TED日本語 - ジョシュア・プレーガー: 100年の人生を1年ずつ綴る ― 偉大な作家の叡智から

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

誰もが一人一人違う人間であるのと同時に、誰もが壮大な時間の流れの中で同じように歳を重ねていくものです。そして人の一生に共通するそのパターンが、私たちの愛する様々な本の中に現れます。ジャーナリストのジョシュ・プレーガーが、グラフィック・デザイナーのミルトン・グレイザーの画像と共に、ノーマン・メイラーやジョイス・キャロル・オーツ、ウィリアム・トレヴァーを始めとする文豪たちの言葉を借り、人生の様々なステージにあちこち触れながら、染み入るように語ります。「私たちの今までも、現在も、これからのことも、本が教えてくれるのです。」

Script

私は来月で44歳になりますが 44歳はとてもいい1年に なる気がします 夢が実現する年になる 予感がしています この予感は 何か特に思い当たることが あるわけではなく いい年になると 本で読んだからです ノーマン・メイラーが 1968年に書いた本です

「彼は44歳という 自分の年齢を実感した」 メイラー作『夜の軍隊』の一節です 「まるで自分自身が 一人の人間たるための 骨や筋肉、心臓、心、感情が 実体として具現化したかのようだった その段階にいま到達できた気分であった」

もちろん私のことを 書いたものではありませんが そうであるとも思っています あなたも私も 『夜の軍隊』の主人公も 誰もが そこそこ足並み揃って年を重ね 出生時から始まる壮大な変遷を 同じように経験します 全てが新鮮でありながらも 束縛される子供時代 自由を得ながらも 思い通りにならない思春期 力を手にしながらも 責任の重圧がかかる成人期 叡智を得つつも 諦観に至る晩年 人生にはパターンがあり これは皆に共通です トーマス・マンの言葉を借りれば 「人に起くるが如く我にも起くる」です

人はただパターン通りに 生きるだけではなく それを記録に残しもします 本として書き記すことで 物語が作られ これが後で読まれ 世に知られるわけです 本は 私たちの今までや 現在 そしてこれからのことも 教えてくれます これが何千年も続いているのです ジェームズ・ソルターの言葉では 「人生が何かに変わるとしたら 本のページである」

そこで6年前 ふと思いつきました 人生が本のページになるのなら きっとどこかに どの年齢についても 書かれているはず それを見つければ 1つの物語が組み立てられるかもしれない つぎはぎすれば 1つの人生になり 100年という長い人生 ― 最も幸運な人なら過ごすであろう 年月の全体像を 作り上げられるのではと考えました 当時私は37歳でした 「分別のつく歳」と ウィリアム・トレヴァーは書きました 私は時の流れや年齢について よく考えに耽っていました 病気を患う家族がいたり 自分が怪我をした経験からも 必ずしも歳をとれるとは限らないのだとは とっくに理解していました しかも 長生きすることは 不可避である死を延期するに過ぎず その間 生き急いだ人々を 見ていくだけ ― そう考えると 気が滅入りそうでした

でも リストを作れば 後世に残ります 人生の儚く脆い1年1年を 年代記として綴ることで 過ぎゆくものをこの手に掴んで 繋ぎとめておくことができ その歳まで生きられるかどうかに かかわらず 未来を垣間見ることができます 私はすぐにリスト作りに のめり込んでいき 何年も何年もかかって 本を何冊も何冊も読み漁りました こうして 100歳までの 全年齢が集まりました 「27歳 突然 啓示を受ける歳」 「62歳 かすかに後退気味になる歳」

もちろん こういった洞察が 相対的であることは承知でした まず 寿命が延びたため 老化は昔よりもゆっくり起こります クリストファー・イシャーウッドは 「枯れ葉」という言葉で 53歳という歳を表現しましたが 同じ言葉を その僅か1世紀前にはバイロンが 36歳の自身に対して使っていました

(笑)

