある男性なんて 了解してくれたのに 電話で話し始めて5分で 一方的に切ったのです

このトークが いつかネットで 公開されることは わかっています そしてネットには コメント欄が付きもので コメント欄には嫌がらせが 付きものだということも わかっています だから このトークを見る人は 私を好きなように呼んでください どう呼んでも構いません ゲイ野郎、スノーフレーク、寝取られ、ベータ 間違いだらけのリベラル野郎って 呼んでもいい ただ あなたがどう呼ぼうと 私は話がしたいんです そして もしあなたが 話を拒んだり 自動ブロックしたり 了解したのに電話を切ったりするなら スノーフレークは あなたの方かもしれませんよ

どうもありがとう

(拍手)

(歓声)

(拍手)

Hi. I've received hate online. A lot of it. And it comes with the territory of my work. I'm a digital creator, I make things specifically for the internet. Like, a few years ago, I made a video series called "Every Single Word" where I edited down popular films to only the words spoken by people of color, as a way to empirically and accessibly talk about the issue of representation in Hollywood. Then, later, as transphobic bathroom bill started gaining media attention around the United States, I hosted and produced an interview series called "Sitting in Bathrooms with Trans People" where I did exactly that.

(Laughter)

And then -- Sure, I'll take applause.

(Applause)

Thank you. And then, are you familiar with those unboxing videos on YouTube where YouTubers open up the latest electronic gadgets? Great, so I satirized those in a weekly series, where instead I unboxed intangible ideologies like police brutality, masculinity and the mistreatment of Native Americans.

(Laughter)

My work -- Thanks. One person applauding, God bless.

(Laughter)

Mom, hi.

(Laughter)

So, my work became popular. Very popular. I got millions of views, a ton of great press and a slew of new followers. But the flip side of success on the internet is internet hate. I was called everything. From "beta" to "snowflake" and, of course, the ever-popular "cuck." Don't worry, I will break these terms down for you.

(Laughter)

So, "beta," for those of you unfamiliar, is shorthand online lingo for "beta male." But let's be real, I wear pearl earrings and my fashion aesthetic is rich-white-woman-running-errands, so I'm not angling to be an alpha.

(Applause)

Doesn't totally work.

(Laughter)

Now, "snowflake" is a put-down for people who are sensitive and believe themselves to be unique, and I'm a millennial and an only child, so, duh!

(Laughter)

But my favorite, favorite, favorite is "cuck." It's a slur, short for "cuckold," for men who have been cheated on by their wives. But friends, I am so gay, that if I had a wife, I would encourage her to cheat on me.

(Laughter)

Thank you. Let's take a look at some of this negativity in action. Sometimes it's direct. Like Marcos, who wrote, "You're everything I hate in a human being." Thank you, Marcos. Others are more concise. Like Donovan, who wrote, "gaywad fagggggg." Now, I do need to point out, Donovan is not wrong, OK? In fact, he's right on both counts, so credit where credit is due. Thank you, Donovan. Others write to me with questions, like Brian, who asked, "Were you born a bitch or did you just learn to be one over time?" But my favorite thing about this is that once Brian was done typing, his finger must have slipped because then he sent me the thumbs-up emoji.

(Laughter)

So, babe, thumbs up to you, too.

(Laughter)

It's fun to talk about these messages now. Right? And it's cathartic to laugh at them. But I can tell you that it really does not feel good to receive them. At first, I would screenshot their comments and make fun of their typos, but this soon felt elitist and ultimately unhelpful. So over time, I developed an unexpected coping mechanism.

Because most of these messages I received were through social media, I could often click on the profile picture of the person who sent them and learn everything about them. I could see pictures they were tagged in, posts they'd written, memes they'd shared, and somehow, seeing that it was a human on the other side of the screen made me feel a little better. Not to justify what they wrote, right? But just to provide context. Still, that didn't feel like enough. So, I called some of them -- only the ones I felt safe talking to -- with a simple opening question: "Why did you write that?"

The first person I spoke to was Josh. He had written to tell me that I was a moron, I was a reason this country was dividing itself, and he added at the end that being gay was a sin. I was so nervous for our first conversation. This wasn't a comments section. So I couldn't use tools like muting or blocking. Of course, I guess, I could have hung up on him. But I didn't want to. Because I liked talking to him. Because I liked him. Here's a clip of one of our conversations.

(Audio) Dylan Marron: Josh, you said you're about to graduate high school, right?

Josh: Mmm-hmm.

DM: How is high school for you?

Josh: Am I allowed to use the H-E-double-hockey-stick word?

DM: Oh, yeah. You're allowed to.

Josh: It was hell.

DM: Really?

Josh: And it's still hell right now, even though it's only two weeks left. I'm a little bit bigger -- I don't like to use the word "fat," but I am a little bit bigger than a lot of my classmates and they seem to judge me before they even got to know me.

DM: That's awful. I mean, I also just want to let you know, Josh, I was bullied in high school, too. So did our common ground of being bullied in high school erase what he wrote me? No. And did our single phone conversation radically heal a politically divided country and cure systemic injustice? No, absolutely not, right? But did our conversation humanize us to each other more than profile pictures and posts ever could? Absolutely. I didn't stop there. Because some of the hate I received was from "my side." So when Matthew, a queer liberal artist like me publicly wrote that I represented some of the worst aspects of liberalism, I wanted to ask him this.

