TED日本語 - トム・グルーバー: AIはいかに人の記憶、仕事、社会生活を改善するか

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

機械は私たちをどれだけ賢くできるでしょう?Siriの共同クリエーターであるトム・グルーバーは、私たちと競争し居場所を奪う代わりに、私たちの能力を拡張し、協力する「人間的なAI」を作りたいと考えます。彼が共有するのはAIが私たちが超人間的パフォーマンスを理解や創造、知覚において実現する事を助けるだろうという未来のヴィジョンです。AIは人間のデザイン技術を飛躍的に向上させたり、今まで読んだものや出会った全ての人の名前を全て記憶する手助けをしてくれるでしょう。グルーバーは言います。「今、私たちは人工知能におけるルネッサンス時代の真っ只中にいます。機械が賢くなる度に私たちも賢くなるのです」。

Script

皆さんに私の専門分野である 人工知能(AI)について 新しい見方を提供しようと思います AIの目的は 人間の能力を機械の知性により 高めることだと思います 機械がより賢くなるにつれ 私たちも賢くなるという訳です 私はこれを「人間的なAI」と呼びます 人々と協力し能力を拡張して そのニーズを満たすように デザインされた人工知能です こんにち 嬉しいことに インテリジェント・アシスタントという考えは 主流のものになりました これは人間とAIとの間のインターフェースのメタファーとして 広く受け入れられています 私が手がけたものに 「Siri」があります

Siriをご存知でしょう Siriはあなたの意図を理解し あなたがそれを遂行するのを手助けし 物事をこなすのを手伝います ご存知無いかも知れないのは Siriは人間的AIとしてデザインされ 会話式インターフェースを用いて 人々の能力を拡張し 誰でも能力の差異に関係無く モバイル・コンピューティングを 使えるようにしたことです

私たちのほとんどにとっては この技術の影響は モノをほんの少し 使いやすくするという程度ですが でも友人のダニエルには こうしたシステムの中のAIの影響は 人生を変える類のものでした ダニエルはとても社交的な男です 彼は盲目で四肢麻痺であるため 私たちが何気なく使うデバイスを 使うのも難しいのですが この間彼の家に行くと彼の兄がこう言いました 「待って ダニエルはまだ忙しいから ネットで出会った女性と 電話で話してるんです」 「そりゃすごい どうやったんだろう?」 ダニエルはソーシャルライフを管理するのに Siriを使っています メール メッセージング 電話 ― 介助者に頼らずにです これはちょっと面白いでしょう? アイロニーも素晴らしい 彼のAIとの関係が 彼が本物の人間との 関係を持つことを手助けしている これが人間的AIです

人生を変えてしまうような例としては がんの診断もあります 医師ががんを疑う時 患者から検体を取り それを病理学者が顕微鏡で精査します 病理学者たちは数百というスライドや 数百万もの細胞を毎日見ています この作業を支援するために 研究者がAIで分類器を作りました その分類器は画像を見て 「これはがんだろうか それとも違う?」 と問います 分類器は優秀でしたが ほとんどを正解する人間よりは 劣ります

ですが機械と人間の能力を合わせた時 精度は99.5%になりました AIを相棒にすると 人間の病理学者が 1人で作業をした時に起こる誤りの 85%を無くせたのです 見落とされていたであろう たくさんのがんを見つけたのです ご興味のある方の為の詳細ですが 人間の方が偽陽性の判別が上手く 機械は見つけにくいケースを 見つけるのが人より上手かったんです しかしここでの教訓は どちらが画像識別タスクで 優れているかではありません そんなものは日々変わります 教訓は 人間と機械の能力を合わせることで 人間を超えた能力を持つ 協力関係ができたということです それが人間的なAIです

他の例を見てみましょう 能力を飛躍的に向上させる例で デザインの話です あなたがエンジニアだとしましょう ドローンのための新しいフレームを作りたいとします お気に入りのCADツールを使い 形と材質を入力し 性能を分析します そして1つのデザインが出来上がります AIに同じツールを与えると 何千ものデザインを生み出せます

このAutodeskによるビデオは 本当にすごいものです これがデザインの手法を変革します 人間のエンジニアが デザインの要件を入力すると 機械はこう返します 「これらが可能なデザインです」 するとエンジニアの仕事は デザインの目的に最もかなうものを 選び出すことになり 人間としての判断と専門性によって 最良の判断ができるのです この例では 選ばれたものは 自然によって形作られた かのように見え 進化のための数百万年の時間と 不要な毛皮がないだけです

