TED日本語 - クリスティン・ポイナー: グリーンランドの氷床の下に何が隠されているのか?

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

グリーンランドの氷床は巨大で謎だらけで、溶けつつあります。先端技術を駆使して科学者たちが初めてその謎を明らかにしている最中ですが、彼らが見つけたものは驚くべきものです。氷床の下には巨大な帯水層が隠れていて、夏に溶け出した水がタホ湖と同じくらい溜まっていたのです。この水は、ずっとそこにあり続けるのか?それともその水は出口を見つけ、海洋へと流れ込んで、地球の水面上昇の原因となるのか?氷河学者クリスティン・ポイナーと共に、この凍てつく、忘れ去られた大地を訪れて答えを探っていきましょう。

Script

21歳の時 物理の宿題がたっぷりありました 物理の宿題には 休憩が必要で ウィキペディアが比較的 目新しかったので 休憩中はよくそれを見ていました 私は いつも同じ記事に戻って 何度も何度も読み返しました 氷河と南極とグリーンランド についての記事でした そこへ行ったら どんなに素敵だろう? そこへ行くには 何が必要だろう? さてこれは NASAが運航する 転用した米空軍貨物輸送機に 搭乗しているところ グリーンランドの氷床の 上空を飛んでいます ここでは見るものがたくさんありますが 隠れて見えず 発見を待っているものは もっとたくさんあります ウィキペディアの記事になかったことですが 氷床には 液体の水が隠れています 当時はまだ知られていませんでした

ウィキペディアで学んだのは グリーンランドの氷床は巨大で メキシコと同じ大きさだということと 氷の表面から底まで 厚さは3㎞だということでした でも 氷は静止しているのではなく 川のように流れて 海洋へと下っています カーブを流れる時に 氷は歪んだり割れたりします

私はこの驚くべき氷の力学を 研究するようになりました これは 地球に残された 最も辺鄙な 自然環境の中で起こることです 現在 氷河学を研究することは 2000年代のFacebookに 初めから参加するようなものです

(笑)

氷床の上空に 航空機を飛ばしたり 衛星観測ができるようになったおかげで 氷河学に大改革が起きています スマホが SNSに与えたのと ちょうど同じ影響が 科学に起こり始めたのです

衛星から 大量の観察データが報告され 氷床についての隠れた事実が 次々に 明らかになっています 例えば 私たちは 遡ること2002年から毎月 グリーンランドの氷床の大きさを 観測してきました このスクリーンの下の方を見ると 観測の年と月が進むのがわかります ある地域で 夏季に氷床が 溶けたり消滅するのが見えます また別の地域では 冬に 雪が降ったり 氷が戻って来ます ただ 全体的な氷の消失率が大きいため この季節的なサイクルは見えにくくなっています 50年前の氷河学者がこれを見たら さぞ当惑したでしょう 氷床が これほど短期間で海に消えるなんて 誰も考えていませんでしたから これらの測定が始まった2002年以来 氷床から非常に大量の氷が溶けたため 最小の大陸であるオーストラリアに 水が溜まれば 大陸が膝の深さまで 水に浸かることになるでしょう こんなことが起こるなんて! 氷の下には基盤岩があります 私たちはレーダーを使って 丘、谷、山脈、くぼ地などを撮影しました その上を氷が流れるのです 氷床の下には グランドキャニオンの 規模の水路があり そこを伝ってグリーンランドからの 氷と水が 海洋に流れ込みます

レーダーで基盤岩が検出できる理由は 氷が レーダーを完全に透すからです 実験してみて下さい 家で 角氷を電子レンジにかけても 氷は溶けません なぜなら 電子レンジもレーダーも 何の作用もせず 氷を突き抜けるからです 氷を溶かしたければ 氷を濡らして下さい なぜなら 液体の水は 電子レンジで簡単に温度が上がるからです このような原理に基づいて 電子レンジは設計されているのです 水はレーダーで見られます レーダーで 液体の水を湛えた 巨大な池の存在が明らかになりました 私の同僚 オリビアの足元 7階建てのビルの深さです ここでは オリビアはポンプを使って その水のいくらかを 氷床の表面に汲み出しています

たった6年前には 私たちは 帯水層の存在すら知りませんでした 帯水層の形成は 夏の日差しで溶けた雪が 滴たり落ちることで起こります その水が溜まって巨大な池となります そこから 雪はイグルーのように 池の水を 地表の寒さと風から護る 断熱材として作用します そのため 水は氷床に隠れて 何年もの間 液体の状態を保ちます 問題は 次に何が起こるかです 水は永久にそこに留まるか? その可能性はあります それとも水は出口を見つけて 海洋に辿り着くか? 水が基盤岩にたどり着いて そこから海洋に流れ出るための ありうる道筋としては クレバスという 氷の割れ目があります 割れ目に水が満たされれば 水の重みで 割れ目が深くなります この原理を用いて フラッキング法では 地中深くから天然ガスを採取します 流体に圧力をかけて岩を破砕するのです 全ては一つの割れ目から始まります