DM: You tagged me in this post. Did you want me to see it?

Matthew (Laughing): I honestly didn't think that you would.

DM: Have you ever been publicly dragged?

Matthew: I have been. And I just said, "No, I don't care."

DM: And did you not care?

Matthew: But it was hard.

DM: Did you not care?

Matthew: Oh, I cared, yes.

DM: At the end of these conversations, there's often a moment of reflection. A reconsideration. And that's exactly what happened at the end of my call with a guy named Doug who had written that I was a talentless propaganda hack.

(Audio) Did the conversation we just had -- does it, like, make you feel differently about how you write online?

Doug: Yeah! You know, when I said this to you, when I said you were a "talentless hack," I had never conversed with you in my life, really. I didn't really know anything really about you. And I think that a lot of times, that's what the comment sections really are, it's really a way to get your anger at the world out on random profiles of strangers, pretty much.

DM (Laughing): Yeah, right.

Doug: But it definitely has made me rethink the way that I interact with people online.

DM: So I've collected these conversations and many others for my podcast "Conversations with People Who Hate Me."

(Laughter)

Before I started this project, I thought that the real way to bring about change was to shut down opposing viewpoints through epically worded video essays and comments and posts, but I soon learned those were only cheered on by the people who already agreed with me. Sometimes -- bless you. Sometimes, the most subversive thing you could do -- yeah, clap for him.

(Laughter)

Sometimes, the most subversive thing you could do was to actually speak with the people you disagreed with, and not simply at them.

Now in every one of my calls, I always ask my guests to tell me about themselves. And it's their answer to this question that allows me to empathize with them. And empathy, it turns out, is a key ingredient in getting these conversations off the ground, but it can feel very vulnerable to be empathizing with someone you profoundly disagree with. So I established a helpful mantra for myself. Empathy is not endorsement. Empathizing with someone you profoundly disagree with does not suddenly compromise your own deeply held beliefs and endorse theirs. Empathizing with someone who, for example, believes that being gay is a sin doesn't mean that I'm suddenly going to drop everything, pack my bags and grab my one-way ticket to hell, right? It just means that I'm acknowledging the humanity of someone who was raised to think very differently from me. I also want to be super clear about something. This is not a prescription for activism. I understand that some people don't feel safe talking to their detractors and others feel so marginalized that they justifiably don't feel that they have any empathy to give. I totally get that. This is just what I feel well-suited to do.

You know, I've reached out to a lot of people for this podcast. And some have politely declined, others have read my message and ignored it, some have blocked me automatically when I sent the invitation and one guy actually agreed to do it and then,five minutes into the call, hung up on me.

I'm also aware that this talk will appear on the internet. And with the internet comes comment sections, and with comment sections inevitably comes hate. So as you are watching this talk, you can feel free to call me whatever you'd like. You can call me a "gaywad," a "snowflake," a "cuck," a "beta," or "everything wrong with liberalism." But just know that if you do, I may ask you to talk. And if you refuse or block me automatically or agree and hang up on me, then maybe, babe, the snowflake is you.

Thank you so much.

(Applause)

(Cheering)

(Applause)

Hi.//

こんにちは

私はネットで嫌がらせを受けています

A lot of it.//

しかも大量にです

And it comes with the territory of my work.//

嫌がらせは 私の仕事には付きものです

I'm a digital creator,/ I make things specifically/ for the internet.//

私はデジタル・クリエイターで インターネットに特化した 創作活動をしています

Like,/ a few years ago,/ I made/ a video series called "Every Single Word"/ where I edited down/ popular films/ to only the words spoken by people of color,/ as a way/ to empirically and accessibly talk about the issue of representation/ in Hollywood.//

例えば数年前に『すべての台詞』という 動画シリーズを制作しました ヒットした映画を編集して 白人以外の出演者の 台詞だけをつなげました ハリウッドにおける人物描写の問題を 実体験に基づく 見やすい形にしたものです

Then,/ later,/ as transphobic bathroom bill started gaining/ media attention/ around the United States,/ I hosted and produced/ an interview series called "Sitting in Bathrooms/ with Trans People"/ where I did exactly/ that.//

その後 アメリカ中で トランスジェンダーへの嫌悪感丸出しの 「トイレ法」がメディアの注目を 集めるようになって インタビューシリーズの 司会と制作を務めました タイトルは『トランスの皆さんと トイレで座り込み』 文字通り そうしたんです

(笑)

And then --/ Sure,/ I'll take applause.//

その後 ― どうぞ 拍手は歓迎ですよ

(拍手)

Thank you.//

ありがとう

And then,/ are you familiar/ with those unboxing videos/ on YouTube/ where YouTubers open up/ the latest electronic gadgets?//

皆さんはYouTubeで パッケージの開封動画を見ますか? ユーチューバーが 最新の電化製品を開封するビデオです

Great,/ so I satirized those/ in a weekly series,/ where instead/ I/ unboxed intangible ideologies/ like police brutality,/ masculinity and the mistreatment of Native Americans.//

