TED日本語 - シュベンデュ・シャルマ: 自宅の裏庭に森を作る方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

森は人間の生活から遠く離れた、広範囲に渡る保護区域である必要はありません。それどころか、今ここで、たとえ街中であっても、作ることができます。TEDフェローで環境起業家でもあるシュベンデュ・シャルマは、土、微生物や有機物を駆使して、植物が自生するプロセスをスピードアップし、びっしりと生い茂り、生物多様性に溢れた小規模の人工森林を都市部で育てる事業をしています。10年で100年分の森林を育て、小さなジャングルを楽しめるようになる方法とは?シャルマの解説を見ていきましょう。

Script

こちらは人工森林です 何ヘクタールもの広さに 及ぶこともあれば 狭いスペースに 造ることもできます 皆さんの家の庭サイズとかね この人口森林はそれぞれが できてから わずか2年です 私の自宅の裏庭にもあります 生物多様性に優れています

(鳥の鳴き声)

毎朝起きるたびに ディズニーのプリンセスのような気分になります

(笑)

私は起業家です このような森林づくりを 仕事にしています 私の事業では 工場や 農園 学校 住宅 リゾート地 マンションのビル 市民公園 動物園にさえ 人工森林を造っています 森林とは動物たちが共存する 単独の土地ではありません 都市部に欠かせないものにも なりえます 私にとって森林とは 人が入れないほど 木が生い茂っている場所です 大きさは関係ありません

こんにち私たちが住む世界は かつては森林でした 人類が侵入する前の話です そして私たちは森林を街に変え ― 例えばサンパウロとか ― 私たち人類も自然の一部であることを 忘れてしまいました 地球上の840万種の生物が すみかとしている自然です 人間の生息地はもはや 自然来のものではありません しかしそれも 少しずつ変わってきています 私は数人の仲間と手を組んで 事業として人工森林をどこにでも そして あらゆるところに造っています

私は産業エンジニアでもあります 車づくりを専攻にしています 以前働いていたトヨタでは 天然資源をどのように 製品に変えるのかを学びました 例えば ゴムの木から樹液を絞り出し 天然ゴムに変えて タイヤ製品を作り出します しかしこの様な製品は二度と 天然資源には戻りません 私たちは自然の要素を 部分的に取り出して 元に戻せない状態にしているのです それが工業生産です

一方で自然は 正反対の仕組みで動いています 原子一つ一つを組み合わせて 別のものを生み出すのです 自然の産物はすべてが 天然資源に戻ります これは私が自分の裏庭に 森林を造ったときに 学んだことです 自然に反してではなく 自然と共に何かをしたのは これが初めてでした その時以来 私たちは25の都市に 75の森林を作りました 新しい土地での仕事に着手するたびに 森林を作るにあたって必要な要素は 1つ残らず ごく身近なところにあると 実感します やるべきことはただ1つ 手に入る要素をまとめるだけ あとは自然に任せるんです

森林造りは土から始まります 触ったり、感じたり、食べたりもしながら その土に欠けている成分を見極めます 土の成分がきめ細かい場合は 水が浸み込まないほど コンパクトになります 私たちは身近にある 有機物を混ぜ合わせ 通水性を良くします これでようやく 水が浸み込むようになります 土に保水力がない場合は 有機物を追加して 泥炭やバガスといわれる植物繊維などの 吸水物と混ぜ 土が水分を失わず 湿った状態を保てるようにします

植物が育つには 水と日光と栄養が必要です 土に栄養がない場合は どうするべきでしょうか? 直接栄養を与えるような ことはしません それでは産業と同じです 自然に反しています なので代わりに微生物を加えます 微生物は土の中で 養分を自然に作り出します 土に含まれる 有機物がエサなので ひたすら食べて増殖するだけです 微生物が増えるにつれ 土が呼吸を再開します 土が生き返るのです

私の事業では その土地の 在来木本種の調査もします 在来種かそうでないかを 見分ける方法は? 答えは 人類の侵入以前に 存在していたもの全てが在来です ごく単純な法則です 国立公園を調査して 天然森林の生き残りを 探すのも仕事です 神聖な林や森林を 寺院の周りで 調査したりもします そこで何も見つからなければ 博物館へ行き 大昔に存在していた木からの 木材や種子を探します 現地の古い絵画、詩、文献を 研究することで その土地に属する樹木の種類を 突き止めます

いったん種類が分かったら それらを4つの層に分けます 低木層、 亜高木層、 高木層 そして林冠層です それぞれの層の割合を定めてから 植える樹木各種の割合を決めます 果樹中心の森を作る場合は 果樹の割合を大きくします 花が咲きみだれ たくさんの鳥やハチを引き寄せる森林や シンプルに 自生の 常緑植物からなる森林も作れます