また 人生が期せずして 大きく揺れ動き ある年が前の年と 様変わりしうることや 同じ年齢でも 経験の仕方は 人それぞれであることも承知の上でした それでも 各年齢が出揃うと それまでの自分の人生が 鏡に映っているかのように 本の中で 形になって見えてきました 20歳は「自分自身が何者か ますますわからなくなる歳」 30歳は「それまでの無為な準備期間を抜け 人生が活発になる歳」 40歳は「静かに部屋の戸を閉め もう戻ることはないと悟る歳」 まさに私そのものでした

当然 誰にでも当てはまります グラフィックデザインの巨匠 ミルトン・グレイザーは ― ご覧の美しいビジュアルを 作った方ですが ― 現在 御歳85歳と ナボコフの言葉で言えば 「熟成され 頂点にある」年齢です グレイザー氏が言うには アートや色彩と同じように 文学を使っても人の経験を 記憶できるのだとのこと

実際 作り上げたリストを 祖父に見せたら わかるという風に 頷いていました 当時祖父は95歳で 死が身近にありましたが ロベルト・ボラーニョの 言葉を借りれば それは「不死と同じこと」 でもあります あの時 祖父が言っていました 「22歳の時点では死ぬ気がしない」 というプルーストの言葉も尤もだが 死生学者 エドウィン・シュナイドマンの言葉 ― 「90になると確かに死ぬ実感が湧く」 も正しいと 「人に起くるが如く我にも起くる」の通り 祖父にも起こったのです

リストは完成し 100年が出来上がりました 見返してみてわかったのは 自分はまだこれからだ ― この先にもまだ人生があり たくさんのページが残っている ということ メイラーの言葉を胸に 44歳が待ち遠しいです

ありがとうございました

(拍手)

I'm turning 44 next month, and I have the sense that 44 is going to be a very good year, a year of fulfillment, realization. I have that sense, not because of anything particular in store for me, but because I read it would be a good year in a 1968 book by Norman Mailer.

"He felt his own age,forty-four ..." wrote Mailer in "The Armies of the Night," "... felt as if he were a solid embodiment of bone, muscle, heart, mind, and sentiment to be a man, as if he had arrived."

Yes, I know Mailer wasn't writing about me. But I also know that he was; for all of us -- you, me, the subject of his book, age more or less in step, proceed from birth along the same great sequence: through the wonders and confinements of childhood; the emancipations and frustrations of adolescence; the empowerments and millstones of adulthood; the recognitions and resignations of old age. There are patterns to life, and they are shared. As Thomas Mann wrote: "It will happen to me as to them."

We don't simply live these patterns. We record them, too. We write them down in books, where they become narratives that we can then read and recognize. Books tell us who we've been, who we are, who we will be, too. So they have for millennia. As James Salter wrote, "Life passes into pages if it passes into anything."

And so six years ago, a thought leapt to mind: if life passed into pages, there were, somewhere, passages written about every age. If I could find them, I could assemble them into a narrative. I could assemble them into a life, a long life, a hundred-year life, the entirety of that same great sequence through which the luckiest among us pass. I was then 37 years old, "an age of discretion," wrote William Trevor. I was prone to meditating on time and age. An illness in the family and later an injury to me had long made clear that growing old could not be assumed. And besides, growing old only postponed the inevitable, time seeing through what circumstance did not. It was all a bit disheartening.

A list, though, would last. To chronicle a life year by vulnerable year would be to clasp and to ground what was fleeting, would be to provide myself and others a glimpse into the future, whether we made it there or not. And when I then began to compile my list, I was quickly obsessed, searching pages and pages for ages and ages. Here we were at every annual step through our first hundred years. "Twenty-seven ... a time of sudden revelations," "sixty-two, ... of subtle diminishments."

I was mindful, of course, that such insights were relative. For starters, we now live longer, and so age more slowly. Christopher Isherwood used the phrase "the yellow leaf" to describe a man at 53, only one century after Lord Byron used it to describe himself at 36.