ではこの人間的なAIの可能性を 考えてみましょう 皆さん どのような能力を 拡張したいと思いますか? 知覚力の増強とか? 「私たちは機械を どれだけ賢くできるだろう?」 と問う代わりに 「機械は私たちを どれだけ賢くできるだろうか?」と問うのです 記憶を例に取ってみましょう 記憶は人間の知性の基盤です しかし人の記憶が不完全なのは よく知られたことです 私たちは物語を語ることに長けていますが 詳細を正確には記憶できません そして私たちの記憶は時間とともに劣化します 「60年代はどこへ消えてしまった? 私もそこに行けるかな?」みたいな

(笑)

コンピューターのような記憶を 自分の人生について持てたならどうでしょう? もし出会う人すべてを 記憶できたなら? 名前の読み方も 家族構成も 好きなスポーツも 最後に交わした会話の内容も もし全人生についての記憶があったなら AIがあなたの今までの会話全てを調べて あなたが自分の人間関係の軌跡を 省みるのを手伝ってくれるでしょう もしもAIに 自分の読んだものすべてを読ませ 聞いた曲すべてを 聞かせることができたなら? ほんの少しのヒントで 自分が見聞きしたものを何でも 取り出せるようになるでしょう それが新たな関連を見つけ アイデアを生み出す上で どれほど力になるか 想像してみてください

私たちの身体についてはどうでしょう 自分の口にした食べ物 飲んだ薬 徹夜した夜のすべてについて その影響を 記憶できたとしたらどうでしょう? 自分のデータを用いて 何が気分や体に良いのかを 自分で研究できます これが私たちのアレルギーや慢性疾患の 管理のあり方を変えてしまうのを 想像してみてください

AIは個人の記憶の拡張を 現実のものにするでしょう いつ どんな形で ということは分かりませんが 必ずそうなると思います なぜなら現在のAIの 成功を支えているのは 包括的なデータの存在 それを読み解く マシンの力ですが これは私たちの生活データにも 適用できるからです そうしたデータはこんにち 私たちの手中にあります なぜなら私たちは携帯でもネットでも デジタルを介して生活しているのですから

個人的な記憶はプライベートな記憶です 何を記憶に残し 何を消し去るか 決めるのは自分です これが安全に保護されていることが 非常に重要です

ほとんどの人には 拡張された個人の記憶の影響は 知力の向上や 願わくば 社交的に より洗練されるということでしょう しかしアルツハイマーや認知症に苦しむ 何百万人という人々にとっては 拡張記憶がもたらす違いは 孤独な人生か それとも 尊厳や人との繋がりのある人生か という違いになるでしょう

今 私たちは人工知能における ルネッサンス時代の真っ只中にいます 過去数年だけで 何十年も解けずにいた AIの問題の数々が 解け始めています 音声認識 文章理解 画像認識 私たちには この強力な技術を どう使うかという選択肢があります AIに自動化をさせ 人間と競争させることも出来れば AIに人間の能力を拡張させ 協力させることで 人間の知力の限界を広げ 我々がやりたいことを もっとうまくできるよう 手助けさせるという選択も 出来るのです 私たちが機械に知性を与える 新たな方法を見つけたら その知性を世界中のAIアシスタントへ 配備することができ その人の状況を問わず あらゆる人々を益することができます このようにして 機械が賢くなる度に 私たちも賢くなるのです

それが「広める価値のあるAI」です

ありがとうございました

(拍手)

I'm here to offer you a new way to think about my field, artificial intelligence. I think the purpose of AI is to empower humans with machine intelligence. And as machines get smarter, we get smarter. I call this "humanistic AI" -- artificial intelligence designed to meet human needs by collaborating and augmenting people. Now, today I'm happy to see that the idea of an intelligent assistant is mainstream. It's the well-accepted metaphor for the interface between humans and AI. And the one I helped create is called Siri.

You know Siri. Siri is the thing that knows your intent and helps you do it for you, helps you get things done. But what you might not know is that we designed Siri as humanistic AI, to augment people with a conversational interface that made it possible for them to use mobile computing, regardless of who they were and their abilities.