種を集めて 発芽させ 苗になるまで育てます 同じ層に属する木は 隣り同士には 植えないようにしています 背が伸びるにつれて 同じ高さの空間を 取り合うことになりますからね 苗木は近くに集めて植えておきます 表面は分厚い腐葉土の層で覆って 暑いときでも 土の湿度が保てるようにします 寒いときには 霜が降りるのは腐葉土までなので 極寒の中でも 土は呼吸できる状態になります 土はとても柔らかいので 根が地中に簡単に貫通しますし 伸びる時間もかかりません

最初の頃は 成長しているように 見えなくても 森林は地下で育っているのです 最初の3ヶ月で 根は1mほどの深さに届きます この根が網目を形成し 土をしっかりと保持します 微生物や菌類が この網にびっしりと棲みつきます このため 木の周辺に栄養がなくても 微生物が栄養を補給してくれます 雨が降れば 魔法のように キノコが夜のうちに生えてきます これは 地下に元気なキノコの網が あるということです

いったん根が定着すれば 地上でも森林の成長が始まります 森林が育つ2~3年の間は 人の手で水をやり続けます 育てている木だけに 水や栄養を送りたいので 雑草を抜いたりします 森林が育つほどに 日光が遮られるようになります 終いには 日光が地面に届かないほど 木が密集します すると 日光を必要とする 雑草も生えてきません

この段階では 森に落ちてきた水は1滴たりとも 蒸発して大気に戻ることはありません この密林が湿った空気を凝縮して 湿度を保ちます ここで徐々に水をやるのを やめていきます すると水をやらなくても 森の地面は湿度を保ち 暗いままであることもあります さて ここで1枚でも葉が落ちると すぐに腐敗が始まります この腐敗した有機物が 腐植土を作ります 森林の食料となるものです 森林が大きくなるにつれ より多くの葉が落ち よりたくさんの腐植土ができます 森林がさらに育つための 食べ物が増えるのです そして森林は急成長を続けます

一度土台ができれば この森林は何度でも再生します 多分永遠に再生するでしょう このような天然森林には どんな管理も適しません 小さなジャングルパーティ と化します

(笑)

この人工森林は 1つの共同体として育ちます もし同種の木が それぞれ単体で 植えられたとしたら こんなに早く育たないでしょう これが100歳の森林を 10年で作る方法でした

ありがとうございました

(拍手)

This is a man-made forest. It can spread over acres and acres of area, or it could fit in a small space -- as small as your house garden. Each of these forests is just two years old. I have a forest in the backyard of my own house. It attracts a lot of biodiversity.

(Bird call)

I wake up to this every morning, like a Disney princess.

(Laughter)

I am an entrepreneur who facilitates the making of these forests professionally. We have helped factories, farms, schools, homes, resorts, apartment buildings, public parks and even a zoo to have one of such forests. A forest is not an isolated piece of land where animals live together. A forest can be an integral part of our urban existence. A forest, for me, is a place so dense with trees that you just can't walk into it. It doesn't matter how big or small they are.

Most of the world we live in today was forest. This was before human intervention. Then we built up our cities on those forests, like Sao Paulo, forgetting that we belong to nature as well, as much as 8.4 million other species on the planet. Our habitat stopped being our natural habitat. But not anymore for some of us. A few others and I today make these forests professionally -- anywhere and everywhere.

I'm an industrial engineer. I specialize in making cars. In my previous job at Toyota, I learned how to convert natural resources into products. To give you an example, we would drip the sap out of a rubber tree, convert it into raw rubber and make a tire out of it -- the product. But these products can never become a natural resource again. We separate the elements from nature and convert them into an irreversible state. That's industrial production.

Nature, on the other hand, works in a totally opposite way. The natural system produces by bringing elements together, atom by atom. All the natural products become a natural resource again. This is something which I learned when I made a forest in the backyard of my own house. And this was the first time I worked with nature, rather than against it. Since then, we have made 75 such forests in 25 cities across the world. Every time we work at a new place, we find that every single element needed to make a forest is available right around us. All we have to do is to bring these elements together and let nature take over.

To make a forest we start with soil. We touch, feel and even taste it to identify what properties it lacks. If the soil is made up of small particles it becomes compact -- so compact, that water can not seep in. We mix some local biomass available around, which can help soil become more porous. Water can now seep in. If the soil doesn't have the capacity to hold water, we will mix some more biomass -- some water-absorbent material like peat or bagasse, so soil can hold this water and it stays moist.

