TED日本語 - トレバー・ティム: 我々には、どれだけ「報道の自由」があるのか?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アメリカの報道機関は、憲法修正第1条の下、国民が知るべき機密情報を報道する権利を持っています。ところが、9/11の同時多発テロ以降、国家安全保障関連の主要な記事のほぼ唯一の情報源は内部告発ですが、政府の諜報活動によって、告発者に危険が一層及びやすくなってしまいました。簡潔ながらも有意義なトークの中で、「報道の自由基金」の共同設立者でTEDフェローのトレバー・ティムが、犯罪や不正を暴く人々に対抗するアメリカ政府の動向をたどり、安全な匿名での告発を支えるテクノロジーを提唱します。

Script

この人はジェームズ・ライゼン ご存知かもしれませんが ピューリッツァー賞を受賞した ― NYタイムズの記者です エドワード・スノーデンが 有名になる ずっと前に 著書の中で NSAがアメリカ国民の電話を 違法に盗聴していた事実を 暴露したことで有名です しかし 同じ本の別の章には はるかに長期に渡る 影響力がありました そこには アメリカによる諜報作戦の 壊滅的な失敗が描かれていました CIAがイランに原子爆弾の設計図を 文字通り手渡したというものです 嘘だと思うなら ぜひ読んでください 本当にすごい話です

ただ その章が 気に入らなかったのが アメリカ政府です 10年近く経ってから ライゼンは政府の捜査対象となり 検察側はライゼンに情報源を 法廷で証言するよう迫りました こうして彼は 内部告発者の起訴や ジャーナリストへのスパイ活動という ― 最近目立つ政府の動きを 象徴する存在になったのです

報道機関は 憲法修正第1条の下 公益のために 機密情報を 報道する権利を持ちます ただ メディアが情報を得ても 提供元である ― 勇気ある人々の身元が守れないなら 権利は行使できません だから政府の捜査が 迫ってきたとき ライゼンは勇気ある記者たちに倣って 政府の要求を拒絶し 刑務所に入る方が マシだと告げたのです 2007年から2015年まで ライゼンは 連邦刑務所に入れられるのではと 不安な毎日を送りました

ところが裁判の数日前 奇妙なことが起こりました 何年間も彼の証言が不可欠だと 主張してきた政府が 突然 要求をすべて撤回したのです 現在は電子的監視の時代であり 記者や情報提供者が 隠れる場所は ほとんどありません つまり政府はライゼンから 無理に証言を引き出そうとしなくても デジタルの履歴をつかみ 証拠として利用できたのです 検察側は完全に秘密裏に 本人の同意もなく ライゼンの通話履歴を手に入れました メールの履歴や 経済状況、預金情報に 信用報告書 そして 搭乗便リスト付きの 旅行履歴まで手に入れました こういった情報を利用し 検察は ライゼンの情報源とされる ― CIAの内部告発者 J・スターリングを起訴しました

残念ですが これはほんの1例に過ぎません オバマ大統領は 内部告発者の保護を 公約したのにもかかわらず この政権下で 司法省が起訴した件数は 歴代政権の合計を上回ります 何が問題なのかは 明らかでしょう 政府の活動の大部分が 機密とされているなら尚更です 9/11以降 国家安全保障に関わる 重大なニュースは ほぼすべてが ジャーナリストの元を訪れた 告発者から出たものです だから 憲法修正第1条で 守られるはずの 報道の役目が 果たせない恐れがあります 政府が誰に対しても 監視の目を強めたせいです

ただ 政府がテクノロジーを使って 記者の権利の裏をかくのと同様に 報道側もテクノロジーを使って 情報源を以前より しっかり守ることができます それも起訴されてから 証言台で使うのではなく 記者が情報源と接触する段階から 使うことができるのです 今や ライゼンが例の本を 書いていた頃には 存在しなかった通信ソフトがあり 普通のメールや電話より ずっと監視されにくくなっています そんなツールの1つが SecureDropです オープン・ソースの 内部告発用システムで インターネットの権威 故アーロン・シュワルツが開発し 現在は 私が所属するNPO 「報道の自由基金」が 改良を続けています メールを送る代わりに ワシントンポスト紙などの 報道機関のウェブサイトに行って 文書のアップロードや 情報の送信ができます よくある問い合わせフォームと 同じようなものです その後 情報は暗号化され サーバーに保存されますが その報道機関にしか アクセスできません だから政府は秘密裏に 情報開示を強制することも そもそも政府が欲しがる 情報の大部分への アクセスも できなくなるのです

