TED日本語 - ジャスティン・デイビッドソン: なぜ輝くガラスの高層ビルが都市生活に悪いのか

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

建築評論家のジャスティン・デイビッドソンは、今、私たちの都市で奇妙な変化が起こりつつあると言います。テキサス州のヒューストンから、中国の広州まで、コンクリートと鉄ででき全面をガラスで覆われた輝く高層ビルが、侵入生物種のように急激に広まっているのです。皆さんが住んでいる都市のあり方を再考してみましょう。デイビッドソンは、建物の外観がいかに都市生活を形づくるか、そして、使える素材がたくさんあるのにそれを生かすのをやめた時、私たちが何を失うのか説明します。

Script

今晩 この会場に来てみたら まわりの人が皆 ほぼ同じ姿かたちをしていた ― そんな光景を想像してみてください 年齢や人種を感じさせない人たちで 概ね 良い顔立ちをしています 隣に座っている人は とても変わった内面の 持ち主かもしれませんが 見当もつきません 皆 終始 型を押したように 無表情なのですから これが 今 都市で起こりつつある 気味の悪い変化です ただ それが人ではなく 建物というだけです

都市というものは 凹凸や陰影、質感、色で あふれているものです 際立った個性や特徴の建築物の外観を まだ目にできる場所もあります リガのアパート イエメンのアパート ウィーンの公共住宅 アリゾナ州のホピ族の村 ニューヨークのブラウンストーン サンフランシスコの木造住宅などです これらは宮殿や教会ではなく ただ普通の住宅ですが 都市に当たり前にある素晴らしさを 体現しています なぜそうなるかと言えば 住まいへの欲求は 美を求める人間の欲望と 深く結びついているからです 外面のデコボコのお陰で 私たちは都市に触れることができます 例えば ブロックや石にそって 指を走らせることで 街を感じられるでしょう

でも それが難しくなってきています 都市が のっぺりとしてきているのです 新しいダウンタウンに急成長する高層ビルは たいてい どれも コンクリートと鉄でできていて ガラスで覆われています 世界各地の街中で 空を見上げてみてください ヒューストン 広州 フランクフルト ― どこの地平線にも ギラギラ輝く ロボットのような建物の一軍が 立ち並んでいるはずです さまざまな資材が使えるのに 建築家がそれを活用するのを止めたら 私たちは何を失うのか考えてみてください もし花崗岩や石灰岩、砂岩 木や銅、テラコッタやレンガや 編み枝、しっくいをなくしたら 建物は単調になり 都市は豊かさを失ってしまいます ちょうど世界中の料理を ざっくり まとめこんで 機内食にしてしまうようなものです

(笑)

チキンか パスタ どちら?

でも さらに悪いことに こちらのモスクワのように ガラスの高層ビルが集まると 都市生活の市民的、地域社会的な側面が 蔑ろにされることにもなります こうした建物は その所有者や入居者に資するように設計されたもので それ以外の私たち 建物の間を行き交う人たちの 生活までは 必ずしも考えられていないのです 誰もお金を払うわけではありませんから 輝く高層ビルは侵入種で 私たちの都市を窒息させ 公共スペースを殺しかけています 建物のファサード(外装)は いわばお化粧のようなもの つまり すでに完成した建物に さらに施された装飾と考えがちです でも ファサードが 表面的なものだからといって 深みがないわけではありません

例を挙げましょう 都市の外観が そこに住む人の生活に どう影響するかご紹介します スペインのサラマンカに訪問したとき 私は マヨール広場に惹きつけられました それも一日中です 早朝には ファサードに差し込む 太陽の光が くっきりとした影を落とし 夜になれば ランプの光が建物を何百もの さまざまな区画に分けます バルコニーや窓、アーケード 各々の箇所が 違った見え方をします その緻密で深遠なる美しさで 広場は 劇場のようになります 何世代もの人が集える ステージになるのです 敷石に寝そべる若者もいれば ベンチを占領するお年寄りもいて 実生活がまるで オペラの舞台セットのように見えます サラマンカで幕開きというわけです 今は 建物の外観に焦点を当てて お話ししているので 形式や機能、構造には 触れていませんが それでも こうした建物の外装は 私たちの生活に彩りを与えるのです 建物は そのまわりに 空間を創り出し その空間が人々を引き寄せたり 突き放したりするからです 多くの場合 建物の外観の質によって そこに違いが出てきます

サラマンカのメイヨール広場の 現代版の一つとして パリのラ・デファンス地区があります ガラスに囲まれた 吹きさらしの開放空間を 会社員たちが足早に 地下鉄の駅から職場へと 通り過ぎて行きますが それ以外で わざわざ そこで過ごす人はいません 1980年代初め 建築家のフィリップ・ジョンソンは ピッツバーグに 優雅なヨーロッパ風の 広場の再現を試みました こちらがPPGプレイスです 2千平方メートルの空間を 反射ガラスでできた商業ビルが 取り囲んでいます これらの建物は 金属の縁や仕切りで装飾が施され いくつものゴシック様式の小塔が 空によく映えます でも地上に立って見ると その広場はまるで 黒いガラスの檻のようです もちろん夏になれば 子どもたちが噴水を通り抜けて かけまわり 冬にはスケート場ができます しかし 人々がゆったり集うような 気楽さに欠けています とにかく ただそこに集い 語らいたいと思える場所ではないのです

公共空間の成否には さまざまな要因があります 建築は その一つにすぎません でも 重要な要因です 最近の広場で言えば メルボルンのフェデレーション・スクエア コペンハーゲンのスーパーキーレンが 成功していますが それは 古さと新しさ 荒々しさと滑らかさ 中間色と鮮やかな色を組み合わせ さらにガラスに 過度に依存していないからです

とはいえ ガラスに反対 というわけではありません ガラスは古くからある万能の素材で 製造や輸送が容易で 設置や取り換えもしやすく さらに清潔です どんな形にもなります 巨大で 透過性が非常に高い板から 半透明のブロックまで 新しいコーティングをすれば 光の加減によって 雰囲気も変えられます ニューヨークなどの物価の高い都市では ガラスには 魔法の力があり 眺望を生み出すことで 不動産価値を何倍にもできます 実際 べらぼうに高い値段を 正当化するために 不動産屋が使える唯一の武器です

19世紀の半ばに ロンドンで水晶宮が 建てられたのを受け ガラスは 典型的な近代的素材の トップに躍り出ました 20世紀半ばまでには ガラスが アメリカのいくつかの都市で 街中を席巻し始めます 大きな要因となったのが 目を見張るようなオフィスビルの誕生で SOM設計のマンハッタン区ミッドタウンの リーバ・ハウスなどがあります 技術が進歩した結果 建築家は 周りに溶け込んでしまうくらい 透明な構造を 設計できるまでになりました その過程で 高層ビルの集まる都市では ガラスを使うのが標準になりました それには 深い理由があります 世界の人口が 都市に集中するなか 恵まれない人たちは 安普請の低所得者向け地区に集まります でも 何億もの人が住むアパートや 働く場所をまかなう巨大なビルを 作ろうと思ったら 高層ビルを建てて 安価で実用的な カーテンウォールで覆うのが 理にかなっているのです

でも ガラスは 表現力に限界があります こちらは 広場を囲う壁の一部で メキシコ南部の 古代都市 ミトラにあります 2千年前の数々の彫刻を見れば 儀式で非常に重要な場所だったことが はっきり分かります 今 見ても 歴史的継続性と質感の連続性を 感じられるところがあります 彫刻やそれを取り囲む山々と 廃墟の頂上にたたずむ 遺跡から略奪された石で作られた教会との間に つながる連続性が見えます 近くのオアハカでは 普通のしっくいの建物でさえ キャンバスとなり 鮮やかな色や政治的な壁画 精緻なグラフィックアートで彩られています こうした精細で意思疎通のできる言語も ガラスが蔓延すれば 一掃されてしまいます

良いニュースもあります 建築家や開発者たちが 素材の質感を再び楽しみ始めたのです それも近代化から後退することなくです ブロックやテラコッタといった 古い素材について 革新的な使い方を 見つけた人たちもいますし また新しい物を作り出した人もいます 例えば スノヘッタ建築事務所が サンフランシスコ近代美術館に さざ波状の彫刻のような 風合いを出すのに使った 成型パネルがそうです 建築家のステファノ・ボエリは 生きたファサードまで作りました これがその作品 ミラノの一対の高層ビル 「ボスコ・ヴェルティカーレ(垂直の森)」です 緑が 最も目立つ特徴となっています ボエリは 中国南京にも 同じようなものを設計しています 緑のファサードがガラスのビルと同じように 広まったとしたら 中国の都市の空気が どれだけ きれいになることでしょう

でも実際は こうしたものは ほぼ1回限りの 小規模な専門型のプロジェクトで 簡単に世界規模で 複製できるものではありません でも そこが大事なのです 地元色のある素材を使えば どの都市も同じに見えることはなくなります ニューヨークと銅との関わりは古く 自由の女神 ウールワースビルの先端に銅が使われ その後 長いこと廃れていましたが SHoPアーキテクツ社が イースト川沿いの アメリカン・コッパー・ビルという ねじれた形の 一対の高層ビルを 銅で覆いました まだ完成していませんが それでも 夕日が照らす 金属質のファサードはこんな様子で これから年とともに 青みを帯びていくでしょう

