TED日本語 - ジュード・ケリー: 女性たちが人間の物語を語るべき理由

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

何世紀もの間(そしてさまざまな理由によって)高い評価を得た芸術作品は男性の視点から描かれて来ました。舞台演出家ジュード・ケリーが情熱的かつ論理的に指摘するように、それは現実の女性の物語や権利についての私たちの考え方にすら影響を与えてしまいます。彼女は、より有用でインクルーシブな世界の見方があると考えています。女性と男性のアーティストたちに、性別による不平等の無い社会を想像してそれを絵や小説や映画にしようと彼女は呼びかけます。

Script

何故私たちは 男性の語る物語が 皆にとって均しく重要な物語で 女性の語る物語は女性だけに 関係あるものだと考えるのでしょう?

祖母は12歳の時に学校を退学し 14人の子供をもうけました 母は15歳の時に退学し 秘書になりました 私は舞台演出家になるために 大学に進みました この進歩は 私が決して出会うことのない人々が 女性の権利の為に闘い 投票権や教育の権利を獲得し 進歩をもたらした事実と 深い関係を持つからです 私も同じことをすると決意してますし 皆さんもそのつもりですね そうでしょう?

(拍手)

それで私は「Women of the World (WOW)」 という祭典を7年前 始めました 今やそれは5大陸にまたがり 20カ国で開催されています その1つはアフリカの ソマリランドですが 昨年そこを訪れました そこでの楽しみの1つは ラース・ゲールという 洞窟を訪れることでした 世界で最も古い壁画の いくつかがあり それらは9千~1万1千年も 前のものだと考えられています アート 人類が誕生してから ずっと創られてきたものです 私たち自身をどう語るか ということであり 私たちのアイデンティティをどう理解するか 周囲をどう見るか 人生の意味に照らして 互いに何を見出し合うか そのためにアートは存在します

この絵を見てください 小さな女の子でしょう 小さな頃の私みたいだと 思いました そして 誰がこの楽しげな 若々しい姿を描いたんだろうと思い 洞窟のキュレーターに こう聞きました 「これを描いた男性や 女性のことを教えてください」 彼は私をジロリと見て言いました 「女性は描いていませんよ」 「でも1万1千年も前の話でしょう どうしてわかるんです?」

(笑)

彼は言いました「女性は こうした作業はしないものです 男性がこれらを描いたんです 女性ではありません」

私は大して 驚きもしませんでした これは私が舞台人生で ずっと目にして来た 態度だったからです 神の知恵は男性を通して 降りてくると私たちは教えられます イマームや牧師、ラビ ホーリーマンなどいずれも男性です 同じく 創造性は男性性に宿る と教えられます 私たち自身が何者であるのかを 結論づけることができるのは 男性性であり 人類の普遍的な物語を代弁するのは 男性だと 女性のアーティストたちは 女性の体験だけ ― 女性だけに意味ある 女性たち特有の問題や ほんの少数の男性が 束の間興味を持つことだけを 語るとされます 私たちが教え込まれた その思い込みは 女性の物語は重要なのだと 私たちが信じられるかどうかに 大きく影響すると思うのです 私たちが女性たちの語る物語も 重要なのだと信じる準備がない限り 女性の権利には意味がありません 変化も起きることはありません

誰にとっても重要だと 考えられている 二つの物語を例として お話しします 『E.T.』と『ハムレット』です

(笑)

子供たち2人が小さな頃 映画に連れて行きました キャロラインは8歳で ロビーは5歳でした ― 『E.T.』を観に これは小さなエイリアンが登場する 素敵な物語で 母親、2人の兄弟、妹がいる アメリカ人家族に救われます でも彼は故郷に帰りたいのです それだけでなく 悪い科学者たちが 実験をしようと企み 彼を捕まえようとしています 子供たちは考えます このエイリアンを 宇宙船に乗せて 急いで帰してあげようと それで彼を自転車の前カゴに入れて 走り出します 残念ながら悪者たちは これに気づいて追ってきます サイレンが鳴り 銃を持って 彼らはメガホンも持っていて 凄く恐いのです 子供たちに追手が迫ります ― もうダメかと思ったところ 突然 奇跡のように 自転車が宙に浮かびます 雲を越え 月を越えて そうして彼らは E.T.を救い出します

私の子供たちの顔を見てみると ロビーはうっとりして皆と一緒に E.T.を救い出しているつもりで 満足げです 一方キャロラインは大泣きです 「どうしたの?」 「どうして私はE.T.を助けられないの? どうして私は来ちゃいけないの?」 そこでハッと気づきました 「子供たち」ではなかったのです 彼らは全員 ― 全員が男の子たちでした キャロラインはとっても E.T.のことを心配していたけれど E.T.を救う旅には 呼ばれていませんでした 侮辱され 門前払いされた気分でした

それで私は スピルバーグ監督に手紙を ―

(笑)(拍手)

書いたんです 「貴方が子供に起こったことの 心理的な重大さを 理解されているかは存じませんが 子供のセラピー代を払う 用意はおありですか?」と

(笑)

20年経っても まだ返事がありませんが そのうち来るかも知れません

(笑)

でも 面白いと思ったんです だってインタビューによると 監督が『E.T.』で言いたかったのは こういうことだったからです 「 私たちは『違い』を愛し 慈しむべきなのだと 世界中の皆に 理解して欲しかったんです」 でも彼は何故だか 女の子たちのことを すっかり忘れてしまっていました 彼は全人類の物語を 書いていると思っていたのに キャロラインは人類の半分が のけ者にされていると感じました 彼は人類の善意の映画だと考え 彼女は男の子たちの ヒーロー的な冒険の物語だと思いました

これはありふれた事態です 男性たちは皆のことを語る 権威を与えられていると感じています 当然 ― でもどうして? 彼らは男性の目を通した 男性の経験に基づいて描きます 私たちは女性の視点を 持たなければなりません あらゆる本や映画といった お気に入りの作品を 改めて見直して 「これは『男性の』作品だった」 と気づくのです 作者の性別に気づくんです 多くの物語が男性の視点で 描かれていることを 再認識しなければなりません 男性の視点 それ自体は構いません でもそれなら女性は視点の半分を 占めていなければいけません 舞台、映画、小説といった 創作の場において半分を

『ハムレット』について お話しさせてください 「生きるべきか死ぬべきか それが問題だ」 でもそれは私の疑問ではなく 私の疑問は 「何故私は若い頃この物語が 人間の経験やジレンマの真髄を 描いたものだと教えられたのだろうか?」 ということです これは素晴らしい物語です でもこれは若い男性が 彼の父親の死の復讐を成し遂げない限り 男性社会の有力者として 認められないだろうと 恐れる話でした 彼は自殺が手段の1つだと 延々と語るのですが 実際に自殺をしてしまうのは オフィーリアです 彼に侮辱され無下に扱われて 彼女がその気持ちを 観客に語る場面はありません そしてオフィーリアと別れた後 彼は母親を責め立てます 何故なら彼女は叔父と 恋に落ちてセックスを楽しむ 厚かましさがあったからです

