TED日本語 - アレキサンダー・ワグナー: ビジネスで人々が誠実に行動する動機とは

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

毎年、大企業の7社に1社が不正行為に手を染めています。なぜなのか?その事を理解するために、アレキサンダー・ワグナーが社会正義に基づいて正しい行動をとるための経済学、倫理学、心理学を掘り下げます。人々が何故不正行為を働いてしまうのかを理解する内省の旅に出かけましょう。

Script

今日1日で何社の企業と関わりましたか?

朝起きて シャワーを浴び 髪を洗って ドライヤーで乾かし 朝食を食べー シリアルや果物 ヨーグルトか何かを食べ コーヒーを飲みー あるいはお茶を飲み ここに来るために公共交通機関に乗るか 自家用車に乗ったでしょう あなたが勤めている あるいは 経営する企業と関わりました 依頼人と関わり 顧客と関わり そんな感じです 今日だけでも少なくとも7社と あなたが関わっていると 断言できます

驚くべき統計についてお話しします 毎年 大企業の7社に1社が 不正行為を働いています これはアメリカ企業を対象にした 学術研究ですが ヨーロッパで大きく異なるとは思えません この研究は統計手法を使い 露呈の有無に関係なく 不正行為の数を導いています 不正行為は些細な詐欺ではありません 不正行為はその企業の株主に損失を与え 社会に損失を与え 毎年その額は3800億ドルに上ります

例を挙げる事ができると思います 自動車業界の秘密はもはや秘密ではありません 金融サービス業界の不正行為は バグ(誤り)ではなくて もはや仕組みの一部になっています これは私個人の意見ではなく アメリカ金融学会の理事が 就任演説で述べたものです 金融業界の信用に大きく依存する スイスのような経済を考えると これは巨大な問題です

その一方で 不正行為に手を染める誘惑に打ち勝ち 7社の内6社は健全性を保っています オリンパスで内部告発をした マイケル・ウッドフォードのような 人々がいます その様な告発者は自分のキャリアや友情を 犠牲にするリスクを抱えながら 彼らの企業の真実を白日の下に晒すのです 人権侵害の取材のために 自らの命を危険に晒す アンナ・ポリトコフスカヤのような ジャーナリストがいます 彼女は殺害されました 毎年 およそ100人のジャーナリストが 真実を公開するという信条のゆえに 命を奪われています

今日私のトークでは 10年に渡るこの問題の研究から 私が学んだ事柄を 皆さんと共有したいと思います 私は研究者で 多方面の方々と仕事をします 経済学者や 金融経済学者や 倫理学者や 脳神経科学者や 弁護士など 何が人を衝き動かすのかを理解し 企業の不正行為という課題を どう解決すべきか それにより 世界をより良いものにすべく 貢献をするために研究しています

人々の行動についての2つの異なる ビジョンを共有する事から 始めたいと思います 最初はアダム・スミス 現代経済学の創始者です 彼の基本的な考え方は 誰しも私利私欲で行動すれば 最終的には皆の利益になるというものでした 私利私欲は 単なるお手軽な概念などでは無く 長期的な影響力があるものです 少し考えて見ましょう この犬を例にとります 私たち自身の姿かもしれません こんな誘惑があったとします 菜食主義の方には申し訳ありませんが

(笑)

犬はブラートヴルストが好きなものです

(笑) そして私利私欲に任せて 一直線に飛びつきます 私の友達 アダムは飛び上がって ソーセージを取るのですが 美しい食器をめちゃくちゃにします でもそうしたかった訳ではありません 彼は意図しないこの結末を 無視するつもりは無かったのです 彼はまずい結果に なるかも知れないと考えたでしょう 例えば 飼い主が怒るかもしれないと考え 犬は思い直すかも知れません これは私たちの姿かも知れません 自分の行動による利益と損失を比較します

その考えはどこから来るのか? 皆さんが勤めている 多くの企業では 特に大企業であれば 行動規範があるはずです その行動規範に則って行動すれば ボーナスを貰える機会が増えます その一方でそれを無視すれば ボーナスが貰えないか 減額されます 言い方を変えると 経済的な動機付けにより 人々をより誠実にさせ 企業の規範と一致させようとするのです

類似したところでは 評判はとても強い経済の原動力と言えます 良い評判を得るために 例えば誠実であるように務め 将来 人々からより信頼されるように励みます そうですよね? アダム・スミスは 消費者への親切心からではなく 将来パンをもっと多く売りたいとの思いから 良いパンを作る パン焼き職人について語りましたが 私がチューリッヒ大学で行った研究で 明らかになったことですが 例えば脱税や税金詐欺などで スイスの銀行が メディアで取り上げられると 評判を落としてしまいます すると彼らは将来の新規預金を失い 利益が縮小します これは非常に強力な評判の力の例です 利益と損失

もう1つの世界の見方をお話しします イマヌエル・カントは 18世紀のドイツ哲学界の スーパースターです 彼が展開した考えは その行為の結果に関わらず いくつかの行動はただ正しく いくつかの行動はただ誤りである というものでした 嘘をつくのは悪いというのが良い例です では友達のイマヌエルに登場してもらいます 彼はソーセージがとても美味しい事を 知っています しかし彼は良い犬なので 食べようとはしません 彼は棚に飛び上がって 美しい食器を壊すリスクを取るのが 誤った行動だと知っています 人々もこんな動機で 行動すると考えると インセンティブ、行動規範 ボーナス制度などは あまり意味を成さなくなります 人々は多分違った価値観によって 動機付けされるのです

では実際 何によって 動機付けされているのでしょうか この2人の紳士は完璧な髪形ですが しかし全く異なる世界観を 私たちに見せてくれます 私たちはどう行動すべきか? 私は経済学者であり そしてこの問題を解決するための 実験といえる事を進めています 現実では混乱を起こす事実を取り払い 現実はとても豊かで いろいろな事が起こっていて 人々は何に衝き動かされ行動するのかを 正確に知る事はほぼ不可能です

ここでちょっとした実験をします こんな状況を想像してください あなたはある部屋に1人でいます こんな場所ではありません 私が今持っているような 5フランコインが1枚 目の前にあります あなたの作業は コインを4回投げて 傍にあるコンピュータに 何回裏面が出たかを入力することです こんなシチュエーションです ここからが厄介です 申告された 裏面の出た数毎に 5フランが支払われます 裏面が2回出たと申告すれば 10フランが支払われます 裏面の出た回数が0回だったと申告すれば 貰うのは0フランです もし裏面が4回出たと申告すれば 20フランが支払われます 匿名で行われるので 誰もあなたの行動を見ていず 匿名のまま支払いを受け取れます

2つの質問をします

(笑)

質問を想像できますね? 最初の質問は あなたならどう振舞いますか? 2つめの質問は 右側と左側の方を見て ―

(笑)

隣に座る人たちが どう振舞うと思いますか?