ただ SecureDrop は 21世紀における報道の自由を守る ― パズルのほんの一部に過ぎません 残念ながら世界中の政府が 我々にとって脅威になる 新たな諜報技術を 開発し続けています この先 スノーデンのように テクノロジー通の 告発者でなくても 不正を暴露できるような 手段を確保できるかは 我々にかかっています また 退役軍人の医療について 新たな内部告発者が 病院が過密になっている状況を警告したり 環境活動家が新たに 水道水汚染について 警鐘を鳴らしたり ウォール街の関係者が 次の金融危機を警告できるよう 守ることも非常に重要です このようなツールは 犯罪を暴く 勇気ある人々に 手を貸すためだけではなく 憲法が保障する 我々自身の権利を 守るためにあるのです

ありがとう

(拍手)

So this is James Risen. You may know him as the Pulitzer Prize-winning reporter for The New York Times. Long before anybody knew Edward Snowden's name, Risen wrote a book in which he famously exposed that the NSA was illegally wiretapping the phone calls of Americans. But it's another chapter in that book that may have an even more lasting impact. In it, he describes a catastrophic US intelligence operation in which the CIA quite literally handed over blueprints of a nuclear bomb to Iran. If that sounds crazy, go read it. It's an incredible story.

But you know who didn't like that chapter? The US government. For nearly a decade afterwards, Risen was the subject of a US government investigation in which prosecutors demanded that he testify against one of his alleged sources. And along the way, he became the face for the US government's recent pattern of prosecuting whistleblowers and spying on journalists.

You see, under the First Amendment, the press has the right to publish secret information in the public interest. But it's impossible to exercise that right if the media can't also gather that news and protect the identities of the brave men and women who get it to them. So when the government came knocking, Risen did what many brave reporters have done before him: he refused and said he'd rather go to jail. So from 2007 to 2015, Risen lived under the specter of going to federal prison.

That is, until just days before the trial, when a curious thing happened. Suddenly, after years of claiming it was vital to their case, the government dropped their demands to Risen altogether. It turns out, in the age of electronic surveillance, there are very few places reporters and sources can hide. And instead of trying and failing to have Risen testify, they could have his digital trail testify against him instead. So completely in secret and without his consent, prosecutors got Risen's phone records. They got his email records, his financial and banking information, his credit reports, even travel records with a list of flights he had taken. And it was among this information that they used to convict Jeffrey Sterling, Risen's alleged source and CIA whistleblower.

Sadly, this is only one case of many. President Obama ran on a promise to protect whistleblowers, and instead, his Justice Department has prosecuted more than all other administrations combined. Now, you can see how this could be a problem, especially because the government considers so much of what it does secret. Since 9/11, virtually every important story about national security has been the result of a whistleblower coming to a journalist. So we risk seeing the press unable to do their job that the First Amendment is supposed to protect because of the government's expanded ability to spy on everyone.

But just as technology has allowed the government to circumvent reporters' rights, the press can also use technology to protect their sources even better than before. And they can start from the moment they begin speaking with them, rather than on the witness stand after the fact. Communications software now exists that wasn't available when Risen was writing his book, and is much more surveillance-resistant than regular emails or phone calls. For example,one such tool is SecureDrop, an open-source whistleblower submission system that was originally created by the late Internet luminary Aaron Swartz, and is now developed at the non-profit where I work, Freedom of the Press Foundation. Instead of sending an email, you go to a news organization's website, like this one here on The Washington Post. From there, you can upload a document or send information much like you would on any other contact form. It'll then be encrypted and stored on a server that only the news organization has access to. So the government can no longer secretly demand the information, and much of the information they would demand wouldn't be available in the first place.

SecureDrop, though, is really only a small part of the puzzle for protecting press freedom in the 21st century. Unfortunately, governments all over the world are constantly developing new spying techniques that put us all at risk. And it's up to us going forward to make sure that it's not just the tech-savvy whistleblowers, like Edward Snowden, who have an avenue for exposing wrongdoing. It's just as vital that we protect the next veteran's health care whistleblower alerting us to overcrowded hospitals, or the next environmental worker sounding the alarm about Flint's dirty water, or a Wall Street insider warning us of the next financial crisis. After all, these tools weren't just built to help the brave men and women who expose crimes, but are meant to protect all of our rights under the Constitution.

