TED日本語 - ラヴィー・アジャイ: 心地の悪さを心地良いと感じるべきなのはなぜか

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

思った通りに発言したり、大勢の中で一人異論を唱えることを恐れてはいないし、そうあってはならない ― 「黙っていたところで誰の役にも立たないのだから」と、著者であり、運動家であり、「プロのトラブルメーカー」を自認するラヴィー・アジャイは言います。この、明るく希望に溢れるトークでは、声を上げるべきか、黙っているべきか、心が揺れているときに自分自身に問うべき3つの質問を紹介し、心地の悪さを少しでも心地良いと思えるようになろうと呼びかけます。

Script

私はプロのトラブルメーカーです

(笑)

私の役目は 世の中や いびつな社会構造や 思考停止状態の人々を 批評することなので 作家で 講演者で 胡散臭いナイジェリア人の自分が

(笑)

目指しているのは この猫なんじゃないかと思います

(笑)

「お前 何とかしろよ」という目で 他人をジロッと見る人 それが私です 私たちがこの世を去る時には 生まれた時より 良い世界であってほしい 変化を起こすために 私が選ぶ手段は 公の場で発言すること 火付け役になり ドミノ倒しの駒になることです

ドミノ倒しが起こるためには まず1つ目が倒れなければならず そうすれば選択肢を持たない 他の駒も後に続くわけです 最初に倒れる駒となる人は こう考えています 「これを見た次の人が感化されて ドミノになってくれればいいな」 私にとって 最初のドミノであるとは 声を大にして発言し 必要とされる場合は特に 本当に難しいことを やってのけることです 他の人も続いて 行動してくれることを願って でも私みたいな人は 人が心の中では思ってはいても あえて口にしないようなことを言うので 恐れを知らないタイプだと 見られることが多いのですが そんなことはありません 権力に臆せず堂々と物を言うことで 起こりうる結果や 払うことになる犠牲に対して 恐れがないわけではありません やるしかないと思って やっているのです 世の中には 最初に倒れるドミノの駒に 進んでなろうという人が あまりにも少ないからです 何も恐くないからではありません

では恐れについて話しましょう 私は子供の頃 大人になったら 絶対に 医者になると決めていて 心の中で思い描いていました おもちゃドクターのドックは 私がオリジナルです

(笑)

大学1年生の時のことですが 医学部進学課程での 履修科目に「化学入門」を 取らなければならず 大学在籍中 最初で最後の Dをもらいました

(笑)

そこで進路相談に行って 「医学部進学課程はやめます 医者になるなんて 到底無理ですから そもそも病院自体嫌いですし だから…」

(笑)

医学の道は諦めると言いました 同じ学期中に ブログを書き始めました 2003年のことです 1つの夢が消えると同時に 別の夢が始まりつつありました 趣味で楽しくやっていた執筆が フルタイムの仕事になったのは マーケティングの職を失った 2010年のことです それでも 作家を名乗るようになったのは さらに2年経ってからです 「作家」と自称するまでに 執筆を始めてから9年もかかったのは 安定した給与を諦めたらどうなるか 怖かったからです 「大好きな靴を 買い集められなくなったら?」と

(笑)

そういうわけで 本当にやりたいことに 本腰を入れるまでに 9年もかかりました そして気づいたのです 「恐れ」には独特の作用があり 人をやりたいことから遠ざけ 信条に沿った発言を思いとどまらせるのだと そこで私は心に決めました 「恐れなんかに 人生を支配されてたまるか やりたいことは 恐れずにやってやる」と すると いいことが次々に起こり ドミノ倒しが始まったんです

それに気づいた時 「よし 2015年は 30歳になったことだし 『ともかくやってみる』年にしよう 怖いと思うものは何でも 積極的に追求してみよう」 私は山羊座なので 足が地についた感覚が好きです でも 生まれて初めて 一人旅に出ることにしたんです 行き先は海外 ドミニカ共和国です 誕生日に何をしたかというと 熱帯雨林をワイヤーに ぶら下がって進むツアー なぜか 服装はビジネスカジュアル 意味不明ですね

(笑)

それはもう楽しかったです あと私 水に潜るのは 嫌いなんです やっぱり 足を地に 着けてたいんで そこで メキシコに行って イルカと一緒に水中を泳ぎました 同じ年に 自分にとって 「山」にあたることを やり遂げました 著書を出したんです 『辛口の私が教える改善マニュアル』です そしたら今度は

(拍手)

執筆が本業に なっちゃいました その年に もう1つ 普段の自分とまさに正反対のこと ― 本当にビビりまくったんですが ― スカイダイビングに挑戦しました 飛び降りようという時になって 「また人生の選択を誤った」と思いました

(笑)

落下しながら 迫りくる地表を見て それこそ呼吸するのも忘れて 頭の中では 「故障もしてない飛行機から 自ら飛び降りるなんて」

(笑)

「何考えてるんだ私は」 でも眼下に広がる光景の美しさに 「これは人生最高の経験だ やってみて本当に良かった」 と思いました 私が真実を語るはめになる時というのは あの飛行機から 落ちる時の気分に似ています 開いたハッチの 端にいる時の気分です 「こんなことできない」 と思うけれど 結局は やらなきゃいけないから やるんです ハッチに座って 飛行機に留まっている間は 心地いいんです 毎日 自分よりも力のある 機関や人々に対し そして自分より強大な 権力に対して 真実を語る時は 飛行機から落ちるような気分です でも 「心地良さ」は 過大評価されています 何も言わない状態というのは 心地良いからです 従来のやり方を継続するのは 心地良いのです でも 心地良さは 現状維持しかもたらしません ですから 必要な時に 不都合な真実を語ることで 心地の悪さを 心地良く感じるべきなんです 私は ―

(拍手)

でも 私の場合 真実を語らなきゃ という義務感があります 私にとって誠実さは 本当に重要で 誠意を貫くことを 大事にしているからです 正義というものは 任意ではなく 必須であるべきです あと シアバターもすごく 大事だと思っています

