TED日本語 - ジョスリン・ブロック: 脳が自己修復する可能性とその補助について

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

神経外科医のジョスリン・ブロックは、脳卒中から自動車事故の外傷までのすべての治療を通して、脳には自己修復能力がないことを痛感しています。しかし彼女は同僚と共に神経修復への鍵となるダブルコーティン陽性細胞をみつけたかもしれないといいます。幹細胞に似て極めて順応性があり、脳から採取して培養後に同じ脳の損傷領域に再移植すると、この細胞が修復と回復を助けます。「少し手助けをすれば、脳は自己修復できるかもしれないのです」と彼女は語ります。

Script

私は神経外科医です 同僚たちと私は 毎日 人々の悲劇に 対処しなければなりません 重篤な脳卒中や自動車事故の後 一瞬で人生が いかに変わるのかを実感しています 私たち神経外科医にとって 非常にもどかしいのは 他の臓器とは違い 脳は自己修復能力が ほどんどないことです 中枢神経系の大けがの後 患者にはたいてい 重度の障害が残ります 私が機能的神経外科医に なったのは こうしたことからです

機能的神経外医とは 何でしょうか? それは独特な手術方法で 神経機能を改善させようとする 医師のことです その中でも有名な 脳深部刺激と呼ばれるものを 聞いたことがあると思います 神経機能を向上させる目的で 神経細胞を調整するのに 脳の深部に電極を 埋め込むものです それはとても素晴らしい技術で パーキンソン病や 重度の震えや激痛を伴う 患者の運命を改善してきました しかし神経調節は 神経修復ではありません 機能的神経外科医の夢は 脳を修復することです 私はこの夢に 近付いていると思っています

これにとても近付いていることを 皆さんにお見せしたいと思います 少し手助けをすれば 脳は自己修復できるのです

これは15年前に始まりました そのとき 私は チーフレジデントとして 昼夜 緊急治療室で 働いていました 頻繁に 頭部外傷患者を 治療していました 重度の頭部外傷患者が 来たときを想像してみてください 脳が腫れて 頭蓋内圧は上昇しています 患者の命を救うために 頭蓋内圧を 下げなくてはいけません そのために 時々 腫れた脳の一部を 切除する必要があります そこで この腫れた 脳の一部を捨てずに 同僚で生物学者の ジャン・フランソワ・ブルネと一緒に 研究することにしました

どういうことでしょうか? この細胞片から 細胞を育てようとしたのです 簡単なことではありません 細胞片から細胞を育てるのは とても小さな子供を 家族から離して育てるのと 少し似ています 細胞が育つのに適した 栄養素、暖かさや 湿度、快適な環境を みつける必要があります こうしたことを この細胞に対して行いました 多くの試みのあと ジャン・フランソワが 成功したのです これは顕微鏡下で 彼が見たものです

私たちにとって 大きな驚きでした なぜでしょうか? 大きな緑の細胞が 小さな未熟細胞を囲んでいて 幹細胞培養と 全く同じに見えたからです 生物学の授業で 幹細胞は未熟細胞で 体のどんな細胞にも 変化できると習ったかもしれません 成人の脳には幹細胞が ありますが 極めてまれで 脳の奥深くの 小さな領域にあって だから手術室で得た 腫れた脳の浅部から このような幹細胞に似た培養ができて 驚いたのです

他にも興味深い 観察結果があります 普通の幹細胞はとても活発で 分裂、分裂と非常に早く分裂します そして決して死なない 不死の細胞です しかし この細胞の性質は 違いました ゆっくり分裂し 培養の数週間後に 死にました 私たちは幹細胞に似てはいるが 生態の異なる 未知の細胞集団を 前にしていたのです

その細胞の由来を理解するのに 時間が掛かりました それはこの細胞に 由来していました この青と赤に染まった細胞は ダブルコーティン陽性細胞と呼ばれます 皆さんの脳内にも この細胞があります 脳細胞の皮質4%に相当します 発生段階にとても重要な役割を 担っているものです 胎児の時に 脳がひだを作る助けをしています でも なぜ大人になっても 脳の中にあるのでしょう? これは分っていません 脳傷害部位の近くに 多く集中してみつかるので 脳の修復を 行っているのかもしれないと 私たちは考えています でも 確かではありません しかし 一つ明らかなことは 私たちがこれらの細胞から 幹細胞培養を したということです 私たちは脳を修復する 可能性のある新しい細胞源を 前にしていました これを証明する必要がありました

だから証明するために 実験的パラダイムを 作ることにしました 脳の中で切り取っても 障害の残りにくい部分を使って ジャン・フランソワと 全く同じ方法で 細胞を培養するのです それらを標識して つまり色を付けて 脳の中で 追跡できるようにします 最後に同じ個体に それを再移植します 私たちはこれを 自家移植と呼びます

最初の疑問は 「この細胞を正常な脳に再移植した場合と 傷害のある脳に再移植した場合に 何が起こるのだろう?」 ということでした エリック・ルリエ教授の 協力のおかげで サルで実験を行いました

最初の実験計画は 正常な脳に細胞を 再移植するもので 数週間後にそれらの細胞が 完全に消滅したのを目にしました まるでその脳から取り出され それから家に帰されたものの そこはすでに細胞で一杯なので 必要とされないから 消滅したかのようでした

