TED日本語 - カロリーナ・コルッポー: 住みよい都市設計に役立つビデオゲーム

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

世界人口の半分以上が都市に暮らす現在、まぎれもない1つの事実があります。それは我々人類が都市の生き物だということです。ゲームの側面と、都市設計の青写真作成ツールの側面を兼ね備えた『シティーズ: スカイライン』は、ユーザーが自分の創造性と自己表現を活かして都市の未来を再考するよう誘います。ゲームデザイナーのカロリーナ・コルッポーは、過去にユーザーたちが作ったすごい都市をいくつか紹介します。その中には、未来的な幻想都市もあれば、非常にリアルな都市風景もあります。あなたが夢に見る都市はどのようなものですか?

Script

私たち人類は都会の生き物と なりつつあります 都市は私たちにとって 自然の生息環境です 私たちの棲み家です 2014年には 世界人口の 54%以上が 都市に住んでいました 請け合いますが 多くの人が 考えたことがあるはずです 自分ならどんな風に 物事を変えるだろうかと 例えば もし住んでいる町の様子を 変えるツールがありさえすれば 「自分ならどうするだろうか?」 「自分はどんな形の都市を夢に見るだろう?」と そしてそのツールとは ― これを 私たちは開発しました 2年前 私はチームと あるゲームを発売しました 題して『シティーズ: スカイライン』 これは 都市設計のゲームです

私はいつも システムとしての都市に 関心を持ってきました そこに大きな興味があります でも 意外だったのは 私だけではなかったことです 人々は都市が大好きです 関心を持ち アイデアを持っています このゲームはたちまちヒットしました これまでに 350万人以上がプレイしました

このゲームは プレイのためだけのものではありません 実に素晴らしい共有システムもついています ユーザーは ゲームで 都市を作り 作ったものを共有し 作品をお披露目します これからご覧いただくのは ユーザーたちが作った 都市のいくつかです

このゲームの目的は 自己表現であり ものづくりであり シミュレーションが提起する課題を 克服するだけのものではありません 自分の思い描く都市の様子を 表現することです

2、3の動画をお見せします YouTubeの動画です 私が見た 最も興味深い 都市デザインのいくつかです それぞれ違うものですが みなさんの気に入って いただけるものと思います

この作品は 『The Netherlands(オランダ)』です ユーザーSilvarretの作です ゲームを始めると 何もない土地が出てきます この土地は 実在の土地を元にしても 地図編集キットでの 手作りでも構いません もちろん 他の誰かが作った都市を ダウンロードして その中でプレイすることもできます さて Silvarretが作ったもの ― Silvarretが作りたかったのは 現実の都市ではありません これは空想の都市です 見た目はリアルですけどね オランダにありそうな 空想の都市を作りたいと考えた訳です そこで彼は オランダの都市を調べて その特徴のいくつかを組み合わせて これを作りました これは都市ですが 本物の都市ではなく こういう都市はありえます 実際のオランダにそっくりな外見です 町はどれも 人口密度が極めて高いです 従って 不可欠なのは 高速道路 鉄道など それぞれの コミュニティの中心を 結びつけるあらゆるものです たくさんの人がいて たくさんの移動があるので 移動手段がここでの鍵です

ここでさらに空想的な面に目を向けて 未来を見てみましょう これは 私のお気に入りの1つです こういう都市デザインが 私は一番好きです ユーザー Conflictnerd(論争好き)による 段重ね構造の都市です 基本となるアイデアは 同心円状の道路です この都市は大きな円形であり 中にいくつもの小さな円があります ここでのポイントは 行政や公共の設備を 全て都市の中心に置いて その外円部に 市民の 実生活の場があることです そこは 交通量、騒音、汚染が少ないので みなさんが住みたいと思う区域です それでいて 行政や公共のサービスは ごく身近にあるという訳です 行政機関は中心部にあります ここがゲームの要です プレイヤーが理解すべきことは 都市に住む普通の人々が 何を望み 何を必要とするか?です 知る必要があるのは そういったものを どこに置くべきかです 例えば 病院はあるだけでは不十分です アクセスのしやすさが必要です 市民がアクセスできなければなりません これが一つの解決策です いつの日か このような都市が 実現するかも知れません