(笑)

私たちの肌がもっと潤えば 世界は良くなるはずです それはそうと こういう価値観が中心にあるので 私にとって真実を語ることは 義務であり 選択の余地はありません

でも私のような プロのトラブルメーカーばかりが ドミノ役を果たそうと心がけ 常に飛行機から飛び降りたり 最初に倒れる駒になったり すべきではありません みんな 短期的な結果を恐れるあまり 気づかないんです しばしば 自分がその部屋の中で 最大の力を持つ人たちの 一人であるということに 2番目か3番目かもしれません 私みたいな人の役目は そういう時に 現状を揺り動かすことだと 強く信じています だから 最大の力は 持っていないとしても 他の人と手を組めば 持てる力が増大します 会議で言葉が出てこない女性を サポートしてあげたり うまく意見を言えない人の言葉も 確実に伝わるよう 気を配ったりすること そんな余地があるように努める という役割です みんなの幸せは 社会の責任です それを念頭に置けば 理解できるはずです 各々が誰か他の人の 助けになるように努めていれば 自分が助けを求める時に 苦労しないはずだと

私は時に 自分が 衆目の中でつまずき 転んできたように感じます 例えば ある国際会議での スピーチを依頼された時 交通費は自己負担と言われ 調べてみたら 白人男性の講演者たちには 講演料が支払われ 交通費も支給され 白人女性の講演者たちには 交通費が支給され 黒人女性の講演者は 自己負担だと判明しました どうしようか迷いました このことを表沙汰にすれば 金銭的に打撃を受けかねません でも 黙っていたところで 誰の役にも立たないと思い おそるおそる このことを公にしたところ 他にも声を上げる女性が 出てきたのです 「私も同じような 報酬格差を経験した」と そして その国際会議での 差別的な報酬体系の実態が 語られ始めたのでした

ドミノ倒しの最初の駒に なった気がしたのは 有名人が書いた 不快な内容の回顧録を読んで それをネタにした時のこと 影響力では負けてるから キャリアに響くかもしれない 「でも やらなきゃ 飛行機のハッチに座ろう」と 2時間ほど考えた後に 「投稿」をクリックして逃げました

(笑)

戻ってきたら 爆発的に拡散していて 「ついに言ってくれる人が現れた」と みんな喜んでいました それがきっかけで 精神衛生やセルフケアが 話題に上るようになり 「そうか これでいいのか 私がしていることも 何かの 役に立っているのかも」と思いました

その後 本当にたくさんの人が ドミノ倒しの起点になり 影響力を持つ男性に暴行を受けた 経験について発言しました その影響で何百万という女性たちが 「Me too」と声を上げました #MeToo運動に火をつけた タラナ・バークに拍手!

(拍手)

体制側が私たち民衆を現状に留めておけるのは 私たちの沈黙あってこそなのです ドミノ倒しを始めるとは つまるところ ありのままの自分を保つことでもあります 私の胡散臭さは 3歳の時から変わっていません

(笑)

3歳の誕生日での写真です 私はこの時からずっと 変わっていませんが それもドミノの駒としての 一要素に感じます 誰もが平均的な人間として 振る舞うように期待される社会では ありのままの自分でいるのは 「型破り」でもあります 大きな声でものが言えない社会で 私はあえて声を張り上げます

(拍手)

言いにくいことを言おうという時 私は自分に3つの質問をしています 1つめ「本気でそう思うのか」 2つめ「根拠はあるのか」 3つめ「愛を込めて言っているか」 答えが全て「イエス」なら 発言して 後は流れに任せます これが大事なんです こうして自己チェックをすると いつも答えは 「そうだ やるべきだよ」です 思慮深く真実を語ることが 「型破り」とされるのは おかしいと思います 権力にも怯まない発言は 残念ながら 捨て身の行為というのが現状です これを もっと多くの人が みんなのために行えば 世界は今よりもっと 良くなるでしょう

みんなのため と言えば 私たちが真実を言うよう 心がけているのは 人間同士の共通基盤への 橋渡しをするためです 真実を土台にしていない橋は 崩れてしまうでしょう 私たちの役目 ― 私たちの義務そして責務は 臆することなく真実を伝え ドミノ倒しを始めること 困難な時も というより 困難な時だからこそ そうするのです

ありがとうございました

(拍手)

I'm a professional troublemaker.

(Laughter)

As my job is to critique the world, the shoddy systems and the people who refuse to do better, as a writer, as a speaker, as a shady Nigerian --

(Laughter)

I feel like my purpose is to be this cat.

(Laughter)

I am the person who is looking at other people, like, "I need you to fix it." That is me. I want us to leave this world better than we found it. And how I choose to effect change is by speaking up, by being the first and by being the domino.

For a line of dominoes to fall, one has to fall first, which then leaves the other choiceless to do the same. And that domino that falls, we're hoping that, OK, the next person that sees this is inspired to be a domino. Being the domino, for me, looks like speaking up and doing the things that are really difficult, especially when they are needed, with the hope that others will follow suit. And here's the thing: I'm the person who says what you might be thinking but dared not to say. A lot of times people think that we're fearless, the people who do this, we're fearless. We're not fearless. We're not unafraid of the consequences or the sacrifices that we have to make by speaking truth to power. What happens is, we feel like we have to, because there are too few people in the world willing to be the domino, too few people willing to take that fall. We're not doing it without fear.

Now, let's talk about fear. I knew exactly what I wanted to be when I grew up. I was like, "I'm going to be a doctor!" Doctor Luvvie was the dream. I was Doc McStuffins before it was a thing.

(Laughter)

And I remember when I went to college, my freshman year, I had to take Chemistry 101 for my premed major. I got the first and last D of my academic career.

(Laughter)

So I went to my advisor, and I was like, "OK, let's drop the premed, because this doctor thing is not going to work, because I don't even like hospitals. So ..."