建物は 人のようなものです 「顔」に それまでの経験が表れます そこが重要なところでもあります なぜなら ガラスは古くなっても 取り換えればすむので ビルは ずっと ほぼ変わらない外観となり 破壊されるまでそのままです ガラス以外であれば ほぼ どの素材でも 歴史や過去の記憶を受け止め それを現在へと投影することができます 設計事務所 Ennead(エネッド)は ソルトレイクシティのユタ自然史博物館を 銅と亜鉛で覆いました 使われた金属は その地域で150年前に 採掘されたものであり 建物を黄土色の丘に溶け込ませ カモフラージュする形になっています そうすることで 地域の自然史を反映した ― 自然史博物館としたのです 中国人でプリツカー賞受賞者の ワン・シュウは 寧波に歴史博物館を建設した時 彼は ただ過去を包み込むものを 創り出しただけでなく 記憶を壁に埋め込んだのです 廃村となった村々から 回収してきたブロックや石 屋根板を使ったのです

さて 建築家は ガラスも同じように 詩的で独創的な形で 使うことができます ここニューヨークにある2つのビル ジャン・ヌーヴェルのビルと フランク・ゲーリーのビルは 西19番街をはさんで対峙していますが 2つのビルが打ち返し合う光の動きは まるで光の交響曲のようです でも 都市が成長するにつれて ガラスが標準になると 鏡の間になってしまい 人を不安にさせ 冷たい印象も与えます 結局のところ 都市は 多様性が凝縮された場所であり そこで 世界中の文化や 言語 生活習慣が 集結し混じり合うのです その変化に富んだ多様性をすべて ひどく単調なビル群に 閉じ込めてしまうよりも 幅広い都市経験を讃えるような建築が 必要なのではないでしょうか

ありがとうございました

(拍手)

Imagine that when you walked in here this evening, you discovered that everybody in the room looked almost exactly the same: ageless, raceless, generically good-looking. That person sitting right next to you might have the most idiosyncratic inner life, but you don't have a clue because we're all wearing the same blank expression all the time. That is the kind of creepy transformation that is taking over cities, only it applies to buildings, not people.

Cities are full of roughness and shadow, texture and color. You can still find architectural surfaces of great individuality and character in apartment buildings in Riga and Yemen, social housing in Vienna, Hopi villages in Arizona, brownstones in New York, wooden houses in San Francisco. These aren't palaces or cathedrals. These are just ordinary residences expressing the ordinary splendor of cities. And the reason they're like that is that the need for shelter is so bound up with the human desire for beauty. Their rough surfaces give us a touchable city. Right? Streets that you can read by running your fingers over brick and stone.

But that's getting harder to do, because cities are becoming smooth. New downtowns sprout towers that are almost always made of concrete and steel and covered in glass. You can look at skylines all over the world -- Houston, Guangzhou, Frankfurt -- and you see the same army of high-gloss robots marching over the horizon. Now, just think of everything we lose when architects stop using the full range of available materials. When we reject granite and limestone and sandstone and wood and copper and terra-cotta and brick and wattle and plaster, we simplify architecture and we impoverish cities. It's as if you reduced all of the world's cuisines down to airline food.

(Laughter)

Chicken or pasta?

But worse still, assemblies of glass towers like this one in Moscow suggest a disdain for the civic and communal aspects of urban living. Right? Buildings like these are intended to enrich their owners and tenants, but not necessarily the lives of the rest of us, those of us who navigate the spaces between the buildings. And we expect to do so for free. Shiny towers are an invasive species and they are choking our cities and killing off public space. We tend to think of a facade as being like makeup, a decorative layer applied at the end to a building that's effectively complete. But just because a facade is superficial doesn't mean it's not also deep.

Let me give you an example of how a city's surfaces affect the way we live in it. When I visited Salamanca in Spain, I gravitated to the Plaza Mayor at all hours of the day. Early in the morning, sunlight rakes the facades, sharpening shadows, and at night, lamplight segments the buildings into hundreds of distinct areas, balconies and windows and arcades, each one a separate pocket of visual activity. That detail and depth, that glamour gives the plaza a theatrical quality. It becomes a stage where the generations can meet. You have teenagers sprawling on the pavers, seniors monopolizing the benches, and real life starts to look like an opera set. The curtain goes up on Salamanca. So just because I'm talking about the exteriors of buildings, not form, not function, not structure, even so those surfaces give texture to our lives, because buildings create the spaces around them, and those spaces can draw people in or push them away. And the difference often has to do with the quality of those exteriors.

So one contemporary equivalent of the Plaza Mayor in Salamanca is the Place de la Defense in Paris, a windswept, glass-walled open space that office workers hurry through on the way from the metro to their cubicles but otherwise spend as little time in as possible. In the early 1980s, the architect Philip Johnson tried to recreate a gracious European plaza in Pittsburgh. This is PPG Place, a half acre of open space encircled by commercial buildings made of mirrored glass. And he ornamented those buildings with metal trim and bays and Gothic turrets which really pop on the skyline. But at ground level, the plaza feels like a black glass cage. I mean, sure, in summertime kids are running back and forth through the fountain and there's ice-skating in the winter, but it lacks the informality of a leisurely hangout. It's just not the sort of place you really want to just hang out and chat.

Public spaces thrive or fail for many different reasons. Architecture is only one, but it's an important one. Some recent plazas like Federation Square in Melbourne or Superkilen in Copenhagen succeed because they combine old and new, rough and smooth, neutral and bright colors, and because they don't rely excessively on glass.

Now, I'm not against glass. It's an ancient and versatile material. It's easy to manufacture and transport and install and replace and clean. It comes in everything from enormous, ultraclear sheets to translucent bricks. New coatings make it change mood in the shifting light. In expensive cities like New York, it has the magical power of being able to multiply real estate values by allowing views, which is really the only commodity that developers have to offer to justify those surreal prices.

In the middle of the 19th century, with the construction of the Crystal Palace in London, glass leapt to the top of the list of quintessentially modern substances. By the mid-20th century, it had come to dominate the downtowns of some American cities, largely through some really spectacular office buildings like Lever House in midtown Manhattan, designed by Skidmore, Owings and Merrill. Eventually, the technology advanced to the point where architects could design structures so transparent they practically disappear. And along the way, glass became the default material of the high-rise city, and there's a very powerful reason for that. Because as the world's populations converge on cities, the least fortunate pack into jerry-built shantytowns. But hundreds of millions of people need apartments and places to work in ever-larger buildings, so it makes economic sense to put up towers and wrap them in cheap and practical curtain walls.

But glass has a limited ability to be expressive. This is a section of wall framing a plaza in the pre-Hispanic city of Mitla, in southern Mexico. Those 2, 000-year-old carvings make it clear that this was a place of high ritual significance. Today we look at those and we can see a historical and textural continuity between those carvings, the mountains all around and that church which is built on top of the ruins using stone plundered from the site. In nearby Oaxaca, even ordinary plaster buildings become canvasses for bright colors, political murals and sophisticated graphic arts. It's an intricate, communicative language that an epidemic of glass would simply wipe out.

The good news is that architects and developers have begun to rediscover the joys of texture without backing away from modernity. Some find innovative uses for old materials like brick and terra-cotta. Others invent new products like the molded panels that Snohetta used to give the San Francisco Museum of Modern Art that crinkly, sculptural quality. The architect Stefano Boeri even created living facades. This is his Vertical Forest, a pair of apartment towers in Milan, whose most visible feature is greenery. And Boeri is designing a version of this for Nanjing in China. And imagine if green facades were as ubiquitous as glass ones how much cleaner the air in Chinese cities would become.

But the truth is that these are mostly one-offs, boutique projects, not easily reproduced at a global scale. And that is the point. When you use materials that have a local significance, you prevent cities from all looking the same. Copper has a long history in New York -- the Statue of Liberty, the crown of the Woolworth Building -- but it fell out of fashion for a long time until SHoP Architects used it to cover the American Copper Building, a pair of twisting towers on the East River. It's not even finished and you can see the way sunset lights up that metallic facade, which will weather to green as it ages.

Buildings can be like people. Their faces broadcast their experience. And that's an important point, because when glass ages, you just replace it, and the building looks pretty much the same way it did before until eventually it's demolished. Almost all other materials have the ability to absorb infusions of history and memory, and project it into the present. The firm Ennead clad the Utah Natural History Museum in Salt Lake City in copper and zinc, ores that have been mined in the area for 150 years and that also camouflage the building against the ochre hills so that you have a natural history museum that reflects the region's natural history. And when the Chinese Pritzker Prize winner Wang Shu was building a history museum in Ningbo, he didn't just create a wrapper for the past, he built memory right into the walls by using brick and stones and shingles salvaged from villages that had been demolished.

Now, architects can use glass in equally lyrical and inventive ways. Here in New York,two buildings,one by Jean Nouvel and this one by Frank Gehry face off across West 19th Street, and the play of reflections that they toss back and forth is like a symphony in light. But when a city defaults to glass as it grows, it becomes a hall of mirrors, disquieting and cold. After all, cities are places of concentrated variety where the world's cultures and languages and lifestyles come together and mingle. So rather than encase all that variety and diversity in buildings of crushing sameness, we should have an architecture that honors the full range of the urban experience.