さて 私たちが最近発見したのは この氷河の帯水層の近くにある グリーンランドの氷床には 割れ目がいくつもあるということです グリーンランドの氷床の上に 飛行機を飛ばしても 何も見えません クレバスもなければ 割れ目の形跡もありません でもこのヘリコプターが 海岸に向かって飛ぶと 水が下に向かって流れると思われる クレバスが一つ現れ そこから次々と現れます これらのクレバスは 水を湛えているでしょうか? もしそうなら 水の深さはどれくらいでしょうか? 基盤岩に達して 海洋に到るでしょうか? これらの疑問に答えるには リモートセンシングの データを超えた何かが必要です 数値モデルが必要です

私は数値モデルを書いて スーパーコンピュータにかけました 数値モデルとは 単なる数式の集まりで 何かのモデルを記述するために使われます それは 1、3、5、7といった シンプルな一続きの数字かも知れません もう少し複雑な 数式の集まりで 現在の既知の条件に基づいて 未来を推測するものかも知れません 私たちの場合 氷の割れ方を表す 数式はどんなものでしょうか? エンジニアたちは アルミニウム、鉄、プラスチックが 圧力をかけるとどのように破砕されるか 既によく知っています これは私たちの社会では重要な問題です わかったのは 素材がどのように破砕されるかを表す 工学的な数式は 私の物理学の宿題とそれほど大きな 違いはないということでした 工学の数式を使って 氷に適用し 帯水層から水がクレバスに溜まると それがどのように砕けるかを示す 一つの数値モデルを導きました これが 数学の力です 数学は 現実のプロセスを 理解する手助けになります

私の数値モデルの結果を ご覧に入れます 先にお断りしておきますが クレバスの幅は 深さの だいたい千分の1ですから このメインパネルでは 細部がよく見えるように ズームインしています 右側の小さなパネルをご覧いただけば クレバスの深さと細さの 本当のスケールが分かります

帯水層の水が クレバスに流れ込むと マイナス15℃の中で 部分的に再凍結します これは家庭用の冷凍庫の温度です しかしながら 氷河の帯水層から 流れ込む流量が十分にあれば 再凍結で失われる水量を上回ります グリーンランドの場合は そうなっていて 帯水層からの水によって破砕され クレバスは深さ1千メートルの 基盤岩に到達します そこまでくれば 海洋までまっしぐらです だから 帯水層の水は 私たちが世界で経験している 年に3㎜上昇する海水位の 一部なのです

でもそれだけではありません 帯水層の水には 自分の力以上の働きがあるかもしれません 氷河は 複雑な方法で流れて行きます ある場所では氷河は非常に急速に流れます 氷床の下には よく水があります 他の場所での流れは それほど急速ではありません 通常は 氷床の底には 水はありません

帯水層の水が 氷床の底に達しつつあると 私たちが知っている今 次なる質問は 氷自体を 海洋に向かって 速く流れさせているのか?です 私たちは グリーンランドの氷床の中に 隠された謎を解き明かして 氷床が原因の海水面の上昇に 良い対処の計画が立てられるよう努めています 2002年以降に グリーンランドが失った氷の量は 氷床が抱える氷のほんの一部にすぎません

氷床は巨大でパワフルな機械であり 長い時間のスケールで動きます 今後の80年間で 地球の海水面は 少なくとも20㎝上昇するでしょう ひょっとしたら1mかもしれません それ以上かもしれません 将来海水面がどれぐらい上昇するかについて 私たちはよく理解していますが 予測には広い幅があります 私たち 氷河学者や科学者の役割は この不確定の幅を狭めることです

海水面の上昇がどれだけか? そこまで上昇するのにどれくらいの速度か? 私たちは上昇の規模と速度を 知る必要があります そうすれば 世界や影響を受ける地域は 将来の海面上昇に対処できるのです

ありがとうございました

(拍手)

When was I was 21 years old, I had all this physics homework. Physics homework requires taking breaks, and Wikipedia was relatively new, so I took a lot of breaks there. I kept going back to the same articles, reading them again and again, on glaciers, Antarctica and Greenland. How cool would it be to visit these places and what would it take to do so? Well, here we are on a repurposed Air Force cargo plane operated by NASA flying over the Greenland ice sheet. There's a lot to see here, but there's more that is hidden, waiting to be uncovered. What the Wikipedia articles didn't tell me is that there's liquid water hidden inside the ice sheet, because we didn't know that yet.

I did learn on Wikipedia that the Greenland ice sheet is huge, the size of Mexico, and its ice from top to bottom is two miles thick. But it's not just static. The ice flows like a river downhill towards the ocean. As it flows around bends, it deforms and cracks.

I get to study these amazing ice dynamics, which are located in one of the most remote physical environments remaining on earth. To work in glaciology right now is like getting in on the ground floor at Facebook in the 2000s.

(Laughter)

Our capability to fly airplanes and satellites over the ice sheets is revolutionizing glaciology. It's just starting to do for science what the smartphone has done for social media.

