歌詞 - マイケル・ジャクソン (Michael Jackson) : Human Nature

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の6枚目のスタジオ・アルバム「スリラー(Thriller)」からの5枚目のシングル曲です。(LIVE)

ヒューマン・ネイチャー
Human Nature

作詞:

Steve Porcaro, John Bettis

作曲:

Steve Porcaro, John Bettis

Lyrics

リーチング アウト//
アクロス ザ ナイト タイム//
ザ シティー ウィンクス ア スリープレス アイ//
ヒア/ ハー ボイス//
シェイク マイ ウィンドウ//
スウィート/ セデューシング サイズ//

ゲット/ ミー アウト//
イントゥ ザ ナイト タイム//
フォー ウォールズ ウォーント ホールド ミー/ トゥナイト//
イフ ディス タウン
イズ ジャスト アン アップル//
ゼン レット ミー/ テイク ア バイト//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/
テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//
ホワイ,/ ホワイ,/ ダズ ヒー ドゥ イット/ ザット ウェイ//
イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/
テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//
ホワイ,/ ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ/

リーチング アウト//
トゥ タッチ ア ストレンジャー//
エレクトリック アイズ アー エブリホウェア//
シー ザット ガール//
シー ノウズ/ アイム ウォッチング//
シー ライクス ザ ウェイ/ アイ ステア//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/
テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//
ホワイ,/ ホワイ,/ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//
イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/
テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//
ホワイ,/ ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//

アイ/ ライク リヴィング ディス ウェイ//
アイ ライク ラヴィング/ ディス ウェイ//

ホワイ ...//
ホワイ ...//

ルッキング アウト//
イントゥ ザ ナイト タイム//
ホエア ザ シティーズ ハート ビギンズ トゥ ビート//
リーチング アウト//
アイ タッチ ハー ショルダー//
アイム ドリーミング/ オブ ザ ストリート//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/
テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//
ホワイ,/ ホワイ,/ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//
ホワイ,/ ホワイ,/
テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//
ホワイ,/ ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ ホワイ,/ ホワイ,/ フー テル ゼム//
ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//
イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ ホワイ,/ ホワイ,/ フー テル ゼム//
ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//
アイ/ ライク リヴィング ディス ウェイ//

ホワイ ...//
ホワイ ...//
ホワイ ...//

Reaching out.
Across the night time.
The city winks a sleepless eye.
Hear her voice.
Shake my window.
Sweet seducing sighs.

Get me out.
Into the night time.
Four walls won't hold me tonight.
If this town
is just an apple.
Then let me take a bite.

If they say why, why,
tell them that it's human nature.
Why, why, does he do it that way.
If they say why, why,
tell them that it's human nature.
Why, why does he do me that way

Reaching out.
To touch a stranger.
Electric eyes are everywhere.
See that girl.
She knows I'm watching.
She likes the way I stare.

If they say why, why,
tell them that it's human nature.
Why, why, does he do me that way.
If they say why, why,
tell them that it's human nature.
Why, why does he do me that way.

I like living this way.
I like loving this way.

Why ...
Why ...

Looking out.
Into the night time.
Where the city's heart begins to beat.
Reaching out.
I touch her shoulder.
I'm dreaming of the street.

If they say why, why,
tell them that it's human nature.
Why, why, does he do me that way.
Why, why,
tell them that it's human nature.
Why, why does he do me that way.

If they say why, why, why, why, hoo tell them.
Why does he do me that way.
If they say why, why, why, why, hoo tell them.
Why does he do me that way.
I like living this way.

Why ...
Why ...
Why ...

Reaching out.//

リーチング アウト//

Across the night time.//

アクロス ザ ナイト タイム//

The city winks a sleepless eye.//

ザ シティー ウィンクス ア スリープレス アイ//

Hear/ her voice.//

ヒア/ ハー ボイス//

シェイク マイ ウィンドウ//

スウィート/ セデューシング サイズ//

Get/ me out.//

ゲット/ ミー アウト//

Into the night time.//

イントゥ ザ ナイト タイム//

Four walls won't hold me/ tonight.//

フォー ウォールズ ウォーント ホールド ミー/ トゥナイト//

If this town is just an apple.//

イフ ディス タウン イズ ジャスト アン アップル//

Then let me/ take a bite.//

ゼン レット ミー/ テイク ア バイト//

If they say/ why,/ why,/ tell them/ that it's human nature.//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//

Why,/ why,/ does he do it/ that way.//

ホワイ,/ ホワイ,/ ダズ ヒー ドゥ イット/ ザット ウェイ//

If they say/ why,/ why,/ tell them/ that it's human nature.//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//