To grow, plants need water, sunlight and nutrition. What if the soil doesn't have any nutrition in it? We don't just add nutrition directly to the soil. That would be the industrial way. It goes against nature. We instead add microorganisms to the soil. They produce the nutrients in the soil naturally. They feed on the biomass we have mixed in the soil, so all they have to do is eat and multiply. And as their number grows, the soil starts breathing again. It becomes alive.

We survey the native tree species of the place. How do we decide what's native or not? Well, whatever existed before human intervention is native. That's the simple rule. We survey a national park to find the last remains of a natural forest. We survey the sacred groves, or sacred forests around old temples. And if we don't find anything at all, we go to museums to see the seeds or wood of trees existing there a long time ago. We research old paintings, poems and literature from the place, to identify the tree species belonging there.

Once we know our trees, we divide them in four different layers: shrub layer, sub-tree layer, tree layer and canopy layer. We fix the ratios of each layer, and then we decide the percentage of each tree species in the mix. If we are making a fruit forest, we increase the percentage of fruit-bearing trees. It could be a flowering forest, a forest that attracts a lot of birds or bees, or it could simply be a native, wild evergreen forest.

We collect the seeds and germinate saplings out of them. We make sure that trees belonging to the same layer are not planted next to each other, or they will fight for the same vertical space when they grow tall. We plant the saplings close to each other. On the surface, we spread a thick layer of mulch, so when it's hot outside the soil stays moist. When it's cold, frost formation happens only on the mulch, so soil can still breathe while it's freezing outside. The soil is very soft -- so soft, that roots can penetrate into it easily, rapidly.

Initially, the forest doesn't seem like it's growing, but it's growing under the surface. In the first three months, roots reach a depth of one meter. These roots form a mesh, tightly holding the soil. Microbes and fungi live throughout this network of roots. So if some nutrition is not available in the vicinity of a tree, these microbes are going to get the nutrition to the tree. Whenever it rains, magically, mushrooms appear overnight. And this means the soil below has a healthy fungal network.

Once these roots are established, forest starts growing on the surface. As the forest grows we keep watering it -- for the next two to three years, we water the forest. We want to keep all the water and soil nutrition only for our trees, so we remove the weeds growing on the ground. As this forest grows, it blocks the sunlight. Eventually, the forest becomes so dense that sunlight can't reach the ground anymore. Weeds can not grow now, because they need sunlight as well.

At this stage, every single drop of water that falls into the forest doesn't evaporate back into the atmosphere. This dense forest condenses the moist air and retains its moisture. We gradually reduce and eventually stop watering the forest. And even without watering, the forest floor stays moist and sometimes even dark. Now, when a single leaf falls on this forest floor, it immediately starts decaying. This decayed biomass forms humus, which is food for the forest. As the forest grows, more leaves fall on the surface -- it means more humus is produced, it means more food so the forest can grow still bigger. And this forest keeps growing exponentially.

Once established, these forests are going to regenerate themselves again and again -- probably forever. In a natural forest like this, no management is the best management. It's a tiny jungle party.

(Laughter)

This forest grows as a collective. If the same trees -- same species -- would have been planted independently, it wouldn't grow so fast. And this is how we create a 100-year-old forest in just 10 years.

Thank you very much.

(Applause)

This is a man-made forest.//

こちらは人工森林です

It can spread over acres and acres of area,/ or it could fit in a small space --/ as small/ as your house garden.//

何ヘクタールもの広さに 及ぶこともあれば 狭いスペースに 造ることもできます 皆さんの家の庭サイズとかね

Each of these forests is just two years old.//

この人口森林はそれぞれが できてから わずか2年です

I have a forest/ in the backyard of my own house.//

私の自宅の裏庭にもあります

It attracts a lot of biodiversity.//

生物多様性に優れています

(Bird call)/

(鳥の鳴き声)

I wake up/ to this every morning,/ like a Disney princess.//

毎朝起きるたびに ディズニーのプリンセスのような気分になります

(笑)

私は起業家です このような森林づくりを 仕事にしています

We have helped factories,/ farms,/ schools,/ homes,/ resorts,/ apartment buildings,/ public parks/ and even a zoo to have one of such forests.//

私の事業では 工場や 農園 学校 住宅 リゾート地 マンションのビル 市民公園 動物園にさえ 人工森林を造っています

A forest is not an isolated piece of land/ where animals live together.//

森林とは動物たちが共存する 単独の土地ではありません

A forest can be an integral part of our urban existence.//

都市部に欠かせないものにも なりえます

A forest,/ for me,/ is a place so dense/ with trees/ that you just can't walk into it.//