The satellites are reporting a wealth of observations that are revealing new hidden facts about the ice sheets continuously. For instance, we have observations of the size of the Greenland ice sheet every month going back to 2002. You can look towards the bottom of the screen here to see the month and the year go forward. You can see that some areas of the ice sheet melt or lose ice in the summer. Other areas experience snowfall or gain ice back in the winter. This seasonal cycle, though, is eclipsed by an overall rate of mass loss that would have stunned a glaciologist 50 years ago. We never thought that an ice sheet could lose mass into the ocean this quickly. Since these measurements began in 2002, the ice sheet has lost so much ice that if that water were piled up on our smallest continent, it would drown Australia knee-deep. How is this possible? Well, under the ice lies the bedrock. We used radar to image the hills, valleys, mountains and depressions that the ice flows over. Hidden under the ice sheet are channels the size of the Grand Canyon that funnel ice and water off of Greenland and into the ocean.

The reason that radar can reveal the bedrock is that ice is entirely transparent to radar. You can do an experiment. Go home and put an ice cube in the microwave. It won't melt, because microwaves, or radar, pass straight through the ice without interacting. If you want to melt your ice cube, you have to get it wet, because water heats up easily in the microwave. That's the whole principle the microwave oven is designed around. Radar can see water. And radar has revealed a vast pool of liquid water hidden under my colleague Olivia,seven stories beneath her feet. Here, she's used a pump to bring some of that water back to the ice sheet's surface.

Just six years ago, we had no idea this glacier aquifer existed. The aquifer formed when snow melts in the summer sun and trickles downward. It puddles up in huge pools. From there, the snow acts as an igloo, insulating this water from the cold and the wind above. So the water can stay hidden in the ice sheet in liquid form year after year. The question is, what happens next? Does the water stay there forever? It could. Or does it find a way out to reach the global ocean? One possible way for the water to reach the bedrock and from there the ocean is a crevasse, or a crack in the ice. When cracks fill with water, the weight of the water forces them deeper and deeper. This is how fracking works to extract natural gas from deep within the earth. Pressurized fluids fracture rocks. All it takes is a crack to get started.

Well, we recently discovered that there are cracks available in the Greenland ice sheet near this glacier aquifer. You can fly over most of the Greenland ice sheet and see nothing, no cracks, no features on the surface, but as this helicopter flies towards the coast, the path that water would take on its quest to flow downhill,one crack appears, then another and another. Are these cracks filled with liquid water? And if so, how deep do they take that water? Can they take it to the bedrock and the ocean? To answer these questions, we need something beyond remote sensing data. We need numeric models.

I write numeric models that run on supercomputers. A numeric model is simply a set of equations that works together to describe something. It can be as simple as the next number in a sequence -- one,three,five,seven -- or it can be a more complex set of equations that predict the future based on known conditions in the present. In our case, what are the equations for how ice cracks? Well, engineers already have a very good understanding of how aluminum, steel and plastics fracture under stress. It's an important problem in our society. And it turns out that the engineering equations for how materials fracture are not that different from my physics homework. So I borrowed them, adapted them for ice, and then I had a numeric model for how a crevasse can fracture when filled with water from the aquifer. This is the power of math. It can help us understand real processes in our world.

I'll show you now the results of my numeric model, but first I should point out that the crevasse is about a thousand times narrower than it is deep, so in the main panel here, we've zoomed in to better see the details. You can look to the smaller panel on the right to see the true scale for how tall and skinny the crevasse is.

As the aquifer water flows into the crevasse, some of it refreezes in the negative 15 degree Celsius ice. That's about as cold as your kitchen freezer. But this loss can be overcome if the flow rate in from the glacier aquifer is high enough. In our case, it is, and the aquifer water drives the crevasse all the way to the base of the ice sheet a thousand meters below. From there, it has a clear path to reach the ocean. So the aquifer water is a part of the three millimeters per year of sea level rise that we experience as a global society.

But there's more: the aquifer water might be punching above its weight. The ice flows in complex ways. In some places, the ice flows very fast. There tends to be water at the base of the ice sheet here. In other places, not so fast. Usually, there's not water present at the base there.

Now that we know the aquifer water is getting to the base of the ice sheet, the next question is: Is it making the ice itself flow faster into the ocean? We're trying to uncover these mysteries hidden inside the Greenland ice sheet so that we can better plan for the sea level rise it holds. The amount of ice that Greenland has lost since 2002 is just a small fraction of what that ice sheet holds.

Ice sheets are immense, powerful machines that operate on long timescales. In the next 80 years, global sea levels will rise at least 20 centimeters, perhaps as much as one meter, and maybe more. Our understanding of future sea level rise is good, but our projections have a wide range. It's our role as glaciologists and scientists to narrow these uncertainties.

How much sea level rise is coming, and how fast will it get here? We need to know how much and how fast, so the world and its communities can plan for the sea level rise that's coming.

Thank you.