二番目の実験計画は 傷害のある脳に 全く同じ細胞を再移植しました この場合は細胞が残り 成熟神経細胞になりました これは私たちが顕微鏡下で 観察したものの画像です これらは再移植した細胞です 証拠はこの小さな点です これは培養しているときに 試験管内で 標識した細胞です

もちろんここで 止める訳にはいきません この細胞は損傷後のサルの 回復に役立つのでしょうか? これを調べるために サルに 手先の器用さが必要な作業を教えました エサの小粒を 箱から取り出すものです 彼らはとても上手にできました 作業の進歩が頭打ちになったら 手の動きに対応する 運動皮質を損傷させました これでサルは麻痺して もう 手を動かすことは できません 人間と全く同じように 彼らは自然に ある程度は回復しました 脳卒中の後とまったく同じです 患者は完全に麻痺した後 脳の可塑性という機構によって 回復を目指し ある程度までは回復します サルもまったく同じです

だから私たちは サルの自然な回復が 頭打ちになったら 自己移植をすると 決めていました 左側はサルが自然に 回復したときのものです 損傷前の約40~50%の 動作です それほど正確でも 素早くもありません 見てください 細胞を再移植したものです 再移植して2か月後の 同じサルです

(拍手)

私たちにとっても 大変心躍る結果でした その後 私たちはこの細胞について より深く理解してきています この細胞を冷凍保存して 後で使用できることが 分りました 例えばパーキンソン病のような 他の神経病理学的モデルに 適用できると分りました しかし私たちの夢は ヒトにこれらを移植することです ヒトの脳は自己修復の道具を 私たちに与えてくれたと 近いうちにお知らせできることを 心から願っています

ありがとうございました

(拍手)

ブルーノ・ジュッサーニ:ジョスリン 素晴らしいです たった今 観衆の中の おそらく大多数が 「これを使える人がいる」 と考えているでしょう いずれにしても 私はそう考えています 疑問なのですが ヒトへの臨床試験を行うための 最大の障害は何でしょうか?

ジョスリン・ブロック:最大の障害は法的規制です(笑) こうした喜ばしい結果が出たら 臨床試験を行うために 約2kgの書類と申請書を 記入する必要があります

ブルーノ:脳には細心の注意が必要なので 理解できます

ジョスリン:そうですが 時間が掛かり 根気がいるし だいたい 専門家チームが行うのです

ブルーノ:あなたの計画では すでに研究は完成したのですし 臨床試験開始の許可を得て 計画通りに進めば 病院でこの治療を 受けられるようになるまでに 何年掛かると お考えでしょうか?

ジョスリン:とても難しい質問ですね 第一に臨床試験の 認可状況にもよります すぐに臨床試験ができる 認可が下りるでしょうか? 認可後 この様な研究は 小さな患者グループに対して 臨床試験を 行わなくてはなりません ですから 治療を行う患者を選び こうした治療が 有益かどうかの評価をするのに 大変時間が掛かります その後 複数の施設での 臨床試験に移る必要があります この治療法を一般化する前に まずはこれが有益だと きちんと証明する 必要があります

ブルーノ:もちろん安全性もですね ジョスリン:もちろんです

ブルーノ:TEDでお話しいただき ありがとうございました ジョスリン:ありがとうございました

(拍手)

So I'm a neurosurgeon. And like most of my colleagues, I have to deal, every day, with human tragedies. I realize how your life can change from one second to the other after a major stroke or after a car accident. And what is very frustrating for us neurosurgeons is to realize that unlike other organs of the body, the brain has very little ability for self-repair. And after a major injury of your central nervous system, the patients often remain with a severe handicap. And that's probably the reason why I've chosen to be a functional neurosurgeon.

What is a functional neurosurgeon? It's a doctor who is trying to improve a neurological function through different surgical strategies. You've certainly heard of one of the famous ones called deep brain stimulation, where you implant an electrode in the depths of the brain in order to modulate a circuit of neurons to improve a neurological function. It's really an amazing technology in that it has improved the destiny of patients with Parkinson's disease, with severe tremor, with severe pain. However, neuromodulation does not mean neuro-repair. And the dream of functional neurosurgeons is to repair the brain. I think that we are approaching this dream.

And I would like to show you that we are very close to this. And that with a little bit of help, the brain is able to help itself.

So the story started 15 years ago. At that time, I was a chief resident working days and nights in the emergency room. I often had to take care of patients with head trauma. You have to imagine that when a patient comes in with a severe head trauma, his brain is swelling and he's increasing his intracranial pressure. And in order to save his life, you have to decrease this intracranial pressure. And to do that, you sometimes have to remove a piece of swollen brain. So instead of throwing away these pieces of swollen brain, we decided with Jean-Francois Brunet, who is a colleague of mine, a biologist, to study them.

What do I mean by that? We wanted to grow cells from these pieces of tissue. It's not an easy task. Growing cells from a piece of tissue is a bit the same as growing very small children out from their family. So you need to find the right nutrients, the warmth, the humidity and all the nice environments to make them thrive. So that's exactly what we had to do with these cells. And after many attempts, Jean-Francois did it. And that's what he saw under his microscope.