そこで私は これを皮肉った 週1回のシリーズで 形のないイデオロギーを 開封しました 「警官の暴力」とか「男らしさ」 「アメリカ先住民に対する不当な扱い」とか

(笑)

My work --/ Thanks.//

私の作品に ― ありがとう

1人だけ拍手してくれてますね

(笑)

Mom,/ hi.//

やあ 母さん

(笑)

So,/ my work became popular.//

私の番組に人気が出てきました

Very popular.//

それもかなりの人気で

I got millions of views,/ a ton of great press and a slew of new followers.//

再生数は数百万回 大量の好意的な意見と 膨大なフォロワーを得ました

But the flip side of success/ on the internet is internet hate.//

でもネットで成功した裏側で 私に付きまとったのは ネット上の嫌がらせでした

I was called everything.//

いろいろ言われました

From "beta"/ to "snowflake"/ and,/ of course,/ the ever-popular "cuck."//

「ベータ」とか「スノーフレーク」 それに 大人気の「寝取られ」とか

Don't worry,/ I will break these terms down/ for you.//

安心してください これから説明します

(笑)

So,/ "beta,/"/ for those of you unfamiliar,/ is shorthand online lingo/ for "beta male."//

わからない方のために 「ベータ」とは ネットスラングで 「男らしくない男」ということです

But let's be real,/ I wear pearl earrings/ and my fashion aesthetic is rich-white-woman-running-errands,/ so I'm not angling to be an alpha.//

ただ本音を言えば 私はパールのピアスを着けて ファッションセンスは カジュアルな装いのリッチな白人女性 だから 男の中の男なんて目指してません

(拍手)

Doesn't totally/ work.//

そんなの無理ですから

(笑)

Now,/ "snowflake"/ is a put-down/ for people/ who are sensitive/ and believe themselves/ to be unique,/ and I'm a millennial and an only child,/ so,/ duh!//

「スノーフレーク」は 繊細で 自分が特別な存在だと 思っている人に対する嫌味です 私はミレニアル世代で 一人っ子だから そんなの当然でしょう!

(笑)

But my favorite, favorite, favorite is "cuck."//

でも やっぱり最高のお気に入りは 「寝取られ」です

It's a slur,/ short/ for "cuckold,/"/ for men/ who have been cheated on/ by their wives.//

「寝取られ男」を縮めた悪口で 妻に浮気されている 男性のことです

But friends,/ I am so gay,/ that if I had a wife,/ I would encourage her/ to cheat on me.//

でもね 私は筋金入りのゲイですから 妻がいたら 浮気を 勧めるんじゃないかと思います

(笑)

Thank you.//

ありがとう

Let's take a look/ at some of this negativity/ in action.//

では こういう悪口が 実際に使われる様子を見てみましょう

Sometimes/ it's direct.//

直接的なこともあります

Like Marcos,/ who wrote,/ "You're everything/ I hate in a human being."//

例えば マルコスの書き込みは 「お前は 人間の嫌な部分の塊だ」です

Thank you,/ Marcos.//

ありがとう マルコス

Others are more concise.//

端的に書く人もいます

Like Donovan,/ who wrote,/ "gaywad fagggggg."//

ドノヴァンの書き込みはこうです 「ゲイ野郎 ホ~モ」

Now,/ I do need to point out,/ Donovan is not wrong,/ OK?//

ここで言っておきたいんですが ドノヴァンは間違ってません

In fact,/ he's right/ on both counts,/ so credit/ where credit is due.//

書き込みの内容は その通りなので 認めるべきは認めましょう

Thank you,/ Donovan.//

ありがとう ドノヴァン

Others write to me/ with questions,/ like Brian,/ who asked,/ "Were you born a bitch/ or did you just learn to be one over time?"//

ブライアンのように 質問をよこす人もいます 「生まれつきホモなの? それとも だんだんホモに?」

But my favorite thing/ about this is/ that once Brian was done typing,/ his finger must have slipped/ because then/ he sent me/ the thumbs-up emoji.//

ただ 私がすごくいいと思ったのは ブライアンが書き込んだ後に 手が滑ったんでしょう 私に「いいね!」してきたんです

(笑)

So,/ babe,/ thumbs/ up/ to you,/ too.//

だから 君にも「いいね!」

(笑)

It's fun/ to talk about these messages now.//

こういうメッセージのことを話すのは 面白いですよね

Right?//

でしょう?

And it's cathartic/ to laugh/ at them.//

笑い飛ばすのは 気晴らしになりますし

But I can tell you/ that it really does not feel good/ to receive them.//

でも本当は こんな風に書かれて いい気はしません

At first,/ I would screenshot their comments/ and make fun of their typos,/ but this soon felt elitist and ultimately unhelpful.//

初めはコメントの スクリーンショットを撮って 誤字をからかっていましたが すぐに それはエリートじみていて 結局 意味がないと感じました

So/ over time,/ I developed an unexpected coping mechanism.//

だから 私は予想外の対処法を 身に付けていきました

Because most of these messages/ I received/ were through social media,/ I could often click on the profile picture of the person/ who sent them/ and learn everything/ about them.//

受け取った嫌がらせメッセージは 大半がSNS経由だったので 送り主のプロフィール写真を クリックすると 大抵の場合 相手の情報が全て見られたのです

I could see pictures/ they were tagged in,/ posts/ they'd written,/ memes/ they'd shared,/ and somehow,/ seeing/ that it was/ a human on the other side of the screen made me feel a little better.//

