TED日本語 - モリー・ウィンター: 緑も人も健康になれる禁断のヒミツ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私たちのウンチやオシッコは、実はスゴい力を秘めています。でも、活用されることはほとんどありません。モリー・ウィンターが、私たちの排泄物に対する嫌悪感をバッサリと斬り、いつもトイレに流されているモノを、気候変動対策への助っ人として、またイノベーションを促進させ、費用削減にも役立たせる事ができる一種の資源として見ようと呼びかけます。

Script

仕事でどこか行くとき 私が必ず確認するのが 飲み水の水源と 自分のウンチとオシッコの行き先です

(笑)

このせいで家族に「ウンチのお姫様」 というあだ名をつけられ 家族旅行が何度も台無しになりました こんな人普通いないですもんね でも 排泄物の行き先を考えることが 私たちのウンチやオシッコが秘める ― スゴい力を解き放つための 最初の一歩なんです

(笑)

ホントですよ うまく使えば もっと健康で美しい生き方ができます

この風景を見てください ニューメキシコ州サンタフェです どんな言葉や どんな気持ちを 連想しますか? 実は処理された汚水で 灌漑された土地です というと何か印象が変わりましたか? でしょうね それでいいんです これを どう受け取るかは そのまま その人がどれほど 革新的に考えられるかを表しています

今から これがどうなっているか 説明したいんですが どんな言葉を使うか迷ってます 「クソ」「ションベン」みたいな 下品な言葉を使ってもいいんですが 祖母が観てくれなくなっちゃいます 子供っぽい「ウンチ」「オシッコ」 みたいな言葉はイマイチだし もっと科学的な用語の 「排泄物」「便」もしっくりきません なので ごちゃ混ぜにしますね

(笑)

他にないので(笑)

郊外にある この地区では ウンチも、オシッコも、洗い水も 地域のちょうどまん中にある ― この処理施設に行きます 汚水処理施設というより 公園に見えますよね 何層にも重なる砂利の 最下層にあるウンチが ― 誰の手にも触れてませんよ ― ここの湿地植物にとって 栄養満点の肥料になっています この施設から最後に出てくる 澄んだ綺麗な水が 地下水路を通って 地域住民の庭に 一軒一軒水を供給するんです このおかげで 砂漠地帯なのに 自宅にオアシスが できるってわけです

このやり方は 「統合的水資源管理」とか 「総合的~」「循環型~」と呼ばれます 呼び方は何であれ 従来の環境衛生の常識では ありえないことです 「閉じ込め」「処理し」 「排出する」のが常識ですから でもこの新方式は 一歩進んでます 再利用することを 一番最初から考えて設計してます どんなものでも 結局は再利用されるものなので 新方式では それを計画してるだけです これが しばしば 本当に素敵な空間を生み出すんです でも この仕組みについて 一番大事なことは どう機能するのかという 技術面ではありません 気持ちの問題なんです 皆さん自身の庭に 欲しい仕組みですか? 欲しくないなら それはなぜ?

この問いの答えが すごく気になったんです 環境衛生にイノベーションが もっと起こらないのはなぜ? なぜこういうものが 常識になれないの? この問いが気になるあまり Recodeという非営利団体で 働き始めました 持続可能な建設業や開発業の 推進を目指す団体で イノベーションを求める団体です でも 様々なイノベーションそのものが ― 私たちの生活を 彩ってくれる可能性があるものなのに ― 違法であることが多いのです 現代社会の法律や規範では 作った当時のベストプラクティスは 定期的に微調整されながらも いつまでもベストプラクティスで あり続けるものだ という前提で作られますが イノベーションは少しずつ 起こるとは限りません どんな新しい技術に関しても それをどう受け取るかが 私たちの言動全てに影響するんです それをどのように話題にするか どう使って人々に学習意欲をもたせるか またジョークや規範を作ったりと どれ程革新的になれるかは 結局は 私たちの感じ方次第なんです

それで これが環境衛生にイノベーションが 起こらない第1の理由です 環境衛生って誰も進んで 話題にしたがりませんから 私が「ウンチのお姫様」になったのは そういう理由です 2つ目は アメリカの 環境衛生問題は 解決済みだと思われているからです でも それは間違いです ここアメリカでは未だにウンチ混じりの 汚水を飲んで体を壊す人がいます 毎年700万人が体調を崩し 900人が亡くなっています この状況を改善するための 総合的な取り組みは なされていません 解決に向かっていないのです

私の街 オレゴン州ポートランドでは 雨季には飼い犬を泳がせることも できません 汚水をそのまま 川に流すことがあるからです 雨水も汚水も 同じ下水処理場に行くので 雨が降りすぎると汚水が 川に流れ込んでしまうんです ポートランドだけの問題ではなく 地方自治体の40%が 部分的に処理されたか または未処理の汚水を 放水していると自己申告しています

私たちの現状については 他にも残念なことがあります みんなのウンチやオシッコは 半分が農地の肥料として使われて もう半分は焼却されたり 埋立地に埋められます これが残念なのはなぜって 毎日のウンチには すっごい栄養が詰まっているからです 家畜の豚ふん堆肥と いい勝負です 私たち人間は雑食 豚も雑食でしょ 私たちのウンチやオシッコ 木にとっては栄養満点のスムージーかと

(笑)

もう1つ残念なのは 私たちが飲んでる薬はあっという間に 公共用水域に流れ出ちゃうんです 下水処理施設が除去できるのは 施設に流れ込む下水に含まれる薬の 半分程度です もう半分は処理された水として 出てきてしまうんです 製薬、ホルモン剤、ステロイド、鎮痛剤などで ミックスジュース状態の水が 魚や、犬や、子供にどんな 影響を与えるか考えてみてください

でも これは防止すべき問題だと いうだけじゃないんです 逆の見方をすれば この状況が たくさんある他の問題にも解決を もたらすことにもなるんです このアイデアに抵抗がある人は 想像してみてください 色々な技術が駆使できます こんな意識を持つんです 「再利用するんだ 美しい再利用の形をデザインしよう」 「上級トイレトレーニング」です

(笑)

皆さんは もう受けて大丈夫です 私たちには上級トイレトレーニングが できる文化が既にあると思います 今日から始めるべき もっともな理由が3つあります 1つ 肥料になるからです 私たち誰もが出す ウンチやオシッコが 食べ物の半分か 全部の肥やしになります 食生活によりますけどね トイレのウンチが濃い茶色なのは 何のせいでしょう? バクテリアの死骸です これって炭素ですよね その炭素を土に混ぜれば 他の鉱物や栄養素と結びついて じゃん! 健康的な食べ物のできあがり じゃじゃん! 健康な人々のできあがり それに化学肥料にはもともと 炭素が入ってません もし 今捨てている家畜ふんと人糞を 土壌を肥やすのに使えるとしたら 化石燃料由来の肥料や 遠くで採掘した鉱物に 頼る必要はなくなるかもしれません すっごいエネルギー消費削減に なるはずです