(笑)

素晴らしい物語ですが これは男性社会の衝突や ジレンマ、苦悩についての物語です でも私はこの話が普遍的な 物語だと教えられました 女性の登場人物は たった2人だとしてもです 自分を再教育しない限り いつまでも私は 女性の物語は男性の物語に比べ 重要ではないと思うところでした 女性も『ハムレット』を書けたはずです でもその物語は 違ったものになったでしょうし 世界的に認められることも 無かったでしょう 作家マーガレット・アトウッドが言うように 「男性が皿洗いについて書くと それはリアリズムの表現であり 女性が書く時には それは不幸な遺伝子の結果である」

(笑)

状況は今も同じです 私が若くて 舞台演出家になりたくて たまらなかった頃 男性講師は 私にこう聞きました 「ジュード この3人の イギリス人女性ディレクター レズビアンのジョアン・ナイト 引退したジョアン・リトルウッド 最近自殺したバズ・グッドバディ この3人のうちの 誰になりたいと思う?」

(笑)

ゲイの女性への 最低な侮辱は置いておいて あの時 彼は私を 侮辱したかったんです 私が演出家になりたいなんて 馬鹿げた話だと彼は考えたので 友達の指揮者マリン・オールソップに 話すと彼女は言いました 「私の音楽の先生も 全く同じことを言ったの」 「女性は指揮をしないものだ」 でも何年も経って 私たちは足跡を残しました あなたはこう思うでしょう 「これからは変わるだろう」 残念ながら 変わっていないんです パリ国立高等音楽・舞踊学校の 現校長の最近の言葉です 「交響曲を指揮するのには 大変な体力が必要だ 女性はか弱すぎる」

(笑)

画家ゲオルグ・バゼリッツは こう言いました 「女性は絵が描けない それが真実だ ― 女性はあまり絵が上手ではない」

作家V・S・ナイポールは 2年前にこう言いました 「2段落読めば それが 女性が書いたものかどうかわかる そして読むのを止めるのだ 私の時間を割く価値も無い」

(観客)エエッ

そういう話が多々あります

私たちは何か方法を見つけなければ 少女や女性たちが 自分たちの物語に価値が無く 語り部とはなれないのだと 思い込むことの無いように 主流派の立場から世界を語ることが 自分には許されないと 一度思ってしまったら 自分の才能を小さな集団に提供してしまおう と考えるようになります より小さな仕事を選び より小さな舞台を選ぶようになります そして経済力も小さくなり 語りかける観客の 規模も小さくなり アーティストとしての 実績も小さくなります 私たちはいま アーティストたちに 素晴らしい発表の場を 世界中で提供しています それは彼らが語り部だからです

アーティストでないあなたには 何の関係があるのでしょう? 例えばあなたが会計士だったり 起業家あるいは医療従事者 または科学者だったら 女性アーティストたちの事を わざわざ考えるべきでしょうか? もちろん そうするべきなのです 洞窟の壁画からもわかるように あらゆる文明 あらゆる民族で アーティストたちが 人類の歴史を語っていたのです 男性だけが人類の歴史を 語るとすれば 信じてください ― 男性についてだけの歴史になるでしょう

だからこれを変えましょう あらゆる場所で変化を起こしましょう 西洋社会だけでなく 忘れないでください ― 女性は創造性や才能が無いという メッセージは あらゆる国で語られています ナイジェリア、中国、ロシア インドネシアでも 世界中で少女たちや女性たちは 女性には創造性が無い と教えられています みなさんに伺います それを信じますか? 女性にも創造性は あるでしょうか?

(拍手喝采)

もしそう信じるなら 女性のアーティストたちを支援してください 作品を購入し 彼女たちの声は届いてると応え 彼女たちが声を届ける場所を 見つけてください そしてこれを忘れないでください ある意味 女性を不平等に扱う世界から 私たちが抜け出すために アーティストたちには そうでは無い世界を 思い描き表現する 役割があるのです あらゆるアーティストや 女性、男性に呼びかけます どのジェンダーも平等な世界を 心に思い描いて 実際に描き 彩りましょう 言葉にし 映像にしましょう もし私たちが その姿を思い描けたなら 世界にはそれに向けて歩む エネルギーとスタミナがあります

1万1千年前に描かれた 少女の絵を見る時思うんです その子が現代に来て こう思えるでしょうか 彼女の描いた夢を 見られるのだと 自分の運命を決める 権利があるのだと 彼女は世界の物語を表現し それを認められ 拍手を送られることができるのだと

ありがとうございました

(拍手)

Why do we think that stories by men are deemed to be of universal importance, and stories by women are thought to be merely about women?

My grandmother left school when she was 12. She had 14 children. My mother left school when she was 15. She was a secretary. I graduated from university to become a theater director, and that progress is entirely to do with the fact that people I'll never meet fought for women to have rights, get the vote, get education, have progress. And I'm determined to do the same, and obviously you are, too. Why not?

(Applause)

So I started a festival called WOW, Women of the World,seven years ago, and it's now in 20 countries across five continents. And one of those countries is Somaliland in Africa. So I traveled there last year, and part of the joy I had in going there was going to these caves. The Laas Geel caves. Now, these caves contain some of the oldest cave paintings in the world. These paintings are thought to be round about 9,000 to 11,000 years old. Art: what humanity has done ever since it evolved. It's how we speak about ourselves, how we understand our identity, how we look at our surroundings, who we find out about each other because of the meaning of our lives. That's what art is for.

So look at this little picture. I think it's a little girl. I thought it was a bit like me when I was a little girl. And I thought, well, who painted this joyful, youthful figure? And I asked the curator of the caves. I said, "Tell me about the men and women who painted these." And he looked at me absolutely askance, and he said, "Women didn't paint these pictures." And I said, "Well, it was 11,000 years ago." I said, "How do you know?"

(Laughter)

And he said, "Women don't do these things. Men made these marks. Women don't."

Now, I wasn't really surprised, because that's an attitude that I've seen continuously all my life as a theater maker. We are told that divine knowledge comes down through the masculine, whether it be to the imam, the priest, the rabbi, the holy man. Similarly, we're told that creative genius resides in the masculine, that it is the masculine that will be able to tell us about who we really are, that the masculine will tell the universal story on behalf of all of us, whereas women artists will really just talk about women's experiences, women's issues only really relevant to women and of passing interest to men -- and really only some men. And it's that conviction, that that we are taught, that I think colors so much of whether we're prepared to believe that women's stories really matter. And unless we're prepared to believe that women's stories really matter, then women's rights don't really matter, and then change can't really come.

I want to tell you about two examples of stories that are thought to be of universal importance: "E.T." and "Hamlet."

