TED日本語 - シアスター・ゲイツ: イマジネーション、美、芸術で地域に活力を吹き込む

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

陶芸師シアスター・ゲイツは、シカゴのサウスサイドの忌むべき状況を変えたいと社会活動家となりました。廃屋を生まれ変わらせコミュニティハブを作り、そこに住む人々を繋げ、インスピレーションを生み、そして新たな居住者も惹き寄せるのです。この真摯なトークで、ゲイツは彼の「小さなヴェルサイユ宮殿」をシカゴに作るという情熱を説明し、文化がどんな場所でもどんな市でも生まれ変わらせる為のカタリストと成り得るという彼の熱い信念を語ります。

Script

私は陶芸師です しがない職業に思われるかも知れません 焼き物の事はとても良く知っています 15年陶芸を続けて来ましたから 芸術活動や 陶芸家としての鍛錬を通して 最も充実感を覚えるのは 無から素晴らしい物を創りあげる事を 非常に速く学べるということや 粘土を手にろくろの前で 多くの時間を創作に費やしたこと それに 自分の可能性や能力の限界は 自分の両手と想像力に かかっていたということ ― もし素敵な器を作りたくて まだそれに付ける 脚の作り方を知らなくても では それを学べば良いのだ この学習プロセスは 非常に重要な人生の糧になって来ました 陶芸師は 世界を形作る方法をも 学び始めるのだと感じるのです

幾度か 私の芸術的能力の許す限り アメリカや世界の歴史の 重要な出来事の数々を ― それも過酷な出来事を 作品に表してみたいと 思ったことがあります しかし 難しい概念を それにまつわる物事から人々を分断せずに 語るには どうしたら良いだろう? 例えば このアラバマから来た 古い 消火ホースの切れ端を芸術として用いて 60年代の市民権運動の頃の 複雑さを語る事が出来ないだろうか? 父と二人で共に作業をした 時のことを語れないだろうか? 父は屋根職人として 小さな工務店を営んでいました 80歳にして引退し 私はタールケットル(タールを溶解させる釜)を譲り受けました タールケットルはご想像の通り 大した財産ではありませんでした 臭いがひどいし スタジオの中で場所を取るし でも 私は父に一緒にアートを作ろうと言いました こうした価値の無い素材の可能性を見直して 何かとても特別なものと考えてみようと 父の技術と材料を 芸術に昇華することで タールを陶芸用の粘土のように捉え直し それで様々な形を構想し 私たちの想像を促そうと考えました

粘土の後 色々な素材に興味が湧き 造形出来るのは素材では無く 創造力があるからなのだと考え 私のスタジオはかなり広くなって行きました 次第にいろいろなアイデアが湧き 段々とスタジオの外で起こっていることに 興味を持ち始めました 少し背景をご説明しましょう 私はシカゴに住んでいます 私は今 サウスサイドに住んでいる ウエストサイダーです シカゴの人間では無い人々には 何の意味も持たないことでしょう でももし私がウエストサイダーだと 言わなかったら 憤慨する人が地元に大勢いるでしょうね

私はグランド・クロッシング という地区に住んでいます ここはかつて 栄えていたこともありますが 品の良い高級住宅地からは程遠いエリアで 多くの空き家が打ち捨てられており 私が 陶芸などの創作活動や 美術のキャリアを築く事に 忙しく明け暮れていた傍ら 私のスタジオの外では あらゆることが起こっていました 住宅価格の下落そして それに伴う都市環境の荒廃は 皆さんご存知のとおりで 特にその中でも 私の街が 頻繁に取り上げられるようですが 思うに 多くのアメリカの街や近郊が 手のつけようのないまでに 廃屋が増えつつある状況に悩まされています だから こう考え始めました これらの建物を自分の芸術活動の 延長と考えられないだろうか? それで もし創造する側の人々と 共に考えを巡らせたら ― 建築家、エンジニア、不動産ブローカー こうした人々と共に 街を生まれ変わらせ再生する方法を より詳細に計画出来るかもしれないと

それで建物を購入しました この家屋はとても安く買えました それからこの建物に手を加え この地区で何らかの活動が起こるように 私たちは この建物を出来る限り美しくしました 200万円程で建物を買った後には 財布が底を突いてしまい それで 私は建物の 掃除パフォーマンスを始めました これはパフォーマンス・アートとして行っていたので 人々は見物に来て ― それから私は掃除をし始める訳です ホウキも床を掃くのも無料でしたからね これは成功でした (笑) そこから建物で展示をしたり 小規模の夕食会を開いたりしはじめ 私の区画であるドーチェスターにある建物 ― その区画は 今では ドーチェスター・プロジェクトと呼ばれ その建物が 色々な活動の為の 集会場のようなものになったと気付きました 私たちは この建物を 「アーカイブ・ハウス」と呼び アーカイブ・ハウスでは 様々な 素晴らしい催しが行われました 市内外を問わず著名な方々が この地区まで足を運ぶ時 こう思いました 私自身が粘土を扱って来た歴史と この新しく生まれつつあるものとは 関係があるのではないかと 私たちはゆっくりと 人々が持つ サウスサイドの イメージを一新し始めていたのではないかと

それから 1つの家屋が2~3戸に増え 私たちはその度にいつもこうつけ加えました 大切なのは美しい容れ物を作ることだけではなく その場所で催される企画の内容も大事なんだと 私たちは 再開発だけでなく 催されるプログラムの事や そこで建物同士、隣人同士の間に どんな繋がりが生まれるだろうか ということを考えていました この建物は「リスニング・ハウス」 と呼ばれるようになり ジョンソン出版社からの廃棄書物や 店を畳んだ書店からも 本が寄付されました 私はこれらの建物が出来る限り 有意義な使われ方をするように 力になろうというモノや人を とにかく 仕掛けたかったのです

シカゴには 使われていない 建物が豊かに眠っています この建物は 界隈の麻薬密売所だったのですが 空き家になった時 その新たな用途を見い出し 再利用する素晴らしい機会が生まれたのです それでここはブラック・シネマ・ハウス と呼ばれる建物に生まれ変わりました ブラック・シネマ・ハウスは この地区で 私の周りに住んでいるような人々にとって 重要で関連深い映画を上映する場所で 例えばメルヴィン・ヴァン・ピーブルズの映画を 鑑賞できるような場所なのです 『カー・ウォッシュ』を上映したりも出来ます そうなるといいですね ここは直ぐに手狭になり もっと広い空間が必要になりました ブラック・シネマ・ハウスは 小さな粘土の塊から始まり より大きな粘土の塊へと育ち それは今や私のスタジオとなりました