さて 中には心配になる人もいるでしょう この再利用サイクルが産業性汚染物質で 汚染されないかという懸念です この問題は対処可能です まず ウンチやオシッコの話をするときの 居心地の悪さを取り除く必要があります そうすれば 冷静に どうやって再利用したいかとか したくないものは何かを 話し合っていけます わかってほしいのは 環境衛生への取り組み方を変えることは 気候変動を抑える 第一歩でもあるということです ウンチに含まれる炭素の話 しましたよね この炭素を休耕地の土壌に混ぜ込めば 私たち人間が排出する二酸化炭素を 土が吸収してくれるようになって 地球温暖化の緩和が望めるんです

これからお見せする人たちは 勇気を出して トイレトレーニング的な取り組み方を 受け入れたツワモノたちです ニューメキシコのこの人たちは なぜそうしたんでしょうか 砂漠地帯だから? 節約のため? もちろんそうです でも もっと大きな理由は 気持ちの部分です トイレに流しているモノを 資源として見ることに抵抗がなかったからです

これはポートランドの 一般的な家です この家のすごいところは 堆肥トイレがあって 住んでいる人のウンチやオシッコが 時間が経つと土壌改良資材になることです 洗い水やシャワーの水は 地下に送られて いくつもある腐葉土のプールを通って 下手にある果樹園に運ばれます この仕組みを作る許可を申請したとき オレゴン州では違法でしたが 近くにある他の州5つでは合法でした これを合法化するのが私の組織Recodeの 最初のキャンペーンの目的になりました

統合的水源管理を使ったアプローチが 最も低コストだった例を お見せしましょう これはポートランド中心部にある 高層マンションですが 下水処理施設を使っていません どうやってるのかって 例えば洗い水は トイレを流すのに使われたり 機械の冷却水としてや 緑の灌漑に使われます マンション内で余すところなく 使い切った後の 残りカスは 同じ敷地内で植物やバクテリアを使った 最高水準の処理を施したあとで ろ過されて真下にある 地下水に合流します これ全部ひっくるめて 新たに下水処理基盤を整えるより 安く済んだわけです

これが 違うやり方をすることに ワクワクすべき3つ目の理由です かなり安く上がるからです これ系の取り組みが許可されたのは オレゴン州では初めてでした 勇気と自由な考えを持つ人々が 自信を持って こう言ったんです 「これならウンコウできる」

(笑)

「やってみよう」ってね

(拍手)

でしょ?

さっきからずっと みんなが何もかも 現地で再利用する例ばかり お見せしていますよね なぜかって 従来のインフラは もう古くなってきていますよね それを新しくする費用の4分の3は 町中に張りめぐらされている パイプ代に消えます なら 新構築や再整備の一環として 戸別に処理再利用システムを設置した方が 理にかなっているかもしれません

これに気づいたサンフランシスコでは 全家庭に補助金を出して 洗濯水と雨水を 庭の水やりに再利用する制度を始めました 地区全体では 相当な節水になるからです こういう取り組みが こんなに革新的なのはなぜでしょう お金の面はもちろんです でも もっと大きな理由は 「上級トイレトレーニング」を 受け入れられる考え方のおかげです

もし私たちが 例えば 太陽光発電を受け入れたようにして 環境衛生の革新を受け入れたとしたら どうなるでしょうか ほら 太陽光発電って前は 珍しいうえに手が届かなかったじゃないですか 今じゃ 電力網の一端を担う これまでにない役割を果たしており いざというときに頼りになります 地表で何が起こっても 影響されない太陽のような エネルギー資源が今は使えるのです こういう技術革新の原動力は何かって 他でもない私たちです 私たち エネルギー資源の話 してますよね そういう話するのは イイことなんです 現行のエネルギー資源の 枯渇問題について 話している人もいます 人類が誇る優秀な頭脳に みんなが解決策を期待しています ソーラーパネルや電池の改良など あらゆることです

だから 私たちの飲み水がどこから 来ているのかとか ウンチやオシッコが 実際行く先の話もしましょう もし こういった話題に対する 居心地の悪さを克服できるなら 将来 宝の山を生み出せる可能性が ここにはあるんです トイレを流すたびに 考えてみてください 「私のウンチやオシッコは どこに行くんだろう いい仕事につけるのかな」

(笑)

「それとも どこかの水路で 一大事になってないかな」

わからなければ 調べましょう 出てきた答えが気に入らなかったら この改革を推し進められる人たちに 自分は上級トイレトレーニング済みで 再利用する心の準備ができていると 伝える方法を考えましょう 私たちみんなの心が これからの革新を決めるのです

ありがとうございました

(拍手)

Whenever I get to travel for work, I try to find out where my drinking water comes from, and where my poop and pee go.

(Laughter)

This has earned me the nickname "The Poo Princess" in my family, and it's ruined many family vacations, because this is not normal. But thinking about where it all goes is the first step in activating what are actually superpowers in our poop and pee.

(Laughter)

Yeah. And if we use them well, we can live healthier and more beautifully.

Check out this landscape in Santa Fe, New Mexico. Just notice what kinds of words and feelings come to mind. This landscape was watered with treated sewage water. Does that change anything for you? I imagine it might. And that's OK. How we feel about this is going to determine exactly how innovative we can be.

And I want to explain how it works, but what words do I use? I mean, I can use profane words like "shit" and "piss," and then my grandma won't watch the video. Or I can use childish words like "poo" and "pee." Eh. Or I can use scientific words like "excrement" and "feces." Humph. I'll use a mix.

(Laughter)

It's all I got. (Laughs)

So, in this suburb, the poo and the pee and the wash water are going to this treatment plant right in the middle of the community. It looks more like a park than a treatment plant. The poo at the very bottom of all those layers of gravel -- not touching anyone -- is providing solid food for those marsh plants. And the clean, clear water that comes out the other end is traveling underground to water each person's yard. So even though they're in a desert, they get their own personal oasis.

This approach is called Integrated Water Management, or holistic or closed-loop. Whatever you want to call it, it's in conflict with the status quo of how we think about sanitation, which is contain, treat, push it away. But in this approach, we're doing one step better. We're designing for reuse from the very beginning, because everything does get reused, only now we're planning for it. And often, that makes for really beautiful spaces. But the most important thing about this system isn't the technicals of how it works. It's how you feel about it. Do you want this in your yard? Why not?

I got really curious about this question. Why don't we see more innovation in sanitation? Why isn't that kind of thing the new normal? And I care so much about this question, that I work for a nonprofit called Recode. We want to accelerate adoption of sustainable building and development practices. We want more innovation. But a lot of times, whole categories of innovation -- ones that can help us live more beautifully -- turn out to be illegal. Today's regulations and codes were written under the assumption that best practices would remain best practices, with incremental updates forever and ever. But innovation isn't always incremental. It turns out, how we feel about any particular new technique gets into everything we do: how we talk about it, how we encourage people to study, our jokes, our codes ... And it ultimately determines how innovative we can be.