Thank you.

(Applause)

Imagine/ that/ when you walked in here/ this evening,/ you discovered/ that everybody/ in the room looked almost exactly the same:/ ageless, raceless,/ generically good-looking.//

今晩 この会場に来てみたら まわりの人が皆 ほぼ同じ姿かたちをしていた ― そんな光景を想像してみてください 年齢や人種を感じさせない人たちで 概ね 良い顔立ちをしています

That person/ sitting right/ next to you might have the most idiosyncratic inner life,/ but you don't have a clue/ because we're all/ wearing the same blank expression/ all the time.//

隣に座っている人は とても変わった内面の 持ち主かもしれませんが 見当もつきません 皆 終始 型を押したように 無表情なのですから

That is the kind of creepy transformation/ that is taking over/ cities,/ only/ it applies to buildings,/ not people.//

これが 今 都市で起こりつつある 気味の悪い変化です ただ それが人ではなく 建物というだけです

Cities are full of roughness and shadow,/ texture and color.//

都市というものは 凹凸や陰影、質感、色で あふれているものです

You can still find architectural surfaces of great individuality and character/ in apartment buildings/ in Riga and Yemen,/ social housing/ in Vienna,/ Hopi villages/ in Arizona,/ brownstones/ in New York,/ wooden houses/ in San Francisco.//

際立った個性や特徴の建築物の外観を まだ目にできる場所もあります リガのアパート イエメンのアパート ウィーンの公共住宅 アリゾナ州のホピ族の村 ニューヨークのブラウンストーン サンフランシスコの木造住宅などです

These aren't palaces or cathedrals.//

これらは宮殿や教会ではなく

These are just ordinary residences/ expressing the ordinary splendor of cities.//

ただ普通の住宅ですが 都市に当たり前にある素晴らしさを 体現しています

And the reason/ they're like that is/ that the need/ for shelter is so bound up/ with the human desire/ for beauty.//

なぜそうなるかと言えば 住まいへの欲求は 美を求める人間の欲望と 深く結びついているからです

Their rough surfaces give us/ a touchable city.//

外面のデコボコのお陰で 私たちは都市に触れることができます

Right?// Streets/ that you can read by running your fingers/ over brick and stone.//

例えば ブロックや石にそって 指を走らせることで 街を感じられるでしょう

But that's getting harder/ to do,/ because cities are becoming smooth.//

でも それが難しくなってきています 都市が のっぺりとしてきているのです

New downtowns sprout towers/ that are almost always made of concrete and steel/ and covered in glass.//

新しいダウンタウンに急成長する高層ビルは たいてい どれも コンクリートと鉄でできていて ガラスで覆われています

You can look at skylines all/ over the world --/ Houston,/ Guangzhou,/ Frankfurt --/ and you see the same army of high-gloss robots/ marching over the horizon.//

世界各地の街中で 空を見上げてみてください ヒューストン 広州 フランクフルト ― どこの地平線にも ギラギラ輝く ロボットのような建物の一軍が 立ち並んでいるはずです

Now,/ just think of everything/ we lose/ when architects stop using/ the full range of available materials.//

さまざまな資材が使えるのに 建築家がそれを活用するのを止めたら 私たちは何を失うのか考えてみてください

When we reject granite and limestone and sandstone and wood and copper and terra-cotta and brick and wattle and plaster,/ we simplify architecture/ and we impoverish cities.//

もし花崗岩や石灰岩、砂岩 木や銅、テラコッタやレンガや 編み枝、しっくいをなくしたら 建物は単調になり 都市は豊かさを失ってしまいます

It's/ as if you reduced all of the world's cuisines down/ to airline food.//

ちょうど世界中の料理を ざっくり まとめこんで 機内食にしてしまうようなものです

(笑)

チキンか パスタ どちら?

But worse still,/ assemblies of glass towers/ like this one/ in Moscow suggest a disdain/ for the civic and communal aspects of urban living.//

でも さらに悪いことに こちらのモスクワのように ガラスの高層ビルが集まると 都市生活の市民的、地域社会的な側面が 蔑ろにされることにもなります

Right?// Buildings/ like these are intended to enrich/ their owners and tenants,/ but not necessarily/ the lives of the rest of us,/ those of us/ who navigate the spaces/ between the buildings.//

こうした建物は その所有者や入居者に資するように設計されたもので それ以外の私たち 建物の間を行き交う人たちの 生活までは 必ずしも考えられていないのです

And we expect to do so/ for free.//

誰もお金を払うわけではありませんから

Shiny towers are an invasive species/ and they are choking our cities/ and killing off/ public space.//

輝く高層ビルは侵入種で 私たちの都市を窒息させ 公共スペースを殺しかけています

We tend to think/ of a facade/ as being like makeup,/ a decorative layer applied at the end/ to a building/ that's effectively complete.//

建物のファサード(外装)は いわばお化粧のようなもの つまり すでに完成した建物に さらに施された装飾と考えがちです

But/ just because a facade is/ superficial doesn't mean it's not also deep.//

でも ファサードが 表面的なものだからといって 深みがないわけではありません

Let me give you/ an example of how a city's surfaces affect the way/ we live in it.//

例を挙げましょう 都市の外観が そこに住む人の生活に どう影響するかご紹介します

When I visited Salamanca/ in Spain,/ I gravitated to the Plaza Mayor/ at all hours of the day.//

スペインのサラマンカに訪問したとき 私は マヨール広場に惹きつけられました それも一日中です

Early/ in the morning,/ sunlight rakes the facades,/ sharpening shadows, and/ at night,/ lamplight segments/ the buildings/ into hundreds of distinct areas,/ balconies and windows and arcades,/ each one/ a separate pocket of visual activity.//

早朝には ファサードに差し込む 太陽の光が くっきりとした影を落とし 夜になれば ランプの光が建物を何百もの さまざまな区画に分けます バルコニーや窓、アーケード 各々の箇所が 違った見え方をします

That detail and depth,/ that glamour gives the plaza/ a theatrical quality.//

その緻密で深遠なる美しさで 広場は 劇場のようになります

It becomes a stage/ where the generations can meet.//

何世代もの人が集える ステージになるのです

You have teenagers/ sprawling on the pavers,/ seniors/ monopolizing the benches,/ and real life starts to look/ like an opera set.//

敷石に寝そべる若者もいれば ベンチを占領するお年寄りもいて 実生活がまるで オペラの舞台セットのように見えます

The curtain goes up/ on Salamanca.//

サラマンカで幕開きというわけです

So just/ because I'm talking/ about the exteriors of buildings,/ not form, not function, not structure,/ even/ so those surfaces give texture/ to our lives,/ because buildings create the spaces/ around them,/ and those spaces can draw people/ in or push them away.//

今は 建物の外観に焦点を当てて お話ししているので 形式や機能、構造には 触れていませんが それでも こうした建物の外装は 私たちの生活に彩りを与えるのです 建物は そのまわりに 空間を創り出し その空間が人々を引き寄せたり 突き放したりするからです

And the difference often has to do/ with the quality of those exteriors.//

多くの場合 建物の外観の質によって そこに違いが出てきます

So one contemporary equivalent of the Plaza Mayor/ in Salamanca is the Place de la Defense/ in Paris,/ a windswept, glass-walled open space/ that office workers hurry through/ on the way/ from the metro/ to their cubicles/ but otherwise spend as little time/ in as possible.//

サラマンカのメイヨール広場の 現代版の一つとして パリのラ・デファンス地区があります ガラスに囲まれた 吹きさらしの開放空間を 会社員たちが足早に 地下鉄の駅から職場へと 通り過ぎて行きますが それ以外で わざわざ そこで過ごす人はいません

In the early 1980s,/ the architect Philip Johnson tried to recreate/ a gracious European plaza/ in Pittsburgh.//

1980年代初め 建築家のフィリップ・ジョンソンは ピッツバーグに 優雅なヨーロッパ風の 広場の再現を試みました

This is PPG Place,/ a half acre of open space encircled by commercial buildings made of mirrored glass.//

こちらがPPGプレイスです 2千平方メートルの空間を 反射ガラスでできた商業ビルが 取り囲んでいます

And he ornamented those buildings/ with metal trim and bays/ and Gothic turrets/ which really pop on the skyline.//

これらの建物は 金属の縁や仕切りで装飾が施され いくつものゴシック様式の小塔が 空によく映えます

But at ground level,/ the plaza feels/ like a black glass cage.//

でも地上に立って見ると その広場はまるで 黒いガラスの檻のようです

I mean,/ sure,/ in summertime kids are running back and forth/ through the fountain/ and there's ice-skating/ in the winter,/ but it lacks the informality of a leisurely hangout.//

もちろん夏になれば 子どもたちが噴水を通り抜けて かけまわり 冬にはスケート場ができます しかし 人々がゆったり集うような 気楽さに欠けています

It's just not the sort of place/ you really want to just hang out and chat.//

とにかく ただそこに集い 語らいたいと思える場所ではないのです

Public spaces thrive or fail/ for many different reasons.//

公共空間の成否には さまざまな要因があります

Architecture is only one,/ but it's an important one.//

建築は その一つにすぎません でも 重要な要因です

Some recent plazas/ like Federation Square/ in Melbourne or Superkilen/ in Copenhagen succeed/ because they combine old and/ new, rough and smooth, neutral and bright colors,/ and/ because they don't rely excessively/ on glass.//