(Laughter)

"Let's just consider that done for." And that same semester, I started blogging. That was 2003. So as that one dream was ending, another was beginning. And then what was a cute hobby became my full-time job when I lost my marketing job in 2010. But it still took me two more years to say, "I'm a writer." Nine years after I had started writing, before I said, "I'm a writer," because I was afraid of what happens without 401ks, without, "How am I going to keep up my shoe habit? That's important to me."

(Laughter)

So it took me that long to own this thing that was what my purpose was. And then I realized, fear has a very concrete power of keeping us from doing and saying the things that are our purpose. And I was like, "You know what? I'm not going to let fear rule my life. I'm not going to let fear dictate what I do." And then all of these awesome things started happening, and dominoes started to fall.

So when I realized that, I was like, "OK,2015, I turned 30, it's going to be my year of 'Do it anyway.' Anything that scares me, I'm going to actively pursue it." So, I'm a Capricorn. I like my feel solidly on the ground. I decided to take my first-ever solo vacation, and it was out of the country to the Dominican Republic. So on my birthday, what did I do? I went ziplining through the forests of Punta Cana. And for some odd reason, I had on business casual. Don't ask why.

(Laughter)

And I had an incredible time. Also, I don't like being submerged in water. I like to be, again, on solid ground. So I went to Mexico and swam with dolphins underwater. And then the cool thing that I did also that year that was my mountain was I wrote my book, "I'm Judging You: The Do-Better Manual," And I had to own --

(Applause)

that whole writing thing now, right? Yes. But the very anti-me thing that I did that year that scared the crap out of me -- I went skydiving. We're about to fall out of the plane. I was like, "I've done some stupid things in life. This is one of them."

(Laughter)

And then we come falling down to Earth, and I literally lose my breath as I see Earth, and I was like, "I just fell out of a perfectly good plane on purpose."

(Laughter)

"What is wrong with me?!" But then I looked down at the beauty, and I was like, "This is the best thing I could have done. This was an amazing decision." And I think about the times when I have to speak truth. It feels like I am falling out of that plane. It feels like that moment when I'm at the edge of the plane, and I'm like, "You shouldn't do this," but then I do it anyway, because I realize I have to. Sitting at the edge of that plane and kind of staying on that plane is comfort to me. And I feel like every day that I'm speaking truth against institutions and people who are bigger than me and just forces that are more powerful than me, I feel like I'm falling out of that plane. But I realize comfort is overrated. Because being quiet is comfortable. Keeping things the way they've been is comfortable. And all comfort has done is maintain the status quo. So we've got to get comfortable with being uncomfortable by speaking these hard truths when they're necessary. And I --

(Applause)

And for me, though, I realize that I have to speak these truths, because honesty is so important to me. My integrity is something I hold dear. Justice -- I don't think justice should be an option. We should always have justice. Also, I believe in shea butter as a core value, and --

(Laughter)

and I think the world would be better if we were more moisturized. But besides that, with these as my core values, I have to speak the truth. I have no other choice in the matter.

But people like me, the professional troublemakers, should not be the only ones who are committed to being these dominoes who are always falling out of planes or being the first one to take this hit. People are so afraid of these acute consequences, not realizing that there are many times when we walk in rooms and we are some of the most powerful people in those rooms -- we might be the second-most powerful, third-most powerful. And I firmly believe that our job in those times is to disrupt what is happening. And then if we're not the most powerful, if two more of us band together, it makes us powerful. It's like cosigning the woman in the meeting, you know, the woman who can't seem to get her word out, or just making sure that other person who can't make a point is being heard. Our job is to make sure they have room for that. Everyone's well-being is community business. If we made that a point, we'd understand that, for the times when we need help, we wouldn't have to look around so hard if we made sure we were somebody else's help.

And there are times when I feel like I have taken very public tumbles and falls, like the time when I was asked to speak at a conference, and they wanted me to pay my way there. And then I did some research and found out the white men who spoke there got compensated and got their travel paid for. The white women who spoke there got their travel paid for. The black women who spoke there were expected to actually pay to speak there. And I was like, "What do I do?" And I knew that if I spoke up about this publicly, I could face financial loss. But then I also understood that my silence serves no one. So I fearfully spoke up about it publicly, and other women started coming out to talk about, "I, too, have faced this type of pay inequality." And it started a conversation about discriminatory pay practices that this conference was participating in.

I felt like I was the domino the time I read a disturbing memoir by a public figure and wrote a piece about it. I knew this person was more powerful than me and could impact my career, but I was like, "I've got to do this. I've got to sit at the edge of this plane," maybe for two hours. And I did. And I pressed "Publish," and I ran away.

(Laughter)

And I came back to a viral post and people being like, "Oh my God, I'm so glad somebody finally said this." And it started a conversation about mental health and self-care, and I was like, "OK. Alright. This thing that I'm doing, I guess, alright, it's doing something."

And then so many people have been the domino when they talk about how they've been assaulted by powerful men. And it's made millions of women join in and say, "Me Too." So, a shout-out to Tarana Burke for igniting that movement.

(Applause)

People and systems count on our silence to keep us exactly where we are. Now, being the domino sometimes comes down to being exactly who you are. So, I've been a shady somebody since I was three.

(Laughter)

This is me on my third birthday. But I've been this girl all my life, and I feel like even that's been the domino, because in a world that wants us to walk around as representatives of ourselves, being yourself can be a revolutionary act. And in a world that wants us to whisper, I choose to yell.

(Applause)

When it's time to say these hard things, I ask myself three things. One: Did you mean it? Two: Can you defend it? Three: Did you say it with love? If the answer is yes to all three, I say it and let the chips fall. That's important. That checkpoint with myself always tells me, "Yes, you're supposed to do this." Telling the truth -- telling thoughtful truths -- should not be a revolutionary act. Speaking truths to power should not be sacrificial, but they are. But I think if more of us chose to do this for the greater good, we'd be in better spaces than we are right now.