And that was, for us, a major surprise. Why? Because this looks exactly the same as a stem cell culture, with large green cells surrounding small, immature cells. And you may remember from biology class that stem cells are immature cells, able to turn into any type of cell of the body. The adult brain has stem cells, but they're very rare and they're located in deep and small niches in the depths of the brain. So it was surprising to get this kind of stem cell culture from the superficial part of swollen brain we had in the operating theater.

And there was another intriguing observation: Regular stem cells are very active cells -- cells that divide, divide, divide very quickly. And they never die, they're immortal cells. But these cells behave differently. They divide slowly, and after a few weeks of culture, they even died. So we were in front of a strange new cell population that looked like stem cells but behaved differently.

And it took us a long time to understand where they came from. They come from these cells. These blue and red cells are called doublecortin-positive cells. All of you have them in your brain. They represent four percent of your cortical brain cells. They have a very important role during the development stage. When you were fetuses, they helped your brain to fold itself. But why do they stay in your head? This, we don't know. We think that they may participate in brain repair because we find them in higher concentration close to brain lesions. But it's not so sure. But there is one clear thing -- that from these cells, we got our stem cell culture. And we were in front of a potential new source of cells to repair the brain. And we had to prove this.

So to prove it, we decided to design an experimental paradigm. The idea was to biopsy a piece of brain in a non-eloquent area of the brain, and then to culture the cells exactly the way Jean-Francois did it in his lab. And then label them, to put color in them in order to be able to track them in the brain. And the last step was to re-implant them in the same individual. We call these autologous grafts -- autografts.

So the first question we had, "What will happen if we re-implant these cells in a normal brain, and what will happen if we re-implant the same cells in a lesioned brain?" Thanks to the help of professor Eric Rouiller, we worked with monkeys.

So in the first-case scenario, we re-implanted the cells in the normal brain and what we saw is that they completely disappeared after a few weeks, as if they were taken from the brain, they go back home, the space is already busy, they are not needed there, so they disappear.

In the second-case scenario, we performed the lesion, we re-implanted exactly the same cells, and in this case, the cells remained -- and they became mature neurons. And that's the image of what we could observe under the microscope. Those are the cells that were re-implanted. And the proof they carry, these little spots, those are the cells that we've labeled in vitro, when they were in culture.

But we could not stop here, of course. Do these cells also help a monkey to recover after a lesion? So for that, we trained monkeys to perform a manual dexterity task. They had to retrieve food pellets from a tray. They were very good at it. And when they had reached a plateau of performance, we did a lesion in the motor cortex corresponding to the hand motion. So the monkeys were plegic, they could not move their hand anymore. And exactly the same as humans would do, they spontaneously recovered to a certain extent, exactly the same as after a stroke. Patients are completely plegic, and then they try to recover due to a brain plasticity mechanism, they recover to a certain extent, exactly the same for the monkey.

So when we were sure that the monkey had reached his plateau of spontaneous recovery, we implanted his own cells. So on the left side, you see the monkey that has spontaneously recovered. He's at about 40 to 50 percent of his previous performance before the lesion. He's not so accurate, not so quick. And look now, when we re-impant the cells: Two months after re-implantation, the same individual.

(Applause)

It was also very exciting results for us, I tell you. Since that time, we've understood much more about these cells. We know that we can cryopreserve them, we can use them later on. We know that we can apply them in other neuropathological models, like Parkinson's disease, for example. But our dream is still to implant them in humans. And I really hope that I'll be able to show you soon that the human brain is giving us the tools to repair itself.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Jocelyne, this is amazing, and I'm sure that right now, there are several dozen people in the audience, possibly even a majority, who are thinking, "I know somebody who can use this." I do, in any case. And of course the question is, what are the biggest obstacles before you can go into human clinical trials?

Jocelyne Bloch: The biggest obstacles are regulations. (Laughs) So, from these exciting results, you need to fill out about two kilograms of papers and forms to be able to go through these kind of trials.

BG: Which is understandable, the brain is delicate, etc.

JB: Yes, it is, but it takes a long time and a lot of patience and almost a professional team to do it, you know?

BG: If you project yourself -- having done the research and having tried to get permission to start the trials, if you project yourself out in time, how many years before somebody gets into a hospital and this therapy is available?

JB: So, it's very difficult to say. It depends, first, on the approval of the trial. Will the regulation allow us to do it soon? And then, you have to perform this kind of study in a small group of patients. So it takes, already, a long time to select the patients, do the treatment and evaluate if it's useful to do this kind of treatment. And then you have to deploy this to a multicentric trial. You have to really prove first that it's useful before offering this treatment up for everybody.

BG: And safe, of course. JB: Of course.

BG: Jocelyne, thank you for coming to TED and sharing this. BG: Thank you.