So, that's the first reason we don't innovate in sanitation. We're kind of uncomfortable talking about sanitation, that's why I've gotten called "The Poo Princess" so much. The second reason is: we think the problem is solved here in the US. But not so. Here in the US we still get sick from drinking shit in our sewage water. Seven million people get sick every year,900 die annually. And we're not taking a holistic approach to making it better. So we're not solving it.

Where I live in Portland, Oregon, I can't take Echo for a swim during the rainy season, because we dump raw sewage sometimes into our river. Our rainwater and our sewage go to the same treatment plant. Too much rain overflows into the river. And Portland is not alone here. Forty percent of municipalities self-report dumping raw or partially treated sewage into our waterways.

The other bummer going on here with our status quo is that half of all of your poop and pee is going to fertilize farmland. The other half is being incinerated or land-filled. And that's a bummer to me, because there are amazing nutrients in your daily doody. It is comparable to pig manure; we're omnivores, they're omnivores. Think of your poo and pee as a health smoothie for a tree.

(Laughter)

The other bummer going on here is that we're quickly moving all the drugs we take into our waterways. The average wastewater treatment plant can remove maybe half of the drugs that come in. The other half goes right out the other side. Consider what a cocktail of pharmaceuticals -- hormones, steroids, Vicodin -- does to a fish, to a dog, to a child.

But this isn't just some problem that we need to contain. If we flip this around, we can create a resource that can solve so many of our other problems. And I want to get you comfortable with this idea, so imagine the things I'm going to show you, these technologies, and this attitude that says, "We're going to reuse this. Let's design to make it beautiful" -- as advanced potty training.

(Laughter)

I think you're ready for it. I think we as a culture are ready for advanced potty training. And there are three great reasons to enroll today. Number one: we can fertilize our food. Each one of us is pooping and peeing something that could fertilize half or maybe all of our food, depending on our diet. That dark brown poo in the toilet is dark brown because of what? Dead stuff, bacteria. That's carbon. And carbon, if we're getting that into the soil, is going to bind to the other minerals and nutrients in there. Boom! Healthier food. Voila! Healthier people. Chemical fertilizers by definition don't have carbon in them. Imagine if we could move our animal manure and our human manure to our soil, we might not need to rely on fossil fuel-based fertilizers, mine minerals from far away. Imagine how much energy we could save.

Now, some of us are concerned about industrial pollutants contaminating this reuse cycle. That can be addressed. But we need to separate our discomfort about talking about poo and pee so we can calmly talk about how we want to reuse it and what things we don't want to reuse. And get this: if we change our approach to sanitation, we can start to slow down climate change. Remember that carbon in the poop? If we can get that into our soil bank, it's going to start to absorb carbon dioxide that we put into the air. And that could help slow down global warming.

I want to show you some brave souls who've had the courage to embrace this advanced potty training approach. So those folks in New Mexico -- why did they do it? 'Cause they're in a desert? 'Cause they save money? Yeah. But more importantly, they felt comfortable seeing what was going down the toilet as a resource.

Here's an average house in Portland, Oregon. This house is special because they have a composting toilet turning all their poo and pee, over time, into a soil amendment. Their wash water, their shower water, is going underground to a series of mulch basins, and then watering that orchard downhill. When they went to get this permitted, it wasn't allowed in Oregon. But it was allowed in five other states nearby. That was Recode's -- my organization's -- first code-change campaign.

Here's a great example where the Integrated Water Management approach was the cheapest. This is three high-rise residential buildings in downtown Portland, and they're not flushing to the sewer system. How? Well, their wash water is getting reused to flush toilets, cool mechanical systems, water the landscape. And then once the building has thoroughly used everything -- aka, shat in it -- it's treated to highest standard right on-site by plants and bacteria, and then infiltrated into the groundwater right below. And all that was cheaper than updating the surrounding sewer infrastructure.

So that's the last reason we should get really excited about doing things differently: we can save a lot of money. This was the first permit of its kind in Oregon. Brave and open-minded people sat down and felt comfortable saying, "Yeah, that shit makes sense."

(Laughter)

"Let's do it."

(Applause)

You know?

I keep showing examples where everyone's reusing everything on-site. Why? Well, when we look at our aging infrastructure -- and it is old -- and we look at the cost of updating it, three-quarters of that cost is just the pipes snaking through our city. So as we build anew, as we renovate, it might make more sense to treat and reuse everything on-site.

San Francisco realized that it made sense to invest in rebates for every household to reuse their wash water and their rainwater to water the backyard, because the amount of water they would save as a community would be so big. But why were all these projects so innovative? The money piece, yeah. But more importantly, they felt comfortable with this idea of advanced potty training.

Imagine if we embraced innovation for sanitation the way we have for, say, solar power. Think about it -- solar power used to be uncommon and unaffordable. Now it's more a part of our web of power than ever before. And it's creating resiliency. We now have sources of power like the sun that don't vary with our earthly dramas. What's driving all that innovation? It's us. We're talking about energy. It's cool to talk about energy. Some folks are even talking about the problems with the limited resources where our current energy is coming from. We encourage our best and brightest to work on this issue -- better solar panels, better batteries, everything.

So let's talk about where our drinking water is coming from, where our poo and pee are actually going. If we can get over this discomfort with this entire topic, we could create something that creates our future goldmine. Every time you flush the toilet, I want you to think, "Where is my poop and pee going? Will they be gainfully employed?"

(Laughter)

"Or are they going to be wreaking havoc in some waterway?"

If you don't know, find out. And if you don't like the answer, figure out how you can communicate to those who can drive this change that you have advanced potty training, that you are ready for reuse. How all of you feel is going to determine exactly how innovative we can be.

Thank you so much.

(Applause)

Whenever I get to travel/ for work,/ I try to find out/ where my drinking water comes from,/ and where my poop and pee go.//

仕事でどこか行くとき 私が必ず確認するのが 飲み水の水源と 自分のウンチとオシッコの行き先です

(笑)

This has earned me/ the nickname "The Poo Princess"/ in my family,/ and it's ruined many family vacations,/ because this is not normal.//

このせいで家族に「ウンチのお姫様」 というあだ名をつけられ 家族旅行が何度も台無しになりました こんな人普通いないですもんね

But thinking about where it/ all goes/ is the first step/ in activating/ what are actually superpowers/ in our poop and pee.//

でも 排泄物の行き先を考えることが 私たちのウンチやオシッコが秘める ― スゴい力を解き放つための 最初の一歩なんです

(笑)

Yeah.//

ホントですよ

And/ if we use them well,/ we can live healthier and/ more beautifully.//

うまく使えば もっと健康で美しい生き方ができます

この風景を見てください ニューメキシコ州サンタフェです

Just notice/ what kinds of words and feelings come to mind.//

どんな言葉や どんな気持ちを 連想しますか?

This landscape was watered with treated sewage water.//

実は処理された汚水で 灌漑された土地です

Does/ that change anything/ for you?//

というと何か印象が変わりましたか?