Speaking of the greater good, I think we commit ourselves to telling truths to build bridges to common ground, and bridges that aren't based on truth will collapse. So it is our job, it is our obligation, it is our duty to speak truth to power, to be the domino, not just when it's difficult -- especially when it's difficult.

Thank you.

(Applause)

私はプロのトラブルメーカーです

(笑)

As my job is to critique the world,/ the shoddy systems/ and the people/ who refuse to do better,/ as a writer,/ as a speaker,/ as a shady Nigerian --/ (Laughter)/

私の役目は 世の中や いびつな社会構造や 思考停止状態の人々を 批評することなので 作家で 講演者で 胡散臭いナイジェリア人の自分が (笑)

I feel like my purpose is to be this cat.//

目指しているのは この猫なんじゃないかと思います

(笑)

I am the person/ who is looking at other people,/ like,/ "I need you/ to fix it."//

「お前 何とかしろよ」という目で 他人をジロッと見る人

That is me.//

それが私です

I want us/ to leave this world better/ than we found it.//

私たちがこの世を去る時には 生まれた時より 良い世界であってほしい

And how I choose to effect change is by speaking up,/ by being the first/ and by being the domino.//

変化を起こすために 私が選ぶ手段は 公の場で発言すること 火付け役になり ドミノ倒しの駒になることです

For a line of dominoes to fall,/ one has to fall first,/ which then leaves the other choiceless/ to do the same.//

ドミノ倒しが起こるためには まず1つ目が倒れなければならず そうすれば選択肢を持たない 他の駒も後に続くわけです

And/ that domino/ that falls,/ we're hoping/ that,/ OK,/ the next person/ that sees/ this is inspired to be a domino.//

最初に倒れる駒となる人は こう考えています 「これを見た次の人が感化されて ドミノになってくれればいいな」

Being the domino,/ for me,/ looks like speaking up/ and doing the things/ that are really difficult,/ especially/ when they are needed,/ with the hope/ that others will follow suit.//

私にとって 最初のドミノであるとは 声を大にして発言し 必要とされる場合は特に 本当に難しいことを やってのけることです 他の人も続いて 行動してくれることを願って

And here's the thing:/ I'm the person/ who says/ what you might be thinking/ but dared not to say.//

でも私みたいな人は 人が心の中では思ってはいても あえて口にしないようなことを言うので

A lot of times people think/ that we're fearless,/ the people/ who do this,/ we're fearless.//

恐れを知らないタイプだと 見られることが多いのですが

We're not fearless.//

そんなことはありません

We're not unafraid of the consequences/ or the sacrifices/ that we have to make/ by speaking truth/ to power.//

権力に臆せず堂々と物を言うことで 起こりうる結果や 払うことになる犠牲に対して 恐れがないわけではありません

What happens/ is,/ we feel like we have to,/ because there are too few people/ in the world willing/ to be the domino,/ too few people willing to take that fall.//

やるしかないと思って やっているのです 世の中には 最初に倒れるドミノの駒に 進んでなろうという人が あまりにも少ないからです

We're not doing/ it/ without fear.//

何も恐くないからではありません

Now,/ let's talk/ about fear.//

では恐れについて話しましょう

I knew exactly what I wanted to be/ when I grew up.//

私は子供の頃 大人になったら 絶対に

I was like,/ "I'm going to be a doctor!"//

医者になると決めていて

Doctor Luvvie was the dream.//

心の中で思い描いていました

I was Doc McStuffins/ before it was a thing.//

おもちゃドクターのドックは 私がオリジナルです

(笑)

And I remember/ when I went to college,/ my freshman year,/ I had to take/ Chemistry 101/ for my premed major.//

大学1年生の時のことですが 医学部進学課程での 履修科目に「化学入門」を 取らなければならず

I got the first and last D of my academic career.//

大学在籍中 最初で最後の Dをもらいました

(笑)

So I went to my advisor,/ and I was like,/ "OK,/ let's drop/ the premed,/ because this doctor thing is not going to work,/ because I don't even/ like hospitals.//

そこで進路相談に行って 「医学部進学課程はやめます 医者になるなんて 到底無理ですから そもそも病院自体嫌いですし

So ..."//

だから…」

(笑)

"Let's just consider that done for."//

医学の道は諦めると言いました

And/ that same semester,/ I started blogging.//

同じ学期中に ブログを書き始めました

That was 2003.//

2003年のことです

So/ as that one dream was ending,/ another was beginning.//

1つの夢が消えると同時に 別の夢が始まりつつありました

And then/ what was a cute hobby became my full-time job/ when I lost my marketing job/ in 2010.//

趣味で楽しくやっていた執筆が フルタイムの仕事になったのは マーケティングの職を失った 2010年のことです

But it still took me/ two more years/ to say,/ "I'm a writer."//

それでも 作家を名乗るようになったのは さらに2年経ってからです

Nine years/ after I had started writing,/ before I said,/ "I'm a writer,/"/ because I was afraid of what happens without 401ks,/ without,/ "How am I/ going to keep up/ my shoe habit?//

「作家」と自称するまでに 執筆を始めてから9年もかかったのは 安定した給与を諦めたらどうなるか 怖かったからです 「大好きな靴を

That's important/ to me."//

買い集められなくなったら?」と

(笑)

So it took me that long/ to own this thing/ that was/ what my purpose was.//

そういうわけで 本当にやりたいことに 本腰を入れるまでに 9年もかかりました

And then/ I realized,/ fear has a very concrete power of keeping us/ from doing/ and saying the things/ that are our purpose.//