私にとって森林とは 人が入れないほど 木が生い茂っている場所です

It doesn't matter how big or small/ they are.//

大きさは関係ありません

Most of the world/ we live in today was forest.//

こんにち私たちが住む世界は かつては森林でした

This was before human intervention.//

人類が侵入する前の話です

Then/ we built up/ our cities/ on those forests,/ like Sao Paulo,/ forgetting/ that we belong to nature as well,/ as much as 8.4 million other species/ on the planet.//

そして私たちは森林を街に変え ― 例えばサンパウロとか ― 私たち人類も自然の一部であることを 忘れてしまいました 地球上の840万種の生物が すみかとしている自然です

Our habitat stopped being our natural habitat.//

人間の生息地はもはや 自然来のものではありません

But not anymore/ for some of us.//

しかしそれも 少しずつ変わってきています

A few others/ and I/ today make these forests professionally --/ anywhere and everywhere.//

私は数人の仲間と手を組んで 事業として人工森林をどこにでも そして あらゆるところに造っています

私は産業エンジニアでもあります

I specialize in making cars.//

車づくりを専攻にしています

In my previous job/ at Toyota,/ I learned/ how to convert natural resources/ into products.//

以前働いていたトヨタでは 天然資源をどのように 製品に変えるのかを学びました

To give you/ an example,/ we would drip the sap/ out of a rubber tree,/ convert it/ into raw rubber/ and make a tire/ out of it --/ the product.//

例えば ゴムの木から樹液を絞り出し 天然ゴムに変えて タイヤ製品を作り出します

But these products can never become a natural resource again.//

しかしこの様な製品は二度と 天然資源には戻りません

We separate the elements/ from nature/ and convert them/ into an irreversible state.//

私たちは自然の要素を 部分的に取り出して 元に戻せない状態にしているのです

それが工業生産です

Nature,/ on the other hand,/ works in a totally opposite way.//

一方で自然は 正反対の仕組みで動いています

The natural system produces by bringing elements together,/ atom/ by atom.//

原子一つ一つを組み合わせて 別のものを生み出すのです

All the natural products become a natural resource again.//

自然の産物はすべてが 天然資源に戻ります

This is something/ which I learned/ when I made a forest/ in the backyard of my own house.//

これは私が自分の裏庭に 森林を造ったときに 学んだことです

And this was the first time/ I worked with nature,/ rather than/ against it.//

自然に反してではなく 自然と共に何かをしたのは これが初めてでした

Since then,/ we have made 75 such forests/ in 25 cities/ across the world.//

その時以来 私たちは25の都市に 75の森林を作りました

Every time/ we work at a new place,/ we find/ that every single element needed to make a forest is available right/ around us.//

新しい土地での仕事に着手するたびに 森林を作るにあたって必要な要素は 1つ残らず ごく身近なところにあると 実感します

All we have to do/ is to bring these elements together/ and let nature take over.//

やるべきことはただ1つ 手に入る要素をまとめるだけ あとは自然に任せるんです

To make a forest/ we start with soil.//

森林造りは土から始まります

We touch,/ feel/ and even taste it/ to identify/ what properties/ it lacks.//

触ったり、感じたり、食べたりもしながら その土に欠けている成分を見極めます

If the soil is made up/ of small particles/ it becomes compact --/ so compact,/ that water can not seep in.//

土の成分がきめ細かい場合は 水が浸み込まないほど コンパクトになります

We mix some local biomass available around,/ which can help/ soil become more porous.//

私たちは身近にある 有機物を混ぜ合わせ 通水性を良くします

Water can now seep in.//

これでようやく 水が浸み込むようになります

If the soil doesn't have the capacity/ to hold water,/ we will mix some more biomass --/ some water-absorbent material/ like peat or bagasse,/ so soil can hold this water/ and it stays moist.//

土に保水力がない場合は 有機物を追加して 泥炭やバガスといわれる植物繊維などの 吸水物と混ぜ 土が水分を失わず 湿った状態を保てるようにします

To grow,/ plants need water,/ sunlight and nutrition.//

植物が育つには 水と日光と栄養が必要です

What if the soil doesn't have any nutrition/ in it?//

土に栄養がない場合は どうするべきでしょうか?

We don't just add nutrition directly/ to the soil.//

直接栄養を与えるような ことはしません

That would be the industrial way.//

それでは産業と同じです

It goes against nature.//

自然に反しています

なので代わりに微生物を加えます

They produce the nutrients/ in the soil naturally.//

微生物は土の中で 養分を自然に作り出します

They feed on the biomass/ we have mixed in the soil,/ so all they have to do/ is eat and multiply.//

土に含まれる 有機物がエサなので ひたすら食べて増殖するだけです

And/ as their number grows,/ the soil starts breathing/ again.//

微生物が増えるにつれ 土が呼吸を再開します

It becomes alive.//

土が生き返るのです

We survey the native tree species of the place.//

私の事業では その土地の 在来木本種の調査もします

How do we decide/ what's native or not?//

在来種かそうでないかを 見分ける方法は?

