TED日本語 - ダオ・グエン: コンテンツを流行らせる要素とは?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

注目を集めるコンテンツを作るには、どんな秘密があるのでしょうか?Buzzfeedの発行人ダオ・グエンのトークを聴いて、興味をそそるクイズやまとめ記事、ビデオが作られる過程をのぞいてみましょう。またそのチームが、コンテンツを用いてどのように人々がつながったり、文化を生み出したりするのか理解するためのシステムをどのように開発したかについても詳しく学びましょう。

Script

去年 Buzzfeedでは 一部の社員による企画で 上司のゼイ・フランクに イタズラをしました その日はゼイの誕生日でした 彼のオフィスに ヤギの赤ちゃんを 連れてくることにしたのです

(笑)

我が社では Facebookのライブ配信を 試み始めたばかりだったので 当然のごとく この日の様子をネット上で ライブ配信することに決め ゼイがオフィスに入って ヤギを発見する様子を 映像に収めようと思ったのです 一連の出来事は 10分程度で終わるだろうし この内輪ネタを見るのは せいぜい数百人の社員だろうと思いました でも 何が起こったのか? ゼイはなかなか現れませんでした ゼイは飲み物を取りに行き 会議に呼び出され 会議が長引き トイレにも行きました だんだんと多くの人々が ヤギを目当てに 視聴し始めました 30分以上経って ゼイが登場した頃には ライブ動画の視聴者数は 9万人に上っていました

私たちチームは この動画についてや 人気になった理由について 何度も話し合いました 視聴者数は 過去最高というわけでは ありませんでした 過去最高だったのは チーズファウンテンの動画です でも 今回の動画は期待をはるかに超えた 盛り上がりを見せてくれました オフィスにヤギがいる動画は 何が予想外だったのでしょう? 勘の鋭い人なら いくらでも 仮説を立てられるかもしれません 動物の赤ちゃんは 視聴者ウケがいいのかもとか 職場でのイタズラが人気なのかもとか 上司や誕生日サプライズのネタは 人気なのかもしれないとか でも 私たちチームは動画の内容については それほど考えていませんでした 私たちが考えていたのは 視聴者が何を考え 何を感じていたのかです 動画配信中に寄せられた 8万2千件のコメントを一部読み 考えついた仮説として 視聴者はこれから何かが起こるという 「共通の期待」に参加していたから ワクワクしていたのかもと考えました その一瞬とはいえ ある集団に参加していたことが 嬉しかったのではないかと

それで この仮説を検証しなくては と考えました 今回とまったく同じことを 検証するには何ができるか?と その翌週 食べ物動画はとても人気との情報を携え 防護服に身を包んだ2名を登場させて スイカが爆発するまで 輪ゴムを巻いてもらったのです

(笑)

視聴者数は80万人で 690本目の輪ゴムが巻かれた瞬間 スイカが爆発し Facebookのライブ動画で 過去最大の視聴者数を記録しました

一番よく聞かれる質問はこれです 「コンテンツを流行らせる方法は?」 質問そのものが見当外れです 内容が重要なのではなく コンテンツを読んだり 観たりしている人が 何を考えているかに注目します たいていのメディア企業は メタデータについて考えるとき テーマや形式のことを 念頭に置いています ヤギに関するもの 職場のイタズラに関するもの 食べ物に関するもの まとめ記事やビデオ、クイズ 2000ワードのもの 15分の長さのもの ツイートが23件とか 画像が15枚とか含まれるもの そういったメタデータは まあまあ面白いですが そこからは 本当に重要なことは見えてきません 記事や動画を内容で分類する代わりに こうしてはどうでしょう? ユーザーの生活にどのような役割を果たすのか 考えてみるのです

去年 着手したプロジェクトでは この考えに沿って 私たちのコンテンツを 公式に分類したものを 「文化地図」と名付けました これは私たちが長年 内々でしてきたことを 正式なものにしたものです 単に テーマを考えるのではなく それに加え いえむしろコンテンツが 読者や視聴者に与える影響を中心に 考えようというものです

今日 持ってきた文化地図を お見せしましょう それぞれの円は特定の役割を示し 関連する役割別に 色分けして グループ分けしてあります

まずは「ユーモア」系で 「笑わせてくれるもの」です 人を笑わせるには たくさんのやり方があります 誰かのことを笑ったり 特定のインターネットジョークや 面白くて下品でなく 無害な 親父ギャグでも笑えるでしょう

次は「自己表現」系です メディア上で「これが私」と 披露する機会が増え 他にも 「これが私の生い立ち」 「育った環境」 「熱中しているもの」 「やましい楽しみ」 「自虐の仕方」などが紹介されています 「他人とつながれる」系もあります インターネットの 優れた機能のひとつと言えます 誰かとの絆を 正確に表現できるようなメディアに 出会えるのは 素晴らしいことです

これは「何かの手助けになる」系です 議論を収めたり 自分や他人について学んだり 自分の話を説明しやすくなります

こちらは「何かの感情を生む」系です 好奇心や悲しみが生まれたり 人間性への信頼を取り戻させてくれます

多くのメディア企業やクリエイターたちは 確かにユーザーの立場から考えます でも SNS全盛期の時代には さらに踏み込んでいけるものです FacebookやTwitterを使って 人々はつながり合っていますし メディアを通じての会話や対話が ますます増えています 2人がより深い関係を確立していく過程に 私たちが役立てたら 彼らに対して本当の役割を果たせた と言えるでしょう