I imagine/ it might.//

でしょうね

And that's OK.//

それでいいんです

How we feel about this is going to determine/ exactly how innovative/ we can be.//

これを どう受け取るかは そのまま その人がどれほど 革新的に考えられるかを表しています

And I want to explain/ how it works,/ but what words do I use?//

今から これがどうなっているか 説明したいんですが どんな言葉を使うか迷ってます

I mean,/ I can use profane words/ like "shit"/ and "piss,/"/ and then/ my grandma won't watch the video.//

「クソ」「ションベン」みたいな 下品な言葉を使ってもいいんですが 祖母が観てくれなくなっちゃいます

Or I can use childish words/ like "poo"/ and "pee."// Eh.//

子供っぽい「ウンチ」「オシッコ」 みたいな言葉はイマイチだし

Or/ I can use scientific words/ like "excrement"/ and "feces."// Humph.//

もっと科学的な用語の 「排泄物」「便」もしっくりきません

I'll use a mix.//

なので ごちゃ混ぜにしますね

(笑)

It's all I got.// (Laughs)

他にないので(笑)

So,/ in this suburb,/ the poo/ and the pee/ and the wash water are going to this treatment plant right/ in the middle of the community.//

郊外にある この地区では ウンチも、オシッコも、洗い水も 地域のちょうどまん中にある ― この処理施設に行きます

It looks more/ like a park/ than a treatment plant.//

汚水処理施設というより 公園に見えますよね

The poo/ at the very bottom of all those layers of gravel --/ not touching anyone --/ is providing solid food/ for those marsh plants.//

何層にも重なる砂利の 最下層にあるウンチが ― 誰の手にも触れてませんよ ― ここの湿地植物にとって 栄養満点の肥料になっています

And the clean, clear water/ that comes out/ the other end is traveling underground/ to water each person's yard.//

この施設から最後に出てくる 澄んだ綺麗な水が 地下水路を通って 地域住民の庭に 一軒一軒水を供給するんです

So/ even though they're in a desert,/ they get their own personal oasis.//

このおかげで 砂漠地帯なのに 自宅にオアシスが できるってわけです

This approach is called Integrated Water Management,/ or holistic or closed-loop.//

このやり方は 「統合的水資源管理」とか 「総合的~」「循環型~」と呼ばれます

Whatever you want to call/ it,/ it's in conflict/ with the status quo of how we think about sanitation,/ which is contain,/ treat,/ push it away.//

呼び方は何であれ 従来の環境衛生の常識では ありえないことです 「閉じ込め」「処理し」 「排出する」のが常識ですから

But in this approach,/ we're doing/ one step better.//

でもこの新方式は 一歩進んでます

We're designing/ for reuse/ from the very beginning,/ because everything does get reused,/ only now/ we're planning/ for it.//

再利用することを 一番最初から考えて設計してます どんなものでも 結局は再利用されるものなので 新方式では それを計画してるだけです

And often,/ that makes for really beautiful spaces.//

これが しばしば 本当に素敵な空間を生み出すんです

But the most important thing/ about this system isn't the technicals of how it works.//

でも この仕組みについて 一番大事なことは どう機能するのかという 技術面ではありません

It's/ how you feel about it.//

気持ちの問題なんです

Do you want this/ in your yard?//

皆さん自身の庭に 欲しい仕組みですか?

Why not?//

欲しくないなら それはなぜ?

I got really curious/ about this question.//

この問いの答えが すごく気になったんです

Why don't we see more innovation/ in sanitation?//

環境衛生にイノベーションが もっと起こらないのはなぜ?

Why isn't that kind of thing the new normal?//

なぜこういうものが 常識になれないの?

And I care so much/ about this question,/ that I work for a nonprofit called Recode.//

この問いが気になるあまり Recodeという非営利団体で 働き始めました

We want to accelerate/ adoption of sustainable building and development practices.//

持続可能な建設業や開発業の 推進を目指す団体で

We want more innovation.//

イノベーションを求める団体です

But a lot of times,/ whole categories of innovation --/ ones/ that can help us/ live more beautifully --/ turn out/ to be illegal.//

でも 様々なイノベーションそのものが ― 私たちの生活を 彩ってくれる可能性があるものなのに ― 違法であることが多いのです

Today's regulations and codes were written under the assumption/ that best practices would remain best practices,/ with incremental updates forever and ever.//

現代社会の法律や規範では 作った当時のベストプラクティスは 定期的に微調整されながらも いつまでもベストプラクティスで あり続けるものだ という前提で作られますが

But innovation isn't always incremental.//

イノベーションは少しずつ 起こるとは限りません

It turns out,/ how we feel about any particular new technique gets into everything/ we do:/ how we talk about it,/ how we encourage people/ to study,/ our jokes,/ our codes ...//

どんな新しい技術に関しても それをどう受け取るかが 私たちの言動全てに影響するんです それをどのように話題にするか どう使って人々に学習意欲をもたせるか またジョークや規範を作ったりと

And it ultimately determines how innovative/ we can be.//

どれ程革新的になれるかは 結局は 私たちの感じ方次第なんです

So,/ that's the first reason/ we don't innovate in sanitation.//

それで これが環境衛生にイノベーションが 起こらない第1の理由です

We're kind of uncomfortable/ talking about sanitation,/ that's/ why I've gotten called "The Poo Princess"/ so much.//

環境衛生って誰も進んで 話題にしたがりませんから 私が「ウンチのお姫様」になったのは そういう理由です

The second reason is:/ we think/ the problem is solved here/ in the US.//

2つ目は アメリカの 環境衛生問題は 解決済みだと思われているからです

But not so.//

でも それは間違いです

Here/ in the US/ we still get sick/ from drinking shit/ in our sewage water.//

ここアメリカでは未だにウンチ混じりの 汚水を飲んで体を壊す人がいます

Seven million people get sick/ every year,/900 die annually.//

毎年700万人が体調を崩し 900人が亡くなっています

And we're not taking/ a holistic approach/ to making it better.//

この状況を改善するための 総合的な取り組みは なされていません

So we're not solving/ it.//

解決に向かっていないのです

Where I live in Portland,/ Oregon,/ I can't take Echo/ for a swim/ during the rainy season,/ because we dump raw sewage sometimes/ into our river.//

私の街 オレゴン州ポートランドでは 雨季には飼い犬を泳がせることも できません 汚水をそのまま 川に流すことがあるからです

Our rainwater/ and our sewage go to the same treatment plant.//

雨水も汚水も 同じ下水処理場に行くので

Too much rain overflows into the river.//

雨が降りすぎると汚水が 川に流れ込んでしまうんです

And Portland is not alone/ here.//

ポートランドだけの問題ではなく

地方自治体の40%が 部分的に処理されたか または未処理の汚水を 放水していると自己申告しています

The other bummer/ going on/ here/ with our status quo is that half of all of your poop and pee is going to fertilize farmland.//

私たちの現状については 他にも残念なことがあります みんなのウンチやオシッコは 半分が農地の肥料として使われて

The other half is being incinerated or land-filled.//

もう半分は焼却されたり 埋立地に埋められます

And that's a bummer/ to me,/ because there are amazing nutrients/ in your daily doody.//