(Applause)

When was I was 21 years old,/ I had all this physics homework.//

21歳の時 物理の宿題がたっぷりありました

Physics homework requires taking/ breaks,/ and Wikipedia was relatively new,/ so I took a lot of breaks there.//

物理の宿題には 休憩が必要で ウィキペディアが比較的 目新しかったので 休憩中はよくそれを見ていました

I kept going/ back/ to the same articles,/ reading them again and again,/ on glaciers,/ Antarctica and Greenland.//

私は いつも同じ記事に戻って 何度も何度も読み返しました 氷河と南極とグリーンランド についての記事でした

How cool would it be to visit these places/ and what would it take to do so?//

そこへ行ったら どんなに素敵だろう? そこへ行くには 何が必要だろう?

Well,/ here/ we are on a repurposed Air Force cargo plane operated by NASA/ flying over the Greenland ice sheet.//

さてこれは NASAが運航する 転用した米空軍貨物輸送機に 搭乗しているところ グリーンランドの氷床の 上空を飛んでいます

There's a lot/ to see here,/ but there's more/ that is hidden,/ waiting to be uncovered.//

ここでは見るものがたくさんありますが 隠れて見えず 発見を待っているものは もっとたくさんあります

What the Wikipedia articles didn't tell me/ is/ that there's liquid water hidden inside the ice sheet,/ because we didn't know/ that yet.//

ウィキペディアの記事になかったことですが 氷床には 液体の水が隠れています 当時はまだ知られていませんでした

I did learn on Wikipedia/ that the Greenland ice sheet is huge,/ the size of Mexico,/ and its ice/ from top to bottom is two miles thick.//

ウィキペディアで学んだのは グリーンランドの氷床は巨大で メキシコと同じ大きさだということと 氷の表面から底まで 厚さは3㎞だということでした

But it's not just static.//

でも 氷は静止しているのではなく

The ice flows like a river downhill/ towards the ocean.//

川のように流れて 海洋へと下っています

As it flows around bends,/ it deforms and cracks.//

カーブを流れる時に 氷は歪んだり割れたりします

I get to study/ these amazing ice dynamics,/ which are located/ in one of the most remote physical environments/ remaining on earth.//

私はこの驚くべき氷の力学を 研究するようになりました これは 地球に残された 最も辺鄙な 自然環境の中で起こることです

To work in glaciology right now is like getting in/ on the ground floor/ at Facebook/ in the 2000s.//

現在 氷河学を研究することは 2000年代のFacebookに 初めから参加するようなものです

(笑)

Our capability to fly airplanes and satellites/ over the ice sheets is revolutionizing glaciology.//

氷床の上空に 航空機を飛ばしたり 衛星観測ができるようになったおかげで 氷河学に大改革が起きています

It's just starting to do/ for science/ what the smartphone has done for social media.//

スマホが SNSに与えたのと ちょうど同じ影響が 科学に起こり始めたのです

The satellites are reporting a wealth of observations/ that are revealing new hidden facts/ about the ice sheets continuously.//

衛星から 大量の観察データが報告され 氷床についての隠れた事実が 次々に 明らかになっています

For instance,/ we have observations of the size of the Greenland ice sheet/ every month/ going back/ to 2002.//

例えば 私たちは 遡ること2002年から毎月 グリーンランドの氷床の大きさを 観測してきました

You can look towards the bottom of the screen here/ to see the month/ and the year go forward.//

このスクリーンの下の方を見ると 観測の年と月が進むのがわかります

You can see/ that some areas of the ice sheet melt/ or lose ice/ in the summer.//

ある地域で 夏季に氷床が 溶けたり消滅するのが見えます

Other areas experience snowfall or gain ice back/ in the winter.//

また別の地域では 冬に 雪が降ったり 氷が戻って来ます

This seasonal cycle,/ though,/ is eclipsed by an overall rate of mass loss/ that would have stunned a glaciologist/ 50 years ago.//

ただ 全体的な氷の消失率が大きいため この季節的なサイクルは見えにくくなっています 50年前の氷河学者がこれを見たら さぞ当惑したでしょう

We never thought/ that an ice sheet could lose mass/ into the ocean/ this quickly.//

氷床が これほど短期間で海に消えるなんて 誰も考えていませんでしたから

Since these measurements began in 2002,/ the ice sheet has lost so much ice/ that if that water were piled up/ on our smallest continent,/ it would drown Australia knee-deep.//

これらの測定が始まった2002年以来 氷床から非常に大量の氷が溶けたため 最小の大陸であるオーストラリアに 水が溜まれば 大陸が膝の深さまで 水に浸かることになるでしょう

How is this possible?//

こんなことが起こるなんて!