Thank you.

(Applause)

So this is James Risen.//

この人はジェームズ・ライゼン

You may know him/ as the Pulitzer Prize-winning reporter/ for The New York Times.//

ご存知かもしれませんが ピューリッツァー賞を受賞した ― NYタイムズの記者です

Long/ before anybody knew Edward Snowden's name,/ Risen wrote a book/ in which he famously exposed/ that the NSA was illegally wiretapping the phone calls of Americans.//

エドワード・スノーデンが 有名になる ずっと前に 著書の中で NSAがアメリカ国民の電話を 違法に盗聴していた事実を 暴露したことで有名です

But it's another chapter/ in that book/ that may have an even more lasting impact.//

しかし 同じ本の別の章には はるかに長期に渡る 影響力がありました

In it,/ he describes a catastrophic US intelligence operation/ in which the CIA quite literally handed over blueprints of a nuclear bomb/ to Iran.//

そこには アメリカによる諜報作戦の 壊滅的な失敗が描かれていました CIAがイランに原子爆弾の設計図を 文字通り手渡したというものです

If that sounds crazy,/ go read it.//

嘘だと思うなら ぜひ読んでください

It's an incredible story.//

本当にすごい話です

But you know/ who didn't/ like that chapter?//

ただ その章が 気に入らなかったのが

The US government.//

アメリカ政府です

For nearly a decade afterwards,/ Risen was the subject of a US government investigation/ in which prosecutors demanded/ that he testify against one of his alleged sources.//

10年近く経ってから ライゼンは政府の捜査対象となり 検察側はライゼンに情報源を 法廷で証言するよう迫りました

And/ along the way,/ he became the face/ for the US government's recent pattern of prosecuting whistleblowers/ and spying on journalists.//

こうして彼は 内部告発者の起訴や ジャーナリストへのスパイ活動という ― 最近目立つ政府の動きを 象徴する存在になったのです

You see,/ under the First Amendment,/ the press has the right/ to publish secret information/ in the public interest.//

報道機関は 憲法修正第1条の下 公益のために 機密情報を 報道する権利を持ちます

But it's impossible/ to exercise that right/ if the media can't also gather/ that news/ and protect the identities of the brave men and women/ who get it/ to them.//

ただ メディアが情報を得ても 提供元である ― 勇気ある人々の身元が守れないなら 権利は行使できません

So/ when the government came knocking,/ Risen did/ what many brave reporters have done before him:/ he refused and said/ he'd rather go to jail.//

だから政府の捜査が 迫ってきたとき ライゼンは勇気ある記者たちに倣って 政府の要求を拒絶し 刑務所に入る方が マシだと告げたのです

So/ from 2007/ to 2015,/ Risen lived under the specter of going to federal prison.//

2007年から2015年まで ライゼンは 連邦刑務所に入れられるのではと 不安な毎日を送りました

That is,/ until just days/ before the trial,/ when a curious thing happened.//

ところが裁判の数日前 奇妙なことが起こりました

Suddenly,/ after years of claiming it was vital/ to their case,/ the government dropped their demands/ to Risen altogether.//

何年間も彼の証言が不可欠だと 主張してきた政府が 突然 要求をすべて撤回したのです

It turns out,/ in the age of electronic surveillance,/ there are very few places reporters and sources can hide.//

現在は電子的監視の時代であり 記者や情報提供者が 隠れる場所は ほとんどありません

And instead of trying and failing to have Risen testify,/ they could have/ his digital trail testify against him instead.//

つまり政府はライゼンから 無理に証言を引き出そうとしなくても デジタルの履歴をつかみ 証拠として利用できたのです

So completely/ in secret/ and/ without his consent,/ prosecutors got Risen's phone records.//

検察側は完全に秘密裏に 本人の同意もなく ライゼンの通話履歴を手に入れました

They got his email records,/ his financial and banking information,/ his credit reports,/ even travel records/ with a list of flights/ he had taken.//

メールの履歴や 経済状況、預金情報に 信用報告書 そして 搭乗便リスト付きの 旅行履歴まで手に入れました

And it was among this information/ that they used to convict/ Jeffrey Sterling,/ Risen's alleged source and CIA whistleblower.//

こういった情報を利用し 検察は ライゼンの情報源とされる ― CIAの内部告発者 J・スターリングを起訴しました

Sadly,/ this is only one case of many.//

残念ですが これはほんの1例に過ぎません

President Obama ran on a promise/ to protect whistleblowers,/ and instead,/ his Justice Department has prosecuted more/ than all other administrations combined.//

オバマ大統領は 内部告発者の保護を 公約したのにもかかわらず この政権下で 司法省が起訴した件数は 歴代政権の合計を上回ります

Now,/ you can see/ how this could be a problem,/ especially/ because the government considers so much of what it does secret.//

何が問題なのかは 明らかでしょう 政府の活動の大部分が 機密とされているなら尚更です

Since 9/11,/ virtually every important story/ about national security has been the result of a whistleblower/ coming to a journalist.//

9/11以降 国家安全保障に関わる 重大なニュースは ほぼすべてが ジャーナリストの元を訪れた 告発者から出たものです

So we risk seeing/ the press unable/ to do their job/ that the First Amendment is supposed to protect/ because of the government's expanded ability/ to spy on everyone.//

だから 憲法修正第1条で 守られるはずの 報道の役目が 果たせない恐れがあります 政府が誰に対しても 監視の目を強めたせいです

But just/ as technology has allowed the government/ to circumvent reporters/' rights,/ the press can also use technology/ to protect their sources even better/ than before.//

ただ 政府がテクノロジーを使って 記者の権利の裏をかくのと同様に 報道側もテクノロジーを使って 情報源を以前より しっかり守ることができます

And they can start from the moment/ they begin speaking/ with them,/ rather than/ on the witness stand/ after the fact.//

それも起訴されてから 証言台で使うのではなく 記者が情報源と接触する段階から 使うことができるのです

Communications software now exists/ that wasn't available/ when Risen was writing his book,/ and is much more surveillance-resistant/ than regular emails or phone calls.//

今や ライゼンが例の本を 書いていた頃には 存在しなかった通信ソフトがあり 普通のメールや電話より ずっと監視されにくくなっています

For example,/one such tool is SecureDrop,/ an open-source whistleblower submission system/ that was originally created by the late Internet luminary Aaron Swartz,/ and is now developed at the non-profit/ where I work,/ Freedom of the Press Foundation.//

そんなツールの1つが SecureDropです オープン・ソースの 内部告発用システムで インターネットの権威 故アーロン・シュワルツが開発し 現在は 私が所属するNPO 「報道の自由基金」が 改良を続けています

Instead of sending an email,/ you go to a news organization's website,/ like this one here/ on The Washington Post.//

メールを送る代わりに ワシントンポスト紙などの 報道機関のウェブサイトに行って

From there,/ you can upload a document/ or send information much/ like you would on any other contact form.//

文書のアップロードや 情報の送信ができます よくある問い合わせフォームと 同じようなものです

It'll then be encrypted and stored on a server/ that only the news organization has access to.//

その後 情報は暗号化され サーバーに保存されますが その報道機関にしか アクセスできません

So the government can no longer secretly demand the information,/ and much of the information/ they would demand/ wouldn't be available/ in the first place.//

だから政府は秘密裏に 情報開示を強制することも そもそも政府が欲しがる 情報の大部分への アクセスも できなくなるのです

SecureDrop,/ though,/ is really only a small part of the puzzle/ for protecting press freedom/ in the 21st century.//

ただ SecureDrop は 21世紀における報道の自由を守る ― パズルのほんの一部に過ぎません

Unfortunately,/ governments all/ over the world are constantly developing new spying techniques/ that put us/ all/ at risk.//

残念ながら世界中の政府が 我々にとって脅威になる 新たな諜報技術を 開発し続けています

And it's up to us/ going forward/ to make sure/ that it's not just the tech-savvy whistleblowers,/ like Edward Snowden,/ who have an avenue/ for exposing wrongdoing.//

この先 スノーデンのように テクノロジー通の 告発者でなくても 不正を暴露できるような 手段を確保できるかは 我々にかかっています

It's just as vital/ that we protect the next veteran's health care whistleblower/ alerting us/ to overcrowded hospitals,/ or the next environmental worker/ sounding the alarm/ about Flint's dirty water,/ or a Wall Street insider/ warning us of the next financial crisis.//