これが残念なのはなぜって 毎日のウンチには すっごい栄養が詰まっているからです

It is comparable/ to pig manure;/ we're omnivores,/ they're omnivores.//

家畜の豚ふん堆肥と いい勝負です 私たち人間は雑食 豚も雑食でしょ

Think of your poo and pee/ as a health smoothie/ for a tree.//

私たちのウンチやオシッコ 木にとっては栄養満点のスムージーかと

(笑)

The other bummer/ going on here is/ that we're quickly moving/ all the drugs/ we take into our waterways.//

もう1つ残念なのは 私たちが飲んでる薬はあっという間に 公共用水域に流れ出ちゃうんです

The average wastewater treatment plant can remove maybe half of the drugs/ that come in.//

下水処理施設が除去できるのは 施設に流れ込む下水に含まれる薬の 半分程度です

The other half goes right out/ the other side.//

もう半分は処理された水として 出てきてしまうんです

Consider/ what a cocktail of pharmaceuticals --/ hormones,/ steroids,/ Vicodin --/ does to a fish,/ to a dog,/ to a child.//

製薬、ホルモン剤、ステロイド、鎮痛剤などで ミックスジュース状態の水が 魚や、犬や、子供にどんな 影響を与えるか考えてみてください

But this isn't just/ some problem/ that we need to contain.//

でも これは防止すべき問題だと いうだけじゃないんです

If we flip this around,/ we can create a resource/ that can solve so many of our other problems.//

逆の見方をすれば この状況が たくさんある他の問題にも解決を もたらすことにもなるんです

And I want to get/ you comfortable/ with this idea,/ so imagine the things/ I'm going to show/ you,/ these technologies,/ and this attitude/ that says,/ "We're going to reuse/ this.//

このアイデアに抵抗がある人は 想像してみてください 色々な技術が駆使できます こんな意識を持つんです 「再利用するんだ

Let's design to make it beautiful" --/ as advanced potty training.//

美しい再利用の形をデザインしよう」 「上級トイレトレーニング」です

(笑)

I think/ you're ready/ for it.//

皆さんは もう受けて大丈夫です

I think we/ as a culture are ready/ for advanced potty training.//

私たちには上級トイレトレーニングが できる文化が既にあると思います

And there are three great reasons/ to enroll today.//

今日から始めるべき もっともな理由が3つあります

Number one:/ we can fertilize our food.//

1つ 肥料になるからです

Each one of us is pooping and peeing something/ that could fertilize half/ or maybe/ all of our food,/ depending/ on our diet.//

私たち誰もが出す ウンチやオシッコが 食べ物の半分か 全部の肥やしになります 食生活によりますけどね

That dark brown poo/ in the toilet is dark brown because of what?//

トイレのウンチが濃い茶色なのは 何のせいでしょう?

バクテリアの死骸です

That's carbon.//

これって炭素ですよね

And carbon,/ if we're getting/ that into the soil,/ is going to bind/ to the other minerals and nutrients/ in there.//

その炭素を土に混ぜれば 他の鉱物や栄養素と結びついて

Boom!// Healthier food.//

じゃん! 健康的な食べ物のできあがり

Voila!// Healthier people.//

じゃじゃん! 健康な人々のできあがり

Chemical fertilizers/ by definition don't have carbon/ in them.//

それに化学肥料にはもともと 炭素が入ってません

Imagine/ if we could move our animal manure and our human manure/ to our soil,/ we might not need to rely/ on fossil fuel-based fertilizers,/ mine minerals/ from far away.//

もし 今捨てている家畜ふんと人糞を 土壌を肥やすのに使えるとしたら 化石燃料由来の肥料や 遠くで採掘した鉱物に 頼る必要はなくなるかもしれません

Imagine/ how much energy we could save.//

すっごいエネルギー消費削減に なるはずです

Now,/ some of us are concerned about industrial pollutants/ contaminating this reuse cycle.//

さて 中には心配になる人もいるでしょう この再利用サイクルが産業性汚染物質で 汚染されないかという懸念です

That can be addressed.//

この問題は対処可能です

But we need to separate/ our discomfort/ about talking about poo and pee/ so we can calmly talk about how we want to reuse/ it/ and what things/ we don't want to reuse.//

まず ウンチやオシッコの話をするときの 居心地の悪さを取り除く必要があります そうすれば 冷静に どうやって再利用したいかとか したくないものは何かを 話し合っていけます

And get this:/ if we change our approach/ to sanitation,/ we can start to slow down/ climate change.//

わかってほしいのは 環境衛生への取り組み方を変えることは 気候変動を抑える 第一歩でもあるということです

Remember/ that carbon/ in the poop?//

ウンチに含まれる炭素の話 しましたよね

If we can get/ that into our soil bank,/ it's going to start to absorb/ carbon dioxide/ that we put into the air.//

この炭素を休耕地の土壌に混ぜ込めば 私たち人間が排出する二酸化炭素を 土が吸収してくれるようになって

And that could help slow down/ global warming.//

地球温暖化の緩和が望めるんです

I want to show/ you/ some brave souls/ who've had the courage/ to embrace this advanced potty training approach.//

これからお見せする人たちは 勇気を出して トイレトレーニング的な取り組み方を 受け入れたツワモノたちです

So those folks/ in New Mexico --/ why did they do it? 'Cause// they're in a desert?// 'Cause/ they save money?// Yeah.//

ニューメキシコのこの人たちは なぜそうしたんでしょうか 砂漠地帯だから? 節約のため? もちろんそうです

But more importantly,/ they felt comfortable/ seeing/ what was going down the toilet/ as a resource.//

でも もっと大きな理由は 気持ちの部分です トイレに流しているモノを 資源として見ることに抵抗がなかったからです

Here's an average house/ in Portland,/ Oregon.//

これはポートランドの 一般的な家です

This house is special/ because they have a composting toilet/ turning all their poo and pee,/ over time,/ into a soil amendment.//

この家のすごいところは 堆肥トイレがあって 住んでいる人のウンチやオシッコが 時間が経つと土壌改良資材になることです

Their wash water,/ their shower water,/ is going underground/ to a series of mulch basins,/ and then/ watering/ that orchard downhill.//

洗い水やシャワーの水は 地下に送られて いくつもある腐葉土のプールを通って 下手にある果樹園に運ばれます

When they went to get/ this permitted,/ it wasn't allowed in Oregon.//

この仕組みを作る許可を申請したとき オレゴン州では違法でしたが

But it was allowed in five other states nearby.//

近くにある他の州5つでは合法でした

That was Recode's --/ my organization's --/ first code-change campaign.//

これを合法化するのが私の組織Recodeの 最初のキャンペーンの目的になりました

Here's a great example/ where the Integrated Water Management approach was the cheapest.//

統合的水源管理を使ったアプローチが 最も低コストだった例を お見せしましょう

This is three high-rise residential buildings/ in downtown Portland,/ and they're not flushing/ to the sewer system.//