Well,/ under the ice lies the bedrock.//

氷の下には基盤岩があります

We used radar/ to image the hills, valleys, mountains and depressions/ that the ice flows over.//

私たちはレーダーを使って 丘、谷、山脈、くぼ地などを撮影しました その上を氷が流れるのです

Hidden/ under the ice sheet are channels/ the size of the Grand Canyon/ that funnel ice and water off of Greenland/ and/ into the ocean.//

氷床の下には グランドキャニオンの 規模の水路があり そこを伝ってグリーンランドからの 氷と水が 海洋に流れ込みます

The reason/ that radar can reveal/ the bedrock is/ that ice is entirely transparent/ to radar.//

レーダーで基盤岩が検出できる理由は 氷が レーダーを完全に透すからです

You can do an experiment.//

実験してみて下さい

Go home/ and put an ice cube/ in the microwave.//

家で 角氷を電子レンジにかけても

It won't melt,/ because microwaves,/ or radar,/ pass straight/ through the ice/ without interacting.//

氷は溶けません なぜなら 電子レンジもレーダーも 何の作用もせず 氷を突き抜けるからです

If you want to melt/ your ice cube,/ you have to get/ it wet,/ because water heats up/ easily/ in the microwave.//

氷を溶かしたければ 氷を濡らして下さい なぜなら 液体の水は 電子レンジで簡単に温度が上がるからです

That's the whole principle/ the microwave oven is designed around.//

このような原理に基づいて 電子レンジは設計されているのです

Radar can see water.//

水はレーダーで見られます

And radar has revealed a vast pool of liquid water hidden under my colleague Olivia,/seven stories/ beneath her feet.//

レーダーで 液体の水を湛えた 巨大な池の存在が明らかになりました 私の同僚 オリビアの足元 7階建てのビルの深さです

Here,/ she's used a pump/ to bring some of that water back/ to the ice sheet's surface.//

ここでは オリビアはポンプを使って その水のいくらかを 氷床の表面に汲み出しています

Just six years ago,/ we had no idea/ this glacier aquifer existed.//

たった6年前には 私たちは 帯水層の存在すら知りませんでした

The aquifer formed/ when snow melts/ in the summer sun and trickles downward.//

帯水層の形成は 夏の日差しで溶けた雪が 滴たり落ちることで起こります

It puddles up/ in huge pools.//

その水が溜まって巨大な池となります

From there,/ the snow acts as an igloo,/ insulating this water/ from the cold/ and the wind above.//

そこから 雪はイグルーのように 池の水を 地表の寒さと風から護る 断熱材として作用します

So the water can stay hidden in the ice sheet/ in liquid form year/ after year.//

そのため 水は氷床に隠れて 何年もの間 液体の状態を保ちます

The question is,/ what happens next?//

問題は 次に何が起こるかです

Does the water stay there forever?//

水は永久にそこに留まるか?

It could.//

その可能性はあります

Or does it find a way out/ to reach the global ocean?//

それとも水は出口を見つけて 海洋に辿り着くか?

One possible way/ for the water to reach the bedrock/ and from there/ the ocean is a crevasse,/ or a crack/ in the ice.//

水が基盤岩にたどり着いて そこから海洋に流れ出るための ありうる道筋としては クレバスという 氷の割れ目があります

When cracks fill with water,/ the weight of the water forces them deeper/ and deeper.//

割れ目に水が満たされれば 水の重みで 割れ目が深くなります

This is/ how fracking works to extract/ natural gas/ from deep/ within the earth.//

この原理を用いて フラッキング法では 地中深くから天然ガスを採取します

Pressurized fluids fracture rocks.//

流体に圧力をかけて岩を破砕するのです

All it takes/ is a crack/ to get started.//

全ては一つの割れ目から始まります

Well,/ we recently discovered/ that there are cracks available/ in the Greenland ice sheet/ near this glacier aquifer.//

さて 私たちが最近発見したのは この氷河の帯水層の近くにある グリーンランドの氷床には 割れ目がいくつもあるということです

You can fly over most of the Greenland ice sheet/ and see nothing,/ no cracks,/ no features/ on the surface,/ but/ as this helicopter flies towards the coast,/ the path/ that water would take on/ its quest/ to flow downhill,/one crack appears,/ then/ another and another.//

グリーンランドの氷床の上に 飛行機を飛ばしても 何も見えません クレバスもなければ 割れ目の形跡もありません でもこのヘリコプターが 海岸に向かって飛ぶと 水が下に向かって流れると思われる クレバスが一つ現れ そこから次々と現れます

Are these cracks filled with liquid water?//

これらのクレバスは 水を湛えているでしょうか?

And/ if so,/ how deep do they take that water?//

もしそうなら 水の深さはどれくらいでしょうか?

Can they take it/ to the bedrock and the ocean?//

基盤岩に達して 海洋に到るでしょうか?

To answer these questions,/ we need something/ beyond remote sensing data.//

これらの疑問に答えるには リモートセンシングの データを超えた何かが必要です

We need numeric models.//

数値モデルが必要です

I write numeric models/ that run on supercomputers.//

私は数値モデルを書いて スーパーコンピュータにかけました

A numeric model is simply a set of equations/ that works together/ to describe something.//

数値モデルとは 単なる数式の集まりで 何かのモデルを記述するために使われます

It can be as simple/ as the next number/ in a sequence --/ one,three,five,seven --/ or it can be a more complex set of equations/ that predict the future/ based/ on known conditions/ in the present.//

それは 1、3、5、7といった シンプルな一続きの数字かも知れません もう少し複雑な 数式の集まりで 現在の既知の条件に基づいて 未来を推測するものかも知れません

In our case,/ what are the equations for how ice cracks?//

私たちの場合 氷の割れ方を表す 数式はどんなものでしょうか?