実際にこの実験を行ってみました マニフェスタ芸術展が 最近チューリッヒで行われた際に 大学の研究室の学生ではなく 皆さんのような 一般市民を対象にしました 先ずは統計学の復習です 裏表それぞれが出る確率が等しいコインを 4回投げた時に 4回とも裏面が出る確率は 6.25%です 直観で理解して欲しいのですが 裏が4回出る確率は 2回出る確率に比べて かなり低いものです

このように数字で示されています さて何が起きたでしょうか 現実に人々がこの実験に臨みました およそ30-35%の人が 「ええと 4回裏が出ました」と言います 極端にありえない数字です

(笑)

恐らく経済学者にとって さらに驚くべきは 約65%の人は4回裏が出たと 申告しなかった事でした 誰も監視していない状況下で 4回とも裏が出たと 申告すれば現金をより多く 手に入れられるにも関わらずです 0回だったと申告した場合は 机の上の20フランを残して立ち去るのですよ 匿名の調査だったので 人々が本当に正直だったのか 少し違う数字を報告していたかは 分かりません 私たちは統計分布を観察しただけです でも私から言える事は ― おっと もう1枚コインが 裏が出ています

(笑)

調べちゃだめですよ?

(笑)

でも私から言える事は 必ずしもすべての人がアダム・スミスの 予想の通りには振舞わなかった という事です

これはどういう意味か? 人々はその人自身が持つ価値観に 動機付けられているようです 私たちの研究は ここに着目して 「保護価値」と呼ばれる考え方を 研究しています 「保護価値」 は単なる価値ではありません 代償を払ってでも 守りたいと考える価値が 「保護価値」 なのです 流されそうな誘惑に打ち勝つために 対価を払おうと思うのです 結果として あなたの価値観と 一致する方法でお金が稼げれば 気分良く感じます

この事を 愛すべき犬を例に説明します もし私たちの価値観を歪める事なく ソーセージを手に入れられれば ソーセージはよりおいしく感じるでしょう 私たちの研究がそう示しました その一方で 同様に ソーセージを入手できても そのために価値観を歪めることになると ソーセージの価値は下がってしまうのです 定量的に見てもとても強力です その 「保護価値」 を測ることもできます 例えば アンケート調査によって計測します 簡単な9項目の質問が この実験では予測に役立ちました 平均値ということを考える場合 その周りには分布ができますー 人々はみな異なります 我々はみな異なるのです ある一連の 「保護価値」 を持つ人々は 平均から1標準偏差分大きい位置にいて 彼らは嘘の申告をして貰った 金額の価値を25%低く感じるのです 嘘をついて受け取った1ドルは 彼らにとっては75セントの価値であると この結果は示していて 誠実な振舞いを促す インセンティブがなかったとしてもこうです 彼らの本能的な動機なのです

ところで 私は道徳の専門家ではありません 私が高徳な価値観をすべて持っているとは 言っていません ですね? しかし 私は人々の振る舞いに興味があり 人間性の豊かさを 実際に組織の改善に 活用できるだろうか ということに 興味があるのです

2つの実に異なるビジョンがあります 1つには 利益と損失に訴えて 人々がそれに基づいて行動する様に 仕向ける方法です もう1つは あなたが同じ価値観と それからもちろん好ましい特性や あなたの組織で役立つ技能を持った人物を 選ぶ方法もあります

その様な 「保護価値」 がどこから生まれるのか まだ判っていません 育成されたものか あるいは 自然発生的なものなのか 私が言えるのは 分布は男女ともに 非常に似通っている事です 経済学を学んだ人と 心理学を学んだ人の双方とも 非常に類似している事です 成人では異なる年齢層間でも 非常に類似しています 人生を通してどう発達するのかも 判っていません これらはこれからの研究課題です

皆さんにお伝えしたいアイデアは インセンティブに訴えるのは正しい という事です 私は経済学者なので インセンティブが有効に機能することを 固く信じています しかし 人々を集めて インセンティブを与える仕組みを作るよりも 正しい人選をすることを考えてみてください 正しい価値観を持つ正しい人材を集めれば 結局は あなたの組織の多くの問題や損失を 未然に 防ぐことになるのですから つまり 人間を最優先すれば成果が上がるのです

ありがとうございました

(拍手)

How many companies have you interacted with today?

Well, you got up in the morning, took a shower, washed your hair, used a hair dryer, ate breakfast -- ate cereals, fruit, yogurt, whatever -- had coffee -- tea. You took public transport to come here, or maybe used your private car. You interacted with the company that you work for or that you own. You interacted with your clients, your customers, and so on and so forth. I'm pretty sure there are at least seven companies you've interacted with today.

Let me tell you a stunning statistic. One out of seven large, public corporations commit fraud every year. This is a US academic study that looks at US companies -- I have no reason to believe that it's different in Europe. This is a study that looks at both detected and undetected fraud using statistical methods. This is not petty fraud. These frauds cost the shareholders of these companies, and therefore society, on the order of 380 billion dollars per year.

We can all think of some examples, right? The car industry's secrets aren't quite so secret anymore. Fraud has become a feature, not a bug, of the financial services industry. That's not me who's claiming that, that's the president of the American Finance Association who stated that in his presidential address. That's a huge problem if you think about, especially, an economy like Switzerland, which relies so much on the trust put into its financial industry.

On the other hand, there are six out of seven companies who actually remain honest despite all temptations to start engaging in fraud. There are whistle-blowers like Michael Woodford, who blew the whistle on Olympus. These whistle-blowers risk their careers, their friendships, to bring out the truth about their companies. There are journalists like Anna Politkovskaya who risk even their lives to report human rights violations. She got killed -- every year, around 100 journalists get killed because of their conviction to bring out the truth.

So in my talk today, I want to share with you some insights I've obtained and learned in the last 10 years of conducting research in this. I'm a researcher, a scientist working with economists, financial economists, ethicists, neuroscientists, lawyers and others trying to understand what makes humans tick, and how can we address this issue of fraud in corporations and therefore contribute to the improvement of the world.

I want to start by sharing with you two very distinct visions of how people behave. First, meet Adam Smith, founding father of modern economics. His basic idea was that if everybody behaves in their own self-interests, that's good for everybody in the end. Self-interest isn't a narrowly defined concept just for your immediate utility. It has a long-run implication. Let's think about that. Think about this dog here. That might be us. There's this temptation -- I apologize to all vegetarians, but --

(Laughter)

Dogs do like the bratwurst.

(Laughter) Now, the straight-up, self-interested move here is to go for that. So my friend Adam here might jump up, get the sausage and thereby ruin all this beautiful tableware. But that's not what Adam Smith meant. He didn't mean disregard all consequences -- to the contrary. He would have thought, well, there may be negative consequences, for example, the owner might be angry with the dog and the dog, anticipating that, might not behave in this way. That might be us, weighing the benefits and costs of our actions.

