TED日本語 - ヘイリー・ヴァン・ダイク: 政府支出を年に何百万ドルも節約している技術者集団

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ヘイリー・ヴァン・ダイクは、アメリカ政府が一般市民に必要なサービスを提供する方法を変えつつあります。米国政府デジタル・サービスでは、ヴァン・ダイクらのチームがシリコンバレーや民間企業で培われてきた知識を生かして、退役軍人や移民、障害者などへのサービスを改善しています。そしてその過程で、政府をより良いものにしているのです。彼女はこう言います。「私たちにとって“政治”は重要ではありません。重要なのは政府がちゃんと機能することです。私たちにとってたった1つの政府なんですから」

Script

今日 みなさんにお話しするのは 誰もが 不可能だと 信じ込んできたことです 活発なスタートアップの事業が 意外な場所で 盛り上がっているという話です その場所とは アメリカ政府です このスタートアップは 政府の事業を 徹底的に改革し始めています ただ 本題に入る前に まず 問題は何なのでしょう

私が問題を意識したきっかけは 「137」という数字です 137 とは 退役軍人省が事務処理をして 退役軍人が給付金を 受け取るまでの平均日数 137日のことです そもそも申請の手続きをするには 合衆国政府が 所有し運営している 1,000 以上のウェブサイトと 900 以上の電話番号の間を 探し回る必要があります

我々は変化の激しい時代に 生きています 民間企業は 常に変化と改善を 続けています 企業は 暮らしの中の 不便な点を ことごとく 解消しつつあります 自分のアパートのソファーに座ったまま 電話一本で 温かいグルテンフリーの食事を 10分以内に届けてもらえるんです その一方で 政府の食費補助に 頼りながら家族を支える 仕事を持つ母親は とても複雑で面倒な申請書に 記入しなければならない上に それをオンラインで できない場合さえあります この作業が ソファーの上で できなければ 何時間か あるいは何日か 仕事を休まねばなりませんが そんなことはできません テクノロジー革命の 恩恵を受けられる人と 取り残される人との間の溝が 深まりつつあることが 我々の時代の 重要な課題の一つなのです

(拍手)

政府が 効果的なデジタル・サービスを 提供できなければ 影響をまともに受けるのは そのサービスに頼っている人々です 大学に進学したい学生とか 医療が必要なシングルマザーとか 戦場から帰還した退役軍人が まさに必要とする時に サービスを受けられないのです 彼らのような国民にとって 政府とは 単に4年ごとの 大統領選を指すのではなく 必要であり また受ける資格もある サービスを提供する 命綱なのです 率直に言えば 政府は どうにかして 遅れを取り戻せってことです 愚痴になりますが

(拍手)

私は この問題に 昔から熱心だったわけではありません 2008年にオバマ大統領の 選挙戦に協力した時 私たちはテクノロジー業界で 成功した手法を政治に取り入れて 選挙運動の歴史上 最も多い 寄付金とボランティアを集め 最も多くの票を獲得しました 私たちは それ以降の政治を一変させた 最先端のスタートアップでした だから 私たちの小さなグループが 改革の手法を そのまま政府にも導入してほしいと 大統領に頼まれた時は 簡単ではないと わかっていながら 自分から進んで やる気満々で出かけて行ったものです

ワシントンでの初日 つまり 私が政府で働き始めた日 オフィスに入ると ノートPCを1台 渡されました 中身はWindows 98でした

(笑)

政府が最後に OSを更新してから 4年に1度の大統領選が 3回も行われてきたんです 3回もですよ! この時はじめて 問題が想像をはるかに超えるほど 深刻なことに気づきました 現状を説明しましょう

合衆国政府は世界最大の組織です 政府はITプロジェクトに 年間860億ドルを超える 予算を投じています 比較してみると これはベンチャーキャピタル業界全体の 全分野の年間支出総額を超えています ここで問題なのは 納めた税金に見合うものが 我々の手に入っていないことです なぜなら政府主導の ITプロジェクトの94%が 予算を超過するか 遅れているかの どちらかなのです 94%ですよ! 数字を覚えておきたい 人のために言うと 94って ほぼ100ってことです

(笑)

もう一つ問題があります プロジェクトの4割が 陽の目を見ることなく 完全に打ち切られたり 放棄されたりしています これは どんな組織だろうと 存在意義が疑われる事態です 政府が計画した事業を進めたところで ほぼ確実に 失敗するんですから リスクが最も高いのが 現状維持だとしたら 抜本的な改革 以外に 道はありません

では どうしたらいいのでしょう? 改善の方法とは? 皮肉なことですが 答えはごく身近な所にありました ここアメリカには 20年で世界の姿を一変させた 人材とアイデアが 存在しているからです もしもキャットフードの宅配を 頼むのと同じくらい 学費ローンや 退役軍人への給付手続きが 簡単だったら どうでしょう? もしテクノロジー業界を改革してきた 起業家や革新的な人々が集まって 政府を改革できるようにする 簡単な道があったらどうでしょう?

ここからはじまるのが 私たちが見つけた ワクワクするような 新しい方法で 政府を変える話です 米国政府デジタル・サービスを紹介します 米国政府デジタル・サービスとは スタートアップの新しいネットワークです 独立したチームの集合体で 政府内のあらゆる場所で 組織を作り 抜本的な改革をします 私たちの使命は 世界屈指のデジタル・サービスを 政府が提供できるようにして 学生、移民、退役軍人、子供、老人など あらゆる人が使えるようにし コストを劇的に下げることです 要は 人民による 人民のための もっとイケてる政府を 作ろうとしているってことです 私たちにとって ― (拍手) ありがとう

(拍手)

誰だってイケてる政府が いいに決まってますよね?

私たちにとって “政治”は重要ではありません 重要なのは政府が ちゃんと機能することです 私たちにとって たった1つの政府なんですから

(拍手)

私たちのチームは ― 面白いんですけど 平和部隊と DARPAに 特殊部隊SEALを 組み合わせたような感じです まるでオタク向けの平和部隊ですが 遠くの珍しい場所へ 出かけていくのではなく 長時間 部屋にこもって コンピュータに向かい 民主主義の骨組を 立て直そうとしています

(笑)

私たち米国政府デジタル・サービスの作戦は とてもシンプルです まず我が国でトップレベルの才能を 採用して 短期間 政府で働いてもらいます 彼らこそ 製品や企業づくりを通して 我が国のテクノロジー産業を 世界で最も革新的なものにした立役者です 次に テクノロジー業界の 中心にいる彼らと 政府の現場で 改革を目指し 献身的に働く職員たちに タッグを組ませます 3つ目に 社会にとって不可欠で 暮らしを左右する 政府によるサービスに 的を絞った形で 彼らを戦略的に配置します 最後に 上層部が しっかりバックアップします 組織の管理職に始まり 大統領に至るまで 彼らを支援し サービスの改善を目指します

こういうチームが 政府の仕事の方法を 徹底的に改革しはじめています 改革の典型的なパターンを 研究してみると 非常によく見られるパターンは むしろシンプルなものです すなわち ある業界では当たり前で 標準になっていることを取り上げ それが打開策になるような別の業界に 当てはめるということです 例えば Airbnbは ホテル業界では 当たり前のことを取り上げ 私のアパートを一変させました 米国政府デジタル・サービスの取り組みは これとまったく同じです シリコンバレーや民間企業は 大変な労力を費やして より低コストで ユーザーが満足する 地球規模のデジタル・サービスを 作る方法を学びました 私たちは それを取り上げて それが打開策になるような政府業務に 適用しているんです

幸い この取り組みは うまくいきつつあります 初期の事業の 成果を見ればわかります たとえば迷走した HealthCare.gov を 立て直した例です HealthCare.gov の改善は この方法を用いた最初の仕事でしたが 今では同じ方法を 非常に多くの 重要な 政府の国民向けサービスに 適用しています ここで 少しだけ チームの自慢をさせてください ここには想像を絶するほどの キレ者が集まっています Google、Facebook、Amazon、Twitterといった企業出身の 最高の人材がスタッフにそろっていて みんな 政府に手を貸すことを 選んでくれたんです 特に素晴らしいのは みんな知的なだけでなく 熱意があって親切なことです おまけに スタッフの半数以上が女性です