最近の広場で言えば メルボルンのフェデレーション・スクエア コペンハーゲンのスーパーキーレンが 成功していますが それは 古さと新しさ 荒々しさと滑らかさ 中間色と鮮やかな色を組み合わせ さらにガラスに 過度に依存していないからです

Now,/ I'm not against glass.//

とはいえ ガラスに反対 というわけではありません

ガラスは古くからある万能の素材で

It's easy/ to manufacture and transport/ and install and replace/ and clean.//

製造や輸送が容易で 設置や取り換えもしやすく さらに清潔です

It comes in everything/ from enormous, ultraclear sheets to translucent bricks.//

どんな形にもなります 巨大で 透過性が非常に高い板から 半透明のブロックまで

New coatings make/ it change mood/ in the shifting light.//

新しいコーティングをすれば 光の加減によって 雰囲気も変えられます

In expensive cities/ like New York,/ it has the magical power of being able to multiply real estate values/ by allowing views,/ which is really the only commodity/ that developers have to offer to justify/ those surreal prices.//

ニューヨークなどの物価の高い都市では ガラスには 魔法の力があり 眺望を生み出すことで 不動産価値を何倍にもできます 実際 べらぼうに高い値段を 正当化するために 不動産屋が使える唯一の武器です

In the middle of the 19th century,/ with the construction of the Crystal Palace/ in London,/ glass leapt/ to the top of the list of quintessentially modern substances.//

19世紀の半ばに ロンドンで水晶宮が 建てられたのを受け ガラスは 典型的な近代的素材の トップに躍り出ました

By the mid-20th century,/ it had come to dominate/ the downtowns of some American cities,/ largely/ through some really spectacular office buildings/ like Lever House/ in midtown Manhattan,/ designed by Skidmore, Owings and Merrill.//

20世紀半ばまでには ガラスが アメリカのいくつかの都市で 街中を席巻し始めます 大きな要因となったのが 目を見張るようなオフィスビルの誕生で SOM設計のマンハッタン区ミッドタウンの リーバ・ハウスなどがあります

Eventually,/ the technology advanced to the point/ where architects could design structures so transparent/ they practically disappear.//

技術が進歩した結果 建築家は 周りに溶け込んでしまうくらい 透明な構造を 設計できるまでになりました

And along the way,/ glass became the default material of the high-rise city,/ and there's a very powerful reason/ for that.//

その過程で 高層ビルの集まる都市では ガラスを使うのが標準になりました それには 深い理由があります

Because as the world's populations converge on cities,/ the least fortunate pack/ into jerry-built shantytowns.//

世界の人口が 都市に集中するなか 恵まれない人たちは 安普請の低所得者向け地区に集まります

But hundreds of millions of people need apartments and places/ to work in ever-larger buildings,/ so it makes economic sense/ to put up/ towers/ and wrap them/ in cheap and practical curtain walls.//

でも 何億もの人が住むアパートや 働く場所をまかなう巨大なビルを 作ろうと思ったら 高層ビルを建てて 安価で実用的な カーテンウォールで覆うのが 理にかなっているのです

But glass has a limited ability/ to be expressive.//

でも ガラスは 表現力に限界があります

This is a section of wall/ framing a plaza/ in the pre-Hispanic city of Mitla,/ in southern Mexico.//

こちらは 広場を囲う壁の一部で メキシコ南部の 古代都市 ミトラにあります

Those 2,/ 000-year-old carvings make it clear/ that this was a place of high ritual significance.//

2千年前の数々の彫刻を見れば 儀式で非常に重要な場所だったことが はっきり分かります

Today/ we look at those/ and we can see a historical and textural continuity/ between those carvings,/ the mountains/ all around and/ that church/ which is built on top of the ruins/ using stone plundered from the site.//

今 見ても 歴史的継続性と質感の連続性を 感じられるところがあります 彫刻やそれを取り囲む山々と 廃墟の頂上にたたずむ 遺跡から略奪された石で作られた教会との間に つながる連続性が見えます

近くのオアハカでは 普通のしっくいの建物でさえ キャンバスとなり 鮮やかな色や政治的な壁画 精緻なグラフィックアートで彩られています

It's an intricate, communicative language/ that an epidemic of glass would simply wipe out.//

こうした精細で意思疎通のできる言語も ガラスが蔓延すれば 一掃されてしまいます

The good news is/ that architects and developers have begun to rediscover/ the joys of texture/ without backing away/ from modernity.//

良いニュースもあります 建築家や開発者たちが 素材の質感を再び楽しみ始めたのです それも近代化から後退することなくです

Some find innovative uses/ for old materials/ like brick and terra-cotta.//

ブロックやテラコッタといった 古い素材について 革新的な使い方を 見つけた人たちもいますし

Others invent new products/ like the molded panels/ that Snohetta used to give/ the San Francisco Museum of Modern Art/ that crinkly,/ sculptural quality.//

また新しい物を作り出した人もいます 例えば スノヘッタ建築事務所が サンフランシスコ近代美術館に さざ波状の彫刻のような 風合いを出すのに使った 成型パネルがそうです

The architect Stefano Boeri even created living facades.//

建築家のステファノ・ボエリは 生きたファサードまで作りました

This is his Vertical Forest,/ a pair of apartment towers/ in Milan,/ whose most visible feature is greenery.//

これがその作品 ミラノの一対の高層ビル 「ボスコ・ヴェルティカーレ(垂直の森)」です 緑が 最も目立つ特徴となっています

And Boeri is designing a version of this/ for Nanjing/ in China.//

ボエリは 中国南京にも 同じようなものを設計しています

And imagine/ if green facades were as ubiquitous/ as glass ones/ how much cleaner/ the air/ in Chinese cities would become.//

緑のファサードがガラスのビルと同じように 広まったとしたら 中国の都市の空気が どれだけ きれいになることでしょう

But the truth is/ that these are mostly one-offs, boutique projects, not easily reproduced at a global scale.//

でも実際は こうしたものは ほぼ1回限りの 小規模な専門型のプロジェクトで 簡単に世界規模で 複製できるものではありません

And that is the point.//

でも そこが大事なのです

When you use materials/ that have a local significance,/ you prevent cities/ from all looking the same.//

地元色のある素材を使えば どの都市も同じに見えることはなくなります

Copper has a long history/ in New York --/ the Statue of Liberty,/ the crown of the Woolworth Building --/ but it fell out of fashion/ for a long time/ until SHoP Architects used it/ to cover the American Copper Building,/ a pair of twisting towers/ on the East River.//

ニューヨークと銅との関わりは古く 自由の女神 ウールワースビルの先端に銅が使われ その後 長いこと廃れていましたが SHoPアーキテクツ社が イースト川沿いの アメリカン・コッパー・ビルという ねじれた形の 一対の高層ビルを 銅で覆いました

It's not even finished/ and you can see the way sunset lights up/ that metallic facade,/ which will weather to green/ as it/ ages.//

まだ完成していませんが それでも 夕日が照らす 金属質のファサードはこんな様子で これから年とともに 青みを帯びていくでしょう

Buildings can be like people.//

建物は 人のようなものです

「顔」に それまでの経験が表れます

And that's an important point,/ because/ when glass ages,/ you just replace it,/ and the building looks pretty much the same way/ it did before/ until eventually/ it's demolished.//

そこが重要なところでもあります なぜなら ガラスは古くなっても 取り換えればすむので ビルは ずっと ほぼ変わらない外観となり 破壊されるまでそのままです

Almost/ all other materials have the ability/ to absorb infusions of history and memory,/ and project it/ into the present.//

ガラス以外であれば ほぼ どの素材でも 歴史や過去の記憶を受け止め それを現在へと投影することができます

The firm/ Ennead clad the Utah Natural History Museum/ in Salt Lake City/ in copper and zinc,/ ores/ that have been mined in the area/ for 150 years/ and/ that also camouflage the building/ against the ochre hills/ so that you have a natural history museum/ that reflects the region's natural history.//

設計事務所 Ennead(エネッド)は ソルトレイクシティのユタ自然史博物館を 銅と亜鉛で覆いました 使われた金属は その地域で150年前に 採掘されたものであり 建物を黄土色の丘に溶け込ませ カモフラージュする形になっています そうすることで 地域の自然史を反映した ― 自然史博物館としたのです

And when the Chinese Pritzker Prize winner Wang Shu was building a history museum/ in Ningbo,/ he didn't just create a wrapper/ for the past,/ he built memory/ right into the walls/ by using brick and stones and shingles salvaged from villages/ that had been demolished.//

中国人でプリツカー賞受賞者の ワン・シュウは 寧波に歴史博物館を建設した時 彼は ただ過去を包み込むものを 創り出しただけでなく 記憶を壁に埋め込んだのです 廃村となった村々から 回収してきたブロックや石 屋根板を使ったのです

