TED日本語 - レイモンド・タン: 「謙虚であれ」およびその他の教訓 ― 「水の哲学」からの教え

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私達は常に変化を続ける世界の中で、どうやって達成感を見出すのでしょうか?レイモンド・タンは古代中国の哲学書『道徳経』に出会うまで、この疑問と格闘していました。この書の中で、彼は善を水に例えた漢詩を見つけ、現在その概念を自らの日常生活の中で応用しています。この魅力的なトークの中で、彼はこの「水の哲学」から、これまで学んだ3つの教訓の話をします。「水ならどうするだろうか?」タンはそう問います。「このシンプルで力強い問いは…私の人生をより良い方向へ変えてくれたのです。」

Script

こんな気持ちは お分かりでしょう 山のような未読の スマホの通知で目が覚め カレンダーは 既に会議の予定で一杯 時には2重3重の重複予定 ― 時間がふさがり 忙しく感じます 実際 充実しているとは 思っています しかし結局 何かが 足りないように感じるのです 足りないものが何か 知ろうとしますが そうしている内に また次の日が始まってしまう 私は2年前 そんな風に考えていました ストレスを感じ 不安で 少し追詰められていました 周囲の世界は 非常に 目まぐるしく動いていました 何をすべきか 分かりませんでした 私は こう自問し始めました どうやって ついて行くのか? 考えられ得る またはそれよりも速い速度で 文字通り 変化を続ける世界の中で どうやって 達成感を見出すのか?

私は答えを探し始めました 多くの人達や友人と 話をしました 家族とも 話をしました 多くの自己啓発本さえ 読みましたが 満足できる答えは 見つかりませんでした 実際 自己啓発本を読めば読む程 ストレスや不安は もっと募っていったのです

(笑)

ジャンクフードが 心一杯に 詰め込まれていくように感じ 精神的な肥満に なっていくようでした

(笑)

諦めるところでした ある日 これを見つけるまでは ― 『道徳経』です これは 2600年以上前に書かれた 古代中国の 古典哲学書です 本棚でも飛びぬけて薄く 小さな本でした 僅か81ページしかありません 各ページには 短い漢詩が 書かれています ページをめくると 1つの 特別な漢詩があったのを覚えています それがこちらです 素晴らしいでしょう?

(笑)

では 読んでみます

「最高の善は 水のようなものだ 水はあらゆる物に利益を与え 争わない 住むときは 地にとどまり 水たる時は 深みに向かって流れ 表現するに 誠実である 対立しても 優しさを保ち 治めるにおいては 支配をしない 行動においては 時機をうかがい 自らの性質に満足する よって 間違うことはない」

ああ!初めてこれを読んだ時の事を 思い出しました 最高に背筋がゾクゾクしました 今 皆さんに読んでいる時でさえ そう感じるのです 不安やストレスは まさに 突然消え去りました その日から 日常生活に この漢詩に書かれた概念を 応用しようとしてきました そして今日この「水の哲学」から 私が今迄学んだ3つの教訓を 皆さんにお話ししようと思います この3つの教訓のおかげで 自分の行動のほとんどに 大きな達成感を 見出せるようになりました

1つ目の教訓は 「謙虚」についてです 川を流れる水を考えてみると それは常に低い所を流れており 全ての植物の生育を助け 動物を生かしています 自らに注意を引き付ける事もなければ いかなる報酬も承認も 必要としません 水は謙虚です しかし水の この謙虚な貢献が無ければ 私達の知る生命は 存在しないかもしれません 水の謙虚さは 大切な事を教えてくれます 自分に全て任せてくれとか 答えは全部 知っているといった 態度を取るのではなく こう言っても 全く構わないのです 「私には分かりません もっと学びたいのです 貴方の助けが必要です」

自分自身の栄光や成功ではなく 他人の栄光や成功を広める方が ずっと やり甲斐のある事だ とも教えてくれました 自分が成功出来る事をするのではなく 他人が成功出来るよう 難題を克服する手助けをする方が より達成感のある意味深い事だとも 教えてくれました 謙虚な物の見方で 私は周囲の人達と より豊かな関係を 築く事が出来るようになり 彼らを比類ない 神秘的な存在に してしまう 物語や体験に 純粋に興味を持つようになりました 人生がとても楽しくなりました 偶然起こる面白い事や新たな考え 初めて知る問題の解決法を 毎日 発見するようになったからです 全部 他人のアイデアや 手助けのおかげです 水は低い所へ流れていくので 全ての小川は 結局 海に流れていきます 謙虚さは 水に力を与えています しかし 水は私達に 地に留まり 存在し 周囲の人達の状況に沿って 形を変え そこから学ぶ能力を 与えていると思うのです

