TED日本語 - ベティーナ・ウォーバーグ: ブロックチェーンが経済にもたらす劇的な変化とは

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

分散型経済へようこそ ― 今まさに、ブロックチェーンにより何もかもが変わろうとしている、とベティーナ・ウォーバーグは言います。経済活動を円滑化する役目を持つ銀行や政府といった中央集約型の機関の必要性をブロックチェーンが一掃し、古くからある商業や金融取引のモデルが、分散型で、情報透明性が高く、自立型の価値交換システムへと進化を遂げるでしょう。複雑で理解の難しいブロックチェーンという技術を、噛み砕いて説明したトークです。

Script

経済学では 何百年にもわたって 人間の行動の研究が行われてきました 意思決定の仕方や 個人の行動や集団での行動の様子 価値を交換する方法などです また 人間の経済活動を 円滑化する制度や機関 ― 例えば 法制度 企業 市場も研究対象です しかし今 技術の形をした ある機関が新たに生まれ これで人間同士が取引する姿が 根本的に変わっていくでしょう その機関とはブロックチェーンです

今 かなり大胆に言い切りましたが 今日 私の話の中から 1点だけでいいので 覚えておいてほしいことがあります ブロックチェーンの技術は 比較的新しいと言えども 非常に人間らしい ある傾向を引き継いだものです それは何か説明しましょう 私たち人間は 他人と価値の交換ができるように お互いに対する不安を 軽減する方法を見つけ出すものです

さて 経済活動の中で 制度や機関を利用し お互いへの不安を軽減することで 取引をしやすくするという概念を 深く掘り下げる研究をした ― 草分け的な存在の1人が ノーベル経済学賞を受賞した ダグラス・ノースです 2015年の暮れに亡くなりましたが 「新制度派経済学」という理論を いち早く開拓した人です ここでは「制度」という言葉は 憲法をはじめとした 公式の規定や 収賄のような非公式の制約を 指しているだけに過ぎません このような制度は 要は 経済の歯車がうまく回るように 油をさす役目を果たすわけですが 人類史と共に発展してきたことが分かります

狩猟採集時代に さかのぼって考えると 経済活動は 自分たちの 村社会の中に限られました 非公式の制約要因は ある程度あったものの 暴力や社会の目などが圧力となり 売り買いができたのです 社会の複雑性が増して 取引ルートが広がるにつれ もっと公式な機関が設けられ 例えば 通貨を管理する銀行や 政府や企業などが生まれました これらの機関は 社会の複雑さや不確定性が増し 個々人の力が及ぶ範囲が 著しく縮小した中で 人々が商売を営むのを 助けてくれました 最後に インターネット時代になると 同じ機関がオンラインにもできました Amazon eBay Alibabaなど プラットフォーム型市場が生まれ 単に 処理時間が短縮された バージョンの機関として 人と人との経済活動を 間に入って取り持つようになりました

ダグラス・ノースの考えたとおり 機関には 私たちの不安を軽減することで 人同士をつなぎ どんな種類の価値でも 交換できるようにする役目があります そして今まさに 人同士が交流し取引を行う形が いっそうの進化を 急激に遂げつつあると私は思います というのも 今までと違って 私たち人間は 銀行や企業や政府など 政治・金融機関の力を借りる以外にも 未知のものに対する不安感を 軽減する方法を編み出し 必要なのは技術の力だけだからです

では ブロックチェーンとは何かというと 分散型データベースを使った技術のことで P2P型ネットワーク内で 資産や取引履歴の記録を 蓄積する仕組みになっています 要は 公開帳簿であり そこでは 誰が何を所有していて 誰が何を取引したのかが見られます 取引を暗号化して保護し これが積み重なるうちに取引履歴が データの塊であるブロックに閉じ込められ 続いてブロック同士が暗号でつながれて 保護されるという仕組みです これで ネットワーク上 全ての取引を記録した ― 変更や改ざんが不可能な帳簿が でき上がります この帳簿が ネットワーク内の 全てのコンピューターに複製されます

アプリではなく 会社でもありません たとえるなら ウィキペディアなんかが最も近いでしょう ウィキペディアでは 全てが丸見えです 情報つぎはぎの状態で表示され 常に変更・更新されます ウィキペディアでは 変更履歴を辿ることもできますし 自分のウィキページを作ることもできます 突き詰めれば 1つのデータ基盤でしかないからです ウィキペディアとは 言葉や画像を保管し それらのデータへの変更も蓄積していく ― オープンなプラットフォームだと言えます 一方 ブロックチェーンは 様々な種類の資産を保管する ― オープンな基盤であると言えます ブロックチェーンを使って 管財人や所有者や場所などの履歴を 保管できる対象の財産には デジタル通貨のビットコインや その他のデジタル資産 ― 例えば知的財産の所有権の 権原なども含まれます 証明書や契約書や 物的資産や 個人を特定できる情報でさえアリです もちろん細部の小難しい事柄は 他にもありますが 本質は 今説明した通りです つまり 取引内容を保管する 公開帳簿であり 複製されるため 非常に安全性が高く 不正改変が起こりにくいのです

つまり 先ほど私が ブロックチェーンが不安感を軽減し それにより確実に経済の仕組みを 急激に作り変えると言ったのは そういうわけです さて「不確実性」という言葉は 経済学ではなかなか重要です 毎日の金銭のやり取りの ほぼ全てにおいて 私たちが経験する不確実性は3種類あり ブロックチェーンが そんな場面でどう役立つのか 見ていきましょう ここでの不確実性とは 取引の相手が誰だかわからないことや 取引の中身が見えないことや 万一のとき 償還請求ができないことを指します

まず1つ目 取引相手を知らない というケースからいきます 仮に 中古のスマートフォンを eBayで買いたいとします まず最初にすることは 売り手について調べることです 熟練ユーザーかどうか 高評価がついているか それともプロフィールがないかなどです 評価の内容や星の数 認証チェックマークなど 現代では その人の身元の証明になる 材料を揃えることで 取引相手についての 不安を解消するのに役立てているのです しかし こういった証明は 統一性に大きく欠けているのが難点です 今までに作ったプロフィールを 数えてみてください ブロックチェーンを使えば オープンな 世界規模のプラットフォームを作り出せます そこには 誰に対しても どんな出処からの情報でも 証明として保管できます そうすれば ユーザー主導で どこでも通用するプロフィールを 作ることができます 単なるプロフィールではなく 自分自身の特性の中で 取引や交流を 円滑化するようなものを 選んで開示することも できるということです 国が発行した身分証明書を持っていることや 21歳以上であることなど これらが事実であることや 承認済みであることを 証明内容を暗号化して 公表すればいいわけです このようなプロフィールが 実世界でもネットの世界でも あちこちで通用することで 人間同士の あらゆる取引が 全く新しい姿で できるようになります

