TED日本語 - ジェームズ・グリーン: 地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。

Script

太陽系には地球の他にも 生命はいるのでしょうか?

なんとも大胆な問い掛けです 科学者としても ― 惑星科学者としても ― 最近になるまで 我々はこの問題を あまり真剣に取り上げませんでした

カール・セーガンは いつも言っていました 「意外な主張には 意外な証拠が必要になるんだ」 しかも 地球以外にも 生命がいると主張するのならば 明確な根拠を示し 声高に主張し 人々を信じさせるような 普遍的な理由があるべきです

では どのような 探査を行うべきでしょうか? 我々は まず ― 生命に必要な要素を 探そうと決心しました 生命に必要な要素とは 液体の水 ― 溶媒としての役割が必要なので 氷ではなく 液体の水でなければなりません エネルギーも必要です 体を構成する材料の 有機物も必要です さらに 有機物は摂取する必要もあります

このような要素が 生命の創生期において 長い期間 その環境のもとに存在することが 生命の発生、成長そして 進化を可能にさせるのだと 我々が確信をもつために 必要なのです

白状します 私が職に就いた頃 これら3つの要素について 考えてみると 短い期間 わずかな数でさえも 地球外に 生物が存在することは あり得ないと信じていました

なぜかって? 内惑星についていえば 金星はあまりにも暑いので 水が存在しません 火星は ― 乾燥し荒涼としています やはり水が存在しません 火星の外側というと 太陽系に存在する水は 全て凍り付いています

しかし 最新の観測結果は これらのことを全て覆しました より注意深く考察し 生命の謎に対する答えを見出そうと 今では 我々は適切な場所に 注意を向けています

太陽系においては どこに可能性があるのでしょう? 我々は4個所を 注意深く調べています 火星と 外惑星の3つの衛星 ― タイタン、エウロパと 小さなエンケラドゥスです

まず火星はどうでしょうか? 証拠となるものを探してみましょう 当初 我々は火星のことを 月のような星だと考えていました クレーターだらけで 乾燥した 死の世界です

そして15年ほど前のこと 火星に向かう 一連のミッションを開始し そこには地形を変えるような 水が過去にあったかどうかを 調査しました 変化した地形を 検知しなければなりません 実際 我々は直ぐに 驚くこととなりました 高解像度の画像は過去に形成された 三角州、河谷や峡谷を 写し出していました 実際 すでに3年もの間 地表を探査し続けている 探査車キュリオシティは 水が勢いよく流れていた 古河川の河床の上に いることを 見せてくれました 水が流れていたのは 短い期間ではなく おそらく何億年もの間です 有機物を含め 全てがそこにあったのならば 生命はおそらく誕生したことでしょう

キュリオシティは 赤土の中へと掘り込み 他の物質を取り出しました それを見て 我々はとても興奮しました なぜなら 火星らしい赤ではなく 灰色の物質だったからです 灰色の火星です これを探査車に持ち帰り 検査しました 何があったと思いますか? 有機物を検出したのです 炭素、水素に酸素 窒素、リンに硫黄 ― それら全てがそこにあったのです

だから 火星には昔 大量の水があって おそらく長い時間 生命がいたのかもしれません 生命が誕生し 成長したことでしょう では 今でも生命はいるのでしょか? それは分かりません

しかし 数年前のこと 数多くのクレーターの 調査を始めました 夏季になると クレーターの内側斜面に 暗い線が現れました より詳しく観測し より多くのクレーターを調べると この線は多く見つかり 今では 十数か所で見つかっています

信じられないような話が 数か月前に現実となったのです これらの条線の正体は 液体の水であると 我々は世界に向けて発表しました 夏の間 これらのクレーターでは 水が音を立てて流れています 液体の水がクレーターへと 流れ込んでいるのです 水があることは分かりましたが 次に我々がすべきことは? 火星には生命に必要な 全ての要素があることを示しています かつては 北半球の3分の2が 海で覆われていたことでしょう 今でも音を立てて 水が流れています 液体の水が表面にあるのです 有機物も存在します 全ての条件は整っています

次に何をすべきでしょうか? 火星に棲んでいる生命を探すために 一連のミッションを 立ち上げました かつてないほど 魅力的なミッションです

太陽系のもっと外側に行くと そこには小さな衛星 エンケラドゥスがあります ここは太陽周りの いわゆる ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)には 位置していません それよりは ずっと外側にあります この天体では珪酸塩でできた核の上を 氷が取り囲んでいるのに違いありません

しかし 我々は発見したことは? 2006年 探査機カッシーニが 近づきましたが エンケラドゥスの横を通り過ぎた 数年後に映像を振り返ってみると 皆が驚きました エンケラドゥスでは太陽系の空間に向かって 水が広がるように噴出し 衛星に勢いよく戻ってくるのです なんとも見事な環境です 数か月前にカッシーニは この水柱の中を通り抜け 珪酸塩の粒子を検出しました 珪素はどこから やって来たのでしょう? 海底からきたのに 違いありません 土星がこの衛星を 引っ張ったり圧縮したりして 潮汐力のエネルギーが生み出され 氷を溶かし 海洋を造り出します エネルギーは内部でも 生み出されています