How does that play out? Well, many of you, I'm sure, have in your companies, especially if it's a large company, a code of conduct. And then if you behave according to that code of conduct, that improves your chances of getting a bonus payment. And on the other hand, if you disregard it, then there are higher chances of not getting your bonus or its being diminished. In other words, this is a very economic motivation of trying to get people to be more honest, or more aligned with the corporation's principles.

Similarly, reputation is a very powerful economic force, right? We try to build a reputation, maybe for being honest, because then people trust us more in the future. Right? Adam Smith talked about the baker who's not producing good bread out of his benevolence for those people who consume the bread, but because he wants to sell more future bread. In my research, we find, for example, at the University of Zurich, that Swiss banks who get caught up in media, and in the context, for example, of tax evasion, of tax fraud, have bad media coverage. They lose net new money in the future and therefore make lower profits. That's a very powerful reputational force. Benefits and costs.

Here's another viewpoint of the world. Meet Immanuel Kant, 18th-century German philosopher superstar. He developed this notion that independent of the consequences, some actions are just right and some are just wrong. It's just wrong to lie, for example. So, meet my friend Immanuel here. He knows that the sausage is very tasty, but he's going to turn away because he's a good dog. He knows it's wrong to jump up and risk ruining all this beautiful tableware. If you believe that people are motivated like that, then all the stuff about incentives, all the stuff about code of conduct and bonus systems and so on, doesn't make a whole lot of sense. People are motivated by different values perhaps.

So, what are people actually motivated by? These two gentlemen here have perfect hairdos, but they give us very different views of the world. What do we do with this? Well, I'm an economist and we conduct so-called experiments to address this issue. We strip away facts which are confusing in reality. Reality is so rich, there is so much going on, it's almost impossible to know what drives people's behavior really.

So let's do a little experiment together. Imagine the following situation. You're in a room alone, not like here. There's a five-franc coin like the one I'm holding up right now in front of you. Here are your instructions: toss the coin four times, and then on a computer terminal in front of you, enter the number of times tails came up. This is the situation. Here's the rub. For every time that you announce that you had a tails throw, you get paid five francs. So if you say I had two tails throws, you get paid 10 francs. If you say you had zero, you get paid zero francs. If you say, "I had four tails throws," then you get paid 20 francs. It's anonymous, nobody's watching what you're doing, and you get paid that money anonymously.

I've got two questions for you.

(Laughter)

You know what's coming now, right? First, how would you behave in that situation? The second, look to your left and look to your right --

(Laughter)

and think about how the person sitting next to you might behave in that situation.

We did this experiment for real. We did it at the Manifesta art exhibition that took place here in Zurich recently, not with students in the lab at the university but with the real population, like you guys. First, a quick reminder of stats. If I throw the coin four times and it's a fair coin, then the probability that it comes up four times tails is 6.25 percent. And I hope you can intuitively see that the probability that all four of them are tails is much lower than if two of them are tails, right?

Here are the specific numbers. Here's what happened. People did this experiment for real. Around 30 to 35 percent of people said, "Well, I had four tails throws." That's extremely unlikely.

(Laughter)

But the really amazing thing here, perhaps to an economist, is there are around 65 percent of people who did not say I had four tails throws, even though in that situation, nobody's watching you, the only consequence that's in place is you get more money if you say four than less. You leave 20 francs on the table by announcing zero. I don't know whether the other people all were honest or whether they also said a little bit higher or lower than what they did because it's anonymous. We only observed the distribution. But what I can tell you -- and here's another coin toss. There you go, it's tails.

(Laughter)

Don't check, OK?

(Laughter)

What I can tell you is that not everybody behaved like Adam Smith would have predicted.

So what does that leave us with? Well, it seems people are motivated by certain intrinsic values and in our research, we look at this. We look at the idea that people have so-called protected values. A protected value isn't just any value. A protected value is a value where you're willing to pay a price to uphold that value. You're willing to pay a price to withstand the temptation to give in. And the consequence is you feel better if you earn money in a way that's consistent with your values.

Let me show you this again in the metaphor of our beloved dog here. If we succeed in getting the sausage without violating our values, then the sausage tastes better. That's what our research shows. If, on the other hand, we do so -- if we get the sausage and in doing so we actually violate values, we value the sausage less. Quantitatively, that's quite powerful. We can measure these protected values, for example, by a survey measure. Simple, nine-item survey that's quite predictive in these experiments. If you think about the average of the population and then there's a distribution around it -- people are different, we all are different. People who have a set of protected values that's one standard deviation above the average, they discount money they receive by lying by about 25 percent. That means a dollar received when lying is worth to them only 75 cents without any incentives you put in place for them to behave honestly. It's their intrinsic motivation.

By the way, I'm not a moral authority. I'm not saying I have all these beautiful values, right? But I'm interested in how people behave and how we can leverage that richness in human nature to actually improve the workings of our organizations.

So there are two very, very different visions here. On the one hand, you can appeal to benefits and costs and try to get people to behave according to them. On the other hand, you can select people who have the values and the desirable characteristics, of course -- competencies that go in line with your organization.

I do not yet know where these protected values really come from. Is it nurture or is it nature? What I can tell you is that the distribution looks pretty similar for men and women. It looks pretty similar for those who had studied economics or those who had studied psychology. It looks even pretty similar around different age categories among adults. But I don't know yet how this develops over a lifetime. That will be the subject of future research.

The idea I want to leave you with is it's all right to appeal to incentives. I'm an economist; I certainly believe in the fact that incentives work. But do think about selecting the right people rather than having people and then putting incentives in place. Selecting the right people with the right values may go a long way to saving a lot of trouble and a lot of money in your organizations. In other words, it will pay off to put people first.

Thank you.

(Applause)

How many companies have you interacted with today?//

今日1日で何社の企業と関わりましたか?