Now for most of us, the impact of this technology is to make things a little bit easier to use. But for my friend Daniel, the impact of the AI in these systems is a life changer. You see, Daniel is a really social guy, and he's blind and quadriplegic, which makes it hard to use those devices that we all take for granted. The last time I was at his house, his brother said, "Hang on a second, Daniel's not ready. He's on the phone with a woman he met online." I'm like, "That's cool, how'd he do it?" Well, Daniel uses Siri to manage his own social life -- his email, text and phone -- without depending on his caregivers. This is kind of interesting, right? The irony here is great. Here's the man whose relationship with AI helps him have relationships with genuine human beings. And this is humanistic AI.

Another example with life-changing consequences is diagnosing cancer. When a doctor suspects cancer, they take a sample and send it to a pathologist, who looks at it under a microscope. Now, pathologists look at hundreds of slides and millions of cells every day. So to support this task, some researchers made an AI classifier. Now, the classifier says, "Is this cancer or is this not cancer?" looking at the pictures. The classifier was pretty good, but not as good as the person, who got it right most of the time.

But when they combine the ability of the machine and the human together, accuracy went to 99.5 percent. Adding that AI to a partnership eliminated 85 percent of the errors that the human pathologist would have made working alone. That's a lot of cancer that would have otherwise gone untreated. Now, for the curious, it turns out that the human was better at rejecting false positives, and the machine was better at recognizing those hard-to-spot cases. But the lesson here isn't about which agent is better at this image-classification task. Those things are changing every day. The lesson here is that by combining the abilities of the human and machine, it created a partnership that had superhuman performance. And that is humanistic AI.

Now let's look at another example with turbocharging performance. This is design. Now, let's say you're an engineer. You want to design a new frame for a drone. You get out your favorite software tools, CAD tools, and you enter the form and the materials, and then you analyze performance. That gives you one design. If you give those same tools to an AI, it can generate thousands of designs.

This video by Autodesk is amazing. This is real stuff. So this transforms how we do design. The human engineer now says what the design should achieve, and the machine says, "Here's the possibilities." Now in her job, the engineer's job is to pick the one that best meets the goals of the design, which she knows as a human better than anyone else, using human judgment and expertise. In this case, the winning form looks kind of like something nature would have designed, minus a few million years of evolution and all that unnecessary fur.

Now let's see where this idea of humanistic AI might lead us if we follow it into the speculative beyond. What's a kind of augmentation that we would all like to have? Well, how about cognitive enhancement? Instead of asking, "How smart can we make our machines?" let's ask "How smart can our machines make us?" I mean, take memory for example. Memory is the foundation of human intelligence. But human memory is famously flawed. We're great at telling stories, but not getting the details right. And our memories -- they decay over time. I mean, like, where did the '60s go, and can I go there, too?

(Laughter)

But what if you could have a memory that was as good as computer memory, and was about your life? What if you could remember every person you ever met, how to pronounce their name, their family details, their favorite sports, the last conversation you had with them? If you had this memory all your life, you could have the AI look at all the interactions you had with people over time and help you reflect on the long arc of your relationships. What if you could have the AI read everything you've ever read and listen to every song you've ever heard? From the tiniest clue, it could help you retrieve anything you've ever seen or heard before. Imagine what that would do for the ability to make new connections and form new ideas.

And what about our bodies? What if we could remember the consequences of every food we eat, every pill we take, every all-nighter we pull? We could do our own science on our own data about what makes us feel good and stay healthy. And imagine how this could revolutionize the way we manage allergies and chronic disease.

I believe that AI will make personal memory enhancement a reality. I can't say when or what form factors are involved, but I think it's inevitable, because the very things that make AI successful today -- the availability of comprehensive data and the ability for machines to make sense of that data -- can be applied to the data of our lives. And those data are here today, available for all of us, because we lead digitally mediated lives, in mobile and online.

In my view, a personal memory is a private memory. We get to choose what is and is not recalled and retained. It's absolutely essential that this be kept very secure.

Now for most of us, the impact of augmented personal memory will be a more improved mental gain, maybe, hopefully, a bit more social grace. But for the millions who suffer from Alzheimer's and dementia, the difference that augmented memory could make is a difference between a life of isolation and a life of dignity and connection.