地球上で類似のものが 考えられるとすれば 熱水噴出孔です 1977年 深海で 熱水噴出孔が発見されました 海洋学者は びっくり仰天しました 今ではこのようなものが何千個も 海底に見つかっています

そこで見つけたことは? 海洋学者が熱水噴出孔を 探査して分かったことは そこは生命に満ちているということです 水が酸性であろうとも アルカリ性であろうとも お構いありません 熱水噴出孔は生命にとって ここ地球にある素晴らしい棲みかなのです

エンケラドゥスでは どうでしょうか? 現在 水があり しかも とても長い間 水があったと考えられ 熱水噴出孔は おそらく必要な有機物を含んでおり 生命が存在し得る場所であると 我々は信じています 微生物だけではなく 進化に必要な長い時間があったので もっと複雑な生命がいるかもしれません

これととても似た もう一つの衛星は エウロパです 探査機ガリレオは 1996年に木星の惑星系を訪れ エウロパに対する 素晴らしい観測を行いました エウロパには氷でできた表層部の下に 海があることが知られています ガリレオによる探査で分かったことですが 水柱を発見したことはありませんでした 探そうとも しませんでした

ハッブル宇宙望遠鏡が わずか数年前に エウロパを観測していた時 南半球にある割れ目から水が上昇し 外にまき散らしていることを 発見しました エンケラドゥスと全く同様です

これらの衛星は 太陽系における いわゆる典型的な ハビタブルゾーンに 位置していませんが 液体の水が存在しています さらに有機物があれば 生命が存在するかもしれません

これらは素晴らしい発見といえます なぜなら これらの衛星は 何十億年もの間 このような環境下にあったからです ここ地球で生命が誕生したのは 星の形成の約5億年後のことです そして 今の姿となりました これらの衛星は素晴らしい星です

もう1つの衛星 タイタンを見てみましょう タイタンは土星の巨大な衛星です 惑星である水星よりも ずっと大きいでしょう この惑星は厚い大気で覆われています そのほとんどが窒素で 少量のメタンとエタンが含まれていますが 大気がとても厚いので その下を調べるには レーダーで探査しなければなりません

カッシーニは 表面に液体があることを発見しました 湖が見えます 黒海ほどの大きさを もつものもあります この湖の液体は水ではありません メタンでできています 太陽系に 地球上の生命と異なり メタンのような 水とは異なる 溶媒を有する生物を宿す 場所があるとすれば それはタイタンかもしれません

地球外にも生命はいるのでしょうか? それはまだ分かっていません しかし 我々は熱心に探求しています 受信データは とても興奮するもので 生命の存在について 我々を新しく ワクワクするような 考え方へと導きます 探査は正しい方向に 向かっていると信じています 次の十年間で 答えを見出すことでしょう その結果が出るとすれば 生命がいるという答えであり 生命は太陽系の至る所に 棲んでいるというものです そのように考えてみてください 我々は孤独ではないかもしれません

ありがとうございました

(拍手)

Is there life beyond Earth in our solar system?

Wow, what a powerful question. You know, as a scientist -- planetary scientist -- we really didn't take that very seriously until recently.

Carl Sagan always said, "It takes extraordinary evidence for extraordinary claims." And the claims of having life beyond Earth need to be definitive, they need to be loud and they need to be everywhere for us to be able to believe it.

So how do we make this journey? What we decided to do is first look for those ingredients for life. The ingredients of life are: liquid water -- we have to have a solvent, can't be ice, has to be liquid. We also have to have energy. We also have to have organic material -- things that make us up, but also things that we need to consume.

So we have to have these elements in environments for long periods of time for us to be able to be confident that life, in that moment when it starts, can spark and then grow and evolve.

Well, I have to tell you that early in my career, when we looked at those three elements, I didn't believe that they were beyond Earth in any length of time and for any real quantity.

Why? We look at the inner planets. Venus is way too hot -- it's got no water. Mars -- dry and arid. It's got no water. And beyond Mars, the water in the solar system is all frozen.

But recent observations have changed all that. It's now turning our attention to the right places for us to take a deeper look and really start to answer our life question.

So when we look out into the solar system, where are the possibilities? We're concentrating our attention on four locations. The planet Mars and then three moons of the outer planets: Titan, Europa and small Enceladus.

So what about Mars? Let's go through the evidence. Well, Mars we thought was initially moon-like: full of craters, arid and a dead world.

And so about 15 years ago, we started a series of missions to go to Mars and see if water existed on Mars in its past that changed its geology. We ought to be able to notice that. And indeed we started to be surprised right away. Our higher resolution images show deltas and river valleys and gulleys that were there in the past. And in fact, Curiosity -- which has been roving on the surface now for about three years -- has really shown us that it's sitting in an ancient river bed, where water flowed rapidly. And not for a little while, perhaps hundreds of millions of years. And if everything was there, including organics, perhaps life had started.

Curiosity has also drilled in that red soil and brought up other material. And we were really excited when we saw that. Because it wasn't red Mars, it was gray material, it's gray Mars. We brought it into the rover, we tasted it, and guess what? We tasted organics -- carbon, hydrogen, oxygen, nitrogen, phosphorus, sulfur -- they were all there.