都市計画や土地利用規制が大好きな方々からは 打ち捨てられた空き家で私がやっていたことが 元々建物が建てられた時の目的と違っていて 市の規制により 「住宅は住居空間として利用しなさい」 と警告を受けることがありました でも それがもし誰もそこに住もうとも思わないような 地域の事だったら 一体どうしますか? 引っ越せる財力があった人々は もう既に去って行った後の 廃屋の数々をどうしたら良いと思います? それで 私は文化によって 建物たちを目覚めさせようと考えました

このアイデアを人々はとても気に入り プロジェクトへの反応がとても高かったので より大きな建物が必要になりました より大きな建物が見つかった時 この構想が可能になったのですが ― 私達が「アート・バンク」と呼ぶ この建物は当初ひどい有様でした 2メートル弱も水が溜まっていて 銀行はこの地域の活性化に興味を持たず 資金も集めにくかったのです 誰も興味を持っていなかったからです 何も無い場所でしたから ゴミ溜めでした 何も無い どこでも無い そんな場所でした それで私達は想像し始めたんです ― ではこの建物でどんなことが出来るだろう? (拍手)

それで私の建物の噂は広まり 大勢が訪れはじめ 銀行だったそこは 今や展覧会や資料館 音楽ホールとなるセンターになり 人々はこの いわば私たちがおこした火に惹かれ 興味を持ち この建物たちの近くに集まりだしました

その中の一つが ジョンソン出版社による 資料館になる予定です 私達は近所に住んでいる人や かつて住んでいた方々から アメリカの歴史に関する 記念品を収集し始めました 中には虐げられた 黒人の姿を描いたものもあり 私たちの意識に強く訴える 内容の歴史を映し出しています このお陰で私たちの地区では 人種や階級の複雑さを語る為の アイデンティティを 若者たちが問い続けなくても良いので 恵まれていると言えます

ある意味 この「銀行」は 私たちが かなり本格的な文化活動の中心拠点を 創りだそうとしていることから ハブを象徴しています もし私たちが複数のこのようなハブを作り 周りの緑と繋げ 買い取った建物を改装して ― 現在60から70棟あります ― そこにいわば小さなヴェルサイユ宮殿を作り 美しい緑地帯で これらの建物を繋げたら ― (拍手) 人々が忌み避けていた場所が 国中いや世界中の人々が訪れたいと願う 重要な目的地となるでしょう

ある意味 私たちは まるでろくろに向かう陶芸師そのもので それぞれに備わっている才能で 次に作りたい器について考える そんな感じを受けます それは器から 一軒の家となり 次に隣近所から地区となり ― 文化地域となり 市全体となりましたが その全ての過程で 私は思っても みなかったことを学びました 区画整理法についてこんなに 学んだことはありませんでした 学ぶ日が来るなんて思ってもいませんでした 結果として 私は自分の芸術活動だけでなく その他にも沢山の 別の芸術的機会があることに気付きました

次第にこんな質問が来るようになりました 「シアスター どうやって 拡大展開しようというのかね?」 「持続維持可能性計画は どうなってる?」とかね

(笑) (拍手)

オハイオ州のアクロンやミシガン州デトロイト インディアナ州ゲーリーのような場所が 必要としていたように ― 自分の能力を箱詰めにして 届けたりは出来なかったけれど そうした場所にはその場所の 可能性や魅力を信じている人々がいて そこを美しくして行きたいと 痛切に願っている人々がいて そうした場所に情熱を持つ人々は 往々にして そうしたクールな事を 実現する為の資源や その実現を手助け出来る人々と 出会う機会から 分断されている事に気付きました だから今 私たちは 国中へアドバイスをし始めています 今ある資源で どう始めるか 目の前の資源を使って 無から価値のある物をどう作るのか 世界をどう創り変えていくのかを そのステージがろくろであれ 住んでいる地域であれ そして 市という大きな規模であれ

有難うございました

(拍手)

ジューン・コーエン:有難うございました 最後の質問を自らに問いかける人が 大勢いるでしょうね どうすれば自分達の街でこれが出来るだろう?と あなたがどこにでも 駆けつける訳には行かないので あなたのようなプロジェクトで 自分の街を変えたいという インスピレーションを受けた方々への アドバイスをお願いします

シアスター・ゲイツ: 重要だと気付いた事は ある古い家屋だとか 一つのプロジェクトに 固執してしまうのではなく その古い家屋と地元の学校 小さな食糧雑貨店 そうしたものの関係や 相乗効果に目を向け 人々が出会い 語り合い始めることが出来るか? 健全に発展しなかった地域にも それぞれ まだ可能性があります どうしたらその脈動や 情熱を持つ人々を見つけ どうやればその場所で20年も生活し 燻り奮闘し続けて来た人々に 自分の住む地域について希望を持ち 活気付かせる事ができるかを考えるのです 誰かがそれをやらなくちゃならない もし私が従来の土地開発業者だったら ビルのことだけ考えて 「貸出中」の看板を窓に貼って それで終わりでしょう 実はそれ以上のものを 創り出さなければならないんです より注意深く考えるべき問題があります 例えばどんなビジネスが ここで育まれるべきだろうか? それからここに住む人々は 私と共に そのビジネスを育てたいだろうか? ということです 何故なら 単に文化施設や 家屋があれば良いのではなく そこには経済活動を核とした 再生が起こるべきなのです だからそうしたことを 同時に考えてこそ しっくり来ますね

コーエン:20年も停滞していた 環境にいた人々に再び活気を 取り戻してもらうのは至難の業でしょうね これまで何か 特に有効だった 方法はありましたか?