そして気づいたのです 「恐れ」には独特の作用があり 人をやりたいことから遠ざけ 信条に沿った発言を思いとどまらせるのだと

And I was like,/ "You know/ what?//

そこで私は心に決めました

I'm not going to let/ fear rule my life.//

「恐れなんかに 人生を支配されてたまるか

I'm not going to let/ fear dictate/ what I do."//

やりたいことは 恐れずにやってやる」と

And then/ all of these awesome things started happening,/ and dominoes started to fall.//

すると いいことが次々に起こり ドミノ倒しが始まったんです

So/ when I realized/ that,/ I was like,/ "OK,/2015,/ I turned 30,/ it's going to be my year of 'Do/ it anyway.'//

それに気づいた時 「よし 2015年は 30歳になったことだし 『ともかくやってみる』年にしよう

Anything/ that scares me,/ I'm going to actively pursue it."//

怖いと思うものは何でも 積極的に追求してみよう」

So,/ I'm a Capricorn.//

私は山羊座なので

I like my feel solidly/ on the ground.//

足が地についた感覚が好きです

I decided to take/ my first-ever solo vacation,/ and it was out of the country/ to the Dominican Republic.//

でも 生まれて初めて 一人旅に出ることにしたんです 行き先は海外 ドミニカ共和国です

So/ on my birthday,/ what did I do?//

誕生日に何をしたかというと

I went ziplining/ through the forests of Punta Cana.//

熱帯雨林をワイヤーに ぶら下がって進むツアー

And/ for some odd reason,/ I had on business casual.//

なぜか 服装はビジネスカジュアル

Don't ask why.//

意味不明ですね

(笑)

And I had an incredible time.//

それはもう楽しかったです

Also,/ I don't like being submerged in water.//

あと私 水に潜るのは 嫌いなんです

I like to be,/ again,/ on solid ground.//

やっぱり 足を地に 着けてたいんで

So I went to Mexico and swam/ with dolphins underwater.//

そこで メキシコに行って イルカと一緒に水中を泳ぎました

And then/ the cool thing/ that I did also/ that year/ that was my mountain was I wrote my book,/ "I'm Judging/ You:/ The Do-Better Manual,/"/ And I had to own --/ (Applause)/

同じ年に 自分にとって 「山」にあたることを やり遂げました 著書を出したんです 『辛口の私が教える改善マニュアル』です そしたら今度は (拍手)

that whole writing thing now,/ right?//

執筆が本業に

Yes.//

なっちゃいました

But the very anti-me thing/ that I did that year/ that scared the crap/ out of me --/ I went skydiving.//

その年に もう1つ 普段の自分とまさに正反対のこと ― 本当にビビりまくったんですが ― スカイダイビングに挑戦しました

We're/ about to fall out of the plane.//

飛び降りようという時になって

I was like,/ "I've done some stupid things/ in life.// This is one of them."//

「また人生の選択を誤った」と思いました

(笑)

And then/ we come falling down to Earth,/ and I literally lose my breath/ as I see Earth,/ and I was like,/ "I just fell out of a perfectly good plane/ on purpose."//

落下しながら 迫りくる地表を見て それこそ呼吸するのも忘れて 頭の中では 「故障もしてない飛行機から 自ら飛び降りるなんて」

(笑)

"What is wrong with me?//!"//

「何考えてるんだ私は」

But then/ I looked down/ at the beauty,/ and I was like,/ "This is the best thing/ I could have done.//

でも眼下に広がる光景の美しさに 「これは人生最高の経験だ

This was an amazing decision."//

やってみて本当に良かった」 と思いました

And I think about the times/ when I have to speak/ truth.//

私が真実を語るはめになる時というのは

It feels/ like I am falling out of that plane.//

あの飛行機から 落ちる時の気分に似ています

It feels like that moment/ when I'm at the edge of the plane,/ and I'm like,/ "You shouldn't do this,/"/ but then/ I do it anyway,/ because I realize/ I have to.//

開いたハッチの 端にいる時の気分です 「こんなことできない」 と思うけれど 結局は やらなきゃいけないから やるんです

Sitting at the edge of that plane and kind of staying on that plane is comfort/ to me.//

ハッチに座って 飛行機に留まっている間は 心地いいんです

And I feel like every day that/ I'm speaking/ truth/ against institutions/ and people/ who are bigger/ than me/ and just forces/ that are more powerful/ than me,/ I feel like I'm falling/ out of that plane.//

毎日 自分よりも力のある 機関や人々に対し そして自分より強大な 権力に対して 真実を語る時は 飛行機から落ちるような気分です

But I realize/ comfort is overrated.//

でも 「心地良さ」は 過大評価されています

Because being quiet is comfortable.//

何も言わない状態というのは 心地良いからです

Keeping things/ the way/ they've been/ is comfortable.//

従来のやり方を継続するのは 心地良いのです

And all comfort has done/ is maintain the status quo.//

でも 心地良さは 現状維持しかもたらしません

So we've got to get/ comfortable/ with being uncomfortable/ by speaking these hard truths/ when they're necessary.//

ですから 必要な時に 不都合な真実を語ることで 心地の悪さを 心地良く感じるべきなんです

And I --/ (Applause)

私は ― (拍手)

And for me,/ though,/ I realize/ that I have to speak/ these truths,/ because honesty is so important/ to me.//

でも 私の場合 真実を語らなきゃ という義務感があります 私にとって誠実さは 本当に重要で

My integrity is something/ I hold dear.//

誠意を貫くことを 大事にしているからです

Justice --/ I don't think/ justice should be an option.//

正義というものは 任意ではなく

We should always have justice.//

必須であるべきです

Also,/ I believe in shea butter/ as a core value,/ and --/ (Laughter)/

あと シアバターもすごく 大事だと思っています (笑)

and I think/ the world would be better/ if we were more moisturized.//

私たちの肌がもっと潤えば 世界は良くなるはずです

But besides that,/ with these/ as my core values,/ I have to speak/ the truth.//

それはそうと こういう価値観が中心にあるので 私にとって真実を語ることは

I have no other choice/ in the matter.//

義務であり 選択の余地はありません

But people/ like me,/ the professional troublemakers,/ should not be the only ones/ who are committed to being these dominoes/ who are always falling out of planes/ or being the first one/ to take this hit.//