(Applause)

So I'm a neurosurgeon.//

私は神経外科医です

And like most of my colleagues,/ I have to deal,/ every day,/ with human tragedies.//

同僚たちと私は 毎日 人々の悲劇に 対処しなければなりません

I realize/ how your life can change from one second/ to the other/ after a major stroke/ or/ after a car accident.//

重篤な脳卒中や自動車事故の後 一瞬で人生が いかに変わるのかを実感しています

And what is very frustrating/ for us/ neurosurgeons is to realize/ that unlike other organs of the body,/ the brain has very little ability/ for self-repair.//

私たち神経外科医にとって 非常にもどかしいのは 他の臓器とは違い 脳は自己修復能力が ほどんどないことです

And/ after a major injury of your central nervous system,/ the patients often remain with a severe handicap.//

中枢神経系の大けがの後 患者にはたいてい 重度の障害が残ります

And that's probably/ the reason/ why I've chosen to be a functional neurosurgeon.//

私が機能的神経外科医に なったのは こうしたことからです

What is a functional neurosurgeon?//

機能的神経外医とは 何でしょうか?

It's a doctor/ who is trying to improve/ a neurological function/ through different surgical strategies.//

それは独特な手術方法で 神経機能を改善させようとする 医師のことです

You've certainly heard of one of the famous ones called deep brain stimulation,/ where you implant an electrode/ in the depths of the brain/ in order to modulate a circuit of neurons/ to improve a neurological function.//

その中でも有名な 脳深部刺激と呼ばれるものを 聞いたことがあると思います 神経機能を向上させる目的で 神経細胞を調整するのに 脳の深部に電極を 埋め込むものです

It's really/ an amazing technology/ in that it has improved the destiny of patients/ with Parkinson's disease,/ with severe tremor,/ with severe pain.//

それはとても素晴らしい技術で パーキンソン病や 重度の震えや激痛を伴う 患者の運命を改善してきました

However,/ neuromodulation does not mean neuro-repair.//

しかし神経調節は 神経修復ではありません

And the dream of functional neurosurgeons is to repair the brain.//

機能的神経外科医の夢は 脳を修復することです

I think/ that we are approaching this dream.//

私はこの夢に 近付いていると思っています

And I would like to show/ you/ that we are very close/ to this.//

これにとても近付いていることを 皆さんにお見せしたいと思います

And that/ with a little bit of help,/ the brain is able to help itself.//

少し手助けをすれば 脳は自己修復できるのです

So the story started 15 years ago.//

これは15年前に始まりました

At that time,/ I was a chief resident working days and nights/ in the emergency room.//

そのとき 私は チーフレジデントとして 昼夜 緊急治療室で 働いていました

I often had to take/ care of patients/ with head trauma.//

頻繁に 頭部外傷患者を 治療していました

You have to imagine/ that/ when a patient comes in/ with a severe head trauma,/ his brain is swelling/ and he's increasing his intracranial pressure.//

重度の頭部外傷患者が 来たときを想像してみてください 脳が腫れて 頭蓋内圧は上昇しています

And/ in order to save his life,/ you have to decrease/ this intracranial pressure.//

患者の命を救うために 頭蓋内圧を 下げなくてはいけません

And to do that,/ you sometimes have to remove/ a piece of swollen brain.//

そのために 時々 腫れた脳の一部を 切除する必要があります

So instead of throwing away/ these pieces of swollen brain,/ we decided with Jean-Francois Brunet,/ who is a colleague of mine,/ a biologist,/ to study them.//

そこで この腫れた 脳の一部を捨てずに 同僚で生物学者の ジャン・フランソワ・ブルネと一緒に 研究することにしました

What do I mean by that?//

どういうことでしょうか?

We wanted to grow/ cells/ from these pieces of tissue.//

この細胞片から 細胞を育てようとしたのです

It's not an easy task.//

簡単なことではありません

Growing cells/ from a piece of tissue is a bit/ the same/ as growing very small children out/ from their family.//

細胞片から細胞を育てるのは とても小さな子供を 家族から離して育てるのと 少し似ています

So you need to find/ the right nutrients,/ the warmth,/ the humidity/ and all the nice environments to make them/ thrive.//

細胞が育つのに適した 栄養素、暖かさや 湿度、快適な環境を みつける必要があります

So/ that's exactly what we had to do/ with these cells.//

こうしたことを この細胞に対して行いました

And/ after many attempts,/ Jean-Francois did it.//

多くの試みのあと ジャン・フランソワが 成功したのです

And that's/ what he saw under his microscope.//

これは顕微鏡下で 彼が見たものです

And that was,/ for us,/ a major surprise.//

私たちにとって 大きな驚きでした

Why?//

なぜでしょうか?

