TED日本語 - アン・モーガン: 世界中の国の本を1冊ずつ読んでいく私の1年

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アン・モーガンは多読家だと自認していましたが、それは自分の本棚にある「巨大な文化的盲点」を発見するまでのことでした。数多くの英米作家が並ぶ中、英語圏以外の作家の作品はごくわずかしかなかったのです。そこで彼女は野心的な目標を設定します。1年かけて、世界中の全ての国の本を1冊ずつ読むことにしたのです。現在彼女は、自国語びいきの人々に翻訳書を読むよう促していて、出版社が海外の傑作をもっと届けてくれるようになるのを願っています。彼女の読書の旅のインタラクティブ・マップをこちらでご覧いただけます。go.ted.com/readtheworld

Script

その人について 知りたければ 本棚を見ればよいと よく言います 私の本棚は 私について 何を語るのでしょう? 数年前にそう自問したとき 大変なことに 気づいてしまいました それまでずっと 自分は 結構教養のある 国際的視野を持つ人間だと 思っていました でも私の本棚が語っていたのは それとはかなり違いました そこにあった本の ほとんどは 英国か北米の 作家によるもので 翻訳書は ほとんど ありませんでした 自分のしている読書に この巨大な文化的盲点を発見して かなり衝撃を受けました

これは本当に 恥ずかしいことだと思いました 英語以外の言語を使う 作家による 素晴らしい本がたくさん あるはずなのは 分かっていて 自分の読書の仕方では それに出会えないんだと思うと とても残念に思いました それで 私が己に課したのは 国際的読書の集中コースです 2012年は英国にとって 国際的な年になるはずでした ロンドン・オリンピックの年ですから そこで私はこの年の間に 世界のあらゆる国で書かれた 小説とか短編集 自叙伝なんかを 読んでやろうと思ったんです そして実行しました すごくワクワクしました 驚くべき学びがあり 人との素晴らしい 繋がりができました それを今日 お話ししたいと思います

でもいざ実行となると ちょっとした問題にぶつかりました いろいろある 世界の国の一覧のうち 自分の計画には どれを使ったらいいか迷って 結局 国連が認めている 国のものにしました それに台湾を加え 全部で196か国になりました それから読書とブログ執筆の スケジュールを考えました 週あたり4冊の本を 週5日でこなしていくんです

そこで直面したのは 全ての国から英語の本を入手するのは そもそも不可能かもしれない という現実でした 英国で毎年出版される 文学作品のうち 翻訳書は約4.5%にすぎません この数字は 英語圏の多くの国で同様ですが それ以外の国の多くでは 翻訳書の割合が はるかに高いのです 4.5%という数字は すでに十分小さいのですが この数字からでは 気づきにくいことは それらの本の多くは それを英語圏の出版社に 売り込める 強力な出版ネットワークや 多くの業界人を擁する 国からのものだということです ですから例えば 英国では フランス語から翻訳された本が 毎年100冊以上 出版されていますが その大半は フランスや スイスといった国のものです 一方 フランス語圏 アフリカの国には ほとんど出版の 見込みがありません

結局は 英語で読める作品が ほとんど あるいは 全く出ていない国も 実際 非常に多いのです 世界最大の出版言語の 読者にとっては それらの国の本は 見えないも同然です でも 世界の本を読む計画で 一番難問だったのは どこから始めたらいいのか 見当も付かないことでした 生まれてこの方ずっと ほとんど英国と北米の本しか 読んでこなかったので どうやって世界の他の地域から 情報を集め 本を探し 選んだらいいのか 私には全く分かりませんでした スワジランドの物語の 情報を得る方法も ナミビアの優れた小説のことも 知りませんでした 隠しようもありません 私は何も知らない 外国文学嫌いだったんです では一体どうすれば 世界中の本を読めるのでしょう?

助けを求める 必要がありました それで2011年10月に ブログを始めました 「世界を読む1年」です (ayearofreadingtheworld.com) そして短いお願い文を 投稿しました 自己紹介をし 自分の読書の幅が いかに狭かったかを説明し 気にかけてくれる人たちに 世界の他地域の本の どれを読んだらいいか 意見をお願いしました 興味を持ってくれる人なんているのか 全く分かりませんでしたが お願いを投稿して 数時間もしないうちに 連絡が届き始めました 最初は友達や仕事仲間からで それから友達の友達 そのうち見知らぬ人からも 来るようになりました

お願い文を載せた4日後 クアラルンプールのラフィダという女性から メッセージを受け取りました 彼女は私の計画に 好印象を抱いたと言い 英語の本を扱う 地元の本屋に行って マレーシアの本を選んで 送りましょうか?と言うのです 私は諸手を挙げて歓迎しました 数週間後 小包が届き 中には1冊ではなく 2冊の本が入っていました ラフィダが選んでくれた マレーシアの本と それにもう1冊は シンガポールの本です その時 私は 1万キロ以上離れた所の 見知らぬ人が 一生会うこともないだろう 人間のために そこまでしてくれたことに 驚きました

でもラフィダのような親切を その1年 繰り返し経験することになりました 何度も何度も 人々が私を助けようと 余分な手間をかけてくれたんです 私の代わりに 調べてくれた人や 休日や出張のついでに 回り道して 本屋に行ってくれた 人もいました もし世界中の本を 読みたければ 心を開いて 出会うことを望むなら 世界中が 手助けしてくれるんです 英語になっている作品が ほとんど あるいは全く 手に入らないような国では 人々は さらに親切でした

しばしば意外なところが 本の出どころになりました 例えば パナマの本は 私がパナマ運河と Twitterで交わした会話から 得られました ええ パナマ運河にも Twitterアカウントがあるんです 私が自分の計画について ツイートしたとき パナマ運河は パナマ作家 ファン・ダヴィ・モルガンの作品なら 気に入るかもしれないと 提案してくれました モルガンのウェブサイトを見つけて メッセージを送り 彼のスペイン語の小説で 英訳されたものがないか 尋ねました すると彼は 出版されたものはないけれど 小説 『黄金の馬』 の 未刊行の翻訳なら あると言いました 彼はそれを私にメールして 私を 英語でその本を読む 最初の人間にしてくれたんです