2つ目に私が学んだ教訓は 「調和」についてです 岩に向かって流れている 水を考えてみると ただ岩の周囲を 流れるだけなのです 当惑も 怒りもせず 感情をかき乱される事も ありません 実際 水は全く感情を持ちません 行く手を阻まれても 暴力は使わず 対立することもなく 何らかの方法で 解決策を見出します こう考えていくと 私はまず 何故自分が ストレスを感じていたか 分かってきました 周囲と協調して働く事をせず それに反発していたのです 自分が成功し 実力を示さねばという意識に苛まれ 物事を無理やり変えようとしていました でも結局 何も変わりませんでした 私は欲求不満を募らせました そこで もっと成功しようとする事から より調和を求める事へと 視点を移していきました 即座に 私は心が穏やかになり 再び集中出来るようになりました

そして こう考えるようになりました この行動は私自身に より良い調和をもたらし 私の周囲に 調和をもたらすだろうか? これは 私の性質と 適合するだろうか? 自分のあるべき姿より むしろ 単にありのままの 自分である事が より快適だと 思うようになりました 仕事は実際 容易になりました それは自分がコントロール出来ない物に 目を向けるのを止め 出来る物だけに 焦点を当てるようになったからです 自分自身と争うのを止め 問題を解決するため 周りと協力することを学びました

自然は急ぎません にもかかわらず全ては成就します これは『道徳経』に於ける 調和の力の表現法です 水が暴力や闘争を用いず 解決を見出せるのと正に同じように 私達は自分が努力する中で より多くの成功を収める事より 一層の調和を目指す事で より大きな達成感を 見出す事ができるでしょう

「水の哲学」から私が学んだ 3つ目の教訓は 「寛容」についてです 水は自在に変化します 温度によって 水は液体、固体、気体にもなり得るのです 受け容れる物に応じて テイーポット、カップ、花瓶等に 姿を変えます 実際 変化に適応し 姿を変え 柔軟であり続ける能力のおかげで 水は あらゆる環境の変化を物ともせず これほど長く存在し続けているのです 私達もまた 常に変化し続ける世界に こんにち生きています 私達は もはや固定的な仕事内容に 従って働くことも 唯一のキャリアパスを 進むこともありません 時代に合わせて自らのスキルを 常に更新し 活性化させる事を 期待されているのです

私達の団体ではよく ハッカソンを主催します そこでは 小さなグループまたは 個人が協力し合って 短い時間の枠で ビジネスの問題を解決します 興味深い事に 常に 勝利を収めるチームは 最も経験豊かなメンバー構成の チームではなく 進んで学んだり 学んだことを捨て去るのを ためらわないメンバーが 互いに助け合って 変化していく環境の中で 上手く切り抜けていく チームなのです 人生とは ある意味で ハッカソンに似ています それは 私達皆への 進歩と解放との呼びかけで 波及効果を引き起こすのです 今 私達は部屋に閉じこもり 動かないでいる事ができます それは自分を縛る こんな信念のせいです 「絶対に中国の哲学の話なんて 出来っこないよ 大勢の前では」

(笑)

一方 こだわりをやめ 成り行きを素直に楽しむ事もでき 人生は素晴らしい体験に なり得るのです humility(謙虚)、harmony(調和)、openness(寛容)です この3つが 今のところ 私が「水の哲学」から学んだ教訓です 短縮して H-H-Oとか H2Oと呼べますね

(笑)

これは 私の人生を導く 原則となりました そこで最近私はストレス、不満 不安を感じたり 何をすべきか 分からなくなる度に こう自問します 「水ならどうするだろう?」

(笑)

ビットコイン、フィンテック、デジタル技術が生まれるずっと前に 書かれた本に感化された このシンプルで力強い問いが私の生活を より良い方向に変えてくれました これを実践し どう役立ったか教えて下さい ご意見を心待ちにしています

有難うございました

(拍手)

You may know this feeling: you wake up to multiple unread notifications on your mobile phone. Your calendar is already packed with meetings, sometimes double- or triple-booked. You feel engaged, you feel busy. In fact, you feel productive. But at the end of it all, something still feels missing. You try to figure out what it is. But before you do, the next day starts all over again. That was how I felt two years ago. I felt stressed; I felt anxious. I felt a bit trapped. The world around me was moving very quickly. And I didn't know what to do. I started wondering to myself: How do I keep up with all this? How do we find fulfillment in a world that's literally changing as fast as we can think, or maybe even faster?

I started looking for answers. I spoke to many people, I spoke to my friends, I spoke to my family. I even read many self-help books. But I couldn't find anything satisfactory. In fact, the more self-help books I read, the more stressed and anxious I became.

(Laughter)

It was like I was feeding my mind with junk food, and I was becoming mentally obese.

(Laughter)

I was about to give up, until one day, I found this. "The Tao Te Ching: The Book of the Way and Its Virtue." This is an ancient Chinese philosophy classic that was written more than 2,600 years ago. And it was by far the thinnest and the smallest book on the bookshelf. It only had 81 pages. And each page had a short poem. I remember I flipped to one particular poem. Here it is. It's beautiful, isn't it?