彼らがタグ付された写真や 投稿や共有したネタを 見ることができて 画面の向こうに 人間がいるとわかると 少し気分がマシになりました

Not to justify/ what they wrote,/ right?//

彼らの書き込みを 正当化する気なんてありませんよ

But just to provide context.//

ただ 背景は見えてきました

Still,/ that didn't feel like enough.//

それでも物足りなさを感じて

So,/ I called some of them --/ only the ones/ I felt safe/ talking to --/ with a simple opening question:/ "Why did you write that?"//

何人かに電話したんです 怖くなさそうな相手だけですが 出だしの質問はシンプルでした 「なぜそんな書き込みを?」

The first person/ I spoke/ to was Josh.//

最初に話した相手はジョシュ

He had written to tell/ me/ that I was a moron,/ I was a reason/ this country was dividing itself,/ and he added at the end/ that being gay was a sin.//

ジョシュは書き込みの中で 私を「バカ」で 「アメリカ分断の原因」と呼び その上「ゲイは罪」と 締めくくっていました

I was so nervous/ for our first conversation.//

初めて会話したときは かなり緊張しました

This wasn't a comments section.//

コメント欄ではないので

So/ I couldn't use tools/ like muting or blocking.//

ミュートもブロックもできません

Of course,/ I guess,/ I could have hung up/ on him.//

もちろん 私から電話を切っても よかったのかもしれませんが

But I didn't want to.//

そうしたくはありませんでした

Because I liked talking to him.//

話すのが楽しくなり

Because I liked him.//

彼が好きになったからです

Here's a clip of one of our conversations.//

会話の一部をお聞きください

(Audio)/ Dylan Marron:/ Josh,/ you said/ you're/ about to graduate high school,/ right?//

(音声 ディラン)ジョシュ きみは ― もうすぐ高校卒業だって言ってたね?

Josh:/ Mmm-hmm.//

(ジョシュ)ああ

DM:/ How is high school for you?//

(ディラン)高校はどう?

Josh:/ Am I allowed to use/ the H-E-double-hockey-stick word?//

(ジョシュ)下品な言葉を 使ってもいいのかな

DM:/ Oh,/ yeah.// You're allowed to.//

(ディラン)もちろん 大丈夫だよ

Josh:/ It was hell.//

(ジョシュ)クソだったね

DM:/ Really?//

(ディラン)そうなの?

Josh:/ And it's still hell right now,/ even though it's only two weeks left.//

(ジョシュ)2週間で卒業なのに それでもクソだね

I'm a little bit bigger --/ I don't like to use/ the word "fat,/"/ but I am a little bit bigger/ than a lot of my classmates/ and they seem to judge/ me/ before they even got to know/ me.//

僕はちょっと体格がよくて ― 「デブ」って表現は嫌なんだ ― とにかく クラスのみんなより ちょっと体格がいいから 僕って人間を知る前に みんな先入観を持つみたいなんだ

DM:/ That's awful.//

(ディラン)最悪だね

I mean,/ I also just want to let/ you know,/ Josh,/ I was bullied in high school,/ too.//

きみには知ってほしいんだけど 僕も高校でいじめられてたんだ

So did our common ground of being bullied in high school erase/ what he wrote me?//

高校でいじめに遭ったという 共通の体験があるからといって 彼の行為を打ち消せるでしょうか

No.//

それは無理です

And did our single phone conversation radically heal a politically divided country/ and cure systemic injustice?//

では たった1本の電話で 政治的に分裂したこの国が 根本的に癒されて 組織的な不正をなくせるでしょうか?

No, absolutely not,/ right?//

そんなこと ありえませんよね

But did our conversation humanize us/ to each other/ more than profile pictures and posts ever could?//

では 会話することで プロフィール写真や投稿よりも お互いの人間性が わかるようになったでしょうか?

間違いなく イエスです

I didn't stop there.//

私はさらに続けました

Because some of the hate/ I received/ was from "my side."//

一部は「味方」からの 嫌がらせだったんです

So/ when Matthew,/ a queer liberal artist/ like me publicly wrote/ that I represented some of the worst aspects of liberalism,/ I wanted to ask/ him/ this.//

マシューは 私と同じ 同性愛者で リベラルな芸術家ですが 「リベラリズムの最悪な面を 体現している」と書き込んだ彼に 聞きたいことがありました

DM:/ You tagged me/ in this post.//

(ディラン)この投稿で 僕をタグ付けしたね

Did/ you want me/ to see it?//

僕に見せたかったの?

Matthew (Laughing):/ I honestly didn't think/ that you would.//

(マシュー 笑って)正直に言うと 見られるとは思わなかった

DM:/ Have you ever been publicly dragged?//

(ディラン)公衆の面前で 辱められた経験は?

Matthew:/ I have been.//

(マシュー)あるよ

And I just said,/ "No, I don't care."//

でも「だから何だ」って言ってきた

DM:/ And did you not care?//

(ディラン)気にしなかった?

Matthew:/ But it was hard.//

(マシュー)辛かったけどね

DM:/ Did you not care?//

(ディラン)気にしなかった?