答えは 人類の侵入以前に 存在していたもの全てが在来です

That's the simple rule.//

ごく単純な法則です

We survey a national park/ to find the last remains of a natural forest.//

国立公園を調査して 天然森林の生き残りを 探すのも仕事です

We survey the sacred groves,/ or sacred forests/ around old temples.//

神聖な林や森林を 寺院の周りで 調査したりもします

And/ if we don't find anything at all,/ we go to museums/ to see the seeds or wood of trees/ existing there/ a long time ago.//

そこで何も見つからなければ 博物館へ行き 大昔に存在していた木からの 木材や種子を探します

We research old paintings,/ poems and literature/ from the place,/ to identify the tree species/ belonging there.//

現地の古い絵画、詩、文献を 研究することで その土地に属する樹木の種類を 突き止めます

Once/ we know our trees,/ we divide them/ in four different layers:/ shrub layer,/ sub-tree layer,/ tree layer and canopy layer.//

いったん種類が分かったら それらを4つの層に分けます 低木層、 亜高木層、 高木層 そして林冠層です

We fix the ratios of each layer,/ and then/ we decide the percentage of each tree species/ in the mix.//

それぞれの層の割合を定めてから 植える樹木各種の割合を決めます

If we are making a fruit forest,/ we increase the percentage of fruit-bearing trees.//

果樹中心の森を作る場合は 果樹の割合を大きくします

It could be a flowering forest,/ a forest/ that attracts a lot of birds or bees,/ or it could simply be a native, wild evergreen forest.//

花が咲きみだれ たくさんの鳥やハチを引き寄せる森林や シンプルに 自生の 常緑植物からなる森林も作れます

We collect the seeds/ and germinate saplings/ out of them.//

種を集めて 発芽させ 苗になるまで育てます

We make sure/ that trees/ belonging to the same layer are not planted next/ to each other,/ or they will fight for the same vertical space/ when they grow tall.//

同じ層に属する木は 隣り同士には 植えないようにしています 背が伸びるにつれて 同じ高さの空間を 取り合うことになりますからね

We plant the saplings close/ to each other.//

苗木は近くに集めて植えておきます

On the surface,/ we spread a thick layer of mulch,/ so/ when it's hot/ outside the soil stays moist.//

表面は分厚い腐葉土の層で覆って 暑いときでも 土の湿度が保てるようにします

When it's cold, frost formation happens only/ on the mulch,/ so soil can still breathe/ while it's freezing outside.//

寒いときには 霜が降りるのは腐葉土までなので 極寒の中でも 土は呼吸できる状態になります

The soil is very soft --/ so soft,/ that roots can penetrate into it easily,/ rapidly.//

土はとても柔らかいので 根が地中に簡単に貫通しますし 伸びる時間もかかりません

Initially,/ the forest doesn't seem/ like it's growing,/ but it's growing under the surface.//

最初の頃は 成長しているように 見えなくても 森林は地下で育っているのです

In the first three months,/ roots reach a depth of one meter.//

最初の3ヶ月で 根は1mほどの深さに届きます

These roots form a mesh,/ tightly holding/ the soil.//

この根が網目を形成し 土をしっかりと保持します

微生物や菌類が この網にびっしりと棲みつきます

So/ if some nutrition is not available/ in the vicinity of a tree,/ these microbes are going to get/ the nutrition/ to the tree.//

このため 木の周辺に栄養がなくても 微生物が栄養を補給してくれます

雨が降れば 魔法のように キノコが夜のうちに生えてきます

And this means the soil below has a healthy fungal network.//

これは 地下に元気なキノコの網が あるということです

Once these roots are established,/ forest starts growing/ on the surface.//

いったん根が定着すれば 地上でも森林の成長が始まります

As the forest grows/ we keep watering/ it --/ for the next two to three years,/ we water the forest.//

森林が育つ2~3年の間は 人の手で水をやり続けます

We want to keep/ all the water and soil nutrition only/ for our trees,/ so we remove the weeds/ growing on the ground.//

育てている木だけに 水や栄養を送りたいので 雑草を抜いたりします

As this forest grows,/ it blocks the sunlight.//

森林が育つほどに 日光が遮られるようになります

Eventually,/ the forest becomes so dense/ that sunlight can't reach the ground anymore.//