(Laughter)

Let me read it out to you.

"The supreme goodness is like water. It benefits all things without contention. In dwelling, it stays grounded. In being, it flows to depths. In expression, it is honest. In confrontation, it stays gentle. In governance, it does not control. In action, it aligns to timing. It is content with its nature and therefore can not be faulted."

Wow! I remember when I first read this passage. I felt the biggest chills down my spine. I still feel that today, reading it to you guys. My anxiety and stress just suddenly disappeared. Ever since that day, I've been trying to apply the concepts in this passage to my day-to-day life. And today, I'd like to share with you three lessons I learned so far from this philosophy of water -- three lessons that I believe have helped me find greater fulfillment in almost everything that I do.

The first lesson is about humility. If we think about water flowing in a river, it is always staying low. It helps all the plants grow and keeps all the animals alive. It doesn't actually draw any attention to itself, nor does it need any reward or recognition. It is humble. But without water's humble contribution, life as we know it may not exist. Water's humility taught me a few important things. It taught me that instead of acting like I know what I'm doing or I have all the answers, it's perfectly OK to say, "I don't know. I want to learn more, and I need your help."

It also taught me that, instead of promoting my glory and success, it is so much more satisfying to promote the success and glory of others. It taught me that, instead of doing things where I can get ahead, it so much more fulfilling and meaningful to help other people overcome their challenges so they can succeed. With a humble mindset, I was able to form a lot richer connections with the people around me. I became genuinely interested in the stories and experiences that make them unique and magical. Life became a lot more fun, because every day I'd discover new quirks, new ideas and new solutions to problems I didn't know before, all thanks to the ideas and help from others. All streams eventually flow to the ocean because it is lower than them. Humility gives water its power. But I think it gives us the capacity to remain grounded, to be present, to learn from and be transformed by the stories of the people around us.

The second lesson I learned is about harmony. If we think about water flowing towards a rock, it will just flow around it. It doesn't get upset, it doesn't get angry, it doesn't get agitated. In fact, it doesn't feel much at all. When faced with an obstacle, somehow water finds a solution, without force, without conflict. When I was thinking through this, I began to understand why I was feeling stressed out in the first place. Instead of working in harmony with my environment, I was working against it. I was forcing things to change because I was consumed by the need to succeed or to prove myself. In the end, nothing did. And I got more frustrated. By simply shifting my focus from trying to achieve more success to trying to achieve more harmony, I was immediately able to feel calm and focused again.

I started asking questions like: Will this action bring me greater harmony and bring more harmony to my environment? Does this align with my nature? I became more comfortable simply being who I am, rather than who I'm supposed to be or expected to be. Work actually became easier, because I stopped focusing on things that I can not control and only on the things that I can. I stopped fighting with myself, and I learned to work with my environment to solve its problems.

Nature does not hurry. Yet, everything is accomplished. That's Tao Te Ching's way of describing the power of harmony. Just as water is able to find a solution without force or conflict, I believe we can find a greater sense of fulfillment in our endeavors by shifting focus from achieving more success to achieving more harmony.

The third lesson I learned from the philosophy of water is about openness. Water is open to change. Depending on the temperature, it can be a liquid, solid or gas. Depending on the medium it's in, it can be a teapot, a cup or a flower vase. In fact, it's water's ability to adapt and change and remain flexible that made it so enduring through the ages, despite all the changes in the environment. We also live in a world today of constant change. We can no longer expect to work to a static job description or follow a single career path. We, too, are expected to constantly reinvent and refresh our skills to stay relevant.

In our organization, we host a lot of hackathons, where small groups or individuals come together to solve a business problem in a compressed time frame. And what's interesting to me is that the teams that usually win are not the ones with the most experienced team members, but the ones with members who are open to learn, who are open to unlearn and who are open to helping each other navigate through the changing circumstances. Life is like a hackathon in some way. It's calling to each and every one of us to step up, to open up and cause a ripple effect. Now, we can stay behind closed doors and continue to be paralyzed by our self-limiting beliefs, such as: "I will never be able to talk about Chinese philosophy in front of a huge audience."

(Laughter)

Or we can just open up and enjoy the ride. It can only be an amazing experience. So humility, harmony and openness. Those are the three lessons I learned from the philosophy of water so far. They nicely abbreviate to H-H-O, or H2O.

(Laughter)

And they have become my guiding principles in life. So nowadays, whenever I feel stressed, unfulfilled, anxious or just not sure what to do, I simply ask the question: What would water do?

(Laughter)

This simple and powerful question inspired by a book written long before the days of bitcoin, fintech and digital technology has changed my life for the better. Try it, and let me know how it works for you. I would love to hear from you.

Thank you.