We are in the middle of a renaissance in artificial intelligence right now. I mean, in just the past few years, we're beginning to see solutions to AI problems that we have struggled with literally for decades: speech understanding, text understanding, image understanding. We have a choice in how we use this powerful technology. We can choose to use AI to automate and compete with us, or we can use AI to augment and collaborate with us, to overcome our cognitive limitations and to help us do what we want to do, only better. And as we discover new ways to give machines intelligence, we can distribute that intelligence to all of the AI assistants in the world, and therefore to every person, regardless of circumstance. And that is why, every time a machine gets smarter, we get smarter.

That is an AI worth spreading.

Thank you.

(Applause)

I'm here/ to offer you/ a new way/ to think about my field,/ artificial intelligence.//

皆さんに私の専門分野である 人工知能(AI)について 新しい見方を提供しようと思います

I think the purpose of AI is to empower humans/ with machine intelligence.//

AIの目的は 人間の能力を機械の知性により 高めることだと思います

And/ as machines get smarter,/ we get smarter.//

機械がより賢くなるにつれ 私たちも賢くなるという訳です

I call this "humanistic AI" --/ artificial intelligence designed to meet human needs/ by collaborating and augmenting/ people.//

私はこれを「人間的なAI」と呼びます 人々と協力し能力を拡張して そのニーズを満たすように デザインされた人工知能です

Now,/ today/ I'm happy/ to see/ that the idea of an intelligent assistant is mainstream.//

こんにち 嬉しいことに インテリジェント・アシスタントという考えは 主流のものになりました

It's the well-accepted metaphor/ for the interface/ between humans and AI.//

これは人間とAIとの間のインターフェースのメタファーとして 広く受け入れられています

And the one/ I helped create/ is called Siri.//

私が手がけたものに 「Siri」があります

You know Siri.//

Siriをご存知でしょう

Siri is the thing/ that knows your intent/ and helps you do it/ for you,/ helps/ you get things done.//

Siriはあなたの意図を理解し あなたがそれを遂行するのを手助けし 物事をこなすのを手伝います

But what you might not know/ is/ that we designed Siri/ as humanistic AI,/ to augment people/ with a conversational interface/ that made it possible/ for them/ to use mobile computing,/ regardless of who they were and their abilities.//

ご存知無いかも知れないのは Siriは人間的AIとしてデザインされ 会話式インターフェースを用いて 人々の能力を拡張し 誰でも能力の差異に関係無く モバイル・コンピューティングを 使えるようにしたことです

Now/ for most of us,/ the impact of this technology is to make things/ a little bit easier/ to use.//

私たちのほとんどにとっては この技術の影響は モノをほんの少し 使いやすくするという程度ですが

But for my friend Daniel,/ the impact of the AI/ in these systems is a life changer.//

でも友人のダニエルには こうしたシステムの中のAIの影響は 人生を変える類のものでした

You see,/ Daniel is a really social guy,/ and he's blind and quadriplegic,/ which makes it hard/ to use those devices/ that we/ all take for granted.//

ダニエルはとても社交的な男です 彼は盲目で四肢麻痺であるため 私たちが何気なく使うデバイスを 使うのも難しいのですが

The last time/ I was at his house,/ his brother said,/ "Hang/ on a second,/ Daniel's not ready.//

この間彼の家に行くと彼の兄がこう言いました 「待って ダニエルはまだ忙しいから

He's on the phone/ with a woman/ he met online."//

ネットで出会った女性と 電話で話してるんです」

I'm like,/ "That's cool,/ how'd he do it?"//

「そりゃすごい どうやったんだろう?」

Well,/ Daniel uses Siri/ to manage his own social life --/ his email, text and phone --/ without depending on his caregivers.//

ダニエルはソーシャルライフを管理するのに Siriを使っています メール メッセージング 電話 ― 介助者に頼らずにです

This is kind of interesting, right?//

これはちょっと面白いでしょう?

The irony here is great.//

アイロニーも素晴らしい

Here's the man/ whose relationship/ with AI helps him have relationships/ with genuine human beings.//

彼のAIとの関係が 彼が本物の人間との 関係を持つことを手助けしている

And this is humanistic AI.//

これが人間的AIです

Another example/ with life-changing consequences is diagnosing cancer.//

人生を変えてしまうような例としては がんの診断もあります

When a doctor suspects cancer,/ they take a sample/ and send it/ to a pathologist,/ who looks at it/ under a microscope.//

医師ががんを疑う時 患者から検体を取り それを病理学者が顕微鏡で精査します

Now,/ pathologists look at hundreds of slides and millions of cells/ every day.//