このような形で 作品を紹介してくれた文筆家は モルガンだけでは ありませんでした スウェーデンからパラオに至るまで 作家や翻訳者の人たちが 自費出版の本や 未出版の原稿を 送ってくれました それは英語主体の出版社では 取り上げられなかったり もう絶版になっていた本で 素晴らしい想像の世界を 垣間見る特権を私に与えてくれました 例えば私は 19世紀にポルトガルに抵抗した ングングニャーネという 南アフリカの王について 読みました トルクメニスタンのカスピ海沿岸にある 僻地の村における 結婚の風習についても 読みました ブリジット・ジョーンズの クウェート版にも出会いました

(笑)

それからアンゴラの 樹上での乱痴気騒ぎについても読みました

でも 私が世界中の 本を読むのを手伝おうと 人々が骨折ってくれた 最も驚くべき例は 旅路の終盤に やってきました サントメ・プリンシペという ポルトガル語圏アフリカの 小さな島国の本を 入手しようと試みたときです この国の英訳された作品を見つけようと 思いつく限りの方法を 試みること数か月 残された唯一の方法は 私のために一から訳してくれる 人がいないか探すことのようでした そこまで時間をかけて 手伝ってくれる人が いようとは とても思えませんでした でもTwitterとFacebookで ポルトガル語のできる人を募ったら 1週間のうちに必要以上の 人が集まったんです その中には この分野の第一人者 マーガレット・ジュル・コスタもいました ノーベル賞作家 ジョゼ・サラマーゴの 作品を翻訳している人です 9人のボランティアと一緒に インターネットで 十分な部数を購入できる サントメ人作家の本を なんとか見つけました これが その1冊です 私はその本を 各ボランティアに配りました 各人がこの本の短編を 2篇ずつ担当し 約束通り できた翻訳を 送ってくれました 6週間もせず 私は 本を丸1冊手にしていました

世界の本を読む1年で たびたび発見したことですが ここでも 私の無知と 自分の限界を明け透けにすることが 大きな機会につながりました サントペ・プリンシペの件で言えば それは新しいことを学び 新しい物語のコレクションを 発見する機会だっただけでなく 一群の人々を集め 共同での創造的挑戦へと向かう 機会でもありました 私の弱点が このプロジェクトでは 強みになったのです

この年に読んだ本は 多くの点で目を開かせてくれました 読書を楽しむ人なら 知っているように 本には 私たちを 自分の外に引っ張り出して 他人の心の中に投げ込む 素晴らしい力があります それによって 束の間かもしれませんが 違った視点で 世界を見ることができます それは居心地が 悪い場合もあります とくにその本が 自分とは大きく異なる 価値観を持つ文化の ものの場合には でも そこには大きな 学びの可能性があります 馴染みのない考えと格闘することで 自分の考えが明確になります そしてまた 世界を見る上での 盲点が露わにもなります

私が共に育ってきた 英語作品の多くを 思い返すと 世界が提供する豊かさと比べ なんと幅の狭いものだったかと 気付きました そしてページを繰るうち 起こり始めたことが 他にもあります 少しずつですが 年の初めに用意した あの国名の長いリストが 無味乾燥で事務的な 地名の登録簿から 生き生きと息づく 実体へと変わったのです

もちろん 私は単に 1冊本を読んだだけで その国の全体像を知ることが可能だと 言おうとしているのではありません でも あの年読んだ物語が 積み重なって この素晴らしい惑星の 豊かさや多様性 複雑性に かつてなく 敏感にさせてくれたんです それはまるで 世界の数々の物語と 私がそれを読めるよう 骨折ってくれた人たちが 私にとっての世界を よりリアルなものにしてくれたかのようです 近頃では 自分の本棚を見たり 電子ブックに入っている 作品のことを考えると それが別の物語を 語っているのを感じます それは政治的、地理的、文化的、社会的、宗教的な違いを越えて 本が私たちを結び付ける力 についての物語です 人間が協同することの 可能性についての物語です

そしてそれは 私たちが生きる時代の 素晴らしさの証言です インターネットのおかげで 知らない者同士が 地球の反対側にいて 決して会うことはなくとも 物語や世界観や本といったものを 簡単に分かち合える時代です このような物語を これから先も ずっと読んでいきたいものです そしてより多くの人が 加わってくれたらと思います もし私たち皆が もっと幅広く本を読んだら 出版社は もっと翻訳出版しようと 考えるようになり それによって 皆 もっと豊かになれるでしょう

ありがとう

(拍手)

It's often said that you can tell a lot about a person by looking at what's on their bookshelves. What do my bookshelves say about me? Well, when I asked myself this question a few years ago, I made an alarming discovery. I'd always thought of myself as a fairly cultured, cosmopolitan sort of person. But my bookshelves told a rather different story. Pretty much all the titles on them were by British or North American authors, and there was almost nothing in translation. Discovering this massive, cultural blind spot in my reading came as quite a shock.

And when I thought about it, it seemed like a real shame. I knew there had to be lots of amazing stories out there by writers working in languages other than English. And it seemed really sad to think that my reading habits meant I would probably never encounter them. So, I decided to prescribe myself an intensive course of global reading. 2012 was set to be a very international year for the UK; it was the year of the London Olympics. And so I decided to use it as my time frame to try to read a novel, short story collection or memoir from every country in the world. And so I did. And it was very exciting and I learned some remarkable things and made some wonderful connections that I want to share with you today.