これがどう行われるのか 例を紹介させてください これは私のお気に入りのひとつです 『今すぐ 姉や妹に送るべき 32のあるある画像』 今すぐにです 例えば 「姉や妹の物を物色していて 当人が2階に上ってくる足音を 聞いたところ」 もちろん 私もやりました 「自分がやったことを姉や妹のせいにして 向こうが怒られているのを 見ているところ」 もちろん 私もやりました この記事は300万回閲覧されました なぜでしょう? この記事は 複数の役割を 見事に果たしたからです 「これが私たち」 「家族とつながる」 「笑わせてくれる」 この記事を見て 様々な姉妹が交わした 大量のコメントの一部がこれです [お姉ちゃん これ私たちそのものね 笑]

コンテンツ発表後に それが果たした役割を 発見することだってあります 「選んだ洋服から あなたの年齢と身長を ピッタリ当てます」というクイズは とても流行り 1千万回閲覧されました 1千万回です 1千万人もの人々の 年齢と身長を 本当にピッタリ当てたのでしょうか? 信じられないですよね 実は 当てていません

(笑)

結果的に このクイズが とても流行ったのは 55歳以上の女性の間でだったんです

(笑)

驚きや喜びの声を挙げてくれました このクイズによって 28歳で175cmと判定されたからです

(笑)

「クイズの結果 年齢は34歳下で 身長は18cmも高かった 私は楽な服を着るし 人の意見なんて ちっとも気にしない 年齢なんて気持ちの問題よ」 このクイズが成功を収めたのは 正確な判断を行ったからではなく このクイズが 女性たちにとって とても重要な役割を果たしたからです 「謙虚を装った自慢」です

この考え方は レシピや食べ物にも 当てはめられます レシピの通常の役割は 献立を何にするか教えることです 通常 レシピを考案するには 次のようなやり方をします 使いたい材料を決め 調理方法を決め 最後にぱぱっとレシピの役割を 考えて販売します では 順番を真逆にして 役割から考えたらどうなるでしょう? 絆を深めることをテーマにした ブレインストーミングを1回行いました 絆を深めるような レシピは作れるのでしょうか? このような順序でのレシピの考案は レシピ本出版社では普通見られません 誰かとお菓子作りをするのは みんなが好きなことであり 誰かと難しいことに挑戦するのも みんなが好きなことです それで この2つを取り入れたレシピを 考えることにしました 私たち自身も 難しいことに挑戦しました コンテンツを見たユーザーに 「ねぇ 一緒に試してみない?」と 親友を誘わせることです その結果 完成したビデオが 『最高のチョコレート・ブラウニー』でした あらゆる面から 大成功を収めたコンテンツとなりました 視聴回数は7千万回です 私たちの狙いどおりのことを ユーザーが言ってくれていました 「コレット! これを作ろうよ 挑戦する気ある?」 「望むところよ」 狙いどおりの役割を果たして お菓子作りとチョコレートで 仲を深められるコンテンツとなりました

このプロジェクトがもたらす可能性に 私はすごくワクワクしています コンテンツ・クリエイターと この枠組みについて話をすると すぐに理解してくれます 扱うジャンルが異なっていても 違う国に住んでいても 話す言語が違っていても 文化地図のおかげで 社員教育の幅が大きく広がりました このプロジェクトや枠組みについて 広告会社やメーカーと話すと やはりすぐに理解してくれます なぜなら 広告会社は メディア企業よりもいっそう 自社製品が消費者のために果たす役割を 理解する重要さを心得ているからです

でも このプロジェクトで 私がワクワクしている一番の理由は これが メディアとデータの関係を 変えてくれるものだからです たいていのメディア企業は メディアを「自分中心」に考えています 私のファンは何人くらい? 私のフォロワーはどれくらい増えた? 私のビデオの視聴数はどれくらい? 私のデータウェアハウスには どれくらいユニークなIDがある? これでは データの本質である 「受け手」を見逃します データの中から 受け手にとって 重要なコンテンツを掘り出して 自社コンテンツが受け手の実生活に どう役に立つかを 深く理解できれば 受け手に合ったコンテンツを作れますし 受け手の心に響くこともできます

受け手はどんな人か? どうやってそこにたどり着いた? どこに行くのか? 何を気にしているのか? 何を教えてくれるのか? それが「文化地図」なのです

ありがとうございました

(拍手)

Last year, some BuzzFeed employees were scheming to prank their boss, Ze Frank, on his birthday. They decided to put a family of baby goats in his office.

(Laughter)

Now, BuzzFeed had recently signed on to the Facebook Live experiment, and so naturally, we decided to livestream the whole event on the internet to capture the moment when Ze would walk in and discover livestock in his office. We thought the whole thing would last maybe 10 minutes, and a few hundred company employees would log in for the inside joke. But what happened? Ze kept on getting delayed: he went to get a drink, he was called to a meeting, the meeting ran long, he went to the bathroom. More and more people started logging in to watch the goats. By the time Ze walked in more than 30 minutes later,90,000 viewers were watching the livestream.

Now, our team had a lot of discussion about this video and why it was so successful. It wasn't the biggest live video that we had done to date. The biggest one that we had done involved a fountain of cheese. But it performed so much better than we had expected. What was it about the goats in the office that we didn't anticipate? Now, a reasonable person could have any number of hypotheses. Maybe people love baby animals. Maybe people love office pranks. Maybe people love stories about their bosses or birthday surprises. But our team wasn't really thinking about what the video was about. We were thinking about what the people watching the video were thinking and feeling. We read some of the 82,000 comments that were made during the video, and we hypothesized that they were excited because they were participating in the shared anticipation of something that was about to happen. They were part of a community, just for an instant, and it made them happy.