(拍手)

私たちの戦略を理解するには 事例を取り上げて 社会の中で 実際に うまくいっているか 見ていくのが一番です 手短に2つ例を紹介しましょう

1つ目は移民の事例です これが普通の移民申請書です ご想像の通り ほとんどすべて紙ベースです 申請の処理には 最短でも6~8か月かかります 紙の申請書類が 何千キロも運ばれて 6か所以上の処理センター間を 行き来します こんなことがありました 10年ほど前 政府は システムをオンライン化すれば 国民から集めた税金を節約し より良いサービスが 提供できると考えました 発想はよかったのですが 政府は いつもの パターンに陥りました 6年間と 12億ドルを費やした挙げ句 使い物になるように できなかったのです 12「億」ドルです 責任官庁である市民権・移民局は 成功の見込めないプログラムに 今なお 予算を注ぎ込み続けていた 可能性だってあります 残念ですが よくあることです 今の「現状」は そうなんです でも彼らは違いました 局内の熱心な職員が立ち上がり 変化を訴えたのです 私たちは わずか6人のグループを 派遣しました あまり知られていませんが これは HealthCare.gov を 立て直した時と同じ人数 ― たった6人です 彼らは全員一丸となって 移民局が このプロジェクトに もっと現代的な ビジネスの手法や開発手法を 取り入れる支援をしました 噛み砕いて言うと 要するに 大規模で 何年もかかるプロジェクトを 小さな作業に分割することで リスクを減らすとともに 先が見えないまま 何年も待つのではなく 数週間ごとに結果が 出るようにしたのです

すると チームが現場に入って 3か月も経たないうちに 最初の成果を 公開することができました 最初の成果は「I-90」申請です 永住権の更新に使うものです 永住ビザを持つ移民にとって その更新は とても重要です 永住ビザは身元の証明であり 就労許可証であり アメリカに居住できる証なのです だから政府が更新手続きを終えるまで 半年も待たされるのは 好ましくありません でも嬉しいお知らせがあります とうとう紙の書類を一切使わず すべてオンラインで 永住権の更新を 申請できるようになったんです より速く より安価な上 申請者や政府職員にとって ユーザー体験は向上しています

(拍手)

もう一つ手短に紹介します 2015年秋 私たちは新しい 市民権テスト練習問題を公開しました アメリカ市民になるには 市民権テストに合格する必要があり 受験する人にとって かなりのストレスになります そこで私たちは 易しい言葉遣いの 簡単に使えるツールを公開し テストへの準備を支援しています 不安を鎮め 自信を持って アメリカンドリームを追求できるよう 後押しします 移民に関わる こういった仕事はすべて 面倒な手続きを 人間味のあるものにするということなんです

先日 熱心な現場の職員の方が とても大きな意味のあることを 言ってくれました 「政府で仕事してきて これほど希望を感じる事業は なかった」と この仕事を30年も やってきた人がです まさにこれが 私たちが生み出そうとしている 希望であり 文化の変容です

2つ目の例として 再び退役軍人を取り上げましょう 彼らの奉仕と犠牲に値する 退役軍人省を作る取組みです 自信を持って紹介します ほんの数か月前 私たちは新たなウェブサイト Vets.gov のベータ版を 公開しました Vets.gov は退役軍人に必要な オンラインサービスを すべてシンプルで使いやすい 1つのサイトにまとめたものです たった1つです 何千ものサイトではありません まだ制作の途中ですが 大きな前進です なぜなら 協力してくれたのは 一番のユーザーである 退役軍人自身だからです 当然のことですし 当たり前と思うでしょうが 残念ながら 行政の世界では そうではありません 制作に関する決定は ほとんど 関係委員会が下します 彼らは ユーザーの利益を 全力で代弁していても ユーザー本人というわけでは ありません そこで退役軍人省にいる仲間が 出かけて データを調べ 直接 退役軍人に話を聞き 彼らにとって最も重要な 2つのサービスに絞って シンプルに小さく始めました その2つとは 教育給付と障害補償です 今 このサイトが稼働していることを 誇らしく思います チームが さらに多くの サービスを効率化したら すべて こちらに移行し 元のサイトは閉鎖します

(拍手)

2016年現在における 変化の姿とは こういうものです

大統領執務室に 初めて入った時 ある言葉が目に入りました 大統領がカーペットに 刺繍させたもので ケネディ大統領の有名な言葉です 「人間の運命に関する問題で 人間に解決できないものはない」 その通りです 私たちには問題を解決する ツールがあります 社会として国として みんなが協力し 問題を解決できるようにする ツールがあるんです 確かに難しいことです 何も変わらないという思い込みに 屈するのを拒み 闘わなければならないとなれば なおさらです でも私の経験上 難しいことこそ やる価値があるものです だって 私たちがやらなければ 誰がやるのでしょう? これは私たち一人ひとりに かかっています 政府とは 抽象的な 組織や概念ではないからです 政府とは 私たち自身なんです

(拍手)

変化が起こせるかどうかは もはや問題ではありません 問題は「自分たちにできるか?」ではなく 「自分たちは やるのか?」なんです

皆さんはいかがですか?

どうもありがとう

(拍手)

ありがとう

(拍手)

I'm here to talk to you today about a story that we have all been conditioned to believe is not possible. It's a story about a living, breathing start-up flourishing in an unlikely environment: the United States government. Now, this start-up is fundamentally beginning to disrupt the way government does business from the inside out. But before I get there, let's start with the problem.

For me, the problem begins with a number: 137. 137 is the average number of days a veteran has to wait to have benefits processed by the VA. 137 days. Now, in order to file that application in the first place, she has to navigate over 1,000 different websites and over 900 different call-in numbers, all owned and operated by the United States government.

Now, we live in times of incredible change. The private sector is constantly changing and improving itself all the time. For that matter, it's removing every single inconvenience in my life that I could possibly think of. I could be sitting on my couch in my apartment, and from my phone, I can order a warm, gluten-free meal that can arrive at my door in less than 10 minutes. But meanwhile, a working mother who depends on food stamps to support her family has to complete an arduous, complicated application which she might not even be able to do online. And the inability of her to do that same work from her couch means that she might be having to take days or hours off of work that she can't spare. And this growing dichotomy between the beneficiaries of the tech revolution and those it's left behind is one of the greatest challenges of our time --

(Applause)

Because government's failure to deliver digital services that work is disproportionately impacting the very people who need it most. It's impacting the students trying to go to college, the single mothers trying to get health care, the veterans coming home from battle. They can't get what they need when they need it. And for these Americans, government is more than just a presidential election every four years. Government is a lifeline that provides services they need and depend on and deserve. Which is, quite frankly, why government needs to get its shit together and catch up. Just saying.

(Applause)

Now, this wasn't always a problem I was passionate about. When I joined President Obama's campaign in 2008, we brought the tech industry's best practices into politics. We earned more money, we engaged more volunteers and we earned more votes than any political campaign in history. We were a cutting-edge start-up that changed the game of politics forever. So when the President asked a small group of us to bring that very same disruption directly into government, I knew it wasn't going to be easy work, but I was eager and showed up ready to get to work.

Now, on my first day in DC, my first day in government, I walked into the office and they handed me a laptop. And the laptop was running Windows 98.

(Laughter)

I mean,three entire presidential elections had come and gone since the government had updated the operating system on that computer. Three elections! Which is when we realized this problem was a whole lot bigger than we ever could have imagined. Let me paint the picture for you.

The federal government is the largest institution in the world. It spends over 86 billion dollars a year -- 86 billion -- on federal IT projects. For context: that is more than the entire venture capital industry spends annually -- on everything. Now, the problem here is that we the taxpayers are not getting what we pay for, because 94 percent of federal IT projects are over budget or behind schedule. 94 percent! For those of you keeping score, yes, the number 94 is very close to 100.

(Laughter)

There's another problem: 40 percent of those never end up seeing the light of day. They are completely scrapped or abandoned. Now, this is a very existentially painful moment for any organization, because it means as government continues to operate as it's programmed to do, failure is nearly inevitable. And when the status quo is the riskiest option, that means there is simply no other choice than radical disruption.