病理学者たちは数百というスライドや 数百万もの細胞を毎日見ています

So to support this task,/ some researchers made an AI classifier.//

この作業を支援するために 研究者がAIで分類器を作りました

Now,/ the classifier says,/ "Is this cancer/ or is this not cancer?"//

その分類器は画像を見て 「これはがんだろうか それとも違う?」

looking at the pictures.//

と問います

The classifier was pretty good,/ but not as good/ as the person,/ who got it right/ most of the time.//

分類器は優秀でしたが ほとんどを正解する人間よりは 劣ります

But when they combine the ability of the machine and the human together,/ accuracy went to 99.5 percent.//

ですが機械と人間の能力を合わせた時 精度は99.5%になりました

Adding/ that AI/ to a partnership eliminated 85 percent of the errors/ that the human pathologist would have made working/ alone.//

AIを相棒にすると 人間の病理学者が 1人で作業をした時に起こる誤りの 85%を無くせたのです

That's a lot of cancer/ that would have otherwise gone untreated.//

見落とされていたであろう たくさんのがんを見つけたのです

Now,/ for the curious,/ it turns out/ that the human was better/ at rejecting false positives,/ and the machine was better/ at recognizing those hard-to-spot cases.//

ご興味のある方の為の詳細ですが 人間の方が偽陽性の判別が上手く 機械は見つけにくいケースを 見つけるのが人より上手かったんです

But the lesson here isn't about which agent is better/ at this image-classification task.//

しかしここでの教訓は どちらが画像識別タスクで 優れているかではありません

Those things are changing every day.//

そんなものは日々変わります

The lesson here is/ that by combining the abilities of the human and machine,/ it created a partnership/ that had superhuman performance.//

教訓は 人間と機械の能力を合わせることで 人間を超えた能力を持つ 協力関係ができたということです

And that is humanistic AI.//

それが人間的なAIです

Now let's look/ at another example/ with turbocharging performance.//

他の例を見てみましょう 能力を飛躍的に向上させる例で

This is design.//

デザインの話です

Now,/ let's say you're an engineer.//

あなたがエンジニアだとしましょう

You want to design/ a new frame/ for a drone.//

ドローンのための新しいフレームを作りたいとします

You get out/ your favorite software tools,/ CAD tools,/ and you enter the form and the materials,/ and then/ you analyze performance.//

お気に入りのCADツールを使い 形と材質を入力し 性能を分析します

That gives you/ one design.//

そして1つのデザインが出来上がります

If you give those same tools/ to an AI,/ it can generate thousands of designs.//

AIに同じツールを与えると 何千ものデザインを生み出せます

This video/ by Autodesk is amazing.//

このAutodeskによるビデオは

This is real stuff.//

本当にすごいものです

So this transforms/ how we do design.//

これがデザインの手法を変革します

The human engineer now says/ what the design should achieve,/ and the machine says,/ "Here's the possibilities."//

人間のエンジニアが デザインの要件を入力すると 機械はこう返します 「これらが可能なデザインです」

Now/ in her job,/ the engineer's job is to pick the one/ that best meets the goals of the design,/ which she knows as a human better/ than anyone else,/ using human judgment and expertise.//

するとエンジニアの仕事は デザインの目的に最もかなうものを 選び出すことになり 人間としての判断と専門性によって 最良の判断ができるのです

In this case,/ the winning form looks kind of like something nature would have designed,/ minus/ a few million years of evolution and all that unnecessary fur.//

この例では 選ばれたものは 自然によって形作られた かのように見え 進化のための数百万年の時間と 不要な毛皮がないだけです

Now/ let's see/ where this idea of humanistic AI might lead us/ if we follow it/ into the speculative beyond.//

ではこの人間的なAIの可能性を 考えてみましょう

What's a kind of augmentation/ that we would all like to have?//

皆さん どのような能力を 拡張したいと思いますか?

Well,/ how about cognitive enhancement?//

知覚力の増強とか?