So Mars in its past, with a lot of water, perhaps plenty of time, could have had life, could have had that spark, could have grown. And is that life still there? We don't know that.

But a few years ago we started to look at a number of craters. During the summer, dark lines would appear down the sides of these craters. The more we looked, the more craters we saw, the more of these features. We now know more than a dozen of them.

A few months ago the fairy tale came true. We announced to the world that we know what these streaks are. It's liquid water. These craters are weeping during the summer. Liquid water is flowing down these craters. So what are we going to do now -- now that we see the water? Well, it tells us that Mars has all the ingredients necessary for life. In its past it had perhaps two-thirds of its northern hemisphere -- there was an ocean. It has weeping water right now. Liquid water on its surface. It has organics. It has all the right conditions.

So what are we going to do next? We're going to launch a series of missions to begin that search for life on Mars. And now it's more appealing than ever before.

As we move out into the solar system, here's the tiny moon Enceladus. This is not in what we call the traditional habitable zone, this area around the sun. This is much further out. This object should be ice over a silicate core.

But what did we find? Cassini was there since 2006, and after a couple years looked back after it flew by Enceladus and surprised us all. Enceladus is blasting sheets of water out into the solar system and sloshing back down onto the moon. What a fabulous environment. Cassini just a few months ago also flew through the plume, and it measured silicate particles. Where does the silica come from? It must come from the ocean floor. The tidal energy is generated by Saturn, pulling and squeezing this moon -- is melting that ice, creating an ocean. But it's also doing that to the core.

Now, the only thing that we can think of that does that here on Earth as an analogy ... are hydrothermal vents. Hydrothermal vents deep in our ocean were discovered in 1977. Oceanographers were completely surprised. And now there are thousands of these below the ocean.

What do we find? The oceanographers, when they go and look at these hydrothermal vents, they're teeming with life, regardless of whether the water is acidic or alkaline -- doesn't matter. So hydrothermal vents are a fabulous abode for life here on Earth.

So what about Enceladus? Well, we believe because it has water and has had it for a significant period of time, and we believe it has hydrothermal vents with perhaps the right organic material, it is a place where life could exist. And not just microbial -- maybe more complex because it's had time to evolve.

Another moon, very similar, is Europa. Galileo visited Jupiter's system in 1996 and made fabulous observations of Europa. Europa, we also know, has an under-the-ice crust ocean. Galileo mission told us that, but we never saw any plumes. But we didn't look for them.

Hubble, just a couple years ago, observing Europa, saw plumes of water spraying from the cracks in the southern hemisphere, just exactly like Enceladus.

These moons, which are not in what we call a traditional habitable zone, that are out in the solar system, have liquid water. And if there are organics there, there may be life.

This is a fabulous set of discoveries because these moons have been in this environment like that for billions of years. Life started here on Earth, we believe, after about the first 500 million, and look where we are. These moons are fabulous moons.

Another moon that we're looking at is Titan. Titan is a huge moon of Saturn. It perhaps is much larger than the planet Mercury. It has an extensive atmosphere. It's so extensive -- and it's mostly nitrogen with a little methane and ethane -- that you have to peer through it with radar.

And on the surface, Cassini has found liquid. We see lakes ... actually almost the size of our Black Sea in some places. And this area is not liquid water; it's methane. If there's any place in the solar system where life is not like us, where the substitute of water is another solvent -- and it could be methane -- it could be Titan.

Well, is there life beyond Earth in the solar system? We don't know yet, but we're hot on the pursuit. The data that we're receiving is really exciting and telling us -- forcing us to think about this in new and exciting ways. I believe we're on the right track. That in the next 10 years, we will answer that question. And if we answer it, and it's positive, then life is everywhere in the solar system. Just think about that. We may not be alone.

Thank you.

(Applause)

Is there life beyond Earth/ in our solar system?//

太陽系には地球の他にも 生命はいるのでしょうか?

Wow,/ what a powerful question.//

なんとも大胆な問い掛けです

You know,/ as a scientist --/ planetary scientist --/ we really didn't take that very seriously/ until recently.//

科学者としても ― 惑星科学者としても ― 最近になるまで 我々はこの問題を あまり真剣に取り上げませんでした

Carl Sagan always said,/ "It takes extraordinary evidence/ for extraordinary claims."//

カール・セーガンは いつも言っていました 「意外な主張には 意外な証拠が必要になるんだ」

And the claims of having life/ beyond Earth need to be definitive,/ they need to be loud/ and they need to be everywhere/ for us/ to be able to believe it.//

しかも 地球以外にも 生命がいると主張するのならば 明確な根拠を示し 声高に主張し 人々を信じさせるような 普遍的な理由があるべきです

So/ how do we make this journey?//

では どのような 探査を行うべきでしょうか?

What we decided to do/ is first look/ for those ingredients/ for life.//

我々は まず ― 生命に必要な要素を 探そうと決心しました

The ingredients of life are:/ liquid water --/ we have to have/ a solvent,/ can't be ice,/ has to be liquid.//

生命に必要な要素とは 液体の水 ― 溶媒としての役割が必要なので 氷ではなく 液体の水でなければなりません

We also have to have/ energy.//

エネルギーも必要です

We also have to have/ organic material --/ things/ that make us up,/ but also/ things/ that we need to consume.//

体を構成する材料の 有機物も必要です さらに 有機物は摂取する必要もあります

So/ we have to have/ these elements/ in environments/ for long periods of time/ for us/ to be able to be confident/ that life,/ in that moment/ when it starts,/ can spark/ and then grow and evolve.//

このような要素が 生命の創生期において 長い期間 その環境のもとに存在することが 生命の発生、成長そして 進化を可能にさせるのだと 我々が確信をもつために 必要なのです

Well,/ I have to tell/ you that early/ in my career,/ when we looked at those three elements,/ I didn't believe/ that they were beyond Earth/ in any length of time/ and/ for any real quantity.//

白状します 私が職に就いた頃 これら3つの要素について 考えてみると 短い期間 わずかな数でさえも 地球外に 生物が存在することは あり得ないと信じていました

Why?// We look at the inner planets.//

なぜかって? 内惑星についていえば

Venus is way too hot --/ it's got no water.//

金星はあまりにも暑いので 水が存在しません

Mars --/ dry and arid.//

火星は ― 乾燥し荒涼としています

It's got no water.//

やはり水が存在しません

And/ beyond Mars,/ the water/ in the solar system is all frozen.//

火星の外側というと 太陽系に存在する水は 全て凍り付いています

But recent observations have changed all/ that.//

しかし 最新の観測結果は これらのことを全て覆しました

It's now turning/ our attention/ to the right places/ for us/ to take a deeper look/ and really start to answer/ our life question.//

より注意深く考察し 生命の謎に対する答えを見出そうと 今では 我々は適切な場所に 注意を向けています

So/ when we look out/ into the solar system,/ where are the possibilities?//

太陽系においては どこに可能性があるのでしょう?

We're concentrating/ our attention/ on four locations.//

我々は4個所を 注意深く調べています

The planet Mars and then/ three moons of the outer planets:/ Titan,/ Europa and small Enceladus.//

火星と 外惑星の3つの衛星 ― タイタン、エウロパと 小さなエンケラドゥスです

So/ what about Mars?//

まず火星はどうでしょうか?

Let's go/ through the evidence.//

証拠となるものを探してみましょう

Well,/ Mars/ we thought/ was initially moon-like:/ full of craters,/ arid and a dead world.//

当初 我々は火星のことを 月のような星だと考えていました クレーターだらけで 乾燥した 死の世界です

And so about 15 years ago,/ we started a series of missions/ to go to Mars/ and see/ if water existed on Mars/ in its past/ that changed its geology.//

そして15年ほど前のこと 火星に向かう 一連のミッションを開始し そこには地形を変えるような 水が過去にあったかどうかを 調査しました

We ought to be able to notice that.//

変化した地形を 検知しなければなりません

And indeed/ we started to be surprised right away.//

実際 我々は直ぐに 驚くこととなりました

Our higher resolution images show deltas/ and river valleys and gulleys/ that were there in the past.//

高解像度の画像は過去に形成された 三角州、河谷や峡谷を 写し出していました

And/ in fact,/ Curiosity --/ which has been roving on the surface now/ for about three years --/ has really shown us/ that it's sitting in an ancient river bed,/ where water flowed rapidly.//

実際 すでに3年もの間 地表を探査し続けている 探査車キュリオシティは 水が勢いよく流れていた 古河川の河床の上に いることを 見せてくれました

And not for a little while,/ perhaps/ hundreds of millions of years.//

水が流れていたのは 短い期間ではなく おそらく何億年もの間です

And/ if everything was there,/ including/ organics,/ perhaps life had started.//

有機物を含め 全てがそこにあったのならば 生命はおそらく誕生したことでしょう

Curiosity has also drilled in that red soil/ and brought up/ other material.//

キュリオシティは 赤土の中へと掘り込み 他の物質を取り出しました

And we were really excited/ when we saw that.//

それを見て 我々はとても興奮しました

Because it wasn't red Mars,/ it was gray material,/ it's gray Mars.//

なぜなら 火星らしい赤ではなく 灰色の物質だったからです 灰色の火星です

We brought it/ into the rover,/ we tasted it,/ and guess/ what?//

これを探査車に持ち帰り 検査しました 何があったと思いますか?

We tasted organics --/ carbon,/ hydrogen,/ oxygen,/ nitrogen,/ phosphorus,/ sulfur --/ they were all there.//

有機物を検出したのです 炭素、水素に酸素 窒素、リンに硫黄 ― それら全てがそこにあったのです

So Mars/ in its past,/ with a lot of water,/ perhaps/ plenty of time,/ could have had life,/ could have had that spark,/ could have grown.//

だから 火星には昔 大量の水があって おそらく長い時間 生命がいたのかもしれません 生命が誕生し 成長したことでしょう

And is that/ life still/ there?//

では 今でも生命はいるのでしょか?

We don't know that.//

それは分かりません

But a few years ago/ we started to look/ at a number of craters.//

しかし 数年前のこと 数多くのクレーターの 調査を始めました

During the summer,/ dark lines would appear down/ the sides of these craters.//

夏季になると クレーターの内側斜面に 暗い線が現れました

The more/ we looked,/ the more craters/ we saw,/ the more of these features.//

より詳しく観測し より多くのクレーターを調べると この線は多く見つかり

We now know more than a dozen of them.//

今では 十数か所で見つかっています

A few months ago/ the fairy tale came true.//

信じられないような話が 数か月前に現実となったのです

We announced to the world/ that we know/ what these streaks are.//

これらの条線の正体は 液体の水であると

It's liquid water.//

我々は世界に向けて発表しました

These craters are weeping during the summer.//

夏の間 これらのクレーターでは 水が音を立てて流れています

Liquid water is flowing down/ these craters.//

液体の水がクレーターへと 流れ込んでいるのです

So/ what are we/ going to do now --/ now/ that we see the water?//

水があることは分かりましたが 次に我々がすべきことは?

Well,/ it tells us/ that Mars has all the ingredients necessary/ for life.//

火星には生命に必要な 全ての要素があることを示しています

In its past/ it had perhaps two-thirds of its northern hemisphere --/ there was an ocean.//

かつては 北半球の3分の2が 海で覆われていたことでしょう

It has weeping water/ right now.//

今でも音を立てて 水が流れています

Liquid water/ on its surface.//

液体の水が表面にあるのです

It has organics.//

有機物も存在します

It has all the right conditions.//

全ての条件は整っています

So/ what are we going to do next?//

次に何をすべきでしょうか?

We're going to launch/ a series of missions/ to begin that search/ for life/ on Mars.//

火星に棲んでいる生命を探すために 一連のミッションを 立ち上げました

And now/ it's more appealing/ than ever before.//

かつてないほど 魅力的なミッションです

As we move out/ into the solar system,/ here's the tiny moon Enceladus.//

太陽系のもっと外側に行くと そこには小さな衛星 エンケラドゥスがあります

This is not in what we call the traditional habitable zone,/ this area/ around the sun.//

ここは太陽周りの いわゆる ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)には 位置していません

This is much further out.//

それよりは ずっと外側にあります

This object should be ice/ over a silicate core.//

この天体では珪酸塩でできた核の上を 氷が取り囲んでいるのに違いありません

But what did we find?//

しかし 我々は発見したことは?

Cassini was there since 2006,/ and after a couple years looked back/ after it flew by Enceladus/ and surprised us/ all.//

2006年 探査機カッシーニが 近づきましたが エンケラドゥスの横を通り過ぎた 数年後に映像を振り返ってみると 皆が驚きました

Enceladus is blasting sheets of water out/ into the solar system/ and sloshing back down/ onto the moon.//

エンケラドゥスでは太陽系の空間に向かって 水が広がるように噴出し 衛星に勢いよく戻ってくるのです

なんとも見事な環境です

Cassini/ just a few months ago also flew through the plume,/ and it measured silicate particles.//

数か月前にカッシーニは この水柱の中を通り抜け 珪酸塩の粒子を検出しました

Where does the silica come from?//

珪素はどこから やって来たのでしょう?

It must come from the ocean floor.//

海底からきたのに 違いありません

The tidal energy is generated by Saturn,/ pulling and squeezing this moon --/ is melting that ice,/ creating an ocean.//

土星がこの衛星を 引っ張ったり圧縮したりして 潮汐力のエネルギーが生み出され 氷を溶かし 海洋を造り出します

But it's also doing/ that to the core.//

エネルギーは内部でも 生み出されています

Now,/ the only thing/ that we can think of that does/ that here/ on Earth/ as an analogy ...//

地球上で類似のものが 考えられるとすれば

are hydrothermal vents.//

熱水噴出孔です

Hydrothermal vents deep in our ocean were discovered in 1977.//

1977年 深海で 熱水噴出孔が発見されました

海洋学者は びっくり仰天しました

And now/ there are thousands of these/ below the ocean.//

今ではこのようなものが何千個も 海底に見つかっています

What do we find?//

そこで見つけたことは?

The oceanographers,/ when they go and look at these hydrothermal vents,/ they're teeming/ with life,/ regardless of whether the water is acidic or alkaline --/ doesn't matter.//

海洋学者が熱水噴出孔を 探査して分かったことは そこは生命に満ちているということです 水が酸性であろうとも アルカリ性であろうとも お構いありません

So hydrothermal vents are a fabulous abode/ for life here/ on Earth.//

熱水噴出孔は生命にとって ここ地球にある素晴らしい棲みかなのです

So/ what about Enceladus?//

エンケラドゥスでは どうでしょうか?

Well,/ we believe/ because it has water/ and has had it/ for a significant period of time,/ and we believe/ it has hydrothermal vents/ with perhaps the right organic material,/ it is a place/ where life could exist.//

現在 水があり しかも とても長い間 水があったと考えられ 熱水噴出孔は おそらく必要な有機物を含んでおり 生命が存在し得る場所であると 我々は信じています

And not just microbial --/ maybe more complex/ because it's had time/ to evolve.//

微生物だけではなく 進化に必要な長い時間があったので もっと複雑な生命がいるかもしれません

Another moon,/ very similar,/ is Europa.//

これととても似た もう一つの衛星は エウロパです

Galileo visited Jupiter's system/ in 1996/ and made fabulous observations of Europa.//

探査機ガリレオは 1996年に木星の惑星系を訪れ エウロパに対する 素晴らしい観測を行いました

Europa,/ we also know,/ has an under-the-ice crust ocean.//

エウロパには氷でできた表層部の下に 海があることが知られています

Galileo mission told us/ that,/ but we never saw any plumes.//

ガリレオによる探査で分かったことですが 水柱を発見したことはありませんでした

But we didn't look for them.//

探そうとも しませんでした

Hubble,/ just a couple years ago,/ observing Europa,/ saw plumes of water/ spraying from the cracks/ in the southern hemisphere,/ just exactly/ like Enceladus.//

ハッブル宇宙望遠鏡が わずか数年前に エウロパを観測していた時 南半球にある割れ目から水が上昇し 外にまき散らしていることを 発見しました エンケラドゥスと全く同様です

These moons,/ which are not in what we call a traditional habitable zone,/ that are out in the solar system,/ have liquid water.//

これらの衛星は 太陽系における いわゆる典型的な ハビタブルゾーンに 位置していませんが 液体の水が存在しています

And/ if there are organics there,/ there may be life.//

さらに有機物があれば 生命が存在するかもしれません

This is a fabulous set of discoveries/ because these moons have been in this environment/ like that/ for billions of years.//

これらは素晴らしい発見といえます なぜなら これらの衛星は 何十億年もの間 このような環境下にあったからです

Life started here/ on Earth,/ we believe,/ after about the first 500 million,/ and look/ where we are.//

ここ地球で生命が誕生したのは 星の形成の約5億年後のことです そして 今の姿となりました

These moons are fabulous moons.//

これらの衛星は素晴らしい星です

Another moon/ that we're looking/ at is Titan.//

もう1つの衛星 タイタンを見てみましょう

タイタンは土星の巨大な衛星です

It perhaps is much larger/ than the planet Mercury.//

惑星である水星よりも ずっと大きいでしょう

この惑星は厚い大気で覆われています

It's so extensive --/ and it's mostly/ nitrogen/ with a little methane and ethane --/ that you have to peer/ through it/ with radar.//

そのほとんどが窒素で 少量のメタンとエタンが含まれていますが 大気がとても厚いので その下を調べるには レーダーで探査しなければなりません

And/ on the surface,/ Cassini has found liquid.//

カッシーニは 表面に液体があることを発見しました

We see lakes ...//

湖が見えます

actually/ almost the size of our Black Sea/ in some places.//

黒海ほどの大きさを もつものもあります

And this area is not liquid water;/ it's methane.//

この湖の液体は水ではありません メタンでできています

If there's any place/ in the solar system/ where life is not like us,/ where the substitute of water is another solvent --/ and it could be methane --/ it could be Titan.//

太陽系に 地球上の生命と異なり メタンのような 水とは異なる 溶媒を有する生物を宿す 場所があるとすれば それはタイタンかもしれません

Well,/ is there life/ beyond Earth/ in the solar system?//

地球外にも生命はいるのでしょうか?

We don't know yet,/ but we're hot/ on the pursuit.//

それはまだ分かっていません しかし 我々は熱心に探求しています

The data/ that we're receiving/ is really exciting and telling us --/ forcing us to think about this/ in new and exciting ways.//

受信データは とても興奮するもので 生命の存在について 我々を新しく ワクワクするような 考え方へと導きます

I believe/ we're on the right track.//

探査は正しい方向に 向かっていると信じています

That in the next 10 years,/ we will answer/ that question.//

次の十年間で 答えを見出すことでしょう

And/ if we answer it,/ and it's positive,/ then/ life is everywhere in the solar system.//

その結果が出るとすれば 生命がいるという答えであり 生命は太陽系の至る所に 棲んでいるというものです

Just think about that.//

そのように考えてみてください

We may not be alone.//

我々は孤独ではないかもしれません

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

solar system

太陽系

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

planetary

惑星の,遊星の

惑星(遊星)のような

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

definitive

決定的な,最終的な(final)

loud

(音・声が)『大きい』,大きな音を出す

『騒々しい』;はでな,人目を引く

『大声で』,声高に

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

solvent

(借金の)支払い能力がある

溶解力のある,溶かす

溶剤,溶媒

解決策

ice

〈U〉『氷』

〈U〉《the~》表面に張った氷,氷面

〈C〉《米》氷菓子(シャーベット・フラッペなど)

〈U〉(気持ち・態度などの)冷たさ,よそよそしさ

…‘を'氷でおおう《+『名』+『over』(『up』),+『over』(『up』)+『名』》

…‘を'氷にする

(特に氷で)…‘を'冷やす,冷たくする

〈ケーキなど〉‘に'糖衣をかける

凍る《+『over』(『up』)》

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

spark

〈C〉『火花』,火の粉;(電気の)スパーク;(一般に)閃光(せんこう),(宝石などの)きらめき

〈C〉(人などの)活気,生気;(才気などの)ひらめき《+『of』+『名』》

〈C〉(事件などの)発端,発火点

《a spark》ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

火花を出す;閃光を発する;〈電気が〉スパークする

〈人〉‘を'かり立てて…させる《+『名』〈人〉+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

quantity

〈U〉『量』

〈C〉(…の)『量』,数,額,高《+『of』+『名』》

〈C〉『多量』,多数

〈C〉(数学で)量,数量

inner

『内側の』,『内部の』,奥の

『精神の』,心の

親密な;内密の

planet

『惑星』,遊星

Venus

ビーナス(ローマ神話の愛と美の女神;ギリシア神話では Aphrodite)