(Laughter)

So I took my two children when they were little -- Caroline was eight and Robby was five -- to see "E.T." And it's a fantastic story of this little alien who ends up in an American family with a mum,two brothers and a sister, but he wants to go home. Not only that, but some really bad scientists want to do some experiments on him, and they're looking for him. So the children have a plot. They decide they're going to take him back to his spaceship as soon as they can, and they plop him in a bicycle basket, and off they ride. But unfortunately, the baddies have found out, and they're catching up and they've got sirens and they've got their guns, they've got the loud-hailers, it's terribly frightening, and they're closing up on the children, and the children are never going to make it. And then all of a sudden, magically, the bikes fly up in the air, over the clouds, over the moon, and they're going to save "E.T."

So I turn to see my children's faces, and Robby is enraptured, he's there with them, he's saving E.T., he's a happy boy. And I turn to Caroline, and she's crying her eyes out. And I said, "What's the matter?" And she said, "Why can't I save E.T.? Why can't I come?" And then all of a sudden I realized: they weren't children; they were boys -- all boys. And Caroline, who had invested so much in E.T., well, she wasn't invited to save him, and she felt humiliated and spurned.

So I wrote to Steven Spielberg --

(Laughter) (Applause)

and I said, "I don't know if you understand the psychological importance of what's happened, and are you prepared to pay for the therapy bills?"

(Laughter)

Twenty years later, I haven't had a word back from him, but I'm still hopeful.

(Laughter)

But I thought it was interesting, because if you read reviews of what he intended with E.T., he says very specifically, "I wanted the world to understand that we should love and embrace difference." But somehow he didn't include the idea of girls' difference in this thinking. He thought he was writing a story about all humanity. Caroline thought he was marginalizing half of humanity. He thought he was writing a story about human goodness; she thought he was writing a lad's heroic adventure.

And this is common. Men feel they have been given the mantle for universal communication, but of course, how could they be? They are writing from male experience through male's eyes. We have to have a look at this ourselves. We have to be prepared to go back through all our books and our films, all our favorite things, and say, "Actually, this is written by a male artist -- not an artist. We have to see that so many of these stories are written through a male perspective. Which is fine, but then females need to have 50 percent of the rights for the stage, the film, the novel, the place of creativity.

Let me talk about "Hamlet." To be or not to be. That is the question. But it's not my question. My question is: Why was I taught as a young woman that this was the quintessential example of human dilemma and human experience? It's a marvelous story, but actually, it's about a young man fearful that he won't be able to make it as a powerful figure in a male world unless he takes revenge for his father's murder. He talks a great deal to us about suicide being an option, but the reality is that the person who actually commits suicide, Ophelia, after she's been humiliated and abused by him, never gets a chance to talk to the audience about her feelings. And then when he's finished with Ophelia, he turns on his mum, because basically she has the audacity to fall in love with his uncle and enjoy sex.

(Laughter)

It is a great story, but it is a story about male conflict, male dilemma, male struggle. But I was told this was the story of human beings, despite the fact that it only had two women in it. And unless I reeducate myself, I am always going to think that women's stories matter less than men's. A woman could have written "Hamlet," but she would have written it differently, and it wouldn't have had global recognition. As the writer Margaret Atwood says, "When a man writes about doing the dishes, it's realism. When a woman writes about doing it, it's an unfortunate genetic disposition."

(Laughter)

Now, this is not just something that belongs to then. I mean, when I was a young girl, wanting desperately to be a theater director, this is what my male lecturer said to me: "Well, there are three women directors in Britain," he said, "Jude." "There's Joan Knight, who's a lesbian, there's Joan Littlewood, who's retired, and there's Buzz Goodbody, who's just killed herself. So, which of those three would you like to be?"

(Laughter)

Now, leaving aside the disgusting slur on gay women, the fact is, he wanted to humiliate me. He thought it was silly that I wanted to be a director. And I told my friend Marin Alsop, the conductor, and she said, "Oh yes, well, my music teacher said exactly the same. He said, 'Women don't conduct.'" But all these years later, we've made our mark. You think, "Well, it'll be different now." I'm afraid it's not different now. The current head of the Paris Conservatoire said recently, "It takes great physical strength to conduct a symphony, and women are too weak."

(Laughter)

The artist George Baselitz said, "Well, the fact is women can't paint. Well -- they can't paint very well."

The writer V.S. Naipaul said two years ago, "I can read two paragraphs and know immediately if it's written by a woman, and I just stop reading, because it's not worthy of me."

Audience: Whoa!

And it goes on.

We have to find a way of stopping young girls and women feeling not only that their story doesn't matter, but they're not allowed to be the storyteller. Because once you feel that you can't stand in the central space and speak on behalf of the world, you will feel that you can offer your goods up to a small, select group. You will tend to do smaller work on smaller stages, your economic power will be less, your reach of audiences will be less, and your credit will be less as an artist. And we do finally give artists these incredible, prominent spaces in the world, because they are our storytellers.

Now, why should it matter to you if you're not an artist? Supposing you're an accountant or an entrepreneur or a medic or a scientist: Should you care about women artists? Absolutely, you must, because as you can see from the cave paintings, all civilizations, all of humanity have relied upon artists to tell the human story, and if the human story is finally told by men, take my word for it, it will be about men.

So let's make a change. Let's make a change to all our institutions, and not just in the West. Don't forget -- this message of incapability of women to hold creative genius is being told to girls and women in Nigeria, in China, in Russia, in Indonesia. All over the world, girls and women are being told that they can't finally hold the idea of creative inspiration. And I want to ask you: Do you believe that? Do you believe that women can be a creative genius?

(Applause and cheers)

Well then, please go forward, support women artists, buy their work, insist that their voices are heard, find platforms on which their voices will be made. And remember this: that in a sense, if we're going to get past this moment of a world where we know that we are unequal, it's artists who have to imagine a different world. And I'm calling on all artists, women and men, to imagine a gender-equal world. Let's paint it. Let's draw it. Let's write about it. Let's film it. And if we could imagine it, then we would have the energy and the stamina to work towards it.

When I see this little girl,11,000 years ago, I want to know that the little girl now can stand there and think she's entitled to her dreams, she's entitled to her destiny and she's entitled to speak on behalf of the whole world, be recognized for it and applauded.

Thank you.

(Applause)

Why do we think/ that stories/ by men are deemed to be of universal importance,/ and stories/ by women are thought to be merely about women?//

何故私たちは 男性の語る物語が 皆にとって均しく重要な物語で 女性の語る物語は女性だけに 関係あるものだと考えるのでしょう?

My grandmother left school/ when she was 12.//

祖母は12歳の時に学校を退学し

She had 14 children.//

14人の子供をもうけました

My mother left school/ when she was 15.//

母は15歳の時に退学し

She was a secretary.//

秘書になりました

I graduated from university/ to become a theater director,/ and/ that progress is entirely to do with the fact/ that people/ I'll never meet fought for women/ to have rights,/ get the vote,/ get education,/ have progress.//

私は舞台演出家になるために 大学に進みました この進歩は 私が決して出会うことのない人々が 女性の権利の為に闘い 投票権や教育の権利を獲得し 進歩をもたらした事実と 深い関係を持つからです

And I'm determined to do the same,/ and obviously/ you are,/ too.//

私も同じことをすると決意してますし 皆さんもそのつもりですね

Why not?//

そうでしょう?