Instead of asking,/ "How smart can we make our machines?"//

「私たちは機械を どれだけ賢くできるだろう?」

let's ask "How smart can our machines make us?"//

と問う代わりに 「機械は私たちを どれだけ賢くできるだろうか?」と問うのです

I mean,/ take memory/ for example.//

記憶を例に取ってみましょう

記憶は人間の知性の基盤です

But human memory is famously flawed.//

しかし人の記憶が不完全なのは よく知られたことです

We're great/ at telling stories,/ but not getting the details right.//

私たちは物語を語ることに長けていますが 詳細を正確には記憶できません

And our memories --/ they decay over time.//

そして私たちの記憶は時間とともに劣化します

I mean,/ like,/ where did the '60s go,/ and can/ I go there,/ too?//

「60年代はどこへ消えてしまった? 私もそこに行けるかな?」みたいな

(笑)

But what if you could have a memory/ that was as good/ as computer memory,/ and was about your life?//

コンピューターのような記憶を 自分の人生について持てたならどうでしょう?

What if you could remember every person/ you ever met,/ how to pronounce their name,/ their family details,/ their favorite sports,/ the last conversation/ you had with them?//

もし出会う人すべてを 記憶できたなら? 名前の読み方も 家族構成も 好きなスポーツも 最後に交わした会話の内容も

If you had this memory/ all your life,/ you could have the AI look/ at all the interactions/ you had with people/ over time/ and help you reflect on the long arc of your relationships.//

もし全人生についての記憶があったなら AIがあなたの今までの会話全てを調べて あなたが自分の人間関係の軌跡を 省みるのを手伝ってくれるでしょう

What if you could have the AI read everything/ you've ever read/ and listen to every song/ you've ever heard?//

もしもAIに 自分の読んだものすべてを読ませ 聞いた曲すべてを 聞かせることができたなら?

From the tiniest clue,/ it could help/ you retrieve anything/ you've ever seen or heard before.//

ほんの少しのヒントで 自分が見聞きしたものを何でも 取り出せるようになるでしょう

Imagine/ what/ that would do for the ability/ to make new connections/ and form new ideas.//

それが新たな関連を見つけ アイデアを生み出す上で どれほど力になるか 想像してみてください

And what about our bodies?//

私たちの身体についてはどうでしょう

What if we could remember the consequences of every food/ we eat,/ every pill/ we take,/ every all-nighter/ we pull?//

自分の口にした食べ物 飲んだ薬 徹夜した夜のすべてについて その影響を 記憶できたとしたらどうでしょう?

We could do our own science/ on our own data/ about what makes us feel good and stay healthy.//

自分のデータを用いて 何が気分や体に良いのかを 自分で研究できます

And imagine/ how this could revolutionize the way/ we manage allergies and chronic disease.//

これが私たちのアレルギーや慢性疾患の 管理のあり方を変えてしまうのを 想像してみてください

I believe/ that AI will make personal memory enhancement/ a reality.//

AIは個人の記憶の拡張を 現実のものにするでしょう

I can't say/ when or what form factors are involved,/ but I think/ it's inevitable,/ because the very things/ that make AI successful/ today --/ the availability of comprehensive data/ and the ability/ for machines to make sense of that data --/ can be applied to the data of our lives.//

いつ どんな形で ということは分かりませんが 必ずそうなると思います なぜなら現在のAIの 成功を支えているのは 包括的なデータの存在 それを読み解く マシンの力ですが これは私たちの生活データにも 適用できるからです

And those data are here today,/ available/ for all of us,/ because we lead digitally mediated lives,/ in mobile and online.//

そうしたデータはこんにち 私たちの手中にあります なぜなら私たちは携帯でもネットでも デジタルを介して生活しているのですから

個人的な記憶はプライベートな記憶です

We get to choose/ what is and is not recalled/ and retained.//

何を記憶に残し 何を消し去るか 決めるのは自分です

It's absolutely essential/ that this be kept very secure.//

これが安全に保護されていることが 非常に重要です

Now/ for most of us,/ the impact of augmented personal memory will be a more improved mental gain,/ maybe,/ hopefully,/ a bit/ more social grace.//

ほとんどの人には 拡張された個人の記憶の影響は 知力の向上や 願わくば 社交的に より洗練されるということでしょう

But for the millions/ who suffer from Alzheimer's and dementia,/ the difference/ that augmented/ memory could make is a difference/ between a life of isolation/ and a life of dignity/ and connection.//

しかしアルツハイマーや認知症に苦しむ 何百万人という人々にとっては 拡張記憶がもたらす違いは 孤独な人生か それとも 尊厳や人との繋がりのある人生か という違いになるでしょう