Matthew:/ Oh,/ I cared,/ yes.//

(マシュー)いや 気にしたさ

DM:/ At the end of these conversations,/ there's often/ a moment of reflection.//

(ディラン)こういう会話の最後で 自分を振り返ることが よくあります

A reconsideration.//

改めて考えるんです

And that's exactly what happened at the end of my call/ with a guy named Doug/ who had written/ that I was a talentless propaganda hack.//

そういうことが起きたのは ダグという男性との電話の最後でした ダグは私のことを 「三流プロパガンダライター」と書きました

(Audio) Did the conversation/ we just had --/ does it,/ like,/ make you feel differently/ about how you write online?//

(ディラン)2人で話してきたけど 自分がネットに書き込んでいることへの 感じ方は変わった?

Doug:/ Yeah!// You know,/ when I said this/ to you,/ when I said/ you were a "talentless hack,/"/ I had never conversed with you/ in my life,/ really.//

(ダグ)変わったよ! きみに「三流ライター」と書いた時は 対話なんてできてなかったし

I didn't really know anything really/ about you.//

本当のきみを知らなかった

And I think/ that a lot of times,/ that's/ what the comment sections really are,/ it's really/ a way/ to get your anger/ at the world out/ on random profiles of strangers,/ pretty much.//

よく思うんだけど それがコメント欄の実態なんだ 相手を知らないのに 誰彼構わず 世間に対する怒りを ぶちまける手段なのさ

DM (Laughing):/ Yeah,/ right.//

(ディラン 笑って)そうだね

Doug:/ But it definitely has made me/ rethink the way that/ I interact with people online.//

(ダグ)でも 今回をきっかけに オンラインでの人付き合いを 考え直してるよ

DM:/ So I've collected these conversations and many others/ for my podcast "Conversations/ with People/ Who Hate Me."//

(ディラン)それで私は こういう会話をたくさん集めて 『僕を嫌う人との対話』という ポッドキャストを制作しました

(笑)

Before I started this project,/ I thought/ that the real way/ to bring about/ change was to shut down/ opposing viewpoints/ through epically worded video essays and comments and posts,/ but I soon learned/ those were only cheered on/ by the people/ who already agreed with me.//

それまで私はこう考えていました 何かを変えたかったら 現実的な手段は 対立する意見を封殺すること そのためには 大げさな言い回しの動画や コメント、投稿をしようと でも すぐに気づきました そんなのを歓迎するのは 元々 私に賛成している人だけなんです

Sometimes --/ bless you.//

時に...お大事に

Sometimes,/ the most subversive thing/ you could do --/ yeah,/ clap/ for him.//

時に 自分ができる 最も革命的なことは ― みんな あの人に拍手を

(笑)

Sometimes,/ the most subversive thing/ you could do/ was to actually speak with the people/ you disagreed with,/ and not simply/ at them.//

自分ができる最も革命的なことは 対立する相手と 実際に対話することであって 暴言を吐くことではないんです

Now/ in every one of my calls,/ I always ask my guests/ to tell me/ about themselves.//

私は電話をかける度に ゲストに自分自身のことを 話してくれるように 必ず頼みます

And it's their answer/ to this question/ that allows me/ to empathize with them.//

そして相手が答えてくれるから 私は共感できるんです

And empathy,/ it turns out,/ is a key ingredient/ in getting these conversations/ off the ground,/ but it can feel very vulnerable/ to be empathizing with someone/ you profoundly disagree with.//

結局 共感こそが 対話を軌道に乗せるために 最も重要な要素なんです ただ 自分が心底対立している人に 共感しようとすると 傷つきやすくなる気がします

だから役に立つ合言葉を 自分で考えました

「共感は支持じゃない」

Empathizing with someone/ you profoundly disagree/ with does not suddenly compromise your own deeply held beliefs/ and endorse theirs.//

自分と心底対立する人に 共感するのは 心の奥にある信念を いきなり譲って 相手を支持するという 意味ではありません

Empathizing with someone/ who,/ for example,/ believes/ that being gay is a sin doesn't mean/ that I'm suddenly going to drop/ everything,/ pack my bags/ and grab my one-way ticket/ to hell,/ right?//

例えば 「ゲイは罪」と信じる人に 共感したとしても 私が急に全部投げ出し 荷物をまとめて 地獄への片道切符を 手にする訳ではありません

It just means/ that I'm acknowledging/ the humanity of someone/ who was raised to think very differently/ from me.//

共感とは 単に成長の過程で 私とは全然違う考え方になった人の 人間性を認めることなんです

I also want to be super clear/ about something.//

それから はっきり言っておきたいのは

This is not a prescription/ for activism.//

共感はアクティビズムへの 処方箋ではありません

I understand/ that some people don't feel safe/ talking to their detractors and others feel so marginalized/ that they justifiably don't feel/ that they have any empathy/ to give.//

もちろん 中には 自分を中傷する人と話すのは 不安だという人もいますし 自分は社会のはみ出し者だから 他人に共感する気なんて さらさらないと思う人もいます

I totally get that.//

すごくよくわかります

This is just/ what I feel well-suited/ to do.//

これが 私に合ったやり方というだけです

You know,/ I've reached out to a lot of people/ for this podcast.//

私はポッドキャストのために いろいろな人に連絡しました

And some have politely declined,/ others have read my message/ and ignored it,/ some have blocked me automatically/ when I sent the invitation/ and one guy actually agreed to do/ it and then,/five minutes/ into the call,/ hung up/ on me.//