But it started with some practical problems. After I'd worked out which of the many different lists of countries in the world to use for my project, I ended up going with the list of UN-recognized nations, to which I added Taiwan, which gave me a total of 196 countries. And after I'd worked out how to fit reading and blogging about, roughly,four books a week around working five days a week,

I then had to face up to the fact that I might even not be able to get books in English from every country. Only around 4.5 percent of the literary works published each year in the UK are translations, and the figures are similar for much of the English-speaking world. Although, the proportion of translated books published in many other countries is a lot higher. 4.5 percent is tiny enough to start with, but what that figure doesn't tell you is that many of those books will come from countries with strong publishing networks and lots of industry professionals primed to go out and sell those titles to English-language publishers. So, for example, although well over 100 books are translated from French and published in the UK each year, most of them will come from countries like France or Switzerland. French-speaking Africa, on the other hand, will rarely ever get a look-in.

The upshot is that there are actually quite a lot of nations that may have little or even no commercially available literature in English. Their books remain invisible to readers of the world's most published language. But when it came to reading the world, the biggest challenge of all for me was that fact that I didn't know where to start. Having spent my life reading almost exclusively British and North American books, I had no idea how to go about sourcing and finding stories and choosing them from much of the rest of the world. I couldn't tell you how to source a story from Swaziland. I wouldn't know a good novel from Namibia. There was no hiding it -- I was a clueless literary xenophobe. So how on earth was I going to read the world?

I was going to have to ask for help. So in October 2011, I registered my blog, ayearofreadingtheworld.com, and I posted a short appeal online. I explained who I was, how narrow my reading had been, and I asked anyone who cared to to leave a message suggesting what I might read from other parts of the planet. Now, I had no idea whether anyone would be interested, but within a few hours of me posting that appeal online, people started to get in touch. At first, it was friends and colleagues. Then it was friends of friends. And pretty soon, it was strangers.

Four days after I put that appeal online, I got a message from a woman called Rafidah in Kuala Lumpur. She said she loved the sound of my project, could she go to her local English-language bookshop and choose my Malaysian book and post it to me? I accepted enthusiastically, and a few weeks later, a package arrived containing not one, but two books -- Rafidah's choice from Malaysia, and a book from Singapore that she had also picked out for me. Now, at the time, I was amazed that a stranger more than 6,000 miles away would go to such lengths to help someone she would probably never meet.

But Rafidah's kindness proved to be the pattern for that year. Time and again, people went out of their way to help me. Some took on research on my behalf, and others made detours on holidays and business trips to go to bookshops for me. It turns out, if you want to read the world, if you want to encounter it with an open mind, the world will help you. When it came to countries with little or no commercially available literature in English, people went further still.

Books often came from surprising sources. My Panamanian read, for example, came through a conversation I had with the Panama Canal on Twitter. Yes, the Panama Canal has a Twitter account. And when I tweeted at it about my project, it suggested that I might like to try and get hold of the work of the Panamanian author Juan David Morgan. I found Morgan's website and I sent him a message, asking if any of his Spanish-language novels had been translated into English. And he said that nothing had been published, but he did have an unpublished translation of his novel "The Golden Horse." He emailed this to me, allowing me to become one of the first people ever to read that book in English.

Morgan was by no means the only wordsmith to share his work with me in this way. From Sweden to Palau, writers and translators sent me self-published books and unpublished manuscripts of books that hadn't been picked up by Anglophone publishers or that were no longer available, giving me privileged glimpses of some remarkable imaginary worlds. I read, for example, about the Southern African king Ngungunhane, who led the resistance against the Portuguese in the 19th century; and about marriage rituals in a remote village on the shores of the Caspian sea in Turkmenistan. I met Kuwait's answer to Bridget Jones.

(Laughter)

And I read about an orgy in a tree in Angola.

But perhaps the most amazing example of the lengths that people were prepared to go to to help me read the world, came towards the end of my quest, when I tried to get hold of a book from the tiny, Portuguese-speaking African island nation of Sao Tome and Principe. Now, having spent several months trying everything I could think of to find a book that had been translated into English from the nation, it seemed as though the only option left to me was to see if I could get something translated for me from scratch. Now, I was really dubious whether anyone was going to want to help with this, and give up their time for something like that. But, within a week of me putting a call out on Twitter and Facebook for Portuguese speakers, I had more people than I could involve in the project, including Margaret Jull Costa, a leader in her field, who has translated the work of Nobel Prize winner Jose Saramago. With my nine volunteers in place, I managed to find a book by a Sao Tomean author that I could buy enough copies of online. Here's one of them. And I sent a copy out to each of my volunteers. They all took on a couple of short stories from this collection, stuck to their word, sent their translations back to me, and within six weeks, I had the entire book to read.

In that case, as I found so often during my year of reading the world, my not knowing and being open about my limitations had become a big opportunity. When it came to Sao Tome and Principe, it was a chance not only to learn something new and discover a new collection of stories, but also to bring together a group of people and facilitate a joint creative endeavor. My weakness had become the project's strength.

The books I read that year opened my eyes to many things. As those who enjoy reading will know, books have an extraordinary power to take you out of yourself and into someone else's mindset, so that, for a while at least, you look at the world through different eyes. That can be an uncomfortable experience, particularly if you're reading a book from a culture that may have quite different values to your own. But it can also be really enlightening. Wrestling with unfamiliar ideas can help clarify your own thinking. And it can also show up blind spots in the way you might have been looking at the world.

When I looked back at much of the English-language literature I'd grown up with, for example, I began to see how narrow a lot of it was, compared to the richness that the world has to offer. And as the pages turned, something else started to happen, too. Little by little, that long list of countries that I'd started the year with, changed from a rather dry, academic register of place names into living, breathing entities.

Now, I don't want to suggest that it's at all possible to get a rounded picture of a country simply by reading one book. But cumulatively, the stories I read that year made me more alive than ever before to the richness, diversity and complexity of our remarkable planet. It was as though the world's stories and the people who'd gone to such lengths to help me read them had made it real to me. These days, when I look at my bookshelves or consider the works on my e-reader, they tell a rather different story. It's the story of the power books have to connect us across political, geographical, cultural, social, religious divides. It's the tale of the potential human beings have to work together.