We are in the middle of a renaissance/ in artificial intelligence right now.//

今 私たちは人工知能における ルネッサンス時代の真っ只中にいます

I mean,/ in just the past few years,/ we're beginning to see/ solutions/ to AI problems/ that we have struggled with literally/ for decades:/ speech understanding,/ text understanding,/ image understanding.//

過去数年だけで 何十年も解けずにいた AIの問題の数々が 解け始めています 音声認識 文章理解 画像認識

We have a choice/ in how we use this powerful technology.//

私たちには この強力な技術を どう使うかという選択肢があります

We can choose to use/ AI/ to automate/ and compete with us,/ or we can use AI/ to augment/ and collaborate with us,/ to overcome our cognitive limitations/ and to help us do/ what we want to do,/ only better.//

AIに自動化をさせ 人間と競争させることも出来れば AIに人間の能力を拡張させ 協力させることで 人間の知力の限界を広げ 我々がやりたいことを もっとうまくできるよう 手助けさせるという選択も 出来るのです

And/ as we discover new ways/ to give machines/ intelligence,/ we can distribute that intelligence/ to all of the AI assistants/ in the world,/ and therefore/ to every person,/ regardless of circumstance.//

私たちが機械に知性を与える 新たな方法を見つけたら その知性を世界中のAIアシスタントへ 配備することができ その人の状況を問わず あらゆる人々を益することができます

And that is/ why,/ every time/ a machine gets smarter,/ we get smarter.//

このようにして 機械が賢くなる度に 私たちも賢くなるのです

That is an AI worth spreading.//

それが「広める価値のあるAI」です

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

humanistic

人間主義的な,人文主義的な

人間性[研究]の

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

collaborate

(…と…について)共同して働く,共同研究する《+『with』+『名』+『in(on)』+『名』(do『ing』)》

(占領軍・敵などに)協力する,内通する《+『with』+『名』》

augment

…'を'増す,増大(増加)させる

〈物・事が〉増す,増大(増加)する

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

assistant

『助手』,補佐役;店員

補助の,副…,助…

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

intent

(特に法律用語で)『意図』,目的

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

conversational

会話の,談話の

話好きな,話のうまい

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

regardless

『むとんじゃくな』,不注意な;(…に)むとんじゃくな《+『of』+『名』》

とにかく(anyway)

(…に)かかわらず《+『of』+『名』》

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

Daniel

ダニエル 《男性名; 愛称 Dan,Danny》・ダニエル 《ユダヤの預言者・ ダニエル書 (The Book of Daniel) 《旧約聖書中の一書; 略 Dan.》・〈C〉(ダニエルのような)名裁判官 《「聖書外典(がいてん)」から》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

irony

〈U〉『皮肉』,『風刺』;反語[法]

〈C〉(運命の)皮肉,(具体的な事例としての)皮肉な成り行き

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

genuine

『本物の』,真の

(疫病が)『真性の』

『誠実な』,[真]心からの

human being

人,人間

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

diagnose

〈病気〉‘を'診断する

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

pathologist

病理学者

microscope

『顕微鏡』

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

researcher

研究者,調査員

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

accuracy

『正確さ』,精密

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

partnership

〈U〉提携,協力

〈U〉組合契約;〈C〉合名会社

eliminate

(…から)…‘を'『取り除く』,削除する(get rid of)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'考慮に入れない,無視する(disregard)

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

superhuman

人間の域を超えた,神的な

超人的な,人力を越えた,神わざの

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

drone

(特にミツバチの)雄バチ

(他人の労働で生活する)怠け者,ごくつぶし

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

cad

きたないやつ

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

expertise

〈U〉専門技術[知識]

〈C〉《特に英》専門家の調査報告

winning

決勝の,勝利を得た

(表情・性格などが)魅力のある,愛きょうのある

〈U〉勝つこと,勝利

《複数形で》(特にとばくで)勝った金,賞金

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

minus

…を引くと,を減ずると

《話》…なしで,を失って,のない(without)

『マイナスの』,負の(negative)

《名詞の後にのみ用いて》…より少し低い(小さい,劣る)