Well,/ engineers already have a very good understanding of how aluminum, steel and plastics fracture/ under stress.//

エンジニアたちは アルミニウム、鉄、プラスチックが 圧力をかけるとどのように破砕されるか 既によく知っています

It's an important problem/ in our society.//

これは私たちの社会では重要な問題です

And it turns out/ that the engineering equations/ for how materials fracture are not that different/ from my physics homework.//

わかったのは 素材がどのように破砕されるかを表す 工学的な数式は 私の物理学の宿題とそれほど大きな 違いはないということでした

So I borrowed them,/ adapted them/ for ice,/ and then/ I had a numeric model/ for how a crevasse can fracture/ when filled with water/ from the aquifer.//

工学の数式を使って 氷に適用し 帯水層から水がクレバスに溜まると それがどのように砕けるかを示す 一つの数値モデルを導きました

This is the power of math.//

これが 数学の力です

It can help us/ understand real processes/ in our world.//

数学は 現実のプロセスを 理解する手助けになります

I'll show you now/ the results of my numeric model,/ but first/ I should point out/ that the crevasse is about a thousand times narrower/ than it is deep,/ so/ in the main panel here,/ we've zoomed in/ to better see the details.//

私の数値モデルの結果を ご覧に入れます 先にお断りしておきますが クレバスの幅は 深さの だいたい千分の1ですから このメインパネルでは 細部がよく見えるように ズームインしています

You can look to the smaller panel/ on the right/ to see the true scale/ for how tall and skinny/ the crevasse is.//

右側の小さなパネルをご覧いただけば クレバスの深さと細さの 本当のスケールが分かります

As the aquifer water flows into the crevasse,/ some of it refreezes in the negative 15 degree Celsius ice.//

帯水層の水が クレバスに流れ込むと マイナス15℃の中で 部分的に再凍結します

That's about as cold/ as your kitchen freezer.//

これは家庭用の冷凍庫の温度です

But this loss can be overcome/ if the flow rate/ in from the glacier aquifer is high enough.//

しかしながら 氷河の帯水層から 流れ込む流量が十分にあれば 再凍結で失われる水量を上回ります

In our case,/ it is,/ and the aquifer water drives the crevasse/ all the way/ to the base of the ice sheet/ a thousand meters below.//

グリーンランドの場合は そうなっていて 帯水層からの水によって破砕され クレバスは深さ1千メートルの 基盤岩に到達します

From there,/ it has a clear path/ to reach the ocean.//

そこまでくれば 海洋までまっしぐらです

So the aquifer water is a part of the three millimeters/ per year of sea level rise/ that we experience as a global society.//

だから 帯水層の水は 私たちが世界で経験している 年に3㎜上昇する海水位の 一部なのです

But there's more:/ the aquifer water might be punching above its weight.//

でもそれだけではありません 帯水層の水には 自分の力以上の働きがあるかもしれません

The ice flows in complex ways.//

氷河は 複雑な方法で流れて行きます

In some places,/ the ice flows very fast.//

ある場所では氷河は非常に急速に流れます

There tends to be water/ at the base of the ice sheet here.//

氷床の下には よく水があります

In other places,/ not so fast.//

他の場所での流れは それほど急速ではありません

Usually,/ there's not water present/ at the base there.//

通常は 氷床の底には 水はありません

Now/ that we know/ the aquifer water is getting to the base of the ice sheet,/ the next question is:/ Is it making the ice/ itself flow faster/ into the ocean?//

帯水層の水が 氷床の底に達しつつあると 私たちが知っている今 次なる質問は 氷自体を 海洋に向かって 速く流れさせているのか?です

We're trying to uncover/ these mysteries hidden inside the Greenland ice sheet/ so that we can better plan/ for the sea level rise it holds.//

私たちは グリーンランドの氷床の中に 隠された謎を解き明かして 氷床が原因の海水面の上昇に 良い対処の計画が立てられるよう努めています

The amount of ice/ that Greenland has lost since 2002 is just a small fraction of what that ice sheet holds.//

2002年以降に グリーンランドが失った氷の量は 氷床が抱える氷のほんの一部にすぎません

Ice sheets are immense, powerful machines/ that operate on long timescales.//

氷床は巨大でパワフルな機械であり 長い時間のスケールで動きます

In the next 80 years,/ global sea levels will rise at least 20 centimeters,/ perhaps as much as one meter,/ and maybe more.//

今後の80年間で 地球の海水面は 少なくとも20㎝上昇するでしょう ひょっとしたら1mかもしれません それ以上かもしれません

Our understanding of future sea level rise is good,/ but our projections have a wide range.//

将来海水面がどれぐらい上昇するかについて 私たちはよく理解していますが 予測には広い幅があります

It's our role/ as glaciologists and scientists/ to narrow these uncertainties.//

私たち 氷河学者や科学者の役割は この不確定の幅を狭めることです

How much sea level rise is coming,/ and how fast will it get here?//

海水面の上昇がどれだけか? そこまで上昇するのにどれくらいの速度か?