丁寧に断る人もいれば メッセージを読んでも無視する人や 私からの招待を 自動ブロックする人もいます ある男性なんて 了解してくれたのに 電話で話し始めて5分で 一方的に切ったのです

I'm also aware/ that this talk will appear on the internet.//

このトークが いつかネットで 公開されることは わかっています

And with the internet comes comment sections, and with comment sections inevitably comes hate.//

そしてネットには コメント欄が付きもので コメント欄には嫌がらせが 付きものだということも わかっています

So/ as you are watching this talk,/ you can feel free/ to call me/ whatever you'd like.//

だから このトークを見る人は 私を好きなように呼んでください

You can call me/ a "gaywad,/"/ a "snowflake,/"/ a "cuck,/"/ a "beta,/"/ or "everything wrong/ with liberalism."//

どう呼んでも構いません ゲイ野郎、スノーフレーク、寝取られ、ベータ 間違いだらけのリベラル野郎って 呼んでもいい

But just know/ that if you do,/ I may ask you/ to talk.//

ただ あなたがどう呼ぼうと 私は話がしたいんです

And/ if you refuse or block me automatically/ or agree/ and hang up/ on me,/ then maybe,/ babe,/ the snowflake is you.//

そして もしあなたが 話を拒んだり 自動ブロックしたり 了解したのに電話を切ったりするなら スノーフレークは あなたの方かもしれませんよ

Thank/ you so much.//

どうもありがとう

(拍手)

(歓声)

(拍手)

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

creator

創造者,創作者,創設者

《the C-》神,造物主(God)

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

edit

…‘を'編集する

〈原稿など〉‘を'校訂する,〈本など〉‘を'監修する

(…から)〈文章など〉‘を'削除する《+『名』+『out of』+『名』》

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

representation

(…を)『表現(描写)すること』;(…が)表現されていること《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(個々の)説明,申し立て,抗議

〈C〉(個々の)絵画,画像,彫像

〈U〉(立法府などの)代表制

〈U〉《集合的な》代表団,議員団

Hollywood

ハリウッド(カリフォルニア州ロサンゼルス市考外にある映画産業の中心地)

米国映画界

bathroom

『浴室』,ふろ場

便所(toilet)

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

laughter

『笑い』,笑い声

applause

『拍手かっさい』;称賛

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

electronic

『電子の』,エレクトロンの

gadget

(機械の)ちょっとした仕掛け,(道具の)部品,付属品・(家庭用などの)気のきいた小物・ちょっとした機械装置

weekly

『毎週の』,1週間(分)の;1週1度の・『毎週』;1週1回・『週刊雑誌(新聞)』

instead

『その代りとして』,それよりも

intangible

触れることができない

雲をつかむような,はっきりしない

ideology

〈C〉イデオロギー(社会・政党などが持つ典型的な思考形態)

〈U〉《軽蔑して》空理,空論

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

brutality

〈U〉獣性,野蛮,残忍性

〈C〉野蛮な行為

masculinity

男らしさ,男性的なこと

mistreatment

虐待

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

applaud

『拍手かっさいする』,拍手してほめる

…‘に'『拍手かっさいする』;…'を'拍手してほめる

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

mom

=mother

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

slew

slayの過去

follower

後から来る人,後に続く人

(信仰・思想などで)『人に従う人』;弟子,門人,信奉者,支持者

随行者,家来,部下

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

beta

ベータ(ギリシア語アルファベットの第2文字;B,β;英語のB,b に遭当)

snowflake

雪片

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

unfamiliar

『よく知らない』,未知の見慣ない,聞き慣ない

《補語にのみ用いて》(物事を)よく知らない,未知の《+with+名》

shorthand

速記,速記術

速記の

lingo

ちんぷんかんぷんの言葉(わけのわからない外国語・専門用語など)

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

pearl

〈C〉『真珠』,パール

〈C〉(形・光沢などが)真珠のようなもの

〈C〉(真珠のように)価値のあるもの(人),傑出したもの(人)

=mother=of-pearl

(また『pearl gray』)〈U〉真珠色

真珠の[ような]

真珠色の

真珠を採取する

earring

イヤリング,耳飾り

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

aesthetic

美学の;審美的な

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

alpha

アルファ(ギリシア語アルファベットの第1字A,α;英語のA,aに相当)

アルファ星(星座の主星)

totally

全く,完全に

sensitive

(五感が)『敏感な』,感じやすい

物事を非常に気にする,神経過敏な

感光性の;(器械などが)感度のよい

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

slur

〈言葉など〉‘を'不明瞭(ふめいりょう)に発音する

〈2つの音〉‘を'中断せずに演奏する(歌う)

〈音符〉‘に'スラーをつける

〈人〉‘を'けなす,悪く言う

(時間がなかったり隠そうとしたりして)…‘を'急いで片づける,あっさりと扱う《+『名』+『over,』+『over』+『名』》

不明瞭な発音[の話し方]