でも私のような プロのトラブルメーカーばかりが ドミノ役を果たそうと心がけ 常に飛行機から飛び降りたり 最初に倒れる駒になったり すべきではありません

People are so afraid of these acute consequences,/ not realizing/ that there are many times/ when we walk in rooms/ and we are some of the most powerful people/ in those rooms --/ we might be the second-most powerful, third-most powerful.//

みんな 短期的な結果を恐れるあまり 気づかないんです しばしば 自分がその部屋の中で 最大の力を持つ人たちの 一人であるということに 2番目か3番目かもしれません

And I firmly believe/ that our job/ in those times is to disrupt/ what is happening.//

私みたいな人の役目は そういう時に 現状を揺り動かすことだと 強く信じています

And then/ if we're not the most powerful,/ if two more of us/ band together,/ it makes us/ powerful.//

だから 最大の力は 持っていないとしても 他の人と手を組めば 持てる力が増大します

It's like cosigning the woman/ in the meeting,/ you know,/ the woman/ who can't seem to get/ her word out,/ or just making/ sure/ that other person/ who can't make a point is being heard.//

会議で言葉が出てこない女性を サポートしてあげたり うまく意見を言えない人の言葉も 確実に伝わるよう 気を配ったりすること

Our job is to make sure/ they have room/ for that.//

そんな余地があるように努める という役割です

みんなの幸せは 社会の責任です

If we made/ that a point,/ we'd understand/ that,/ for the times/ when we need help,/ we wouldn't have to look around so hard/ if we made sure/ we were somebody else's help.//

それを念頭に置けば 理解できるはずです 各々が誰か他の人の 助けになるように努めていれば 自分が助けを求める時に 苦労しないはずだと

And there are times/ when I feel like I have taken very public tumbles/ and falls,/ like the time/ when I was asked to speak/ at a conference,/ and they wanted me/ to pay my way there.//

私は時に 自分が 衆目の中でつまずき 転んできたように感じます 例えば ある国際会議での スピーチを依頼された時 交通費は自己負担と言われ

And then/ I did some research/ and found out/ the white men/ who spoke there got compensated/ and got their travel paid for.//

調べてみたら 白人男性の講演者たちには 講演料が支払われ 交通費も支給され

The white women/ who spoke/ there got their travel paid for.//

白人女性の講演者たちには 交通費が支給され

The black women/ who spoke/ there were expected to actually pay to speak there.//

黒人女性の講演者は 自己負担だと判明しました

And I was like,/ "What do I do?"//

どうしようか迷いました

And I knew/ that if I spoke up/ about this publicly,/ I could face financial loss.//

このことを表沙汰にすれば 金銭的に打撃を受けかねません

But then/ I also understood that/ my silence serves no one.//

でも 黙っていたところで 誰の役にも立たないと思い

So I fearfully spoke up/ about it publicly,/ and other women started coming out/ to talk about,/ "I,/ too,/ have faced this type of pay inequality."//

おそるおそる このことを公にしたところ 他にも声を上げる女性が 出てきたのです 「私も同じような 報酬格差を経験した」と

And it started a conversation/ about discriminatory pay practices/ that this conference was participating in.//

そして その国際会議での 差別的な報酬体系の実態が 語られ始めたのでした

I felt/ like I was the domino/ the time/ I read a disturbing memoir/ by a public figure/ and wrote a piece/ about it.//

ドミノ倒しの最初の駒に なった気がしたのは 有名人が書いた 不快な内容の回顧録を読んで それをネタにした時のこと

I knew/ this person was more powerful/ than me/ and could impact my career,/ but I was like,/ "I've got to do this.//

影響力では負けてるから キャリアに響くかもしれない 「でも やらなきゃ

I've got to sit/ at the edge of this plane,/"/ maybe/ for two hours.//

飛行機のハッチに座ろう」と 2時間ほど考えた後に

And I did.// And I pressed "Publish,/"/ and I ran away.//

「投稿」をクリックして逃げました

(笑)

And I came back/ to a viral post/ and people/ being like,/ "Oh my God,/ I'm so glad somebody finally said this."//

戻ってきたら 爆発的に拡散していて 「ついに言ってくれる人が現れた」と みんな喜んでいました

And it started a conversation/ about mental health and self-care,/ and I was like,/ "OK.// Alright.//

それがきっかけで 精神衛生やセルフケアが 話題に上るようになり 「そうか これでいいのか

This thing/ that I'm doing,/ I guess,/ alright,/ it's doing something."//

私がしていることも 何かの 役に立っているのかも」と思いました

And then/ so many people have been the domino/ when they talk about how they've been assaulted by powerful men.//

その後 本当にたくさんの人が ドミノ倒しの起点になり 影響力を持つ男性に暴行を受けた 経験について発言しました

And it's made millions of women join/ in and say,/ "Me Too."//

その影響で何百万という女性たちが 「Me too」と声を上げました

So,/ a shout-out/ to Tarana Burke/ for igniting/ that movement.//

#MeToo運動に火をつけた タラナ・バークに拍手!