終いには 日光が地面に届かないほど 木が密集します

Weeds can not grow now,/ because they need sunlight/ as well.//

すると 日光を必要とする 雑草も生えてきません

At this stage,/ every single drop of water/ that falls into the forest doesn't evaporate back/ into the atmosphere.//

この段階では 森に落ちてきた水は1滴たりとも 蒸発して大気に戻ることはありません

この密林が湿った空気を凝縮して 湿度を保ちます

We gradually reduce/ and eventually stop watering/ the forest.//

ここで徐々に水をやるのを やめていきます

And even/ without watering,/ the forest floor stays moist/ and sometimes even dark.//

すると水をやらなくても 森の地面は湿度を保ち 暗いままであることもあります

Now,/ when a single leaf falls on this forest floor,/ it immediately starts decaying.//

さて ここで1枚でも葉が落ちると すぐに腐敗が始まります

This decayed biomass forms humus,/ which is food/ for the forest.//

この腐敗した有機物が 腐植土を作ります 森林の食料となるものです

As the forest grows,/ more leaves fall/ on the surface --/ it means/ more humus is produced,/ it means more food/ so the forest can grow still bigger.//

森林が大きくなるにつれ より多くの葉が落ち よりたくさんの腐植土ができます 森林がさらに育つための 食べ物が増えるのです

And this forest keeps growing/ exponentially.//

そして森林は急成長を続けます

Once established,/ these forests are going to regenerate/ themselves again and again --/ probably forever.//

一度土台ができれば この森林は何度でも再生します 多分永遠に再生するでしょう

In a natural forest/ like this,/ no management is the best management.//

このような天然森林には どんな管理も適しません

It's a tiny jungle party.//

小さなジャングルパーティ と化します

(笑)

この人工森林は 1つの共同体として育ちます

If the same trees --/ same species --/ would have been planted independently,/ it wouldn't grow so fast.//

もし同種の木が それぞれ単体で 植えられたとしたら こんなに早く育たないでしょう

And this is/ how we create a 100-year-old forest/ in just 10 years.//

これが100歳の森林を 10年で作る方法でした

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

acre

『エーカー』(面積の単位;約4,047平方メートル)

《複数形で》田畑,土地

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

backyard

裏庭

家の後ろの

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

princess

『王女』,皇女,内親王;王家(皇族)の女子

(英国以外の)公爵夫人(《英》duchess)

王妃,親王妃

laughter

『笑い』,笑い声

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

facilitate

…‘を'容易にする,楽にする,助ける,促進する

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

professionally

職業的に,専門的に

factory

『工場』,製作所

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

resort

《『resort』『to』+『名』(do『ing』)+『for』+『名』》(…に…を)やむを得ず訴える(頼る)

《『resort』 『to』+『名』》(…へ)よく行く,しげしげと通う

〈C〉『行楽地』,『保養地』

〈C〉(人が)よく集まる場所《+『of』+『名』》

〈C〉頼りになる人(物),頼みの網

〈U〉(…に)頼ること,訴えること《+『to』+『名』》

apartment

《米》『アパート』,(共同住宅内の)1家族分の[数]部屋

《複数形で》《英》(通例家具つきで貸す)一組の部屋

〈C〉部屋(room)

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

zoo

『動物園』

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

integral

全体の一部分として欠くことのできない,完全なものになるに必要な

完全無欠な

(数学で)整数の

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

urban

都市(都会)の

都市に住む

existence

〈U〉(…の)『存在』,実在《+『of』+『名』》

〈U〉『生存』

〈C〉『生活』,暮らし(life)

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

Sao Paulo

サンパウロ(ブラジル南部の州及びその州都でコーヒーの大産地)

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

planet

『惑星』,遊星

habitat

(動・植物の)産地,生息地

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

drip

〈液体が〉『したたる』,しずくを垂らす,ぽたぽた落ちる《+『down』》;(…から)したたる《+『from』+『名』》

〈容器などが〉しずくを垂らす

(…で)びしょぬれになる,あふれる《+『with』+『名』》

〈液体〉‘を'したたらせる

〈C〉『したたり』,しずく

〈U〉したたること;しずくの落ちる音

sap

〈U〉樹液

〈U〉活力,生気,元気

〈C〉《話》ばか,まぬけ

rubber tree

ゴムの木

raw

(食物が)『生の』,『料理されていない』

(物が)『原料のままの』,加工されていない

(皮膚が)『赤むけの』,傷口のあいた;(…で)赤むけの《+『with』+『名』》

(人が)経験のない,未熟な;(…に)不慣れの《+『to』+『名』》

湿気があって寒い

《話》ひどい

rubber

(またIndia rubber)〈U〉ゴム

《複数形で》《米》オーバーシューズ(靴の上にはくゴムの防水靴);《英》(ロッククライミング用の)スニーカー

〈C〉《英》ゴムの製品,消しゴム

〈C〉こする物

〈C〉マッサージ師

〈C〉《米俗》コンドーム

ゴム製の

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

irreversible

逆にできない,裏返しできない

(決定などが)取り消しできない,変更できない

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

totally

全く,完全に

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

atom

『原子』

微量,非常な少量;《a~》微量,わずか(の…)《+『of』+『名』》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