So we decided that we needed to test this hypothesis. What could we do to test this very same thing? The following week, armed with the additional knowledge that food videos are very popular, we dressed two people in hazmat suits and wrapped rubber bands around a watermelon until it exploded.

(Laughter)

Eight hundred thousand people watched the 690th rubber band explode the watermelon, marking it as the biggest Facebook Live event to date.

The question I get most frequently is: How do you make something go viral? The question itself is misplaced; it's not about the something. It's about what the people doing the something, reading or watching -- what are they thinking? Now, most media companies, when they think about metadata, they think about subjects or formats. It's about goats, it's about office pranks, it's about food, it's a list or a video or a quiz, it's 2,000 words long, it's 15 minutes long, it has 23 embedded tweets or 15 images. Now, that kind of metadata is mildly interesting, but it doesn't actually get at what really matters. What if, instead of tagging what articles or videos are about, what if we asked: How is it helping our users do a real job in their lives?

Last year, we started a project to formally categorize our content in this way. We called it, "cultural cartography." It formalized an informal practice that we've had for a really long time: don't just think about the subject matter; think also about, and in fact, primarily about, the job that your content is doing for the reader or the viewer.

Let me show you the map that we have today. Each bubble is a specific job, and each group of bubbles in a specific color are related jobs.

First up: humor. "Makes me laugh." There are so many ways to make somebody laugh. You can be laughing at someone, you could laugh at specific internet humor, you could be laughing at some good, clean, inoffensive dad jokes.

"This is me." Identity. People are increasingly using media to explain, "This is who I am. This is my upbringing, this is my culture, this is my fandom, this is my guilty pleasure, and this is how I laugh about myself." "Helps me connect with another person." This is one of the greatest gifts of the internet. It's amazing when you find a piece of media that precisely describes your bond with someone.

This is the group of jobs that helps me do something -- helps me settle an argument, helps me learn something about myself or another person, or helps me explain my story.

This is the group of jobs that makes me feel something -- makes me curious or sad or restores my faith in humanity.

Many media companies and creators do put themselves in their audiences' shoes. But in the age of social media, we can go much farther. People are connected to each other on Facebook, on Twitter, and they're increasingly using media to have a conversation and to talk to each other. If we can be a part of establishing a deeper connection between two people, then we will have done a real job for these people.

Let me give you some examples of how this plays out. This is one of my favorite lists: "32 Memes You Should Send Your Sister Immediately" -- immediately. For example, "When you're going through your sister's stuff, and you hear her coming up the stairs." Absolutely, I've done that. "Watching your sister get in trouble for something that you did and blamed on her." Yes, I've done that as well. This list got three million views. Why is that? Because it did, very well, several jobs: "This is us." "Connect with family." "Makes me laugh." Here are some of the thousands and thousands of comments that sisters sent to each other using this list.

Sometimes we discover what jobs do after the fact. This quiz, "Pick an Outfit and We'll Guess Your Exact Age and Height," went very viral: 10 million views. Ten million views. I mean -- did we actually determine the exact age and height of 10 million people? That's incredible. It's incredible. In fact, we didn't.

(Laughter)

Turns out that this quiz went extremely viral among a group of 55-and-up women --

(Laughter)

who were surprised and delighted that BuzzFeed determined that they were 28 and 5'9" .

(Laughter)

"They put me at 34 years younger and seven inches taller. I dress for comfort and do not give a damn what anyone says. Age is a state of mind." This quiz was successful not because it was accurate, but because it allowed these ladies to do a very important job -- the humblebrag.

Now, we can even apply this framework to recipes and food. A recipe's normal job is to tell you what to make for dinner or for lunch. And this is how you would normally brainstorm for a recipe: you figure out what ingredients you want to use, what recipe that makes, and then maybe you slap a job on at the end to sell it. But what if we flipped it around and thought about the job first? One brainstorming session involved the job of bonding. So, could we make a recipe that brought people together? This is not a normal brainstorming process at a food publisher. So we know that people like to bake together, and we know that people like to do challenges together, so we decided to come up with a recipe that involved those two things, and we challenged ourselves: Could we get people to say, "Hey, BFF, let's see if we can do this together"? The resulting video was the "Fudgiest Brownies Ever" video. It was enormously successful in every metric possible -- 70 million views. And people said the exact things that we were going after: "Hey, Colette, we need to make these, are you up for a challenge?" "Game on." It did the job that it set out to do, which was to bring people together over baking and chocolate.

I'm really excited about the potential for this project. When we talk about this framework with our content creators, they instantly get it, no matter what beat they cover, what country they're in, or what language they speak. So cultural cartography has helped us massively scale our workforce training. When we talk about this project and this framework with advertisers and brands, they also instantly get it, because advertisers, more often than media companies, understand how important it is to understand the job that their products are doing for customers.

But the reason I'm the most excited about this project is because it changes the relationship between media and data. Most media companies think of media as "mine." How many fans do I have? How many followers have I gained? How many views have I gotten? How many unique IDs do I have in my data warehouse? But that misses the true value of data, which is that it's yours. If we can capture in data what really matters to you, and if we can understand more the role that our work plays in your actual life, the better content we can create for you, and the better that we can reach you.

Who are you? How did you get there? Where are you going? What do you care about? What can you teach us? That's cultural cartography.

Thank you.