ゲイツ:ええ 今では多くの人々が 素晴らしい成果をあげている 例があります そうした例が 時折採る手法は例えば メディアが常にその場所の暴力的な事件だけを 取り上げているような状況に対して 自分の技術や文脈を用いて そうした地域のイメージを 払拭するような事を企画する そうした方法があります だから もしあなたが演劇の方面の人だったら 屋外でシアター・フェスティバルを 開催したり出来る 時には 貧しい地域に目を引くような イベントが出来るほどの 資源が無いことがあります しかし 地元の人々と そこで行われる事に 賛同し援助する人々が 力を合わせられるように 仕組めると 本当に素晴らしい事を起こせると思います

コーエン:本当に興味深いですね それではどうしたらあなたが 創り出しているプロジェクトが 本当に 恵まれない人々の為に提供され ― ベジタリアンでインディー映画好き そんな格好の良い流行好きなだけの層に移り住まれ いい所だけを持って行かれたり しないように出来るのでしょう?

ゲイツ:その通り その点が実は複雑に入り組む この話の繁みの部分につながるんです

コーエン:行っちゃいましょう ゲイツ:今グランド・クロッシングは 99%が黒人で占められており ― 少なくとも住んでおり そこの土地の所有者は 日々そこで生活している人達とは 違うタイプでしょう だから グランド・クロッシングはもう既に 今日のグランド・クロッシングとは違う場所に なりつつあると言えると思います しかし(低所得者層の為の公益の)住宅・土地信託基金や 公共の利益追求型の開発事業が 活動が起こる為の 土地を保護し始めるような事を 考えることは可能でしょうか ― 何しろ 街に7,500もの空き地があれば そこで何か文化活動が 起こって欲しいと思うものですから ― しかしそれには単に利益追求の為に 開発する業者では無く 人々がそこに根付き土地が健全な発展を続ける事を 目的とする開発業者が必要で そのうえ 往々にして土地の再開発という 側面は非常に勢いづいているが その ご近所の住民の為の工夫や 取り組みというものは 忘れ去られていると感じます ですから 再開発後 そこに長年住んで来た住民達にも 新たに流入して来た居住者たち同様に 新たに創出された価値や資源が 行き渡るように 重要な番人が計らうような仕組みを 育てられるかが大切です

コーエン:成程 良く分かりました もう一つ聞かせて下さい あなたは美や芸術の重要性について 説得力のある主張をしています 資金を恵まれない方々への サービスに使う方が良いと 考える人々もいるでしょう そうした考えにはどう反論しますか?

ゲイツ:美は私達に不可欠な サービスだと信じています (拍手) 私がしばしば気付いたのは ― そもそも資源に手が届かない貧しい街や地域 コミュニティなどには 時として 文化が起爆剤となります そしてもちろん私には 全てを手助けすることはできません でも もし文化を創りだすことから始め ― そこに住まう人々が その場所に力を注ぐようになり その周りの施設も徐々に発展し始めると 更に文化への憧憬が生まれ 詩的な要求が生じます すると街を目覚めさせる為の 政治・経済的要求もまた 詩的な要求へと変化して行くのです

コーエン:しっかりと心に響きました シアスター 今日はご登壇いただき 本当に有難うございました シアスター・ゲイツでした

(拍手)

I'm a potter, which seems like a fairly humble vocation. I know a lot about pots. I've spent about 15 years making them. One of the things that really excites me in my artistic practice and being trained as a potter is that you very quickly learn how to make great things out of nothing; that I spent a lot of time at my wheel with mounds of clay trying stuff; and that the limitations of my capacity, my ability, was based on my hands and my imagination; that if I wanted to make a really nice bowl and I didn't know how to make a foot yet, I would have to learn how to make a foot; that that process of learning has been very, very helpful to my life. I feel like, as a potter, you also start to learn how to shape the world.

There have been times in my artistic capacity that I wanted to reflect on other really important moments in the history of the U.S., the history of the world where tough things happened, but how do you talk about tough ideas without separating people from that content? Could I use art like these old, discontinued firehoses from Alabama, to talk about the complexities of a moment of civil rights in the '60s? Is it possible to talk about my father and I doing labor projects? My dad was a roofer, construction guy, he owned small businesses, and at 80, he was ready to retire and his tar kettle was my inheritance. Now, a tar kettle doesn't sound like much of an inheritance. It wasn't. It was stinky and it took up a lot of space in my studio, but I asked my dad if he would be willing to make some art with me, if we could reimagine this kind of nothing material as something very special. And by elevating the material and my dad's skill, could we start to think about tar just like clay, in a new way, shaping it differently, helping us to imagine what was possible?

After clay, I was then kind of turned on to lots of different kinds of materials, and my studio grew a lot because I thought, well, it's not really about the material, it's about our capacity to shape things. I became more and more interested in ideas and more and more things that were happening just outside my studio. Just to give you a little bit of context, I live in Chicago. I live on the South Side now. I'm a West Sider. For those of you who are not Chicagoans, that won't mean anything, but if I didn't mention that I was a West Sider, there would be a lot of people in the city that would be very upset.

The neighborhood that I live in is Grand Crossing. It's a neighborhood that has seen better days. It is not a gated community by far. There is lots of abandonment in my neighborhood, and while I was kind of busy making pots and busy making art and having a good art career, there was all of this stuff that was happening just outside my studio. All of us know about failing housing markets and the challenges of blight, and I feel like we talk about it with some of our cities more than others, but I think a lot of our U.S. cities and beyond have the challenge of blight, abandoned buildings that people no longer know what to do anything with. And so I thought, is there a way that I could start to think about these buildings as an extension or an expansion of my artistic practice? And that if I was thinking along with other creatives -- architects, engineers, real estate finance people -- that us together might be able to kind of think in more complicated ways about the reshaping of cities.

And so I bought a building. The building was really affordable. We tricked it out. We made it as beautiful as we could to try to just get some activity happening on my block. Once I bought the building for about 18,000 dollars, I didn't have any money left. So I started sweeping the building as a kind of performance. This is performance art, and people would come over, and I would start sweeping. Because the broom was free and sweeping was free. It worked out. (Laughter) But we would use the building, then, to stage exhibitions, small dinners, and we found that that building on my block, Dorchester -- we now referred to the block as Dorchester projects -- that in a way that building became a kind of gathering site for lots of different kinds of activity. We turned the building into what we called now the Archive House. The Archive House would do all of these amazing things. Very significant people in the city and beyond would find themselves in the middle of the hood. And that's when I felt like maybe there was a relationship between my history with clay and this new thing that was starting to develop, that we were slowly starting to reshape how people imagined the South Side of the city.