今のは ブロックチェーンが 取引相手に対する不確実性を 軽減できるという話でした 次のタイプの不確実性は 要は やり取りの中身が 見えないという話です 例えば 先ほどのスマホを 送ってもらうとなると ある程度の情報開示が欲しいところです 届くものが 購入した商品 そのものであるかどうか知りたいし 配達経路の詳細が 記録されていてほしいのです スマホのような電子製品だけでなく 様々な種類の物品やデータでも 同じことで 医薬品や ぜいたく品など 改ざんされたくない データや製品も含まれます

多くの企業に共通する問題点は ― 特に スマホのような複雑な製品の 製造会社に言えることですが ― 水平サプライチェーンの中で あらゆる種類のベンダーを 管理していることです 製造に関わっている会社同士 共有のデータベースはないし 同じ情報基盤も持っていないので ある製品の変遷する様子を 詳細まで把握するのは非常に困難なのです

ブロックチェーンを使えば お互いの信用が確立していない者同士に 共通の現実が作り出せます これはつまり ネットワーク内の節である ノードとノード同士に 面識や信用は 一切必要ないということです というのも それぞれが自ら チェーンを監視し認証する権限を 持っているからです 先ほどのウィキペディアで言えば 共通のデータベースであり 複数の読者や 複数の執筆者が 同時に存在するにもかかわらず 真実はただ1つです これがブロックチェーンでも実現できます 集約型と同じ効率性を持つ 分散型のデータベースを 中央集権型の管理が実在しなくても 作り出せるのです こういったベンダーも企業も全て 信用の段階を飛ばして 同じデータベース上でやり取りができます 消費者にとっても ずっとたくさんの情報が明らかになります 製品そのものが移動すると同時に ブロックチェーン上を デジタル証明書やトークンが移動しながら 価値を積み重ねていく様子が見えます 可視性という観点から言えば 全くの新しい世界です

ここまでは ブロックチェーンが 相手の身元に対する不確実性を軽減し サプライチェーン内を始めとした 遠方の相手との取引や 複雑な取引における情報の透明性の 定義が変わるという話でした そして よくある3つ目の不確実性は 約束の反故に対する恐れです これにはキリがありません 買ったスマホが送られてこなかったとしたら? お金は返ってくるのか? ブロックチェーンでは 自分でコード つまり 当人同士の間で 拘束力のある契約を作成し よって これらの契約が 第三者の執行役がいなくても 実現することが保証されます スマホの例で言えば 「エスクローサービス」のようなものです 代金は入れておくけれども 全ての条件が揃ったという 確証が取れるまで 送金が行われないという仕組みです この場合 携帯の受け取りが条件です

ブロックチェーンによる 不確実性の軽減作用の中でも 最も画期的なものの1つです というのも これで 機関や 機関による契約執行が ある程度まで要らなくなるからです つまり 様々な経済活動において 保証になる担保の付加や 自動化が可能になって 人の介入がほぼ必要無くなるケースが たくさん出てきます 情報が実世界から ブロックチェーンに移動するためです

こういった技術の使い方について ダグラス・ノースが生きていたら 驚愕するだろう点は ブロックチェーンの働きを支えていて この仕組みの安全と信用を 保証しているものは 互いに抱いている不信であることです ですから 私たちが感じる不確実性に あれこれ気を取られて 銀行や政府や企業などの 機関に依存するよりも 人間が集団として持っている不確実性を むしろ いっさいがっさい利用して より多く 素早く オープンに協力し合ったり 取引したりするために使えばいいのです

ただ ブロックチェーンで 何でも解決できるのかというと そうではありません これで世界の貧困に終止符が打たれるとか 偽造医薬品の問題が解決するとか 森林破壊が食い止められるかもしれないという 報道があるのは確かですが 実際のところ この技術はまだ初期段階ですし たくさんの実験や おそらく数多くの試行錯誤も 経験しなければなりません それで初めて 経済における このシステムのユースケースが 本当に理解できるのです 大勢の人々が これに取り組んでいる最中です 金融機関に始まり IT企業やスタートアップ企業や 大学も取り掛かっています その理由の1つとして これは 単に 経済の進化にとどまらないからです コンピューターサイエンスの 革新でもあるのです

ブロックチェーンを使うと 人同士の取引を記録していく 技術的な力が手に入ります ここでの取引は 通貨や あらゆる種類の デジタル資産や物的資産や 私たち自身の個人の特性でさえ 対象になり 全く新しい形で可能になるのです ある意味 ブロックチェーンは 技術という形の機関と化します 私たちが使い慣れた ― 従来の機関が持つ たくさんの利点を併せ持つ機関です それでいて あちこちに分散した形で 不確実性がもたらす不安を 確信という安心に変えることで その役割を果たすのです

私たちも そろそろ心の準備を 始めるべきだと思います 今 間近に迫る世界は 分散型で自立型の機関が かなり重要な役割を持つ世界だからです

ありがとうございました

(拍手)

ブルーノ・ジュッサーニ:ありがとうございました ブロックチェーンが今 熱い ということは分かりました たくさんの可能性を秘めていて とても複雑ですね 採用率の見積もりについては どう考えておられますか?

ベティーナ・ウォーバーグ:いい所を突いた質問ですね 私たちが研究しているのは 企業や政府を経由したルートが中心です 現実の話 ブロックチェーンは 複雑な技術です インターネットの仕組みを 本当に理解する人は少なくても 誰もが毎日使います ジョン・スカリーの次の言葉が ある意味 現状を表しています 「技術とは空気のようなものか 美しいものでなければならない」 ブロックチェーンとは 今現在 どちらとも言えない状態です 現状は 仕組みをある程度理解し 技術を自ら手探りで探求できるような ごく少数の初期採用者向けであり また 企業や政府という規模で利用可能な 身分証明や資産追跡 スマートコントラクトといった ― 最適なユースケースを見つけ出す 目的であれば適していると言えます

ブルーノ:ありがとうございました

ベティーナ:ありがとう

(拍手)

Economists have been exploring people's behavior for hundreds of years: how we make decisions, how we act individually and in groups, how we exchange value. They've studied the institutions that facilitate our trade, like legal systems, corporations, marketplaces. But there is a new, technological institution that will fundamentally change how we exchange value, and it's called the blockchain.

Now, that's a pretty bold statement, but if you take nothing else away from this talk, I actually want you to remember that while blockchain technology is relatively new, it's also a continuation of a very human story, and the story is this. As humans, we find ways to lower uncertainty about one another so that we can exchange value.

Now,one of the first people to really explore the idea of institutions as a tool in economics to lower our uncertainties about one another and be able to do trade was the Nobel economist Douglass North. He passed away at the end of 2015, but North pioneered what's called "new institutional economics." And what he meant by institutions were really just formal rules like a constitution, and informal constraints, like bribery. These institutions are really the grease that allow our economic wheels to function, and we can see this play out over the course of human history.

If we think back to when we were hunter-gatherer economies, we really just traded within our village structure. We had some informal constraints in place, but we enforced all of our trade with violence or social repercussions. As our societies grew more complex and our trade routes grew more distant, we built up more formal institutions, institutions like banks for currency, governments, corporations. These institutions helped us manage our trade as the uncertainty and the complexity grew, and our personal control was much lower. Eventually with the internet, we put these same institutions online. We built platform marketplaces like Amazon, eBay, Alibaba, just faster institutions that act as middlemen to facilitate human economic activity.

As Douglass North saw it, institutions are a tool to lower uncertainty so that we can connect and exchange all kinds of value in society. And I believe we are now entering a further and radical evolution of how we interact and trade, because for the first time, we can lower uncertainty not just with political and economic institutions, like our banks, our corporations, our governments, but we can do it with technology alone.

So what is the blockchain? Blockchain technology is a decentralized database that stores a registry of assets and transactions across a peer-to-peer network. It's basically a public registry of who owns what and who transacts what. The transactions are secured through cryptography, and over time, that transaction history gets locked in blocks of data that are then cryptographically linked together and secured. This creates an immutable, unforgeable record of all of the transactions across this network. This record is replicated on every computer that uses the network.

It's not an app. It's not a company. I think it's closest in description to something like Wikipedia. We can see everything on Wikipedia. It's a composite view that's constantly changing and being updated. We can also track those changes over time on Wikipedia, and we can create our own wikis, because at their core, they're just a data infrastructure. On Wikipedia, it's an open platform that stores words and images and the changes to that data over time. On the blockchain, you can think of it as an open infrastructure that stores many kinds of assets. It stores the history of custodianship, ownership and location for assets like the digital currency Bitcoin, other digital assets like a title of ownership of IP. It could be a certificate, a contract, real world objects, even personal identifiable information. There are of course other technical details to the blockchain, but at its core, that's how it works. It's this public registry that stores transactions in a network and is replicated so that it's very secure and hard to tamper with.

Which brings me to my point of how blockchains lower uncertainty and how they therefore promise to transform our economic systems in radical ways. So uncertainty is kind of a big term in economics, but I want to go through three forms of it that we face in almost all of our everyday transactions, where blockchains can play a role. We face uncertainties like not knowing who we're dealing with, not having visibility into a transaction and not having recourse if things go wrong.

So let's take the first example, not knowing who we're dealing with. Say I want to buy a used smartphone on eBay. The first thing I'm going to do is look up who I'm buying from. Are they a power user? Do they have great reviews and ratings, or do they have no profile at all? Reviews, ratings, checkmarks: these are the attestations about our identities that we cobble together today and use to lower uncertainty about who we're dealing with. But the problem is they're very fragmented. Think about how many profiles you have. Blockchains allow for us to create an open, global platform on which to store any attestation about any individual from any source. This allows us to create a user-controlled portable identity. More than a profile, it means you can selectively reveal the different attributes about you that help facilitate trade or interaction, for instance that a government issued you an ID, or that you're over 21, by revealing the cryptographic proof that these details exist and are signed off on. Having this kind of portable identity around the physical world and the digital world means we can do all kinds of human trade in a totally new way.

So I've talked about how blockchains could lower uncertainty in who we're dealing with. The second uncertainty that we often face is just not having transparency into our interactions. Say you're going to send me that smartphone by mail. I want some degree of transparency. I want to know that the product I bought is the same one that arrives in the mail and that there's some record for how it got to me. This is true not just for electronics like smartphones, but for many kinds of goods and data, things like medicine, luxury goods, any kind of data or product that we don't want tampered with.

The problem in many companies, especially those that produce something complicated like a smartphone, is they're managing all of these different vendors across a horizontal supply chain. All of these people that go into making a product, they don't have the same database. They don't use the same infrastructure, and so it becomes really hard to see transparently a product evolve over time.

Using the blockchain, we can create a shared reality across nontrusting entities. By this I mean all of these nodes in the network do not need to know each other or trust each other, because they each have the ability to monitor and validate the chain for themselves. Think back to Wikipedia. It's a shared database, and even though it has multiple readers and multiple writers at the same time, it has one single truth. So we can create that using blockchains. We can create a decentralized database that has the same efficiency of a monopoly without actually creating that central authority. So all of these vendors, all sorts of companies, can interact using the same database without trusting one another. It means for consumers, we can have a lot more transparency. As a real-world object travels along, we can see its digital certificate or token move on the blockchain, adding value as it goes. This is a whole new world in terms of our visibility.

So I've talked about how blockchains can lower our uncertainties about identity and how they change what we mean about transparency in long distances and complex trades, like in a supply chain. The last uncertainty that we often face is one of the most open-ended, and it's reneging. What if you don't send me the smartphone? Can I get my money back? Blockchains allow us to write code, binding contracts, between individuals and then guarantee that those contracts will bear out without a third party enforcer. So if we look at the smartphone example, you could think about escrow. You are financing that phone, but you don't need to release the funds until you can verify that all the conditions have been met. You got the phone.

I think this is one of the most exciting ways that blockchains lower our uncertainties, because it means to some degree we can collapse institutions and their enforcement. It means a lot of human economic activity can get collateralized and automated, and push a lot of human intervention to the edges, the places where information moves from the real world to the blockchain.

I think what would probably floor Douglass North about this use of technology is the fact that the very thing that makes it work, the very thing that keeps the blockchain secure and verified, is our mutual distrust. So rather than all of our uncertainties slowing us down and requiring institutions like banks, our governments, our corporations, we can actually harness all of that collective uncertainty and use it to collaborate and exchange more and faster and more open.

Now, I don't want you to get the impression that the blockchain is the solution to everything, even though the media has said that it's going to end world poverty, it's also going to solve the counterfeit drug problem and potentially save the rainforest. The truth is, this technology is in its infancy, and we're going to need to see a lot of experiments take place and probably fail before we truly understand all of the use cases for our economy. But there are tons of people working on this, from financial institutions to technology companies, start-ups and universities. And one of the reasons is that it's not just an economic evolution. It's also an innovation in computer science.

Blockchains give us the technological capability of creating a record of human exchange, of exchange of currency, of all kinds of digital and physical assets, even of our own personal attributes, in a totally new way. So in some ways, they become a technological institution that has a lot of the benefits of the traditional institutions we're used to using in society, but it does this in a decentralized way. It does this by converting a lot of our uncertainties into certainties.

So I think we need to start preparing ourselves, because we are about to face a world where distributed, autonomous institutions have quite a significant role.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Thank you, Bettina. I think I understood that it's coming, it offers a lot of potential, and it's complex. What is your estimate for the rate of adoption?

Bettina Warburg: I think that's a really good question. My lab is pretty much focused on going the enterprise and government route first, because in reality, blockchain is a complex technology. How many of you actually understand how the internet works? But you use it every day, so I think we're sort of facing the same John Sculley idea of technology should either be invisible or beautiful, and blockchain is kind of neither of those things right now, so it's better suited for either really early adopters who kind of get it and can tinker around or for finding those best use cases like identity or asset tracking or smart contracts that can be used at that level of an enterprise or government.

BG: Thank you. Thanks for coming to TED.

BW: Thanks.

(Applause)

Economists have been exploring people's behavior/ for hundreds of years:/ how we make decisions,/ how we act individually and in groups,/ how we exchange value.//

経済学では 何百年にもわたって 人間の行動の研究が行われてきました 意思決定の仕方や 個人の行動や集団での行動の様子 価値を交換する方法などです

They've studied the institutions/ that facilitate our trade,/ like legal systems,/ corporations,/ marketplaces.//

また 人間の経済活動を 円滑化する制度や機関 ― 例えば 法制度 企業 市場も研究対象です

But there is a new, technological institution/ that will fundamentally change/ how we exchange value,/ and it's called the blockchain.//

しかし今 技術の形をした ある機関が新たに生まれ これで人間同士が取引する姿が 根本的に変わっていくでしょう その機関とはブロックチェーンです

Now,/ that's a pretty bold statement,/ but/ if you take nothing else away/ from this talk,/ I actually want you/ to remember/ that while blockchain technology is relatively new,/ it's also/ a continuation of a very human story,/ and the story is this.//

今 かなり大胆に言い切りましたが 今日 私の話の中から 1点だけでいいので 覚えておいてほしいことがあります ブロックチェーンの技術は 比較的新しいと言えども 非常に人間らしい ある傾向を引き継いだものです それは何か説明しましょう

As humans,/ we find ways/ to lower uncertainty/ about one another/ so that we can exchange value.//

私たち人間は 他人と価値の交換ができるように お互いに対する不安を 軽減する方法を見つけ出すものです

Now,/one of the first people to really explore the idea of institutions/ as a tool/ in economics to lower our uncertainties/ about one another/ and be able to do trade was the Nobel economist Douglass North.//

さて 経済活動の中で 制度や機関を利用し お互いへの不安を軽減することで 取引をしやすくするという概念を 深く掘り下げる研究をした ― 草分け的な存在の1人が ノーベル経済学賞を受賞した ダグラス・ノースです

He passed away/ at the end of 2015,/ but North pioneered/ what's called "new institutional economics."//

2015年の暮れに亡くなりましたが 「新制度派経済学」という理論を いち早く開拓した人です

And what he meant by institutions were really just formal rules/ like a constitution,/ and informal constraints,/ like bribery.//

ここでは「制度」という言葉は 憲法をはじめとした 公式の規定や 収賄のような非公式の制約を 指しているだけに過ぎません

These institutions are really the grease/ that allow our economic wheels/ to function,/ and we can see this play out/ over the course of human history.//

このような制度は 要は 経済の歯車がうまく回るように 油をさす役目を果たすわけですが 人類史と共に発展してきたことが分かります

If we think back/ to/ when we were hunter-gatherer economies,/ we really just traded within our village structure.//

狩猟採集時代に さかのぼって考えると 経済活動は 自分たちの 村社会の中に限られました

We had some informal constraints/ in place,/ but we enforced all of our trade/ with violence or social repercussions.//

非公式の制約要因は ある程度あったものの 暴力や社会の目などが圧力となり 売り買いができたのです

社会の複雑性が増して 取引ルートが広がるにつれ もっと公式な機関が設けられ 例えば 通貨を管理する銀行や 政府や企業などが生まれました

These institutions helped us/ manage our trade/ as the uncertainty/ and the complexity grew,/ and our personal control was much lower.//

これらの機関は 社会の複雑さや不確定性が増し 個々人の力が及ぶ範囲が 著しく縮小した中で 人々が商売を営むのを 助けてくれました

Eventually/ with the internet,/ we put these same institutions online.//

最後に インターネット時代になると 同じ機関がオンラインにもできました

We built platform marketplaces/ like Amazon,/ eBay,/ Alibaba,/ just faster institutions/ that act/ as middlemen/ to facilitate human economic activity.//

Amazon eBay Alibabaなど プラットフォーム型市場が生まれ 単に 処理時間が短縮された バージョンの機関として 人と人との経済活動を 間に入って取り持つようになりました

As Douglass North saw it,/ institutions are a tool/ to lower uncertainty/ so that we can connect and exchange all kinds of value/ in society.//

ダグラス・ノースの考えたとおり 機関には 私たちの不安を軽減することで 人同士をつなぎ どんな種類の価値でも 交換できるようにする役目があります

And I believe/ we are now entering a further and radical evolution of how we interact and trade,/ because for the first time,/ we can lower uncertainty not just/ with political and economic institutions,/ like our banks,/ our corporations,/ our governments,/ but we can do it/ with technology alone.//

そして今まさに 人同士が交流し取引を行う形が いっそうの進化を 急激に遂げつつあると私は思います というのも 今までと違って 私たち人間は 銀行や企業や政府など 政治・金融機関の力を借りる以外にも 未知のものに対する不安感を 軽減する方法を編み出し 必要なのは技術の力だけだからです

So/ what is the blockchain?//

では ブロックチェーンとは何かというと

Blockchain technology is a decentralized database/ that stores a registry of assets and transactions/ across a peer-to-peer network.//

分散型データベースを使った技術のことで P2P型ネットワーク内で 資産や取引履歴の記録を 蓄積する仕組みになっています

It's basically/ a public registry of who owns/ what and who transacts/ what.//

要は 公開帳簿であり そこでは 誰が何を所有していて 誰が何を取引したのかが見られます

The transactions are secured through cryptography,/ and over time,/ that transaction history gets locked in blocks of data/ that are then cryptographically linked together/ and secured.//

取引を暗号化して保護し これが積み重なるうちに取引履歴が データの塊であるブロックに閉じ込められ 続いてブロック同士が暗号でつながれて 保護されるという仕組みです

This creates an immutable, unforgeable record of all of the transactions/ across this network.//

これで ネットワーク上 全ての取引を記録した ― 変更や改ざんが不可能な帳簿が でき上がります

This record is replicated on every computer/ that uses the network.//

この帳簿が ネットワーク内の 全てのコンピューターに複製されます

It's not an app.//

アプリではなく

It's not a company.//

会社でもありません

I think/ it's closest/ in description/ to something/ like Wikipedia.//

たとえるなら ウィキペディアなんかが最も近いでしょう

We can see everything/ on Wikipedia.//

ウィキペディアでは 全てが丸見えです

It's a composite view/ that's constantly changing/ and being updated.//

情報つぎはぎの状態で表示され 常に変更・更新されます

We can also track those changes/ over time/ on Wikipedia,/ and we can create our own wikis,/ because at their core,/ they're just a data infrastructure.//

ウィキペディアでは 変更履歴を辿ることもできますし 自分のウィキページを作ることもできます 突き詰めれば 1つのデータ基盤でしかないからです

On Wikipedia,/ it's an open platform/ that stores words and images and the changes/ to that data/ over time.//

ウィキペディアとは 言葉や画像を保管し それらのデータへの変更も蓄積していく ― オープンなプラットフォームだと言えます

On the blockchain,/ you can think of it/ as an open infrastructure/ that stores many kinds of assets.//

一方 ブロックチェーンは 様々な種類の資産を保管する ― オープンな基盤であると言えます

It stores the history of custodianship, ownership and location/ for assets/ like the digital currency Bitcoin,/ other digital assets/ like a title of ownership of IP.//

ブロックチェーンを使って 管財人や所有者や場所などの履歴を 保管できる対象の財産には デジタル通貨のビットコインや その他のデジタル資産 ― 例えば知的財産の所有権の 権原なども含まれます

It could be a certificate,/ a contract,/ real world objects,/ even personal identifiable information.//

証明書や契約書や 物的資産や 個人を特定できる情報でさえアリです

There are of course/ other technical details/ to the blockchain,/ but at its core,/ that's/ how it works.//

もちろん細部の小難しい事柄は 他にもありますが 本質は 今説明した通りです

It's this public registry/ that stores transactions/ in a network/ and is replicated/ so that it's very secure/ and hard/ to tamper with.//

つまり 取引内容を保管する 公開帳簿であり 複製されるため 非常に安全性が高く 不正改変が起こりにくいのです

Which brings me/ to my point of how blockchains/ lower uncertainty/ and how they therefore promise to transform/ our economic systems/ in radical ways.//

つまり 先ほど私が ブロックチェーンが不安感を軽減し それにより確実に経済の仕組みを 急激に作り変えると言ったのは そういうわけです

So uncertainty is kind of a big term/ in economics,/ but I want to go/ through three forms of it/ that we face in almost all of our everyday transactions,/ where blockchains can play a role.//

さて「不確実性」という言葉は 経済学ではなかなか重要です 毎日の金銭のやり取りの ほぼ全てにおいて 私たちが経験する不確実性は3種類あり ブロックチェーンが そんな場面でどう役立つのか 見ていきましょう

We face uncertainties/ like not knowing/ who we're dealing/ with,/ not having visibility/ into a transaction/ and not having/ recourse/ if things go wrong.//

ここでの不確実性とは 取引の相手が誰だかわからないことや 取引の中身が見えないことや 万一のとき 償還請求ができないことを指します

So let's take the first example,/ not knowing/ who we're dealing/ with.//

まず1つ目 取引相手を知らない というケースからいきます

Say/ I want to buy/ a used smartphone/ on eBay.//

仮に 中古のスマートフォンを eBayで買いたいとします

The first thing/ I'm going to do/ is look up/ who I'm buying/ from.//

まず最初にすることは 売り手について調べることです

Are they a power user?//

熟練ユーザーかどうか

Do/ they have great reviews and ratings,/ or do they have no profile at all?//

高評価がついているか それともプロフィールがないかなどです

Reviews,/ ratings,/ checkmarks:/ these are the attestations/ about our identities/ that we cobble together/ today/ and use/ to lower uncertainty/ about who we're dealing/ with.//

評価の内容や星の数 認証チェックマークなど 現代では その人の身元の証明になる 材料を揃えることで 取引相手についての 不安を解消するのに役立てているのです

But the problem is they're very fragmented.//

しかし こういった証明は 統一性に大きく欠けているのが難点です

Think/ about how many profiles/ you have.//

今までに作ったプロフィールを 数えてみてください

Blockchains allow/ for us/ to create an open, global platform/ on which to store any attestation/ about any individual/ from any source.//

ブロックチェーンを使えば オープンな 世界規模のプラットフォームを作り出せます そこには 誰に対しても どんな出処からの情報でも 証明として保管できます

This allows us/ to create a user-controlled portable identity.//

そうすれば ユーザー主導で どこでも通用するプロフィールを 作ることができます

More/ than a profile,/ it means/ you can selectively reveal the different attributes/ about you/ that help facilitate trade or interaction,/ for instance/ that a government issued you/ an ID,/ or/ that you're over 21,/ by revealing the cryptographic proof/ that these details exist/ and are signed off/ on.//

単なるプロフィールではなく 自分自身の特性の中で 取引や交流を 円滑化するようなものを 選んで開示することも できるということです 国が発行した身分証明書を持っていることや 21歳以上であることなど これらが事実であることや 承認済みであることを 証明内容を暗号化して 公表すればいいわけです

Having this kind of portable identity/ around the physical world/ and the digital world means/ we can do all kinds of human trade/ in a totally new way.//

このようなプロフィールが 実世界でもネットの世界でも あちこちで通用することで 人間同士の あらゆる取引が 全く新しい姿で できるようになります

So I've talked about how blockchains could lower uncertainty/ in who we're dealing/ with.//

今のは ブロックチェーンが 取引相手に対する不確実性を 軽減できるという話でした

The second uncertainty/ that we often face/ is just not having transparency/ into our interactions.//

次のタイプの不確実性は 要は やり取りの中身が 見えないという話です

Say/ you're going to send/ me/ that smartphone/ by mail.//

例えば 先ほどのスマホを 送ってもらうとなると

I want some degree of transparency.//

ある程度の情報開示が欲しいところです

I want to know/ that the product/ I bought is the same one/ that arrives in the mail/ and/ that there's some record/ for how it got to me.//

届くものが 購入した商品 そのものであるかどうか知りたいし 配達経路の詳細が 記録されていてほしいのです

This is true not just/ for electronics/ like smartphones,/ but for many kinds of goods and data,/ things/ like medicine,/ luxury goods,/ any kind of data/ or product/ that we don't want tampered with.//

スマホのような電子製品だけでなく 様々な種類の物品やデータでも 同じことで 医薬品や ぜいたく品など 改ざんされたくない データや製品も含まれます

The problem/ in many companies,/ especially/ those/ that produce/ something complicated like a smartphone,/ is they're managing all of these different vendors/ across a horizontal supply chain.//

多くの企業に共通する問題点は ― 特に スマホのような複雑な製品の 製造会社に言えることですが ― 水平サプライチェーンの中で あらゆる種類のベンダーを 管理していることです

All of these people/ that go into making a product,/ they don't have the same database.//

製造に関わっている会社同士 共有のデータベースはないし

They don't use the same infrastructure,/ and/ so it becomes really hard/ to see transparently/ a product evolve over time.//

同じ情報基盤も持っていないので ある製品の変遷する様子を 詳細まで把握するのは非常に困難なのです

Using the blockchain,/ we can create a shared reality/ across nontrusting entities.//

ブロックチェーンを使えば お互いの信用が確立していない者同士に 共通の現実が作り出せます

By this I mean all of these nodes/ in the network do not need to know/ each other/ or trust each other,/ because they/ each have the ability/ to monitor and validate the chain/ for themselves.//

これはつまり ネットワーク内の節である ノードとノード同士に 面識や信用は 一切必要ないということです というのも それぞれが自ら チェーンを監視し認証する権限を 持っているからです

Think back/ to Wikipedia.//

先ほどのウィキペディアで言えば

It's a shared database,/ and/ even though it has multiple readers and multiple writers/ at the same time,/ it has one single truth.//

共通のデータベースであり 複数の読者や 複数の執筆者が 同時に存在するにもかかわらず 真実はただ1つです

So/ we can create/ that using blockchains.//

これがブロックチェーンでも実現できます

We can create a decentralized database/ that has the same efficiency of a monopoly/ without actually/ creating that central authority.//

集約型と同じ効率性を持つ 分散型のデータベースを 中央集権型の管理が実在しなくても 作り出せるのです

So all of these vendors,/ all sorts of companies,/ can interact using/ the same database/ without trusting one another.//

こういったベンダーも企業も全て 信用の段階を飛ばして 同じデータベース上でやり取りができます

It means for consumers,/ we can have a lot/ more transparency.//

消費者にとっても ずっとたくさんの情報が明らかになります

As a real-world object travels along,/ we can see its digital certificate or token move/ on the blockchain,/ adding value/ as it goes.//

製品そのものが移動すると同時に ブロックチェーン上を デジタル証明書やトークンが移動しながら 価値を積み重ねていく様子が見えます

This is a whole new world/ in terms of our visibility.//

可視性という観点から言えば 全くの新しい世界です

So I've talked about how blockchains can lower our uncertainties/ about identity/ and how they change/ what we mean about transparency/ in long distances and complex trades,/ like in a supply chain.//

ここまでは ブロックチェーンが 相手の身元に対する不確実性を軽減し サプライチェーン内を始めとした 遠方の相手との取引や 複雑な取引における情報の透明性の 定義が変わるという話でした

The last uncertainty/ that we often face/ is one of the most open-ended,/ and it's reneging.//

そして よくある3つ目の不確実性は 約束の反故に対する恐れです これにはキリがありません

What if you don't send me/ the smartphone?//

買ったスマホが送られてこなかったとしたら?

Can I get my money back?//

お金は返ってくるのか?

Blockchains allow us/ to write code,/ binding contracts,/ between individuals/ and then guarantee/ that those contracts will bear out/ without a third party enforcer.//

ブロックチェーンでは 自分でコード つまり 当人同士の間で 拘束力のある契約を作成し よって これらの契約が 第三者の執行役がいなくても 実現することが保証されます

So/ if we look at the smartphone example,/ you could think about escrow.//

スマホの例で言えば 「エスクローサービス」のようなものです

You are financing that phone,/ but you don't need to release/ the funds/ until you can verify/ that all the conditions have been met.//

代金は入れておくけれども 全ての条件が揃ったという 確証が取れるまで 送金が行われないという仕組みです

You got the phone.//

この場合 携帯の受け取りが条件です

I think/ this is one of the most exciting ways/ that blockchains lower our uncertainties,/ because it means to some degree/ we can collapse institutions and their enforcement.//

ブロックチェーンによる 不確実性の軽減作用の中でも 最も画期的なものの1つです というのも これで 機関や 機関による契約執行が ある程度まで要らなくなるからです

It means a lot of human economic activity can get collateralized and automated,/ and push a lot of human intervention/ to the edges,/ the places/ where information moves from the real world/ to the blockchain.//

つまり 様々な経済活動において 保証になる担保の付加や 自動化が可能になって 人の介入がほぼ必要無くなるケースが たくさん出てきます 情報が実世界から ブロックチェーンに移動するためです

I think/ what would probably floor Douglass North/ about this use of technology is the fact/ that the very thing/ that makes it/ work,/ the very thing/ that keeps the blockchain secure/ and verified,/ is our mutual distrust.//

こういった技術の使い方について ダグラス・ノースが生きていたら 驚愕するだろう点は ブロックチェーンの働きを支えていて この仕組みの安全と信用を 保証しているものは 互いに抱いている不信であることです

So rather than all of our uncertainties/ slowing us down/ and requiring institutions/ like banks,/ our governments,/ our corporations,/ we can actually harness all of that collective uncertainty/ and use it/ to collaborate and exchange more and faster/ and more open.//

ですから 私たちが感じる不確実性に あれこれ気を取られて 銀行や政府や企業などの 機関に依存するよりも 人間が集団として持っている不確実性を むしろ いっさいがっさい利用して より多く 素早く オープンに協力し合ったり 取引したりするために使えばいいのです

Now,/ I don't want you/ to get the impression/ that the blockchain is the solution/ to everything,/ even though the media has said/ that it's going to end/ world poverty,/ it's also going to solve/ the counterfeit drug problem/ and potentially save the rainforest.//

ただ ブロックチェーンで 何でも解決できるのかというと そうではありません これで世界の貧困に終止符が打たれるとか 偽造医薬品の問題が解決するとか 森林破壊が食い止められるかもしれないという 報道があるのは確かですが

The truth is,/ this technology is in its infancy,/ and we're going to need to see/ a lot of experiments take place/ and probably fail/ before we truly understand all of the use cases/ for our economy.//

実際のところ この技術はまだ初期段階ですし たくさんの実験や おそらく数多くの試行錯誤も 経験しなければなりません それで初めて 経済における このシステムのユースケースが 本当に理解できるのです

But there are tons of people/ working on this,/ from financial institutions/ to technology companies,/ start-ups and universities.//

大勢の人々が これに取り組んでいる最中です 金融機関に始まり IT企業やスタートアップ企業や 大学も取り掛かっています

And one of the reasons is/ that it's not just an economic evolution.//

その理由の1つとして これは 単に 経済の進化にとどまらないからです

It's also/ an innovation/ in computer science.//

コンピューターサイエンスの 革新でもあるのです

Blockchains give us/ the technological capability of creating a record of human exchange,/ of exchange of currency,/ of all kinds of digital and physical assets,/ even of our own personal attributes,/ in a totally new way.//

ブロックチェーンを使うと 人同士の取引を記録していく 技術的な力が手に入ります ここでの取引は 通貨や あらゆる種類の デジタル資産や物的資産や 私たち自身の個人の特性でさえ 対象になり 全く新しい形で可能になるのです

So/ in some ways,/ they become a technological institution/ that has a lot of the benefits of the traditional institutions/ we're used to using in society,/ but it does this/ in a decentralized way.//

ある意味 ブロックチェーンは 技術という形の機関と化します 私たちが使い慣れた ― 従来の機関が持つ たくさんの利点を併せ持つ機関です それでいて あちこちに分散した形で

It does this/ by converting a lot of our uncertainties/ into certainties.//

不確実性がもたらす不安を 確信という安心に変えることで その役割を果たすのです

So I think/ we need to start preparing/ ourselves,/ because we are/ about to face a world/ where distributed,/ autonomous institutions have quite a significant role.//

私たちも そろそろ心の準備を 始めるべきだと思います 今 間近に迫る世界は 分散型で自立型の機関が かなり重要な役割を持つ世界だからです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Bruno Giussani:/ Thank you,/ Bettina.//

ブルーノ・ジュッサーニ:ありがとうございました

I think/ I understood/ that it's coming,/ it offers a lot of potential,/ and it's complex.//

ブロックチェーンが今 熱い ということは分かりました たくさんの可能性を秘めていて とても複雑ですね

What is your estimate for the rate of adoption?//

採用率の見積もりについては どう考えておられますか?

Bettina Warburg:/ I think/ that's a really good question.//

ベティーナ・ウォーバーグ:いい所を突いた質問ですね

My lab is pretty much focused on going the enterprise and government route first,/ because in reality,/ blockchain is a complex technology.//

私たちが研究しているのは 企業や政府を経由したルートが中心です 現実の話 ブロックチェーンは 複雑な技術です

How many of you actually understand/ how the internet works?//

インターネットの仕組みを 本当に理解する人は少なくても

But you use it/ every day,/ so I think/ we're sort of facing the same John Sculley idea of technology should/ either be invisible or beautiful,/ and blockchain is kind of neither of those things right now,/ so it's better suited for either really early adopters/ who kind of get it/ and can tinker around or/ for finding those best use cases/ like identity or asset tracking/ or smart contracts/ that can be used at that level of an enterprise or government.//

誰もが毎日使います ジョン・スカリーの次の言葉が ある意味 現状を表しています 「技術とは空気のようなものか 美しいものでなければならない」 ブロックチェーンとは 今現在 どちらとも言えない状態です 現状は 仕組みをある程度理解し 技術を自ら手探りで探求できるような ごく少数の初期採用者向けであり また 企業や政府という規模で利用可能な 身分証明や資産追跡 スマートコントラクトといった ― 最適なユースケースを見つけ出す 目的であれば適していると言えます

BG:/ Thank you.// Thanks/ for coming to TED.//

ブルーノ:ありがとうございました

BW:/ Thanks.//

ベティーナ:ありがとう

(拍手)

economist

経済学者

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

individually

個々に,個別的に

個人として,個人的に

個性的に,独自のやり方で

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

facilitate

…‘を'容易にする,楽にする,助ける,促進する

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

marketplace

市の開かれる広場(建物)

商業界,剤界

technological

科学技術の(に関する)

fundamentally

基本的に;本質的に

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

continuation

〈U〉(途切れることなく)(…を)続けること,(…が)続くこと,(…の継続;《しばしばa~》(いったん中断した後の)(…の)継続,再開《+『of』+『名』》

〈U〉(さらに先への)延長;〈C〉延長した部分

〈C〉(話・テレビ番組などの)続き,続編

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

uncertainty

〈U〉確信のなさ;疑わしさ;変わりやすさ;不明確さ

〈C〉《しばしば複数形で》確信のない(疑わしい,変わりやすい,不明確な)こと

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

economic

『経済の』

『経済学の』

lower

(lowの比較級)『もっと低い』,(価格が)もっと安い

《名詞の前にのみ用いて》『下級の』;低い(下の)ほうの

…‘を'『下げる』,降ろす

〈価格・程度・量・調子など〉‘を'『下げる』,小さくする,低下させる

〈人〉‘を'品位(品格)を落とす

低くなる,下がる,滅る

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

institutional

制度の,制度上の

学会の,協会の;公共団体の

economics

《単数扱い》『経済学』

《複数扱い》(国・人の)経済状態

formal

『正式の』,公式の,本式の

形式ばった;改まった

形式的な,表面的な

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

constitution

〈U〉(物の)『構成』,構造《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉『体格』,体質,性分質,気質

〈C〉政体

〈C〉『憲法』,国憲

《the C-》合衆国憲法

〈U〉(制度などの)制定…(機関なとの)設立

informal

『正式でない』,略式の

打ち解けた,儀式ばらない

口語体の,会話調の

constraint

〈U〉〈C〉(‥の)強制,無理じい;(自由などの)制限,束縛《+『on』+『名』》

〈U〉窮屈,気がね,圧迫感

bribery

贈賄(ぞうわい);周賄

grease

グリース(機械の潤滑油)

…にグリースを塗る;…‘を'油で汚す

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

wheel

『車輪』

《the ~》(自動車の)『ハンドル』,(船の)『舵輪』(steering wheel)

(製陶用の)ろくろ(potter's wheel);紡ぎ車(spinning wheel)

《複数形で》(…の)推進力,原動力;機関,機構《of+『名』》

回転[運動],旋回[運動]

《複数形で》《俗》足,自動車,車

《場所を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'車で運ぶ

〈車〉‘を'動かす

車(車輪)で進む

くるりと回る,向きを変える《+around(about)》

〈鳥が〉輪を描く

《英》〈隊列が〉旋回する

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

enforce

〈法律など〉‘を'『実施する』,施行する

(…に)…‘を'『強要する』,強いる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈意見など〉‘を'強化する,強調する

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

repercussion

(事件・行為の)反響

(音の)反響,(光の)反射,(物の)はね返り

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

distant

(距離が)『遠い』,遠方の

(時間的に)『離れた』,隔たった;遠い[過去の]