(Applause)

Last year,/ some BuzzFeed employees were scheming to prank/ their boss,/ Ze Frank,/ on his birthday.//

去年 Buzzfeedでは 一部の社員による企画で 上司のゼイ・フランクに イタズラをしました その日はゼイの誕生日でした

They decided to put/ a family of baby goats/ in his office.//

彼のオフィスに ヤギの赤ちゃんを 連れてくることにしたのです

(笑)

Now,/ BuzzFeed had recently signed on/ to the Facebook Live experiment,/ and so naturally,/ we decided to livestream/ the whole event/ on the internet/ to capture the moment/ when Ze would walk in and discover livestock/ in his office.//

我が社では Facebookのライブ配信を 試み始めたばかりだったので 当然のごとく この日の様子をネット上で ライブ配信することに決め ゼイがオフィスに入って ヤギを発見する様子を 映像に収めようと思ったのです

We thought/ the whole thing would last maybe/ 10 minutes,/ and a few hundred company employees would log in for the inside joke.//

一連の出来事は 10分程度で終わるだろうし この内輪ネタを見るのは せいぜい数百人の社員だろうと思いました

But what happened?//

でも 何が起こったのか?

Ze kept on getting delayed:/ he went to get/ a drink,/ he was called to a meeting,/ the meeting ran long,/ he went to the bathroom.//

ゼイはなかなか現れませんでした ゼイは飲み物を取りに行き 会議に呼び出され 会議が長引き トイレにも行きました

More and more people started logging in/ to watch the goats.//

だんだんと多くの人々が ヤギを目当てに 視聴し始めました

By the time/ Ze walked in more than 30 minutes later,/90,000 viewers were watching the livestream.//

30分以上経って ゼイが登場した頃には ライブ動画の視聴者数は 9万人に上っていました

Now,/ our team had a lot of discussion/ about this video/ and why it was so successful.//

私たちチームは この動画についてや 人気になった理由について 何度も話し合いました

It wasn't the biggest live video/ that we had done to date.//

視聴者数は 過去最高というわけでは ありませんでした

The biggest one/ that we had done involved a fountain of cheese.//

過去最高だったのは チーズファウンテンの動画です

But it performed so much better/ than we had expected.//

でも 今回の動画は期待をはるかに超えた 盛り上がりを見せてくれました

What was it about the goats/ in the office/ that we didn't anticipate?//

オフィスにヤギがいる動画は 何が予想外だったのでしょう?

Now,/ a reasonable person could have any number of hypotheses.//

勘の鋭い人なら いくらでも 仮説を立てられるかもしれません

Maybe people love baby animals.//

動物の赤ちゃんは 視聴者ウケがいいのかもとか

Maybe/ people love office pranks.//

職場でのイタズラが人気なのかもとか

Maybe/ people love stories/ about their bosses or birthday surprises.//

上司や誕生日サプライズのネタは 人気なのかもしれないとか

But our team wasn't really thinking about what the video was/ about.//

でも 私たちチームは動画の内容については それほど考えていませんでした

We were thinking about what the people/ watching the video were thinking/ and feeling.//

私たちが考えていたのは 視聴者が何を考え 何を感じていたのかです

We read some of the 82,000 comments/ that were made during the video,/ and we hypothesized/ that they were excited/ because they were participating in the shared anticipation of something/ that was/ about to happen.//

動画配信中に寄せられた 8万2千件のコメントを一部読み 考えついた仮説として 視聴者はこれから何かが起こるという 「共通の期待」に参加していたから ワクワクしていたのかもと考えました

They were part of a community,/ just/ for an instant,/ and it made them/ happy.//

その一瞬とはいえ ある集団に参加していたことが 嬉しかったのではないかと

So/ we decided/ that we needed to test/ this hypothesis.//

それで この仮説を検証しなくては と考えました

What could we do to test/ this very same thing?//

今回とまったく同じことを 検証するには何ができるか?と

The following week,/ armed with the additional knowledge/ that food videos are very popular,/ we dressed two people/ in hazmat suits and wrapped rubber bands/ around a watermelon/ until it/ exploded.//

その翌週 食べ物動画はとても人気との情報を携え 防護服に身を包んだ2名を登場させて スイカが爆発するまで 輪ゴムを巻いてもらったのです

(笑)

Eight hundred thousand people watched/ the 690th rubber band explode the watermelon,/ marking it/ as the biggest Facebook Live event to date.//

視聴者数は80万人で 690本目の輪ゴムが巻かれた瞬間 スイカが爆発し Facebookのライブ動画で 過去最大の視聴者数を記録しました

The question/ I get/ most frequently is:/ How do you make something go viral?//

一番よく聞かれる質問はこれです 「コンテンツを流行らせる方法は?」

The question/ itself is misplaced;/ it's not about the something.//

質問そのものが見当外れです 内容が重要なのではなく

It's about what the people/ doing the something, reading or watching --/ what are they thinking?//

コンテンツを読んだり 観たりしている人が 何を考えているかに注目します

Now,/ most media companies,/ when they think about metadata,/ they think about subjects or formats.//

たいていのメディア企業は メタデータについて考えるとき テーマや形式のことを 念頭に置いています

It's about goats,/ it's about office pranks,/ it's about food,/ it's a list or a video or a quiz,/ it's 2,000 words long,/ it's 15 minutes long,/ it has 23 embedded tweets or 15 images.//

ヤギに関するもの 職場のイタズラに関するもの 食べ物に関するもの まとめ記事やビデオ、クイズ 2000ワードのもの 15分の長さのもの ツイートが23件とか 画像が15枚とか含まれるもの