And, it's testament to the extraordinary times we live in, where, thanks to the Internet, it's easier than ever before for a stranger to share a story, a worldview, a book with someone she may never meet, on the other side of the planet. I hope it's a story I'm reading for many years to come. And I hope many more people will join me. If we all read more widely, there'd be more incentive for publishers to translate more books, and we would all be richer for that.

Thank you.

(Applause)

It's often said/ that you can tell a lot/ about a person/ by looking at what's on their bookshelves.//

その人について 知りたければ 本棚を見ればよいと よく言います

What do my bookshelves say about me?//

私の本棚は 私について 何を語るのでしょう?

Well,/ when I asked myself/ this question/ a few years ago,/ I made an alarming discovery.//

数年前にそう自問したとき 大変なことに 気づいてしまいました

I'd always thought of myself/ as a fairly cultured, cosmopolitan sort of person.//

それまでずっと 自分は 結構教養のある 国際的視野を持つ人間だと 思っていました

But my bookshelves told a rather different story.//

でも私の本棚が語っていたのは それとはかなり違いました

Pretty/ much all the titles/ on them were by British or North American authors,/ and there was almost nothing/ in translation.//

そこにあった本の ほとんどは 英国か北米の 作家によるもので 翻訳書は ほとんど ありませんでした

自分のしている読書に この巨大な文化的盲点を発見して かなり衝撃を受けました

And when I thought about it,/ it seemed like a real shame.//

これは本当に 恥ずかしいことだと思いました

I knew/ there had to be lots of amazing stories out there/ by writers/ working in languages other/ than English.//

英語以外の言語を使う 作家による 素晴らしい本がたくさん あるはずなのは 分かっていて

And it seemed really sad/ to think that/ my reading habits meant I would probably never encounter them.//

自分の読書の仕方では それに出会えないんだと思うと とても残念に思いました

So,/ I decided to prescribe/ myself/ an intensive course of global reading.//

それで 私が己に課したのは 国際的読書の集中コースです

2012 was set to be a very international year/ for the UK;/ it was the year of the London Olympics.//

2012年は英国にとって 国際的な年になるはずでした ロンドン・オリンピックの年ですから

And so/ I decided to use/ it/ as my time frame/ to try to read/ a novel, short story collection or memoir/ from every country/ in the world.//

そこで私はこの年の間に 世界のあらゆる国で書かれた 小説とか短編集 自叙伝なんかを 読んでやろうと思ったんです

And so/ I did.//

そして実行しました

And it was very exciting/ and I learned some remarkable things/ and made some wonderful connections/ that I want to share/ with you today.//

すごくワクワクしました 驚くべき学びがあり 人との素晴らしい 繋がりができました それを今日 お話ししたいと思います

But it started with some practical problems.//

でもいざ実行となると ちょっとした問題にぶつかりました

After I'd worked out/ which of the many different lists of countries/ in the world/ to use for my project,/ I ended up/ going with the list of UN-recognized nations,/ to/ which I added Taiwan,/ which gave me/ a total of 196 countries.//

いろいろある 世界の国の一覧のうち 自分の計画には どれを使ったらいいか迷って 結局 国連が認めている 国のものにしました それに台湾を加え 全部で196か国になりました

And/ after I'd worked out/ how to fit reading and blogging/ about,/ roughly,/four books/ a week/ around working five days/ a week,/ I then had to face/ up/ to the fact/ that I might even not be able to get books/ in English/ from every country.//

それから読書とブログ執筆の スケジュールを考えました 週あたり4冊の本を 週5日でこなしていくんです そこで直面したのは 全ての国から英語の本を入手するのは そもそも不可能かもしれない という現実でした

Only around 4.5 percent of the literary works published each year/ in the UK are translations,/ and the figures are similar/ for much of the English-speaking world.//

英国で毎年出版される 文学作品のうち 翻訳書は約4.5%にすぎません この数字は 英語圏の多くの国で同様ですが

Although,/ the proportion of translated books published in many other countries is a lot/ higher.//

それ以外の国の多くでは 翻訳書の割合が はるかに高いのです

4.5 percent is tiny enough/ to start with,/ but what that figure doesn't tell/ you is/ that many of those books will come from countries/ with strong publishing networks/ and lots of industry professionals primed to go out/ and sell those titles/ to English-language publishers.//

4.5%という数字は すでに十分小さいのですが この数字からでは 気づきにくいことは それらの本の多くは それを英語圏の出版社に 売り込める 強力な出版ネットワークや 多くの業界人を擁する 国からのものだということです

So,/ for example,/ although well over 100 books are translated from French/ and published in the UK/ each year,/ most of them will come from countries/ like France or Switzerland.//

ですから例えば 英国では フランス語から翻訳された本が 毎年100冊以上 出版されていますが その大半は フランスや スイスといった国のものです

French-speaking Africa,/ on the other hand,/ will rarely ever get a look-in.//

一方 フランス語圏 アフリカの国には ほとんど出版の 見込みがありません

The upshot is/ that there are actually quite a lot of nations/ that may have little or even/ no commercially available literature/ in English.//

結局は 英語で読める作品が ほとんど あるいは 全く出ていない国も 実際 非常に多いのです

Their books remain invisible/ to readers of the world's most published/ language.//

世界最大の出版言語の 読者にとっては それらの国の本は 見えないも同然です

But when it came to reading the world,/ the biggest challenge of all/ for me was/ that fact/ that I didn't know/ where to start.//

でも 世界の本を読む計画で 一番難問だったのは どこから始めたらいいのか 見当も付かないことでした

Having spent my life reading/ almost exclusively British and North American books,/ I had no idea/ how to go about sourcing and finding/ stories/ and choosing them/ from much of the rest of the world.//

生まれてこの方ずっと ほとんど英国と北米の本しか 読んでこなかったので どうやって世界の他の地域から 情報を集め 本を探し 選んだらいいのか 私には全く分かりませんでした

I couldn't tell you/ how to source a story/ from Swaziland.//

スワジランドの物語の 情報を得る方法も

I wouldn't know a good novel/ from Namibia.//

ナミビアの優れた小説のことも 知りませんでした

There was no hiding/ it --/ I was a clueless literary xenophobe.//

隠しようもありません 私は何も知らない 外国文学嫌いだったんです

So/ how on earth was I going to read/ the world?//

では一体どうすれば 世界中の本を読めるのでしょう?