We need to know/ how much/ and how fast,/ so the world/ and its communities can plan for the sea level rise/ that's coming.//

私たちは上昇の規模と速度を 知る必要があります そうすれば 世界や影響を受ける地域は 将来の海面上昇に対処できるのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

physics

『物理学』

homework

(生徒の)『宿題』,学庭学習

(教師の)授業準備,講義の下調べ

自宅でする仕事;内職

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

glacier

氷河

Antarctica

南極大陸

Greenland

グリーンランド(北大西洋と北極海の間にある世界最大の島(Kalatdlit Nunat);1979年、デンマークから自治領として独立)

air force

〈U〉〈C〉空軍

《A-F-》米国空軍,英国空軍(正式にはthe United States Air Force, the Royal Air Forceという)

cargo

(船・飛行機の)『積荷』,貨物

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

uncovered

おおい(ふた)のない,むき出しの

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

Mexico

メキシコ合衆国

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

static

静止の,固定した

動きのない,活気のない

静止電気の

静止学の

空電

(空電による)ラジオの雑音,テレビの電波障害

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

downhill

丘の下へ,坂の下へ,下の方へ

なお悪い状態に,悪化して

下り坂の,下りの

《話》楽な,やさしい

towards

toward

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

bend

〈まっすぐな物〉'を'『曲げる』

(…に)〈人〉'を'『従わせる』,屈服させる,〈意志〉'を'曲げさせる《+『名』+『to』+『名』》

(…の方向に)〈視線・歩みなど〉'を'『向ける』,〈心など〉'を'傾ける《+『名』+『to』(『toward』,『on』)+『名

(do『ing』)》

〈物が〉曲がる

身をかがめる;(…に)かがみこむ《+[『down』]『over』+『名』》

(運命・意志,人などに)『従う』,屈服する《+『before』(『to』)+『名』》

(…を方向に)『曲がる』,向かう《+『to』(『toward』)+『名』》

(仕事などに)取り組む,身を入れる《+『to』+『名』》

曲がり,湾曲部,曲がった所

(…を)曲げる(曲がる)こと,(身を)かがめること《+『of』+『名』》

(綱の)結び目

《話》《the bends》ケーソン病,潜水病

deform

…‘の'形をくずす,'を'変形させる

…'を'ぶかっこうにする,醜くする

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

located

(…に)位置した,場所を構えた

remote

『遠い』,『遠方の』;(…から)遠く離れた《+『from』+『名』》

(時間的に)遠い

《しばしば最上級で》かすかな,わずかの(slight)

(一般に)関係の薄い;(…から)かけ離れた《+『from』+『名』(『wh-節』)》

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

glaciology

氷河学

ground floor

(建物の)一階

laughter

『笑い』,笑い声

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

airplane

『飛行機』(《英》aeroplane)

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

media

mediumの複数形

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

hidden

隠された,隠れた,秘密の

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

melt

(熱・水などによって)『溶ける』,溶解する

〈人・心気持ちなどが〉『しだいに和らぐ』

〈色・音などが〉(…に)しだいに変わっていく《+『into』+『名』》

溶けてしだいに小さくなる(少なくなる,消おていく)《+『away』》

(熱・水などによって)(…に)〈物〉‘を'『溶かす』,溶解する《+『名』+『in』+『名』》

〈心・気持ちなど〉‘を'しだいに和らげる

…‘を'しだいに無くする

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

snowfall

〈C〉降雪

〈U〉《時にa~》降雪量

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

seasonal

季節の,季節的,季節ごとの

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

eclipse

(太陽・月の)食)しょく)

(権力・名声などの)失墜,衰退

〈天体が〉〈他の天体〉‘を'食する

…‘を'色をあせさせる

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

stun

(殴打などで)…‘を'気絶させる

(驚き・時に喜びなどで)〈人〉‘の'肝をつぶさせる,‘を'ぼう然とさせる(amaze)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

pile

〈C〉(…の)『積み重ね』《+『of』+『名』》

《話》『多数』(…の),たくさん(の…),大量(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》大金

〈C〉大建築物[群]

〈C〉=nuclear reactor

《副詞[句]を伴って》…‘を'『積み重ねる』,積み上げる

(…を)〈容器〉‘に'積み上げる,盛る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'畜積する,ためる《+『輝箇』+『名,』+『名』+『up』》

『積み重なる』,積もる《+『up』》

《話》《方向・状熊を表す副詞[句]を伴って》どやどやと動く

continent

自制した,禁欲的な

drown

…‘を'『溺死』(できし)『させる』

(…で)…‘を'水浸しにする,ずぶぬれにさせる《+『名』+『in』(『with』)+『名』》

〈大きな音が〉〈ほかの音〉‘を'かき消す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(仕事・研究などに)〈自分〉‘を'熱中させる,(酒などで)〈憂いなど〉‘を'晴らす,紛らす《+『名』+『in』+『名』》