金星

〈C〉(ビーナスのような)絶世の美女

mar

…‘を'汚す,傷つける

《文》…‘を'損なう(spoil)

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

arid

(土地などが)乾燥した,不毛の

(本・話などが)つまらない,無味乾燥な

Mars

マルス(ローマ神話の戦争の神;ギリシア神話のAresにあたる)

火星

frozen

freezeの過去分詞

凍った,凍結した

(態度などの)冷たい,冷淡な

(資産などが)凍結された

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

outer

外に,外側の,外部の

中心から遠い

Titan

タイタン(ギリシア神話で,オリンポスの神々以前に世界を支配していた巨人の一族の一人)

《ti・tan》巨人;大物

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

crater

(火山の)噴火口)

(爆発によってできた地面の)穴

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

geology

〈U〉地質学

〈C〉(ある地方の)地質

〈C〉地質学書

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

delta

デルタ(ギリシア語アルファベットの第4字Δ,δ;英語D,dに相当)

(河口の)三角州,デルタ

三角形をしたもの

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

rove

reeveの過去・過去分詞

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

rapidly

『速く』,『すみやかに』

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

drill

〈C〉『きり』,『ドリル』,穴あけ機

〈U〉練兵,教練

〈U〉〈C〉『反復練習』,(系統的な)けいこ

〈U〉〈C〉(事態に処するための)訓練

〈穴〉‘を'『あける』;…‘に'穴をあける

(…を)〈人〉‘に'『繰り返し教え込む』《+『名』〈人〉+『in』+『名』》;(人に)〈物事〉‘を'厳しく訓練して教え込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》

〈兵士〉‘を'教練する

《米俗》〈人〉‘を'撃ち抜く

(きりなどで)貫く,穴をあける

(軍事などの)訓練を受ける,練習する

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

rover

さまよう人;留浪者・歩き回る人,流浪者

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

hydrogen

『水素』(化学記号は『H』)

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

nitrogen

『窒素』(気体元素;化学記号は『N』)

phosphorus

リン(非金属元素;化学記号はP)

plenty

(数・量が)『たくさん』(の),『たっぷり』(の)《+『of』+『名』》

(あり余るほどの)豊かさ,豊富(abundance)

たくさんの,十分な

《話》全く(quite)

《米話》とても(very)

grown

growの過去分詞

成長した,大きくなった

《複合語を作って》「…の茂った」「…産の」の意を表す

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

fairy

『妖精』(ようせい)

妖精の

妖精のような,優美な

tale

(事実・伝説・架空の)『話』,物語

作り話,うそ

《複数形で》告げ口,中傷

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

streak

(…の)『筋』,線,しま(stripe)《+『of』+『名』》

(…の)かすかな徴候,傾向,気味《+『of』+『名』》

《米話》(運・不運の)一続き《+『of』+『名』》

(…で)…‘に'筋(しま)をつける《+『名』+『with』+『名』》

筋(しま)がつく

筋(しま)になる

(全速力)で走る

裸で公衆の面前を走る

weep

『涙を流す』,泣く

(…を)『悲しむ』嘆く,《+over(for)+名(doing)》

〈傷口などが〉液体を分泌する;《文》水をしたたらせる

〈涙〉‘を'流す

〈人,自分〉‘に'涙を流させる:《weep+名+副(窃)…に涙を流させ…にする》

《文》〈事〉‘に'涙を流す,‘を'悲しむ

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

hemisphere

(地球の)『半球』

半球体

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

weeping

(枝などが)垂れ下がる

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

appealing

心を動かす,魅力的な

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

habitable

住むことができる,住むのに適した

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

silicate

ケイ酸塩

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

blast

〈C〉(風の)『一吹き』,一陣の風;突風,疾風《+『of』+『名』》

〈C〉(穴から吹き出す空気の)一吹き

〈C〉(笛・らっぱなどの)突然の大きな[不快な]音《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉爆破(explosion)《+『of』+『名』》

〈C〉(1回分の)発破,爆薬

〈C〉〈U〉爆風

…'を'『爆破する』;…'を'爆破して作る(開く)

《文》…'を'孫なう,台なしにする;〈霜などが〉…'を'枯

〈らっぱなど〉'を'急に大きく鳴らす

…'を'酷評する;(…について)〈人〉'を'こっぴどく叱る《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》

…'を'のろう(damn)

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

slosh

《副詞[句]を伴って》(泥水・水をはねながら)バチャバチャ歩く

〈液体が〉はね返る

〈液体など〉‘を'はね返す;(液体の中で)〈物〉‘を'かき混ぜる

《英俗》…‘を'打つ

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

flew

flyの過去形

plume

《複数形で》(特に大きくて目立つ装飾用の)『羽毛』羽毛飾り,(帽子などの)前立(まえだて)