Now,/ architects can use glass/ in equally lyrical and inventive ways.//

さて 建築家は ガラスも同じように 詩的で独創的な形で 使うことができます

Here/ in New York,/two buildings,/one/ by Jean Nouvel/ and this one/ by Frank Gehry face off/ across West 19th Street,/ and the play of reflections/ that they toss back/ and forth is like a symphony/ in light.//

ここニューヨークにある2つのビル ジャン・ヌーヴェルのビルと フランク・ゲーリーのビルは 西19番街をはさんで対峙していますが 2つのビルが打ち返し合う光の動きは まるで光の交響曲のようです

But when a city defaults to glass/ as it grows,/ it becomes a hall of mirrors,/ disquieting/ and cold.//

でも 都市が成長するにつれて ガラスが標準になると 鏡の間になってしまい 人を不安にさせ 冷たい印象も与えます

After all,/ cities are places of concentrated variety/ where the world's cultures and languages and lifestyles come together and mingle.//

結局のところ 都市は 多様性が凝縮された場所であり そこで 世界中の文化や 言語 生活習慣が 集結し混じり合うのです

So rather than encase all that variety and diversity/ in buildings of crushing sameness,/ we should have an architecture/ that honors the full range of the urban experience.//

その変化に富んだ多様性をすべて ひどく単調なビル群に 閉じ込めてしまうよりも 幅広い都市経験を讃えるような建築が 必要なのではないでしょうか

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

ageless

不老の;永遠の

generically

属に関して,属的に

一般的に

good-looking

(人が)器量のよい,美しい

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

inner

『内側の』,『内部の』,奥の

『精神の』,心の

親密な;内密の

clue

(問題・なぞなどを解く)『手がかり』,(研究などの)『糸口』,端緒;(話などの)筋道《+『to』+『名』》

=ciew1

=clew3

《『clue in』(『up』)+『名,clue』+『名』+『in』(『up』)》(…について)…‘に'手掛かり(情報)を与える《+『about』(『on』)+『名』》

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

blank

(紙が)『白紙の』;(欄が)空白の,書き入れていない

がらんとした,からの(empty);なんの装飾もない

『ぼんやりした』,うつろな,無関心な

全くの

『空白』,空所

書き込み用紙(form)

空虚;空(くう)の部分

(語句・文学を伏せる場所に用いる)ダッシュ'‐':Mr-某氏

(またblank cartridge)(銑火器の)空包

…'を'消す,削除する《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

《米》〈相手〉‘に'試合で得点させない

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

creepy

(恐れ・嫌悪などで)ぞくぞくする,気味の悪い

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

roughness

(表面が)粗いこと,でこぼこ

(天候などの)荒れ,荒天

乱暴,粗野,無作法

shadow

〈U〉陰,暗がり,物陰;《the shadows》夕やみ

〈C〉(輪郭のはっきりした)『影』,人影,影法師

〈U〉(絵課の)陰影,暗部

〈C〉幻, 幻影;幽霊,亡霊

〈C〉(…の)かすかな影(気配)《+『of』+『名』》

《おもに否定文で》《a~》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』〈抽象名詞〉》

〈C〉影のようにつきまとう人,尾行者,探偵

〈C〉《比喩的に》(悲しみ・憂うつ・不幸などの)暗影

…‘を'影でおおう,陰にする

…‘を'尾行する

…‘に'暗い影を落とす,‘を'暗く(憂うつに)する

texture

織り方,織り目,織り地

(皮膚・木・石などの)きめ,手触り

architectural

建築術(学)の;建築の

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

individuality

〈U〉個性

《複数形で》個人的な特微(特質,好み)

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

apartment

《米》『アパート』,(共同住宅内の)1家族分の[数]部屋

《複数形で》《英》(通例家具つきで貸す)一組の部屋

〈C〉部屋(room)

Yemen

イエメンアラブ共和国(アラビア半島南西部の共和国;首都 San‘a;正式名 Yemen Arab Republic)

南イエメン,イエメン民主人民共和国(アラビア半島南部の共和国;首都 Aden;正式名 People's Democratic Republic of Yemen)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

housing

住宅供給;家に収容すること

《集合的に》家,住宅(houses)

避難所

(機械の)架構(支え台・枠・囲い,また部品収容箱など)

Vienna

ウィーン(オーストリアの首都;ドイツ名は Wien)

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

Arizona

アリゾナ州(米国南西部の州,州都はPhoenix;《略》Ariz,AZ)

brownstone

褐色砂岩(建築材);

褐色砂岩で造った建物

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

wooden

『木製の』,木造の

(行動などが)不自然な,ぎごちない

(表情などが)生気のない,無表情な

San Francisco

『サンフランシスコ』(米国California州西部にある港市)

palace

『宮殿』

大邸宅,りっぱな建物

《the ~》《集合的に》《英》王宮の有力者たち

cathedral

(bishopが統轄する)『大寺院』,大聖堂,大伽藍(がらん)

(一般の)大教会

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

residence

〈C〉『住宅』,『邸宅』

〈U〉『居住』,『滞在』

〈C〉在住(滞在)期間

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

shelter

〈U〉(雨・風,攻撃などからの)『保護』,避難

〈C〉(…からの)『避難所』,隠れ場所《+『from』+『名』》

(…から)…‘を'『おおい隠す』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'保護する,かばう《+『名』+『from』+『名』》

(…から)『避難する』,避ける,隠れる《+『from』+『名』》

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

rough

(表面が)『粗い』,ざらざらした,きめの粗い・でこぼこの

(動きなどが)『荒っぽい』;(空・海などが)荒れた

(人・態度などが)『粗野な』,荒々しい,無作法な

『おおよその』,あらましの

(ダイヤモンドなど)自然のままの,未加工の

《話》困難な,つらい,ひどい;(…に)ひどい,むごい《+『on』+『名』》

(生活が)非文化的な,不便な

毛深い,毛むくじゃらの,毛が刈ってない

…‘を'乱暴(手荒)に扱う《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈計画・作品など〉‘の'概略を書く,‘を'ざっと下書きする《+『in』(『out』)+『名,』+『名』+『in』(『out』)》

〈物の表面など〉‘を'ざらざらにする

手荒く,乱暴に

〈U〉《the rough》ラフ(ゴルフのコースで芝をはったフェアウェイ以外の部分)

〈C〉乱暴者

touchable

触れることのできる

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

brick

〈C〉(1個の)『れんが』

〈U〉(材料としての)『れんが』

〈C〉(形が)れんがに似た物

れんがの,れんが造りの

〈建築物〉を=れんがで囲う,れんがで作る,…‘に'れんがを敷く《+『in』(『on』)+『名』》

stone

〈U〉(物質としての)『石』,石材

〈C〉『小石』,岩石の小片

〈C〉《複合語を作って》(特定の目的に用いる)石材

=precious stone

〈C〉(形・堅さが)石に似たもの(あられなど)

〈C〉(腎臓・膀胱(ぼうこう)などの)結石

〈C〉(果実の)種,核

〈C〉《英》(体重を表す重量単位の)ストーン(14ポンド(約5.35キログラム)に相当)

『石造りの』,石の・石器製の

…‘に'石を投げる,石を投げて殺す

…‘に'石を取り付ける(張る,敷く),沿って石を並べる

〈果実〉‘の'種を取る

smooth

(表面が)『滑らかな』,すべすべした;『平らな』平坦(へいたん)な

(動きが)円滑な,揺れのない

(物事が)すらすら運ぶ,順調な,平隠な

(味など)滑らかな;(練り粉など)つぶつぶ(むら)のない

愛想のよい,取り入るような

…‘を'『滑らかにする』,平らにする,〈髪など〉‘を'なでつける《+『out(down)』+『名,』+『名』+『out(down)』》

〈物事〉‘を'容易にする,円滑にする《+『away(out)』+『名,』+『away(out)』》

〈人・気持ちなど〉‘を'静める,和らげる《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

滑らか(平ら)になる;隠やかになる《+『down』》

=smoothly

downtown

(都市の中心の)商業地区へ(で),町の中心街へ(で)

商業地区の(にある),町の中心街の(にある)

(市の中心街をなす)商業地区,下町

sprout

芽,新芽(bud)

《複数形で》芽キャベツ

《話》若者

芽が出る,成長し始める

(一般に)急速に成長する(出てくる)《+『up』》

…‘の'芽を出させる;…‘を'急速に成長させる

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

skyline

地平線(horizon)

スカイライン(山・都市の建物などの空を背景とした輪郭)

Houston

ヒューストン(米国Texas州東南部の都市:NASAの宇宙船飛行管制センターがある)

Guangzhou

広州(中国南東部の海港)

army

《ときにA-》『陸軍』

《the A-》軍隊;(一国の全)軍隊

(共通の主義・主張のために組織された)(…の)『団体』,集団《+『of』+『名』》

(人・動物などの)大群《+『of』+『名』》

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

horizon

『地平線』,水平線

(知識・関心・経験などの)限界,範囲,視野《+『of』+『名』》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

granite

花こう岩,みかげ石

limestone

石灰石

sandstone

砂岩

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

copper

〈U〉『銅』(化学記号は『Cu』)

〈C〉《英話》銅貨

〈C〉銅製品,銅器;《英》(先濯用)銅の大がま

〈U〉赤銅色

銅[製]の

赤銅色の

…‘に'をかぶせる,銅板を張る

wattle

〈U〉〈C〉《おもに英》編み枝[細工](垣根・壁・屋根などに使う)