(拍手)

People and systems count/ on our silence to keep us exactly where/ we are.//

体制側が私たち民衆を現状に留めておけるのは 私たちの沈黙あってこそなのです

Now,/ being the domino sometimes comes down to being exactly/ who you are.//

ドミノ倒しを始めるとは つまるところ ありのままの自分を保つことでもあります

So,/ I've been a shady somebody/ since I was three.//

私の胡散臭さは 3歳の時から変わっていません

(笑)

This is me/ on my third birthday.//

3歳の誕生日での写真です

But I've been this girl/ all my life,/ and I feel like even/ that's been the domino,/ because in a world/ that wants us/ to walk around/ as representatives of ourselves,/ being yourself can be a revolutionary act.//

私はこの時からずっと 変わっていませんが それもドミノの駒としての 一要素に感じます 誰もが平均的な人間として 振る舞うように期待される社会では ありのままの自分でいるのは 「型破り」でもあります

And in a world/ that wants us/ to whisper,/ I choose to yell.//

大きな声でものが言えない社会で 私はあえて声を張り上げます

(拍手)

When it's time/ to say these hard things,/ I ask myself/ three things.//

言いにくいことを言おうという時 私は自分に3つの質問をしています

One:/ Did you mean it?//

1つめ「本気でそう思うのか」

Two:/ Can you defend it?//

2つめ「根拠はあるのか」

Three:/ Did/ you say it/ with love?//

3つめ「愛を込めて言っているか」

If the answer is yes/ to all three,/ I say it/ and let the chips fall.//

答えが全て「イエス」なら 発言して 後は流れに任せます

That's important.//

これが大事なんです

That checkpoint/ with myself always tells me,/ "Yes, you're supposed to do this."//

こうして自己チェックをすると いつも答えは 「そうだ やるべきだよ」です

Telling the truth --/ telling thoughtful truths --/ should not be a revolutionary act.//

思慮深く真実を語ることが 「型破り」とされるのは おかしいと思います

Speaking truths/ to power should not be sacrificial,/ but they are.//

権力にも怯まない発言は 残念ながら 捨て身の行為というのが現状です

But I think/ if more of us chose to do/ this/ for the greater good,/ we'd be in better spaces/ than we are right now.//

これを もっと多くの人が みんなのために行えば 世界は今よりもっと 良くなるでしょう

Speaking of the greater good,/ I think/ we commit ourselves/ to telling truths/ to build bridges/ to common ground,/ and bridges/ that aren't based on truth will collapse.//

みんなのため と言えば 私たちが真実を言うよう 心がけているのは 人間同士の共通基盤への 橋渡しをするためです 真実を土台にしていない橋は 崩れてしまうでしょう

So it is our job,/ it is our obligation,/ it is our duty/ to speak truth/ to power,/ to be the domino,/ not just/ when it's difficult --/ especially/ when it's difficult.//

私たちの役目 ― 私たちの義務そして責務は 臆することなく真実を伝え ドミノ倒しを始めること 困難な時も というより 困難な時だからこそ そうするのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

troublemaker

(常習的に)ごたごたを起こす人,厄介者

laughter

『笑い』,笑い声

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

critique

〈C〉(美術・文芸作品などに関する)評論

〈U〉(一般に)論評,批判

shoddy

再生羊毛製の

粗製の品質の悪い,安っぽい

ごまかしの

毛織物のくずなどから作る品質の悪い羊毛;その生地

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

shady

『陰になっている』,陰の多い

陰を生ずる

《話》うさん臭いところがある,うしろ暗い

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

domino

ドミノ牌(はい)

《複数形~esで》《単数扱い》ドミノ遊び(28個の牌(はい)で遊ぶ)

ドミノ仮装衣(ずきん付き外とうと顔の上半分を隠す仮面から成る舞踏会用の衣装)

ドミノ仮装衣着用者

ドミノ仮面

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

especially

『特に』,特別に;きわだって

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

dare

『あえて…る』

《『dare to』 do》『思いきって…する』,…する勇がある

〈危険など〉‘に'『立ち向かう』

〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する(challenge)

挑戦[すること](challenge)

fearless

『恐れを知らない』

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

sacrifice

〈U〉〈C〉(神に…の)『いけにえをささげること』;〈C〉(神への…の)『いけにえ』《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・国家・目的などのために…を)『犠牲にすること』《+『of』+『名』+『for』(『to』)+『名』》,(…のための)犠牲的行為;〈C〉(…のために)犠牲にされるもの《+『for』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉投げ売り[値段];見切品

〈C〉(野球の)犠牲バント,犠打

(神に)〈人・動物など〉‘を'『いけにえにする』《+『名』+『to』+『名』》

(…のために)…‘を'『犠牲にする』《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《話》‘を'投げ売りする

(野球で)〈走者〉‘を'犠打で進める

(神に)いけにえをささげる《+『to』+『名』》

(野球で)犠打を打つ

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

doc

=doctor

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

freshman

(高校・大学の)新入生,1年生

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

premed

=premedical

医学部進学課程の学生

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

hospital

『病院』

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

semester

(米国・ドイツなどの大学の二学期制の)一学期,前(後)期(通例15‐18週)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

hobby

(他の人と多少変わった)『趣味』,道楽

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

marketing

市場での売買[取引き]

マーケディング(宣伝・販売・技術などを研究する経営学の分野)

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

dictate

(人に)〈文章など〉‘を'『書き取らせる』,口述する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'命じる,命令する,指図する:《『dictate』+『名』+『to』+『名』…を…に命じる》

(人に)書き取らせる,口述する《+『to』+『名』》

(…に)命令する,指図する《+『to』+『名』》

(権威ある)命令;(良心などの)命じるところ

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

anyway

=anyhow

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

actively

活発に;積極的に

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

Capricorn

摩羯(まかつ)宮(天宮の12区分の第10宮)

(星座の)山羊(やぎ)座

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

solo

独唱曲,独奏曲;独唱,独奏,ソロ

(一般に)一人で行う演技や行為

単独飛行

独唱の,独奏の;一人でする

独唱で,独奏で;一人で

一人でする

単独飛行する

vacation

〈C〉《おもに米》『休暇』,休み(《英》holiday)

〈C〉〈U〉《文》(部屋・家・土地などを)明け渡すこと,立ちのき;辞職,退任《+of+名》

(…で)『休暇をとる』《+at(in)+名》

Dominican Republic

(西インドの)ドミニカ共和国(首都はSanto Domingo)

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

casual

『むぞうさな』,さりげない(offhand)