大きな羽毛に似た形の物;水柱,煙など《+『of』+『名』》

…‘を'羽毛で飾る

(くちばしで)〈羽毛〉‘を'整える

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

particle

小片,(ごく)少量,微量

粒子

不変化詞(冠詞・前置詞・接続詞・感嘆詞など語形変化のない語);小詞,小辞

silica

無水ケイ酸,ケイ土

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

tidal

潮の;潮の作用を受ける;潮の干満のある

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

Saturn

サトゥルヌス(ローマ神話の農業の神;ギリシア神話のCronus(クロノス)にあたる)

〈U〉土星

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

squeeze

…‘を'『絞る』,圧搾する,押しつぶす

(…から)〈果汁・汁・水分など〉‘を'『絞り取る』,絞り出す《+『from』(『out of』)+『名』》

〈手など〉‘を'強く握る;〈人など〉‘を'きつく抱く

(…に)…‘を'押し込む,詰め込む《+『名』+『into』(『in, into』)+『名』》;(…を)押し分けて…‘を'進める《+『名』+『through』+『名』》

(…から)…‘を'むりに取りたてる,搾取する,強制する《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(特に手で)圧力を加える,絞る

絞れる

《副詞[句]を伴って》(人ごみなどを)押し分けて進む,(狭い場所などを)むりに通る;割り込む

〈C〉『絞ること』,圧搾

〈C〉少量の絞り汁

〈C〉『強く握ること』,きつく抱きしめること

〈U〉《しばしばa~》《話》雑踏,押し合い

〈U〉《米話》搾取;強要,ゆすり

〈U〉《しばしばa~》苦境,窮地

melt

(熱・水などによって)『溶ける』,溶解する

〈人・心気持ちなどが〉『しだいに和らぐ』

〈色・音などが〉(…に)しだいに変わっていく《+『into』+『名』》

溶けてしだいに小さくなる(少なくなる,消おていく)《+『away』》

(熱・水などによって)(…に)〈物〉‘を'『溶かす』,溶解する《+『名』+『in』+『名』》

〈心・気持ちなど〉‘を'しだいに和らげる

…‘を'しだいに無くする

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

analogy

(…間の)類似《+『between』+『名』》,(…との)類似《+『to』(『with』)+『名』》

(論理・言語などの)類推

vent

(気体・液体の出入する)『抜け口』,漏れ口,通風(気)孔

(鳥・魚などの)肛門

《単数形で》(感情の)はけ口

…‘に'出口(はけ口)を与える

(…に向けて)〈感情など〉‘を'あらわにする,漏らす《+名+on+名》

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

oceanographer

海洋学者

completely

『完全に』,全く,十分に

surprised

驚いた,びっくりした

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

teem

(…に)〈人・物が〉たくさんいる,群がる(abound)《+in+名》

(…で)〈場所などが〉いっぱいである,満ちる(be full of)《+with+名》

regardless

『むとんじゃくな』,不注意な;(…に)むとんじゃくな《+『of』+『名』》

とにかく(anyway)

(…に)かかわらず《+『of』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

alkaline

アルカリの

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

abode

〈C〉住所,住居

〈U〉滞在,居住

abideの過去・過去分詞

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

Galileo

ガリレオ(Galileo Galilei;1564‐1642;地動説を唱えたイタリアの物理学・天文学者)

Jupiter

(また『Jove』)(ローマ神話の)ジュピター(天地を支配する神々の王;ギリシア神話のZeusに当たる)

木星

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

crust

〈C〉〈U〉『パンの皮』,パイの皮;〈C〉堅くなった一切れのパン

〈C〉〈U〉(物の)堅い表面;(動物の)甲殻(かく);地殻;堅くなった雪面

外皮におおわれる《+『over』》

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

spray

(花・葉・実をつけた)小枝;小枝形の装飾;小枝模様

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

Mercury

水星

『マーキュリー』(ローマ神話で,商業をつかさどり,神々の使者をつとめた神;ギリシア神話のHermesにあたる)

extensive

(場所などが)広い,広大な

(領域・効果などが)広範囲にわたる;手広い

(量・額・程度・数などが)大きい,膨大な

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

methane

メタン

ethane

エタン(無色・無臭の引火性の気体;燃料ガス用)

peer

(…を)『じっと見つめる』《+『at』(『into, through』)+『名』》

見えてくる,一部見える《+『out』》

radar

電波探知法;〈C〉電波探知機,レーダー[radio detecting and rangingの略]

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

Black Sea

黒海

substitute

(…の)『代りをする人(物)』,補欠(選手など),代用品《+for+名》

…‘を'(…の)『代りに用いる』《+名+for+名》

(…の)『代りをする』《+for+名》

pursuit

〈U〉(…を)『追うこと』,(…の)追跡《+『of』+『名』》

〈U〉(目的・快楽などの)『追求』《+『of』+『名』》

〈C〉(一般に)仕事,趣味

datum

dataの単数形

既知の事実

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

exciting

(物事が)『興奮させる』

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画