(Laughter)

I was mindful, too, that life can swing wildly and unpredictably from one year to the next, and that people may experience the same age differently. But even so, as the list coalesced, so, too, on the page, clear as the reflection in the mirror, did the life that I had been living: finding at 20 that "... one is less and less sure of who one is;" emerging at 30 from the "... wasteland of preparation into active life;" learning at 40 "... to close softly the doors to rooms [ I would ] not be coming back to." There I was.

Of course, there we all are. Milton Glaser, the great graphic designer whose beautiful visualizations you see here, and who today is 85 -- all those years "... a ripening and an apotheosis," wrote Nabokov -- noted to me that, like art and like color, literature helps us to remember what we've experienced.

And indeed, when I shared the list with my grandfather, he nodded in recognition. He was then 95 and soon to die, which, wrote Roberto Bolano, "... is the same as never dying." And looking back, he said to me that, yes, Proust was right that at 22, we are sure we will not die, just as a thanatologist named Edwin Shneidman was right that at 90, we are sure we will. It had happened to him, as to them.

Now the list is done: a hundred years. And looking back over it, I know that I am not done. I still have my life to live, still have many more pages to pass into. And mindful of Mailer, I await 44.

Thank you.

(Applause)

I'm turning/ 44 next month,/ and I have the sense/ that 44 is going to be a very good year,/ a year of fulfillment,/ realization.//

私は来月で44歳になりますが 44歳はとてもいい1年に なる気がします 夢が実現する年になる 予感がしています

I have/ that sense, not because of anything particular/ in store/ for me,/ but/ because I read/ it would be a good year/ in a 1968 book/ by Norman Mailer.//

この予感は 何か特に思い当たることが あるわけではなく いい年になると 本で読んだからです ノーマン・メイラーが 1968年に書いた本です

"He felt his own age,/forty-four ..."//

「彼は44歳という 自分の年齢を実感した」

wrote Mailer/ in "The Armies of the Night,/"/ "...// felt/ as if he were a solid embodiment of bone,/ muscle,/ heart,/ mind,/ and sentiment to be a man,/ as if he had arrived."//

メイラー作『夜の軍隊』の一節です 「まるで自分自身が 一人の人間たるための 骨や筋肉、心臓、心、感情が 実体として具現化したかのようだった その段階にいま到達できた気分であった」

Yes, I know/ Mailer wasn't writing about me.//

もちろん私のことを 書いたものではありませんが

But I also know/ that he was;/ for all of us --/ you,/ me,/ the subject of his book,/ age more or less/ in step,/ proceed from birth/ along the same great sequence:/ through the wonders and confinements of childhood;/ the emancipations and frustrations of adolescence;/ the empowerments and millstones of adulthood;/ the recognitions and resignations of old age.//

そうであるとも思っています あなたも私も 『夜の軍隊』の主人公も 誰もが そこそこ足並み揃って年を重ね 出生時から始まる壮大な変遷を 同じように経験します 全てが新鮮でありながらも 束縛される子供時代 自由を得ながらも 思い通りにならない思春期 力を手にしながらも 責任の重圧がかかる成人期 叡智を得つつも 諦観に至る晩年

There are patterns/ to life,/ and they are shared.//

人生にはパターンがあり これは皆に共通です

As Thomas Mann wrote:/ "It will happen to me/ as to them."//

トーマス・マンの言葉を借りれば 「人に起くるが如く我にも起くる」です

We don't simply live these patterns.//

人はただパターン通りに 生きるだけではなく

We record them,/ too.//

それを記録に残しもします

We write them down/ in books,/ where they become narratives/ that we can then read and recognize.//