I was going to have to ask/ for help.//

助けを求める 必要がありました

So/ in October 2011,/ I registered my blog,/ ayearofreadingtheworld.com,/ and I posted a short appeal online.//

それで2011年10月に ブログを始めました 「世界を読む1年」です (ayearofreadingtheworld.com) そして短いお願い文を 投稿しました

I explained/ who I was,/ how narrow/ my reading had been,/ and I asked anyone/ who cared to to leave/ a message/ suggesting/ what I might read from other parts of the planet.//

自己紹介をし 自分の読書の幅が いかに狭かったかを説明し 気にかけてくれる人たちに 世界の他地域の本の どれを読んだらいいか 意見をお願いしました

Now,/ I had no idea/ whether anyone would be interested,/ but within a few hours of me/ posting/ that appeal online,/ people started to get/ in touch.//

興味を持ってくれる人なんているのか 全く分かりませんでしたが お願いを投稿して 数時間もしないうちに 連絡が届き始めました

At first,/ it was friends and colleagues.//

最初は友達や仕事仲間からで

Then/ it was friends of friends.//

それから友達の友達

And pretty soon,/ it was strangers.//

そのうち見知らぬ人からも 来るようになりました

Four days/ after I put that appeal online,/ I got a message/ from a woman called Rafidah/ in Kuala Lumpur.//

お願い文を載せた4日後 クアラルンプールのラフィダという女性から メッセージを受け取りました

She said/ she loved the sound of my project,/ could she go to her local English-language bookshop/ and choose my Malaysian book/ and post it/ to me?//

彼女は私の計画に 好印象を抱いたと言い 英語の本を扱う 地元の本屋に行って マレーシアの本を選んで 送りましょうか?と言うのです

I accepted enthusiastically,/ and a few weeks later,/ a package arrived containing not one,/ but two books --/ Rafidah's choice/ from Malaysia,/ and a book/ from Singapore/ that she had also picked out/ for me.//

私は諸手を挙げて歓迎しました 数週間後 小包が届き 中には1冊ではなく 2冊の本が入っていました ラフィダが選んでくれた マレーシアの本と それにもう1冊は シンガポールの本です

Now,/ at the time,/ I was amazed/ that a stranger/ more than 6,000 miles away would go to such lengths/ to help someone/ she would probably never meet.//

その時 私は 1万キロ以上離れた所の 見知らぬ人が 一生会うこともないだろう 人間のために そこまでしてくれたことに 驚きました

But Rafidah's kindness proved to be the pattern/ for that year.//

でもラフィダのような親切を その1年 繰り返し経験することになりました

Time/ and again,/ people went out of their way/ to help me.//

何度も何度も 人々が私を助けようと 余分な手間をかけてくれたんです

Some took on research/ on my behalf,/ and others made detours/ on holidays/ and business trips/ to go to bookshops/ for me.//

私の代わりに 調べてくれた人や 休日や出張のついでに 回り道して 本屋に行ってくれた 人もいました

It turns out,/ if you want to read/ the world,/ if you want to encounter/ it/ with an open mind,/ the world will help you.//

もし世界中の本を 読みたければ 心を開いて 出会うことを望むなら 世界中が 手助けしてくれるんです

When it came to countries/ with little or no commercially available literature/ in English,/ people went further still.//

英語になっている作品が ほとんど あるいは全く 手に入らないような国では 人々は さらに親切でした

Books often came from surprising sources.//

しばしば意外なところが 本の出どころになりました

My Panamanian read,/ for example,/ came through a conversation/ I had with the Panama Canal/ on Twitter.//

例えば パナマの本は 私がパナマ運河と Twitterで交わした会話から 得られました

Yes, the Panama Canal has a Twitter account.//

ええ パナマ運河にも Twitterアカウントがあるんです

And when I tweeted at it/ about my project,/ it suggested/ that I might like to try and get hold of the work of the Panamanian author Juan David Morgan.//

私が自分の計画について ツイートしたとき パナマ運河は パナマ作家 ファン・ダヴィ・モルガンの作品なら 気に入るかもしれないと 提案してくれました

I found Morgan's website/ and I sent him/ a message,/ asking/ if any of his Spanish-language novels had been translated into English.//

モルガンのウェブサイトを見つけて メッセージを送り 彼のスペイン語の小説で 英訳されたものがないか 尋ねました

And he said/ that nothing had been published,/ but he did have an unpublished translation of his novel "The Golden Horse."//

すると彼は 出版されたものはないけれど 小説 『黄金の馬』 の 未刊行の翻訳なら あると言いました

He emailed this/ to me,/ allowing me to become one of the first people ever to read that book/ in English.//

彼はそれを私にメールして 私を 英語でその本を読む 最初の人間にしてくれたんです

Morgan was by no means the only wordsmith/ to share his work/ with me/ in this way.//

このような形で 作品を紹介してくれた文筆家は モルガンだけでは ありませんでした

From Sweden/ to Palau,/ writers and translators sent me/ self-published books/ and unpublished manuscripts of books/ that hadn't been picked up/ by Anglophone publishers/ or that were no longer available,/ giving me privileged glimpses of some remarkable imaginary worlds.//

スウェーデンからパラオに至るまで 作家や翻訳者の人たちが 自費出版の本や 未出版の原稿を 送ってくれました それは英語主体の出版社では 取り上げられなかったり もう絶版になっていた本で 素晴らしい想像の世界を 垣間見る特権を私に与えてくれました