Well,/ you got up/ in the morning,/ took a shower,/ washed your hair,/ used a hair dryer,/ ate breakfast --/ ate cereals,/ fruit,/ yogurt,/ whatever --/ had coffee --/ tea.//

朝起きて シャワーを浴び 髪を洗って ドライヤーで乾かし 朝食を食べー シリアルや果物 ヨーグルトか何かを食べ コーヒーを飲みー あるいはお茶を飲み

You took public transport/ to come here,/ or maybe used your private car.//

ここに来るために公共交通機関に乗るか 自家用車に乗ったでしょう

You interacted with the company/ that you work for or/ that you own.//

あなたが勤めている あるいは 経営する企業と関わりました

You interacted with your clients,/ your customers,/ and so/ on and so forth.//

依頼人と関わり 顧客と関わり そんな感じです

I'm pretty sure/ there are at least seven companies/ you've interacted with today.//

今日だけでも少なくとも7社と あなたが関わっていると 断言できます

Let/ me tell you/ a stunning statistic.//

驚くべき統計についてお話しします

One/ out of seven large, public corporations commit fraud/ every year.//

毎年 大企業の7社に1社が 不正行為を働いています

This is a US academic study/ that looks at US companies --/ I have no reason/ to believe/ that it's different/ in Europe.//

これはアメリカ企業を対象にした 学術研究ですが ヨーロッパで大きく異なるとは思えません

This is a study/ that looks at both detected/ and undetected fraud/ using statistical methods.//

この研究は統計手法を使い 露呈の有無に関係なく 不正行為の数を導いています

This is not petty fraud.//

不正行為は些細な詐欺ではありません

These frauds cost the shareholders of these companies,/ and therefore/ society,/ on the order of 380 billion dollars/ per year.//

不正行為はその企業の株主に損失を与え 社会に損失を与え 毎年その額は3800億ドルに上ります

We can all think of some examples,/ right?//

例を挙げる事ができると思います

The car industry's secrets aren't quite so/ secret anymore.//

自動車業界の秘密はもはや秘密ではありません

Fraud has become a feature, not a bug,/ of the financial services industry.//

金融サービス業界の不正行為は バグ(誤り)ではなくて もはや仕組みの一部になっています

That's not me/ who's claiming/ that,/ that's the president of the American Finance Association/ who stated/ that in his presidential address.//

これは私個人の意見ではなく アメリカ金融学会の理事が 就任演説で述べたものです

That's a huge problem/ if you think about,/ especially,/ an economy/ like Switzerland,/ which relies so much/ on the trust put into its financial industry.//

金融業界の信用に大きく依存する スイスのような経済を考えると これは巨大な問題です

On the other hand,/ there are six out of seven companies/ who actually remain honest/ despite all temptations/ to start engaging/ in fraud.//

その一方で 不正行為に手を染める誘惑に打ち勝ち 7社の内6社は健全性を保っています

There are whistle-blowers/ like Michael Woodford,/ who blew the whistle/ on Olympus.//

オリンパスで内部告発をした マイケル・ウッドフォードのような 人々がいます

These whistle-blowers risk their careers,/ their friendships,/ to bring out/ the truth/ about their companies.//

その様な告発者は自分のキャリアや友情を 犠牲にするリスクを抱えながら 彼らの企業の真実を白日の下に晒すのです

There are journalists/ like Anna Politkovskaya/ who risk even their lives/ to report human rights/ violations.//

人権侵害の取材のために 自らの命を危険に晒す アンナ・ポリトコフスカヤのような ジャーナリストがいます

She got killed --/ every year,/ around 100 journalists get killed because of their conviction/ to bring out/ the truth.//

彼女は殺害されました 毎年 およそ100人のジャーナリストが 真実を公開するという信条のゆえに 命を奪われています

So/ in my talk today,/ I want to share/ with you/ some insights/ I've obtained and learned in the last 10 years of conducting research/ in this.//

今日私のトークでは 10年に渡るこの問題の研究から 私が学んだ事柄を 皆さんと共有したいと思います

I'm a researcher,/ a scientist/ working with economists,/ financial economists,/ ethicists,/ neuroscientists,/ lawyers and others/ trying to understand/ what makes/ humans tick,/ and how can/ we address this issue of fraud/ in corporations/ and therefore contribute to the improvement of the world.//

私は研究者で 多方面の方々と仕事をします 経済学者や 金融経済学者や 倫理学者や 脳神経科学者や 弁護士など 何が人を衝き動かすのかを理解し 企業の不正行為という課題を どう解決すべきか それにより 世界をより良いものにすべく 貢献をするために研究しています

I want to start/ by sharing with you/ two very distinct visions of how people behave.//

人々の行動についての2つの異なる ビジョンを共有する事から 始めたいと思います

First,/ meet Adam Smith,/ founding father of modern economics.//

最初はアダム・スミス 現代経済学の創始者です

His basic idea was/ that if everybody behaves in their own self-interests,/ that's good/ for everybody/ in the end.//

彼の基本的な考え方は 誰しも私利私欲で行動すれば 最終的には皆の利益になるというものでした

私利私欲は 単なるお手軽な概念などでは無く

It has a long-run implication.//

長期的な影響力があるものです

Let's think/ about that.//

少し考えて見ましょう

Think about this dog here.//

この犬を例にとります

That might be us.//

私たち自身の姿かもしれません

There's this temptation --/ I apologize to all vegetarians,/ but --/ (Laughter)/

こんな誘惑があったとします 菜食主義の方には申し訳ありませんが (笑)

Dogs do like the bratwurst.//

犬はブラートヴルストが好きなものです

(笑)

Now,/ the straight-up, self-interested move here is to go for/ that.//

そして私利私欲に任せて 一直線に飛びつきます

So my friend Adam here might jump up,/ get the sausage and thereby ruin/ all this beautiful tableware.//

私の友達 アダムは飛び上がって ソーセージを取るのですが 美しい食器をめちゃくちゃにします

But that's not/ what Adam Smith meant.//

でもそうしたかった訳ではありません

He didn't mean disregard all consequences --/ to the contrary.//

彼は意図しないこの結末を 無視するつもりは無かったのです

He would have thought,/ well,/ there may be negative consequences,/ for example,/ the owner might be angry/ with the dog and the dog,/ anticipating/ that,/ might not behave in this way.//

彼はまずい結果に なるかも知れないと考えたでしょう 例えば 飼い主が怒るかもしれないと考え 犬は思い直すかも知れません

That might be us,/ weighing the benefits and costs of our actions.//

これは私たちの姿かも知れません 自分の行動による利益と損失を比較します

How does/ that play out?//

その考えはどこから来るのか?

Well,/ many of you,/ I'm sure,/ have in your companies,/ especially/ if it's a large company,/ a code of conduct.//

皆さんが勤めている 多くの企業では 特に大企業であれば 行動規範があるはずです

And then/ if you behave according/ to that code of conduct,/ that improves your chances of getting a bonus payment.//

その行動規範に則って行動すれば ボーナスを貰える機会が増えます

And/ on the other hand,/ if you disregard it,/ then/ there are higher chances of not getting/ your bonus/ or its/ being diminished.//

その一方でそれを無視すれば ボーナスが貰えないか 減額されます

In other words,/ this is a very economic motivation of trying to get/ people/ to be more honest,/ or more aligned/ with the corporation's principles.//

言い方を変えると 経済的な動機付けにより 人々をより誠実にさせ 企業の規範と一致させようとするのです

Similarly,/ reputation is a very powerful economic force,/ right?//

類似したところでは 評判はとても強い経済の原動力と言えます

We try to build/ a reputation,/ maybe/ for being honest,/ because then/ people trust us more/ in the future.//

良い評判を得るために 例えば誠実であるように務め 将来 人々からより信頼されるように励みます

Right?//

そうですよね?