Now,/ that kind of metadata is mildly interesting,/ but it doesn't actually get at what really matters.//

そういったメタデータは まあまあ面白いですが そこからは 本当に重要なことは見えてきません

What if,/ instead of tagging/ what articles or videos are about,/ what if we asked:/ How is it helping our users do a real job/ in their lives?//

記事や動画を内容で分類する代わりに こうしてはどうでしょう? ユーザーの生活にどのような役割を果たすのか 考えてみるのです

Last year,/ we started a project/ to formally categorize our content/ in this way.//

去年 着手したプロジェクトでは この考えに沿って 私たちのコンテンツを 公式に分類したものを

We called it,/ "cultural cartography."//

「文化地図」と名付けました

It formalized an informal practice/ that we've had for a really long time:/ don't just think about the subject matter;/ think also about,/ and in fact,/ primarily about,/ the job/ that your content is doing for the reader or the viewer.//

これは私たちが長年 内々でしてきたことを 正式なものにしたものです 単に テーマを考えるのではなく それに加え いえむしろコンテンツが 読者や視聴者に与える影響を中心に 考えようというものです

Let me/ show you/ the map/ that we have today.//

今日 持ってきた文化地図を お見せしましょう

Each bubble is a specific job,/ and each group of bubbles/ in a specific color are related jobs.//

それぞれの円は特定の役割を示し 関連する役割別に 色分けして グループ分けしてあります

First up:/ humor.//

まずは「ユーモア」系で

"Makes me/ laugh."//

「笑わせてくれるもの」です

There are so many ways/ to make somebody laugh.//

人を笑わせるには たくさんのやり方があります

You can be laughing at someone,/ you could laugh at specific internet humor,/ you could be laughing at some good, clean, inoffensive dad jokes.//

誰かのことを笑ったり 特定のインターネットジョークや 面白くて下品でなく 無害な 親父ギャグでも笑えるでしょう

"This is me."// Identity.//

次は「自己表現」系です

People are increasingly using media/ to explain,/ "This is/ who I am.//

メディア上で「これが私」と 披露する機会が増え 他にも

This is my upbringing,/ this is my culture,/ this is my fandom,/ this is my guilty pleasure,/ and this is/ how I laugh about myself."//

「これが私の生い立ち」 「育った環境」 「熱中しているもの」 「やましい楽しみ」 「自虐の仕方」などが紹介されています

"Helps me/ connect with another person."//

「他人とつながれる」系もあります

This is one of the greatest gifts of the internet.//

インターネットの 優れた機能のひとつと言えます

It's amazing/ when you find a piece of media/ that precisely describes your bond/ with someone.//

誰かとの絆を 正確に表現できるようなメディアに 出会えるのは 素晴らしいことです

This is/ the group of jobs/ that helps me do something --/ helps me/ settle an argument,/ helps me/ learn something/ about myself or another person,/ or helps me/ explain my story.//

これは「何かの手助けになる」系です 議論を収めたり 自分や他人について学んだり 自分の話を説明しやすくなります

This is/ the group of jobs/ that makes me feel something --/ makes me curious or sad/ or restores my faith/ in humanity.//

こちらは「何かの感情を生む」系です 好奇心や悲しみが生まれたり 人間性への信頼を取り戻させてくれます

Many media companies/ and creators do put themselves/ in their audiences/' shoes.//

多くのメディア企業やクリエイターたちは 確かにユーザーの立場から考えます

But in the age of social media,/ we can go much farther.//

でも SNS全盛期の時代には さらに踏み込んでいけるものです

People are connected to each other/ on Facebook,/ on Twitter,/ and they're increasingly using/ media/ to have a conversation/ and to talk to each other.//

FacebookやTwitterを使って 人々はつながり合っていますし メディアを通じての会話や対話が ますます増えています

If we can be a part of establishing a deeper connection/ between two people,/ then/ we will have done a real job/ for these people.//

2人がより深い関係を確立していく過程に 私たちが役立てたら 彼らに対して本当の役割を果たせた と言えるでしょう

Let me/ give you/ some examples of how this plays out.//

これがどう行われるのか 例を紹介させてください

This is one of my favorite lists:/ "32 Memes/ You Should Send Your Sister Immediately" --/ immediately.//

これは私のお気に入りのひとつです 『今すぐ 姉や妹に送るべき 32のあるある画像』 今すぐにです

For example,/ "When you're going/ through your sister's stuff,/ and you hear her/ coming up/ the stairs."//

例えば 「姉や妹の物を物色していて 当人が2階に上ってくる足音を 聞いたところ」

Absolutely,/ I've done that.//

もちろん 私もやりました

"Watching your sister get/ in trouble/ for something/ that you did and blamed on her."//

「自分がやったことを姉や妹のせいにして 向こうが怒られているのを 見ているところ」

Yes, I've done/ that as well.//

もちろん 私もやりました

This list got three million views.//

この記事は300万回閲覧されました

Why is that?//

なぜでしょう?

Because it did,/ very well,/ several jobs:/ "This is us."//

この記事は 複数の役割を 見事に果たしたからです 「これが私たち」

"Connect/ with family."//

「家族とつながる」

"Makes me/ laugh."//

「笑わせてくれる」

Here are some of the thousands and thousands of comments/ that sisters sent to each other/ using this list.//

この記事を見て 様々な姉妹が交わした 大量のコメントの一部がこれです [お姉ちゃん これ私たちそのものね 笑]

Sometimes/ we discover/ what jobs do/ after the fact.//

コンテンツ発表後に それが果たした役割を 発見することだってあります

This quiz,/ "Pick an Outfit/ and We'll Guess Your Exact Age and Height,/"/ went very viral:/ 10 million views.//

「選んだ洋服から あなたの年齢と身長を ピッタリ当てます」というクイズは とても流行り 1千万回閲覧されました

1千万回です

I mean --/ did we actually determine the exact age and height of 10 million people?//

1千万人もの人々の 年齢と身長を 本当にピッタリ当てたのでしょうか?