One house turned into a few houses, and we always tried to suggest that not only is creating a beautiful vessel important, but the contents of what happens in those buildings is also very important. So we were not only thinking about development, but we were thinking about the program, thinking about the kind of connections that could happen between one house and another, between one neighbor and another. This building became what we call the Listening House, and it has a collection of discarded books from the Johnson Publishing Corporation, and other books from an old bookstore that was going out of business. I was actually just wanting to activate these buildings as much as I could with whatever and whoever would join me.

In Chicago, there's amazing building stock. This building, which had been the former crack house on the block, and when the building became abandoned, it became a great opportunity to really imagine what else could happen there. So this space we converted into what we call Black Cinema House. Black Cinema House was an opportunity in the hood to screen films that were important and relevant to the folk who lived around me, that if we wanted to show an old Melvin Van Peebles film, we could. If we wanted to show "Car Wash," we could. That would be awesome. The building we soon outgrew, and we had to move to a larger space. Black Cinema House, which was made from just a small piece of clay, had to grow into a much larger piece of clay, which is now my studio.

What I realized was that for those of you who are zoning junkies, that some of the things that I was doing in these buildings that had been left behind, they were not the uses by which the buildings were built, and that there are city policies that say, "Hey, a house that is residential needs to stay residential." But what do you do in neighborhoods when ain't nobody interested in living there? That the people who have the means to leave have already left? What do we do with these abandoned buildings? And so I was trying to wake them up using culture.

We found that that was so exciting for folk, and people were so responsive to the work, that we had to then find bigger buildings. By the time we found bigger buildings, there was, in part, the resources necessary to think about those things. In this bank that we called the Arts Bank, it was in pretty bad shape. There was about six feet of standing water. It was a difficult project to finance, because banks weren't interested in the neighborhood because people weren't interested in the neighborhood because nothing had happened there. It was dirt. It was nothing. It was nowhere. And so we just started imagining, what else could happen in this building? (Applause)

And so now that the rumor of my block has spread, and lots of people are starting to visit, we've found that the bank can now be a center for exhibition, archives, music performance, and that there are people who are now interested in being adjacent to those buildings because we brought some heat, that we kind of made a fire.

One of the archives that we'll have there is this Johnson Publishing Corporation. We've also started to collect memorabilia from American history, from people who live or have lived in that neighborhood. Some of these images are degraded images of black people, kind of histories of very challenging content, and where better than a neighborhood with young people who are constantly asking themselves about their identity to talk about some of the complexities of race and class?

In some ways, the bank represents a hub, that we're trying to create a pretty hardcore node of cultural activity, and that if we could start to make multiple hubs and connect some cool green stuff around there, that the buildings that we've purchased and rehabbed, which is now around 60 or 70 units, that if we could land miniature Versailles on top of that, and connect these buildings by a beautiful greenbelt -- (Applause) -- that this place where people never wanted to be would become an important destination for folk from all over the country and world.

In some ways, it feels very much like I'm a potter, that we tackle the things that are at our wheel, we try with the skill that we have to think about this next bowl that I want to make. And it went from a bowl to a singular house to a block to a neighborhood to a cultural district to thinking about the city, and at every point, there were things that I didn't know that I had to learn. I've never learned so much about zoning law in my life. I never thought I'd have to. But as a result of that, I'm finding that there's not just room for my own artistic practice, there's room for a lot of other artistic practices.

So people started asking us, "Well, Theaster, how are you going to go to scale?" and, "What's your sustainability plan?"

(Laughter) (Applause)

And what I found was that I couldn't export myself, that what seems necessary in cities like Akron, Ohio, and Detroit, Michigan, and Gary, Indiana, is that there are people in those places who already believe in those places, that are already dying to make those places beautiful, and that often, those people who are passionate about a place are disconnected from the resources necessary to make cool things happen, or disconnected from a contingency of people that could help make things happen. So now, we're starting to give advice around the country on how to start with what you got, how to start with the things that are in front of you, how to make something out of nothing, how to reshape your world at a wheel or at your block or at the scale of the city.

Thank you so much.

(Applause)

June Cohen: Thank you. So I think many people watching this will be asking themselves the question you just raised at the end: How can they do this in their own city? You can't export yourself. Give us a few pages out of your playbook about what someone who is inspired about their city can do to take on projects like yours?

Theaster Gates: One of the things I've found that's really important is giving thought to not just the kind of individual project, like an old house, but what's the relationship between an old house, a local school, a small bodega, and is there some kind of synergy between those things? Can you get those folk talking? I've found that in cases where neighborhoods have failed, they still often have a pulse. How do you identify the pulse in that place, the passionate people, and then how do you get folk who have been fighting, slogging for 20 years, reenergized about the place that they live? And so someone has to do that work. If I were a traditional developer, I would be talking about buildings alone, and then putting a "For Lease" sign in the window. I think that you actually have to curate more than that, that there's a way in which you have to be mindful about, what are the businesses that I want to grow here? And then, are there people who live in this place who want to grow those businesses with me? Because I think it's not just a cultural space or housing; there has to be the recreation of an economic core. So thinking about those things together feels right.

JC: It's hard to get people to create the spark again when people have been slogging for 20 years. Are there any methods you've found that have helped break through?

TG: Yeah, I think that now there are lots of examples of folk who are doing amazing work, but those methods are sometimes like, when the media is constantly saying that only violent things happen in a place, then based on your skill set and the particular context, what are the things that you can do in your neighborhood to kind of fight some of that? So I've found that if you're a theater person, you have outdoor street theater festivals. In some cases, we don't have the resources in certain neighborhoods to do things that are a certain kind of splashy, but if we can then find ways of making sure that people who are local to a place, plus people who could be supportive of the things that are happening locally, when those people get together, I think really amazing things can happen.

JC: So interesting. And how can you make sure that the projects you're creating are actually for the disadvantaged and not just for the sort of vegetarian indie movie crowd that might move in to take advantage of them.

TG: Right on. So I think this is where it starts to get into the thick weeds.

JC: Let's go there. TG: Right now, Grand Crossing is 99 percent black, or at least living, and we know that maybe who owns property in a place is different from who walks the streets every day. So it's reasonable to say that Grand Crossing is already in the process of being something different than it is today. But are there ways to think about housing trusts or land trusts or a mission-based development that starts to protect some of the space that happens, because when you have 7,500 empty lots in a city, you want something to happen there, but you need entities that are not just interested in the development piece, but entities that are interested in the stabilization piece, and I feel like often the developer piece is really motivated, but the other work of a kind of neighborhood consciousness, that part doesn't live anymore. So how do you start to grow up important watchdogs that ensure that the resources that are made available to new folk that are coming in are also distributed to folk who have lived in a place for a long time.