(拍手)

So I started/ a festival called WOW,/ Women of the World,/seven years ago,/ and it's now/ in 20 countries across/ five continents.//

それで私は「Women of the World (WOW)」 という祭典を7年前 始めました 今やそれは5大陸にまたがり 20カ国で開催されています

And one of those countries is Somaliland/ in Africa.//

その1つはアフリカの ソマリランドですが

So/ I traveled there/ last year,/ and part of the joy/ I had in going there was going to these caves.//

昨年そこを訪れました そこでの楽しみの1つは ラース・ゲールという

The Laas Geel caves.//

洞窟を訪れることでした

Now,/ these caves contain some of the oldest cave paintings/ in the world.//

世界で最も古い壁画の いくつかがあり

These paintings are thought to be round/ about 9,000/ to 11,000 years old.//

それらは9千~1万1千年も 前のものだと考えられています

Art:/ what humanity has done ever/ since it/ evolved.//

アート 人類が誕生してから ずっと創られてきたものです

It's/ how we speak about ourselves,/ how we understand our identity,/ how we look at our surroundings,/ who we find out/ about each other/ because of the meaning of our lives.//

私たち自身をどう語るか ということであり 私たちのアイデンティティをどう理解するか 周囲をどう見るか 人生の意味に照らして 互いに何を見出し合うか

That's/ what art is for.//

そのためにアートは存在します

So look at this little picture.//

この絵を見てください

I think/ it's a little girl.//

小さな女の子でしょう

I thought/ it was a bit/ like me/ when I was a little girl.//

小さな頃の私みたいだと 思いました

And I thought,/ well,/ who painted this joyful, youthful figure?//

そして 誰がこの楽しげな 若々しい姿を描いたんだろうと思い

And I asked the curator of the caves.//

洞窟のキュレーターに こう聞きました

I said,/ "Tell me/ about the men and women/ who painted these."//

「これを描いた男性や 女性のことを教えてください」

And he looked at me absolutely/ askance,/ and he said,/ "Women didn't paint these pictures."//

彼は私をジロリと見て言いました 「女性は描いていませんよ」

And I said,/ "Well,/ it was 11,000 years ago."//

「でも1万1千年も前の話でしょう

I said,/ "How do you know?"//

どうしてわかるんです?」

(笑)

And he said,/ "Women don't do these things.//

彼は言いました「女性は こうした作業はしないものです

Men made these marks.// Women don't."//

男性がこれらを描いたんです 女性ではありません」

Now,/ I wasn't really surprised,/ because that's an attitude/ that I've seen continuously/ all my life/ as a theater maker.//

私は大して 驚きもしませんでした これは私が舞台人生で ずっと目にして来た 態度だったからです

We are told/ that divine knowledge comes down/ through the masculine,/ whether it be to the imam,/ the priest,/ the rabbi,/ the holy man.//

神の知恵は男性を通して 降りてくると私たちは教えられます イマームや牧師、ラビ ホーリーマンなどいずれも男性です

Similarly,/ we're told/ that creative genius resides in the masculine,/ that it is the masculine/ that will be able to tell us/ about who we really are,/ that the masculine will tell the universal story/ on behalf of all of us,/ whereas women artists will really just talk about women's experiences,/ women's issues only really relevant/ to women/ and of passing interest/ to men --/ and really/ only some men.//

同じく 創造性は男性性に宿る と教えられます 私たち自身が何者であるのかを 結論づけることができるのは 男性性であり 人類の普遍的な物語を代弁するのは 男性だと 女性のアーティストたちは 女性の体験だけ ― 女性だけに意味ある 女性たち特有の問題や ほんの少数の男性が 束の間興味を持つことだけを 語るとされます

And it's/ that conviction,/ that/ that we are taught,/ that I think colors/ so much of whether we're prepared to believe/ that women's stories really matter.//

私たちが教え込まれた その思い込みは 女性の物語は重要なのだと 私たちが信じられるかどうかに 大きく影響すると思うのです

And/ unless we're prepared to believe/ that women's stories really matter,/ then/ women's rights don't really matter,/ and then change/ can't really come.//

私たちが女性たちの語る物語も 重要なのだと信じる準備がない限り 女性の権利には意味がありません 変化も起きることはありません

I want to tell/ you about two examples of stories/ that are thought to be of universal importance:/ "E.T."// and "Hamlet."//

誰にとっても重要だと 考えられている 二つの物語を例として お話しします 『E.T.』と『ハムレット』です

(笑)

So I took my two children/ when they were little --/ Caroline was eight/ and Robby was five --/ to see "E.T."//

子供たち2人が小さな頃 映画に連れて行きました キャロラインは8歳で ロビーは5歳でした ― 『E.T.』を観に

And it's a fantastic story of this little alien/ who ends up/ in an American family/ with a mum,/two brothers and a sister,/ but he wants to go/ home.//

これは小さなエイリアンが登場する 素敵な物語で 母親、2人の兄弟、妹がいる アメリカ人家族に救われます でも彼は故郷に帰りたいのです

Not only/ that,/ but some really bad scientists want to do/ some experiments/ on him,/ and they're looking/ for him.//

それだけでなく 悪い科学者たちが 実験をしようと企み 彼を捕まえようとしています

So the children have a plot.//

子供たちは考えます

They decide/ they're going to take/ him back/ to his spaceship as soon/ as they can,/ and they plop him/ in a bicycle basket,/ and off/ they ride.//

このエイリアンを 宇宙船に乗せて 急いで帰してあげようと それで彼を自転車の前カゴに入れて 走り出します

But unfortunately,/ the baddies have found out,/ and they're catching up/ and they've got sirens/ and they've got their guns,/ they've got the loud-hailers,/ it's terribly frightening,/ and they're closing up/ on the children,/ and the children are never going to make/ it.//

残念ながら悪者たちは これに気づいて追ってきます サイレンが鳴り 銃を持って 彼らはメガホンも持っていて 凄く恐いのです 子供たちに追手が迫ります ― もうダメかと思ったところ

And then/ all of a sudden,/ magically,/ the bikes fly up/ in the air,/ over the clouds,/ over the moon,/ and they're going to save/ "E.T."//

突然 奇跡のように 自転車が宙に浮かびます 雲を越え 月を越えて そうして彼らは E.T.を救い出します

So I turn to see/ my children's faces,/ and Robby is enraptured,/ he's there/ with them,/ he's saving E.T.//,/ he's a happy boy.//