That's incredible.// It's incredible.//

信じられないですよね

In fact,/ we didn't.//

実は 当てていません

(笑)

Turns out/ that this quiz went extremely viral/ among a group of 55-and-up women --/ (Laughter)/

結果的に このクイズが とても流行ったのは 55歳以上の女性の間でだったんです (笑)

who were surprised/ and delighted/ that BuzzFeed determined/ that they were 28 and 5'9" .//

驚きや喜びの声を挙げてくれました このクイズによって 28歳で175cmと判定されたからです

(笑)

"They put me/ at 34 years younger/ and seven inches taller.//

「クイズの結果 年齢は34歳下で 身長は18cmも高かった

I dress for comfort/ and do not give a damn/ what anyone says.//

私は楽な服を着るし 人の意見なんて ちっとも気にしない

Age is a state of mind."//

年齢なんて気持ちの問題よ」

This quiz was successful not/ because it was accurate,/ but/ because it allowed these ladies/ to do a very important job --/ the humblebrag.//

このクイズが成功を収めたのは 正確な判断を行ったからではなく このクイズが 女性たちにとって とても重要な役割を果たしたからです 「謙虚を装った自慢」です

Now,/ we can even apply this framework/ to recipes and food.//

この考え方は レシピや食べ物にも 当てはめられます

A recipe's normal job is to tell you/ what to make for dinner/ or/ for lunch.//

レシピの通常の役割は 献立を何にするか教えることです

And this is/ how you would normally brainstorm for a recipe:/ you figure out/ what ingredients/ you want to use,/ what recipe/ that makes,/ and then maybe/ you slap a job/ on at the end/ to sell it.//

通常 レシピを考案するには 次のようなやり方をします 使いたい材料を決め 調理方法を決め 最後にぱぱっとレシピの役割を 考えて販売します

But what if we flipped it around/ and thought about the job first?//

では 順番を真逆にして 役割から考えたらどうなるでしょう?

One brainstorming session involved the job of bonding.//

絆を深めることをテーマにした ブレインストーミングを1回行いました

So,/ could we make a recipe/ that brought people together?//

絆を深めるような レシピは作れるのでしょうか?

This is not a normal brainstorming process/ at a food publisher.//

このような順序でのレシピの考案は レシピ本出版社では普通見られません

So we know/ that people like to bake together,/ and we know/ that people like to do/ challenges together,/ so we decided to come up/ with a recipe/ that involved those two things,/ and we challenged ourselves:/ Could/ we get people/ to say,/ "Hey, BFF,/ let's see/ if we can do this together"?//

誰かとお菓子作りをするのは みんなが好きなことであり 誰かと難しいことに挑戦するのも みんなが好きなことです それで この2つを取り入れたレシピを 考えることにしました 私たち自身も 難しいことに挑戦しました コンテンツを見たユーザーに 「ねぇ 一緒に試してみない?」と 親友を誘わせることです

The resulting video was the "Fudgiest Brownies Ever"/ video.//

その結果 完成したビデオが 『最高のチョコレート・ブラウニー』でした

It was enormously successful/ in every metric possible --/ 70 million views.//

あらゆる面から 大成功を収めたコンテンツとなりました 視聴回数は7千万回です

And people said the exact things/ that we were going after:/ "Hey,/ Colette,/ we need to make/ these,/ are you up/ for a challenge?"//

私たちの狙いどおりのことを ユーザーが言ってくれていました 「コレット! これを作ろうよ 挑戦する気ある?」

"Game on."//

「望むところよ」

It did the job/ that it set out/ to do,/ which was to bring people together/ over baking and chocolate.//

狙いどおりの役割を果たして お菓子作りとチョコレートで 仲を深められるコンテンツとなりました

I'm really excited about the potential/ for this project.//

このプロジェクトがもたらす可能性に 私はすごくワクワクしています

When we talk about this framework/ with our content creators,/ they instantly get it,/ no matter/ what beat they cover,/ what country/ they're in,/ or what language/ they speak.//

コンテンツ・クリエイターと この枠組みについて話をすると すぐに理解してくれます 扱うジャンルが異なっていても 違う国に住んでいても 話す言語が違っていても

文化地図のおかげで 社員教育の幅が大きく広がりました

When we talk about this project and this framework/ with advertisers and brands,/ they also instantly get it,/ because advertisers,/ more often/ than media companies,/ understand how important/ it is to understand the job/ that their products are doing for customers.//

このプロジェクトや枠組みについて 広告会社やメーカーと話すと やはりすぐに理解してくれます なぜなら 広告会社は メディア企業よりもいっそう 自社製品が消費者のために果たす役割を 理解する重要さを心得ているからです

But the reason/ I'm the most excited/ about this project is/ because it changes the relationship/ between media and data.//

でも このプロジェクトで 私がワクワクしている一番の理由は これが メディアとデータの関係を 変えてくれるものだからです

Most media companies think of media/ as "mine."//

たいていのメディア企業は メディアを「自分中心」に考えています

How many fans do I have?//

私のファンは何人くらい?

How many followers have I gained?//

私のフォロワーはどれくらい増えた?