これはポートランド中心部にある 高層マンションですが 下水処理施設を使っていません

How?//

どうやってるのかって

Well,/ their wash water is getting reused to flush/ toilets,/ cool mechanical systems,/ water/ the landscape.//

例えば洗い水は トイレを流すのに使われたり 機械の冷却水としてや 緑の灌漑に使われます

And then once/ the building has thoroughly used everything --/ aka,/ shat in it --/ it's treated to highest standard right on-site/ by plants and bacteria,/ and then infiltrated into the groundwater right below.//

マンション内で余すところなく 使い切った後の 残りカスは 同じ敷地内で植物やバクテリアを使った 最高水準の処理を施したあとで ろ過されて真下にある 地下水に合流します

And all that was cheaper/ than updating the surrounding sewer infrastructure.//

これ全部ひっくるめて 新たに下水処理基盤を整えるより 安く済んだわけです

So that's the last reason/ we should get really excited about doing things differently:/ we can save a lot of money.//

これが 違うやり方をすることに ワクワクすべき3つ目の理由です かなり安く上がるからです

This was the first permit of its kind/ in Oregon.//

これ系の取り組みが許可されたのは オレゴン州では初めてでした

Brave/ and open-minded people sat down/ and felt comfortable/ saying,/ "Yeah,/ that shit makes sense."//

勇気と自由な考えを持つ人々が 自信を持って こう言ったんです 「これならウンコウできる」

(笑)

"Let's do it."//

「やってみよう」ってね

(拍手)

You know?//

でしょ?

I keep showing/ examples/ where everyone's reusing everything on-site.//

さっきからずっと みんなが何もかも 現地で再利用する例ばかり お見せしていますよね

Why?//

なぜかって

Well,/ when we look at our aging infrastructure --/ and it is old --/ and we look at the cost of updating it,/ three-quarters of that cost is just the pipes/ snaking through our city.//

従来のインフラは もう古くなってきていますよね それを新しくする費用の4分の3は 町中に張りめぐらされている パイプ代に消えます

So/ as we build anew,/ as we renovate,/ it might make more sense/ to treat and reuse everything/ on-site.//

なら 新構築や再整備の一環として 戸別に処理再利用システムを設置した方が 理にかなっているかもしれません

San Francisco realized/ that it made sense/ to invest in rebates/ for every household/ to reuse their wash water/ and their rainwater/ to water the backyard,/ because the amount of water/ they would save as a community would be so big.//

これに気づいたサンフランシスコでは 全家庭に補助金を出して 洗濯水と雨水を 庭の水やりに再利用する制度を始めました 地区全体では 相当な節水になるからです

But why were all these projects so innovative?//

こういう取り組みが こんなに革新的なのはなぜでしょう

The money piece,/ yeah.//

お金の面はもちろんです

But more importantly,/ they felt comfortable/ with this idea of advanced potty training.//

でも もっと大きな理由は 「上級トイレトレーニング」を 受け入れられる考え方のおかげです

Imagine/ if we embraced innovation/ for sanitation/ the way/ we have for,/ say,/ solar power.//

もし私たちが 例えば 太陽光発電を受け入れたようにして 環境衛生の革新を受け入れたとしたら どうなるでしょうか

Think about it --/ solar power used to be uncommon and unaffordable.//

ほら 太陽光発電って前は 珍しいうえに手が届かなかったじゃないですか

Now/ it's more/ a part of our web of power/ than ever before.//

今じゃ 電力網の一端を担う これまでにない役割を果たしており

And it's creating resiliency.//

いざというときに頼りになります

We now have sources of power/ like the sun/ that don't vary with our earthly dramas.//

地表で何が起こっても 影響されない太陽のような エネルギー資源が今は使えるのです

What's driving all that innovation?//

こういう技術革新の原動力は何かって

It's us.//

他でもない私たちです

We're talking/ about energy.//

私たち エネルギー資源の話 してますよね

It's cool/ to talk about energy.//

そういう話するのは イイことなんです

Some folks are even talking about the problems/ with the limited resources/ where our current energy is coming from.//

現行のエネルギー資源の 枯渇問題について 話している人もいます

We encourage our best and brightest/ to work on this issue --/ better solar panels,/ better batteries,/ everything.//

人類が誇る優秀な頭脳に みんなが解決策を期待しています ソーラーパネルや電池の改良など あらゆることです

So let's talk/ about where our drinking water is coming from,/ where our poo and pee are actually going.//

だから 私たちの飲み水がどこから 来ているのかとか ウンチやオシッコが 実際行く先の話もしましょう

If we can get over this discomfort/ with this entire topic,/ we could create something/ that creates our future goldmine.//

もし こういった話題に対する 居心地の悪さを克服できるなら 将来 宝の山を生み出せる可能性が ここにはあるんです

Every time/ you flush the toilet,/ I want you/ to think,/ "Where is my poop and pee going?//

トイレを流すたびに 考えてみてください 「私のウンチやオシッコは どこに行くんだろう

Will they be gainfully employed?"//

いい仕事につけるのかな」

(笑)

"Or are they going to be wreaking havoc in some waterway?"//

「それとも どこかの水路で 一大事になってないかな」

If you don't know, find out.//

わからなければ 調べましょう

And/ if you don't like the answer,/ figure out/ how you can communicate to those/ who can drive this change/ that you have advanced potty training,/ that you are ready/ for reuse.//

出てきた答えが気に入らなかったら この改革を推し進められる人たちに 自分は上級トイレトレーニング済みで 再利用する心の準備ができていると 伝える方法を考えましょう

How all of you feel/ is going to determine/ exactly how innovative/ we can be.//

私たちみんなの心が これからの革新を決めるのです

Thank you so much.//

ありがとうございました

(拍手)

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

drinking

飲むこと

(特に過度の)飲酒

poop

船尾楼[甲板]

pee

《俗》小便する,放尿する

《a~》《俗》小便すること

〈U〉小便

laughter

『笑い』,笑い声

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

nickname

(…に対する)『あだ名』,通り名,(…の)愛称,略称》+『for』+『名』》

《『nickname』+『名』+『名』(『形』)》(…と)…‘に'あだ名(愛称)を付ける,‘を'あだ名で呼ぶ

poo

= poo-poo・(幼児語)うんち・うんちをする

princess

『王女』,皇女,内親王;王家(皇族)の女子

(英国以外の)公爵夫人(《英》duchess)

王妃,親王妃

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

vacation

〈C〉《おもに米》『休暇』,休み(《英》holiday)

〈C〉〈U〉《文》(部屋・家・土地などを)明け渡すこと,立ちのき;辞職,退任《+of+名》

(…で)『休暇をとる』《+at(in)+名》

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

superpower

超大国(米国, ロシア,中国など)

beautifully

美しく

みごとに

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

Santa Fe

サンタフェ(米国New Mexico州の州都:ニューメキシコ州内では最も物価の高い町です)