So, what do we do about it? How do we fix this? Well, the irony of all of this is that we actually don't have to look any further than our backyard, because right here in America are the very ideas, the very people, who have swept our world into a radically different place than it was two decades ago. So what would it look like if it was actually as easy to get student loans or veterans' benefits as it is to order cat food to my house? What would it look like if there was an easy pathway for the very entrepreneurs and innovators who have disrupted our tech sector to come and disrupt their government?

Well, my friends, here's where we get to talk about some of the exciting new formulas we've discovered for creating change in government. Enter the United States Digital Service. The United States Digital Service is a new network of start-ups, a team of teams, organizing themselves across government to create radical change. The mission of the United States Digital Service is to help government deliver world-class digital services for students, immigrants, children, the elderly -- everybody -- at dramatically lower costs. We are essentially trying to build a more awesome government, for the people, by the people, today. We don't care -- (Applause) Thank you.

(Applause)

Who doesn't want a more awesome government, right?

We don't care about politics. We care about making government work better, because it's the only one we've got.

(Applause)

Now, you can think of our team -- well, it's pretty funny -- you can think of our team a little bit like the Peace Corps meets DARPA meets SEAL Team 6. We're like the Peace Corps for nerds, but instead of traveling to crazy, interesting, far-off places, you spend a lot of time indoors, behind computers, helping restore the fabric of our democracy.

(Laughter)

Now, this team -- our playbook for the United States Digital Service is pretty simple. The first play is we recruit the very best talent our country has to offer, and recruit them for short tours of duty inside government. These are the very people who have helped build the products and companies that have made our tech sector amongst the most innovative in the world. Second, we pair these incredible people from the tech core with the dedicated civil servants already inside government on the ground creating change. Third, we strategically deploy them in a targeted formation at the most mission-critical, life-changing, important services that government offers. And finally, we give them massive air cover, from the leadership inside the agencies all the way up to the President himself, to transform these services for the better.

Now, this team is beginning to disrupt how government does business from the inside out. If you study classic patterns of disruption,one very common pattern is rather simple. It's to take something that has become routine and standard in one industry and apply it to another where it's a radical departure from the status quo. Think about what Airbnb took that was normal from hospitality and revolutionized my apartment. The United States Digital Service is doing exactly that. We are taking what Silicon Valley and the private sector has learned through a ton of hard work about how to build planetary-scale digital services that delight users at lower cost, and we're applying that to government, where it is a radical departure from the status quo.

Now, the good news is: it's starting to work. We know this because we can already see the results from some of our early projects, like the rescue effort of Healthcare.gov, when that went off the rails. Fixing Healthcare.gov was the first place that we ran this play, and today we are taking that same play and scaling it across a large number of government's most important citizen-facing services. Now, if I can take a moment and brag about the team for a second -- it is the highest concentration of badasses I could have ever dreamed of. We have top talent from Google, Facebook, Amazon, Twitter and the likes, all on staff today, all choosing to join their government. And what's incredible is, everybody is as eager and kind as they are intelligent. And I might add, by the way, over half of us are women.

(Applause)

The best way to understand this strategy is actually to walk through a couple of examples of how it's working out in the wild. I'm going to give you two examples quickly.

The first one is about immigration. This, my friends, is your typical immigration application. Yes, you guessed it -- it's almost entirely paper-based. In the best case, the application takes about six to eight months to process. It is physically shipped thousands of miles -- thousands of miles! -- between no less than six processing centers. Now, little story: about a decade ago, the government thought that if it brought this system online, it could save taxpayer dollars and provide a better service, which was a great idea. So, the typical government process began. Six years and 1.2 billion dollars later, no working product was delivered -- 1.2 billion with a "B." Now at this point, the agency responsible, US Citizenship and Immigration Services, could have kept pouring money into the failing program. Sadly, that's what often happens. That's the status quo today. But they didn't. The dedicated civil servants inside the agency decided to stand up and call for change. We deployed a small team of just six people, and what many people don't know is that's the same size as the rescue effort of Healthcare.gov -- just six people. And that team jumped in, side-by-side, to support the agency in transitioning this project into more modern business practices, more modern development practices. Now, in non-tech speak, what that basically means is taking big, multi-year projects and breaking them up into bite-sized chunks, so that way we can reduce the risk and actually start to see results every couple of weeks, instead of waiting in a black box for years.

So within less than three months of our team being on the ground, we were already able to push our first products to production. The first one, this is the form I-90. This is used to file for your replacement green card. Now, for immigrant visa holders, a replacement green card is a big deal. Your green card is your proof of identification, it's your work authorization, it's the proof that you can be here in this country. So waiting six months while the government processes the replacement is not cool. I'm excited to tell you that today, you can now, for the first time, file for a replacement green card entirely online without anyone touching a piece of paper. It is faster, it is cheaper, and it's a better user experience for the applicant and the government employees alike.

(Applause)

Another one, quickly. Last fall, we just released a brand-new practice civics test. So as part of becoming a US citizen, you have to pass a civics test. For anyone who has taken this test, it can be quite the stressful process. So our team released a very easy, simple-to-use tool in plain language to help people prepare, to help ease their nerves, to help them feel more confident in taking the next step in pursuing their American dream. Because all of this work, all of this work on immigration, is about taking complicated processes and making them more human.

The other day,one of the dedicated civil servants on the ground said something incredibly profound. She said that she's never been this hopeful or optimistic about a project in her entire time in government. And she's been doing this for 30 years. That is exactly the kind of hope and culture change we are trying to create.

For my second example, I want to bring it back to veterans for a second, and what we are doing to build them a VA that is worthy of their service and their sacrifice. I'm proud to say that just a few months ago, we released a brand-new beta of a new website, Vets.gov. Vets.gov is a simple, easy-to-use website that brings all of the online services a veteran needs into one place. One website, not thousands. The site is a work in progress, but it's significant progress, because it's designed with the users who matter most: the veterans themselves. This might sound incredibly obvious, because it should be, but sadly, this isn't normal for government. Far too often, product decisions are made by committees of stakeholders who do their best to represent the interests of the user, but they're not necessarily the users themselves. So our team at the VA went out, we looked at the data, we talked to veterans themselves and we started simple and small, with the two most important services that matter most to them: education benefits and disability benefits. I'm proud to say that they are live on the site today, and as the team continues to streamline more services, they will be ported over here, and the old sites, shut down.

(Applause)

To me, this is what change looks like in 2016.

When you walk out of the Oval Office, the first time I was ever there, I noticed a quote the President had embroidered on the rug. It's the classic JFK quote. It says, "No problem of human destiny is beyond human beings." It's true. We have the tools to solve these problems. We have the tools to come together as a society, as a country, and to fix this together. Yes, it's hard. It's particularly hard when we have to fight, when we have to refuse to succumb to the belief that things won't change. But in my experience, it's often the hardest things that are the most worth doing, because if we don't do them, who will? This is on us, all of us, together, because government is not an abstract institution or a concept. Our government is us.

(Applause)

Today, it is no longer a question of if change is possible. The question is not, "Can we?" The question is, "Will we?"

Will you?