(Applause)

You may know this feeling:/ you wake up/ to multiple unread notifications/ on your mobile phone.//

こんな気持ちは お分かりでしょう 山のような未読の スマホの通知で目が覚め

Your calendar is already packed with meetings,/ sometimes double- or triple-booked.//

カレンダーは 既に会議の予定で一杯 時には2重3重の重複予定 ―

You feel engaged,/ you feel busy.//

時間がふさがり 忙しく感じます

In fact,/ you feel productive.//

実際 充実しているとは 思っています

But at the end of it/ all,/ something still feels missing.//

しかし結局 何かが 足りないように感じるのです

You try to figure out/ what it is.//

足りないものが何か 知ろうとしますが

But/ before you do,/ the next day starts all over again.//

そうしている内に また次の日が始まってしまう

That was/ how I felt two years ago.//

私は2年前 そんな風に考えていました

ストレスを感じ 不安で

I felt a bit trapped.//

少し追詰められていました

The world/ around me was moving very quickly.//

周囲の世界は 非常に 目まぐるしく動いていました

And I didn't know/ what to do.//

何をすべきか 分かりませんでした

I started wondering/ to myself:/ How do I keep up/ with all this?//

私は こう自問し始めました どうやって ついて行くのか?

How do we find fulfillment/ in a world/ that's literally changing/ as fast/ as we can think,/ or maybe even faster?//

考えられ得る またはそれよりも速い速度で 文字通り 変化を続ける世界の中で どうやって 達成感を見出すのか?

I started looking/ for answers.//

私は答えを探し始めました

I spoke to many people,/ I spoke to my friends,/ I spoke to my family.//

多くの人達や友人と 話をしました 家族とも 話をしました

I even read many self-help books.//

多くの自己啓発本さえ 読みましたが

But I couldn't find anything satisfactory.//

満足できる答えは 見つかりませんでした

In fact,/ the more self-help books/ I read,/ the more stressed and anxious/ I became.//

実際 自己啓発本を読めば読む程 ストレスや不安は もっと募っていったのです

(笑)

It was/ like I was feeding my mind/ with junk food,/ and I was becoming mentally obese.//

ジャンクフードが 心一杯に 詰め込まれていくように感じ 精神的な肥満に なっていくようでした

(笑)

I was/ about to give up,/ until one day,/ I found this.//

諦めるところでした ある日 これを見つけるまでは ―

"The Tao Te Ching:/ The Book of the Way and Its Virtue."//

『道徳経』です

This is an ancient Chinese philosophy classic/ that was written more than 2,600 years ago.//

これは 2600年以上前に書かれた 古代中国の 古典哲学書です

And it was by far/ the thinnest and the smallest book/ on the bookshelf.//

本棚でも飛びぬけて薄く 小さな本でした

It only had 81 pages.//

僅か81ページしかありません

And each page had a short poem.//

各ページには 短い漢詩が 書かれています

I remember/ I flipped to one particular poem.//

ページをめくると 1つの 特別な漢詩があったのを覚えています

Here/ it is.//

それがこちらです

It's beautiful,/ isn't it?//

素晴らしいでしょう?

(笑)

Let/ me read it out/ to you.//

では 読んでみます

"The supreme goodness is like water.//

「最高の善は 水のようなものだ

It benefits all things/ without contention.//

水はあらゆる物に利益を与え 争わない

In dwelling,/ it stays grounded.//

住むときは 地にとどまり

In being,/ it flows to depths.//

水たる時は 深みに向かって流れ

In expression,/ it is honest.//

表現するに 誠実である

In confrontation,/ it stays gentle.//

対立しても 優しさを保ち

In governance,/ it does not control.//

治めるにおいては 支配をしない

In action,/ it aligns to timing.//

行動においては 時機をうかがい

It is content/ with its nature/ and therefore can not be faulted."//

自らの性質に満足する よって 間違うことはない」

Wow!// I remember/ when I first read this passage.//

ああ!初めてこれを読んだ時の事を 思い出しました

I felt the biggest chills/ down my spine.//

最高に背筋がゾクゾクしました

I still feel/ that today,/ reading it/ to you guys.//

今 皆さんに読んでいる時でさえ そう感じるのです

My anxiety and stress just suddenly disappeared.//

不安やストレスは まさに 突然消え去りました

Ever/ since that day,/ I've been trying to apply/ the concepts/ in this passage/ to my day-to-day life.//

その日から 日常生活に この漢詩に書かれた概念を 応用しようとしてきました

And today,/ I'd like to share/ with you/ three lessons/ I learned so far/ from this philosophy of water --/ three lessons/ that I believe/ have helped me find greater fulfillment/ in almost everything/ that I do.//

そして今日この「水の哲学」から 私が今迄学んだ3つの教訓を 皆さんにお話ししようと思います この3つの教訓のおかげで 自分の行動のほとんどに 大きな達成感を 見出せるようになりました