I read,/ for example,/ about the Southern African king Ngungunhane,/ who led the resistance/ against the Portuguese/ in the 19th century;/ and about marriage rituals/ in a remote village/ on the shores of the Caspian sea/ in Turkmenistan.//

例えば私は 19世紀にポルトガルに抵抗した ングングニャーネという 南アフリカの王について 読みました トルクメニスタンのカスピ海沿岸にある 僻地の村における 結婚の風習についても 読みました

I met Kuwait's answer/ to Bridget Jones.//

ブリジット・ジョーンズの クウェート版にも出会いました

(笑)

And I read about an orgy/ in a tree/ in Angola.//

それからアンゴラの 樹上での乱痴気騒ぎについても読みました

But perhaps/ the most amazing example of the lengths/ that people were prepared to go to to help me read the world,/ came towards the end of my quest,/ when I tried to get/ hold of a book/ from the tiny, Portuguese-speaking African island nation of Sao Tome and Principe.//

でも 私が世界中の 本を読むのを手伝おうと 人々が骨折ってくれた 最も驚くべき例は 旅路の終盤に やってきました サントメ・プリンシペという ポルトガル語圏アフリカの 小さな島国の本を 入手しようと試みたときです

Now,/ having spent several months/ trying everything/ I could think of to find a book/ that had been translated into English/ from the nation,/ it seemed/ as though the only option left to me was to see/ if I could get something translated for me/ from scratch.//

この国の英訳された作品を見つけようと 思いつく限りの方法を 試みること数か月 残された唯一の方法は 私のために一から訳してくれる 人がいないか探すことのようでした

Now,/ I was really dubious/ whether anyone was going to want to help/ with this,/ and give up/ their time/ for something/ like that.//

そこまで時間をかけて 手伝ってくれる人が いようとは とても思えませんでした

But,/ within a week of me/ putting a call out/ on Twitter and Facebook/ for Portuguese speakers,/ I had more people/ than I could involve in the project,/ including/ Margaret Jull Costa,/ a leader/ in her field,/ who has translated the work of Nobel Prize winner Jose Saramago.//

でもTwitterとFacebookで ポルトガル語のできる人を募ったら 1週間のうちに必要以上の 人が集まったんです その中には この分野の第一人者 マーガレット・ジュル・コスタもいました ノーベル賞作家 ジョゼ・サラマーゴの 作品を翻訳している人です

With my nine volunteers/ in place,/ I managed to find/ a book/ by a Sao Tomean author/ that I could buy enough copies of online.//

9人のボランティアと一緒に インターネットで 十分な部数を購入できる サントメ人作家の本を なんとか見つけました

Here's one of them.//

これが その1冊です

And I sent a copy out/ to each of my volunteers.//

私はその本を 各ボランティアに配りました

They/ all took on a couple of short stories/ from this collection,/ stuck to their word,/ sent their translations back/ to me,/ and within six weeks,/ I had the entire book/ to read.//

各人がこの本の短編を 2篇ずつ担当し 約束通り できた翻訳を 送ってくれました 6週間もせず 私は 本を丸1冊手にしていました

In that case,/ as I found so often/ during my year of reading the world,/ my not knowing and being open/ about my limitations had become a big opportunity.//

世界の本を読む1年で たびたび発見したことですが ここでも 私の無知と 自分の限界を明け透けにすることが 大きな機会につながりました

When it came to Sao Tome and Principe,/ it was a chance not only/ to learn something new/ and discover a new collection of stories,/ but also to bring together/ a group of people/ and facilitate a joint creative endeavor.//

サントペ・プリンシペの件で言えば それは新しいことを学び 新しい物語のコレクションを 発見する機会だっただけでなく 一群の人々を集め 共同での創造的挑戦へと向かう 機会でもありました

My weakness had become the project's strength.//

私の弱点が このプロジェクトでは 強みになったのです

The books/ I read/ that year opened my eyes/ to many things.//

この年に読んだ本は 多くの点で目を開かせてくれました

As those/ who enjoy/ reading will know,/ books have an extraordinary power/ to take you/ out of yourself/ and/ into someone else's mindset,/ so that,/ for a while at least,/ you look at the world/ through different eyes.//

読書を楽しむ人なら 知っているように 本には 私たちを 自分の外に引っ張り出して 他人の心の中に投げ込む 素晴らしい力があります それによって 束の間かもしれませんが 違った視点で 世界を見ることができます

That can be an uncomfortable experience,/ particularly/ if you're reading/ a book/ from a culture/ that may have quite different values/ to your own.//

それは居心地が 悪い場合もあります とくにその本が 自分とは大きく異なる 価値観を持つ文化の ものの場合には

But it can also be really enlightening.//

でも そこには大きな 学びの可能性があります

馴染みのない考えと格闘することで 自分の考えが明確になります

And it can also show up/ blind spots/ in the way/ you might have been looking at the world.//

そしてまた 世界を見る上での 盲点が露わにもなります

When I looked back/ at much of the English-language literature/ I'd grown up/ with,/ for example,/ I began to see/ how narrow/ a lot of it was,/ compared to the richness/ that the world has to offer.//

私が共に育ってきた 英語作品の多くを 思い返すと 世界が提供する豊かさと比べ なんと幅の狭いものだったかと 気付きました

And/ as the pages turned,/ something else started to happen, too.//

そしてページを繰るうち 起こり始めたことが 他にもあります

Little/ by little,/ that long list of countries/ that I'd started the year with,/ changed from a rather dry, academic register of place names/ into living,/ breathing entities.//

少しずつですが 年の初めに用意した あの国名の長いリストが 無味乾燥で事務的な 地名の登録簿から 生き生きと息づく 実体へと変わったのです

Now,/ I don't want to suggest/ that it's at all possible/ to get a rounded picture of a country simply/ by reading one book.//