さらに未来的な例を見てみましょう ユーザーYutthoの 『Astergea(惑星 地球)』です Yutthoは ユーチューバーで ゲームのプレイヤーでもあります 彼が ここでやったのは なんと この都市を作るための 12回の動画シリーズです 彼はこのゲームをプレイして それを記録し 自分が何をどんな理由でやっているのか 順を追って 説明しています このシリーズの一環として 彼は 実在の都市計画者に インタビューをしています それがジェフ・スペックです スペックは 「walkability(歩きやすさ)」 という概念のエクスパートです 基本概念は 自分の作る都市の住民を歩かせたいなら ― 徒歩自体は良い手段なのですが ― 徒歩を妥当な交通手段として 位置づけすることは絶対必要です 場所を移動するための 良い手段でなければなりません そこでYutthoは この概念に解説をつけて スペックにも説明をしてもらい その上で 構築中の都市に 歩きやすさの概念を応用しました 今見ているのは Yutthoが描く未来の展望です 公共交通機関、歩道、広場がたくさん 高層ビルを繋いでいます おそらく 未来の外観は このようなものかも知れません そしてゲームのシステムは このような目的に本当によく機能します

このゲームは 現実の世界に 応用されることがあります 都市プランナーが下絵ツールとして このゲームを使うことがあります 実社会と完全に適合する訳ではありませんが このシミュレーションは十分にリアルで ゲームでうまくいくものは 実社会でも うまくいく確率が 非常に高いので 色々 試行して 一定の高速道路の合流地点が一定の状況に ふさわしいかどうか 判断できます 「道路を新設したら役に立つか?」など そんなことが このゲームでできます

ある興味深いコンテストが開かれました フィンランド ハメーンリンナ市の主催でした 市が行ったことは 市内に開発したい地区を 新たに設けたことです 市は 既存の市の地図を ゲーム用に作成し 開発したい地区を空白にして その地図を共有しました 誰でも この地図をダウンロードして ゲームで この地区を構築して 作品を 市議会に提出できるようにしました まだ何も建っていませんが 市は ゲームで作られた構想の 1つを採用して 実際にまちづくりをするかも知れません

ご覧いただいた動画 ― ご覧いただいたのは 発案された 数々の新しいソリューションです 都市は成長を続けています 時ともに拡大し 都市人口の割合は 増加すると考えられます 私たちは 解決策を必要とし ゲームのプレイヤーたちは 様々な解決法を試しているのです その中にはとても重要なものが あるかも知れません 私たちがここで見ているのは いつか実現するかも知れない夢の都市です ですから これは ただのゲームではないかも知れません このゲームで 私たちの運命が決まるかも知れません

ありがとうございます

(拍手)

We humans are becoming an urban species, so cities, they are our natural habitat. That is where we live. In 2014, over 54 percent of the world population was living in cities, and I can bet you that so many of these people have thought of how they would do things differently, like if I only had the tools to change things in my city, what would I do? What would my dream city be like? And these tools, this is just what we gave them. Two years ago, my team and I, we released a game, "Cities: Skylines." It is a game about building cities.

So I have always been interested in cities as systems. It's something that I find immensely interesting. But what I didn't understand was that I am not alone in this. People love cities. They are interested. They have ideas. The game was an instant hit. So far, over three and a half million people have played it.

And it's not just about playing. We also have really awesome sharing systems. So people play, they create cities and then they are sharing these creations, showing off what they have made. And what I will show you is some of these cities created by the players.

So the game is about self-expression, creativity, not just overcoming the challenges posed by the simulation. It is about showing what your cities look like.

So I have a couple of videos. These are from YouTube. And these are some of the most interesting city designs I have seen. So they are all different, and I hope you like all of these.

This one is called The Netherlands. It's by Silvarret. And when you start the game, you have an empty piece of land. This land, it can be based on the real world, it can be hand-crafted in the map editor, or you can, of course, download a city made by someone else and play in that. But what Silvarret has done here is that what he wanted to make was not a real city. This is a fantasy city, even though it looks real. So what he wanted to do was a fantasy city that could be in the Netherlands. So he kind of investigated what are the characteristics of cities in the Netherlands and combined a couple of those, and this is what he created. So it is a city, but it is not a real city, but it could be. It looks just like the Netherlands. So the places are really densely populated. So what you need is highways, trains, anything connecting these small town centers together. Lots of people, lots of moving, so transportation is the key here.