ゼロ以下の

(また『minus sign』)負号,マイナス記号

負数

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

unnecessary

『必要のない』,無用の,よけいな

fur

〈U〉(ウサギ・ミンク・キツネなどの柔らかな)『毛皮』

《集合的に》柔らかな毛をした動物

〈C〉《しばしば複数形で》(外とう・えり巻きなどの)『毛皮製品』;(服装用の)毛皮

〈U〉(舌にできる)舌ごけ

〈U〉(やかんなどにつく)湯あか

〈衣服〉‘に'毛皮の裏(へり)をつける

〈舌〉‘に'舌ごけをつける

〈やかんなど〉‘に'湯あかをつける

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

speculative

(人・心などが)推測にふける,思索的な

《名詞の前にのみ用いて》(考え・結論などが)理論にもとづく,観念的な

投機の,思わく買いの

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

augmentation

増大,増加

増加した物,付加物

cognitive

認識の(に関する,を要する)

enhancement

高揚,増進

instead

『その代りとして』,それよりも

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

famously

すばらしく,すてきに,たいへんうまく

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

decay

『腐る』,朽ちる

〈繁栄・健康などが〉『衰える』,衰退する;〈活力などが〉低下する

〈他〉

…'を'『腐らせる』

『腐敗』;腐朽

『衰微』,衰え

(放射性物質の)自然崩壊

laughter

『笑い』,笑い声

computer

『計算機』;『電子計算機』

pronounce

〈単語・文・音〉‘を'『発音する』;〈単語の発音〉‘を'発音記号で示す

…‘を'『宣言する』,言明する;…‘を'宣告する

発音する

(…について)判断(判決)を下す《+『on』(『upon』)+『名』》

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

arc

『弧』,円弧

電弧(2点間を弧状に流れる電流)

弧を描く

電弧を生じる

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

clue

(問題・なぞなどを解く)『手がかり』,(研究などの)『糸口』,端緒;(話などの)筋道《+『to』+『名』》

=ciew1

=clew3

《『clue in』(『up』)+『名,clue』+『名』+『in』(『up』)》(…について)…‘に'手掛かり(情報)を与える《+『about』(『on』)+『名』》

retrieve

(…から)…‘を'取り戻す,回収する《+『名』+『from』+『名』》

〈罪など〉‘を'償う,〈誤りなど〉‘を'訂正する

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'捜して持って来る

〈猟犬が〉獲物を持って来る

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

pill

『丸薬』;《the pill》《話》ピル(経口避妊薬)

(耐えなければならない)不快なこと,苦しいこと

《通例単数形で》《俗》いやなやつ

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

datum

dataの単数形

既知の事実

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

allergy

アレルギー,異常過敏症

chronic

(病気が)長期にわたる,慢性の

《名詞の前にのみ用いて》常習の,癖になった

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

availability

利用できること,有用性,利用価値

comprehensive

理解力のある,分かりのいい

包括的な,範囲の広い

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

lives

lifeの複数形

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

mediate

〈紛争・相違点など〉‘を'調停する,仲裁する

〈妥協・和解・同意など〉‘を'仲裁して成立させる

(両者の)調停をする《+『between』+『名』》

仲介者(媒介物)を通じての,間接の

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

recall

…‘を'『思い出す』,…‘が'思い出される

(…から…へ)〈人〉‘を'『呼び戻す』,召還する;〈物〉‘を'回収する《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈命令・決定など〉‘を'『取り消す』,徹回する

《米》…‘を'任期満了前に解雇する

〈U〉(人・物事を)『思い出すこと』,(…の)回想《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa ~》(人の)召還;(物の)回収

〈U〉取り消し,徹回

〈U〉〈C〉リコール(有権者による公職者の罷免)

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

grace

〈U〉(形・動作などの)『優雅さ』,洗練

〈U〉〈C〉食前(食後)の短い祈り

〈U〉(…する)『思いやり』,親切《+『to』do》

〈U〉(神の)恩ちょう,恵み

〈U〉恩恵,恩典;猶予,(特に負債などの)支払い猶予

《複数形で》(人の)美点,長所,魅力

〈C〉《G-》《Your,His,Herを伴って》閣下,閣下夫人

《the Graces》(ギリシア神話の)美の三女神

…‘を'優雅にする,美しく飾る

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

dementia

(医学的な)痴呆(ちほう)

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

isolation

孤立;隔離,分離

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

renaissance

{C}復興,復活

〈U〉《the R-》文芸復興,ルネサンス(14‐16世紀にヨーロッパで見られた古典文芸・学術の復興)

(建築・美術などの)ルネサンス式

(14‐16世紀の)文芸復興の期間

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

decade

『10年間』

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

automate

〈工場・機械〉‘に'自動装置をつける,'を'オートメーション化する

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画