The first lesson is about humility.//

1つ目の教訓は 「謙虚」についてです

If we think about water flowing/ in a river,/ it is always staying low.//

川を流れる水を考えてみると それは常に低い所を流れており

It helps/ all the plants grow/ and keeps/ all the animals alive.//

全ての植物の生育を助け 動物を生かしています

It doesn't actually draw any attention/ to itself,/ nor does it need any reward/ or recognition.//

自らに注意を引き付ける事もなければ いかなる報酬も承認も 必要としません

It is humble.//

水は謙虚です

But without water's humble contribution,/ life/ as we know/ it may not exist.//

しかし水の この謙虚な貢献が無ければ 私達の知る生命は 存在しないかもしれません

Water's humility taught me/ a few important things.//

水の謙虚さは 大切な事を教えてくれます

It taught me that/ instead of acting like I know/ what I'm doing/ or I have all the answers,/ it's perfectly OK/ to say,/ "I don't know.//

自分に全て任せてくれとか 答えは全部 知っているといった 態度を取るのではなく こう言っても 全く構わないのです 「私には分かりません

I want to learn/ more,/ and I need your help."//

もっと学びたいのです 貴方の助けが必要です」

It also taught me/ that,/ instead of promoting my glory and success,/ it is so much more satisfying/ to promote the success and glory of others.//

自分自身の栄光や成功ではなく 他人の栄光や成功を広める方が ずっと やり甲斐のある事だ とも教えてくれました

It taught me/ that,/ instead of doing things/ where I can get ahead,/ it so much more fulfilling and meaningful to help other people overcome their challenges/ so they can succeed.//

自分が成功出来る事をするのではなく 他人が成功出来るよう 難題を克服する手助けをする方が より達成感のある意味深い事だとも 教えてくれました

With a humble mindset,/ I was able to form a lot/ richer connections/ with the people/ around me.//

謙虚な物の見方で 私は周囲の人達と より豊かな関係を 築く事が出来るようになり

I became genuinely interested/ in the stories and experiences/ that make them unique and magical.//

彼らを比類ない 神秘的な存在に してしまう 物語や体験に 純粋に興味を持つようになりました

Life became a lot/ more fun,/ because every day/ I'd discover new quirks,/ new ideas/ and new solutions/ to problems/ I didn't know before,/ all thanks/ to the ideas/ and help from others.//

人生がとても楽しくなりました 偶然起こる面白い事や新たな考え 初めて知る問題の解決法を 毎日 発見するようになったからです 全部 他人のアイデアや 手助けのおかげです

All streams eventually flow to the ocean/ because it is lower/ than them.//

水は低い所へ流れていくので 全ての小川は 結局 海に流れていきます

Humility gives water/ its power.//

謙虚さは 水に力を与えています

But I think/ it gives us/ the capacity/ to remain grounded,/ to be present,/ to learn from and be transformed by the stories of the people/ around us.//

しかし 水は私達に 地に留まり 存在し 周囲の人達の状況に沿って 形を変え そこから学ぶ能力を 与えていると思うのです

The second lesson/ I learned/ is about harmony.//

2つ目に私が学んだ教訓は 「調和」についてです

If we think about water/ flowing towards a rock,/ it will just flow around it.//

岩に向かって流れている 水を考えてみると ただ岩の周囲を 流れるだけなのです

It doesn't get upset,/ it doesn't get angry,/ it doesn't get agitated.//

当惑も 怒りもせず 感情をかき乱される事も ありません

In fact,/ it doesn't feel much/ at all.//

実際 水は全く感情を持ちません

When faced with an obstacle,/ somehow water finds a solution,/ without force,/ without conflict.//

行く手を阻まれても 暴力は使わず 対立することもなく 何らかの方法で 解決策を見出します

When I was thinking through this,/ I began to understand/ why I was feeling stressed out/ in the first place.//

こう考えていくと 私はまず 何故自分が ストレスを感じていたか 分かってきました

Instead of working in harmony/ with my environment,/ I was working against it.//

周囲と協調して働く事をせず それに反発していたのです

I was forcing things/ to change/ because I was consumed by the need/ to succeed/ or to prove myself.//

自分が成功し 実力を示さねばという意識に苛まれ 物事を無理やり変えようとしていました

In the end,/ nothing did.//

でも結局 何も変わりませんでした

And I got more frustrated.//

私は欲求不満を募らせました

By simply/ shifting my focus/ from trying to achieve more success/ to trying to achieve more harmony,/ I was immediately able/ to feel calm/ and focused again.//

そこで もっと成功しようとする事から より調和を求める事へと 視点を移していきました 即座に 私は心が穏やかになり 再び集中出来るようになりました

I started asking/ questions like:/ Will this action bring me/ greater harmony/ and bring more harmony/ to my environment?//

そして こう考えるようになりました この行動は私自身に より良い調和をもたらし 私の周囲に 調和をもたらすだろうか?