Why,/ why does he do me/ that way/ Reaching out.//

ホワイ,/ ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ/ リーチング アウト//

トゥ タッチ ア ストレンジャー//

エレクトリック アイズ アー エブリホウェア//

See that girl.//

シー ザット ガール//

She knows/ I'm watching.//

シー ノウズ/ アイム ウォッチング//

She likes the way/ I stare.//

シー ライクス ザ ウェイ/ アイ ステア//

If they say/ why,/ why,/ tell them/ that it's human nature.//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//

Why,/ why,/ does he do me/ that way.//

ホワイ,/ ホワイ,/ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//

If they say/ why,/ why,/ tell them/ that it's human nature.//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//

Why,/ why does he do me/ that way.//

ホワイ,/ ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//

I/ like living this way.//

アイ/ ライク リヴィング ディス ウェイ//

I like loving/ this way.//

アイ ライク ラヴィング/ ディス ウェイ//

Why ...//

ホワイ ...//

Why ...//

ホワイ ...//

Looking out.//

ルッキング アウト//

Into the night time.//

イントゥ ザ ナイト タイム//

Where the city's heart begins to beat.//

ホエア ザ シティーズ ハート ビギンズ トゥ ビート//

Reaching out.//

リーチング アウト//

アイ タッチ ハー ショルダー//

I'm dreaming/ of the street.//

アイム ドリーミング/ オブ ザ ストリート//

If they say/ why,/ why,/ tell them/ that it's human nature.//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//

Why,/ why,/ does he do me/ that way.//

ホワイ,/ ホワイ,/ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//

Why,/ why,/ tell them/ that it's human nature.//

ホワイ,/ ホワイ,/ テル ゼム/ ザット イッツ ヒューマン ネイチャー//

Why,/ why does he do me/ that way.//

ホワイ,/ ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//

If they say/ why,/ why,/ why,/ why,/ hoo tell them.//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ ホワイ,/ ホワイ,/ フー テル ゼム//

Why does he do me/ that way.//

ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//

If they say/ why,/ why,/ why,/ why,/ hoo tell them.//

イフ ゼイ セイ/ ホワイ,/ ホワイ,/ ホワイ,/ ホワイ,/ フー テル ゼム//

Why does he do me/ that way.//

ホワイ ダズ ヒー ドゥ ミー/ ザット ウェイ//

I/ like living this way.//

アイ/ ライク リヴィング ディス ウェイ//

Why ...//

ホワイ ...//

Why ...//

ホワイ ...//

Why ...//

ホワイ ...//

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

wink

(合図として)(…に)『目くばせする』,ウインクする《+at+名》

〈人・両眼が〉『まばたきする』,まばたく

《英》きらきらする,〈星・光が〉またたく(《米》blink)

《古》(眠くて)目をつむる

〈目〉‘を'まばたきさせる;(…に)〈目〉‘を'ウインクして合図する《+名+at+名》

〈涙など〉‘を'まばたきして払いのける《+back(away)+名,+名+back(away)》

〈同意など〉‘を'ウインクで合図する

《英》〈光・灯など〉‘を'点滅させる(《米》blink)

〈C〉ウインク,目くばせ

〈C〉まばたき,またたき;(光の)きらめき

〈U〉《しばしば a wink》《通例否定文で》またたく間,一瞬間(の…)《+of+名》

sleepless

眠れない,不眠症の

常に活動している,休みない

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

sweet

(砂糖のように)『甘い』;砂糖の入った

心地よい,香りのよい,美しい,おいしい

新鮮な,腐っていない

(性質などが)『人好きのする』,気だてのよい,優しい,親切な

(酒が)甘口の

〈C〉《英》甘い料理,(特に)デザート

《複数形で》《英》(ケーキ・キャンデーなどの)『砂糖菓子』(《米》candy)

〈U〉《呼びかけで》あなた,おまえ

《複数形で》《the ~》《文》(…の)喜び,楽しみ《+of+名》

seduce

〈人〉‘を'そそのかす,誘惑する

(特に)〈若い女性〉‘を'誘惑する,くどく

sigh

(悲しみ・疲れ・安心などで)『ため息をつく』《+『with』+『名』》;(…を)嘆いてため息をつく《+『over』+『名』》

〈風などが〉ため息をつくような音を立てる

《文》(…を)思って(あこがれて)ため息をつく《+『for(after)』+『名』》

『ため息』

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

apple

『リンゴ』;リンゴの木

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

stranger

(…の)『見知らぬ人』《+『to』+『名』》

『よそから来た人』,外部の人,新しく来た人;外国人

(…に)経験のない人,慣れていない人《+『to』+『名』》

electric eye

光電管

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

stare

(…を)(目を大きく開いて)『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する《+『at』(『into』)+『名』》

〈色などが〉目見つ

…‘を'『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する

〈人〉‘を'にらみつけて(…)させる《+『名』〈人〉+『into』(『to』)+『名』》

『じっと見つめること』,凝視

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

洋楽歌詞: