TED日本語 - ジョン・レジェンド: 『リデンプション・ソング(あがないの歌)』

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ジョン・レジェンドはアメリカの刑事司法制度の改革を使命と負い活動しています。彼が主催する「Free America」キャンペーンを通し、受刑者の刑務所、拘置所、留置所内における罪の償いと社会復帰を促進し、刑期を終えた出所者が希望を持ち更生できるよう支援を訴えています。サン・クエンティン刑務所で服役中のジェームス・カヴィットの生の言葉がプレリュードとなり、レジェンド流にアレンジしたボブ・マーレーの『リデンプション・ソング』の演奏で観客を魅惑します。「一緒に歌ってくれないか、自由の歌を」と。

Script

私の主催する「Free America」で 実態調査をしました 検察官と会談しただけではなく 立法府の議員や 州や自治体の刑務所で 服役中の受刑者とも会い 入国者収容所にも出向き 沢山の人の意見を聞きました その結果わかった事は 刑務所 拘置所 入国収容所内での 罪のあがないと更生は可能であり 服役終了後の 人生のやり直しに向けた 希望を与えられる ということです

収容制度の流れを 最初から考え直してみてください 冒頭から更生を一番の目的にした 対策をとり 愛情といたわりを ― 基本的な価値基準とすれば どうなるでしょう そうしたら もっと安全で 健全で 安心して子供を育てられる 社会になると確信しています

ここでジェームス・カヴィットを紹介します ジェームスはサン・クエンティン 州立刑務所で12年間服役し 18ヶ月後に出所します そんなジェームスも我々と同様の人間 ― 最悪の過ちも犯しましたが 罪そのものよりもましな人間です 彼は父親、夫、息子で 詩人でもあります 彼は罪を犯し その償いをしています 新たに社会に戻った時に 社会貢献ができるように 技術の習得を 熱心に行っています

ジェームスは ― 彼のような囚人は沢山いますが ― 過ちが人格を定義するのではなく 全ての者が 罪の償いをするに価すると 我々が信じたときに そして集団で服役生活を過ごす人々に 手を差し伸べたときに 私たちも共に癒されることができる という見本です

ではここで ジェームスと代わります 彼のあがないの旅についての スポークンワードポエムを 聞いてください

ジェームス・カヴィット:ジョン ありがとう サン・クエンティン州立刑務所へようこそ この刑務所の壁の中は 才能の宝庫です 将来のソフトウェア・エンジニア 起業家 職人 ミュージシャンや アーティスト この作品のインスピレーションの 源となったのは この中で暮らす男女が 服役後の再出発と自らの未来のために ひたする努力する姿です

作品の題名は 「俺が今 住んでいるところ」

俺の住むところには 誰も怖がって近寄らない 高いコンクリートの壁と 鉄格子で囲まれ かみそりのような有刺鉄線が 明日にむけた希望も 切り裂くようなところ

俺が住んでるところでは 人殺しの魂を殺す事で 殺人はいけないと 教えようとしている 考えてみろよ

そんなことより 傷が癒やされた人が 傷ついた人を癒して 強くなっていく世界を 想像してくれ そうなれば『リデンプション・ソング』を 皆で歌えるだろ

俺が住むのは 投獄された者が「地上の地獄」と 呼ぶところ でも そこで何を悟ったかと言うと 牢屋といっても 気持ちの持ちかたで変わる事 過酷な現実の中にも 実は 希望の光はある いつか自由もやってくる それは単に時間の問題だ だから最初の一歩から 最後の1マイルのように大事に歩んだ 自由の身にならなくても 自由を経験できることも学んだ

たとえ監禁されてなくても 自由だとは限らない 誰もが自分の中に潜む 悪魔と戦っている 笑顔の後ろには 耐え難い 苦痛が隠れていて こう叫んでいる 解放してくれ!

解らないのか? 人間はだれもが服役中だ 償っている場所が違うだけなんだ 俺自身は 自分で作った牢獄から脱出した 脱出の鍵は許しだ 行動が 俺の証人だ 自由を望むなら 考え方を変えてみよう なぜなら 自由とは どこにいるかではなく 考え方だからだ

ありがとう

(拍手)

(ピアノ)

ジョン・レジェンド:海賊が俺を力づくで捕らえ 奴隷商人の船に売っ払った 絶望のどん底から 俺は買い取られたばかり

だが 俺の手は頑丈にできている 全能の神が授けてくれた手 大いなる誇りを持ちながら この時代を進んでいく

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を 俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌 リデンプション・ソング

精神的奴隷の状態から 自分自身を解放しろ 原子力など恐れるな 時間を止めることができるものなど ないのだから

俺たちの預言者が殺されるのを いつまで傍観してるつもりか それも予言の書の一部だから その書を完成させねばならない などと言って

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を 俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌 リデンプション・ソング

(ピアノ)

精神的奴隷の状態から 自分自身を解放しろ 原子力など恐れるな 時間を止めることができるものなど ないのだから

俺たちの預言者が殺されるのを いつまで傍観してるつもりか それも予言の書の一部だから その書を完成させねばならない などと言って

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を

俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌 リデンプション・ソング 自由の歌を 俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌 リデンプション・ソング リデンプション・ソング

(ピアノ)

(拍手)

ありがとう

ありがとう

(拍手)

At Free America, we've done a listening and learning tour. We visited not only with prosecutors but with legislators, with inmates in our state and local prisons. We've gone to immigration detention centers. We've met a lot of people. And we've seen that redemption and transformation can happen in our prisons, our jails and our immigration detention centers, giving hope to those who want to create a better life after serving their time.

Imagine if we also considered the front end of this prison pipeline. What would it look like if we intervened, with rehabilitation as a core value -- with love and compassion as core values? We would have a society that is safer, healthier and worthy of raising our children in.

I want to introduce you to James Cavitt. James served 12 years in the San Quentin State Prison and is being released in 18 months. Now James, like you and me, is more than the worst thing he's done. He is a father, a husband, a son, a poet. He committed a crime; he's paying his debt, and working hard to build the skills to make the transition back to a productive life when he enters the civilian population again.

Now James, like millions of people behind bars, is an example of what happens if we believe that our failings don't define who we are, that we are all worthy of redemption and if we support those impacted by mass incarceration, we can all heal together.

I'd like to introduce you to James right now, and he's going to share his journey of redemption through spoken word.

James Cavitt: Thanks, John. TED, welcome to San Quentin. The talent is abundant behind prison walls. Future software engineers, entrepreneurs, craftsmen, musicians and artists. This piece is inspired by all of the hard work that men and women are doing on the inside to create better lives and futures for themselves after they serve their time.

This piece is entitled, "Where I Live."

I live in a world where most people are too afraid to go. Surrounded by tall, concrete walls, steel bars, where razor wire have a way of cutting away at the hopes for a brighter tomorrow.

I live in a world that kill people who kill people in order to teach people that killing people is wrong. Imagine that.

Better yet, imagine a world where healed people helped hurt people heal and become strong. Maybe then we would all be singin' "Redemption Song."

I live in a world that has been called "hell on Earth" by those trapped inside. But I've come to the stark realization that prison -- it really is what you make it. You see, in spite of the harshness of my reality, there is a silver lining. I knew that my freedom was gonna come, it was just a matter of time. And so I treated my first steps as if they were my last mile, and I realized that you don't have to be free in order to experience freedom.

And just because you're free, doesn't mean that you have freedom. Many of us, for years, have been battling our inner demons. We walk around smiling when inside we're really screamin': freedom!

Don't you get it? We're all serving time; we're just in different places. As for me, I choose to be free from the prisons I've created. The key: forgiveness. Action's my witness. If we want freedom, then we gotta think different. Because freedom ... it isn't a place. It's a mind setting.

Thank you.

(Applause)

(Piano)

John Legend: Old pirates, yes, they rob I. Sold I to the merchant ships. Minutes after they took I from the bottomless pit.

My hands were made strong by the hand of the almighty. We forward in this generation triumphantly.

Won't you help to sing these songs of freedom? 'Cause all I ever had -- redemption songs. Redemption songs.

Emancipate yourselves from mental slavery. None but ourselves can free our minds. Have no fear for atomic energy 'cause none of them can stop the time.

How long shall they kill our prophets while we stand aside and look? Some say it's just a part of it, we've got to fulfill the book.

Won't you help to sing these songs of freedom? 'Cause all I ever had -- redemption songs. Redemption songs.

(Piano)

Emancipate yourselves from mental slavery. None but ourselves can free our minds. Have no fear for atomic energy 'cause none of them can stop the time.

How long shall they kill our prophets while we stand aside and look? Some say it's just a part of it, we've got to fulfill the book.

Won't you help to sing these songs of freedom?

'Cause all I ever had -- redemption songs. Redemption songs. These songs of freedom. 'Cause all I ever had -- redemption songs. Redemption songs. Redemption songs.

(Piano)

(Applause)

Thank you.

Thank you.

(Applause)

At Free America,/ we've done a listening/ and learning tour.//

私の主催する「Free America」で 実態調査をしました

We visited not only/ with prosecutors/ but/ with legislators,/ with inmates/ in our state and local prisons.//

検察官と会談しただけではなく 立法府の議員や 州や自治体の刑務所で 服役中の受刑者とも会い

We've gone to immigration detention centers.//

入国者収容所にも出向き

We've met a lot of people.//

沢山の人の意見を聞きました

And we've seen/ that redemption and transformation can happen in our prisons,/ our jails and our immigration detention centers,/ giving hope/ to those/ who want to create/ a better life/ after serving their time.//

その結果わかった事は 刑務所 拘置所 入国収容所内での 罪のあがないと更生は可能であり 服役終了後の 人生のやり直しに向けた 希望を与えられる ということです

Imagine/ if we also considered the front end of this prison pipeline.//

収容制度の流れを 最初から考え直してみてください

What would/ it look like if we intervened,/ with rehabilitation/ as a core value --/ with love and compassion/ as core values?//

冒頭から更生を一番の目的にした 対策をとり 愛情といたわりを ― 基本的な価値基準とすれば どうなるでしょう

We would have a society/ that is safer,/ healthier/ and worthy of raising our children in.//

そうしたら もっと安全で 健全で 安心して子供を育てられる 社会になると確信しています

I want to introduce/ you/ to James Cavitt.//

ここでジェームス・カヴィットを紹介します

James served 12 years/ in the San Quentin State Prison/ and is being released in 18 months.//

ジェームスはサン・クエンティン 州立刑務所で12年間服役し 18ヶ月後に出所します

Now James,/ like you and me,/ is more/ than the worst thing/ he's done.//

そんなジェームスも我々と同様の人間 ― 最悪の過ちも犯しましたが 罪そのものよりもましな人間です

He is a father,/ a husband,/ a son,/ a poet.//

彼は父親、夫、息子で 詩人でもあります

He committed a crime;/ he's paying his debt,/ and working hard to build the skills to make the transition back/ to a productive life/ when he enters the civilian population again.//

彼は罪を犯し その償いをしています 新たに社会に戻った時に 社会貢献ができるように 技術の習得を 熱心に行っています

Now James,/ like millions of people/ behind bars,/ is an example of what happens/ if we believe/ that our failings don't define/ who we are,/ that we are all worthy of redemption/ and/ if we support those impacted by mass incarceration,/ we can all heal together.//

ジェームスは ― 彼のような囚人は沢山いますが ― 過ちが人格を定義するのではなく 全ての者が 罪の償いをするに価すると 我々が信じたときに そして集団で服役生活を過ごす人々に 手を差し伸べたときに 私たちも共に癒されることができる という見本です

I'd like to introduce/ you/ to James right now,/ and he's going to share/ his journey of redemption/ through spoken word.//

ではここで ジェームスと代わります 彼のあがないの旅についての スポークンワードポエムを 聞いてください

James Cavitt:/ Thanks,/ John.//

ジェームス・カヴィット:ジョン ありがとう

TED,/ welcome/ to San Quentin.//

サン・クエンティン州立刑務所へようこそ

この刑務所の壁の中は 才能の宝庫です

将来のソフトウェア・エンジニア 起業家 職人 ミュージシャンや アーティスト

This piece is inspired by all of the hard work/ that men and women are doing on the inside/ to create better lives and futures/ for themselves/ after they serve their time.//

この作品のインスピレーションの 源となったのは この中で暮らす男女が 服役後の再出発と自らの未来のために ひたする努力する姿です

This piece is entitled,/ "Where I/ Live."//

作品の題名は 「俺が今 住んでいるところ」

I live in a world/ where most people are too afraid/ to go.//

俺の住むところには 誰も怖がって近寄らない

Surrounded by tall, concrete walls,/ steel bars,/ where razor wire have a way of cutting away/ at the hopes/ for a brighter tomorrow.//

高いコンクリートの壁と 鉄格子で囲まれ かみそりのような有刺鉄線が 明日にむけた希望も 切り裂くようなところ

I live in a world/ that kill people/ who kill people/ in order to teach people/ that killing people is wrong.//

俺が住んでるところでは 人殺しの魂を殺す事で 殺人はいけないと 教えようとしている

Imagine that.//

考えてみろよ

Better yet,/ imagine a world/ where healed people helped hurt people heal/ and become strong.//

そんなことより 傷が癒やされた人が 傷ついた人を癒して 強くなっていく世界を 想像してくれ

Maybe then/ we would all be singin/' "Redemption Song."//

そうなれば『リデンプション・ソング』を 皆で歌えるだろ

I live in a world/ that has been called "hell/ on Earth"/ by those trapped inside.//

俺が住むのは 投獄された者が「地上の地獄」と 呼ぶところ

But I've come to the stark realization/ that prison --/ it really is/ what you make it.//

でも そこで何を悟ったかと言うと 牢屋といっても 気持ちの持ちかたで変わる事

You see,/ in spite of the harshness of my reality,/ there is a silver lining.//

過酷な現実の中にも 実は 希望の光はある

I knew/ that my freedom was gonna come,/ it was just a matter of time.//

いつか自由もやってくる それは単に時間の問題だ

And so/ I treated my first steps/ as if they were my last mile,/ and I realized/ that you don't have to be free/ in order to experience freedom.//

だから最初の一歩から 最後の1マイルのように大事に歩んだ 自由の身にならなくても 自由を経験できることも学んだ

And just/ because you're free,/ doesn't mean/ that you have freedom.//

たとえ監禁されてなくても 自由だとは限らない

Many of us,/ for years,/ have been battling our inner demons.//

誰もが自分の中に潜む 悪魔と戦っている

We walk around/ smiling/ when inside we're really/ screamin':/ freedom!//

笑顔の後ろには 耐え難い 苦痛が隠れていて こう叫んでいる 解放してくれ!

Don't you get it?//

解らないのか?

We're all serving time;/ we're just/ in different places.//

人間はだれもが服役中だ 償っている場所が違うだけなんだ

As for me,/ I choose to be free/ from the prisons/ I've created.//

俺自身は 自分で作った牢獄から脱出した

脱出の鍵は許しだ 行動が

俺の証人だ

If we want freedom,/ then/ we gotta think different.//

自由を望むなら 考え方を変えてみよう

Because freedom ...//

なぜなら 自由とは

it isn't a place.//

どこにいるかではなく

It's a mind setting.//

考え方だからだ

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

(ピアノ)

John Legend:/ Old pirates,/ yes,/ they rob I.//

ジョン・レジェンド:海賊が俺を力づくで捕らえ

Sold I/ to the merchant ships.//

奴隷商人の船に売っ払った

Minutes/ after they took I/ from the bottomless pit.//

絶望のどん底から 俺は買い取られたばかり

My hands were made strong/ by the hand of the almighty.//

だが 俺の手は頑丈にできている 全能の神が授けてくれた手

大いなる誇りを持ちながら この時代を進んでいく

Won't you help to sing/ these songs of freedom?//

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を

'Cause/ all I ever had --/ redemption songs.//

俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌

リデンプション・ソング

精神的奴隷の状態から

None/ but ourselves can free our minds.//

自分自身を解放しろ

Have no fear/ for atomic energy/ 'cause none of them can stop the time.//

原子力など恐れるな 時間を止めることができるものなど ないのだから

How long shall they kill our prophets/ while we stand aside/ and look?//

俺たちの預言者が殺されるのを いつまで傍観してるつもりか

Some say/ it's just a part of it,/ we've got to fulfill/ the book.//

それも予言の書の一部だから その書を完成させねばならない などと言って

Won't you help to sing/ these songs of freedom?//

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を

'Cause/ all I ever had --/ redemption songs.//

俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌

リデンプション・ソング

(ピアノ)