本として書き記すことで 物語が作られ これが後で読まれ 世に知られるわけです

Books tell us/ who we've been,/ who we are,/ who we will be,/ too.//

本は 私たちの今までや 現在 そしてこれからのことも 教えてくれます

So they have for millennia.//

これが何千年も続いているのです

As James Salter wrote,/ "Life passes into pages/ if it passes into anything."//

ジェームズ・ソルターの言葉では 「人生が何かに変わるとしたら 本のページである」

And so/ six years ago,/ a thought leapt to mind:/ if life passed into pages,/ there were,/ somewhere,/ passages written about every age.//

そこで6年前 ふと思いつきました 人生が本のページになるのなら きっとどこかに どの年齢についても 書かれているはず

If I could find them,/ I could assemble them/ into a narrative.//

それを見つければ 1つの物語が組み立てられるかもしれない

I could assemble them/ into a life,/ a long life,/ a hundred-year life,/ the entirety of that same great sequence/ through which the luckiest/ among us/ pass.//

つぎはぎすれば 1つの人生になり 100年という長い人生 ― 最も幸運な人なら過ごすであろう 年月の全体像を 作り上げられるのではと考えました

I was then 37 years old,/ "an age of discretion,/"/ wrote William Trevor.//

当時私は37歳でした 「分別のつく歳」と ウィリアム・トレヴァーは書きました

I was prone/ to meditating on time/ and age.//

私は時の流れや年齢について よく考えに耽っていました

An illness/ in the family/ and later/ an injury/ to me had long made clear/ that growing old could not be assumed.//

病気を患う家族がいたり 自分が怪我をした経験からも 必ずしも歳をとれるとは限らないのだとは とっくに理解していました

And besides,/ growing old only postponed the inevitable, time/ seeing through what circumstance did not.//

しかも 長生きすることは 不可避である死を延期するに過ぎず その間 生き急いだ人々を 見ていくだけ ―

It was all a bit disheartening.//

そう考えると 気が滅入りそうでした

A list,/ though,/ would last.//

でも リストを作れば 後世に残ります

To chronicle a life year/ by vulnerable year would be to clasp/ and to ground/ what was fleeting,/ would be to provide myself/ and others a glimpse/ into the future,/ whether we made it there or not.//

人生の儚く脆い1年1年を 年代記として綴ることで 過ぎゆくものをこの手に掴んで 繋ぎとめておくことができ その歳まで生きられるかどうかに かかわらず 未来を垣間見ることができます

And when I then began to compile/ my list,/ I was quickly obsessed,/ searching pages and pages/ for ages and ages.//

私はすぐにリスト作りに のめり込んでいき 何年も何年もかかって 本を何冊も何冊も読み漁りました

Here/ we were at every annual step/ through our first hundred years.//

こうして 100歳までの 全年齢が集まりました

"Twenty-seven ...// a time of sudden revelations,/"/ "sixty-two, ...// of subtle diminishments."//

「27歳 突然 啓示を受ける歳」 「62歳 かすかに後退気味になる歳」

I was mindful,/ of course,/ that such insights were relative.//

もちろん こういった洞察が 相対的であることは承知でした

For starters,/ we now live longer,/ and so/ age/ more slowly.//

まず 寿命が延びたため 老化は昔よりもゆっくり起こります

Christopher Isherwood used the phrase "the yellow leaf"/ to describe a man/ at 53,/ only one century/ after Lord Byron used it/ to describe himself/ at 36.//

クリストファー・イシャーウッドは 「枯れ葉」という言葉で 53歳という歳を表現しましたが 同じ言葉を その僅か1世紀前にはバイロンが 36歳の自身に対して使っていました

(笑)

I was mindful,/ too,/ that life can swing wildly and unpredictably/ from one year/ to the next,/ and/ that people may experience the same age differently.//

また 人生が期せずして 大きく揺れ動き ある年が前の年と 様変わりしうることや 同じ年齢でも 経験の仕方は 人それぞれであることも承知の上でした

But even so,/ as the list coalesced,/ so,/ too,/ on the page,/ clear/ as the reflection/ in the mirror,/ did the life/ that I had been living:/ finding at 20/ that "...// one is less and less sure of who one is;/"/ emerging at 30/ from the "...// wasteland of preparation/ into active life;/"/ learning at 40 "...// to close softly/ the doors/ to rooms [ I would ] not be coming back to."//