Because this looks exactly the same/ as a stem cell culture,/ with large green cells/ surrounding small, immature cells.//

大きな緑の細胞が 小さな未熟細胞を囲んでいて 幹細胞培養と 全く同じに見えたからです

And you may remember from biology class/ that stem cells are immature cells,/ able to turn into any type of cell of the body.//

生物学の授業で 幹細胞は未熟細胞で 体のどんな細胞にも 変化できると習ったかもしれません

The adult brain has stem cells,/ but they're very rare/ and they're located/ in deep and small niches/ in the depths of the brain.//

成人の脳には幹細胞が ありますが 極めてまれで 脳の奥深くの 小さな領域にあって

So it was surprising/ to get this kind of stem cell culture/ from the superficial part of swollen brain/ we had in the operating theater.//

だから手術室で得た 腫れた脳の浅部から このような幹細胞に似た培養ができて 驚いたのです

And there was another intriguing observation:/ Regular stem cells are very active cells --/ cells/ that divide,/ divide,/ divide very quickly.//

他にも興味深い 観察結果があります 普通の幹細胞はとても活発で 分裂、分裂と非常に早く分裂します

And they never die,/ they're immortal cells.//

そして決して死なない 不死の細胞です

しかし この細胞の性質は 違いました

They divide slowly,/ and after a few weeks of culture,/ they even died.//

ゆっくり分裂し 培養の数週間後に 死にました

So/ we were in front of a strange new cell population/ that looked like stem cells/ but behaved differently.//

私たちは幹細胞に似てはいるが 生態の異なる 未知の細胞集団を 前にしていたのです

And it took us/ a long time/ to understand/ where they came from.//

その細胞の由来を理解するのに 時間が掛かりました

They come from these cells.//

それはこの細胞に 由来していました

These blue and red cells are called doublecortin-positive cells.//

この青と赤に染まった細胞は ダブルコーティン陽性細胞と呼ばれます

All of you have them/ in your brain.//

皆さんの脳内にも この細胞があります

They represent four percent of your cortical brain cells.//

脳細胞の皮質4%に相当します

They have a very important role/ during the development stage.//

発生段階にとても重要な役割を 担っているものです

When you were fetuses,/ they helped your brain/ to fold itself.//

胎児の時に 脳がひだを作る助けをしています

But why do they stay in your head?//

でも なぜ大人になっても 脳の中にあるのでしょう?

This,/ we don't know.//

これは分っていません

We think/ that they may participate in brain repair/ because we find them/ in higher concentration close/ to brain lesions.//

脳傷害部位の近くに 多く集中してみつかるので 脳の修復を 行っているのかもしれないと 私たちは考えています

But it's not so sure.//

でも 確かではありません

But there is one clear thing --/ that from these cells,/ we got our stem cell culture.//

しかし 一つ明らかなことは 私たちがこれらの細胞から 幹細胞培養を したということです

And we were in front of a potential new source of cells/ to repair the brain.//

私たちは脳を修復する 可能性のある新しい細胞源を 前にしていました

And we had to prove/ this.//

これを証明する必要がありました

So to prove it,/ we decided to design/ an experimental paradigm.//

だから証明するために 実験的パラダイムを 作ることにしました

The idea was to biopsy a piece of brain/ in a non-eloquent area of the brain,/ and then to culture the cells exactly/ the way/ Jean-Francois did it/ in his lab.//

脳の中で切り取っても 障害の残りにくい部分を使って ジャン・フランソワと 全く同じ方法で 細胞を培養するのです

And then label them,/ to put color/ in them/ in order to be able to track them/ in the brain.//

それらを標識して つまり色を付けて 脳の中で 追跡できるようにします

And the last step was to re-implant them/ in the same individual.//

最後に同じ個体に それを再移植します

We call these autologous grafts --/ autografts.//

私たちはこれを 自家移植と呼びます

So the first question/ we had,/ "What will happen/ if we re-implant these cells/ in a normal brain,/ and what will happen/ if we re-implant the same cells/ in a lesioned brain?"//

最初の疑問は 「この細胞を正常な脳に再移植した場合と 傷害のある脳に再移植した場合に 何が起こるのだろう?」 ということでした

Thanks/ to the help of professor Eric Rouiller,/ we worked with monkeys.//

エリック・ルリエ教授の 協力のおかげで サルで実験を行いました

So/ in the first-case scenario,/ we re-implanted the cells/ in the normal brain/ and what we saw is/ that they completely disappeared after a few weeks,/ as if they were taken from the brain,/ they go back/ home,/ the space is already busy,/ they are not needed there,/ so they disappear.//

最初の実験計画は 正常な脳に細胞を 再移植するもので 数週間後にそれらの細胞が 完全に消滅したのを目にしました まるでその脳から取り出され それから家に帰されたものの そこはすでに細胞で一杯なので 必要とされないから 消滅したかのようでした

In the second-case scenario,/ we performed the lesion,/ we re-implanted exactly the same cells,/ and in this case,/ the cells remained --/ and they became mature neurons.//

二番目の実験計画は 傷害のある脳に 全く同じ細胞を再移植しました この場合は細胞が残り 成熟神経細胞になりました

And that's the image of what we could observe under the microscope.//

これは私たちが顕微鏡下で 観察したものの画像です

Those are the cells/ that were re-implanted.//

これらは再移植した細胞です

And the proof/ they carry,/ these little spots,/ those are the cells/ that we've labeled in vitro,/ when they were in culture.//

証拠はこの小さな点です これは培養しているときに 試験管内で 標識した細胞です

But we could not stop here,/ of course.//

もちろんここで 止める訳にはいきません

Do these cells also help a monkey/ to recover after a lesion?//

この細胞は損傷後のサルの 回復に役立つのでしょうか?