JC: That makes so much sense. One more question: You make such a compelling case for beauty and the importance of beauty and the arts. There would be others who would argue that funds would be better spent on basic services for the disadvantaged. How do you combat that viewpoint, or come against it?

TG: I believe that beauty is a basic service. (Applause) Often what I have found is that when there are resources that have not been made available to certain under-resourced cities or neighborhoods or communities, that sometimes culture is the thing that helps to ignite, and that I can't do everything, but I think that there's a way in which if you can start with culture and get people kind of reinvested in their place, other kinds of adjacent amenities start to grow, and then people can make a demand that's a poetic demand, and the political demands that are necessary to wake up our cities, they also become very poetic.

JC: It makes perfect sense to me. Theaster, thank you so much for being here with us today. Thank you. Theaster Gates.

(Applause)

I'm a potter,/ which seems like a fairly humble vocation.//

私は陶芸師です しがない職業に思われるかも知れません

I know a lot/ about pots.//

焼き物の事はとても良く知っています

I've spent about 15 years/ making them.//

15年陶芸を続けて来ましたから

One of the things/ that really excites me/ in my artistic practice/ and being trained as a potter is/ that you very quickly learn/ how to make great things/ out of nothing;/ that I spent a lot of time/ at my wheel/ with mounds of clay/ trying stuff;/ and/ that the limitations of my capacity,/ my ability,/ was based on my hands and my imagination;/ that if I wanted to make/ a really nice bowl/ and I didn't know/ how to make a foot yet,/ I would have to learn/ how to make a foot;/ that that process of learning has been very, very helpful/ to my life.//

芸術活動や 陶芸家としての鍛錬を通して 最も充実感を覚えるのは 無から素晴らしい物を創りあげる事を 非常に速く学べるということや 粘土を手にろくろの前で 多くの時間を創作に費やしたこと それに 自分の可能性や能力の限界は 自分の両手と想像力に かかっていたということ ― もし素敵な器を作りたくて まだそれに付ける 脚の作り方を知らなくても では それを学べば良いのだ この学習プロセスは 非常に重要な人生の糧になって来ました

I feel like,/ as a potter,/ you also start to learn/ how to shape the world.//

陶芸師は 世界を形作る方法をも 学び始めるのだと感じるのです

There have been times/ in my artistic capacity/ that I wanted to reflect/ on other really important moments/ in the history of the U.S.//,/ the history of the world/ where tough things happened,/ but how do you talk about tough ideas/ without separating people/ from that content?//

幾度か 私の芸術的能力の許す限り アメリカや世界の歴史の 重要な出来事の数々を ― それも過酷な出来事を 作品に表してみたいと 思ったことがあります しかし 難しい概念を それにまつわる物事から人々を分断せずに 語るには どうしたら良いだろう?

Could/ I use art/ like these old, discontinued firehoses/ from Alabama,/ to talk about the complexities of a moment of civil rights/ in the '60s?//

例えば このアラバマから来た 古い 消火ホースの切れ端を芸術として用いて 60年代の市民権運動の頃の 複雑さを語る事が出来ないだろうか?

Is it possible to talk about my father and I doing labor projects?//

父と二人で共に作業をした 時のことを語れないだろうか?

My dad was a roofer, construction guy,/ he owned small businesses, and/ at 80,/ he was ready/ to retire/ and his tar kettle was my inheritance.//

父は屋根職人として 小さな工務店を営んでいました 80歳にして引退し 私はタールケットル(タールを溶解させる釜)を譲り受けました

Now,/ a tar kettle doesn't sound like much of an inheritance.// It/ wasn't.//

タールケットルはご想像の通り 大した財産ではありませんでした

It was stinky/ and it took up/ a lot of space/ in my studio,/ but I asked my dad/ if he would be willing/ to make some art/ with me,/ if we could reimagine this kind of nothing material/ as something very special.//

臭いがひどいし スタジオの中で場所を取るし でも 私は父に一緒にアートを作ろうと言いました こうした価値の無い素材の可能性を見直して 何かとても特別なものと考えてみようと

And by elevating the material and my dad's skill,/ could/ we start to think/ about tar just/ like clay,/ in a new way,/ shaping it differently,/ helping us to imagine/ what was possible?//

父の技術と材料を 芸術に昇華することで タールを陶芸用の粘土のように捉え直し それで様々な形を構想し 私たちの想像を促そうと考えました

After clay,/ I was then kind of turned on to lots of different kinds of materials,/ and my studio grew a lot/ because I thought,/ well,/ it's not really/ about the material,/ it's about our capacity/ to shape things.//

粘土の後 色々な素材に興味が湧き 造形出来るのは素材では無く 創造力があるからなのだと考え 私のスタジオはかなり広くなって行きました

I became more and more interested/ in ideas/ and more and more things/ that were happening just/ outside my studio.//

次第にいろいろなアイデアが湧き 段々とスタジオの外で起こっていることに 興味を持ち始めました

Just to give you/ a little bit of context,/ I live in Chicago.//

少し背景をご説明しましょう 私はシカゴに住んでいます

I live on the South Side now.// I'm a West Sider.//

私は今 サウスサイドに住んでいる ウエストサイダーです

For those of you/ who are not Chicagoans,/ that won't mean anything,/ but/ if I didn't mention/ that I was a West Sider,/ there would be a lot of people/ in the city/ that would be very upset.//

シカゴの人間では無い人々には 何の意味も持たないことでしょう でももし私がウエストサイダーだと 言わなかったら 憤慨する人が地元に大勢いるでしょうね

The neighborhood/ that I live/ in is Grand Crossing.//

私はグランド・クロッシング という地区に住んでいます

It's a neighborhood/ that has seen better days.//

ここはかつて 栄えていたこともありますが

It is not a gated community/ by far.//

品の良い高級住宅地からは程遠いエリアで

There is lots of abandonment/ in my neighborhood,/ and/ while I was kind of busy making pots/ and busy making art/ and having a good art career,/ there was all of this stuff/ that was happening just/ outside my studio.//