精神的奴隷の状態から

None/ but ourselves can free our minds.//

自分自身を解放しろ

Have no fear/ for atomic energy/ 'cause none of them can stop the time.//

原子力など恐れるな 時間を止めることができるものなど ないのだから

How long shall they kill our prophets/ while we stand aside/ and look?//

俺たちの預言者が殺されるのを いつまで傍観してるつもりか

Some say/ it's just a part of it,/ we've got to fulfill/ the book.//

それも予言の書の一部だから その書を完成させねばならない などと言って

Won't you help to sing/ these songs of freedom?//

一緒に歌ってくれないか 自由の歌の数々を

'Cause/ all I ever had --/ redemption songs.//

俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌

リデンプション・ソング

These songs of freedom.//

自由の歌を

'Cause/ all I ever had --/ redemption songs.//

俺が今まで歌ってきた全てが ― あがないの歌

リデンプション・ソング

リデンプション・ソング

(ピアノ)

(拍手)

Thank you.//

ありがとう

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

prosecutor

検察官

訴追者

legislator

法律制定者,立法者

立法府(国会・州議会)議員

inmate

(病院・養老院・刑務所などの)入院者,収容者,受刑者

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

immigration

(外国からの)移住,入植

《集合的に》入植者,移民国

detention

引き留めること,遅延

(判決前の)留置,拘置

redemption

買い戻し・(質や差し押さえ物の)取り戻し・(約束などの)履行

(キリストの犠牲による)罪のあがらない

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

pipeline

(石油・ガスなどの)輪送パイプ

《米》情報ルート

〈石油など〉‘を'パイプラインで運ぶ

intervene

(ある事と事,時と時,場所と場所の)『間に起こる』,間に人る《+『between』(『in』)+『名』》

(相対するもの間に)仲裁に入る,(…に)干渉する《+『in』(『between』)+『名』》

〈事が〉じゃまに入る

rehabilitation

(けが人・病人などの)社会復帰,リハビリテーション

復職;名誉回復

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

compassion

(…に対する)あわれみ,深い同情(sympathy)《+『on』(『for』)+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

worthy

『価値のある』,尊敬するべき

お偉方,名士,ごりっぱな人

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

James

ヤコブ書(新約聖書の一書;《略》『jas.』)

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

poet

『詩人』,歌人

詩的才能のある人

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

debt

〈U〉〈C〉『借金』;負債

〈C〉『恩義』,義理(obligation)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

transition

(…から…へ)移り変わること,変遷;(…から…への)過渡期《+from+名+to+名》

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

civilian

(軍人・警官・消防署員・聖職者に対して)一般市民,民間人,文民

(比較変化なし)民間の,一般市民の

(武官に対して)文官の

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

failing

欠点,弱点;失敗,落第;破産

…がないので,がない場合には

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

incarceration

投獄,監禁

heal

〈傷など〉‘を'直す

〈悩み・不和など〉‘を'いやす,治める

〈傷などが〉直る《+『up』(over』)》

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

spoken

speakの過去分詞

『口で言う』,口頭の(oral)

口語の(colloquial)