Adam Smith talked about the baker/ who's not producing/ good bread/ out of his benevolence/ for those people/ who consume the bread,/ but/ because he wants to sell/ more future bread.//

アダム・スミスは 消費者への親切心からではなく 将来パンをもっと多く売りたいとの思いから 良いパンを作る パン焼き職人について語りましたが

In my research,/ we find,/ for example,/ at the University of Zurich,/ that Swiss banks/ who get caught up/ in media,/ and in the context,/ for example,/ of tax evasion,/ of tax fraud,/ have/ bad media coverage.//

私がチューリッヒ大学で行った研究で 明らかになったことですが 例えば脱税や税金詐欺などで スイスの銀行が メディアで取り上げられると 評判を落としてしまいます

They lose net new money/ in the future/ and therefore make lower profits.//

すると彼らは将来の新規預金を失い 利益が縮小します

That's a very powerful reputational force.//

これは非常に強力な評判の力の例です

利益と損失

Here's another viewpoint of the world.//

もう1つの世界の見方をお話しします

Meet Immanuel Kant,/ 18th-century German philosopher superstar.//

イマヌエル・カントは 18世紀のドイツ哲学界の スーパースターです

He developed this notion/ that independent of the consequences,/ some actions are just right/ and some are just wrong.//

彼が展開した考えは その行為の結果に関わらず いくつかの行動はただ正しく いくつかの行動はただ誤りである というものでした

It's just wrong/ to lie,/ for example.//

嘘をつくのは悪いというのが良い例です

So,/ meet my friend Immanuel here.//

では友達のイマヌエルに登場してもらいます

He knows/ that the sausage is very tasty,/ but he's going to turn away/ because he's a good dog.//

彼はソーセージがとても美味しい事を 知っています しかし彼は良い犬なので 食べようとはしません

He knows/ it's wrong/ to jump up/ and risk ruining/ all this beautiful tableware.//

彼は棚に飛び上がって 美しい食器を壊すリスクを取るのが 誤った行動だと知っています

If you believe/ that people are motivated like that,/ then/ all the stuff/ about incentives,/ all the stuff/ about code of conduct and bonus systems/ and so on,/ doesn't make a whole lot of sense.//

人々もこんな動機で 行動すると考えると インセンティブ、行動規範 ボーナス制度などは あまり意味を成さなくなります

People are motivated by different values perhaps.//

人々は多分違った価値観によって 動機付けされるのです

So,/ what are people actually motivated by?//

では実際 何によって 動機付けされているのでしょうか

These two gentlemen here have perfect hairdos,/ but they give us/ very different views of the world.//

この2人の紳士は完璧な髪形ですが しかし全く異なる世界観を 私たちに見せてくれます

What do we do with this?//

私たちはどう行動すべきか?

Well,/ I'm an economist/ and we conduct so-called experiments/ to address this issue.//

私は経済学者であり そしてこの問題を解決するための 実験といえる事を進めています

We strip away/ facts/ which are confusing in reality.//

現実では混乱を起こす事実を取り払い

Reality is so rich,/ there is so much going on,/ it's almost impossible/ to know/ what drives people's behavior really.//

現実はとても豊かで いろいろな事が起こっていて 人々は何に衝き動かされ行動するのかを 正確に知る事はほぼ不可能です

So let's do a little experiment together.//

ここでちょっとした実験をします

こんな状況を想像してください

You're in a room alone,/ not like here.//

あなたはある部屋に1人でいます こんな場所ではありません

There's a five-franc coin/ like the one/ I'm holding up/ right now/ in front of you.//

私が今持っているような 5フランコインが1枚 目の前にあります

Here are your instructions:/ toss the coin/ four times,/ and then/ on a computer terminal/ in front of you,/ enter the number of times tails came up.//

あなたの作業は コインを4回投げて 傍にあるコンピュータに 何回裏面が出たかを入力することです

This is the situation.//

こんなシチュエーションです

Here's the rub.//

ここからが厄介です

For every time/ that you announce/ that you had a tails throw,/ you get paid five francs.//

申告された 裏面の出た数毎に 5フランが支払われます

So/ if you say/ I had two tails throws,/ you get paid 10 francs.//

裏面が2回出たと申告すれば 10フランが支払われます

If you say/ you had zero,/ you get paid zero francs.//

裏面の出た回数が0回だったと申告すれば 貰うのは0フランです

If you say,/ "I had four tails throws,/"/ then/ you get paid 20 francs.//

もし裏面が4回出たと申告すれば 20フランが支払われます

It's anonymous,/ nobody's watching/ what you're doing,/ and you get paid/ that money anonymously.//

匿名で行われるので 誰もあなたの行動を見ていず 匿名のまま支払いを受け取れます

I've got two questions/ for you.//

2つの質問をします

(笑)

You know/ what's coming now,/ right?//

質問を想像できますね?

First,/ how would you behave in that situation?//

最初の質問は あなたならどう振舞いますか?

The second,/ look to your left/ and look to your right --/ (Laughter)/

2つめの質問は 右側と左側の方を見て ― (笑)

and think about how the person/ sitting next/ to you might behave in that situation.//

隣に座る人たちが どう振舞うと思いますか?

We did this experiment/ for real.//

実際にこの実験を行ってみました

We did it/ at the Manifesta art exhibition/ that took place here/ in Zurich recently, not with students/ in the lab/ at the university/ but/ with the real population,/ like you guys.//

マニフェスタ芸術展が 最近チューリッヒで行われた際に 大学の研究室の学生ではなく 皆さんのような 一般市民を対象にしました

First,/ a quick reminder of stats.//

先ずは統計学の復習です

If I throw the coin/ four times/ and it's a fair coin,/ then/ the probability/ that it comes up/ four times tails is 6.25 percent.//

裏表それぞれが出る確率が等しいコインを 4回投げた時に 4回とも裏面が出る確率は 6.25%です

And I hope/ you can intuitively see/ that the probability/ that all four of them are tails is much lower/ than if two of them are tails,/ right?//

直観で理解して欲しいのですが 裏が4回出る確率は 2回出る確率に比べて かなり低いものです

Here are the specific numbers.//

このように数字で示されています

Here's what happened.//

さて何が起きたでしょうか

People did this experiment/ for real.//

現実に人々がこの実験に臨みました

Around 30 to 35 percent of people said,/ "Well,/ I had four tails throws."//

およそ30-35%の人が 「ええと 4回裏が出ました」と言います

極端にありえない数字です

(笑)