多くの空き家が打ち捨てられており 私が 陶芸などの創作活動や 美術のキャリアを築く事に 忙しく明け暮れていた傍ら 私のスタジオの外では あらゆることが起こっていました

All of us know about failing housing markets and the challenges of blight,/ and I feel like we talk about it/ with some of our cities more/ than others,/ but I think a lot of our U.S. cities/ and beyond have the challenge of blight,/ abandoned buildings/ that people no longer know/ what to do anything with.//

住宅価格の下落そして それに伴う都市環境の荒廃は 皆さんご存知のとおりで 特にその中でも 私の街が 頻繁に取り上げられるようですが 思うに 多くのアメリカの街や近郊が 手のつけようのないまでに 廃屋が増えつつある状況に悩まされています

And so I thought,/ is there a way that/ I could start to think/ about these buildings/ as an extension or an expansion of my artistic practice?//

だから こう考え始めました これらの建物を自分の芸術活動の 延長と考えられないだろうか?

And that/ if I was thinking along/ with other creatives --/ architects,/ engineers,/ real estate finance people --/ that us together might be able to kind of think/ in more complicated ways/ about the reshaping of cities.//

それで もし創造する側の人々と 共に考えを巡らせたら ― 建築家、エンジニア、不動産ブローカー こうした人々と共に 街を生まれ変わらせ再生する方法を より詳細に計画出来るかもしれないと

And so/ I bought a building.//

それで建物を購入しました

The building was really affordable.//

この家屋はとても安く買えました

We tricked it out.//

それからこの建物に手を加え

We made it as beautiful/ as we could to try to just get some activity/ happening on my block.//

この地区で何らかの活動が起こるように 私たちは この建物を出来る限り美しくしました

Once I bought the building/ for about 18,000 dollars,/ I didn't have any money left.//

200万円程で建物を買った後には 財布が底を突いてしまい

So I started sweeping/ the building/ as a kind of performance.//

それで 私は建物の 掃除パフォーマンスを始めました

This is performance art,/ and people would come over,/ and I would start sweeping.//

これはパフォーマンス・アートとして行っていたので 人々は見物に来て ― それから私は掃除をし始める訳です

Because the broom was free and sweeping was free.//

ホウキも床を掃くのも無料でしたからね

It worked out.//

これは成功でした

(笑)

But we would use the building,/ then,/ to stage exhibitions,/ small dinners,/ and we found/ that that building on my block,/ Dorchester --/ we now referred to the block/ as Dorchester projects --/ that in a way/ that building became a kind of gathering site/ for lots of different kinds of activity.//

そこから建物で展示をしたり 小規模の夕食会を開いたりしはじめ 私の区画であるドーチェスターにある建物 ― その区画は 今では ドーチェスター・プロジェクトと呼ばれ その建物が 色々な活動の為の 集会場のようなものになったと気付きました

We turned the building/ into what we called now/ the Archive House.//

私たちは この建物を 「アーカイブ・ハウス」と呼び

The Archive House would do all of these amazing things.//

アーカイブ・ハウスでは 様々な 素晴らしい催しが行われました

Very significant people/ in the city/ and beyond would find themselves/ in the middle of the hood.//

市内外を問わず著名な方々が この地区まで足を運ぶ時

And that's/ when I felt like maybe/ there was a relationship/ between my history/ with clay/ and this new thing/ that was starting to develop,/ that we were slowly starting to reshape/ how people imagined the South Side of the city.//

こう思いました 私自身が粘土を扱って来た歴史と この新しく生まれつつあるものとは 関係があるのではないかと 私たちはゆっくりと 人々が持つ サウスサイドの イメージを一新し始めていたのではないかと

One house turned into a few houses,/ and we always tried to suggest/ that not only is creating a beautiful vessel important,/ but the contents of what happens in those buildings is also very important.//

それから 1つの家屋が2~3戸に増え 私たちはその度にいつもこうつけ加えました 大切なのは美しい容れ物を作ることだけではなく その場所で催される企画の内容も大事なんだと

So/ we were not only thinking about development,/ but we were thinking about the program,/ thinking about the kind of connections/ that could happen between one house and another,/ between one neighbor/ and another.//

私たちは 再開発だけでなく 催されるプログラムの事や そこで建物同士、隣人同士の間に どんな繋がりが生まれるだろうか ということを考えていました

This building became/ what we call the Listening House,/ and it has a collection of discarded books/ from the Johnson Publishing Corporation,/ and other books/ from an old bookstore/ that was going out of business.//

この建物は「リスニング・ハウス」 と呼ばれるようになり ジョンソン出版社からの廃棄書物や 店を畳んだ書店からも 本が寄付されました

I was actually just wanting to activate/ these buildings as much/ as I could with whatever and whoever would join me.//

私はこれらの建物が出来る限り 有意義な使われ方をするように 力になろうというモノや人を とにかく 仕掛けたかったのです

シカゴには 使われていない 建物が豊かに眠っています

This building,/ which had been the former crack house/ on the block,/ and when the building became abandoned,/ it became a great opportunity/ to really imagine/ what else could happen there.//

この建物は 界隈の麻薬密売所だったのですが 空き家になった時 その新たな用途を見い出し 再利用する素晴らしい機会が生まれたのです

So this space/ we converted into what we call Black Cinema House.//

それでここはブラック・シネマ・ハウス と呼ばれる建物に生まれ変わりました

Black Cinema House was an opportunity/ in the hood/ to screen films/ that were important and relevant/ to the folk/ who lived around me,/ that if we wanted to show/ an old Melvin Van Peebles film,/ we could.//

ブラック・シネマ・ハウスは この地区で 私の周りに住んでいるような人々にとって 重要で関連深い映画を上映する場所で 例えばメルヴィン・ヴァン・ピーブルズの映画を 鑑賞できるような場所なのです

If we wanted to show/ "Car Wash,/"/ we could.//

『カー・ウォッシュ』を上映したりも出来ます

That would be awesome.//

そうなるといいですね

The building/ we soon outgrew,/ and we had to move/ to a larger space.//

ここは直ぐに手狭になり もっと広い空間が必要になりました

Black Cinema House,/ which was made from just a small piece of clay,/ had to grow/ into a much larger piece of clay,/ which is now my studio.//

ブラック・シネマ・ハウスは 小さな粘土の塊から始まり より大きな粘土の塊へと育ち それは今や私のスタジオとなりました

What I realized/ was/ that for those of you/ who are zoning junkies,/ that some of the things/ that I was doing in these buildings/ that had been left behind,/ they were not the uses/ by which the buildings were built,/ and/ that there are city policies/ that say,/ "Hey,/ a house/ that is residential needs/ to stay residential."//

都市計画や土地利用規制が大好きな方々からは 打ち捨てられた空き家で私がやっていたことが 元々建物が建てられた時の目的と違っていて 市の規制により 「住宅は住居空間として利用しなさい」 と警告を受けることがありました

But what do you do in neighborhoods/ when ain't nobody interested/ in living there?//

でも それがもし誰もそこに住もうとも思わないような 地域の事だったら 一体どうしますか?