New Mexico

ニューメキシコ州(米国南西部の州;州都はSanta Fe;《略》N.M.,NM,N,Mex.)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

sewage

下水の汚物,汚水

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

profane

《文》世俗の,俗界の

神聖を汚す,不敬な

〈神聖なもの〉‘を'冒涜(ぼうとく)する

…‘を'乱用する,悪用する

shit

くそをする,大便をする

…‘を'大便をして汚す

くそ,大便;《しばしばa ~》くそをすること

たわごと

(怒り・嫌悪などを表して)ちぇっ,くそっ

piss

おしっこする・…‘を'おしっこでぬらす・「piss誰々off」で「誰々を怒らせる」

grandma

おばあちゃん

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

childish

『子供の』;子供らしい

『幼稚な』

eh

えっ(問い・疑い・驚き・ちゅうちょなど;また相手の同意を求めるときにも用いる)

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

excrement

排泄(はいせつ)物,大便

feces

ふん便(《英》faeces)

humph

ふん,ふふん(不満・軽べつなどを表す)

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

suburb

〈C〉(都市の近くの住宅地区としての)『郊外』,近郊

《the suburbs》《集合的に》(中心街に対して都市の)郊外[住宅地]

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

gravel

砂利

〈道など〉‘に'砂利を敷く

〈人〉‘を'困惑させる,まごつかせる

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

marsh

沼地,湿地(swamp)

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

yard

ヤード(長さの単位で3フィート,約91.4センチ;《略》櫻.(複 yds.));(日本で布を測るときの)ヤール

(特に建築業で)1立方ヤード

帆げた

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

desert

『砂ばく』,荒れ地,乾ききった不毛の土地

『住む人のない』

『砂ばくの』,不毛の

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

oasis

オアシス,砂漠の緑地

(一般に)憩いの場所

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

integrated

統合(統一)された

(学校などが)人種差別しない

management

〈U〉(…の)『管理』,運営《+『of』+『名』》

〈U〉(人の)上手な取り扱い,操縦術《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》《集合的に》経営者側

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

status quo

現状

sanitation

[公衆]衛生;衛生設備(特に下水設備)

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

reuse

…‘を'再使用する,再生する

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

nonprofit

非営利的な

accelerate

…‘の'速度を速める,加速する

〈ある状態〉'を'早く起こさせる

速くなる,速度を増す

adoption

(考え・方法・規則・法案などの)採用,採択《+『of』+『名』》

養子縁組

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

illegal

『不法の』,違法の

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

incremental

増加の

update

…を最新のものにする

最新情報

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

ultimately

最後に,ついに

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

innovate

〈新しいもの〉‘を'取り入れる

(…を)革新する,刷新する《+『in』(『on』)+『名』》

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

annually

年々,毎年

年に1回

Portland

ポートランド米国Oregon州北西部の都市

米国Maine州南西部の都市

Oregon

オレゴン州(米国太平洋岸北部の州;州都はSalem;《略》『ORE.,Oreg.,OR』)

echo

〈C〉〈U〉『反響』[音];『こだま』,山びこ

〈C〉〈U〉(意見・心情などに対する)共鳴,反応

〈C〉〈U〉(他人の行為・意見などの)繰り返し,まね《+『of』+『名』》;(…からの)影響《+『from』+『名』》;〈C〉まねをする人

〈場所が〉…‘を'『反響させる』

〈人の言葉・意見〉‘を'『そのまま繰り返す』,そっくりまねる

(…で)〈場所・音・声が〉『反響する』《+『with』+『名』(do『ing』)》

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

raw

(食物が)『生の』,『料理されていない』

(物が)『原料のままの』,加工されていない

(皮膚が)『赤むけの』,傷口のあいた;(…で)赤むけの《+『with』+『名』》

(人が)経験のない,未熟な;(…に)不慣れの《+『to』+『名』》

湿気があって寒い

《話》ひどい

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

rainwater

雨水,天水

overflow

〈川が〉『氾濫(はんらん)する』,〈容器が〉あふれる

〈中の物・人などが〉(…へ)『あふれ出る』《+『into』(『onto』)+『名』》

〈場所が〉(…で)『いっぱいになる』《+『with』+『名』》

〈川・水などが〉…★から'あふれ出る

〈川・水などが〉…‘を'水浸しにする

〈U〉〈C〉あふれ出ること氾濫,洪水(こうずい);(物・人数の)超過《+『of』+『名』》

〈C〉あふれ出た水;超過した物;過剰人員

〈C〉(許容量以上の水の出る)排水口,放出口

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

forty

〈C〉(数の)『40』;40の記号(40,XLなど)

〈U〉40分;40歳

〈U〉《複数扱い》40人,40個

《the forties》(世紀の)40年代;《one's forties》(年齢の)40代

40の,40人の,40個の

《補語にのみ用いて》40歳の(で)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

municipality

自治都市(町)

partially

部分的に,一部分

不公平に,偏って

waterway

(船の通る)水路

水道

bummer

へま,失敗

(特に幻覚による)不快な経験

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

farmland

農地,耕地

incinerate

〈ごみなど〉‘を'焼き尽くす

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

comparable

比較できる,類以点がある;(…と)比較できる《+『with』(『to』)+『名』》

匹敵する,肩を並べられる;(…に)匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

pig

〈C〉『豚』;子豚

〈U〉豚肉(pork)

〈C〉《話》豚のような人(不潔な人,食いしんぼう,欲張り,非常に太った人など)

〈C〉なまこ(型に流しこんで作った鉄・鉛などの金属塊);なまこを作る型;銑鉄(せんてつ)(pig iron)

《俗》《軽べつして》おまわり

manure

肥料,こやし

〈土地〉‘に'肥料をやる

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

cocktail

カクテル

(エビ・カニ・混ぜ合わせ果物などからなる)前菜料理

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

hormone

ホルモン

steroid

ステロイド(脂肪溶解性の有機化合物の総称)

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

potty

《おもに英話》(人が)ばかな,多少狂っている;(考えなどが)道理に合わない

《名詞の前にのみ用いて》《英》価値のない,取るに足りない

《補語にのみ用いて》《英話》(…に)熱狂的な,のぼせている《『+about+名』》

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

diet

(日本・デンマーク・スウェーデンなどの)『議会』,国会

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

toilet

〈C〉(水洗式の)『便器』

〈C〉(水洗式便器のある)洗面所,化粧室,浴室;トイレ,便所(アメリカでは「restroom」とか「bathroom」と言い換えた呼び方が普通)〈U〉〈C〉化粧,身じたく

〈U〉〈C〉《文》服装,衣装

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

bacteria

『バクテリア』,細菌

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

mineral

(動植物に対して)『無機物』

『鉱物』,鉱石

《複数形で》《英》炭酸水,清涼飲料(mineral water)

鉱物の,鉱物質を含む

boom

〈遠雷・砲声・波などが〉とどろく

『にわか景気,急な人気』,プーム

(数の)急速な増加,(価格の)急騰

〈遠雷・砲声・波などが〉『とどろく』;〈ハチなどが〉ブーンという

〈商売などが〉にわかに景気づく…急に人気が出る

…'を'とどろくような音で告げる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…'を'人気(発殿)をあおる