『溺死』(できし)『する』

knee-deep

ひざまでつかっている

ひざまでの深さの

《補語にのみ用いて》(困難などに)深くはまり込んで《+『in』+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

bedrock

〈U〉(土壌・小岩片の下の)基盤[岩],床岩,岩盤

〈C〉(一般に)しっかりした基礎,根底

radar

電波探知法;〈C〉電波探知機,レーダー[radio detecting and rangingの略]

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

Grand Canyon

グランドキャニオン(米国Arizona州のColorado川に沿う大峡谷で国立公園)

funnel

じょうご

(機関車・汽船などの)煙突

…‘に'注ぐ

…‘を'じょうご形にする

狭い所を通り抜ける

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

ice cube

(電気冷蔵庫でできる)角氷

microwave

(無線電信・電話の)極超短波,マイクロウェーブ(波長1m以下の電波;レーダーなどに使用する)

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

wet

『ぬれた』,湿った,乾いていない

『雨でぬれた』;雨降りの

《米》非(反)禁酒主義の

《英話》《軽べつして》(人が)気が弱い,湿っぽい,からっとしていない

《the wet》(特に雨後の)湿った地面

《the wet》『雨』;雨天

《しばしば a wet》《英俗》『酒』

…‘を'『ぬらす』,湿らせる

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

microwave oven

電子レンジ

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

pool

(特に,自然にできた)『水たまり』

(水以外の液体の)たまり《+『of』+『名』》

『水泳プール』(swimming pool)

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

beneath

《位置・場所》…の下に

…の圧力下に,に支配されて

《地位・能力・価値など》…より下に(で),より劣って

…に値しない,ふさわしくない

下に,下方に

下位に,劣って

feet

footの複数形

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

aquifer

水を含む地層,(特に)井戸(泉)の水源

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

snow

〈U〉『雪』

〈C〉《単数形で》『降雪』;《複数形で》積雪

〈U〉〈C〉雪のような物;(特に)コカイン,ヘロイン

《itを主語にして》『雪が降る』

(…に)雪のように降る《+『on』+『名』》;雪のように舞い込む《+『in』》

…‘を'雪のように降らせる

…‘を'雪でおおう(閉じ込める)《+『名』+『in』(『under, up』)》

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

trickle

したたる,ちょろちょろ流れる

少しずつ(ぼつぼつ)来る(行く)

…‘を'したたらす,少しずつ流す

したたり,しずく

(人などの)少しずつの動き

downward

(高さ・状態が)『下の方へ』,低い方へ

…『以来』,このかた

(位置・状態が)『下方への』,下り坂の,下向きの

puddle

〈C〉(特に,雨水・泥水の)水たまり

〈U〉(漏水を防ぐための)こね土

…‘を'泥水でよごす

〈粘土など〉‘を'こね土にする;…‘に'こね土を塗る

〈銑鉄〉‘を'錬鉄にする

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

insulate

〈電線など〉‘を'絶縁する

…‘を'分離する,隔離する

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

way out

(窮状などを救う)解決法

《英》(劇場などの)出口(exit)

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

crevasse

氷河の割れ目

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

natural gas

天然ガス

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

fracture

〈U〉(特に)骨を折ること;骨を折った状熊

〈C〉割れ(裂け)目,(鉱物の)破砕面

〈足・腕などを〉‘を'骨折する;…‘を'砕く

骨折する;砕ける

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

helicopter

『ヘリコプター』

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

data

『資料』,事実;情報

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

equation

等式; 方程式

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

aluminum

《米》アルミニウム(金属元素の一つ;化学記号は『Al』;《英》alminium)

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

engineering

『工学』

土木工事

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

skinny

骨と皮ばかりの,やせこけた

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

Celsius

摂氏の(centigrade)

kitchen

『台所』,調理場

freezer

冷凍器,フリーザー,冷凍室,冷凍庫

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

punch

…‘を'『げんこつでなぐる』

(機械などを動かすために)…‘を'押す

《話》〈家畜〉‘を'追う・げんこつでなぐる

〈C〉『げんこつの一打ち』

〈U〉《話》迫力

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

uncover

…‘の'『おおい』(ふた)『を取る』

〈秘密など〉‘を'『明らかにする』,暴露する

《古》(敬意を表して)〈頭〉‘から'帽子を取る

(敬意を表して)脱帽する

mystery

〈C〉『神秘的な物』(『事』)

〈C〉好寄心(気がかり)を起こさせる物(事)

〈C〉推理小説(劇,映画)

〈U〉『神秘[性]』

〈C〉《複数形で》(宗数的)秘法,秘教;(古代ギリシア・ローマの)神秘儀式

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

fraction

『破片』,断片;(…の)一部,わずか《+『of』+『名』》

『分数』

immense

(大きさ・広がり・程度などが)『巨大な』,多大な,測り知れない

《話》すばらしい,すてきな

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

projection

〈U〉突き出[させ]ること;〈C〉突起

(影・映像などの)透写;◇映画・スライドの)映写;〈C〉投影図,投射図

〈U〉発射,射出

〈C〉予測,予知

〈U〉〈C〉(自分の考え・感情を)人に投影すること

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画