それでも 各年齢が出揃うと それまでの自分の人生が 鏡に映っているかのように 本の中で 形になって見えてきました 20歳は「自分自身が何者か ますますわからなくなる歳」 30歳は「それまでの無為な準備期間を抜け 人生が活発になる歳」 40歳は「静かに部屋の戸を閉め もう戻ることはないと悟る歳」

There/ I was.//

まさに私そのものでした

Of course,/ there/ we/ all are.//

当然 誰にでも当てはまります

Milton Glaser,/ the great graphic designer/ whose beautiful visualizations/ you see here,/ and who today is 85 --/ all those years "...// a ripening and an apotheosis,/"/ wrote Nabokov --/ noted to me/ that,/ like art/ and/ like color,/ literature helps us/ to remember/ what we've experienced.//

グラフィックデザインの巨匠 ミルトン・グレイザーは ― ご覧の美しいビジュアルを 作った方ですが ― 現在 御歳85歳と ナボコフの言葉で言えば 「熟成され 頂点にある」年齢です グレイザー氏が言うには アートや色彩と同じように 文学を使っても人の経験を 記憶できるのだとのこと

And indeed,/ when I shared the list/ with my grandfather,/ he nodded in recognition.//

実際 作り上げたリストを 祖父に見せたら わかるという風に 頷いていました

He was then 95/ and soon/ to die,/ which,/ wrote Roberto Bolano,/ "...// is the same/ as never dying."//

当時祖父は95歳で 死が身近にありましたが ロベルト・ボラーニョの 言葉を借りれば それは「不死と同じこと」 でもあります

And looking back,/ he said to me/ that,/ yes,/ Proust was right/ that at 22,/ we are sure/ we will not die,/ just as a thanatologist named/ Edwin Shneidman was right/ that at 90,/ we are sure/ we will.//

あの時 祖父が言っていました 「22歳の時点では死ぬ気がしない」 というプルーストの言葉も尤もだが 死生学者 エドウィン・シュナイドマンの言葉 ― 「90になると確かに死ぬ実感が湧く」 も正しいと

It had happened to him,/ as to them.//

「人に起くるが如く我にも起くる」の通り 祖父にも起こったのです

Now/ the list is done:/ a hundred years.//

リストは完成し 100年が出来上がりました

And looking back/ over it,/ I know/ that I am not done.//

見返してみてわかったのは 自分はまだこれからだ ―

I still have my life/ to live,/ still have many more pages/ to pass into.//

この先にもまだ人生があり たくさんのページが残っている ということ

And mindful of Mailer,/ I await 44.//

メイラーの言葉を胸に 44歳が待ち遠しいです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

Norman

〈C〉ノルマン人;《the Normans》ノルマン民族

10世紀にノルマンジーを征服した古代スカンジナビア

1066年,英国を征服したフランス人と古代スカンジナビア人の混血の子孫

(フランス北部ノルマンジー地方に住む人)