But then let's go even more on the fantasy side. Let's go into the future. This is one of my personal favorites. These city designs are what I love the most. So this is a tiered city by Conflictnerd, and the basic idea is that you have concentric circle routes. So the city is a big circle with tinier circles inside. And the thing is that you put all of the services in the center, and then people actually live on the outer ring, because there is less traffic, less noise, less pollution, so that is where you want to live. But the services are still really close by. They are in the center. And this is the soul of the game. The player has to understand what are the wishes, what are the needs of the tiny people living in the cities. So you need to know where you should put the things. Like, it's not enough to have a hospital. It needs to be accessible. Citizens need to reach the hospital. And this is one way to do it. So maybe this is something that we might be seeing someday.

And then even more into the future. Astergea by Yuttho. So Yuttho does YouTube videos and plays the game. What he did here was actually a 12-point series of creating this city. So what he does is he plays the game, he records it and he explains as he's going what he's doing and why. And as a part of this series, he actually did an interview with an actual urban planner called Jeff Speck. And Speck is an expert on the concept of walkability. The basic idea is that if you want your citizens to walk, which is kind of beneficial, you actually need to have walking as a reasonable means of transportation. It should be a good way to reach places. So what Yuttho did was that he explained this concept, he had Speck explain it, too, and then he applied it to the city that he was building. So what we are seeing is Yuttho's vision of the future: lots of public transportation, walkways, plazas, connecting high-rise buildings. Maybe this is what the future might look like. And the game system works really well for this.

We are seeing some real-world uses to this game. So we know that some urban planners are using it as a sketching tool, so while the simulation is not completely realistic, it is realistic enough that if something works in the game, it is highly likely that it will also work in the real world, so that you can actually try out things, see if this intersection might fit this kind of a situation. If we build a new road, would it help? And this is what you can do with this game.

There was one really interesting contest held by the Finnish city of Hameenlinna. So what they did was that they had a new area that they wanted to develop in the city. They made a map with the existing city, they left empty the area that they would want to develop and shared this map. So anyone could download the map, play the game, build the area and submit their creations to the city council. So they have not yet built anything, but it might just be that they use one of these plans made with the game to actually build the real city.

And these videos that I have shown you, these are the people who are coming up with new kinds of solutions. We know that cities are growing. They're getting bigger as we go, and the percentage of population living in cities is projected to rise. So we need the solutions and these people, playing the game, they are trying out different kinds of solutions. They might have something that is really important. So what we are seeing here is dream cities that might be real one day. So it might be that this is not just a game. It might be a way to decide our own fate.

Thank you.

(Applause)

We humans are becoming an urban species,/ so cities,/ they are our natural habitat.//

私たち人類は都会の生き物と なりつつあります 都市は私たちにとって 自然の生息環境です

That is/ where we live.//

私たちの棲み家です

In 2014,/ over 54 percent of the world population was living in cities,/ and I can bet you/ that so many of these people have thought of how they would do things differently,/ like if I only had the tools/ to change things/ in my city,/ what would I do?//

2014年には 世界人口の 54%以上が 都市に住んでいました 請け合いますが 多くの人が 考えたことがあるはずです 自分ならどんな風に 物事を変えるだろうかと 例えば もし住んでいる町の様子を 変えるツールがありさえすれば 「自分ならどうするだろうか?」

What would my dream city be like?//

「自分はどんな形の都市を夢に見るだろう?」と

And these tools,/ this is just/ what we gave them.//

そしてそのツールとは ― これを 私たちは開発しました

Two years ago,/ my team and I,/ we released a game,/ "Cities:/ Skylines."//

2年前 私はチームと あるゲームを発売しました 題して『シティーズ: スカイライン』

It is a game/ about building cities.//

これは 都市設計のゲームです

So I have always been interested in cities/ as systems.//

私はいつも システムとしての都市に 関心を持ってきました

It's something/ that I find immensely interesting.//

そこに大きな興味があります

But what I didn't understand/ was that I am not alone/ in this.//

でも 意外だったのは 私だけではなかったことです

People love cities.//

人々は都市が大好きです

They are interested.// They have ideas.//

関心を持ち アイデアを持っています

The game was an instant hit.//

このゲームはたちまちヒットしました

So far,/ over three and a half million people have played it.//

これまでに 350万人以上がプレイしました

And it's not just about playing.//

このゲームは プレイのためだけのものではありません

We also have really awesome sharing systems.//

実に素晴らしい共有システムもついています

So people play,/ they create cities/ and then/ they are sharing these creations,/ showing off/ what they have made.//