私の子供たちの顔を見てみると ロビーはうっとりして皆と一緒に E.T.を救い出しているつもりで 満足げです

And I turn to Caroline,/ and she's crying her eyes out.//

一方キャロラインは大泣きです

And I said,/ "What's the matter?"//

「どうしたの?」

And she said,/ "Why can't I save E.T.//?// Why can't I come?"//

「どうして私はE.T.を助けられないの? どうして私は来ちゃいけないの?」

And then/ all of a sudden/ I realized:/ they weren't children;/ they were boys --/ all boys.//

そこでハッと気づきました 「子供たち」ではなかったのです 彼らは全員 ― 全員が男の子たちでした

And Caroline,/ who had invested so much/ in E.T.//,/ well,/ she wasn't invited to save him,/ and she felt humiliated/ and spurned.//

キャロラインはとっても E.T.のことを心配していたけれど E.T.を救う旅には 呼ばれていませんでした 侮辱され 門前払いされた気分でした

So I wrote to Steven Spielberg --/ (Laughter) (Applause)/

それで私は スピルバーグ監督に手紙を ― (笑)(拍手)

and I said,/ "I don't know/ if you understand the psychological importance of what's happened,/ and are you prepared/ to pay for the therapy bills?"//

書いたんです 「貴方が子供に起こったことの 心理的な重大さを 理解されているかは存じませんが 子供のセラピー代を払う 用意はおありですか?」と

(笑)

Twenty years later,/ I haven't had a word back/ from him,/ but I'm still/ hopeful.//

20年経っても まだ返事がありませんが そのうち来るかも知れません

(笑)

But I thought/ it was interesting,/ because/ if you read reviews of what he intended with E.T.//,/ he says very specifically,/ "I wanted the world/ to understand/ that we should love and embrace difference."//

でも 面白いと思ったんです だってインタビューによると 監督が『E.T.』で言いたかったのは こういうことだったからです 「 私たちは『違い』を愛し 慈しむべきなのだと 世界中の皆に 理解して欲しかったんです」

But somehow/ he didn't include the idea of girls/' difference/ in this thinking.//

でも彼は何故だか 女の子たちのことを すっかり忘れてしまっていました

He thought/ he was writing a story/ about all humanity.//

彼は全人類の物語を 書いていると思っていたのに

Caroline thought/ he was marginalizing half of humanity.//

キャロラインは人類の半分が のけ者にされていると感じました

He thought/ he was writing a story/ about human goodness;/ she thought/ he was writing a lad's heroic adventure.//

彼は人類の善意の映画だと考え 彼女は男の子たちの ヒーロー的な冒険の物語だと思いました

And this is common.//

これはありふれた事態です

Men feel/ they have been given the mantle/ for universal communication,/ but of course,/ how could they be?//

男性たちは皆のことを語る 権威を与えられていると感じています 当然 ― でもどうして?

They are writing from male experience/ through male's eyes.//

彼らは男性の目を通した 男性の経験に基づいて描きます

We have to have/ a look/ at this ourselves.//

私たちは女性の視点を 持たなければなりません

We have to be prepared to go back/ through all our books and our films,/ all our favorite things,/ and say,/ "Actually,/ this is written by a male artist --/ not an artist.//

あらゆる本や映画といった お気に入りの作品を 改めて見直して 「これは『男性の』作品だった」 と気づくのです 作者の性別に気づくんです

We have to see/ that so many of these stories are written through a male perspective.//

多くの物語が男性の視点で 描かれていることを 再認識しなければなりません

Which is fine,/ but then/ females need to have/ 50 percent of the rights/ for the stage,/ the film,/ the novel,/ the place of creativity.//

男性の視点 それ自体は構いません でもそれなら女性は視点の半分を 占めていなければいけません 舞台、映画、小説といった 創作の場において半分を

Let me/ talk about "Hamlet."//

『ハムレット』について お話しさせてください

To be/ or not to be.//

「生きるべきか死ぬべきか

That is the question.//

それが問題だ」

But it's not my question.//

でもそれは私の疑問ではなく

My question is:/ Why was I taught as a young woman/ that this was the quintessential example of human dilemma and human experience?//

私の疑問は 「何故私は若い頃この物語が 人間の経験やジレンマの真髄を 描いたものだと教えられたのだろうか?」 ということです

It's a marvelous story,/ but actually,/ it's about a young man fearful/ that he won't be able to make it/ as a powerful figure/ in a male world/ unless he takes revenge/ for his father's murder.//

これは素晴らしい物語です でもこれは若い男性が 彼の父親の死の復讐を成し遂げない限り 男性社会の有力者として 認められないだろうと 恐れる話でした

He talks a great deal/ to us/ about suicide/ being an option,/ but the reality is/ that the person/ who actually commits suicide,/ Ophelia,/ after she's been humiliated and abused by him,/ never gets a chance/ to talk to the audience/ about her feelings.//

彼は自殺が手段の1つだと 延々と語るのですが 実際に自殺をしてしまうのは オフィーリアです 彼に侮辱され無下に扱われて 彼女がその気持ちを 観客に語る場面はありません

And then/ when he's finished with Ophelia,/ he turns on his mum,/ because basically/ she has the audacity/ to fall in love/ with his uncle and enjoy sex.//

そしてオフィーリアと別れた後 彼は母親を責め立てます 何故なら彼女は叔父と 恋に落ちてセックスを楽しむ 厚かましさがあったからです

(笑)

It is a great story,/ but it is a story/ about male conflict,/ male dilemma,/ male struggle.//

素晴らしい物語ですが これは男性社会の衝突や ジレンマ、苦悩についての物語です

But I was told this was the story of human beings,/ despite the fact/ that it only had two women/ in it.//

でも私はこの話が普遍的な 物語だと教えられました 女性の登場人物は たった2人だとしてもです

And/ unless I reeducate myself,/ I am always going to think/ that women's stories matter less/ than men's.//

自分を再教育しない限り いつまでも私は 女性の物語は男性の物語に比べ 重要ではないと思うところでした

A woman could have written "Hamlet,/"/ but she would have written it differently,/ and it wouldn't have had global recognition.//

女性も『ハムレット』を書けたはずです でもその物語は 違ったものになったでしょうし 世界的に認められることも 無かったでしょう

As the writer Margaret Atwood says,/ "When a man writes about doing the dishes,/ it's realism.//

作家マーガレット・アトウッドが言うように 「男性が皿洗いについて書くと それはリアリズムの表現であり

When a woman writes about doing it,/ it's an unfortunate genetic disposition."//

女性が書く時には それは不幸な遺伝子の結果である」

(笑)

Now,/ this is not just something/ that belongs to then.//

状況は今も同じです

I mean,/ when I was a young girl,/ wanting desperately to be a theater director,/ this is/ what my male lecturer said to me:/ "Well,/ there are three women directors/ in Britain,/"/ he said,/ "Jude."//

私が若くて 舞台演出家になりたくて たまらなかった頃 男性講師は 私にこう聞きました 「ジュード この3人の イギリス人女性ディレクター

"There's Joan Knight,/ who's a lesbian,/ there's Joan Littlewood,/ who's retired,/ and there's Buzz Goodbody,/ who's just killed herself.//