But the really amazing thing here,/ perhaps/ to an economist,/ is/ there are around 65 percent of people/ who did not say I had four tails throws,/ even though in that situation,/ nobody's watching you,/ the only consequence/ that's in place is you get more money/ if you say four/ than less.//

恐らく経済学者にとって さらに驚くべきは 約65%の人は4回裏が出たと 申告しなかった事でした 誰も監視していない状況下で 4回とも裏が出たと 申告すれば現金をより多く 手に入れられるにも関わらずです

You leave 20 francs/ on the table/ by announcing zero.//

0回だったと申告した場合は 机の上の20フランを残して立ち去るのですよ

I don't know/ whether the other people all were honest/ or/ whether they also said a little bit higher or lower/ than what they did/ because it's anonymous.//

匿名の調査だったので 人々が本当に正直だったのか 少し違う数字を報告していたかは 分かりません

We only observed the distribution.//

私たちは統計分布を観察しただけです

But what I can tell you --/ and here's another coin toss.//

でも私から言える事は ― おっと もう1枚コインが

There/ you go,/ it's tails.//

裏が出ています

(笑)

Don't check,/ OK?//

調べちゃだめですよ?

(笑)

What I can tell/ you is/ that not everybody behaved like Adam Smith would have predicted.//

でも私から言える事は 必ずしもすべての人がアダム・スミスの 予想の通りには振舞わなかった という事です

So/ what does/ that leave us with?//

これはどういう意味か?

Well,/ it seems/ people are motivated by certain intrinsic values/ and/ in our research,/ we look at this.//

人々はその人自身が持つ価値観に 動機付けられているようです 私たちの研究は ここに着目して

We look at the idea/ that people have so-called protected values.//

「保護価値」と呼ばれる考え方を 研究しています

A protected value isn't just any value.//

「保護価値」 は単なる価値ではありません

A protected value is a value/ where you're willing/ to pay a price/ to uphold/ that value.//

代償を払ってでも 守りたいと考える価値が 「保護価値」 なのです

You're willing/ to pay a price/ to withstand the temptation/ to give in.//

流されそうな誘惑に打ち勝つために 対価を払おうと思うのです

And the consequence is you feel better/ if you earn money/ in a way/ that's consistent/ with your values.//

結果として あなたの価値観と 一致する方法でお金が稼げれば 気分良く感じます

Let me/ show you/ this again/ in the metaphor of our beloved dog here.//

この事を 愛すべき犬を例に説明します

If we succeed in getting the sausage/ without violating our values,/ then/ the sausage tastes better.//

もし私たちの価値観を歪める事なく ソーセージを手に入れられれば ソーセージはよりおいしく感じるでしょう

That's/ what our research shows.//

私たちの研究がそう示しました

If,/ on the other hand,/ we do so --/ if we get the sausage/ and/ in doing/ so we actually violate values,/ we value the sausage less.//

その一方で 同様に ソーセージを入手できても そのために価値観を歪めることになると ソーセージの価値は下がってしまうのです

Quantitatively,/ that's quite powerful.//

定量的に見てもとても強力です

We can measure these protected values,/ for example,/ by a survey measure.//

その 「保護価値」 を測ることもできます 例えば アンケート調査によって計測します

Simple,/ nine-item survey/ that's quite predictive/ in these experiments.//

簡単な9項目の質問が この実験では予測に役立ちました

If you think about the average of the population/ and then/ there's a distribution/ around it --/ people are different,/ we/ all are different.//

平均値ということを考える場合 その周りには分布ができますー 人々はみな異なります 我々はみな異なるのです

People/ who have a set of protected values/ that's one standard deviation/ above the average,/ they discount money/ they receive by lying by about 25 percent.//

ある一連の 「保護価値」 を持つ人々は 平均から1標準偏差分大きい位置にいて 彼らは嘘の申告をして貰った 金額の価値を25%低く感じるのです

That means/ a dollar received/ when lying is worth/ to them/ only 75 cents/ without any incentives/ you put in place/ for them/ to behave honestly.//

嘘をついて受け取った1ドルは 彼らにとっては75セントの価値であると この結果は示していて 誠実な振舞いを促す インセンティブがなかったとしてもこうです

It's their intrinsic motivation.//

彼らの本能的な動機なのです

By the way,/ I'm not a moral authority.//

ところで 私は道徳の専門家ではありません

I'm not saying/ I have all these beautiful values,/ right?//

私が高徳な価値観をすべて持っているとは 言っていません ですね?

But I'm interested/ in how people behave/ and how we can leverage that richness/ in human nature/ to actually improve the workings of our organizations.//

しかし 私は人々の振る舞いに興味があり 人間性の豊かさを 実際に組織の改善に 活用できるだろうか ということに 興味があるのです

So there are two very,/ very different visions here.//

2つの実に異なるビジョンがあります

On the one hand,/ you can appeal to benefits and costs/ and try to get/ people/ to behave according to them.//

1つには 利益と損失に訴えて 人々がそれに基づいて行動する様に 仕向ける方法です

On the other hand,/ you can select people/ who have the values and the desirable characteristics,/ of course --/ competencies/ that go in line/ with your organization.//

もう1つは あなたが同じ価値観と それからもちろん好ましい特性や あなたの組織で役立つ技能を持った人物を 選ぶ方法もあります

I do not yet know/ where these protected values really come from.//

その様な 「保護価値」 がどこから生まれるのか まだ判っていません

Is it nurture/ or is it nature?//

育成されたものか あるいは 自然発生的なものなのか

What I can tell/ you is/ that the distribution looks pretty similar/ for men/ and women.//

私が言えるのは 分布は男女ともに 非常に似通っている事です

It looks pretty similar/ for those/ who had studied economics/ or those/ who had studied psychology.//

経済学を学んだ人と 心理学を学んだ人の双方とも 非常に類似している事です

It looks even pretty similar/ around different age categories/ among adults.//

成人では異なる年齢層間でも 非常に類似しています

But I don't know yet/ how this develops over a lifetime.//

人生を通してどう発達するのかも 判っていません

That will be the subject of future research.//

これらはこれからの研究課題です

The idea/ I want to leave/ you/ with is it's all right/ to appeal to incentives.//

皆さんにお伝えしたいアイデアは インセンティブに訴えるのは正しい という事です

I'm an economist;/ I certainly believe in the fact/ that incentives work.//

私は経済学者なので インセンティブが有効に機能することを 固く信じています

But do think about selecting the right people/ rather than having people/ and then/ putting incentives/ in place.//

しかし 人々を集めて インセンティブを与える仕組みを作るよりも 正しい人選をすることを考えてみてください

Selecting the right people/ with the right values may go a long way/ to saving a lot of trouble and a lot of money/ in your organizations.//