もちろん 私は単に 1冊本を読んだだけで その国の全体像を知ることが可能だと 言おうとしているのではありません

But cumulatively,/ the stories/ I read/ that year made me more alive/ than ever/ before/ to the richness, diversity and complexity of our remarkable planet.//

でも あの年読んだ物語が 積み重なって この素晴らしい惑星の 豊かさや多様性 複雑性に かつてなく 敏感にさせてくれたんです

It was/ as though the world's stories/ and the people/ who'd gone to such lengths/ to help me read them had made it real/ to me.//

それはまるで 世界の数々の物語と 私がそれを読めるよう 骨折ってくれた人たちが 私にとっての世界を よりリアルなものにしてくれたかのようです

These days,/ when I look at my bookshelves/ or consider the works/ on my e-reader,/ they tell a rather different story.//

近頃では 自分の本棚を見たり 電子ブックに入っている 作品のことを考えると それが別の物語を 語っているのを感じます

It's the story of the power books have to connect/ us/ across political, geographical, cultural, social, religious divides.//

それは政治的、地理的、文化的、社会的、宗教的な違いを越えて 本が私たちを結び付ける力 についての物語です

It's the tale of the potential human beings have to work/ together.//

人間が協同することの 可能性についての物語です

And,/ it's testament/ to the extraordinary times/ we live in,/ where,/ thanks/ to the Internet,/ it's easier/ than ever/ before for a stranger/ to share a story,/ a worldview,/ a book/ with someone/ she may never meet,/ on the other side of the planet.//

そしてそれは 私たちが生きる時代の 素晴らしさの証言です インターネットのおかげで 知らない者同士が 地球の反対側にいて 決して会うことはなくとも 物語や世界観や本といったものを 簡単に分かち合える時代です

I hope/ it's a story/ I'm reading/ for many years/ to come.//

このような物語を これから先も ずっと読んでいきたいものです

And I hope/ many more people will join me.//

そしてより多くの人が 加わってくれたらと思います

If we/ all read more widely,/ there'd be more incentive/ for publishers/ to translate more books,/ and we would all be richer/ for that.//

もし私たち皆が もっと幅広く本を読んだら 出版社は もっと翻訳出版しようと 考えるようになり それによって 皆 もっと豊かになれるでしょう

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

alarming

人を驚かせる;急を告げる

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

cosmopolitan

いろいろな国の人で構成された,国際的な

(物の考え方・関心が)世界的な,世界中のことをよく知っている

(動植物が)広布種の

(視野や関心の広い)国際人,世界人

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

North American

北米の

北米人

author

『著者』,作者,作家,著作者

(…の)『創始者』,創造者,張本人《+『of』+『名』》

(ある著者の)著書,作品

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

blind spot

盲点(眼球の網膜上の光を感じない部分)

(当人が気づいていない)盲点,弱点

(テレビ・ラジオの)難視聴地域

(車の運転者の)死角

reading

〈U〉『読書』

〈U〉(読書によって得た)知識,学識

〈U〉朗読;〈C〉朗読会

〈U〉読みもの;《複数形で》(…の)選集,文選《+『from』+『名』》

〈C〉(劇の役・楽曲・文章などの)解釈《+『of』+『名』》

〈C〉(計器などの)示度

読書する

読書用の

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

shock

〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃

〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック

〈U〉ショック症

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる

(治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

probably

『たぶん』,『おそらく』

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

prescribe

〈守るべき規則・方針など〉‘を'『規定する』,『勧める』,指示する

《『prescribe』+『名』〈人〉+『名』〈薬〉=『prescribe』+『名』+『for』+『名』》〈人〉‘に'〈薬〉‘を'処方する

規定する,資示する

(病人・病気に対して)処方を書く

intensive

『集中的な』,徹底的な,強度の,激しい

(語が)強意の,強調の

=intensifier

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

novel

『新奇な』,ざん新な

short story

短編小説

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

memoir

《複数形で》(筆者自身の)思い出の記,回顧録;自叙伝

伝記

《複数形で》(学会などの)会報,紀要

論文,研究報告

exciting

(物事が)『興奮させる』

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

Taiwan

台湾

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

literary

『文学の』,文芸の

《名詞の前にのみ用いて》(人が)文学に通じた,文筆を業とする

文語の,書き言葉の

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

English-speaking

英語を話す

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

proportion

《the~》(…に対する…の)『割合』,比率《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉(…との)『調和』,均衡《+『to』+『名』》

〈C〉部分;割り前,分け前

《複数形で》大きさ

〈U〉比例

…‘の'調和をとる;(…に)…‘を'釣り合わせる《+『名』+『to』+『名』》

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

higher

highの比較級

《名詞の前にのみ用いて》高等な,高度の;上級の

highの比較級

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

publishing

出版業

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

prim

きちんとした

(女性が)取り澄ました

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

publisher

(書籍などの)出版業者,出版社;《米》新聞発行者

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

Switzerland

『スイス』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はBern)

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

look-in

さっと見ること,一べつ

短い訪問

(勝利などの)見込み

upshot

結果,結末,結論(outcome)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

commercially

商業上,商業的見地から見て;通商上,貿易上

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

reader

『読者』;読書家

(学校用の)読本,リーダー

(特に英国の大学の)講師

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

exclusively

排他的に,独占的に;全く(solely)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

Swaziland

スワジランド(アフリカ南東の王国)

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

clueless

救いようのない,ばかな

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

October

『10月』({略}『Oct.』)

register

(氏名・出生などの)『登録』,届;記録

『登記簿』,『名簿』

自動登録機,レジスター

(暖房器などの)空調装置

音域,声域;(オルガンの)ストップ・…‘を'『記録する』

…‘を'『登録する』,名簿に入れる

〈郵便物〉‘を'書留にする

〈機械・器具が〉…‘を'示す

〈表情などが〉‘を'表す

(…に)『記録する』,記名する《+『with』(『at, in』)+『名』》

(…に)『登録する』;(…の)選挙人名簿に登録する;(…に)入学する《+『for』+『名』》

〈物事が〉心に残る,感銘を与える

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

planet

『惑星』,遊星

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

Kuala Lumpur

クアラルンプール(マレーシアの首都)