『偶然の』,思いがけない

ふだん着の,くだけた

むとんじゃくな,無関心な

臨時雇労働者

ふだん着

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

submerge

…‘を'水中に沈める,浸す

…‘を'消し去る,おおい隠す

水中にもぐる(没する)

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

Mexico

メキシコ合衆国

swam

swimの過去

dolphin

『イルカ』

シイラ(温帯水域に産する大型の細長い魚)

underwater

水面下の,水中の

水面下に(を),水中で(を)

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

manual

手でする,手細工の

便覧,手引き,案内書

(オルガンの)けん盤

applause

『拍手かっさい』;称賛

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

crap

〈U〉うんこ,くそ・糞

《a~》うんこをすること

〈U〉ほら,たわごと

〈U〉がらくた,ごみ

うんこをする

ふん,ばかばかしい

skydiving

スカイダイビング(パラシュートで目標地点への降下を競うスポーツ)

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

comfort

…'を'『慰める』,元気づける

〈苦しみなど〉'を'楽にする,和らげる

〈U〉『慰め』,慰安

〈C〉『慰めを与える人』)『物』);《通例複数形で》生活を楽しくするもの

〈U〉『快適さ』,安楽

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

keeping

保管,保存

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

status quo

現状

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

honesty

『正直』,実直,誠実

integrity

完全,無欠

高潔,清廉,誠実

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

butter

『バター』

(バターに似た)パンに塗る食品

…‘に'バターを塗る

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

acute

(先の)『鋭い』,とがった

(痛み・感情などが)『激しい』,強い

(知力・感覚などが)『鋭い』,鋭敏な

(事態が)重大な

(病気が)急性の

(音が)高い,鋭い

鋭角の

firmly

しっかりと

確固として

disrupt

…‘を'混乱させる

(一時的に)…‘を'中断させる

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

well-being

幸福な状態,(特に)健康

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

tumble

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》『ころがる』,倒れる

ころげ回る,のたうち回る《+about》

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》ころがるようにして行く(来る)

くずれ落ちる,崩壊する《+down》

(体操)とんぼ返りを打つ,くるくる回転する

〈価格が〉急落する

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'ほうり投げる

…‘を'めちゃくちゃにする

〈C〉転倒,転落

〈U〉《しばしば A ~》混乱,乱雑ごちゃごちゃ

〈C〉とんぼ返り

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

white man

白人;(特にヨーロッパ以外の国を征服した)ヨーロッパ人

compensate

(…に対して)〈人〉‘に'『補償する』《+『名』+『for』+『名』》

〈損失など〉'を'『償う』

《米》…‘に'報酬(給与)を支払う

(損失などを)『償う』《+『for』+『名』》

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

publicly

公に,公然と;おおっぴらに

公的に,公衆によって

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

no one

『だれも』…『ない』

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

inequality

〈U〉〈C〉(大きさ・数・量・程度などが)等しくないこと,不平等,不同

《複数形で》表面に不ぞろい,でこぼこ

〈U〉不等;〈C〉不等式

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

discriminatory

差別的な;(特に)人種差別の

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

memoir

《複数形で》(筆者自身の)思い出の記,回顧録;自叙伝

伝記

《複数形で》(学会などの)会報,紀要

論文,研究報告

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

viral

ウィルスの;ウィルスが原因の

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

alright

=all right

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

assault

(暴力で,時に比喩(ひゆ)的な意で)(…を)『襲うこと』,強襲,攻撃《+『against』(『on』)+『名 』》

(法律用語で)暴行

〈場所〉'を'襲撃する;〈人〉‘に'暴行を加える

〈人・物〉'を'非難する

men

manの複数形

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

ignite

…‘に'火をつける,点火する,‘を'燃やす

火がつく,燃え始める

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

revolutionary

《名詞の前にのみ用いて》革命の;革命的な

全く新しい

《『R-』》アメリカ独立戦争の

革命家

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

whisper

『ささやく』,ひそひそ話す《+about+名》

〈風・流れ・木の葉などが〉サラサラ音を立てる

…‘を'『ささやく』,ひそひそと言う

《しばしば受動態で》〈秘密など〉‘を'言いふらす《+about+名》

『ささやき』,ささやかれた言葉

《単数形で》(風・流れなどの)サラサラいう音

うわさ,ひそひそ話

yell

(…を求めて)『大声で叫ぶ』《+for+名》;(…に)大声をあげる《+at+名》

(…に向かって)…‘を'叫んで(大声で)言う《+out+名(+名+out)+at(to)+名》

『叫び声』金切り声,わめき

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

chip

『木の切れ端』,削りくず;(石・陶器などの)『破片』,かけら

欠けあと,ひび

《複数形で》《英》=French fry

(食物の)薄切り

干からびたもの;無味乾燥なもの

(ポーカーなどのゲームにお金の代りに使われる)チップ,点棒

…'を'『欠く』,削る,そぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》;(…から)…'を'欠く,そぐ《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

欠ける,割れる《+『off』》;(…を)欠く,削る《+『at』+『名』》

checkpoint

検問所

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

thoughtful

『思いやりのある』,配慮の行き届いた,親切な

『考え込んでいる』,物思いにふけった

《補語にのみ用いて》《be thoughtful of+名》(‥に対して)『考え深い』,注意深い(careful)

sacrificial

犠牲の,献身的な

見切り売りの,投げ売りの

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

common ground

共通理念,共通利害,共通基盤

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

obligation

(法律・社会・道徳上の)『義務』,約束

(法律・契約・約束などの持つ)拘束力,束縛

(与えられた恩恵・好意などに対する)『恩義』,義理《+『to(toward)』+『名』》

duty

〈C〉〈U〉(道徳・法律上の)『義務』,本分,義理

〈C〉《しばしば複数形で》(地位・職業などからくる)『任務』,職務,仕事

〈U〉《古》尊敬,敬意

〈C〉《しばしば複数形で》『税』(tax),関税

関連動画