レズビアンのジョアン・ナイト 引退したジョアン・リトルウッド 最近自殺したバズ・グッドバディ

So,/ which of those three would you like to be?"//

この3人のうちの 誰になりたいと思う?」

(笑)

Now,/ leaving aside/ the disgusting slur/ on gay women,/ the fact is,/ he wanted to humiliate/ me.//

ゲイの女性への 最低な侮辱は置いておいて あの時 彼は私を 侮辱したかったんです

He thought/ it was silly/ that I wanted to be a director.//

私が演出家になりたいなんて 馬鹿げた話だと彼は考えたので

And I told my friend Marin Alsop,/ the conductor,/ and she said,/ "Oh yes,/ well,/ my music teacher said exactly/ the same.//

友達の指揮者マリン・オールソップに 話すと彼女は言いました 「私の音楽の先生も 全く同じことを言ったの」

He said,/ 'Women don't conduct.'//"/ But all these years later,/ we've made our mark.//

「女性は指揮をしないものだ」 でも何年も経って 私たちは足跡を残しました

You think,/ "Well,/ it'll be different now."//

あなたはこう思うでしょう 「これからは変わるだろう」

I'm afraid/ it's not different now.//

残念ながら 変わっていないんです

The current head of the Paris Conservatoire said recently,/ "It takes great physical strength/ to conduct a symphony,/ and women are too weak."//

パリ国立高等音楽・舞踊学校の 現校長の最近の言葉です 「交響曲を指揮するのには 大変な体力が必要だ 女性はか弱すぎる」

(笑)

The artist George Baselitz said,/ "Well,/ the fact is women can't paint.//

画家ゲオルグ・バゼリッツは こう言いました 「女性は絵が描けない それが真実だ

Well --/ they can't paint very well."//

― 女性はあまり絵が上手ではない」

The writer V.S.// Naipaul said two years ago,/ "I can read two paragraphs/ and know immediately/ if it's written by a woman,/ and I just stop reading,/ because it's not worthy of me."//

作家V・S・ナイポールは 2年前にこう言いました 「2段落読めば それが 女性が書いたものかどうかわかる そして読むのを止めるのだ 私の時間を割く価値も無い」

Audience:/ Whoa!//

(観客)エエッ

And it goes on.//

そういう話が多々あります

We have to find/ a way of stopping young girls and women/ feeling not only/ that their story doesn't matter,/ but they're not allowed to be the storyteller.//

私たちは何か方法を見つけなければ 少女や女性たちが 自分たちの物語に価値が無く 語り部とはなれないのだと 思い込むことの無いように

Because once/ you feel/ that you can't stand in the central space and speak/ on behalf of the world,/ you will feel/ that you can offer your goods/ up/ to a small, select group.//

主流派の立場から世界を語ることが 自分には許されないと 一度思ってしまったら 自分の才能を小さな集団に提供してしまおう と考えるようになります

You will tend to do/ smaller work/ on smaller stages,/ your economic power will be less,/ your reach of audiences will be less,/ and your credit will be less/ as an artist.//

より小さな仕事を選び より小さな舞台を選ぶようになります そして経済力も小さくなり 語りかける観客の 規模も小さくなり アーティストとしての 実績も小さくなります

And we do finally give artists/ these incredible, prominent spaces/ in the world,/ because they are our storytellers.//

私たちはいま アーティストたちに 素晴らしい発表の場を 世界中で提供しています それは彼らが語り部だからです

Now,/ why should it matter to you/ if you're not an artist?//

アーティストでないあなたには 何の関係があるのでしょう?

Supposing you're an accountant or an entrepreneur or a medic or a scientist:/ Should you care about women artists?//

例えばあなたが会計士だったり 起業家あるいは医療従事者 または科学者だったら 女性アーティストたちの事を わざわざ考えるべきでしょうか?

Absolutely,/ you must,/ because/ as you can see from the cave paintings,/ all civilizations,/ all of humanity have relied upon artists/ to tell the human story,/ and/ if the human story is finally told by men,/ take my word/ for it,/ it will be about men.//

もちろん そうするべきなのです 洞窟の壁画からもわかるように あらゆる文明 あらゆる民族で アーティストたちが 人類の歴史を語っていたのです 男性だけが人類の歴史を 語るとすれば 信じてください ― 男性についてだけの歴史になるでしょう

So let's make a change.//

だからこれを変えましょう

Let's make a change/ to all our institutions, and not just/ in the West.//

あらゆる場所で変化を起こしましょう 西洋社会だけでなく

Don't forget --/ this message of incapability of women to hold creative genius is being told to girls and women/ in Nigeria,/ in China,/ in Russia,/ in Indonesia.//

忘れないでください ― 女性は創造性や才能が無いという メッセージは あらゆる国で語られています ナイジェリア、中国、ロシア インドネシアでも

All/ over the world,/ girls and women are being told/ that they can't finally hold the idea of creative inspiration.//

世界中で少女たちや女性たちは 女性には創造性が無い と教えられています

And I want to ask/ you:/ Do you believe/ that?//

みなさんに伺います それを信じますか?

Do you believe/ that women can be a creative genius?//

女性にも創造性は あるでしょうか?

(拍手喝采)

Well then,/ please go forward,/ support women artists,/ buy their work,/ insist/ that their voices are heard,/ find platforms/ on which their voices will be made.//

もしそう信じるなら 女性のアーティストたちを支援してください 作品を購入し 彼女たちの声は届いてると応え 彼女たちが声を届ける場所を 見つけてください

And remember/ this:/ that in a sense,/ if we're going to get past/ this moment of a world/ where we know/ that we are unequal,/ it's artists/ who have to imagine/ a different world.//

そしてこれを忘れないでください ある意味 女性を不平等に扱う世界から 私たちが抜け出すために アーティストたちには そうでは無い世界を 思い描き表現する 役割があるのです

And I'm calling/ on all artists, women and men,/ to imagine a gender-equal world.//

あらゆるアーティストや 女性、男性に呼びかけます どのジェンダーも平等な世界を 心に思い描いて

Let's paint it.// Let's draw it.//

実際に描き 彩りましょう

Let's write/ about it.// Let's film it.//

言葉にし 映像にしましょう

And/ if we could imagine it,/ then/ we would have the energy/ and the stamina/ to work towards it.//

もし私たちが その姿を思い描けたなら 世界にはそれに向けて歩む エネルギーとスタミナがあります

When I see this little girl,/11,000 years ago,/ I want to know/ that the little girl now can stand there/ and think she's entitled to her dreams,/ she's entitled to her destiny/ and she's entitled to speak/ on behalf of the whole world,/ be recognized for it/ and applauded.//

1万1千年前に描かれた 少女の絵を見る時思うんです その子が現代に来て こう思えるでしょうか 彼女の描いた夢を 見られるのだと 自分の運命を決める 権利があるのだと 彼女は世界の物語を表現し それを認められ 拍手を送られることができるのだと

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

deem

…‘と'思う(think)