How many views have I gotten?//

私のビデオの視聴数はどれくらい?

How many unique IDs do I have in my data warehouse?//

私のデータウェアハウスには どれくらいユニークなIDがある?

But that misses the true value of data,/ which is/ that it's yours.//

これでは データの本質である 「受け手」を見逃します

If we can capture in data/ what really matters to you,/ and/ if we can understand more/ the role/ that our work plays in your actual life,/ the better content/ we can create for you,/ and the better/ that we can reach you.//

データの中から 受け手にとって 重要なコンテンツを掘り出して 自社コンテンツが受け手の実生活に どう役に立つかを 深く理解できれば 受け手に合ったコンテンツを作れますし 受け手の心に響くこともできます

Who are you?//

受け手はどんな人か?

How did you get there?//

どうやってそこにたどり着いた?

Where are you going?//

どこに行くのか?

What do you care about?//

何を気にしているのか?

What can you teach us?//

何を教えてくれるのか?

それが「文化地図」なのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

scheme

(仕事・活動の)『計画』,案《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

『陰謀』,策謀,計略

…‘を'計画する;〈良くないこと〉‘を'たくらむ《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)計画する;たくらむ《+『for』(『against』)+『名』(do『ing』)》

prank

(悪意のない)悪ふざけ,戯れ

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

Frank

フランク人(6世紀にゴール人を征服し広大な王国を建設してFranceという名称の起源となったゲルマン人)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

goat

『ヤギ』

《米話》=scapegoat

《俗》好色家

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

laughter

『笑い』,笑い声

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

livestock

家畜

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

log

『丸太』,丸木

(また『logbook』)航海(航空)日誌

測程儀(船の速力を測る器械)

〈木〉‘を'丸太に切る

〈土地〉‘の'立ち木を切り倒す

…‘を'航海(航空)日誌に記入する

(船・飛行機で)〈ある距離・時間〉‘を'航行する,飛ぶ

木材を伐採する

丸太の

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

delay

…'を'『延期する』,延ばす

〈事故などが〉…'を'『遅らせる』

『ぐずぐずする』,『手間取る』

『遅れ』,遅延

『延期』,猶予

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

bathroom

『浴室』,ふろ場

便所(toilet)

viewer

テレビを視聴者

観察者,見物人

ビューアー(スライド・標本などを拡大して見る装置)

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

fountain

『泉』(spring);水源

『噴水』;噴水池:

=drinking fountain

(…の)源,源泉《+『of』+『名』》

cheese

『チーズ』

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

love story

恋物語,恋愛小説

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

anticipation

(…の)予想,期待《+『of』+『名』》,(…という)予想《+『that節』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

instant

『一瞬の間』,瞬間(moment)

《the,this,thatなどを伴って》(…の)ちょうどその瞬間,まさに(…の)時

『即時の』,すぐの,即刻の

《名詞の前にのみ用いて》『急の』,緊急の(urgent)

『即席の』,インスタント[料理]の

《古》今月の

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

hypothesis

仮説,仮定,前提

following

《the following》(時間・順序において)『次の』,次に来る

《the following》次に述べる,下記の

同じ方向に動く

崇拝者,支持者,門下

《the following》《単数・複数扱い》『次に述べるもの』(人・事項),下記のもの

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

dress

…‘に'『服を着せる』,‘を'装う

…‘を'飾る,飾り付ける

〈髪〉‘を'整える,手入れする;〈動物の毛〉‘を'すく

(市場用・食卓用に)〈肉・鳥〉‘を'整える,下ごしらえする(prepare)

(ドレッシングなどをかけて)〈サラダ〉‘を'仕上げる

〈傷口など〉‘の'手当をする

〈土地〉‘の'手入れをする

〈織物・石材など〉‘に'仕上げをする

〈兵隊などの列〉‘を'まっすぐにする

『服を着る』,服を着ている

正装する,晴れ着を着る

(兵隊などが)整列する

〈U〉『衣服』,着物,服装

〈U〉《複合語を作って》礼服

〈C〉(ワンピースの)『婦人服』,『子供服』

〈U〉装い,外観(appearance)

婦人服(用)の

(衣服が)正式の,礼服の

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

rubber band

輪ゴム

watermelon

スイカ

exploded

(図・模型などが)分解された;分解組立の

explode

〈火薬など爆発物が〉『爆発する』,破裂する

(怒り・笑いなどで)〈人が〉爆発する《+『with』(『in』)+『名』》

〈人口などが〉急激に増す

〈物〉‘を'破裂させる;〈火薬など〉‘を'爆発させる

〈習慣・迷信・学説など〉‘を'くつがえす,‘が'誤りであることを証明する

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

frequently

『しばしば』,たびたび

viral

ウィルスの;ウィルスが原因の

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

misplace

…‘を'置き間違える;…‘を'置き忘れる

(受ける価値のない人・物に)〈受情・信頼など〉‘を'間違って与える《+『名』+『in』+『名』》

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

format

(書籍の)体裁,型,判

(ラジオ・テレビ番組などの)構成

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

quiz

『小テスト』

『クイズ』

(…について)《人》‘に'質問する,試験する《+『名』《人》+『about』(『no』)+『名』》

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

tweet

(小鳥の)さえずり,チュッヂュッ

さえずる,チュッチュッと名く(chirp)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

mildly

おだやかに,温和に

わずかに,ほんの少し

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

instead

『その代りとして』,それよりも

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

cartography

地図製作[法]

informal

『正式でない』,略式の

打ち解けた,儀式ばらない

口語体の,会話調の

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

subject matter

(演説・書物・芸術などの)主題

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

primarily

『第一に』,主として,おもに(chiefly)