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

I'm here/ to talk to you/ today/ about a story/ that we have all been conditioned to believe/ is not possible.//

今日 みなさんにお話しするのは 誰もが 不可能だと 信じ込んできたことです

It's a story/ about a living,/ breathing start-up flourishing/ in an unlikely environment:/ the United States government.//

活発なスタートアップの事業が 意外な場所で 盛り上がっているという話です その場所とは アメリカ政府です

Now,/ this start-up is fundamentally beginning to disrupt/ the way/ government does business/ from the inside out.//

このスタートアップは 政府の事業を 徹底的に改革し始めています

But/ before I get there,/ let's start/ with the problem.//

ただ 本題に入る前に まず 問題は何なのでしょう

For me,/ the problem begins with a number:/ 137.//

私が問題を意識したきっかけは 「137」という数字です

137 is/ the average number of days a veteran has to wait to have/ benefits processed by the VA.//

137 とは 退役軍人省が事務処理をして 退役軍人が給付金を 受け取るまでの平均日数

137 days.//

137日のことです

Now,/ in order to file that application/ in the first place,/ she has to navigate/ over 1,000 different websites and over 900 different call-in numbers,/ all owned and operated by the United States government.//

そもそも申請の手続きをするには 合衆国政府が 所有し運営している 1,000 以上のウェブサイトと 900 以上の電話番号の間を 探し回る必要があります

Now,/ we live in times of incredible change.//

我々は変化の激しい時代に 生きています

The private sector is constantly changing and improving itself/ all the time.//

民間企業は 常に変化と改善を 続けています

For that matter,/ it's removing every single inconvenience/ in my life/ that I could possibly think of.//

企業は 暮らしの中の 不便な点を ことごとく 解消しつつあります

I could be sitting on my couch/ in my apartment, and/ from my phone,/ I can order a warm, gluten-free meal/ that can arrive at my door/ in less than 10 minutes.//

自分のアパートのソファーに座ったまま 電話一本で 温かいグルテンフリーの食事を 10分以内に届けてもらえるんです

But meanwhile,/ a working mother/ who depends on food stamps/ to support her family has to complete/ an arduous, complicated application/ which she might not even be able to do online.//

その一方で 政府の食費補助に 頼りながら家族を支える 仕事を持つ母親は とても複雑で面倒な申請書に 記入しなければならない上に それをオンラインで できない場合さえあります

And the inability of her to do that same work/ from her couch means/ that she might be having to take/ days or hours off of work/ that she can't spare.//

この作業が ソファーの上で できなければ 何時間か あるいは何日か 仕事を休まねばなりませんが そんなことはできません

And this growing dichotomy/ between the beneficiaries of the tech revolution/ and those it's left/ behind is one of the greatest challenges of our time --/ (Applause)/

テクノロジー革命の 恩恵を受けられる人と 取り残される人との間の溝が 深まりつつあることが 我々の時代の 重要な課題の一つなのです (拍手)

Because government's failure to deliver digital services/ that work is disproportionately impacting the very people/ who need it most.//

政府が 効果的なデジタル・サービスを 提供できなければ 影響をまともに受けるのは そのサービスに頼っている人々です

It's impacting the students/ trying to go/ to college,/ the single mothers/ trying to get health care,/ the veterans/ coming home/ from battle.//

大学に進学したい学生とか 医療が必要なシングルマザーとか 戦場から帰還した退役軍人が

They can't get/ what they need/ when they need it.//

まさに必要とする時に サービスを受けられないのです

And/ for these Americans,/ government is more/ than just a presidential election/ every four years.//

彼らのような国民にとって 政府とは 単に4年ごとの 大統領選を指すのではなく

Government is a lifeline/ that provides services/ they need/ and depend on and deserve.//

必要であり また受ける資格もある サービスを提供する 命綱なのです

Which is,/ quite frankly,/ why government needs to get/ its shit together/ and catch up.//

率直に言えば 政府は どうにかして 遅れを取り戻せってことです

Just saying.//

愚痴になりますが

(拍手)

Now,/ this wasn't always/ a problem/ I was passionate about.//

私は この問題に 昔から熱心だったわけではありません

When I joined President Obama's campaign/ in 2008,/ we brought the tech industry's best practices/ into politics.//

2008年にオバマ大統領の 選挙戦に協力した時 私たちはテクノロジー業界で 成功した手法を政治に取り入れて

We earned more money,/ we engaged more volunteers/ and we earned more votes/ than any political campaign/ in history.//

選挙運動の歴史上 最も多い 寄付金とボランティアを集め 最も多くの票を獲得しました

We were a cutting-edge start-up/ that changed the game of politics forever.//

私たちは それ以降の政治を一変させた 最先端のスタートアップでした

So/ when the President asked a small group of us/ to bring that very same disruption directly/ into government,/ I knew/ it wasn't going to be easy work,/ but I was eager/ and showed up/ ready/ to get to work.//

だから 私たちの小さなグループが 改革の手法を そのまま政府にも導入してほしいと 大統領に頼まれた時は 簡単ではないと わかっていながら 自分から進んで やる気満々で出かけて行ったものです

Now,/ on my first day/ in DC,/ my first day/ in government,/ I walked into the office/ and they handed me/ a laptop.//

ワシントンでの初日 つまり 私が政府で働き始めた日 オフィスに入ると ノートPCを1台 渡されました

And the laptop was running Windows 98.//

中身はWindows 98でした

(笑)

I mean,/three entire presidential elections had come and gone/ since the government had updated the operating system/ on that computer.//

政府が最後に OSを更新してから 4年に1度の大統領選が 3回も行われてきたんです

Three elections!//

3回もですよ!

Which is/ when we realized this problem was a whole lot bigger/ than we ever could have imagined.//

この時はじめて 問題が想像をはるかに超えるほど 深刻なことに気づきました

Let me paint the picture/ for you.//

現状を説明しましょう

The federal government is the largest institution/ in the world.//

合衆国政府は世界最大の組織です

It spends over 86 billion dollars/ a year --/ 86 billion --/ on federal IT projects.//

政府はITプロジェクトに 年間860億ドルを超える 予算を投じています

For context:/ that is more/ than the entire venture capital industry spends annually --/ on everything.//

比較してみると これはベンチャーキャピタル業界全体の 全分野の年間支出総額を超えています

Now,/ the problem here is/ that we/ the taxpayers are not getting/ what we pay for,/ because 94 percent of federal IT projects are over budget/ or/ behind schedule.//

ここで問題なのは 納めた税金に見合うものが 我々の手に入っていないことです なぜなら政府主導の ITプロジェクトの94%が 予算を超過するか 遅れているかの どちらかなのです

94 percent!//

94%ですよ!

For those of you/ keeping score,/ yes,/ the number 94 is very close/ to 100.//

数字を覚えておきたい 人のために言うと 94って ほぼ100ってことです

(笑)

There's another problem:/ 40 percent of those never end up/ seeing the light of day.//

もう一つ問題があります プロジェクトの4割が 陽の目を見ることなく

完全に打ち切られたり 放棄されたりしています

Now,/ this is a very existentially painful moment/ for any organization,/ because it means/ as government continues to operate/ as it's programmed to do,/ failure is nearly inevitable.//

これは どんな組織だろうと 存在意義が疑われる事態です 政府が計画した事業を進めたところで ほぼ確実に 失敗するんですから

And when the status quo is the riskiest option,/ that means/ there is simply no other choice/ than radical disruption.//

リスクが最も高いのが 現状維持だとしたら 抜本的な改革 以外に 道はありません

So,/ what do we do about it?//

では どうしたらいいのでしょう?

How do we fix this?//

改善の方法とは?

Well,/ the irony of all of this is/ that we actually don't have to look any further/ than our backyard,/ because right here/ in America are the very ideas,/ the very people,/ who have swept our world/ into a radically different place/ than it was two decades ago.//

皮肉なことですが 答えはごく身近な所にありました ここアメリカには 20年で世界の姿を一変させた 人材とアイデアが 存在しているからです

So/ what would it look like if it was actually as easy/ to get student loans/ or veterans/' benefits/ as it is to order cat food/ to my house?//

もしもキャットフードの宅配を 頼むのと同じくらい 学費ローンや 退役軍人への給付手続きが 簡単だったら どうでしょう?

What would it look/ like/ if there was an easy pathway for the very entrepreneurs and innovators/ who have disrupted our tech sector/ to come and disrupt their government?//

もしテクノロジー業界を改革してきた 起業家や革新的な人々が集まって 政府を改革できるようにする 簡単な道があったらどうでしょう?

Well,/ my friends,/ here's/ where we get to talk/ about some of the exciting new formulas/ we've discovered for creating change/ in government.//

ここからはじまるのが 私たちが見つけた ワクワクするような 新しい方法で 政府を変える話です

米国政府デジタル・サービスを紹介します

The United States Digital Service is a new network of start-ups,/ a team of teams,/ organizing themselves/ across government to create radical change.//

米国政府デジタル・サービスとは スタートアップの新しいネットワークです 独立したチームの集合体で 政府内のあらゆる場所で 組織を作り 抜本的な改革をします

私たちの使命は 世界屈指のデジタル・サービスを 政府が提供できるようにして 学生、移民、退役軍人、子供、老人など あらゆる人が使えるようにし コストを劇的に下げることです

We are essentially trying to build/ a more awesome government,/ for the people,/ by the people,/ today.//

要は 人民による 人民のための もっとイケてる政府を 作ろうとしているってことです

We don't care --/ (Applause)/ Thank you.//

私たちにとって ― (拍手) ありがとう

(拍手)

Who doesn't want a more awesome government,/ right?//

誰だってイケてる政府が いいに決まってますよね?