Does this align/ with my nature?//

これは 私の性質と 適合するだろうか?

I became/ more comfortable simply being/ who I am,/ rather than/ who I'm supposed to be/ or expected to be.//

自分のあるべき姿より むしろ 単にありのままの 自分である事が より快適だと 思うようになりました

Work actually became easier,/ because I stopped focusing/ on things/ that I can not control/ and only/ on the things/ that I can.//

仕事は実際 容易になりました それは自分がコントロール出来ない物に 目を向けるのを止め 出来る物だけに 焦点を当てるようになったからです

I stopped fighting/ with myself,/ and I learned to work/ with my environment/ to solve its problems.//

自分自身と争うのを止め 問題を解決するため 周りと協力することを学びました

Nature does not hurry.//

自然は急ぎません

Yet,/ everything is accomplished.//

にもかかわらず全ては成就します

That's Tao Te Ching's way of describing the power of harmony.//

これは『道徳経』に於ける 調和の力の表現法です

Just/ as water is able to find a solution/ without force or conflict,/ I believe/ we can find a greater sense of fulfillment/ in our endeavors/ by shifting focus/ from achieving more success/ to achieving more harmony.//

水が暴力や闘争を用いず 解決を見出せるのと正に同じように 私達は自分が努力する中で より多くの成功を収める事より 一層の調和を目指す事で より大きな達成感を 見出す事ができるでしょう

The third lesson/ I learned from the philosophy of water is about openness.//

「水の哲学」から私が学んだ 3つ目の教訓は 「寛容」についてです

Water is open/ to change.//

水は自在に変化します

Depending/ on the temperature,/ it can be a liquid, solid or gas.//

温度によって 水は液体、固体、気体にもなり得るのです

Depending on the medium/ it's in,/ it can be a teapot,/ a cup or a flower vase.//

受け容れる物に応じて テイーポット、カップ、花瓶等に 姿を変えます

In fact,/ it's water's ability/ to adapt and change/ and remain flexible/ that made it so/ enduring through the ages,/ despite all the changes/ in the environment.//

実際 変化に適応し 姿を変え 柔軟であり続ける能力のおかげで 水は あらゆる環境の変化を物ともせず これほど長く存在し続けているのです

We also live in a world/ today of constant change.//

私達もまた 常に変化し続ける世界に こんにち生きています

We can no longer expect to work/ to a static job description/ or follow a single career path.//

私達は もはや固定的な仕事内容に 従って働くことも 唯一のキャリアパスを 進むこともありません

We,/ too,/ are expected to constantly reinvent and refresh our skills/ to stay relevant.//

時代に合わせて自らのスキルを 常に更新し 活性化させる事を 期待されているのです

In our organization,/ we host a lot of hackathons,/ where small groups or individuals come together/ to solve a business problem/ in a compressed time frame.//

私達の団体ではよく ハッカソンを主催します そこでは 小さなグループまたは 個人が協力し合って 短い時間の枠で ビジネスの問題を解決します

And what's interesting/ to me is/ that the teams/ that usually win are not the ones/ with the most experienced team members,/ but the ones/ with members/ who are open/ to learn,/ who are open/ to unlearn/ and who are open/ to helping each other navigate/ through the changing circumstances.//

興味深い事に 常に 勝利を収めるチームは 最も経験豊かなメンバー構成の チームではなく 進んで学んだり 学んだことを捨て去るのを ためらわないメンバーが 互いに助け合って 変化していく環境の中で 上手く切り抜けていく チームなのです

Life is like a hackathon/ in some way.//

人生とは ある意味で ハッカソンに似ています

It's calling to each/ and every one of us/ to step up,/ to open up/ and cause a ripple effect.//

それは 私達皆への 進歩と解放との呼びかけで 波及効果を引き起こすのです

Now,/ we can stay behind closed doors/ and continue to be paralyzed by our self-limiting beliefs,/ such as:/ "I will never be able to talk about Chinese philosophy/ in front of a huge audience."//

今 私達は部屋に閉じこもり 動かないでいる事ができます それは自分を縛る こんな信念のせいです 「絶対に中国の哲学の話なんて 出来っこないよ 大勢の前では」

(笑)

Or we can just open up/ and enjoy the ride.//

一方 こだわりをやめ 成り行きを素直に楽しむ事もでき

It can only be an amazing experience.//

人生は素晴らしい体験に なり得るのです

So humility,/ harmony/ and openness.//

humility(謙虚)、harmony(調和)、openness(寛容)です

Those are the three lessons/ I learned from the philosophy of water so far.//

この3つが 今のところ 私が「水の哲学」から学んだ教訓です

They nicely abbreviate to H-H-O,/ or H2O.//

短縮して H-H-Oとか H2Oと呼べますね

(笑)

And they have become my guiding principles/ in life.//

これは 私の人生を導く 原則となりました

So nowadays,/ whenever I feel stressed, unfulfilled, anxious/ or just not sure/ what to do,/ I simply ask the question:/ What would water do?//