《名詞の前にのみ用いて》(関係が)薄い,遠い

(態度などが)よそよそしい

《名詞の前にのみ用いて》遠方からの,遠方への

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

currency

〈C〉〈U〉『通貨』,貨幣

〈U〉『流通』,通用;普及

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

Amazon

アマゾン(ギリシア神話で,昔黒海の近くにいたという女武者の一族)

《しばしばa-》女傑(じょけつ),勇ましい女

《the ~》アマゾン川(南米にある大河)

middleman

仲買人

中にたつ人,仲介者

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

registry

〈U〉登録(記録)すること,記載,登記

〈C〉登記所,登録事務所

〈C〉(誕生・死などの)登録簿,登記簿

asset

価値のあるもの,宝

《複数形で》資産,財産

transaction

〈U〉《the ~》(業務などの)『処理』,処置《+of+名》

〈C〉業務,商取り引き

〈C〉《複数形で》(学術協会などの)報告書

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

basically

基本的に,根本的に;元来は

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

transact

〈業務など〉‘を'行う,処理する;(…と)〈交渉,取り引きなど〉‘を'する《+名+with+名》

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

cryptography

暗号学,暗号作成法

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

datum

dataの単数形

既知の事実

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

immutable

(法則などが)不変の,不易の

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

computer

『計算機』;『電子計算機』

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

description

〈U〉〈C〉(…の)『記述』,『描写』《+『of』+『名』》

〈C〉人相書き,人相

〈C〉種類,銘柄

composite

合成の,複合の

キク科の

合成物,複合物

キク科植物

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

ownership

所有者であること,所有;所有権

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

certificate

『証明書』,証書,証券

『免証状』,認許状,(学位を伴わない)修業証書

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

tamper

(へたに)(…に)干渉する,よけいな手出しをする《+with+名(doing)》

(人と)不正な交渉をする,(人に)わいろを使う《+with+名》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

visibility

〈U〉目に見えること

〈U〉〈C〉可視度,視界

recourse

〈U〉(…に)頼ること《+『to』+『名』》

〈C〉頼りにできる人(物)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

first thing

まず最初に,朝一番に

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

rating

〈C〉〈U〉(品質・技量などによる)格づけ,評価

〈C〉(個人・会社の経済的な)信用度

〈C〉(トン・馬力による)(船舶・車)の等級

〈C〉(テレビ・ラジオの)視聴率

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

attestation

証明,証拠,保証

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

cobble

=cobblestone

〈道淡〉‘に'玉石を敷く,玉石で補装する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

portable

『持チ運びのできる』,携帯用の

携帯用器具,ポータブル(タイプ・ラジオなど)

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

government issue

政府支給の,官給の

id

イド(精神分析で無意識層にある本能的衝動の源泉)

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

totally

全く,完全に

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

mail

鎖かたびら,よろい

…‘に'鎖かたびらを着せる,武装させる

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

electronic

『電子の』,エレクトロンの

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

luxury

〈U〉『ぜいたく』,おごり

〈C〉『ぜいたく品』

〈C〉楽しさ,快楽,満足

especially

『特に』,特別に;きわだって

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

complicate

…'を'複雑にする

vendor

(小さな品物を)売る人,行商人

(法律で)(土地・家などを)売りに出す人

horizontal

『水平線の』,地平線の;水平の,水平面の

水平の位置;水平線(面)

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

validate

…‘を'法的に有効とする

…‘を'正当であると証明する

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

reader

『読者』;読書家

(学校用の)読本,リーダー

(特に英国の大学の)講師

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

efficiency

『能率』,(仕事をする)『能力』

(機械の)『効率』

monopoly

〈U〉〈C〉《単数形で》(事業などの)『独占』,(商品の)『専売』;(一般に)(…の)独占,占有《+『of』+『名』》

〈C〉(国家・特許などによる)(…の)『独占権,専売権』《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉独占企業,専売会社(公社)

〈C〉(独占の対象となる)専売品,専売業,独占事業

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

consumer

(…の)情費者(…を)消費(浪費)する物(事)《+『of』+『名』》

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

token

(…の)『しるし』,象徴《+of+名》

(…の)『記念品』,形見《+of+名》

(また token coin)代用硬貨(バスや地下鉄などで切符の代りに用いられるもの)

名(形)ばかりの,ほんのわずかの

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

goes

goの三人称単数現在

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

long distance

長距離電話

長距離電話の交換局(交換手), 長距離

open-ended

(時間・数量などに)制限のない,無制限の

広い解釈ができる

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

third party

(事件などに偶然巻き込まれた)第三者

escrow

条件付発効証書(不動産譲渡人などが第三者の手に預けておき,一定の条件成就とともに有効となる署名捺印(なついん )証書・契約書など)

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

verify

〈できごと・事実などが〉…‘を'『立証する』,…‘の'真実を証明する

(真実・正確であるかどうか)…‘を'確かめる,調べる

〈証拠物件〉‘を'立証する

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

met

meetの過去・過去分詞

exciting

(物事が)『興奮させる』

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

enforcement

(法律などの)実施,施行

強制,強要

automate

〈工場・機械〉‘に'自動装置をつける,'を'オートメーション化する

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

probably

『たぶん』,『おそらく』

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

mutual

『相互の』 お互いに対する

『共通の』;共同の

distrust

不信,疑惑

…‘を'信用しない

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

harness

『馬具』,引き具

〈馬)‘に'馬具を着ける;〈馬など〉‘を'車に着ける;〈人〉‘を'仕事に就かせる

〈自然の力〉‘を'利用する

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

collaborate

(…と…について)共同して働く,共同研究する《+『with』+『名』+『in(on)』+『名』(do『ing』)》

(占領軍・敵などに)協力する,内通する《+『with』+『名』》

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

counterfeit

〈貨幣など〉'を'偽造する

…‘の'ふりをする,…'を'まねる,‘に'似せる

にせ物,模造品,偽作

模造の,偽造の

見せかけの,偽りの

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

rainforest

熱帯雨林

雨林、降雨林、多雨林

infancy

(人の)『幼年時代』,乳幼時

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

autonomous

自治の,自治権のある

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

applause

『拍手かっさい』;称賛

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

adoption

(考え・方法・規則・法案などの)採用,採択《+『of』+『名』》

養子縁組

lab

実験室(laboratory)

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

enterprise

〈C〉(特に勇気を要したり困難を伴う)『事業』,企て(project);大仕事

〈U〉『進取の気性』,冒険心

〈C〉商事会社(business firm)

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

tinker

〈C〉(回って歩く)鋳掛け屋

〈C〉よろず修理屋

〈C〉へたな職人

〈U〉《時にa ~》へたな修繕

鋳掛けをする

(…を)不細工に修繕する,へたにいじり回す;(…を)遊び半分にいじくる《+at(with)+名(doing)》

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

関連動画