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

merely

『単に』,ただ

grandmother

『祖母』

secretary

(個人・会社などの)『秘書』《+『to』(『of』)+『名』》

(官公庁などの)『書記』[『官』],秘書官

《S-》《米》長官;《英》大臣

(本箱付きの)書き物机

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

director

『指導者』,指揮者

(会社・法人の)『重役』,取締役

(映画・演劇・テレビ番組などの)『監督』,演出家,ディレクター

(オーケストラ・合唱団などの)指揮者(conductor)

(私立学校の)校長(principal)(施設の)所長,(役所の)局長,部長

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

obviously

明らかに,明白に

applause

『拍手かっさい』;称賛

festival

〈C〉〈U〉『祭り』,祝い,祭典

〈C〉『祭日』,祝日

《しばしば『F-』》(映画・音楽などの)…祭

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

women

woman の複数形

continent

自制した,禁欲的な

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

cave

『ほら穴』,(特に)横穴

〈地盤などが〉陥没する

〈帽子など〉'を'へこます

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

surrounding

『囲む』,周囲の,付近の

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

lives

lifeの複数形

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

joyful

『うれしい』,喜びに満ちた

youthful

(人が)『若い』

若者に特有の,青年にふさわしい,(洋服・髪型などが)若い人向けの

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

curator

(博物館・図書館などの)管理者,館長

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

askance

横に,斜めに;横目で

laughter

『笑い』,笑い声

men

manの複数形

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

maker

〈C〉『製作者』,作る人,メーカー

《複合語を作って》…製造業者,…屋

《the M-,our M-》造物主,神(God)

divine

『神の』

神のような

神が与える,神から授かった

神にささげる;神聖な

《話》すばらしい,すてきな

聖職者,牧師

神学者

〈未来・未知のことなど〉‘を'占う,予言する

〈水脈・鉱脈〉‘を'発見(探知)できる

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

masculine

『男らしい』,男性的な

『男の』,男子の

(女が)男まさりの

(文法用語で,語が)男性の

男性形の単語;〈U〉男性形

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

imam

〈C〉(イスラム教の)僧,導師

《I-》イスラム教国の宗教的元首の称号

rabbi

ユダヤの律法学者

ユダヤ教の聖職者;その尊称

holy

『神聖な』,神にささげられた

信仰のある,神に身をささげた

《俗》ひどい,はなはだしい

至高の聖所

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

creative

『創造力のある』

『独創的な』

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

reside

(…に)『住む』,居住する《+『at』(『in』)+『名』》

〈権力・権利などが〉(…に)『ある』,『存在する』《+『in』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

behalf

大義, 大目的; 支持, 利益; 《古》 点, 面

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

conviction

〈U〉〈C〉『確信』,自信

〈U〉《文》説得力,確信を抱かせること

〈U〉有罪宣告;〈C〉有罪判決

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

Hamlet

ハムレット(Shakespeare作の悲劇の題名;その主人公の名)

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

alien

『外国の』,異国の;外国人の,在留外国人の

《補語にのみ用いて》(…と)性質の異なる《+『from』(『to』)+『名』》

《補語にのみ用いて》(…と)相いれない,(…に)反する《+『to』+『名』》

異常な

(ある国に在住する)外国人,在留外国人;(citizenと区別して帰化してない)外国人

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

mum

《補語にのみ用いて》沈黙した,物を言わない(silent)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

plot

『小区画の土地』,小地所

(小説・劇などの)『筋』,プロット

『蔭謀』,たくらみ

〈悪事〉‘を'『ひそかに計画する』,たくらむ

(地図・海図などに)…‘を'書き込む;…‘の'図表(図面)を作る

〈土地〉‘を'区画する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に対して…の)『陰謀を企てる』,たくらむ《+『against』+『名』+『about』(『toward』)+『名』(do『ing』)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

spaceship

=spacecraft

plop

(…に)ボチャン(ドブン)と落ちる《+『down』『into』+『名』》

(…に)…‘を'ボチャン(ポチャリ)と落とす《+『名』+『into』(『in, onto』)+『名』》

ボチャン(ポチャリ)と落ちること,その音

ボチャンと,ポンと

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

basket

『かご』,『バスケット』

(…の)かご1杯(basketful)《+『of』+『名』》

(バスケットボールで)ゴールの網

得点

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

siren

『サイレン』,『警笛』

サイレン(ギリシア神話で美声で船人を誘い,殺したという半女半鳥の海の精)

美声の歌い手;(男を惑わす)美女,妖婦(ようふ)

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

close up

(映画で)大写し,クローズアップ;近接写真

《話》精密な観察

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

magically

魔法のように,不思議に

bike

=bicycle

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

enrapture

〈人〉‘を'有頂天にする,うっとりさせる

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

humiliate

〈人〉‘の'自尊心を傷つける,‘に'恥ずかしい思いをさせる

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

hopeful

『希望に満ちた』

『有望な』,見込みのある,末たのもしい

前途有望な人

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

intend

…‘を'『意図する』,‘の'つもりである

(特定の目標に)…‘を'向ける,あてる《+『名』+『for』(『as』)+『名』》

(…で)…‘を'表そうとする《+『by』+『名』》

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

goodness

(一般に)『優秀さ』,質のよさ,よい状態

(人の)『親切』,優しさ,寛容,親切

(食物などの)『よいところ』,精髄,滋養分

《Godを遠回しに言って驚きを表す句に用いて》

lad

若者,少年(boy)

《話》《おもにイギリス北部で,親愛を表す呼び掛けに用いて》男,やつ

heroic

『英雄的な』,勇ましい,大胆な,高潔な

(神話・伝説中の)英雄の行為を歌った

誇張した

誇張した言葉(動作)

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

mantle

《古》(ゆったりしたそでのない)外とう,マント

覆うもの,包み隠すもの

(ガス灯の)マントル

マントル,外とう部(地球内部の地殻と核との間の部分)

=mantelpiece

…‘を'マントで覆う;《文》(マントで覆うように)…‘を'覆う,包む,隠す

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

novel

『新奇な』,ざん新な

creativity

独創性

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

quintessential

本質の,精髄の

dilemma

『板ばさみ』,抜きさしならない羽目,窮地

(論理学で)両刀論法

fearful

『恐ろしい』,こわい

《補語にのみ用いて》心配して,気づかって

恐ろしがる,心配そうな

《おもに英話》たいへんな,ひどい

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

revenge

〈受けた危害・悔辱など〉‘に'『復讐』(ふくしゅう)『する』;〈人〉‘の'仇(あだ)を討つ

行為・言葉に対する人への)復讐(あくしゅう),仕返し;復讐心《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』〈行為・言葉〉》

murder

〈U〉『殺人』謀殺,殺害

〈C〉殺人行為,殺人事件

〈U〉《話》危険なこと,命取りになること

(殺意をもって)〈人〉‘を'『殺す』,殺害する

(力不足のために)〈作品など〉‘を'だめにする,ぶちこわす

殺人を犯す

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

abuse

〈U〉〈C〉(自分の,あるいは人の権利などの)『乱用』,悪用《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》悪習,悪弊