ユーザーは ゲームで 都市を作り 作ったものを共有し 作品をお披露目します

And what I will show/ you is some of these cities created by the players.//

これからご覧いただくのは ユーザーたちが作った 都市のいくつかです

So the game is about self-expression,/ creativity,/ not just overcoming/ the challenges posed by the simulation.//

このゲームの目的は 自己表現であり ものづくりであり シミュレーションが提起する課題を 克服するだけのものではありません

It is about showing/ what your cities look like.//

自分の思い描く都市の様子を 表現することです

So I have a couple of videos.//

2、3の動画をお見せします

These are from YouTube.//

YouTubeの動画です

And these are some of the most interesting city designs/ I have seen.//

私が見た 最も興味深い 都市デザインのいくつかです

So they are all different,/ and I hope you/ like all of these.//

それぞれ違うものですが みなさんの気に入って いただけるものと思います

This one is called The Netherlands.//

この作品は 『The Netherlands(オランダ)』です

It's by Silvarret.//

ユーザーSilvarretの作です

And when you start the game,/ you have an empty piece of land.//

ゲームを始めると 何もない土地が出てきます

This land,/ it can be based on the real world,/ it can be hand-crafted/ in the map editor,/ or you can,/ of course,/ download/ a city made by someone else/ and play in that.//

この土地は 実在の土地を元にしても 地図編集キットでの 手作りでも構いません もちろん 他の誰かが作った都市を ダウンロードして その中でプレイすることもできます

But what Silvarret has done/ here is/ that/ what he wanted to make/ was not a real city.//

さて Silvarretが作ったもの ― Silvarretが作りたかったのは 現実の都市ではありません

This is a fantasy city,/ even though it looks real.//

これは空想の都市です 見た目はリアルですけどね

So/ what he wanted to do/ was a fantasy city/ that could be in the Netherlands.//

オランダにありそうな 空想の都市を作りたいと考えた訳です

So he kind of investigated/ what are the characteristics of cities/ in the Netherlands/ and combined a couple of those,/ and this is/ what he created.//

そこで彼は オランダの都市を調べて その特徴のいくつかを組み合わせて これを作りました

So/ it is a city,/ but it is not a real city,/ but it could be.//

これは都市ですが 本物の都市ではなく こういう都市はありえます

It looks just/ like the Netherlands.//

実際のオランダにそっくりな外見です

So/ the places are really densely populated.//

町はどれも 人口密度が極めて高いです

So/ what you need/ is highways,/ trains,/ anything/ connecting these small town centers together.//

従って 不可欠なのは 高速道路 鉄道など それぞれの コミュニティの中心を 結びつけるあらゆるものです

Lots of people,/ lots of moving,/ so transportation is the key here.//

たくさんの人がいて たくさんの移動があるので 移動手段がここでの鍵です

But then let's go even more/ on the fantasy side.//

ここでさらに空想的な面に目を向けて

Let's go/ into the future.//

未来を見てみましょう

This is one of my personal favorites.//

これは 私のお気に入りの1つです

These city designs are/ what I love the most.//

こういう都市デザインが 私は一番好きです

So/ this is a tiered city/ by Conflictnerd,/ and the basic idea is/ that you have concentric circle routes.//

ユーザー Conflictnerd(論争好き)による 段重ね構造の都市です 基本となるアイデアは 同心円状の道路です

So the city is a big circle/ with tinier circles inside.//

この都市は大きな円形であり 中にいくつもの小さな円があります

And the thing is/ that you put all of the services/ in the center,/ and then/ people actually live on the outer ring,/ because there is less traffic,/ less noise,/ less pollution,/ so that is/ where you want to live.//

ここでのポイントは 行政や公共の設備を 全て都市の中心に置いて その外円部に 市民の 実生活の場があることです そこは 交通量、騒音、汚染が少ないので みなさんが住みたいと思う区域です