中傷,悪口

(音譜の)スラー;スラーのついた音符

cuckold

《まれ》《おどけて》浮気な(不貞な)妻を持つ夫

《まれ》《おどけて》〈夫〉‘に'不義をする,不義をして恥をかかせる

cheat

〈人〉'を'『だます』,欺く

《文》…'を'うまくのがれる

(…で)〈人が〉『不正をする』,カンニングする《+『at』(『on, in』)+『名』》

《話》(浮帰などで夫または妻を)裏切る《+『on』+『名』》

〈U〉〈C〉詐欺,ぺてん

〈C〉ずるいやつ,詐欺師,やま師

wives

wife の複数形

gay

『陽気な』,愉快な,うきうきした

はでな色の,華やかな

放蕩な,不身持ちの

《話》同性愛の,ホモの

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

human being

人,人間

concise

(話・文章などが)簡潔な

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

bitch

(犬・オオカミ・キツネなどの)雌

《俗》性悪(しょうわる)女,あばずれ・嫌な女、意地悪な女、あばずれ、くそばばあ、よく文句を言う女、あま、淫乱な女、尻軽女・嫌なもの、難しいもの、難しいこと、大変なこと・ (反語的に)すごく良いもの、すごく楽しいこと

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

slip

《副詞[句]を伴って》『滑る』,つるっと滑る・《副詞[句]を伴って》こっそり動く,滑るように動く・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『away,』『along,』『on』)》・(服などを)すばやく着る《+『into』+『名』》,するっと脱ぐ《+『out』『of』+『名』》・〈物価・質などが〉だんだん下がる,ずり落ちる・ちよっと間違いをする《+『up』『in』(『on』)+『名』》

(心・記憶などから)〈物事が〉消え去る《+『from』(『out』『of』)+『名』》・〈物〉‘を'滑らせる;(‥に)…‘を'滑り込ませる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)…‘を'すっと出す《+『名』+『out』『of』(『from』)+『名』》・《『slip』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『slip』+『名』+『to』+『名』》…に…‘を'そっと渡す,こっそりやる・〈服など〉‘を'するっと着る《+『on』+『名,』+『名』+『on』》;…‘を'するっと脱ぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・…‘から'するっとぬける,脱出する・〈結び目など〉‘を'解く,ほどく・〈物事が〉〈心・記憶など〉‘から'消え去る,抜ける・『滑ること』,滑り;足を滑らせること・ちよっとした誤り,失策・(埠頭で)荷揚げ用斜面;修理用船台・スリップ(婦人用肌着) ・まくらカバー(pillowcase)

babe

《文》赤ん坊

うぶな人,世間知らず

《米俗》=baby4

thumb

『親指』;(手袋などの)親指の部分

〈本のページ〉‘を'親指でめくる

《話》〈ヒッチハイカーが〉〈便乗〉‘を'親指を立てて頼む

ヒッチハイクする

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

cathartic

下剤

下剤の,洗浄の

浄化の

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

elitist

エリート[の一人]

ultimately

最後に,ついに

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

unexpected

『予期しない』,思いがけない

cop

警官,ポリ公

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

justify

〈人の行為・話など〉‘を'『正当化する』,弁明する

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

opening

〈C〉(森・垣根・壁などの)空いている所;空き地;すき間,穴

〈C〉(物語・会議などの)始め,出だし,冒頭(beginning)

〈C〉(…の地位の)空き,就職口《+『for』(『at, in』)+『名』》(vacant)

〈C〉(劇などの)初演

〈U〉(…が)開くこと,あくこと《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)よい機会,好機《+『for』+『名』》

初めの,開始の

first person

第一人称(英語ではIとwe;話し手が自分を指していう語)

josh

(悪意はなく)〈人〉‘を'からかう

冗談を言う

moron

(知能が8‐12歳程度の)軽度精神神薄弱者

《話》低能,薄のろ

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

sin

〈U〉(宗教・道徳上の)『罪』

〈C〉(宗教・道徳上の)『罪の行為』,罪悪

〈C〉《特におどけて》違反(過失)の行為

(宗教・道徳上の)おきてを破る,罪を犯す

(…に)違反(過失)をする,背く《+『against』+『名』》

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

mute

(障害で)『口のきけない』,ものを言えない

『無言の』,声(音)を出さない

(文字が)発音されない,黙字の

口のきけない人(dumb person)

(楽器に付ける)弱音機,ミュート

…‘の'音を消す(弱める),〈楽器〉‘に'弱音機を付ける;〈声・音〉‘を'弱める

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

classmate

『級友』,同級生

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

awful

(光景・事故などが)『恐ろしい』,すさまじい

《話》(行為が)『ひどい』,見苦しい

《話》(程度が)大きい,すごい(great)

《俗》ひどく,すごく(very, extremely)

bully

弱い者いじめ,がき大将

〈弱い者〉'を'いじめる,おどかす

《話》(…にとって)すてきな,すばらしい《+『for』+『名』》

うまい,でかした

common ground

共通理念,共通利害,共通基盤

erase

(…から)〈文字など〉‘を'『ふいて消す』,削除する,取り消す《+『名』+『from』+『名』》

…‘の'文字(絵など)を消す

(記憶などから)…‘を'消し去る,ぬぐい去る《+『名』+『from』+『名』》

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

radically

根本的に,徹底的に

急進的に,過激に

heal

〈傷など〉‘を'直す

〈悩み・不和など〉‘を'いやす,治める

〈傷などが〉直る《+『up』(over』)》

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

systemic

(身体・言語のように)体系の,組織の

全身の,全身的

injustice

〈U〉『不正』,不便,不公平

〈C〉『不正』(『不法』)『行為』

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

Matthew

聖マタイ(『St.~』;4人の福音書の記者の一人)