So/ for that,/ we trained monkeys/ to perform a manual dexterity task.//

これを調べるために サルに 手先の器用さが必要な作業を教えました

They had to retrieve/ food pellets/ from a tray.//

エサの小粒を 箱から取り出すものです

They were very good/ at it.//

彼らはとても上手にできました

And when they had reached a plateau of performance,/ we did a lesion/ in the motor cortex/ corresponding to the hand motion.//

作業の進歩が頭打ちになったら 手の動きに対応する 運動皮質を損傷させました

So the monkeys were plegic,/ they could not move their hand anymore.//

これでサルは麻痺して もう 手を動かすことは できません

And exactly the same/ as humans would do,/ they spontaneously recovered to a certain extent,/ exactly the same/ as after a stroke.//

人間と全く同じように 彼らは自然に ある程度は回復しました 脳卒中の後とまったく同じです

Patients are completely plegic,/ and then/ they try to recover/ due/ to a brain plasticity mechanism,/ they recover to a certain extent,/ exactly the same/ for the monkey.//

患者は完全に麻痺した後 脳の可塑性という機構によって 回復を目指し ある程度までは回復します サルもまったく同じです

So/ when we were sure/ that the monkey had reached his plateau of spontaneous recovery,/ we implanted his own cells.//

だから私たちは サルの自然な回復が 頭打ちになったら 自己移植をすると 決めていました

So/ on the left side,/ you see the monkey/ that has spontaneously recovered.//

左側はサルが自然に 回復したときのものです

He's at about 40 to 50 percent of his previous performance/ before the lesion.//

損傷前の約40~50%の 動作です

He's not so accurate,/ not so quick.//

それほど正確でも 素早くもありません

And look now,/ when we re-impant the cells:/ Two months/ after re-implantation,/ the same individual.//

見てください 細胞を再移植したものです 再移植して2か月後の 同じサルです

(拍手)

It was also very exciting results/ for us,/ I tell you.//

私たちにとっても 大変心躍る結果でした

Since that time,/ we've understood much more/ about these cells.//

その後 私たちはこの細胞について より深く理解してきています

We know/ that we can cryopreserve them,/ we can use them later on.//

この細胞を冷凍保存して 後で使用できることが 分りました

We know/ that we can apply them/ in other neuropathological models,/ like Parkinson's disease,/ for example.//

例えばパーキンソン病のような 他の神経病理学的モデルに 適用できると分りました

But our dream is still to implant them/ in humans.//

しかし私たちの夢は ヒトにこれらを移植することです

And I really hope/ that I'll be able to show you soon/ that the human brain is giving us/ the tools/ to repair itself.//

ヒトの脳は自己修復の道具を 私たちに与えてくれたと 近いうちにお知らせできることを 心から願っています

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

Bruno Giussani:/ Jocelyne,/ this is amazing,/ and I'm sure/ that right now,/ there are several dozen people/ in the audience,/ possibly/ even a majority,/ who are thinking,/ "I know somebody/ who can use this."//

ブルーノ・ジュッサーニ:ジョスリン 素晴らしいです たった今 観衆の中の おそらく大多数が 「これを使える人がいる」 と考えているでしょう

I do,/ in any case.//

いずれにしても 私はそう考えています

And of course/ the question is,/ what are the biggest obstacles/ before you can go into human clinical trials?//

疑問なのですが ヒトへの臨床試験を行うための 最大の障害は何でしょうか?

Jocelyne Bloch:/ The biggest obstacles are regulations.// (Laughs)

ジョスリン・ブロック:最大の障害は法的規制です(笑)

So,/ from these exciting results,/ you need to fill out/ about two kilograms of papers and forms/ to be able to go through these kind of trials.//

こうした喜ばしい結果が出たら 臨床試験を行うために 約2kgの書類と申請書を 記入する必要があります

BG:/ Which is understandable,/ the brain is delicate,/ etc.//

ブルーノ:脳には細心の注意が必要なので 理解できます

JB:/ Yes, it is,/ but it takes a long time/ and a lot of patience/ and almost a professional team/ to do it,/ you know?//

ジョスリン:そうですが 時間が掛かり 根気がいるし だいたい 専門家チームが行うのです

BG:/ If you project yourself --/ having done the research/ and having tried to get permission to start the trials,/ if you project yourself out/ in time,/ how many years/ before somebody gets into a hospital/ and this therapy is available?//

ブルーノ:あなたの計画では すでに研究は完成したのですし 臨床試験開始の許可を得て 計画通りに進めば 病院でこの治療を 受けられるようになるまでに 何年掛かると お考えでしょうか?

JB:/ So,/ it's very difficult/ to say.//

ジョスリン:とても難しい質問ですね

It depends,/ first,/ on the approval of the trial.//

第一に臨床試験の 認可状況にもよります

Will the regulation allow us/ to do it soon?//

すぐに臨床試験ができる 認可が下りるでしょうか?