正しい価値観を持つ正しい人材を集めれば 結局は あなたの組織の多くの問題や損失を 未然に 防ぐことになるのですから

In other words,/ it will pay off/ to put people/ first.//

つまり 人間を最優先すれば成果が上がるのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

shower

《しばしば複数形で》『にわか雨』,にわか雪(あられ) ・(涙・弾丸・祝福・批判などの)『雨』,(…の)洪水《+『of』+『名』》・《米》共同して金を集めてお祝いのプレゼントを贈ること,祝い品贈呈会(特に結婚や出産を控えた婦人を祝って贈物をするパーティー) ・(また『shower bath』) ・『シャワー』・…に『水を注ぐ』・…を『降り注ぐ』・《itを主語にして》にわか雨が降る・(…に)降り注ぐ《+『on』(『upon』)+『名』》

シャワーを浴びる

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

dryer

=drier

ate

eatの過去形

cereal

〈C〉《通例複数形で》『穀物』,穀類

(また《米》breakfast food)〈U〉〈C〉朝食用の穀類加工食品(oatmealやcornflakesなど)

〈C〉穀類を生ずる植物

穀類の

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

transport

(ある場所からある場所へ)…‘を'『輸送する』,運搬する《+名+from+名+to+名》

《文》《受動態で》(…で)…‘を'夢中にする,有頂天にする《+名+with+名》

〈罪人〉‘を'流刑にする

〈U〉輸送,運送,輸送(交通)機関(transportation)

〈C〉(軍隊や軍需品を運ぶ)輸送船,輸送機

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

statistic

統計値,統計量

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

public corporation

公団,公社

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

fraud

〈T〉詐欺,ごまかし,

〈C〉詐欺行為,不正手段,

〈C〉にせ物,まやかし物

〈C〉ぺてん師,くわせ者

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

undetected

見つけられない,発見されない

statistical

統計の,統計学上の

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

petty

『取るに足らない』,重要できない

『下級の』

心の強い,狭量な

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

shareholder

株主

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

bug

《米》昆虫,(一般に)虫;(特に)カデトムシ(beetle)

《おもに英》=bedbug

《話》病原菌

《話》(機械の)故障

《話》(病的な)熱狂家;《the ~》…熱

《話》隠しマイク

…‘に'隠しマイクを取リ付ける

《おもに米》…'を'悩ます,てこずらせる

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

association

〈U〉(…との)『交際』,付き合い《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,『共同』,関連《+『with』+『名』》

〈C〉組合,協会,会社

〈U〉連想;〈C〉《しばしば複数形で》連想されるもの

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

presidential

大統領の,会長の,社長の

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

especially

『特に』,特別に;きわだって

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

Switzerland

『スイス』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はBern)

rely

『あてにする』,たよる

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

despite

…『にもかかわらず』

temptation

〈U〉『誘惑』

〈C〉誘惑するもの

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

Michael

天使長ミカエル(旧約聖書「ダニエル書」)

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

whistle

『口笛を吹く』;口笛を吹いて合図する

『口笛のような音を出す』;笛を鳴らす;〈鳥が〉ピーピー鳴く

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈弾丸・風などが〉『ピューと音を立てて飛ぶ』,ヒューと吹く

〈曲など〉‘を'『口笛で吹く』

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘に'『口笛で合図をする』

〈矢・銃弾など〉‘を'ヒヴーと放つ

〈C〉『口笛;警笛』,汽笛;ホイッスル

〈U〉〈C〉(笛・風・鳥などの)ピューという音《+of+名》

Olympus

オリンポス山(『Mount』(『Mt.』)~;ギリシヤ北部の高峰;その山頂はギリシヤの神々住居と伝えられる)

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

friendship

〈U〉友情,親交

〈C〉交友,交際

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

journalist

ジャーナリスト

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

violation

(約束・法律などの)違反,無視《+of+名》

《おもに文》(静けさなどを)乱すこと;(権利などの)侵害

不敬,冒涜

《文》暴行

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

conviction

〈U〉〈C〉『確信』,自信

〈U〉《文》説得力,確信を抱かせること

〈U〉有罪宣告;〈C〉有罪判決

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

researcher

研究者,調査員

economist

経済学者

lawyer

『弁護士』;法律学者

tick

(時計まどの)カチカチ[という音]

《英語》瞬間

照合(点検)済みの印,チェック

<時計などが>カチカチ音がする《+away》

<時が>過ぎる,経過する∥+by(away)》

《話》<人が>行動する,<機械などが>動く

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

Adam

アダム(聖書によれば,神が天地を創造したとき,最初Adamをつくり,そのろっ骨の1本から最初の女Eveを造ったという)

smith

かじ屋;金属細工人

製造(製作)人

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

economics

《単数扱い》『経済学』

《複数扱い》(国・人の)経済状態

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

self-interest

私利,私欲;利己主義(selfishness) = self interest

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

narrowly

狭く,細く;限定して

かろうじて,危うく,やっと

綿密に,つぶさに

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

utility

〈U〉『役に立つこと』

〈C〉《しばしば複数形で》(ガス・電気・水道などの)『公益事業』

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

apologize

(人に…について)『わびる』,あやまる;言い訳する,弁解する《+『to』+『名』〈人〉+『for』(『about』)+『名』(do『ing』)》

(口頭・文書で)(…を)弁護する,弁明する《+『for』+『名』》

vegetarian

菜食主義者(道徳上または健康上の理由で魚・肉を食べず,野菜だけを食べる人)

菜食主義の

野菜だけの

laughter

『笑い』,笑い声

self-interested

利己主義な,手前かってな

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

sausage

『ソーセージ』,腸詰め

thereby

それによって(by that means)

それに関連して

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

tableware

《集合的に》卓上食器類(皿・ナイフ・フォーク・スプーンなど)

meant

meanの過去・過去分詞

disregard

…‘を'『無視する』,軽見する,なおざりにする

(…に対する)『無関心』,無視《+『of』(『for』)+『名』》

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

owner

『持ち主』,所有者

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

weigh

…‘の'『重さを計る』

〈ある重さ〉‘を'『計量する』,計る

(…と比較して)…‘を'『検討する』,考慮する〈+名 against+名〉

『重さがある』,目方がかかる

(…にとって)『重要である』,(‥に)重要糸される〈+with+名〉

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

bonus

ボーナス,特別手当;特別配当金

桂品,おまけ

《話》思いがけない喜び[を与えるもの]

payment

〈U〉(…の)『支払い』,納入《+『for』(『of』)+『名』》

〈C〉(…の)『支払金,支払物』《+『for』(『of』)+『名』》

〈U〉《時にa payment》(善または悪の)報い,報酬,罰《+『for』+『名』》

economic

『経済の』

『経済学の』

motivation

動機を与えること,動機づけ

align

…'を'一列に並べる,整列させる

(…と)…'を'提携させる,連合させる《+『名』+『with』+『名』》

一列に並ぶ

(…と)提携する《+『with』+『名』》

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

reputation

(人・物の)『評判』,世評

名声

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

baker

『パン屋』,パン焼き職人

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

bread

『パン』,食パン

(生名の糧(かて)として必要な)食物一般…生計・金・銭

benevolence

〈U〉善意,慈悲心,親切心

〈C〉《単数形で》親切な行為

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Zurich

チューリッヒ(スイス北部にある同国最大の都市)