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

rely

『あてにする』,たよる

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

pollutant

汚染物質(特に産業廃棄物など)

contaminate

(汚ないものなどとの接触・混合によって)…'を'汚す,汚染する;〈人など〉‘に'悪影響を及ぼす

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

discomfort

〈U〉『不安』(uneasiness)

〈U〉不快

〈C〉不安(不快)なもの

…‘を'不安(不快)にする

calmly

『静かに』,落ち着いて

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

absorb

〈液体〉'を'『吸収する』,吸い込む

〈光・音・熱・エネルギーなど〉'を'吸収する

〈思想など〉'を'取り入れる

〈国・町・村など〉'を'併合する;(…に)…'を'併合する《+『名』+『into』+『名』》

〈心・注意・時間〉'を'『すっかり奪う』

carbon dioxide

二酸化炭素,炭酸ガス

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

courage

『勇気』,度胸

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

'cause

=because

importantly

重要性をもって;もったいぶって

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

compost

〈C〉混合物

堆肥(たいひ),混合肥料

…‘に'堆肥を施す

…'を'堆肥にする

amendment

修正,改正;改心;〈C〉修正案

shower

《しばしば複数形で》『にわか雨』,にわか雪(あられ) ・(涙・弾丸・祝福・批判などの)『雨』,(…の)洪水《+『of』+『名』》・《米》共同して金を集めてお祝いのプレゼントを贈ること,祝い品贈呈会(特に結婚や出産を控えた婦人を祝って贈物をするパーティー) ・(また『shower bath』) ・『シャワー』・…に『水を注ぐ』・…を『降り注ぐ』・《itを主語にして》にわか雨が降る・(…に)降り注ぐ《+『on』(『upon』)+『名』》

シャワーを浴びる

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

mulch

根覆い(植物の根を保護するためのわら・枯れ葉・土の混合物)

…‘に'根覆いをかける

basin

『たらい』,はぢ(bowl);洗面器

(…の)たらい1杯[分]《+『of』+『名』》

(自然または人工の)水たまり,池

(川の)流域;くぼ地,盆地

入江,内湾,船だまり

orchard

〈C〉『果樹園』

《集合的に》(果樹園の)果樹

downhill

丘の下へ,坂の下へ,下の方へ

なお悪い状態に,悪化して

下り坂の,下りの

《話》楽な,やさしい

permit

〈人が〉…‘を'『許可する』

〈物事が〉…‘の'機会を与える,‘を'可能にする

〈事が〉許す

許可証(書)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

nearby

《名詞の前にのみ用いて》すぐ近くの,そばの(close by)

《名詞・動詞の後に用いて》近くに

《前置詞的に》…の近くの(に)

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

high-rise

(建物が)高層の

高層建築の

建物の高いところにある

高層建築

residential

住居の,居住の

住居向きの

downtown

(都市の中心の)商業地区へ(で),町の中心街へ(で)

商業地区の(にある),町の中心街の(にある)

(市の中心街をなす)商業地区,下町

flush

〈顔が〉『赤らむ』,〈人が〉赤面する《+『up』》

〈水などが〉『どっと流れる』;水をどっと流す《+『out』》

《しばしば受動態で》〈顔など〉‘を'『赤くさせる』,〈人〉‘を'赤面させる

…‘に'水をどっと流す(流して洗う)

《受動態で》(成功などで)〈人〉‘を'興奮させる,得意がらせる《+『with』+『名』》

〈C〉(顔などの)『紅潮』,赤らみ

〈C〉(…の)興奮,得意《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(…の)はつらつさ,活気《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(水などが)激しく流れること,(…の)殺到《+『of』+『名』》

〈C〉洗浄,水洗い;(便所の)水洗

sew

縫い物をする,ミシンをかける

〈布など〉‘を'『縫う』;(…に)…‘を'縫いつける(込む)《+『名』+『on』(『in,into,inside』)+『名』》

〈衣服など〉‘を'縫って作る(直す)

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

thoroughly

『徹底的に』,完ぺきに,全く

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

infiltrate

(…に)〈液体・気体〉‘を'しみ込ませる《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'しみ込ませる《+『名』+『with』+『名』》

…‘に'潜入する,もぐり込む;(…に)…‘を'潜覧させる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

しみ込む

groundwater

地下水

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

open-minded

心の広い,偏見のない

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

applause

『拍手かっさい』;称賛

aging

年をとること

(ワイン・チーズなどの)熟成

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

three-quarter

4分の3分の,7分の

pipe

『管』,パイプ,筒(つつ)

(刻み用の)『パイプ』

笛;(1本の管から成る)管楽器(フルート・クラリネット・オーボエなど);(パイプオルガンの)音管

《複数形で》複数の管から成る楽器;パッグパイプ(bagpipe),パンの笛(Panpipe)

(船で)甲板長の号笛(呼び子);その笛の音

(鳥の)鳴き声;(人の)かん高い声

(人間・動物の)管状器官;(特に)気管

《しばしば受動態で》(…に)〈水・ガスなど〉‘を'管で送る《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈家・部屋など〉‘に'(…の)配管をする《+『名』+『for』+『名』》

〈曲〉‘を'笛で吹く

…‘を'かん高い声で言う(歌う)

(甲板長が)〈船員〉‘を'号笛を吹いて召集する

〈衣服〉など〉‘に'玉縁飾りをつける,〈ケーキなど〉‘に'砂糖のひも状飾りをする

笛を吹く

かん高い声で言う(歌う)

snake

『ヘビ』(『蛇』)

(蛇のように)ずるく陰険な人

へび(配水管などの詰まった物を取り除く道具)

蛇行する,くねくねと続く

〈体など〉‘を'くねらす

《米》〈材木など〉‘を'引っぱる,引きずる

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

anew

《文》新たに,再び

renovate

…‘を'元どおりに新しくする,修復する

San Francisco

『サンフランシスコ』(米国California州西部にある港市)

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

rebate

(代金の一部の)払い戻し,割引

〈代金の一部〉‘を'払い戻す,割り引く

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

backyard

裏庭

家の後ろの

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

uncommon

『普通でない』,めったにない,並はずれた

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

earthly

『この世の』,現世の

《疑問・否定を強めて》《話》いったい,少しも,多少の

drama

〈C〉『戯曲』,劇文学;脚本

〈U〉《しばしばthe~》『演劇』,劇,芝居

〈C〉〈U〉劇的事件

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

battery

〈C〉砲兵中隊;砲列,砲台;(軍艦の)備砲

〈C〉『電池』,バッてり‐

〈C〉一組みの器具;(関連するものの)一群,一連《+『of』+『名』》

〈C〉(野球で)バッテリー(投手と捕手)

〈U〉(法律用語で)殴打,暴行

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

goldmine

金鉱,金山

宝庫

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

wreak

(…に)〈復しゅう・暴力・怒りなど〉‘を'与える《+名+on+名》

havoc

(自然の力・暴動などによる)大破壊,荒廃,大混乱,大騒ぎ

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

関連動画