That the people/ who have the means/ to leave have already left?//

引っ越せる財力があった人々は もう既に去って行った後の

What do we do with these abandoned buildings?//

廃屋の数々をどうしたら良いと思います?

And so/ I was trying to wake/ them up/ using culture.//

それで 私は文化によって 建物たちを目覚めさせようと考えました

We found/ that that was so exciting/ for folk,/ and people were so responsive/ to the work,/ that we had to then find bigger buildings.//

このアイデアを人々はとても気に入り プロジェクトへの反応がとても高かったので より大きな建物が必要になりました

By the time/ we found bigger buildings,/ there was,/ in part,/ the resources necessary to think about those things.//

より大きな建物が見つかった時 この構想が可能になったのですが ―

In this bank/ that we called the Arts Bank,/ it was in pretty bad shape.//

私達が「アート・バンク」と呼ぶ この建物は当初ひどい有様でした

There was about six feet of standing water.//

2メートル弱も水が溜まっていて

It was a difficult project/ to finance,/ because banks weren't interested/ in the neighborhood/ because people weren't interested/ in the neighborhood/ because nothing had happened there.//

銀行はこの地域の活性化に興味を持たず 資金も集めにくかったのです 誰も興味を持っていなかったからです 何も無い場所でしたから

It was dirt.// It was nothing.// It was nowhere.//

ゴミ溜めでした 何も無い どこでも無い そんな場所でした

And so/ we just started imagining,/ what else could happen in this building?//

それで私達は想像し始めたんです ― ではこの建物でどんなことが出来るだろう?

(拍手)

And so now/ that the rumor of my block has spread,/ and lots of people are starting to visit,/ we've found/ that the bank can now be a center/ for exhibition,/ archives,/ music performance,/ and/ that there are people/ who are now interested/ in being adjacent/ to those buildings/ because we brought some heat,/ that we kind/ of made a fire.//

それで私の建物の噂は広まり 大勢が訪れはじめ 銀行だったそこは 今や展覧会や資料館 音楽ホールとなるセンターになり 人々はこの いわば私たちがおこした火に惹かれ 興味を持ち この建物たちの近くに集まりだしました

One of the archives/ that we'll have/ there is this Johnson Publishing Corporation.//

その中の一つが ジョンソン出版社による 資料館になる予定です

We've also started to collect/ memorabilia/ from American history,/ from people/ who live/ or have lived in that neighborhood.//

私達は近所に住んでいる人や かつて住んでいた方々から アメリカの歴史に関する 記念品を収集し始めました

Some of these images are degraded images of black people,/ kind of histories of very challenging content,/ and where better/ than a neighborhood/ with young people/ who are constantly asking themselves about their identity/ to talk about some of the complexities of race and class?//

中には虐げられた 黒人の姿を描いたものもあり 私たちの意識に強く訴える 内容の歴史を映し出しています このお陰で私たちの地区では 人種や階級の複雑さを語る為の アイデンティティを 若者たちが問い続けなくても良いので 恵まれていると言えます

In some ways,/ the bank represents a hub,/ that we're trying to create/ a pretty hardcore node of cultural activity,/ and/ that if we could start to make/ multiple hubs/ and connect some cool green stuff/ around there,/ that the buildings/ that we've purchased and rehabbed,/ which is now around 60 or 70 units,/ that if we could land miniature Versailles/ on top of that,/ and connect these buildings/ by a beautiful greenbelt --/ (Applause) --/ that this place/ where people never wanted to be would become an important destination/ for folk/ from all/ over the country/ and world.//

ある意味 この「銀行」は 私たちが かなり本格的な文化活動の中心拠点を 創りだそうとしていることから ハブを象徴しています もし私たちが複数のこのようなハブを作り 周りの緑と繋げ 買い取った建物を改装して ― 現在60から70棟あります ― そこにいわば小さなヴェルサイユ宮殿を作り 美しい緑地帯で これらの建物を繋げたら ― (拍手) 人々が忌み避けていた場所が 国中いや世界中の人々が訪れたいと願う 重要な目的地となるでしょう

In some ways,/ it feels very much/ like I'm a potter,/ that we tackle the things/ that are at our wheel,/ we try with the skill/ that we have to think/ about this next bowl/ that I want to make.//

ある意味 私たちは まるでろくろに向かう陶芸師そのもので それぞれに備わっている才能で 次に作りたい器について考える そんな感じを受けます

And it went from a bowl/ to a singular house/ to a block/ to a neighborhood/ to a cultural district/ to thinking about the city,/ and at every point,/ there were things/ that I didn't know/ that I had to learn.//

それは器から 一軒の家となり 次に隣近所から地区となり ― 文化地域となり 市全体となりましたが その全ての過程で 私は思っても みなかったことを学びました

I've never learned so much/ about zoning law/ in my life.//

区画整理法についてこんなに 学んだことはありませんでした

I never thought/ I'd have to.//

学ぶ日が来るなんて思ってもいませんでした

But as a result of that,/ I'm finding/ that there's not just room/ for my own artistic practice,/ there's room/ for a lot of other artistic practices.//

結果として 私は自分の芸術活動だけでなく その他にも沢山の 別の芸術的機会があることに気付きました

So people started asking/ us,/ "Well,/ Theaster,/ how are you going to go to scale?"//

次第にこんな質問が来るようになりました 「シアスター どうやって 拡大展開しようというのかね?」

and,/ "What's your sustainability plan?"//

「持続維持可能性計画は どうなってる?」とかね

(笑) (拍手)