〈U〉『悪口』,悪態,ののしり

〈地位・権力など〉'を'『乱用する』,悪用する

…'を'『虐待する』(maltreat),酷使する

…'を'『ののしる』,‘の'悪口をいう

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

basically

基本的に,根本的に;元来は

audacity

大胆さ(daring)

(悪い意味で)大胆不敵さ;(…する)厚かましさ,ずうずうしさ《+『to』 do》

uncle

『おじ』

おばの夫

《話》(年輩者に)おじさん,おっさん

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

human being

人,人間

despite

…『にもかかわらず』

reeducate

〈人〉‘を'再教育する

〈人〉‘に'更生のため教える

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

realism

現実主義

写実主義,リアリズム

実在論

unfortunate

『不運な』,不幸な

不適当な,不適切な

不運な人,不幸な人

disposition

(人の)『気質』,性質

〈C〉(…する)傾向,(…したい)気持ち

〈U〉『配置』,配列(arrangement)

〈U〉(物事の最終的な)処理,処置;決着

〈U〉(物件などの)処分,譲渡,売却;使用権,自由裁量権

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

lecturer

(…の)講演者;(大学の)講師《+『in』+『名』》

訓械する人,しかる人

Britain

『英国』,ブリテン

大ブリテン島(Great Britain)(England, Wales, Scotlandを含む)

イギリス連合王国(the United Kingdom [of Great Britain and Northern Ireland])

knight

『騎士』,ナイト,(中世の)武士

『ナイト爵』(しやく),勲爵(くんしゃく)士(英国で国家に功労のあった者に与えられる尊弥で,姓名の前にSirを付けて呼ばれ,baronetの次に位する;呼ぶ時はSir+名またはSir+名+姓でSir+姓のみで用いない.この位は当人一代限り)

チェスのこまの名

…‘に'ナイト爵を授ける

lesbian

(女性間の)同性愛の

レズビアン,同性愛の女

retire

(…から)『引退する』,退職する《+『from』+『名』》

就寝する,床につく

(…へ)『引きこもる』,退く,立ち去る《+『to』+『名』》

(…から)…‘を'引退(退職)させる《+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈打者〉‘を'アウトにする

buzz

(ハチ・ハエ・機械などの)『ブンブンいう音』

(人々の)ざわめき

〈ハチ・ハエ・機械などが〉『ブンブンいう』

(…で)〈人々・場所が〉ざわめく《+『with』+『名』》;(特に声を落として)(…を)ひそひそとうわさする(騒ぎたてる)《+『about』+『名』》

ブンブン音をたてて動く;せわしく動き回る《+『about』(around)》

(…を)ブザーで呼ぶ《+『for』+『名』》

〈人〉‘に'ブザーで合図する;(…するよう)〈人〉‘に'ブザーで知らせる《+『名』+『to』do》

《『buzz』+『that 節』》…‘と'ひそひそとうわさする

〈飛行機が〉…‘の'上をブンブン飛ぶ

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

herself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼女自身』,彼女自ら

《再帰用法》

《動詞・前置詞の目的語として》『彼女自身を(に)』,自分を(に)

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

disgust

(…で)〈人〉‘に'『吐き気を催させる』,むかむかさせる《+『名』+『at』(『with』)+『名』》

(…に対する)『いや気』,嫌悪,むかつき《+『at』(『for, toward』)+『名』》

slur

〈言葉など〉‘を'不明瞭(ふめいりょう)に発音する

〈2つの音〉‘を'中断せずに演奏する(歌う)

〈音符〉‘に'スラーをつける

〈人〉‘を'けなす,悪く言う

(時間がなかったり隠そうとしたりして)…‘を'急いで片づける,あっさりと扱う《+『名』+『over,』+『over』+『名』》

不明瞭な発音[の話し方]

中傷,悪口

(音譜の)スラー;スラーのついた音符

gay

『陽気な』,愉快な,うきうきした

はでな色の,華やかな

放蕩な,不身持ちの

《話》同性愛の,ホモの

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

conductor

(集団などの)『指導者』,案内者;(事業などの)管理者,経営者

(オーケストラ・コーラスなどの)『指揮者』

(電車・バスなどの)『車掌』;《おもに米》列車の

(熱・電気・音などの)導体

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

conservatoire

=conservatory2

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

symphony

『交響楽』,シンフォニー

=symphony orchestra

weak

(物が)『弱い』

(通常よりも)『衰えている』,力が弱い,勢いがない

(性格の点で)『弱い』,意志薄弱な

『劣っている』

(相場などが)値下がりぎみの

水っぽい,薄い

(音節・母音・語が)強勢のない,弱強勢の;(動詞が)弱変化の

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

v.

versus(《米》vs.)

paragraph

(文章の一つの)『区切り』,『節』,項,段落

(新聞などの)小記事,小論説

段落記号

〈文章〉‘を'節に分ける,‘に'段落を付ける

〈新聞など〉‘に'小記事(寸評)を書く

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

worthy

『価値のある』,尊敬するべき

お偉方,名士,ごりっぱな人

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

storyteller

物語をする人,物語作家

(特に子供の)うそつき(liar)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

economic

『経済の』

『経済学の』

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

prominent

『突き出た』,隆起した

目立った,すぐ目につく

『著名な』;卓越した,傑出した

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

accountant

会計係,会計士,計理士

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

medic

医学生,インターン

医学関係者;《特に米》衛生兵,看護兵

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

civilization

〈U〉〈C〉(物質的・社会的・科学的・政治的に高度な)『文明』;(特定の地域・国民・時代に発達した)『文明』[様式]

《集合的に》文明世界;文明人

〈U〉(…の)文明化,開化《+『of』+『名』》

rely

『あてにする』,たよる

upon

『…の上に』

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

incapability

できないこと,不能,無能,不適格

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

Nigeria

ナイジェリア(アフリカ西部の共和国で英連邦の一員;首都はLagos)

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

Russia

(帝政)『ロシア』

『旧ソ連』

Indonesia

インドネシア(アジア南東部の共和国;正式名the Republic of Indonesia;首都はJakarta)

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

insist

…‘と'『強く要求する』

…‘と'『主張する』

強く要求する《+『on』(『upon』)+『名』(a person['s]do『ing』)》

(…を)『主張する』《+『on』(『upon』)+『名』》

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

unequal

(量・質・価値などが)等しくない

つり合わない,かたよった,不公平な

(力・能力などが)不適当な;(…に)適さない,耐えられない《+to+名》

不規則的な,均一でない

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

stamina

スタミナ,精力,忍耐力

towards

toward

entitle

〈本など〉‘に'『表題をつける』,〈人など〉‘に'名称を与える

〈人〉‘に'『権利』(『資格』)‐を与える』

destiny

『運命』,宿命;使命

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

関連動画