新約聖書の「マタイによる福音書」;《略》『Matt.』

queer

『風変りな』,変な

気分が悪い,目まいがする

…‘を'だめにする,失敗させる

《軽べつして》同性愛の男

liberal

(政治・宗教上の)『自由主義の』

『寛大な』,偏見のない,心の広い

『気前がよい』,物惜しみをしない

(物が)豊富な

(翻訳などが)字句通りでない

自由主義者

《またL-》自由党員

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

publicly

公に,公然と;おおっぴらに

公的に,公衆によって

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

liberalism

自由主義

laughing

笑っている;笑っているように見える(聞こえる)

笑いを誘う(laughable)

笑い,笑い声(laughter)

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

reflection

〈U〉(光・熱などの)『反射』,(音の)反響;反射光(熱),反響音《+『of』+『名』》

〈C〉(鏡・水面などに映った)『映像』;(親などの)生き写し《+『of』+『名』》

〈C〉(気持ち・性格などの)表れ,反映《+『of』+『名』》

〈U〉(…についての)『熟考』,沈思《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(熟考して得られた)(…についての)意見,考え《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(…に対する)非難,小言;(…にとって)不名誉となるもの《+『on』(『upon』)+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

propaganda

(特定の主義・主張の)『宣伝』;宣伝活動

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

converse

(…について…と)話す《+『with』+『名』+『on』(『about』)+『名』》

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

rethink

…‘を'考え直す,再検討する

考え直すこと

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

viewpoint

『観点』,見地,見解(point of view)

essay

(ある論題・問題に関する)『小論』,評論;『随筆』,エッセイ《+『on』(『upon』)+『名』》

《文》試み[ること],企て(attempt)

…‘を'試みる;…しようとする《+『to』 do》

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

subversive

くつがえす,転覆する,破壊する

破壊活動分子

clap

(短く鋭い)ピシャリ(パチン,バタン,ガタン)という音

《単数形で》平手打ち

〈手〉'を'『パチン』(『パチパチ』)『とたたく』

…'を'ピシャリ(パチン)とたたく(打ちつける)

(激励・あいさつとして)〈人〉'を'ポンとたたく

(ある方向・状態に)…'を'急に動かす,さっと送る

(…に)手をたたく《+『for』+『名』》

ピシャン(パチン,バタン)と音を立てる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

disagree

〈物事が〉(…と)『一致しない』,食い違う《+『with』+『名』》

〈人が〉『意見が合わない』;(…について人と)意見が合わない《+『with』+『名』+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈気候・食物などが〉(人に)合わない,適しない,害を与える《+『with』+『名』》(受動態にできない)

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

guest

(食事・会合・滞在などへの)『招待客』,賓客・(ホテル・下宿などの)泊まり客,宿泊人,(レストランなどの)

(ラジオ・テレビなどの番組の)ゲスト,特別出演者

(テレビなどに)ゲスト出演する《+『on』+『名』》

empathize

(…に)感情移入する《+『with』+『名』》

empathy

(心理学で)感情移入,共感

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

profoundly

深く

十分に

心から

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

helpful

『助けになる』,役に伝つ

mantra

呪(じゅ)(ヒンズー教で吟唱される文句)

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

endorsement

裏書き

是認,承認,保証

suddenly

『突然に』,だしぬけに

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

held

holdの過去・過去分詞

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

endorse

〈小切手・手形・証書など〉‘に'裏書きをする

〈意見・提案など〉‘を'支持する,是認する,保証する

theirs

『彼らのもの』,彼女らのもの,それらのもの

《of theirs の形で》『彼らの』

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

bag

袋状の物

(女性の)ハンドバッグ;旅行かばん,スーツケース

(…の)1袋分の量《+『of』+『名』》

(野球の)走塁ベース

獲物入れ;(猟の)獲物

…'を'袋に入れる

《話》〈獲物〉'を'捕える

《話》'を'失敬する,こっそりもらう

(からの袋のように)だらりと下がる,だぶだぶする

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

one-way

一方向だけの

《米》(切符の)片道の

(話など)一方的な

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

prescription

〈U〉指示(規定)すること

〈C〉規定,指示

〈C〉(薬などの)処方;処方せん;処方薬

〈U〉時効;長期間の使用による権利,貫行

activism

(放射線の)化学線作用

detractor

悪口を言い触らす人,中傷者

justifiably

正当に

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

automatically

自動的に

無意識に,機械的に

invitation

〈U〉〈C〉招待,案内

〈C〉(…への)『招待状』《+『to』+『名』》

〈C〉(…を)勧誘(誘惑)するもの《+『to』+『名』》

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

inevitably

避けられないで,必然的に

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

cheering

元気づけてくれる,喜ばせる

関連動画