そこで最近私はストレス、不満 不安を感じたり 何をすべきか 分からなくなる度に こう自問します 「水ならどうするだろう?」

(笑)

This simple and powerful question inspired by a book written long/ before the days of bitcoin,/ fintech/ and digital technology has changed my life/ for the better.//

ビットコイン、フィンテック、デジタル技術が生まれるずっと前に 書かれた本に感化された このシンプルで力強い問いが私の生活を より良い方向に変えてくれました

Try/ it,/ and let me/ know/ how it works for you.//

これを実践し どう役立ったか教えて下さい

I would love to hear/ from you.//

ご意見を心待ちにしています

Thank you.//

有難うございました

(拍手)

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

unread

(書籍などが)まだ読まれていない

学識のない

notification

〈U〉〈C〉通知,通告,告示

〈C〉通知書;届け書

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

calendar

〈C〉『暦』,カレンダー

〈C〉〈U〉暦法

〈U〉〈C〉年中行事表;訴訟事件表,議事日程表

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

missing

粉失した,行方不明の

欠けている,ない(lacking)

《the ~;名詞的に》行方不明者

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

anxious

(物事が)『気になる』,不安な

《話》《補語にのみ用いて》『切望して』,熱望して

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

self-help

自助,自立

satisfactory

『満足を与える』,満足な,申し分のない

laughter

『笑い』,笑い声

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

junk food

栄養価は低いがカロリーの高い既製食品(ポテトチップ・ポップコーンなど)

mentally

精神的に,知能に関して

頭の中で,頭を使って

obese

でっぷり太った

virtue

{U}『美徳』,徳;高潔

{U}(特に婦人の)節操,貞操

{C}(特定の)道徳,美徳

{U}{C}(物・事・人などの)(…という)『長所』,美点《+of+名(doing)》

{U}{C}(…するという)効力,ききめ《+of doing》

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

philosophy

〈U〉『哲学』

〈C〉哲学体系

〈U〉(学問・知識などの)原理,理論《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉人生哲学,人生観;信条

〈U〉冷静,沈着;悟り,達観

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

bookshelf

本だな

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

poem

(一編の)『詩』

詩的な美しさ(趣き)を持つもの

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

supreme

『最高位(権威)の』

(程度・質が)『最高の』,最大の

できり限りの

goodness

(一般に)『優秀さ』,質のよさ,よい状態

(人の)『親切』,優しさ,寛容,親切

(食物などの)『よいところ』,精髄,滋養分

《Godを遠回しに言って驚きを表す句に用いて》

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

contention

競争; 論争; 論(争)点, 主張; 【コンピュータ】(通信の)競合, コンテンション〈C〉(論争における)言い分

dwelling

『住居』,住宅

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

depth

〈U〉〈C〉《通例単数形で》『深さ』;奥行き

〈U〉(知識・知性などの)『深遠さ』,深さ

〈U〉(声・音などの調子の)『低さ』;(色の)濃さ

〈C〉《複数形で》『奥まった場所』,奥地

〈C〉深い所,深み

〈U〉〈C〉《時に複数形で》最中

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

confrontation

(…との)対決,対面,直面《+『with』+『名』》

gentle

(態度・性質・口調などが)『優しい』,物柔らかな

(天候・動作などが)『穏やかな』,適度の

(動物などが)おとなしい,なれた

(傾斜などが)なだらかな

《古》生まれ(家柄)のよい

しつけのよい,上品な

governance

支配(統治)すること

支配(統治)されている状態

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

align

…'を'一列に並べる,整列させる

(…と)…'を'提携させる,連合させる《+『名』+『with』+『名』》

一列に並ぶ

(…と)提携する《+『with』+『名』》

timing

時間の調節;時間を測定[記録]すること

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

chill

『寒気』,冷気・冷たさ

『寒さ』,悪寒

興ざめ,いや気,失意

‥'を'『冷やす』

‥'を'『ぞっとさせる』,‘に'寒けを覚えさせる

〈興味・意気込み〉'を'くじく,そぐ

令える,寒けを覚える

『冷たい』,こんやりする;寒けのする

『冷淡な』,よそよそしい

spine

(またspinal column,《話》backbone)せき柱,背骨

(書物などの)背

(ヤマアラシ・サボテンなどの)針,とげ

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

suddenly

『突然に』,だしぬけに

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

day-to-day

毎日の,毎日起こる(なされる)

その日限りの

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

humility

謙そん,卑下;〈C〉《複数形で》謙虚な行為

flowing

流れる

流ちょうな

ゆるやにかに垂れた

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

nor

《neither…nor,で》…『も』,『も』…『ない』,また…ない(or not)