But the services are still really close/ by.//

それでいて 行政や公共のサービスは ごく身近にあるという訳です

They are in the center.//

行政機関は中心部にあります

And this is the soul of the game.//

ここがゲームの要です

The player has to understand/ what are the wishes,/ what are the needs of the tiny people/ living in the cities.//

プレイヤーが理解すべきことは 都市に住む普通の人々が 何を望み 何を必要とするか?です

So you need to know/ where you should put the things.//

知る必要があるのは そういったものを どこに置くべきかです

Like,/ it's not enough/ to have a hospital.//

例えば 病院はあるだけでは不十分です

It needs to be accessible.//

アクセスのしやすさが必要です

Citizens need to reach/ the hospital.//

市民がアクセスできなければなりません

And this is one way/ to do it.//

これが一つの解決策です

So maybe/ this is something/ that we might be seeing someday.//

いつの日か このような都市が 実現するかも知れません

And then even more/ into the future.//

さらに未来的な例を見てみましょう

Astergea/ by Yuttho.//

ユーザーYutthoの 『Astergea(惑星 地球)』です

So Yuttho does YouTube videos/ and plays the game.//

Yutthoは ユーチューバーで ゲームのプレイヤーでもあります

What he did/ here was actually a 12-point series of creating this city.//

彼が ここでやったのは なんと この都市を作るための 12回の動画シリーズです

So/ what he does/ is he plays the game,/ he records it/ and he explains/ as he's going/ what he's doing and why.//

彼はこのゲームをプレイして それを記録し 自分が何をどんな理由でやっているのか 順を追って 説明しています

And as a part of this series,/ he actually did an interview/ with an actual urban planner called Jeff Speck.//

このシリーズの一環として 彼は 実在の都市計画者に インタビューをしています それがジェフ・スペックです

And Speck is an expert/ on the concept of walkability.//

スペックは 「walkability(歩きやすさ)」 という概念のエクスパートです

The basic idea is/ that if you want your citizens/ to walk,/ which is kind of beneficial,/ you actually need to have walking/ as a reasonable means of transportation.//

基本概念は 自分の作る都市の住民を歩かせたいなら ― 徒歩自体は良い手段なのですが ― 徒歩を妥当な交通手段として 位置づけすることは絶対必要です

It should be a good way/ to reach places.//

場所を移動するための 良い手段でなければなりません

So/ what Yuttho did was/ that he explained this concept,/ he had/ Speck explain it,/ too,/ and then/ he applied it/ to the city/ that he was building.//

そこでYutthoは この概念に解説をつけて スペックにも説明をしてもらい その上で 構築中の都市に 歩きやすさの概念を応用しました

So/ what we are seeing is Yuttho's vision of the future:/ lots of public transportation,/ walkways,/ plazas,/ connecting high-rise buildings.//

今見ているのは Yutthoが描く未来の展望です 公共交通機関、歩道、広場がたくさん 高層ビルを繋いでいます

Maybe/ this is/ what the future might look like.//

おそらく 未来の外観は このようなものかも知れません

And the game system works really well/ for this.//

そしてゲームのシステムは このような目的に本当によく機能します

We are seeing some real-world uses to this game.//

このゲームは 現実の世界に 応用されることがあります

So we know/ that some urban planners are using it/ as a sketching tool,/ so/ while the simulation is not completely realistic,/ it is realistic enough/ that if something works in the game,/ it is highly likely/ that it will also work in the real world,/ so that you can actually try out/ things,/ see/ if this intersection might fit this kind of a situation.//

都市プランナーが下絵ツールとして このゲームを使うことがあります 実社会と完全に適合する訳ではありませんが このシミュレーションは十分にリアルで ゲームでうまくいくものは 実社会でも うまくいく確率が 非常に高いので 色々 試行して 一定の高速道路の合流地点が一定の状況に ふさわしいかどうか 判断できます

If we build a new road,/ would it help?//

「道路を新設したら役に立つか?」など

And this is/ what you can do with this game.//

そんなことが このゲームでできます

There was one really interesting contest held by the Finnish city of Hameenlinna.//

ある興味深いコンテストが開かれました フィンランド ハメーンリンナ市の主催でした

So/ what they did/ was/ that they had a new area/ that they wanted to develop/ in the city.//

市が行ったことは 市内に開発したい地区を 新たに設けたことです

They made a map/ with the existing city,/ they left empty/ the area/ that they would want to develop/ and shared this map.//