And then,/ you have to perform/ this kind of study/ in a small group of patients.//

認可後 この様な研究は 小さな患者グループに対して 臨床試験を 行わなくてはなりません

So it takes,/ already,/ a long time to select the patients,/ do the treatment/ and evaluate/ if it's useful/ to do this kind of treatment.//

ですから 治療を行う患者を選び こうした治療が 有益かどうかの評価をするのに 大変時間が掛かります

And then/ you have to deploy/ this/ to a multicentric trial.//

その後 複数の施設での 臨床試験に移る必要があります

You have to really prove first/ that it's useful/ before offering this treatment up/ for everybody.//

この治療法を一般化する前に まずはこれが有益だと きちんと証明する 必要があります

BG:/ And safe,/ of course.// JB:/ Of course.//

ブルーノ:もちろん安全性もですね ジョスリン:もちろんです

BG:/ Jocelyne,/ thank you/ for coming to TED/ and sharing this.//

ブルーノ:TEDでお話しいただき ありがとうございました

BG:/ Thank you.//

ジョスリン:ありがとうございました

(拍手)

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

stroke

(こぶし・武器・金づちなどの)『一打ち』,一撃,打告《+of+名》

《単数形で》(運の)巡り合わせ《+of+名》

《単数形で》(…の)ひと仕事,ひと働き;みごとな成果《+of+名》

(鐘・時計などの)『打つ音』《+of+名》

(時計などが打って示す)時刻

(繰り返される動作・運動の)『一動作』,一行程

(ペン・鉛筆・筆などの)ひと筆,ひとなで;筆の運び,筆致

卒中

(ゴルフ・テニスなどの)一打ち,ストローク

(心臓などの)一打ち,鼓動,脈搏

(ボートの)整調[手]

〈ボート〉‘の'整調をこぐ

《副詞[句]を伴って》〈ボール〉‘を'打つ

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

central nervous system

中枢神経系統

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

severe

(人・法律などが)『厳しい』,厳格な

(態度・表情が)厳粛な,いかめしい

(病気などが)『重い』,危険な

(様式・趣味などが)簡素な,じみな,飾りのない

(人の体に)厳しくこたえる,激しい

(試験などが)難しい,厳しい

handicap

『ハンディキャップ』(競技などで全員に優勝の機会を与えるため優者(劣者)につける不利(有利)な条件)

ハンディキャップつきの競技(競争)

(一般に)『不利の条件』

…‘を'不利な地位に置く

(競技などで)〈優者〉‘に'ハンディキャップをつける

probably

『たぶん』,『おそらく』

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

surgical

外科の;手術用の

《名詞の前にのみ用いて》(衣服などが)整形用の

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

stimulation

刺激,興奮;激励

implant

(心・人に)〈思想・感情など〉‘を'刻み込む,植え付ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(思想

・感情などを)〈心・人〉‘に'刻み込む,植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

(体に)〈組織・器具など〉‘を'はめ込む,移植する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

electrode

電極

depth

〈U〉〈C〉《通例単数形で》『深さ』;奥行き

〈U〉(知識・知性などの)『深遠さ』,深さ

〈U〉(声・音などの調子の)『低さ』;(色の)濃さ

〈C〉《複数形で》『奥まった場所』,奥地

〈C〉深い所,深み

〈U〉〈C〉《時に複数形で》最中

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

modulate

‘を'調節する,調整する

〈声など〉‘の'調子(強さ,速さ)を変える

〈ラジオなど〉‘の'周波数を変える

〈楽曲が〉(ある調子から他の調子へ)転調する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

circuit

『回ること』;一周,一巡

(牧師・裁判官・外交員などの定期的な)巡回

巡回する経路,巡回区域;(特に)巡回裁判区

(電気の)配線系統,回路

(映画館・劇場などの)チェーン,興行系統

(チーム・クラブ・競技場などの)連盟,リーグ

(土地・物などの)周囲,回り

境界線で囲まれた区域

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

destiny

『運命』,宿命;使命

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

tremor

(地面などの)震動,揺れ

(恐怖・興奮などによる体・手足の)震う,身震い

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

repair

…‘を'『修繕する』,修理する

…‘を'『償う』;…‘を'訂正する』

…‘を'回復する

修繕(修理)できる

『修繕』,『修理』,修繕作業

〈U〉手入れ(修理)の状態

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

chief

(組織・集団の)『長』;長官,局(部,課)長;(部族の)長

『最高位の』,長である

『最も重要な』,おもな(most important; main)

resident

『居住者』,居留民

(病院に住み込み実地の勉強をする)実習医

居住している,在住の;住み込みの

working day

=workday

emergency

『非常の場合』,緊急の場合

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

trauma

外傷

精神的外傷(心に永久的な傷を残すような衝撃)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

swell

〈物が〉『大きくなる』,ふくれる,はれる《+up》

〈帆などが〉『張り出る』,ふくらむ《+out》

〈数量・程度・力などが〉『増大する』,増える,強まる

〈川などが〉増水する,〈海が〉うねる,〈土地が〉高まる

《話》〈感情が〉高まる;(感情で)〈胸が〉いっぱいになる《+with+名》

…‘を'『ふくらます』,‘の'かさを大きくする

〈帆など〉‘を'『張り出させる』,ふくらませる《+out+名,+名+out》

…‘を'『増大させる』,増やす,強める

〈心・胸など〉‘を'いっぱいにする

〈U〉《時にa ~》ふくれる(増大する)こと;ふくれている状態

〈C〉土地の隆起部,なだらかな丘

〈U〉《単数形で》大波,うねり

〈C〉音の高まり,音量の増減

〈C〉《古》《話》名士;(特に)流行の服を着た人

《米話》すばらしい,すてきな

《古》《俗》いきな,しゃれた

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

decrease

…'を'『減らす』

『減る』,少なくなる

〈U〉〈C〉(…の)『減少』,縮小《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)減少量(額)《+『in』(『of』)+『名』》