《not,no,neverなどを含む否定節の後で,さらに次に続く内容を否定して》…『もまた』…『ない』

《肯定文の後,または文頭に置いて,次に続く内容を否定して》『そしてまた』…『ない』(and not)

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

humble

(身分・質などが)『低い』,卑しい,そまつな;わずかな(scanty)

『控え目な』,謙そんな,出しゃばらない(modest)

甘んじて屈辱を受ける,平謝りさせられる

〈人・心など〉‘を'謙虚にする

…‘を'卑しめる,はずかしめる・「eat humble pie」で「屈辱を忍ぶ・ ひたすらわびる・甘んじて屈辱を受ける」

contribution

〈U〉(…を…に)『寄付』(『寄与』)『すること』《+『to』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉(…に)寄付した物;寄与(貢献)したこと;(…への)寄稿記事《+『to』+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

instead

『その代りとして』,それよりも

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

glory

〈U〉『光栄』,名誉

〈U〉『壮観』,荘厳,美観

〈U〉(神の)『賛美』

〈U〉『繁栄』,全盛,絶頂;大得意

〈C〉《しばしば複数形で》誇りとなるもの,みごとなもの

〈U〉天国

《『glory in』+『名』(do『ing』)》(…を)喜ぶ;(…を)誇りする,得意がる

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

satisfying

満足を与える,満足な,申し分のない

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

meaningful

有意義な,意義のある

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

quirk

変な癖,奇癖

(…の)予期しない急転回,急変《+『of』+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

harmony

〈U〉(色など)『調和』;(意見などの)一致,和合;(…との)調和《+『with』+『名』》

(音楽ど)和声(音)

towards

toward

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

upset

『…‘を'ひっくり返す』,転覆させる

〈計画など〉‘を'『だめにする』,だいなしにする,狂わす

〈人〉‘の'『心お乱す』,'を'ろうばいさせる

〈体など〉‘の'調子お狂わせる

《米》(競技などで)〈相手〉'を'思いがけなく負かす

ひっくり返った

(計画などが)だいなしの,狂った

《捕語にのみ用いて》(精神的に)混乱した,ろうばいした

(体などの)調子がおかしくなった

〈U〉〈C〉『転倒』,転落

〈C〉(計画.心などの)『混乱』,乱れ;(体の)不調

〈C〉《話》けんか

〈C〉《米》(競技などでの)番狂わせ

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

hurry

『急ぐ』,あわてて行く(する)

〈動作など〉‘を'『早める』,〈事〉‘を'『急いでする』,急がせる

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'急がせる,せき立てる

(…へ)…‘を'急いで動かす(送る,運ぶ)《+『名』+『to』+『名』》

急ぐこと,大急ぎ

《否定文・疑問文で》(…を)急ぐ必要《+『for』(『about』)+『名』》

《話》なかなか…する気にならない《+『to』 do》

accomplished

成し遂げられた,既成の

教養(技術など)が備わった,熟達した(skilled)

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

teapot

(紅茶を入れるときに使う)きゅうす,ティーポット

cup

(紅茶・コーヒー用の)『茶わん』

『茶わん1杯』(の…)《+『of』+『名』》

カップ(容量の単位,約240,)

賞杯

《修飾語を伴って》(悲しみ・楽しみなど)人生の経験

《複数形で》酒・飲酒

〈手のひら〉'を'杯状にする

…'を'茶わん(杯状の物)の中へ入れる

vase

『花びん』;(装飾用の)つぼ

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

flexible

曲げられる;『曲げやすい』;しなやかな

(人・計画などが)柔軟な,融通のきく

endure

…‘に'『耐える』,‘を'持ちこたえる

《しばしば否定文で》…‘を'『がまんする』,忍ぶ,大目に見る

《文》持ちこたえる,長く続く〈last〉

耐え忍ぶ

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

despite

…『にもかかわらず』

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

static

静止の,固定した

動きのない,活気のない

静止電気の

静止学の

空電

(空電による)ラジオの雑音,テレビの電波障害

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

description

〈U〉〈C〉(…の)『記述』,『描写』《+『of』+『名』》

〈C〉人相書き,人相

〈C〉種類,銘柄

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

refresh

(飲食物・休息などが)〈人〉‘を'『再び元気にする』,〈気分など〉‘を'再びさわやかにする

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

compress

〈ガスなど〉'を'(…に)『圧搾する』,圧縮する《+『名』+『into』+『名』》

〈思想・言語など〉'を'(…に)要約する《+『名』+『into』+『名』》

湿布

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

experienced

(…に)『経験を積んだ』《+『in』+『名』(do『ing』)》

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

unlearn

〈学んだこと〉‘を'忘れる;〈考え.習慣など〉‘を'捨て去る

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

ripple effect

連鎖反応

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

nicely

見事に,気持ちよく;うまく

精密に

abbreviate

…'を'『短縮する』,短くする,切り上げる

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

nowadays

(特に過去と比べて)『今日では』,このごろは

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画