また 退役軍人の医療について 新たな内部告発者が 病院が過密になっている状況を警告したり 環境活動家が新たに 水道水汚染について 警鐘を鳴らしたり ウォール街の関係者が 次の金融危機を警告できるよう 守ることも非常に重要です

After all,/ these tools weren't just built to help the brave men and women/ who expose crimes,/ but are meant to protect/ all of our rights/ under the Constitution.//

このようなツールは 犯罪を暴く 勇気ある人々に 手を貸すためだけではなく 憲法が保障する 我々自身の権利を 守るためにあるのです

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

James

ヤコブ書(新約聖書の一書;《略》『jas.』)

risen

riseの過去分詞

上がった,昇った

復活した

reporter

報告者,申告者

報道員,探訪記者

判決記録係

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

times

…掛ける

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

famously

すばらしく,すてきに,たいへんうまく

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

NSA

National Security Agency(米国の)国家安全保障局

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

chapter

(各種の文章の)『章』(《略》chao.,Chap.,ch.,Ch.,c.)

〈C〉(人生・歴史・事がらの)重要な一時期

《集合的に》聖堂参事会,修道院義士会

(協会・組合・クラブなどの)地方支部,分会

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

lasting

『永続する』;長持ちする

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

catastrophic

悲劇的な,大異変の,破滅的な

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

CIA

the Central Intelligence Agency of the United States米国中央情報局

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

blueprint

(建築・機械の設計図の)青写真

(詳細な)計画

…'を'青写真にとる

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

decade

『10年間』

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

prosecutor

検察官

訴追者

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

testify

〈人が〉(法廷で)『証言する』,(一般に)証言する;(…に不利な,有利な)証言をする《+against(for, in favor of)+名》

〈人が〉(…を)保証する,立証する《+to+名(doing)》

〈物事が〉(…の)証拠となる,(…を)示す《+to+名》

《testify+that-節》(法廷で)〈人が〉…である‘と'『証言する』;〈物事が〉…‘という'証拠となる

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

alleged

申し立てられた,疑いをかけられた

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

prosecute

(…の罪で)〈人〉‘を'『起訴する』,告訴する《+『名』〈人〉+『for』+『名』(do『ing』)》

(司法手続きに訴えて)〈権利など〉‘を'要求する

(特に最後まで)〈調査・研究・事業など〉‘を'やり通す,遂行する

起訴する

spy

『スパイ』,諜報員

『探偵』(たんてい),密偵

(敵意をもって)(…を)『ひそかに見張る』(探る)《『+on』(『upon』)+『名』》

(…について)調査する,せんさくする《+『into』+『名』》

…‘を'見つけ出す,探り出す《『out』+『名』,+『名』+『out』》

journalist

ジャーナリスト

amendment

修正,改正;改心;〈C〉修正案

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

suddenly

『突然に』,だしぬけに

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

altogether

『まったく』,全然(entirely)

『全部で』,何もかもひっくるめて(in all)

全体から見て,概して

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

electronic surveillance

盗聴器などによる秘密の監視

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

instead

『その代りとして』,それよりも

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

trail

…‘の'『後について行く』(follow)

…‘を'『引きずる』,引きずって行く

〈人・動物〉の跡をつける,追跡する(pursue)

〈衣服のすそなどが〉引きずる《+along(behind)》;(…の後を)引きずる《+behind+名》

〈人が〉のろのろと(足を引きずるようにして)歩く《+along(behind)》;(…の後を)のろのろと歩く《+『behind』+『名』》

〈植物が〉(地面・かきなどを)はう

(試合・競走などで)負けている

〈雲・煙などが〉たなびく

(動いているものが)後に残したもの(煙・ほこりなど),(長く続く人・車などの)流れ

(人・動物などの)足跡,跡に残したにおい,臭跡

(荒野などに自然にできた)小道,(踏みなされた)道

completely

『完全に』,全く,十分に

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

banking

銀行業務(経営)