《複数形で》編み枝材

〈C〉(七面鳥などののどにぶら下がっている)肉垂

〈垣根など〉‘を'編み枝で作る

〈小枝など〉‘を'編む

plaster

〈U〉『しっくい』,プラスター〈C〉こう薬

〈壁・天井など〉‘に'しっくいを塗る

(…を)…‘に'べたべた塗る(はる)《+『名』+『with』(『on』)+『名』》;(…に)…‘を'べたべた塗る(はる)《+『名』+『on』+『名』》

〈体など〉‘に'こう薬をはる

《話》…‘を'完敗させる

simplify

…‘を'簡単にする,平易にする,単純にする

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

impoverish

…‘を'貧しくする

〈土地など〉‘を'やせさせる;〈人・健康など〉‘を'衰えさせる

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

cuisine

(ある家・ホテルなどに独特の)料理[法]

airline

航空路(airway)

laughter

『笑い』,笑い声

chicken

〈C〉『ひよこ』,(一般に)ひな鳥

〈C〉《米》(一般に)鶏《英》fowl)

〈U〉ひな鳥の肉,鶏肉

〈C〉《米話》青二才;小娘

〈C〉《俗》おくびょう者

鶏肉の

小さい

《俗》おくびょうな

pasta

パスタ(マカロニやスパゲティの類)

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

assembly

〈C〉(特定の目的をもった)『集会』,『会合』,会議

《A-》(米国州議会の)下院

〈U〉(機械の)組立て;〈C〉組立て部品

Moscow

モスクワ(ロシアの首都)

ロシア政府

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

disdain

…‘を'『軽べつする』,侮る(scorn),恥とする(受動態にできない)

(…への)『軽べつ』,侮べつ《+『of』+『名』》

civic

市民の,市民としての

都市の,市の

communal

公共の,共同の(public)

共同社会の,地方自治体の

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

urban

都市(都会)の

都市に住む

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

intend

…‘を'『意図する』,‘の'つもりである

(特定の目標に)…‘を'向ける,あてる《+『名』+『for』(『as』)+『名』》

(…で)…‘を'表そうとする《+『by』+『名』》

enrich

(…で)〈社会・人など〉‘を'『裕福にする』,金持ちにする《+『名』+『by』+『名』》

(…で)〈生活・心・文化など〉‘を'『豊かにする』,充実させる《+『名』+『by』(『with, through』)+『名』》

(ある成分・要素などを加えて)…‘の'質を向上させる《+『名』+『by』+『名』(do『ing』)》

owner

『持ち主』,所有者

tenant

『借地人』,『借家人』;小作人

(…の)居住者《+of+名》

〈土地・家〉‘を'借りる

necessarily

『必ず』,必然的に

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

shiny

光る,輝く,光沢のある

(服が)着古して光る

invasive

(戦争などが)侵略的な

(言葉などが)立ち入った,出過ぎた

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

choke

…'を'『息を止める』,'を'窒息させる

(…で)…'を'むせさせる,息苦しくする《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

(…で)…'を'いっぱいにする,ふさぐ,(…を)…‘に'ぎっしり詰める《+『名』+『up』(+『up』+『名』)+『with』+『名』》

…'を'進行(動き)を止める

『息が詰まる』,窒息する

(…で)むせぶ,息苦しくなる《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉窒息,息が詰まること

(パイプの中などの)閉塞(へいそく)部

〈C〉(電気器具の)チョークコイル

〈C〉チョーク(ガソリンエンジンの空気調整装置)

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

facade

(建物の)正面(front)

(物の)外観;見せかけ

makeup

〈U〉〈C〉化粧;(俳優などの)メーキャップ,(かつら・つけひげなどの)ふん装

〈C〉《単数形で》《…の》構造,構成,(出版物の)割付け《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》体資;性資

〈C〉作り話,八百長

(また『make-up test』)〈C〉《米》再(追)試験

decorative

装飾の,装飾的な

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

superficial

表面の(にある),表面的な

(考えなどが)浅薄な,皮相的な

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

Spain

『スペイン』(ヨーロッパ南西部の王国;首都はMadrid)

gravitate

〈物体が〉(…のほうに)引力で引かれる《+『to』(『toward』)+『名』》

(自然に)(…のほうへ)向かって行く《+『to』(『toward』)+『名』》;(…することに)なっていく《+『into』 do『ing』》

plaza

(都市の)大広場

mayor

『市長』;町長

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

sunlight

日光(sunshine)

rake

熊手(くまで),草かき;くまでの形の道具(賭博(とばく)場で金を集めるのに使うものなど)

…‘を'くまででかき集める;〈場所〉‘を'くまででかきならす《+『together(up)』+『名,』+『名』+『together(up)』》

(…を求めて)〈場所〉‘を'くまなく捜す《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'機銃掃射する

くまでで集める(かきならす)

(…を求めて)かきわけて捜す《+『for』+『名』》・「rake it in」で《口語》 金をうんともうける[稼ぐ]

sharpen

…‘を'『鋭くする』,とがらせる;…‘を'とぐ

…‘を'敏感にする,鋭敏にする

鋭くなる,とがる;敏感(鋭敏)になる

lamplight

灯火

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

balcony

『バルコニー』,露台

(劇場の)2階さじき

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

arcade

拱廊(きょうろう)(建物の側面につけた廊下状の通路)

アーケード(両側に商店が並ぶ屋根つき街路)

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

depth

〈U〉〈C〉《通例単数形で》『深さ』;奥行き

〈U〉(知識・知性などの)『深遠さ』,深さ

〈U〉(声・音などの調子の)『低さ』;(色の)濃さ

〈C〉《複数形で》『奥まった場所』,奥地

〈C〉深い所,深み

〈U〉〈C〉《時に複数形で》最中

theatrical

劇場の,劇の

芝居がかった,誇張した,わざとらしい

(特に)素人芝居

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

sprawl

手足をむぞうさに投げ出してすわる(横になる)

〈枝などが〉ぶざまに伸びる,はびこる

〈手足〉‘を'大の字に広げる,投げ出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

酒足を投げ出すこと)姿勢);ぶざまに広がること(広がった姿)

senior

年上の

先任の, 古参の, 先輩の, 上級の; 上層の, 高級の;四年制大学の》 四年[最上]級の, 《高校の》 最高学年の; #中等教育の; 〈有価証券が〉優先権付きの, 上位の

本家の

年長者, 古老, 長老; 先任者, 古参者, 先輩, 上級者; 上官, 上役, 首席者; #《大学の》 上級生; 《大学などの》 最上級生

bench

『ベンチ』,長いす

〈U〉(職人・技師・科学者の)作業台,実験台,細工台

長くて狭い段丘

《the~》(スポーツの)選手席,ベンチ;《集合的に》補舌選手たち

〈C〉裁判官席;〈U〉裁判官の職(地位)

《集合的に》《the~》裁判官[たち]

〈C〉(英国議会などの)議席

〈選手〉'を'補欠としてベンチに座らせておく

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

opera

『オペラ』,歌劇

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

curtain

『カーテン』,窓掛け

(劇場の)『幕』,どんちょう

『幕状のもの』;仕切りの壁

…‘に'幕(カーテン)を張る;…'を'幕(カーテン)でおおう

exterior

『外の』,外面の,外側の

〈C〉外部,外面,外側

〈U〉外観;(絵・劇などの)外景

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

contemporary

『同時代の』,同年代の…その時代の

『当代の』,現代の

『同年輩の人』,『同時代の人』

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

windswept

(土地が)吹きさらしの

(容姿などが)風に吹きさらされた,乱れた

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

hurry

『急ぐ』,あわてて行く(する)

〈動作など〉‘を'『早める』,〈事〉‘を'『急いでする』,急がせる

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'急がせる,せき立てる

(…へ)…‘を'急いで動かす(送る,運ぶ)《+『名』+『to』+『名』》

急ぐこと,大急ぎ

《否定文・疑問文で》(…を)急ぐ必要《+『for』(『about』)+『名』》

《話》なかなか…する気にならない《+『to』 do》

metro

地下鉄

cubicle

(寄宿舎などの仕切った)小寝室

仕切った狭い場所(プールの脱衣室・電話ボックス・投票所など)

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

Philip

ピリポ(キリストの12使徒のひとり)

recreate

…‘を'再び作る,作り直す

gracious

(人・行為が)『思いやりのある』,好意に満ちた

(暮らしなどが)優雅な

《文》(神・国王が)『慈悲深い』,情け深い

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

Pittsburgh

ピッツバーグ(米国Pennsylvania州の都市)

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

acre

『エーカー』(面積の単位;約4,047平方メートル)

《複数形で》田畑,土地

encircle

…‘を'『取り巻く』,取り囲む(surround)

…‘の'『周りを回る』,‘を'1周する

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

ornament

〈C〉『装飾品』,飾り

〈U〉『装飾』,装飾法

(…で)…‘を'『飾る』(decorate)《+『名』+『with』+『名』》

metal

〈C〉(個々の)『金属』;〈U〉(材料としての)金属

〈U〉合金(真ちゅう,真銅など)