=Norman French

ノルマンジーの;ノルマン民族の

(建築が)ノルマン式の

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

embodiment

(…の)具体化されたもの,化身(けしん),権化(ごんげ)《+『of』+『名』》

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

sentiment

〈C〉〈U〉『感情』,心情,気持ち

〈C〉《しばしば複数形で》(自分の感情・主観を加えた)(…に関する)『感想』,所感,意見《+『on』(『about』)+『名』》

〈C〉〈U〉織細な感情,情趣;(芸術的)情感

〈U〉(…に対する)『感傷』《+『for』+『名』》

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

proceed

『取りかかる』,始める

(一度やめてまた)(…を)『続ける』,続行する《+『with』+『名』》

(一度止まってまた)(…へ)進む,前進する《+『to』+『名』》

〈事が〉進行する

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

confinement

〈U〉(…への)制限;(…への)閉じ込め,監禁;病臥(びょうが)《+『to』+『名』》

(また『lying-in』)〈C〉〈U〉お産のために床につくこと

childhood

『幼時』,子供時代

emancipation

(…の)解放;(…を)解放すること《+『of』+『名』》

frustration

〈U〉(努力・計画などの)失敗,ざ折,落胆,失意;〈C〉(具体的な事柄の)失敗,ざ折

〈U〉(心理学で)欲求不満,フラストレーション

adolescence

青春期,思春期

millstone

ひきうす

重荷;やっかい者

adulthood

成人(おとな)であること,成年期

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

resignation

〈U〉〈C〉『辞職』,『辞任』,やめること

〈C〉辞表,退職願い

あきらめ,忍従

old age

老年,老齢

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

Mann

マン(『Thomas~』;1875‐1955;ドイツの小説家)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

narrative

〈C〉〈U〉『物語』,話(story)

〈U〉話術,語り口

『物語の』

手術の

James

ヤコブ書(新約聖書の一書;《略》『jas.』)

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

leapt

leapの過去・過去分詞

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

assemble

(ある目的で)〈人・物〉'を'『集める』,集合させる

(部品を集めて)〈機械など〉'を'『組み立てる』

…'を'整とんする,きちんと並べる

(人が)集まる,会合する(meet)

entirety

〈U〉完全[であること]

〈C〉全体,全部

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

discretion

『分別』,慎重さ(prudence)

(行動・選択などの)判断の自由;自由裁量

William

ウィリアム1世(William 1;1027‐87;1066年英国を改め英国ノルマン王朝初代の王となった.ウイリアム征服王(William the Conqueror)と呼ばれる)

prone

《補語にのみ用いて》傾向がある

うつぶせの,平伏した

meditate

(…を)『慎重に考える』,熱考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(特に宗教的な意味で)瞑想(めいそう)する

…‘を'『もくろむ』,企てる

illness

(心身の)『病気』,不健康

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

assumed

当然のこととした,仮定した

装った,偽りの

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

postpone

…‘を'『延期する』,延ばす

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

chronicle

年代記(過去のでき事の年代順の記録)

《the C-》歴代志(旧約聖書中の一書)

(一般に)物語,記録

…'を'年代記に載せる;…'を'記録にとどめる

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

clasp

(通例金属製の)『留め金』,尾錠,締め金

(手を)『握り締めること』《+『of』+『名』》

…'を'留め金で留める

…'を'握り(抱き)締める

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

fleet

『艦隊』

(車・飛行機などの)隊,団《+『of』+『名』》

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

glimpse

(…を)『ちらりと見ること』,いちべつすること《+『of』+『名』》

(…に)ちらっと感づくこと(気づくこと)《+『of』+『名』》

…‘を'ちらりと見る,一目見る

(…を)ちらりと見る,一見する《+『at』+『名』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

compile

〈資料など〉'を'まとめる

〈辞書など〉'を'編集する

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

revelation

〈U〉(隠れた事実などを)『明らかにすること』,暴くこと《+『of』+『名』》

『明らかにされたこと』,暴露された事実

〈U〉(神の)啓示,黙示

《the R-》ヨハネによる黙示録(新約聖書の最後の書;《略》『Rev.』)

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

mindful

心にとめて忘れない,注意する

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

starter

出発合図係,スターター

(出発線の)競走馬,競走者

《修飾語を伴って》始める人

《話》皮切り,手始め

(機械の)始動機

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

lord

〈C〉『主人』,支配者;(封建時代の)『君主』,領主

〈U〉《the Lord, our Lord》『主』)しゅ)

《Lord》《呼びかけや感嘆の表現に用いて》

〈C〉『貴族』;《Lords》(英国の)上院議員たち

〈U〉《Lord》…卿(きょう)(英国の貴族および高位の官職の尊称)