property

動産

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

particle

小片,(ごく)少量,微量

粒子

不変化詞(冠詞・前置詞・接続詞・感嘆詞など語形変化のない語);小詞,小辞

compact

『ぎっしり詰まった』,目詰んだ,緊密な;(体格が)引き締まった

こぢんまりして経済的な,小さくまとまった

(文体などが)簡潔な

…'を'ぎっしり詰める;…'を'圧縮する

コンパクト(鏡,おしろい,ぱふの携帯用ケース)

中型自動車(compact car)

seep

〈液体が〉にじみ出る,しみ出る

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

porous

多孔性の,穴の多い

透過性の

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

peat

ピート,泥炭(でいたん)

moist

『湿っぼい』,湿気を含んだ;《比喩(ひゆ)的に》涙でぬれた

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

sunlight

日光(sunshine)

nutrition

(生物の)栄養摂取

栄養分,食物

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

instead

『その代りとして』,それよりも

microorganism

微生物

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

multiply

…‘を'『増す』,ふやす;…‘を'繁殖させる

(ある数を)〈ある数〉‘に'『掛ける』《+『名』〈被乗数〉+『by』+『名』〈乗数〉》

〈数・量などが〉『ふえる』,増大する;繁殖する

掛け算をする

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

sacred

『神聖な』,神の

『宗教の』,宗教に関する

功粛厳粛な;神聖にして犯すことができない

《補語にのみ用いて》(神に)ささげられた,(…を)祭った,記念する《+『to』+『名』》

grove

『小さい森』(『林』),木立ち

temple

こめかみ,側頭

museum

『博物館』;美術館

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

wood

〈U〉(樹木の)木質部,木質

〈U〉(建築・燃料用の)『木材』,材木,たきぎ

〈C〉《しばしば複数形で;単数扱い》『森』,林

〈C〉(木管楽器などの)木製品

〈C〉ウッド(頭部が木製のゴルフの長打用クラブ)

木製の

木材用の

森に住む,森で生割する

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

poem

(一編の)『詩』

詩的な美しさ(趣き)を持つもの

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

shrub

(根もとからたくさん枝分かれしている)『低木』,かん木

canopy

〈C〉天がい(寝台・玉座・入口などの上につけるおおい)

〈U〉〈C〉天がいのようにおおう物

〈寝台・玉座など〉'を'天がいでおおう

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

ratio

『比』,比率,『割合』;『比例』

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

flowering

〈U〉開花[期]

〈C〉《単数形で》(物事の)開花期,全盛期

〈C〉《複数形で》花飾り

花の咲く,花盛りの

顕花性の

bee

『はち』,(特に)みつばち(honeybee)

《米話》(趣味・仕事上の)集会,集い

(親善のための)競技会

働き者

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

evergreen

(樹木が)常緑の

常緑樹

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

germinate

〈種子・胞子・球根などが〉発生する,発芽する

〈種子・胞子・球根など〉‘を'発生させる,発芽させる

sapling

苗木,若木

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

vertical

『垂直の』,直立した,縦の

垂直線(面);垂直位置

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

mulch

根覆い(植物の根を保護するためのわら・枯れ葉・土の混合物)