〈U〉気性,気質

〈U〉《英》(舗装用・鉄道用の)砕石

…‘に'金属をかぶせる

《英》〈道路〉‘に'砕石を敷く

trim

(切ったり刈ったりして)…‘の'『形を整える』,‘を'こぎれいにする,手入れする

〈余分なものなど〉‘を'切り取る,摘み取る《+名+off,+off+名》

(…で)…‘を'飾る,‘に'飾りを付ける《+名+with+名》

(航行するために)〈帆〉‘を'調節する,適帆する

(積み荷などを整理して)〈船・飛行機など〉‘の'つり合いを取る

《話》(スポーツなどで)…‘を'完全に負かす,徹底的にやっつける

〈意見・方針など〉‘を'都合のよいように変える

…‘を'削除する,削減する

〈U〉《しばしば》刈り(切り)整えること

〈U〉『整頓』,整備;(心身の)良好な調子

〈U〉装飾;(衣服・ドア・窓などの)縁取り装飾,木造部;(自動車などの)内装,外装

『きちんとした』,整った,こぎれいな,均整のとれた

bay

『湾』,『入り江』

Gothic

ゴート族の;ゴート語の;ゴート文化の

(建築が)ゴシック式の

(文学が)ゴシック派の(グロテスク・怪奇などを特徴とする)

ゴシック字体の

ゴート語

turret

(大きな建物や城の上部の角に取りつけた)小塔,やぐら

(軍艦・戦車などの)回転砲塔

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

cage

『鳥かご』;(動物の)『おり』

鳥かご(おり)のような物;エレベーターの箱

野球の打撃練習用の移動バックネット

獄舎

…'を'かご(おり)に入れる

summertime

=daylight-saving time

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

fountain

『泉』(spring);水源

『噴水』;噴水池:

=drinking fountain

(…の)源,源泉《+『of』+『名』》

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

informality

〈U〉悲公式

形式ばらない行為

leisurely

ゆっくりした, 気の長い

ゆるゆる, ゆっくり, 悠長に

hangout

たまり場

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

chat

〈C〉〈U〉《話》(…との)『雑談』,談笑《+『with』+『名』》

〈C〉ツグミ類の鳥

(…について)『談笑する』《+『away』+『about』+『名』》

thrive

〈物事が〉『成功する』,栄える,繁栄する

〈人・動植物が〉『よく成長する』,健康である

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

federation

〈C〉連合,連盟

〈C〉連邦制度;連邦政府

〈U〉連邦にすること

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

Melbourne

メルボルン(オーストラリア南東部Victoria州の首都で海港市)

Copenhagen

コペンハーゲン(デンマークの首都)

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

neutral

『中立の』;中立国の

『公平な』,不偏不党の

(人・物が)特色のはっきりしない;(色が)はっきりしない,くすんだ

(酸性でもアルカリ性でもない)中性の

(電気が)中性の,(物体が)帯電していない

(自動車などのギアが)ニュートラルの

(文法で)中性の

〈C〉(戦争・論争などで)中立の人;中立国民;中立国

〈C〉くすんだ色,灰色

〈U〉(自動車などのギヤの)ニュートラル(動力のかかっていない状態・位置)

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

rely

『あてにする』,たよる

excessively

過度に,極端に;非常に

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

versatile

(哲が)多才の,多芸な,なんでもじょうずな

(道具などが)用途が広い,万能の

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

transport

(ある場所からある場所へ)…‘を'『輸送する』,運搬する《+名+from+名+to+名》

《文》《受動態で》(…で)…‘を'夢中にする,有頂天にする《+名+with+名》

〈罪人〉‘を'流刑にする

〈U〉輸送,運送,輸送(交通)機関(transportation)

〈C〉(軍隊や軍需品を運ぶ)輸送船,輸送機

install

〈装置など〉‘を'『取り付ける』,設備する

〈人〉‘を'『就任させる』,‘の'就任式を行う

《場所を表す副詞[句]を伴って》…‘を'落ち着かせる,席につける

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

enormous

『巨大な』,ばく大な

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

translucent

半透明の

coating

〈C〉(ペンキなどの)上塗り,塗装;(食物の)ころも,皮

〈U〉上旦用の布地

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

mood

(ある時の,一時的な)『気分』,機嫌

(会合・作品などの)『雰囲気』,ムード,(時代・国民などの)風潮,一般的な傾向《+『of』+『名』》

《複数形で》むら気,ふきげん

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

expensive

『費用のかかる』,高価な

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

multiply

…‘を'『増す』,ふやす;…‘を'繁殖させる

(ある数を)〈ある数〉‘に'『掛ける』《+『名』〈被乗数〉+『by』+『名』〈乗数〉》

〈数・量などが〉『ふえる』,増大する;繁殖する

掛け算をする

real estate

(土地・家屋などの)不動産

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

commodity

『日用品』,必需品;商品

developer

〈C〉開発者,啓発者;宅地開発(造成)業者

〈U〉(写真の)現像液

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

justify

〈人の行為・話など〉‘を'『正当化する』,弁明する

surreal

=surrealistic

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

crystal

〈U〉『水晶』

〈C〉『水晶製品』,水晶玉

〈U〉クリスタルグラス(透明度の高い鉛ガラス);《集合的に》クリスタルグラス製食器類(特にコップ類)

〈C〉『結晶[体]』

〈C〉《米》(時計の)ガラスぶた

『水晶[製]の』;クリスタルグラス製の;透き通った

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

leapt

leapの過去・過去分詞

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

substance

〈U〉『物質』,物

〈U〉《the~》(…の)『趣旨』,本音《+of+名》

〈U〉(スープなどの)濃さ,こく,中身[の詰まっていること]

〈U〉『実質』,実

〈U〉《古》財産,資産

dominate

…‘を'『支配する』,‘に'君臨する

…‘で'優位を占める,幅を利かす

…‘を'見下ろす位置にある;…‘の'上にそびえ立つ

(…を)支配する,威圧する《+『over』+『名』》

《副詞[句]を伴って》優勢である

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

lever

てこ,レバー

‘を'てこを使って動かす

midtown

市(町)の中心部

市(町)の中心部の

Manhattan

マンハッタン区(ニューヨーク市内南東部の島で商業地区;国連本部などがある)

〈C〉〈U〉《しばしばm-》《米》マンハッタン(カクテルの一種)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

owing

(…に)『未払いの』,支払うべき(due)《+『to』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

practically

『実質的には』,『事実上』,ほとんど(almost)・『実際的に』,実用的に,実際的な方法で

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

default

(義務・債務などの)不履行,怠慢《+『on』(『against』)+『名』》;(法廷・試合場などへの)不出場・欠席

(義務・債務などを)履行しない;(裁判・試合などに)出場しない《+『in』(『on』)+『名』》

high-rise

(建物が)高層の

高層建築の

建物の高いところにある

高層建築

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

converge

(同一点・同一場所に)集まる,集中する《+『on』+『名』》

(物理・数学で)収れんする

…'を'1点に集める

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

fortunate

『幸運な』,幸せな

さい先よい;幸運をもたらす

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

economic

『経済の』

『経済学の』

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

expressive

『表情』(『表現力』)『の豊かな』;意味深長な

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

Mexico

メキシコ合衆国

carving

〈U〉彫刻・彫刻術

〈C〉彫り物,彫刻品

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

ritual

儀式の,儀式として行う

《集合的に》(宗教上の)儀式[形式];(特定の)儀式

(社会的慣習としての)礼儀,作法(おじき・脱帽・握手など)

significance

『重要性』,重大さ(importance)

(…の)『意味』,意義(meaning)《+『of』+『名』》

historical

『歴史の』,史学の

『史実の基づく』,歴史上の

continuity

〈U〉連続,断続,一貫性

〈U〉(映画・ラジオ・テレビの)コンテ,撮影(録音)用台本;〈C〉コンテに書かれた個々の指示

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

plunder

〈村・町・国など〉‘を'『略奪して荒らす』;(…から)…‘を'略奪する《+『名』+『of』+『名』》

略奪する

〈C〉略奪品

〈U〉略奪すること

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

nearby

《名詞の前にのみ用いて》すぐ近くの,そばの(close by)

《名詞・動詞の後に用いて》近くに

《前置詞的に》…の近くの(に)

canvass

…'を'詳しく調査する(検討する),論究する

(票・注文などを得るために)〈ある地区〉'を'遊説する,勧誘しながら歩き回る;〈人〉‘に'運動する,'を'勧誘する《+『名』+『for』+『名』》

(…のために)選挙運動をする;(…の)注文取りをする《+『for』+『名』》

運動,遊説;勧誘

詳しい調査(検討)

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

mural

壁の;壁に掛かった(描いた)

壁画,天井画

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

graphic arts

グラフィックアート(石版・木版・銅版などによる書画・印刷の美術)

intricate

(構造・模様など)こみ入った

分かりにくい

communicative

話好きな,おしゃべりの

通信の,伝達の

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

wipe

〈物など〉‘を'『ふく』,ふぐう

〈よごれなど〉‘を'『ふき取る』,ぬぐい去る《+『away』(『off』)+『名,』+『名』+『away』(『off』)》;(…から)…‘を'ふき取る《+『名』+『off』(『from, out of』)+『名』》