市は 既存の市の地図を ゲーム用に作成し 開発したい地区を空白にして その地図を共有しました

So anyone could download the map,/ play the game,/ build the area/ and submit their creations/ to the city council.//

誰でも この地図をダウンロードして ゲームで この地区を構築して 作品を 市議会に提出できるようにしました

So they have not yet built anything,/ but it might just be/ that they use one of these plans made with the game/ to actually build the real city.//

まだ何も建っていませんが 市は ゲームで作られた構想の 1つを採用して 実際にまちづくりをするかも知れません

And these videos/ that I have shown you,/ these are the people/ who are coming up/ with new kinds of solutions.//

ご覧いただいた動画 ― ご覧いただいたのは 発案された 数々の新しいソリューションです

We know/ that cities are growing.//

都市は成長を続けています

They're getting/ bigger/ as we go,/ and the percentage of population/ living in cities is projected to rise.//

時ともに拡大し 都市人口の割合は 増加すると考えられます

So we need the solutions and these people,/ playing the game,/ they are trying out/ different kinds of solutions.//

私たちは 解決策を必要とし ゲームのプレイヤーたちは 様々な解決法を試しているのです

They might have something/ that is really important.//

その中にはとても重要なものが あるかも知れません

So/ what we are seeing here is dream cities/ that might be real one day.//

私たちがここで見ているのは いつか実現するかも知れない夢の都市です

So/ it might be/ that this is not just a game.//

ですから これは ただのゲームではないかも知れません

It might be a way/ to decide our own fate.//

このゲームで 私たちの運命が決まるかも知れません

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

urban

都市(都会)の

都市に住む

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

habitat

(動・植物の)産地,生息地

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

skyline

地平線(horizon)

スカイライン(山・都市の建物などの空を背景とした輪郭)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

immensely

広大に,ばく大に

《話》非常に,とても(greatly)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

instant

『一瞬の間』,瞬間(moment)

《the,this,thatなどを伴って》(…の)ちょうどその瞬間,まさに(…の)時

『即時の』,すぐの,即刻の

《名詞の前にのみ用いて》『急の』,緊急の(urgent)

『即席の』,インスタント[料理]の

《古》今月の

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

self-expression

自己表現,自己の思想(感情など)の表明 = self expression

creativity

独創性

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

Netherlands

『オランダ』(Hollandの公式名;首都はAmsterdam,政府所在地はThe Hague)

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

fantasy

〈U〉想像,空想

〈C〉(実在しない,異様な)心象,イメージ

〈C〉空想的作品;幻想曲

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

investigate

(注意深く)〈問題・事件など〉‘を'『調べる』,研究する

(…を)『調査する』《+『into』+『名』》

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

highway

(特に都市間を結ぶ)『幹線道路』,公道

《比喩(ひゆ)的に》楽な道

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

concentric

中心を同じくする,同心の

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

outer

外に,外側の,外部の

中心から遠い

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

pollution

(…を)『汚すこと』,汚染すること;(…が)『汚されていること』《+『of』+『名』》

汚染物質(地域)

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

hospital

『病院』

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

planner

計画者,立案者

speck

『しみ』汚点

《否定文で》(…の)小片,みじん《+『of』+『名』》

…‘に'しみをつける

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

beneficial

有益な,ためになる

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

walkway

(玄関から通りまで,また工場内などの)歩行者用通路

plaza

(都市の)大広場

high-rise

(建物が)高層の

高層建築の

建物の高いところにある

高層建築

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

completely

『完全に』,全く,十分に

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

intersection

〈C〉(特に道路の)交差点

〈U〉交差

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

contest

『争い』,闘争

『競争』,競技,コンテスト

(手に入れようと)…'を'『争う』(fight for)

…‘に'異議を唱える,反論する

(…を争って…と)競争する《+『with』(『against』)+『名』》

(…と)議論する《+『with』(『against』)+『名』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

Finnish

フィンランド(Finland)の;フィンランド人(語)の

フィンランド語

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

city council

市議会,市会

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

fate

〈U〉『運命』,宿命

〈U〉(運命として定められた)最期,破滅,(特に)死

《the Fates》(ギリシア・ローマ神話の)運命の三女神(Clotho,Lachesis,Atropes)

…‘を'運命づける

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画