《ハイフンをつけ複合形容詞を作って》口先(話しぶり)が…な

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

abundant

『豊富な』,十分な

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

craftsman

職人;熟練工,名工

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

entitle

〈本など〉‘に'『表題をつける』,〈人など〉‘に'名称を与える

〈人〉‘に'『権利』(『資格』)‐を与える』

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

razor

『かみそり』

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

stark

《名詞の前にのみ用いて》全くの,正真正銘の

(景色・場所などが)荒れた,ものさびしい

(気候が)きびしい

(顔・態度が)こわばった,堅い

spite

悪意,意地悪

《a ~》(…への)恨み《+『against』(『at』)+『名』》

〈人〉‘に'意地悪をする,‘を'困らせる

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

silver lining

(不幸な境遇の中にもある)希望のきざし,明るい見通し

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

gon na

going toの縮約形

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

inner

『内側の』,『内部の』,奥の

『精神の』,心の

親密な;内密の

demon

悪霊;悪魔

悪魔(鬼)のように残酷な人;(悪などの)権化

《話》(超人的な)精力家,名人,鬼才

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

forgiveness

(…を)許すこと,容赦《+『of』+『名』》

寛大さ

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

witness

〈C〉(また eyewitness)(…の)『目撃者』《+of(to)+名》

〈C〉(法廷などの)『証人』,証言者

〈C〉(契約・結婚などの)保証人,立会人;(文書の)連署人《+to+名》

〈U〉《文》(特に法廷での)証言

〈C〉(…の)証拠[となるもの]《+to+名》

…‘を'『目撃する』,まのあたりに見る

〈文書〉‘に'証人として署名する;…‘に'立ち会う

…‘の'証拠になる,‘を'証明する,示す

(…を)証言する,(…の)証拠になる《+to+名(doing)》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

setting

〈C〉(宝石などの)はめこみ台

〈C〉(劇・文学作品り)背景・舞台

〈C〉(劇の)舞台装置,道真立て

〈C〉(一般に)環境,境遇

〈U〉〈C〉(物語・詩などにつけられた)曲

〈C〉(卵の)一かえり,一抱き

〈U〉すえつけること,置くこと;(日・月の)入り

〈C〉一分の食器類

applause

『拍手かっさい』;称賛

piano

『ピアノ』

legend

〈C〉『伝説』,言い伝え;〈U〉伝説文学

〈C〉伝説上の人物

〈C〉(メダルなどの)題銘,銘(inscription)

〈C〉(地図・図表などの)説明,凡例(はんれい)

pirate

『海賊』海賊船

著作(特許)権侵害者,剽窃(ひょうせつ)者

…‘に'海賊行為を働く;…‘から'略奪する

〈本・芸術作品・発明〉‘の'著作(特許)権を侵害する

海賊を働く

著作(特許)権を侵害する

rob

(金品を)〈人・銀行など〉‘から'『力ずくで奪う』,強奪する《+『名』〈人・銀行など〉+『of』+『名』〈金品〉》

〈人・銀行など〉‘から'金品を盗む;…‘の'中身を盗む

(人・銀行などから)〈金品〉‘を'『おどし取る』

(事を)…‘から'むりやりに取ってしまう,無くしてしまう《+『名』+『of』+『名』〈事〉》

略奪する,強盗を働く

sold

sellの過去・過去分詞

merchant ship

=merchantman

bottomless

底なしの;測りしれない

pit

(自然の,または掘った)『地面の穴』,『くぼみ』

《しばしば単数形で》《the pit》立て坑,採掘場

落とし穴

《単数形で》《the pit》《英》(劇場の)平土間(1階正面後部の安い料金の席全体を指す);平土間の観客;《米》(舞台手前の1段低くなった)オーケストラ席

(身体や物の表面の自然にできた)くぼみ

《しばしば複数形で》(傷・天然痘などでできた皮膚の)小さなくぼんだ跡,あばた

(動物を入れておく)囲い;闘鶏場(cockpit),闘犬場

《the ~》地獄(hell)

ピット

自動車修理店などで,車体の下で作業するために床に設けたくぼみ

《the pits》自動車レースで給油・タイヤ交換などの場所

…‘に'点々と穴をあける;…‘を'あばたにする

(…と)…‘を'取り組ませる,対坑させる《+『名』+『against』+『名』》

almighty

全能の

《the A-》全能の神(God)

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

triumphantly

勝ち誇って,大得意で,意気揚々

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

'cause

=because

emancipate

(…から)…‘を'解放する,自由にする《+『from』+『名』(do『ing』)》

yourselves

yourself の複数形

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

slavery

『奴隷制度』;奴隷の身分,奴隷の状態

(欲望・悪習などの)とりこになっていること《+『to』+『名』》

骨の折れる仕事,つらい労働

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

atomic energy

原子エネルギー

prophet

(霊感や神の力による)『預言者』

(将来のでき事を)予測する人,予言する人

(主義・運動などの)代弁者,唱道者;先覚者

《the P-》マホメット(Muhammad)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

関連動画