(…に)〈布など〉‘を'こすりつけてふく(ぬぐう)《+名+over(across)+鳴》

ふくこと,ぬぐうこと

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

modernity

現代主義;現代性(風)

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

museum

『博物館』;美術館

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

crinkly

しわの寄った;(頭髪が)巻き毛の,縮れた

sculptural

彫刻の;彫刻のような

vertical

『垂直の』,直立した,縦の

垂直線(面);垂直位置

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

Milan

ミラノ(イタリア北部の都市;イタリア名はMilano)

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

greenery

青葉;緑樹

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

ubiquitous

《文》同時にいたる所に存在する,偏在する

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

boutique

(通例婦人用の小さい)流行服飾品専門店,ブティック;百貨店内の独立経営の小さい店

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

reproduce

〈場面など〉‘を'『再現する』,〈音など〉‘を'再生する

…‘を'『複製する』,『複写する』

〈動物が〉〈子孫〉‘を'生む,〈植物が〉〈同類〉‘を'繁殖させる

〈動植物が〉繁殖する

〈芸術作品などが〉複製(再生)できる

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

Statue of Liberty

自由の女神(ニューヨーク湾のLiberty Islandにある像)

crown

〈C〉(王位の象徴として国王・王妃などがかぶる)王冠・《the~,[the]C-》『王位』,統治権;君主,王,女王

〈C〉(古代・中世で国王などから優者に与えられる)(…の)花冠,頭飾り《+『of』+『名』》;(一般に勝利の栄冠

《the~》(…の)絶頂,極致,きわみ《+『of』+『名』》

〈C〉(頭・帽子・山・アーチなどの)最も高い部分,頂(いただき)

〈C〉歯冠;人工歯冠

〈C〉《英》クラウン紙幣(英国の旧銀貨);(一般に)王冠をデザインに使った貨幣

…‘の'頭に王冠をのせる,'を'王位につける

(栄冠・賞を)…‘に'授ける《+『名』+『with』+『名』》

〈物が〉…‘の'頂部[てっぺん]をおおっている

《『crown』+『名』+『名』》(…として)…'を'認める

(…を)…‘に'歯冠をかぶせる《+『名』+『with』+『名』》

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

twist

〈糸・なわなど〉‘を'『よる』,より合わせる(糸・なわなどに)…‘を'よる《+名+into(in)+名》

…‘を'よって(より合わせて)作る,なう;(…から)…‘を'よって作る《+名+from(out of)+名》

(…に)…‘を'『巻きつける』,からませる《+名+around(《英》round)+名》

…‘を'ねじる,よじる,しぼる

〈足首・関節など〉‘を'くじく,ねんざする

〈顔など〉‘を'ゆがめる,しかめる;…‘を'ゆがめて(…に)する《+名+into+名》

〈言葉・文章など〉‘の'意味を曲げる,‘を'曲解する

…‘を'回す,‘の'向きを変える

よじれる,ねじれる,ゆがむ

身をよじる,体をくねらせる

縫うように進む,曲がりくねる

〈C〉『より合わせること』;より,ねじれ,ゆがみ

〈C〉より合わせて(よって)作ったもの(より糸,なわ,ねじりパンなど)

〈C〉(意味などを)ねじ曲げること,曲解,こじつけ

〈C〉(道・流れなどの)曲がり,くねり

〈C〉(性質・態度などの)癖,かたより,ゆがみ

〈C〉(事件などの)意外な急変

〈C〉〈U〉(野球で)カーブ,曲球

《the ~》ツイスト(1960年代に流行した体をひねって踊る強烈な踊り)

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

sunset

『日没』,日の入り

日没の時刻,

metallic

金属の,金属質の

金属を含む

金属に似た,金属特有の

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

broadcast

(ラジオ・テレビで)〈情報・音楽など〉'を'『放送する』

(一定地域に)〈種子〉'を'ばらまく

〈ニュース・うわさなど〉'を'広める,言いふらす

放送する

(ラジオ・テレビの)『放送番組』;放送

放送の,放送された(される)

ばらまかれた

ばらまいて,広く

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

absorb

〈液体〉'を'『吸収する』,吸い込む

〈光・音・熱・エネルギーなど〉'を'吸収する

〈思想など〉'を'取り入れる

〈国・町・村など〉'を'併合する;(…に)…'を'併合する《+『名』+『into』+『名』》

〈心・注意・時間〉'を'『すっかり奪う』

infusion

〈U〉(…を…に)教え込むこと,(…の)鼓吹,注入《+『of』+『名』+『into』+『名』》

〈C〉水(湯)に浸してできたもの;振り出し汁

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

firm

(物が)『堅い』,堅固な,引き締まった

『しっかり固定した』,ぐらつかない

(人・信念・友情などが)変わらない

断固とした,決然たる

(価格・価値が)安定している

しっかりと

…‘を'固める,堅くする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'安定させる

安定する《+『up』》

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

Utah

ユタ州(米国西部の州;州都はSalt Lake City;《略》『UT』,『Ut.』:モルモン教徒が多いので有名)・北米インディアン ユテ族の言葉「山の住民」の意

natural history

博物学(動物学・植物学・鉱物学など自然物の研究を扱う)

Salt Lake City

ソルトレークシティー(米国Utah州の州都)

zinc

亜鉛(金属元素;化学記号は Zn)

ore

鉱石,原鉱

camouflage

(戦場での)擬装,迷彩

(一般に)カムフラージュ,変装,見せかけ(動物の保護色など)

…'を'擬装で隠す;…‘に'迷彩を施す

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

winner

『勝利者』,優勝者;(競馬の)勝ち馬

受賞者

うまくいくもの(こと),期待できるもの(こと)

wrapper

包むもの,包み紙

包装する人

本のカバー

(新聞・雑誌の)帯封

(婦人用)化粧着,部屋着

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

shingle

(海岸などの)小石,じゃり

salvage

(主として船・乗組員・貨物の)海難救助;(一般に)救助

救助された貨物

救助作業,沈没船引き上げ作業

(難船・火災などから)〈船・貨物など〉‘を'救出する《+『名』+『from』+『名』》

〈負傷者〉‘を'救う,〈けが〉‘を'治療する

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

lyrical

=lyric

感情を誇張した

inventive

発明の才のある;発明の

jean

〈U〉ジーン布(じょうぶなあや織りの綿布)

《複数形で》ジーパン;(ジーン布製の)作業服

Frank

フランク人(6世紀にゴール人を征服し広大な王国を建設してFranceという名称の起源となったゲルマン人)

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

reflection

〈U〉(光・熱などの)『反射』,(音の)反響;反射光(熱),反響音《+『of』+『名』》

〈C〉(鏡・水面などに映った)『映像』;(親などの)生き写し《+『of』+『名』》

〈C〉(気持ち・性格などの)表れ,反映《+『of』+『名』》

〈U〉(…についての)『熟考』,沈思《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(熟考して得られた)(…についての)意見,考え《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(…に対する)非難,小言;(…にとって)不名誉となるもの《+『on』(『upon』)+『名』》

toss

…‘を'『軽く投げ上げる』,ほうる

…‘を'上下に揺さぶる《+名+about,+about+名》

〈体の一部〉‘を'ひょいと上げる(動かす)

(…と,…に)…‘を'軽く混ぜ合わせる《+名+with(in)+名》

(表・裏で物事を決めるため)〈コイン〉‘を'はじき上げる《+名+up,+up+名》;(…を)〈人〉‘と'トス(コイン投げ)で決める《+名〈人〉+for+名》

『寝返りを打つ』,(特に,睡民中に)ころげ回る《+about》

前後に揺れる,振り回される《+about》

(…を)コインを投げて決める《+[《英》up]for+名》

〈C〉軽く投げること,ほうり上げること,トス

〈U〉《時にa ~》一投げ,一投げの距離

〈U〉《the ~》コインを投げて表か裏かで物事を決めること

symphony

『交響楽』,シンフォニー

=symphony orchestra

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

disquiet

〈人〉‘を'不安にする,心配させる

不安,心配;動揺

concentrated

集中した

濃縮した

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

lifestyle

生き方,生きざま

mingle

(…と)…‘を'『混ぜる』,混ぜ合わせる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『混じる』,一つになる《+『with』+『名』》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

encase

(箱・袋などに)…‘を'入れる,包む《+『名』+『in』+『名』》

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

crush

…'を'『押しつぶす』,ぺしゃんこにする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『砕く』,粉々にする;…を砕いて(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…'を'押しつける《+『名』+『against』+『名』》;(…に)…'を'押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)…'を'押しつぶして出す,しぼり出す《+『名』+『from』+『名』》

…'を'ぎゅっと抱きしめる

…'を'打ちのめす,打ちひしぐ《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

『つぶれる』,ぺしゃんこになる;くしゃくしゃになる

『砕ける』,粉々になる

(…に)押し合って入る,殺到する《+『into』(『through』)+『名』》

〈C〉《単数形で》押し合いへし合い,殺到

〈C〉《話》《単数形で》大混雑の集会,すしづめの集会

〈U〉《英》(押しつぶして出した)果汁

〈C〉《話》(…に)のぼせ上がること,(…への)べたぼれ《+『on』+『名』》;のぼせ上がった相手

sameness

同一[性];酷似していること;単調さ

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画