最初に(originally)

reader

『読者』;読書家

(学校用の)読本,リーダー

(特に英国の大学の)講師

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

inoffensive

害にならない;不快に感じさせない,当たりさわりのない

dad

『おとうちゃん』

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

increasingly

ますます,だんだん(more and more)

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

upbringing

(子供の時に受けた)教育,しつけ

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

fandom

(映画スターなどの)ファン

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

faith

〈U〉『信頼』,信用;確信,信念

〈U〉(…への)『信仰』,(…に対する)信心(belief)《+『in』+『名』》

〈C〉教義,信条(doctrine)

〈U〉信義,誠実(sincerity)

〈U〉誓約,約束

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

creator

創造者,創作者,創設者

《the C-》神,造物主(God)

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

farther

(距離的に)『さらに遠く』,もっと先に

(程度が)さらに,それ以上に

(距離的に)『さらに遠い』,もっと先の

(程度が)その上の,それ以上の

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

stair

〈C〉(階段の一つの)『段』

《複数形で》『階段』

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

outfit

(ある特定の目的のための)『装備一式』,道具一式《+『for』+『名』》

服装一そろい,アンサンブル

《話》(1つの)集団,隊,部隊;会社,企業

(…で)…‘に'したく(服装)を整えてやる,‘を'装備する,支給する《+『名』+『with』+『名』》

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

extremely

『極端に』,非常に過度に

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

delighted

うれしい,喜んだ

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

comfort

…'を'『慰める』,元気づける

〈苦しみなど〉'を'楽にする,和らげる

〈U〉『慰め』,慰安

〈C〉『慰めを与える人』)『物』);《通例複数形で》生活を楽しくするもの

〈U〉『快適さ』,安楽

damn

…'を'『けなす』,酷評する

〈神が〉〈人〉'を'地獄に落とす,永遠に罰する

…'を'破滅させる,だめにする

…'を'のろう

〈U〉〈C〉ののしり,けなし

〈C〉《話》《否定文に用いて》《a~》少し

=damned

=damnation

says

sayの三人称単数現在

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

accurate

『正確な』,的確な,精密な

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

brainstorm

(突然の一時的な)精神錯乱

《米話》ひらめき,突然浮かんだ名案

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

slap

『平手打ち』,平たい物で打つこと

(平手打ちなどの)ピシャリという音

…‘を'『平手でビシャリと打つ』;…‘の'(…を)平手打ちする《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

(…に)…‘を'すばやく(ぞんざいに,むぞうさに)置く《+『名』+『on』+『名』》

ピシャリと音を立てて打つ

まっすぐに,まともに

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

brainstorming

《米》ブレーンストーミング(各人が自由にアイデアを出し合う会議法)

session

〈C〉(議会・裁判所などの)『会議』;〈U〉(議会・法廷などの)開会,開廷

〈C〉『会期』,開廷期

〈C〉《おもに米》(大学の)受業時間;学期

〈C〉《米》(一般にある目的・活動のための)集まり,活動期間

《複数形で》《英》裁判所の定期会議

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

publisher

(書籍などの)出版業者,出版社;《米》新聞発行者

bake

(特にオーブンで)〈食物〉'を'『焼く』,焼いて料理する

〈れんがなど〉'を'焼き固める;〈太陽が〉…'を'焦がす

(日にあたって)〈皮膚など〉'を'焼く

〈パンなどが〉焼ける;〈人が〉パンを焼く

〈土地・人などが〉日に焼ける

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

brownie

ブラウニー(Scotlandの伝説で夜間に現れひそかに農家の仕事をするという小妖精)

《米》ピーナッ入りチョコレートケーキ

《B-》(《米》Girl Scouts,《英》Girl Guidesの)幼年団員

metric

メートル法の

=metrical

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

baking

〈U〉(パンなどを)焼くこと

〈C〉(パンなどの)一焼き分《形容詞的に》『baking cup』{名}〈C〉カップケーキ用のカップ(紙またはアルミ製)『baking pan』{名}〈〉天火料理用の金属皿

焼けつくように

chocolate

〈U〉〈C〉『チョコレート』;《複数形で》『チョコレート菓子』

〈U〉チョコレート飲料

〈U〉チョコレート色

チョコレート製の,チョコレト入りの

チョコレート色の

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

instantly

『ただちに』

…するやいなや(as soon as, directly)

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

massively

どっしりと,重々しく,重苦しく

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

workforce

労働人口,全労働力

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

advertiser

広告者,広告主

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

excited

興奮した

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

data

『資料』,事実;情報

fan

『うちわ』扇

(クジャクのしっぽなど)扇状のもの

『扇風機』,送風機:

〈空気〉‘を'うちわなどで動かす,〈風〉‘を'起こす

(うちわなどで)…‘に'風を送る,‘を'あおぐ

(そよ風などが)…‘に'吹きつける,‘を'なでる

〈感情など〉‘を'あおる,かき立る

…‘を'扇形に広げる

(野球で)〈打者〉‘を'三振させる

扇形に広がる《+『out』》

(野球で)三振する

follower

後から来る人,後に続く人

(信仰・思想などで)『人に従う人』;弟子,門人,信奉者,支持者

随行者,家来,部下

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

id

イド(精神分析で無意識層にある本能的衝動の源泉)

datum

dataの単数形

既知の事実

warehouse

倉庫

〈商品など〉‘を'倉庫に入れる,貯蔵する

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画