…‘に'根覆いをかける

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

frost

〈U〉〈C〉『霜』;霜が降りること

〈U〉例の降りる寒さ;《英》氷点以下の温度

〈C〉《話》《軽べつして》《催しなどの》失敗,しくじり,(劇なじの)不入り,失敗作

…‘を'霜で覆う

…‘を'霜枯れにさせる,(霜のように冷たい雨などで)凍らせる

(糖衣・砂糖などを)〈ケーキなど〉‘に'まぶす,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

〈ガラス〉‘を'つや消しにする

〈物が〉霜で覆われる《+『over』》

《itを主語にして》霜を結ぶ,凍る

formation

〈U〉(…の)『形成』,構成,育成《+『of』+『名』》

〈C〉形成されたもの,構成物;(その)構造,組織

〈U〉〈C〉隊形,陣形

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

soft

(押されて形を変えるほど)『柔らかい』

(木材・金属などが,同種の中で比較的)『柔らかい』

(斤ざわりの)なめらかな,すべすべした

(声・音が)穏やかな,低い,静かな

(見た目に)どぎつくない,落ち着いた

(天候・気候が)穏やかな,温和な

(心・言動が)優しい,もの柔らかな

(体または精神などが)軟弱な,虚弱な

(市況・相場が)弱気の,下がり気味の

(水が)軟性の

(水音が)軟音の

アルコール分を含まない

柔らかに

静かに

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

penetrate

…‘に'『入り込む』,‘を'『貫き通す』

〈液体・においなどが〉…に『しみ込む』,しみ通る

〈思想などが〉…に浸透する

〈真理・真相など〉‘を'見抜く,理解する

(…に)『入り込む』,『しみ込む』,浸透する《+『through(into, to)』+『名』》

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

rapidly

『速く』,『すみやかに』

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

depth

〈U〉〈C〉《通例単数形で》『深さ』;奥行き

〈U〉(知識・知性などの)『深遠さ』,深さ

〈U〉(声・音などの調子の)『低さ』;(色の)濃さ

〈C〉《複数形で》『奥まった場所』,奥地

〈C〉深い所,深み

〈U〉〈C〉《時に複数形で》最中

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

mesh

〈C〉《単数形で》(網・ふるいなどの)目,網目

〈C〉〈U〉網,網細工

〈C〉〈U〉網目状の織物(編物),メッシュ

〈C〉《複数形で》網の目をかがった糸

〈C〉わな

〈歯車・歯などが〉(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

《性質・考え方などが》ぴったり合う

〈魚など〉‘を'網で捕らえる

tightly

しっかりと,きつく

microbe

微生物,(特に)細菌

fungus

菌(葉緑素が無く,他の生物の有機物に依存しているキノコ,カビなど)

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

vicinity

〈U〉〈C〉(…の)『近所』,近辺,付近(neighborhood)《+of+名》

〈U〉(…に)『近いこと』,接近《+of(to)+名》

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

magically

魔法のように,不思議に

mushroom

キノコ,食用キノコ

キノコ状の物

(キノコのように)早く成長するもの

急速に成長する(広がる,ふえる)

キノコ状に広がる

キノコ狩をする

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

overnight

『一晩じゅう』,夜通し

一夜のうちに;にわかに,急に

一晩(一夜)

夜間の;夜通しの

小旅行用の,短期宿泊用の

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

weed

〈C〉『雑草』

《the Weed》(巻き)たばこ,葉巻き;マリファナ

〈C〉(特にひょろ長い)弱々しい人

〈庭など〉の『雑草を抜く』,草を取る

(…から)〈雑草〉を抜く《+名+out of(from)+名》

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

evaporate

『蒸発する』,蒸発して消える,消散する

…‘を'蒸発させる,蒸気にする

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

condense

(…に)〈気体など〉'を'『凝縮する』,凝結させる,〈液体〉'を'『濃縮する』《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…に)〈思想・表現など〉'を'『縮約する』,要約かる,短縮する《+『名』+『into』+『名』》

〈レンズが〉〈光〉'を'集める;〈電気〉'を'強くする

凝縮する,凝結する;濃くなる

〈レンズが〉集光する

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

retain

…‘を'『持ち続ける』,保持する

…‘を'記憶にとどめる,覚えている

(報酬を払って)〈弁護士など〉‘を'抱えておく

moisture

『湿りけ』,湿気

(空気中,または物の表面の)蒸気,水分

gradually

『だんだんに』,徐々に

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

decay

『腐る』,朽ちる

〈繁栄・健康などが〉『衰える』,衰退する;〈活力などが〉低下する

〈他〉

…'を'『腐らせる』

『腐敗』;腐朽

『衰微』,衰え

(放射性物質の)自然崩壊

humus

(動・植物の腐敗によって作られた)腐植土

regenerate

(精神的・道徳的に)〈人〉‘を'更生させる

〈願望など〉‘を'よみがえらせる;〈制度など〉‘を'刷新する

〈生物が〉〈失った部分,傷ついた部分〉‘を'再生する

更生する

よみがえる

〈生物が〉再生する

生まり変わった

改良された,再生利用された

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

probably

『たぶん』,『おそらく』

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

management

〈U〉(…の)『管理』,運営《+『of』+『名』》

〈U〉(人の)上手な取り扱い,操縦術《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》《集合的に》経営者側

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

jungle

《the~》(特に熱帯地方の)『密林』[地帯],ジャングル

〈C〉(物の)ごたごたした集まり,からみ合ったもの《+『of』+『名』》

〈C〉非情な競争の場,激しい生存競争の場

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

independently

独立して,自主的に

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画