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

bookshop

書店,本屋(《米》bookstore)

Malaysian

マレーシアの;マレーシア人の;マライ群島の

マレーシア人

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

enthusiastically

熱狂的に

package

(あまり大きくない)『包み』,梱包(こんぽう);詰め合わせ品

(箱・ケースなど,荷作り用の)容器

…‘を'荷作りする,包む;…‘を'箱に入れる

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

Malaysia

マレーシア(首都はKuala Lumpur)

マライ群島(the Malay Archipelago)

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

kindness

〈U〉『親切』,思いやり,情け深さ

〈C〉(…に対する)『親切な行い』《+『to』+『名』》

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

behalf

大義, 大目的; 支持, 利益; 《古》 点, 面

detour

回り道,遠回り

回り道をする《+『around』(『round』)》

…‘に'回り道をさせる

holiday

休日,休業日,祝祭日,公休日

《しばしば複数形で》《英》『長い休暇』

(宗教上の)聖日

休暇をとる,休暇を過ごす(《米》vacation)

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

Panamanian

パナマ人

パナマ[人]の

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

Panama Canal

パナマ運河

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

tweet

(小鳥の)さえずり,チュッヂュッ

さえずる,チュッチュッと名く(chirp)

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

golden

『金の』,金製の

『金色の』,黄金色の

(金のように)貴重な,すばらしい

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

Sweden

スウェーデン(北欧の王国;首都は Stockholm)

translator

(特に専門の)翻訳者,翻訳家

manuscript

〈C〉(手書きまたはタイプされた印刷用の)『原稿』;〈U〉原稿の状態(《略》『MS.,MS,ms.,ms』)

〈C〉(特に印刷術発明以前で,手書きの)『写本』

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

glimpse

(…を)『ちらりと見ること』,いちべつすること《+『of』+『名』》

(…に)ちらっと感づくこと(気づくこと)《+『of』+『名』》

…‘を'ちらりと見る,一目見る

(…を)ちらりと見る,一見する《+『at』+『名』》

imaginary

『想像』[『上』]『の』,仮空の,実在しない

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

Portuguese

ポルトガルの;ポルトガル人(語)の

〈C〉ポルトガル人

〈U〉ポルトガル語

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

ritual

儀式の,儀式として行う

《集合的に》(宗教上の)儀式[形式];(特定の)儀式

(社会的慣習としての)礼儀,作法(おじき・脱帽・握手など)

remote

『遠い』,『遠方の』;(…から)遠く離れた《+『from』+『名』》

(時間的に)遠い

《しばしば最上級で》かすかな,わずかの(slight)

(一般に)関係の薄い;(…から)かけ離れた《+『from』+『名』(『wh-節』)》

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

shore

〈C〉(海・湖・河の)『岸』,海岸,湖畔,河岸・〈U〉陸・《しばしば複数形で》地方,国(country)

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

Kuwait

クウェート(アラビア北東部のイスラム教国;その首都)

laughter

『笑い』,笑い声

orgy

〈C〉乱交パーティー

〈C〉どんちゃん騒ぎ

《複数形で》(古代ギリシア・ローマの)酒神Dionysus(Bacchus)の秘密祭

Angola

アンゴラ(南西アフリカの共和国;首都はLuanda)

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

towards

toward

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

tome

大冊,大著

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

dubious

疑わしい,はっきりしない(uncertain),あいまいな(ambiguous)

疑っている,不審に思っている

(人物・行動などが)いかがわしい,怪しげな

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

costa

肋(ろっ)骨;肋骨状の部分

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

Nobel Prize

ノーベル賞

winner

『勝利者』,優勝者;(競馬の)勝ち馬

受賞者

うまくいくもの(こと),期待できるもの(こと)

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

opportunity

『機会』,好機

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

facilitate

…‘を'容易にする,楽にする,助ける,促進する

joint

『関節』

『継ぎ目』,接合箇所,合わせ目

継ぎ目と継ぎ目の間の部分,節

(二つの部分を継いだり支えたりするのに用いる)継ぎ手,ジョイント

(枝や葉の)つけ根,節

(骨付きの)肉の大切り身

《俗》安酒場,とばく宿,アヘン窟(くつ)

『共同の』,共有の;連帯の,連合の

両院合同の;二院制議会の両院の

…‘を'継ぎ合わせる;…‘を'継ぎ目(関節)でつなぐ

…‘を'継ぎ目で分ける;〈鳥・肉など〉‘を'関節で切り分ける

creative

『創造力のある』

『独創的な』

weakness

〈U〉(体・心・性格か)『弱いこと』《+of+名》

〈C〉『弱点』,短所

〈C〉(特に良くないものに対する)特別な好み,愛好《+for+名》

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

wrestling

レスリング

unfamiliar

『よく知らない』,未知の見慣ない,聞き慣ない

《補語にのみ用いて》(物事を)よく知らない,未知の《+with+名》

clarify

…'を'明らかにする,理解しやすくする

〈液体・空気など〉'を'澄ませる,浄化する

〈思想・意味などが〉分かりやすくなる,明解になる

澄む,透明になる

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

richness

豊かさ,富裕;豊富,じゅうぶんなこと

(土地など)産出力の多いこと,肥沃(ひよく)

貴重,高価,ぜいたく

(声の)張り;(色の)あざやかさ;(においが)強い;(味が)こくのあること

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

tale

(事実・伝説・架空の)『話』,物語

作り話,うそ

《複数形で》告げ口,中傷

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

human being

人,人間

testament

《T-》聖書

〈C〉遺言

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

widely

[幅が]『広く』;広範囲に

(程度において)『大いに』,はなはだしく

incentive

刺激,動機,誘因

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画