Byron

バイロン(『George Gordon, Lord Byron』;1788‐1824;英国の詩人)

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

laughter

『笑い』,笑い声

swing

(一定の動きで)…‘を'『振る』,揺り動かす

(一点を軸にして)…‘を'『回転させる』,ぐるりと回す

〈棒など〉‘を'『振り回す』

…‘を'向きを変える

〈物〉‘を'『つるす』,掛ける

《米話》〈取引きなど〉‘を'うまく処理する,思いどおりに操る

(…から別の意見・立場などに)…‘を'変える《+from+名+to+名》

《副詞[句]を伴って》(一定の動きで)『揺れる』,揺れ動く;ぶらんこに乗る

(一点を軸にして)『回転する』,ぐるりと回る

(大きく弧を描くように)(…を)打つ《+at+名》

(…の方に)向きを変える《+on(onto,to,into)+名》

のびのびと調子よく歩く,活動的になる

《話》(…のことで)絞首刑になる《+for+名》

(別の意見・立場などに)変わる《+to(toward)+名(doing)》

《話》〈音楽が〉スイング風である(に演奏する)

〈C〉〈U〉(一定の動きを伴う)揺れ,振動;(ある方向への)揺れ動き《+toward+名》

〈C〉振幅

〈C〉『ぶらんこ』;ぶらんこ遊び

〈U〉《しばしば a~》リズミカルな動き(歩き方)

〈C〉(…を)大きく振ること,打つこと《+of+名》

〈U〉活動の自由

〈U〉スイング(1930‐40年代のジャズのリズム)

〈C〉各国・各大陸を飛び歩く

wildly

『乱暴に』,荒々しく

むやみに

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

coalesce

(…と)合体する《+『with』+『名』》;合体して(…に)なる《+『into』+『名』》

reflection

〈U〉(光・熱などの)『反射』,(音の)反響;反射光(熱),反響音《+『of』+『名』》

〈C〉(鏡・水面などに映った)『映像』;(親などの)生き写し《+『of』+『名』》

〈C〉(気持ち・性格などの)表れ,反映《+『of』+『名』》

〈U〉(…についての)『熟考』,沈思《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(熟考して得られた)(…についての)意見,考え《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(…に対する)非難,小言;(…にとって)不名誉となるもの《+『on』(『upon』)+『名』》

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

wasteland

荒れ地,不毛の地;(戦争・災害などで)荒廃した地域

preparation

〈U〉《a ~》(…の)『用意』《+『of+名』》

〈C〉《複数形で》(…のための)準備《+『for+名』》

〈U〉準備されている状態

〈U〉《英》宿題;予宿

〈C〉(調理した)食品,(調合した)薬剤

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

softly

『柔らかに』

静かに

優しく;寛大に

Milton

ミルトン(john~;1608‐74;英国の詩人,Paradise Lostの作者)

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

designer

『設計者』,デザイナー

apotheosis

人を神としてあがめること(行為),神格化

《文》理想的なもの(人)

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

experienced

(…に)『経験を積んだ』《+『in』+『名』(do『ing』)》

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

grandfather

『祖父』

nod

(承諾・あいさつ・合図などで)『うなずく』,会釈する

(眠くて)『こっくりする』,(油断して)うとうとする《+off》

〈草木・穂などが〉揺れる

(承諾・あいさつなどで)〈頭〉‘を'『うなずかせる』

…‘を'うなずいて示す

《副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'うなずいて示す

《同意・承諾・あいさつ・命令など,また時には拒絶を表して》(…に対する)『うなずき』,『会釈』《+『to』+『名』》;(眠気による)こっくり

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

dying

dieの現在分詞

死にかかっている,ひん死の

消えかかっている,滅びかけている

臨終の

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

await

〈人が〉…'を'『待つ』

〈物・事が〉〈人〉'を'待ちうける,待ちかまえる

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画