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

instead

『その代りとして』,それよりも

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

brunet

ブルネットの男(茶色がかった皮膚と褐色の髪と目をもった男)(女性形 brunette)

ブルネットの,(目・髪が)茶色がかった

biologist

生物学者

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

warmth

(…に)『暖かさ』《+of+名》

熱心,熱意,興奮

心の暖かさ,温情

humidity

湿気,湿度

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

thrive

〈物事が〉『成功する』,栄える,繁栄する

〈人・動植物が〉『よく成長する』,健康である

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

microscope

『顕微鏡』

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

immature

(人・動物・果実などが)未[成]熟な,円熟(成熟)していない

おとなげない

biology

『生物学』

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

located

(…に)位置した,場所を構えた

niche

壁がん(像・花びんなどを置く壁のくぼみ)

(…に)ふさわしい場所(地位,仕事),適所《+『for』+『名』》

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

superficial

表面の(にある),表面的な

(考えなどが)浅薄な,皮相的な

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

immortal

『不死の』,永遠に生きる

永遠の名声を持つ,不滅の

不死の人

《the immortals》ギリシア・ローマの神々

不名の名声を持つ人

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

cortical

皮質から成る,皮質の,(特に)大脳皮質の

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

concentration

〈U〉(…への)(光線・注意などの)集中;(仕事などへの)専念,専心《+『on』+『名』》

〈C〉(人口などの)集中

〈U〉濃縮;〈液体の〉濃度

lesion

傷害,傷

(体の組織や機能の)障害

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

experimental

実験の,実験に基づく:

実験に使われる,実験用の

実験的な,試験的な

paradigm

範例,規範

語形変化表

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

lab

実験室(laboratory)

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

graft

(つぎ木の)つぎ穂;つぎ木

(皮被・内臓・骨などの)移植片

(木に)〈つぎ穂〉‘を'つぐ,(体に)〈移植片〉‘を'移植する《+『名』+『on』(『upon』,『in』,『into』)+『名』》

…‘を'結合させる《+『名』+『together』》

(…に)つぎ木する,移植する《+『on』(『upon』,『in』,『into』)+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

scenario

(映画の)シナリオ,台本

(小説・戯曲の)筋書き

completely

『完全に』,全く,十分に

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

mature

『成熟した』,十分に成長した,熟成した

おとなを思わせる,円熟した

熟慮した,吟味した

(請求書・手形などが)支払い期日が来た

成熟する;〈果実・ワインなどが〉熟す

〈手形などが〉支払い期日が来る

…‘を'償させる;…‘を'円熟させる

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

manual

手でする,手細工の

便覧,手引き,案内書

(オルガンの)けん盤

dexterity

(手先などの)器用さ,巧妙さ

(知的な)機敏さ,抜け目なさ

retrieve

(…から)…‘を'取り戻す,回収する《+『名』+『from』+『名』》

〈罪など〉‘を'償う,〈誤りなど〉‘を'訂正する

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'捜して持って来る

〈猟犬が〉獲物を持って来る

pellet

(指で丸めたような)小球;小粒

(空気銃の)小弾丸

丸薬,錠剤

tray

浅いへりのついた平たい容器,(料理などを運んだり盛ったりするための)『盆』,皿

(机上書類用の)整理箱

(また tearful)盆(皿)一杯[の量]

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

plateau

『高原』,台地

(発展の徒中の)段階

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

correspond

『一致する』,符合する,調和する;(…と)一致する《+『with』(『to』)+『名』》

(性質・機能などの点で)(…に)似ている,相当する《+『to』+『名』》

『文通する』,信通する;(…と)文通する《+『with』+『名』》

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

plasticity

可塑性;柔軟性;適応性

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

spontaneous

(行動などが)『自然に起こる』,自発的な

(現象などが)自然[発生]の;(植物などが)天然の,自生の

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

accurate

『正確な』,的確な,精密な

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

applause

『拍手かっさい』;称賛

exciting

(物事が)『興奮させる』

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

understandable

分かりやすい,理解できる

delicate

(形状・感触などが)『繊細な』,精巧な,きめの細かい

(におい・色などが)『柔らかい』,うすい

(ガラス器具などが)『壊れやすい』

(身体が)『か弱い』(frail),きゃしゃな

(門題などの取扱いが)『微妙な』,むずかしい

(技術などが)精密な,高度の;(形器などが)敏感な

(対人的に)神経の細かい

patience

(苦しみに耐える)『忍耐』,忍耐力,しんぼう

《英》=solitaire

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

permission

『許可』,承諾

hospital

『病院』

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

approval

(…に対する)『賛成』,是認《+『to』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

evaluate

…‘を'評価する,‘の'数量を見積る

deploy

〈部隊など〉‘を'配置する

(作戦的に)〈部隊などが〉配置につく

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

関連動画