We don't care about politics.//

私たちにとって “政治”は重要ではありません

We care about making government work better,/ because it's the only one/ we've got.//

重要なのは政府が ちゃんと機能することです 私たちにとって たった1つの政府なんですから

(拍手)

Now,/ you can think of our team --/ well,/ it's pretty funny --/ you can think of our team/ a little bit/ like the Peace Corps meets DARPA meets SEAL Team 6.//

私たちのチームは ― 面白いんですけど 平和部隊と DARPAに 特殊部隊SEALを 組み合わせたような感じです

We're like the Peace Corps/ for nerds,/ but instead of traveling to crazy, interesting, far-off places,/ you spend a lot of time indoors,/ behind computers,/ helping restore the fabric of our democracy.//

まるでオタク向けの平和部隊ですが 遠くの珍しい場所へ 出かけていくのではなく 長時間 部屋にこもって コンピュータに向かい 民主主義の骨組を 立て直そうとしています

(笑)

Now,/ this team --/ our playbook/ for the United States Digital Service is pretty simple.//

私たち米国政府デジタル・サービスの作戦は とてもシンプルです

The first play is we recruit the very best talent/ our country has to offer,/ and recruit them/ for short tours of duty/ inside government.//

まず我が国でトップレベルの才能を 採用して 短期間 政府で働いてもらいます

These are the very people/ who have helped build the products and companies/ that have made our tech sector/ amongst the most innovative/ in the world.//

彼らこそ 製品や企業づくりを通して 我が国のテクノロジー産業を 世界で最も革新的なものにした立役者です

Second,/ we pair these incredible people/ from the tech core/ with the dedicated civil servants already/ inside government/ on the ground/ creating change.//

次に テクノロジー業界の 中心にいる彼らと 政府の現場で 改革を目指し 献身的に働く職員たちに タッグを組ませます

Third,/ we strategically deploy them/ in a targeted formation/ at the most mission-critical, life-changing, important services/ that government offers.//

3つ目に 社会にとって不可欠で 暮らしを左右する 政府によるサービスに 的を絞った形で 彼らを戦略的に配置します

And finally,/ we give them/ massive air cover,/ from the leadership/ inside the agencies/ all the way/ up/ to the President/ himself,/ to transform these services/ for the better.//

最後に 上層部が しっかりバックアップします 組織の管理職に始まり 大統領に至るまで 彼らを支援し サービスの改善を目指します

Now,/ this team is beginning to disrupt/ how government does business/ from the inside out.//

こういうチームが 政府の仕事の方法を 徹底的に改革しはじめています

If you study classic patterns of disruption,/one very common pattern is rather simple.//

改革の典型的なパターンを 研究してみると 非常によく見られるパターンは むしろシンプルなものです

It's to take/ something/ that has become routine and standard/ in one industry/ and apply it/ to another/ where it's a radical departure/ from the status quo.//

すなわち ある業界では当たり前で 標準になっていることを取り上げ それが打開策になるような別の業界に 当てはめるということです

Think about what Airbnb took that was normal/ from hospitality/ and revolutionized my apartment.//

例えば Airbnbは ホテル業界では 当たり前のことを取り上げ 私のアパートを一変させました

The United States Digital Service is doing exactly that.//

米国政府デジタル・サービスの取り組みは これとまったく同じです

We are taking/ what Silicon Valley/ and the private sector has learned through a ton of hard work/ about how to build planetary-scale digital services/ that delight users/ at lower cost,/ and we're applying/ that to government,/ where it is a radical departure/ from the status quo.//

シリコンバレーや民間企業は 大変な労力を費やして より低コストで ユーザーが満足する 地球規模のデジタル・サービスを 作る方法を学びました 私たちは それを取り上げて それが打開策になるような政府業務に 適用しているんです

Now,/ the good news is:/ it's starting to work.//

幸い この取り組みは うまくいきつつあります

We know this/ because we can already see the results/ from some of our early projects,/ like the rescue effort of Healthcare.gov,/ when/ that went off/ the rails.//

初期の事業の 成果を見ればわかります たとえば迷走した HealthCare.gov を 立て直した例です

Fixing Healthcare.gov was the first place/ that we ran this play,/ and today/ we are taking that same play/ and scaling it/ across a large number of government's most important/ citizen-facing services.//

HealthCare.gov の改善は この方法を用いた最初の仕事でしたが 今では同じ方法を 非常に多くの 重要な 政府の国民向けサービスに 適用しています

Now,/ if I can take a moment and brag/ about the team/ for a second --/ it is the highest concentration of badasses/ I could have ever dreamed of.//

ここで 少しだけ チームの自慢をさせてください ここには想像を絶するほどの キレ者が集まっています

We have top talent/ from Google,/ Facebook,/ Amazon,/ Twitter and the likes,/ all/ on staff/ today,/ all choosing to join their government.//

Google、Facebook、Amazon、Twitterといった企業出身の 最高の人材がスタッフにそろっていて みんな 政府に手を貸すことを 選んでくれたんです

And what's incredible is,/ everybody is as eager and kind/ as they are intelligent.//

特に素晴らしいのは みんな知的なだけでなく 熱意があって親切なことです

And I might add,/ by the way,/ over half of us are women.//

おまけに スタッフの半数以上が女性です

(拍手)

The best way to understand this strategy is actually to walk through a couple of examples of how it's working out/ in the wild.//

私たちの戦略を理解するには 事例を取り上げて 社会の中で 実際に うまくいっているか 見ていくのが一番です

I'm going to give/ you/ two examples quickly.//

手短に2つ例を紹介しましょう

The first one is about immigration.//

1つ目は移民の事例です

This,/ my friends,/ is your typical immigration application.//

これが普通の移民申請書です

Yes, you guessed it --/ it's almost entirely paper-based.//

ご想像の通り ほとんどすべて紙ベースです

In the best case,/ the application takes about six to eight months/ to process.//

申請の処理には 最短でも6~8か月かかります

It is physically shipped thousands of miles --/ thousands of miles!// --/ between no less than six processing centers.//

紙の申請書類が 何千キロも運ばれて 6か所以上の処理センター間を 行き来します

Now,/ little story:/ about a decade ago,/ the government thought/ that if it brought this system online,/ it could save taxpayer dollars/ and provide a better service,/ which was a great idea.//

こんなことがありました 10年ほど前 政府は システムをオンライン化すれば 国民から集めた税金を節約し より良いサービスが 提供できると考えました 発想はよかったのですが

政府は いつもの パターンに陥りました

Six years/ and 1.2 billion dollars later,/ no working product was delivered --/ 1.2 billion/ with a "B."//

6年間と 12億ドルを費やした挙げ句 使い物になるように できなかったのです 12「億」ドルです

Now/ at this point,/ the agency responsible,/ US Citizenship and Immigration Services,/ could have kept pouring/ money/ into the failing program.//

責任官庁である市民権・移民局は 成功の見込めないプログラムに 今なお 予算を注ぎ込み続けていた 可能性だってあります

Sadly,/ that's/ what often happens.//

残念ですが よくあることです

That's the status quo today.//

今の「現状」は そうなんです

But they didn't.//

でも彼らは違いました

The dedicated civil servants/ inside the agency decided to stand up/ and call for change.//

局内の熱心な職員が立ち上がり 変化を訴えたのです

We deployed a small team of just six people,/ and what many people don't know/ is that's the same size/ as the rescue effort of Healthcare.gov --/ just six people.//

私たちは わずか6人のグループを 派遣しました あまり知られていませんが これは HealthCare.gov を 立て直した時と同じ人数 ― たった6人です

And that team jumped in,/ side-by-side,/ to support the agency/ in transitioning this project/ into more modern business practices,/ more modern development practices.//

彼らは全員一丸となって 移民局が このプロジェクトに もっと現代的な ビジネスの手法や開発手法を 取り入れる支援をしました

Now,/ in non-tech speak,/ what/ that basically means/ is taking big, multi-year projects/ and breaking them up/ into bite-sized chunks,/ so that way/ we can reduce the risk/ and actually start to see/ results/ every couple of weeks,/ instead of waiting in a black box/ for years.//

噛み砕いて言うと 要するに 大規模で 何年もかかるプロジェクトを 小さな作業に分割することで リスクを減らすとともに 先が見えないまま 何年も待つのではなく 数週間ごとに結果が 出るようにしたのです

So/ within less than three months of our team/ being on the ground,/ we were already able/ to push our first products/ to production.//

すると チームが現場に入って 3か月も経たないうちに 最初の成果を 公開することができました

The first one,/ this is the form I-90.//

最初の成果は「I-90」申請です

This is used to file for your replacement green card.//

永住権の更新に使うものです

Now,/ for immigrant visa holders,/ a replacement green card is a big deal.//

永住ビザを持つ移民にとって その更新は とても重要です

Your green card is your proof of identification,/ it's your work authorization,/ it's the proof/ that you can be here in this country.//

永住ビザは身元の証明であり 就労許可証であり アメリカに居住できる証なのです

So waiting/ six months/ while the government processes the replacement is not cool.//

だから政府が更新手続きを終えるまで 半年も待たされるのは 好ましくありません

I'm excited/ to tell you/ that today,/ you can now,/ for the first time,/ file/ for a replacement green card entirely online/ without anyone/ touching a piece of paper.//

でも嬉しいお知らせがあります とうとう紙の書類を一切使わず すべてオンラインで 永住権の更新を 申請できるようになったんです

It is faster,/ it is cheaper,/ and it's a better user experience/ for the applicant/ and the government employees alike.//

より速く より安価な上 申請者や政府職員にとって ユーザー体験は向上しています

(拍手)

Another one,/ quickly.//

もう一つ手短に紹介します

Last fall,/ we just released/ a brand-new practice civics test.//

2015年秋 私たちは新しい 市民権テスト練習問題を公開しました

So/ as part of becoming a US citizen,/ you have to pass/ a civics test.//

アメリカ市民になるには 市民権テストに合格する必要があり

For anyone/ who has taken this test,/ it can be quite the stressful process.//

受験する人にとって かなりのストレスになります

So our team released a very easy, simple-to-use tool/ in plain language to help people prepare,/ to help ease their nerves,/ to help them feel more confident/ in taking the next step/ in pursuing their American dream.//

そこで私たちは 易しい言葉遣いの 簡単に使えるツールを公開し テストへの準備を支援しています 不安を鎮め 自信を持って アメリカンドリームを追求できるよう 後押しします

Because all of this work,/ all of this work/ on immigration,/ is about taking complicated processes/ and making them more human.//

移民に関わる こういった仕事はすべて 面倒な手続きを 人間味のあるものにするということなんです

The other day,/one of the dedicated civil servants/ on the ground said something incredibly profound.//

先日 熱心な現場の職員の方が とても大きな意味のあることを 言ってくれました

She said/ that she's never been this hopeful or optimistic/ about a project/ in her entire time/ in government.//

「政府で仕事してきて これほど希望を感じる事業は なかった」と

And she's been doing this/ for 30 years.//

この仕事を30年も やってきた人がです

That is exactly the kind of hope/ and culture change/ we are trying to create.//

まさにこれが 私たちが生み出そうとしている 希望であり 文化の変容です

For my second example,/ I want to bring/ it back/ to veterans/ for a second,/ and what we are doing to build/ them/ a VA/ that is worthy of their service and their sacrifice.//

2つ目の例として 再び退役軍人を取り上げましょう 彼らの奉仕と犠牲に値する 退役軍人省を作る取組みです

I'm proud/ to say/ that just a few months ago,/ we released a brand-new beta of a new website,/ Vets.gov.//

自信を持って紹介します ほんの数か月前 私たちは新たなウェブサイト Vets.gov のベータ版を 公開しました

Vets.gov is a simple, easy-to-use website/ that brings all of the online services/ a veteran needs into one place.//

Vets.gov は退役軍人に必要な オンラインサービスを すべてシンプルで使いやすい 1つのサイトにまとめたものです

One website,/ not thousands.//

たった1つです 何千ものサイトではありません

The site is a work/ in progress,/ but it's significant progress,/ because it's designed with the users/ who matter most:/ the veterans themselves.//

まだ制作の途中ですが 大きな前進です なぜなら 協力してくれたのは 一番のユーザーである 退役軍人自身だからです

This might sound incredibly obvious,/ because it should be,/ but sadly,/ this isn't normal/ for government.//

当然のことですし 当たり前と思うでしょうが 残念ながら 行政の世界では そうではありません

Far too often,/ product decisions are made by committees of stakeholders/ who do their best/ to represent the interests of the user,/ but they're not necessarily/ the users themselves.//

制作に関する決定は ほとんど 関係委員会が下します 彼らは ユーザーの利益を 全力で代弁していても ユーザー本人というわけでは ありません

So our team/ at the VA went out,/ we looked at the data,/ we talked to veterans themselves/ and we started simple and small,/ with the two most important services/ that matter most/ to them:/ education benefits and disability benefits.//

そこで退役軍人省にいる仲間が 出かけて データを調べ 直接 退役軍人に話を聞き 彼らにとって最も重要な 2つのサービスに絞って シンプルに小さく始めました その2つとは 教育給付と障害補償です

I'm proud/ to say/ that they are live/ on the site/ today,/ and/ as the team continues to streamline/ more services,/ they will be ported over here,/ and the old sites,/ shut down.//

今 このサイトが稼働していることを 誇らしく思います チームが さらに多くの サービスを効率化したら すべて こちらに移行し 元のサイトは閉鎖します

(拍手)

To me,/ this is/ what change looks like in 2016.//

2016年現在における 変化の姿とは こういうものです

When you walk out of the Oval Office,/ the first time/ I was ever there,/ I noticed a quote/ the President had embroidered on the rug.//

大統領執務室に 初めて入った時 ある言葉が目に入りました 大統領がカーペットに 刺繍させたもので

It's the classic JFK quote.//

ケネディ大統領の有名な言葉です

It says,/ "No problem of human destiny is beyond human beings."//

「人間の運命に関する問題で 人間に解決できないものはない」

It's true.//

その通りです

We have the tools/ to solve these problems.//

私たちには問題を解決する ツールがあります

We have the tools/ to come together/ as a society,/ as a country,/ and to fix this together.//

社会として国として みんなが協力し 問題を解決できるようにする ツールがあるんです

Yes, it's hard.//

確かに難しいことです

It's particularly hard/ when we have to fight,/ when we have to refuse to succumb/ to the belief/ that things won't change.//

何も変わらないという思い込みに 屈するのを拒み 闘わなければならないとなれば なおさらです

But in my experience,/ it's often/ the hardest things/ that are the most worth doing,/ because/ if we don't do them,/ who will?//

でも私の経験上 難しいことこそ やる価値があるものです だって 私たちがやらなければ 誰がやるのでしょう?

This is on us,/ all of us,/ together,/ because government is not an abstract institution or a concept.//

これは私たち一人ひとりに かかっています 政府とは 抽象的な 組織や概念ではないからです

Our government is us.//

政府とは 私たち自身なんです

(拍手)

Today,/ it is no longer/ a question of if change is possible.//

変化が起こせるかどうかは もはや問題ではありません

The question is not,/ "Can we?"//

問題は「自分たちにできるか?」ではなく

The question is,/ "Will we?"//

「自分たちは やるのか?」なんです

Will you?//

皆さんはいかがですか?

Thank you.//

どうもありがとう

(拍手)

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

unlikely

《補語にのみ用いて》『ありそうもない』,考えられない

うまくいきそうもない,見込み(将来性)のない

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

fundamentally

基本的に;本質的に

disrupt

…‘を'混乱させる

(一時的に)…‘を'中断させる

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

veteran

(仕事・活動などの)『老練者』,古つわもの,ベテラン

『古参兵』,老兵

《米》(また《話》vet)退役軍人,在郷軍人兵

使い古したもの,中古品

(仕事に)経験豊かな,老練な

(軍事に)熟達した,経験の多い)

使い古した,中古の

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

days

たいてい昼間は

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

file

やすり

…‘に'やすりをかける;…‘を'やすりで切る(削り取る)

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

call-in

(テレビ・ラジオで)電話による視聴者参加番組(《英》phone-in)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

inconvenience

〈U〉(…に)不便,不都合,不自由《+『to』+『名』》

〈C〉不便(不自由)な事(物)

〈人〉‘に'不便を感じさせる,迷惑をかける(disturb)

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

couch

(通例,背とひじ掛けのある2‐4人掛けの)『長いす』,ソファー

診察用ベッド

《通例受動態で》《副詞[句]を伴って》〈意見など〉'を'表現する

《『couch』 one『self』》〈動物が〉うずくまる

(安全・休息・攻撃などのために)〈動物が〉ひそむ,うずくまる,かがむ

apartment

《米》『アパート』,(共同住宅内の)1家族分の[数]部屋

《複数形で》《英》(通例家具つきで貸す)一組の部屋

〈C〉部屋(room)

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

meal

(一定の時刻に定められた)『食事』;食事の時間

(1回分の)食事,(食事1回分の)食べ物

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

meanwhile

=meantime

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

food stamp

食料切符 (低所得者に対して政府が発行する食料引き換え券)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

arduous

骨の折れる,困難な

(山などが)登りにくい,けわしくて骨の折れる

(努力などが)しんぼう強い,奮闘する(strenuous)

complicate

…'を'複雑にする

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

inability

無力,無能,不能

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

spare

…‘を'『容赦する』,‘の'命を助ける

《『spare』+『名』〈人〉+『名』〈労苦〉》〈苦痛・苦労まど〉‘を'〈人〉‘に'させない

《通例否定文で》〈時間・労力など〉‘を'『惜しむ』,控える

〈労力・時間など〉‘を'『さく』,割愛する;…‘を'なしですませる

(ある日的のために)…‘を'取っておく,残しておく《+『名』+『for』+『名』》

(物が)『予備の』;(時間・金が)余分の

(食事などが)質素な;乏しい

やせた(lean)

{名}予備の品(部品),スペア

(ボウリングで)2回の投球でピンを全部倒すこと

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

dichotomy

〈C〉二分,両分

〈U〉(論理学で)二分法

〈U〉〈C〉(生物の)叉(さ)状分枝,両軸分枝

〈U〉半月,弦月

beneficiary

利益(恩恵)を受ける人

年金(保険金などの)受取人

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

applause

『拍手かっさい』;称賛

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

presidential

大統領の,会長の,社長の

election

『選挙』

当選

lifeline

救命索

命綱

生命線(重要物資の唯一の輸送路)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

deserve

〈賞罰・評価など〉‘に'『値する』,‘を'受ける価値がある(進行形にできない)

(…を)『受けるに足る』《+『of』+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

shit

くそをする,大便をする

…‘を'大便をして汚す

くそ,大便;《しばしばa ~》くそをすること

たわごと

(怒り・嫌悪などを表して)ちぇっ,くそっ

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

politics

《単数扱い》『政治』;『政治学』

《単数・複数扱い》政治活動,政治問題

《単数・複数扱い》政治的手段,政略;(一般に)術策

《複数扱い》(個人の)政治的信条

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

disruption

混乱,中断,分裂,崩壊[状態]

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

eager

《補語にのみ用いて》『熱望している』,強く望んで

『熱心な』

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

laughter

『笑い』,笑い声

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

update

…を最新のものにする

最新情報

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

computer

『計算機』;『電子計算機』

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

annually

年々,毎年

年に1回

taxpayer

納税者,被課税者

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

completely

『完全に』,全く,十分に

scrap

〈C〉『かけら』,小片;少し;《A~》少々(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《複数形で》残りもの,食べ残し

〈U〉(くず鉄など)金属のスクラップ

〈U〉『くず』,廃物,がらくた

(役に立たないとして)…‘を'捨てる(discard)

…‘を'くず(スクラップ)にする

abandoned

見捨てられた(deserted)

身を持ちくずした,捨てばちの

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

status quo

現状

risky

危険な,危ない

=risque

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

radical

『根本的な』,『基本的な』

《しばしばR-》『急進的な』,過激な

(数学の記号で)根(こん)の

《しばしばR-》急進堂員,主義者,過激論者

(数学の記号で)根,根号

(化学反応で)基(き),根

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

irony

〈U〉『皮肉』,『風刺』;反語[法]

〈C〉(運命の)皮肉,(具体的な事例としての)皮肉な成り行き

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

backyard

裏庭

家の後ろの

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

sweep

…‘を'『掃く』,掃除する

(ほうきで掃くなどして)〈ごみなど〉‘を'『取る』,集める《away(up)+名》;(…から)…‘を'取る《+《away(up)+名+from(off)+名》

(掃くように)…‘の'『上をさっと通る』,…‘を'さっとなでる(吹き抜ける);《副司句を伴って》…‘を'掃くように動かす

…‘を'押し流す,吹き飛ばす《+along(away, off)+名》;(…から)…‘を'押し流す《+『名』+『

off(from)』+『名』》

〈選挙など〉‘に'全面的に勝利をおさめる

『掃く』,掃除をする

《副詞[句]を伴って》(掃くように)『さっと通る(動く)』

《副詞[句]を伴って》〈山などが〉弓なりに伸びる

《副詞[句]を伴って》〈人が〉堂々と通り過ぎる

(…を)『掃くこと』,掃除すること,(…か)一掃《+『of』+『名』》

(…を)『さっと動かすこと』,一振り,(オールなどの)一こぎ《+of+名》

(…の)湾曲,曲線,カーブ《+of+名》

(…の及ぶ)範囲《+of+名》

(物が)押し寄せること,突進

《話》掃除人,(特に)煙突掃除人

長いオール(かい)

全面的勝利

《複数形で》=sweepstakes

radically

根本的に,徹底的に

急進的に,過激に

decade

『10年間』

loan

〈U〉(…の)『貸し付け』《+『of』+『名』》

〈C〉貸し付け金,貸与物

《『loan』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『loan』+『名』+『to』+『名』》《米》…‘に'…‘を'『貸す』(《英》lend)

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

pathway

道,小道(path)

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

innovator

革新者

exciting

(物事が)『興奮させる』

formula

(あいさつなどの)『決まった言い方』;空虚な言葉

(…の)習慣的なやり方,決まった方法《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…の)製法,調理法,処方せん《+『for』+『名』》

(…の)『公式』,式《+『for』+『名』》

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

world-class

世界的な,世界一流の

immigrant

(外国からの)『移住者』,移民,入植者

帰化植物

elderly

かなり年配の,初老の

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

dramatically

劇的に,非常に効果的に

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

Peace Corps

(米国の)平和部隊(発展途上国に米国から派遺される技術者・教育家などの集団)

seal

〈C〉アザラシ

〈U〉アザラシの皮;アザラシのなめし皮

アザラシ狩りをする

instead

『その代りとして』,それよりも

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

far-off

(距離的,時間的に)遠い;昔の

indoor

『室内の』,『屋内の』

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

fabric

〈C〉〈U〉『織物』,編物

〈U〉織り方;織地

〈U〉構造,組織

〈U〉構造物,建造物

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

recruit

(軍隊・団体などに)〈新兵・新会員など〉‘を'入れる,募る《+『名』+『for』+『名』》

《古》〈健康・元気など〉‘を'回復する

新兵(新会員)を募集する

新兵

新会員,新社員

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

duty

〈C〉〈U〉(道徳・法律上の)『義務』,本分,義理

〈C〉《しばしば複数形で》(地位・職業などからくる)『任務』,職務,仕事

〈U〉《古》尊敬,敬意

〈C〉《しばしば複数形で》『税』(tax),関税

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

amongst

=among

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

dedicate

(…に)…'を'『奉納する』,献納する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈時間・精力など〉'を'『ささげる』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈著者など〉'を'献呈する《+『名』+『to』+『名』》

civil servant

公務員

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

strategically

戦略上

deploy

〈部隊など〉‘を'配置する

(作戦的に)〈部隊などが〉配置につく

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

formation

〈U〉(…の)『形成』,構成,育成《+『of』+『名』》

〈C〉形成されたもの,構成物;(その)構造,組織

〈U〉〈C〉隊形,陣形

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

departure

(…から)(遠くへ)『立ち去ること』,『出発』《+『from』+『名』》

(通常のことから)『はずれること』,逸脱《+『from』+『名』》

(方針・考えなどの)新機軸,新方針

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

hospitality

〈U〉(客や他人に対する)『親切なもてなし』,歓待

〈C〉もてなす心

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

silicon

ケイ素(非金属元素;化学記号はSi)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

delight

〈U〉『大喜び』,歓喜

〈C〉『楽しみ』,うれしいこと

…'を'『大いに楽シマセる』,大喜びさせる,うれしがらせる

『大喜びする』,うれしがる,楽しむ

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

rescue

(危険などから)…‘を'『救う』,救助(救出)する《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

『救助』(『救出』)『すること』;〈C〉(個々の)救助,救出

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

rail

〈C〉(かきね・柵(さく)などの)『横棒』,横木;手すり,らんかん,《複数形で》柵,かき

〈C〉(鉄道の)『レール』

〈U〉(輸送機関としての)『鉄道』

〈C〉(物を掛けたりするための)横木,横棒

…‘を'横木(手すり)で囲む,‘に'柵を付ける《+『in(off)』+『名』》

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

brag

(…を)自慢する《+『of』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《『brag』+『that』節》…'を'自慢する

〈C〉自慢の種

〈C〉ほら吹き

concentration

〈U〉(…への)(光線・注意などの)集中;(仕事などへの)専念,専心《+『on』+『名』》

〈C〉(人口などの)集中

〈U〉濃縮;〈液体の〉濃度

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

Amazon

アマゾン(ギリシア神話で,昔黒海の近くにいたという女武者の一族)

《しばしばa-》女傑(じょけつ),勇ましい女

《the ~》アマゾン川(南米にある大河)

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

women

woman の複数形

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

immigration

(外国からの)移住,入植

《集合的に》入植者,移民国

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

physically

物質的に;身体上;物理的に

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

began

beginの過去形

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

citizenship

市民権,公民権

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

sadly

『悲しそうに』

ひどく

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

jump

《副詞[句]を伴って》(地面などから)『跳ぶ』,跳躍する

急に(さっと)立ち上がる

(驚き・恐怖などで)(…に)ぎくっ(ぎょっ)として跳び上がる《+『at』+『名』》

〈金額・数量が〉急増する,急上昇する

…‘を'跳び越える

〈人・動物〉‘を'跳躍させる,急に動かす

《話》…‘に'急に襲いかかる

〈C〉『跳ぶこと』,跳躍,ジャンプ

〈C〉(跳び越さねばならぬ)障害物

〈C〉一跳びの幅(高さ)

〈C〉(驚き・恐怖などで)ぎくっと(ぎょっと)すること

《the jumps》《話》神経的な震え,動揺,いらいら

〈C〉(…の)急増,急上昇《+『in』+『名』》

《the ~》ジャンプ競技

〈C〉飛行機からの落下傘降下

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

basically

基本的に,根本的に;元来は

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

chunk

(…の)厚切り,厚いかたまり《+『of』+『名』》

かなりの量(額,部分)

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

black box

ブラックボックス(機能は決められているが内部構成は決められていない電子回路の一部)

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

replacement

置き換わること,取り替えること,元へ戻すこと;返済・置き換わる物(人),代理;補充員補充物

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

visa

(旅券の)査証,ビザ,入国出国許可

〈旅券〉‘を'査証する

holder

(競技の記録・不動産の権利などの)保持者,(手形の)所持者

支える(入れて持つ)物

big deal

(相手の話を一笑して)なんだ,それだけのことか,ふん・たいしたことないじゃないか

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

identification

〈U〉同一であることの確認(証明),身元確認,身分証明

身分証明書

authorization

権限を与えること,委任;許可すること

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

excited

興奮した

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

applicant

(…に対する)志願者,応募者《+『for』+『名』》

alike

『同じように』,等しく(similarly)

(複数の人・物が)似ている(similar)

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

brand-new

《よい意味で》真新しい

civic

市民の,市民としての

都市の,市の

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

plain

『はっきり見える』(『聞こえる』)

『はっきり理解できる』,明白な

全くの(sheer)

混ぜ物のない,生(き)のままの;飾りのない;無地の

ありのままの

『質素な』,飾り(模様)のない

(食べ物が)淡白な

平凡な,並みの,普通の;素朴な

『平原』,平野;《the Great Plains》(北米の)大平原地帯

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

ease

(精神的な)『気楽さ』;(肉体的に)『楽であること』

『容易さ』,たやすさ

(態度が)ゆったりしていること

〈心・体〉‘を'『楽にする』;〈人〉‘を'『安心させる』

〈束縛・圧迫など〉‘を'ゆるめる

《副詞[句]を伴って》…‘を'慎重に動かす

〈圧迫・苦痛などが〉和らぐ

nerve

〈C〉『神経』

〈C〉《複数形で》『神経過敏』,いらだち

〈U〉『勇気』,度胸(courage)

〈U〉《時にa ~》厚かましさ,ずぶとさ;無礼

〈C〉葉脈;(昆虫の)翅脈(しみゃく)

〈人,特に自分〉‘に'力を与える,‘を'元気づける

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

incredibly

信じられないほど

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

hopeful

『希望に満ちた』

『有望な』,見込みのある,末たのもしい

前途有望な人

optimistic

楽天主義の;楽観的な,のんきな

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

worthy

『価値のある』,尊敬するべき

お偉方,名士,ごりっぱな人

sacrifice

〈U〉〈C〉(神に…の)『いけにえをささげること』;〈C〉(神への…の)『いけにえ』《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・国家・目的などのために…を)『犠牲にすること』《+『of』+『名』+『for』(『to』)+『名』》,(…のための)犠牲的行為;〈C〉(…のために)犠牲にされるもの《+『for』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉投げ売り[値段];見切品

〈C〉(野球の)犠牲バント,犠打

(神に)〈人・動物など〉‘を'『いけにえにする』《+『名』+『to』+『名』》

(…のために)…‘を'『犠牲にする』《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《話》‘を'投げ売りする

(野球で)〈走者〉‘を'犠打で進める

(神に)いけにえをささげる《+『to』+『名』》

(野球で)犠打を打つ

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

beta

ベータ(ギリシア語アルファベットの第2文字;B,β;英語のB,b に遭当)

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

stakeholder

(勝負がつくまで)賭(かけ)金を預かる人

管財人

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

necessarily

『必ず』,必然的に

datum

dataの単数形

既知の事実

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

disability

〈U〉無力,無能

〈C〉不具,欠陥

〈U〉(法律で)無能力,無資格

streamline

…‘を'流線型にする

‘を'近代化(能率化)する

port

〈C〉〈U〉『港』

〈C〉『港町』,『港市』

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

Oval Office

《the,》(米国ホワイトハウス内にある)大統領執務室

〈U〉大統領職

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

embroider

(生地などに)〈模様など〉‘を'『ししゅうする』《+『名』+『on』+『名』》;(模様などを)〈生地など〉‘に'ししゅうする《+『名』+『with』+『名』》

〈物語など〉‘を'潤色する,‘に'尾ひれをつける

ししゅうをする

rug

(床の一部に敷く)『敷き物』,じゅうたん,もうせん

(敷物用)毛皮

(特に旅行・キャンプ用などの)ひざ掛け

destiny

『運命』,宿命;使命

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

human being

人,人間

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

succumb

(…に)屈服する,屈する,負ける(yield)《+to+名》

(|で)死ぬ(die)《+to+名》

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

abstract

『抽象的な』

理論的な,観念的な

(美術において)抽象派の

〈U〉抽象

〈C〉抜粋,摘要(summary)

〈C〉抽象美術作品

(いくつかのものから)〈ある概念〉'を'抽象する,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

〈本・スピーチなど〉'を'要約する(summarize),抜粋する

(…から)〈金属など〉'を'抽出する,分離する《+『名』+『from』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

関連動画