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

taken

take の過去分詞

convict

(…の罪状で)〈人〉‘に'『有罪を宣告する』《+『名』+『of』+『名』(do『ing』)》

《文》《しばしば受動態で》(罪・誤りなどを)…に悟らせる《+『名』+『of』+『名』》

『罪人』,囚人

sterling

英貨の,ポンドの;(英国で)法定純金(銀)を含む

《名詞の前にのみ用いて》(銀が)法定純度の

《名詞の前にのみ用いて》(物の品質・人物など)本物の,真正の,確かな

英貨;馬銀[製品]

sadly

『悲しそうに』

ひどく

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

administration

〈U〉『行政』,統治

〈U〉『管理』,経営

〈C〉行政機関(省,庁,局など);《the A-》《米》連邦政府(《英》the Government)

《総称して》(大学・団体などの)管理者側,当局者,教務部

〈U〉(裁き・処罰・法冷・儀式などの)執行,施行

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

especially

『特に』,特別に;きわだって

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

virtually

事実上,実質的には

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

unable

(…することが)『できない』

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

circumvent

…'を'裏をかく,'を'出しぬく

…‘の'周囲を回って行く,'を'迂回する;…'を'回避する

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

witness stand

(法廷の)証人席(《英》witness box)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

submission

服従,屈服,降伏

従順

(考慮・決定を求めて書類などの)提出,提示《+of+名》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

luminary

《文》発光体(特に太陽や星などを指す)

(その道の)先覚者,指導者

Aaron

アロン(モーセの兄;ヘブライ人最初の大祭司とされる)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

server

仕える人,奉仕者;給士人;(ミサで司祭を助ける)侍者

(テニスなどの)サーブをする人

(食事などをのせる)盆

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

secretly

内密に,こっそり(in secrecy)

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

puzzle

《単数形で》(頭を)『悩ませる物』(『事』,『人』),難問,難物

《しばしば複合語で用いて》(遊び用の)『パズル』,判じ物,なぞ

〈難問が〉〈人〉‘の'頭を悩ませる;(…について)〈頭〉をひねって考える《+『名』+『about』(『over』)+『名』》

(…に)頭を悩ませる,(…を)頭をひねって考える《+『about』(『as to, over』)+『名』》

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

avenue

(門から家に向かう)『並木道』

(都市の)『大通り』,『街路』,…街

(…に)近づく道(手段)《+『to』+『名』》

wrongdoing

悪事(不正)をすること,悪行,加害,犯削

veteran

(仕事・活動などの)『老練者』,古つわもの,ベテラン

『古参兵』,老兵

《米》(また《話》vet)退役軍人,在郷軍人兵

使い古したもの,中古品

(仕事に)経験豊かな,老練な

(軍事に)熟達した,経験の多い)

使い古した,中古の

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

alert

『油断のない』,用心深い

(頭の回転・動作などが)機敏な

(動作が)敏しょうな

〈U〉《しばしばthe ~》警戒,用心

〈C〉警報;警報発令期間

(…に対して)…‘に'警報(警告)を出す,警戒態勢をとらせる《+『名』+『to』+『名』》

hospital

『病院』

environmental

環境の;自然環境の

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

alarm

〈C〉『警報』;『警報器』

〈C〉警報装置

〈U〉(不意に危険を感じた時の)恐怖,驚愕(がく)

…‘に'『警報する』,急を告げる

…'を'『怖がらせる』,おびえさせる(frighten)

flint

火打ち石;ライターの石

dirty

『汚い』,汚れた,不潔な;泥だらけの,泥んこの

『不正な』,卑劣な,下劣な

『下品な』,卑わいな,わいせつな

《話》(天気が)荒れ模様の(stormy)

(原子兵器が)汚れた,放射性降下物の多い,放射能の多い

…‘を'『汚す』;〈名誉・名声など〉‘を'汚す,傷つける

汚れる

Wall Street

ウォール街(New York 市にある米国金融の中心地)

米国金融界(市場)

insider

内部の人,会員,部員

《話》内幕を知っている人,消息通

warn

〈人〉に『警告する』

〈人・物事などが〉〈人〉‘に'『予告する』

〈人・立て札などが〉(…に近寄らないように,…から立ち退くように)〈人〉‘に'通告する《+名〈人〉+away from(from,off,out of)+名》

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

constitution

〈U〉(物の)『構成』,構造《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉『体格』,体質,性分質,気質

〈C〉政体

〈C〉『憲法』,国憲

《the C-》合衆国憲法

〈U〉(制度などの)制定…(機関なとの)設立

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画