Swiss

『スイス人』;《the ~》《集合的に》スイス人,スイス国民

『スイスの』;スイス人の

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

tax

〈C〉〈U〉(…に対する)税,税金《+on(upon)+名》

〈C〉《単数形で》(…にとっての)『重荷』,過酷な要求《+on(upon)+名》

〈物品・人〉‘に'『課税する』,税金をかける

…‘に'『重荷を負わせる,』負担をかける

(…の理由で)〈人〉‘を'責める《名〈人)+with+名(doing)》

evasion

〈U〉(攻撃などを)逃れること,(責任などの)回避《+『of』+『名』》

〈C〉逃げ口上,言い逃れ

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

coverage

(テレビ・ラジオ・新聞などの)報道;報道範囲

《a~おおう範囲;保険の補償範囲,補償金額

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

viewpoint

『観点』,見地,見解(point of view)

Kant

カント(『Immanuel~』;1724‐1804;ドイツの哲学者)

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

philosopher

『哲学者』;賢人

困難にも冷静(沈着)な人

superstar

(芸能・スポーツでの)スーパースター,超花形選手

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

tasty

(特に塩味ず)おいしい,味が良い

《話》(特に情報が)おもしろかい,興味がある

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

incentive

刺激,動機,誘因

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

hairdo

(特に女性の)髪の結い方,髪型

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

so-called

いわゆる,名ばかりの

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

strip

…‘を'『裸にする』;(…を)…からはぎ取って裸にする《+名+of+名》

(…から)…‘を'『取り去る』,はぎ取る《+名+off(+off+名)+from+名》

(権利・栄誉・持と物などを)〈人など〉‘から'『奪う』,剥奪する《+名〈人〉+of+名》

〈ボルト・ギア・ねじなど〉‘の'ねじ山をすり減らす

服を脱ぐ,裸になる《+off》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

coin

(1枚の)『硬貨』(金貨・銀貨・銅貨・ニッケル貨など);〈U〉《集合的に》貨幣,硬貨

〈貨幣〉'を'鋳造する

〈金属〉'を'(貨幣に)鋳造する《+『名』+『into』+『名』》

〈新語など〉'を'作り出す;〈理由など〉'を'でっちあげる

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

instruction

〈U〉(…の)『教育』,教授(teaching)《+『in』+『名』》

《複数形で》『命令』,指図(orders, directions);(…せよとの)命令《+『to』 do》

〈U〉(教えられた)知識,教訓

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

computer

『計算機』;『電子計算機』

terminal

『終りの』,末端の

毎期の,定期の;学期末の

『死に至る』,

末端

(電池の)端子

(町の中心に近い)空港バス発着場;(一般に,鉄道・バスの)終点,終着駅

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

tail

〈C〉『尾』,しっぽ

〈C〉『尾に似た物』;(飛行機・車の)尾部

〈C〉(…の)『後部』,末端,終り(底)の部分《+of+名》

〈C〉コインの裏側

《複数形で》燕尾(えんび)服(tail coat)

〈C〉《俗》しり,けつ

〈C〉《俗》尾行者

…‘に'尾をつける

《話》〈人〉‘を'尾行する

〈物・音が〉しだいに減ってゆく,消えてゆく《+away(off, out)》

rub

〈物の表面など〉‘を'『こする』,さする

(…に)…‘を'こすりつける《+名+『against(on, over)』+名》;(…に)…‘を'すりこむ《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈二つの物〉‘を'こすり合わせる《+『名』+『together,』+『together』+『名』》

‥‘を'こすり落とす《+『名』+『away』(『off』)『,』+『away』(『off』)+『名』》

…‘を'すりむく,ひりひりさせる

(…の表面を)『こする』,すれる《+『against』(『on』)+『名』》;〈二つの物が〉こすれ合う《+『together』》

《単数形で》こすること

当てこすり

《the rub》やっかいな事,困難

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

franc

フラン(フランス・ベルギー・スイスなどの貨幣単位)

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

anonymous

作者不明の

名を伏せた,匿名の

名もない,人に知られていない

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

lab

実験室(laboratory)

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

reminder

思い出させる人(もの);(思い出させるための)助言;催促状

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

probability

〈U〉『ありそうなこと』,起こりそうなこと,見込み,公算(likelihood)

〈C〉ありそうな(起こりそうな)事件(結果)

〈U〉(数学で)確率;(哲学で)蓋然(がいぜん)性

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

extremely

『極端に』,非常に過度に

unlikely

《補語にのみ用いて》『ありそうもない』,考えられない

うまくいきそうもない,見込み(将来性)のない

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

intrinsic

(価値・質などが)本質的な,本来備わった

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

uphold

『…‘を'支える』,持ち上げる

『…‘を'支持する』,弁護する(support)

〈判決など〉‘を'確認する,支持する(confirm)

withstand

…‘に'『抵抗して耐える』,持ちこたえる,‘を'がまんする

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

beloved

最愛の,非常に愛されている

《文》《詩》最愛の人,愛する人

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

violate

〈約束・法律・条約など〉‘を'『破る』,犯す

《おもに文》〈静けさなど〉‘を'乱す,妨害する

〈神聖なもの〉‘を'汚す

《文》《遠回しに》〈女性〉‘に'暴行を加える、強姦する(rape)

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

deviation

〈C〉〈U〉(…から)外れること,(…からの)脱線,逸脱《+『from』+『名』》

〈C〉偏差;磁針の自差

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

discount

(手形・商品の)『割引』[額]

〈手形・料金〉‘を'『割引する』,〈商品〉‘を'割り引いて売る

〈話・見解など〉‘を'割り引いて聞く,軽視する

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

cent

〈C〉『セント』(1ドルの1

100;米国・カナダの貨幣単位;《略》¢)

〈C〉1セント銅貨

〈U〉(単位としての)100

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

leverage

てこの作用(力)

てこ入れ,影響力

richness

豊かさ,富裕;豊富,じゅうぶんなこと

(土地など)産出力の多いこと,肥沃(ひよく)

貴重,高価,ぜいたく

(声の)張り;(色の)あざやかさ;(においが)強い;(味が)こくのあること

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

desirable

『望ましい』,好ましい

(特に)性的欲望を起こさせるような,魅力たっぷりの

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

competency

=competence

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

nurture

…‘を'養う,養育する

…‘を'発展させる,伸ばす

食物,栄養物

《文》養育,養成

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

women

woman の複数形

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画