And what I found/ was/ that I couldn't export myself,/ that/ what seems necessary/ in cities/ like Akron,/ Ohio,/ and Detroit,/ Michigan,/ and Gary,/ Indiana,/ is/ that there are people/ in those places/ who already believe in those places,/ that are already dying to make/ those places beautiful,/ and/ that often,/ those people/ who are passionate/ about a place are disconnected from the resources necessary/ to make cool things happen,/ or disconnected from a contingency of people/ that could help make things happen.//

オハイオ州のアクロンやミシガン州デトロイト インディアナ州ゲーリーのような場所が 必要としていたように ― 自分の能力を箱詰めにして 届けたりは出来なかったけれど そうした場所にはその場所の 可能性や魅力を信じている人々がいて そこを美しくして行きたいと 痛切に願っている人々がいて そうした場所に情熱を持つ人々は 往々にして そうしたクールな事を 実現する為の資源や その実現を手助け出来る人々と 出会う機会から 分断されている事に気付きました

So now,/ we're starting to give/ advice/ around the country/ on how to start with what you got,/ how to start with the things/ that are in front of you,/ how to make something/ out of nothing,/ how to reshape your world/ at a wheel/ or at your block or at the scale of the city.//

だから今 私たちは 国中へアドバイスをし始めています 今ある資源で どう始めるか 目の前の資源を使って 無から価値のある物をどう作るのか 世界をどう創り変えていくのかを そのステージがろくろであれ 住んでいる地域であれ そして 市という大きな規模であれ

Thank/ you so much.//

有難うございました

(拍手)

June Cohen:/ Thank/ you.// So I think many people/ watching this will be asking themselves/ the question/ you just raised at the end:/ How can they do this/ in their own city?//

ジューン・コーエン:有難うございました 最後の質問を自らに問いかける人が 大勢いるでしょうね どうすれば自分達の街でこれが出来るだろう?と

You can't export yourself.//

あなたがどこにでも 駆けつける訳には行かないので

Give us/ a few pages/ out of your playbook/ about what someone/ who is inspired about their city can do to take on/ projects/ like yours?//

あなたのようなプロジェクトで 自分の街を変えたいという インスピレーションを受けた方々への アドバイスをお願いします

Theaster Gates:/ One of the things/ I've found/ that's really important is giving thought to not just the kind of individual project,/ like an old house,/ but what's the relationship/ between an old house,/ a local school,/ a small bodega,/ and is there some kind of synergy/ between those things?//

シアスター・ゲイツ: 重要だと気付いた事は ある古い家屋だとか 一つのプロジェクトに 固執してしまうのではなく その古い家屋と地元の学校 小さな食糧雑貨店 そうしたものの関係や 相乗効果に目を向け

Can you get those folk talking?//

人々が出会い 語り合い始めることが出来るか?

I've found/ that in cases/ where neighborhoods have failed,/ they still often have a pulse.//

健全に発展しなかった地域にも それぞれ まだ可能性があります

How do you identify the pulse/ in that place,/ the passionate people,/ and then/ how do you get folk/ who have been fighting,/ slogging for 20 years,/ reenergized about the place/ that they live?//

どうしたらその脈動や 情熱を持つ人々を見つけ どうやればその場所で20年も生活し 燻り奮闘し続けて来た人々に 自分の住む地域について希望を持ち 活気付かせる事ができるかを考えるのです

And/ so someone has to do/ that work.//

誰かがそれをやらなくちゃならない

If I were a traditional developer,/ I would be talking about buildings alone,/ and then/ putting a "For Lease"/ sign/ in the window.//

もし私が従来の土地開発業者だったら ビルのことだけ考えて 「貸出中」の看板を窓に貼って それで終わりでしょう

I think/ that you actually have to curate/ more/ than that,/ that there's a way/ in which you have to be mindful about,/ what are the businesses/ that I want to grow here?//

実はそれ以上のものを 創り出さなければならないんです より注意深く考えるべき問題があります 例えばどんなビジネスが ここで育まれるべきだろうか?

And then,/ are there people/ who live in this place/ who want to grow/ those businesses/ with me?//

それからここに住む人々は 私と共に そのビジネスを育てたいだろうか? ということです

Because I think/ it's not just a cultural space or housing;/ there has to be the recreation of an economic core.//

何故なら 単に文化施設や 家屋があれば良いのではなく そこには経済活動を核とした 再生が起こるべきなのです

So thinking about those things together/ feels right.//

だからそうしたことを 同時に考えてこそ しっくり来ますね

JC:/ It's hard/ to get people/ to create the spark again/ when people have been slogging for 20 years.//

コーエン:20年も停滞していた 環境にいた人々に再び活気を 取り戻してもらうのは至難の業でしょうね

Are there any methods/ you've found/ that have helped break through?//

これまで何か 特に有効だった 方法はありましたか?

TG:/ Yeah,/ I think/ that now/ there are lots of examples of folk/ who are doing amazing work,/ but those methods are sometimes like,/ when the media is constantly saying/ that only violent things happen in a place,/ then based on your skill set and the particular context,/ what are the things/ that you can do in your neighborhood/ to kind of fight/ some of that?//

ゲイツ:ええ 今では多くの人々が 素晴らしい成果をあげている 例があります そうした例が 時折採る手法は例えば メディアが常にその場所の暴力的な事件だけを 取り上げているような状況に対して 自分の技術や文脈を用いて そうした地域のイメージを 払拭するような事を企画する そうした方法があります

So I've found/ that if you're a theater person,/ you have outdoor street theater festivals.//

だから もしあなたが演劇の方面の人だったら 屋外でシアター・フェスティバルを 開催したり出来る

In some cases,/ we don't have the resources/ in certain neighborhoods/ to do things/ that are a certain kind of splashy,/ but/ if we can then find ways of making sure/ that people/ who are local/ to a place,/ plus people/ who could be supportive of the things/ that are happening locally,/ when those people get together,/ I think/ really amazing things can happen.//

時には 貧しい地域に目を引くような イベントが出来るほどの 資源が無いことがあります しかし 地元の人々と そこで行われる事に 賛同し援助する人々が 力を合わせられるように 仕組めると 本当に素晴らしい事を起こせると思います

JC:/ So interesting.//

コーエン:本当に興味深いですね

And how can/ you make sure/ that the projects/ you're creating/ are actually for the disadvantaged and not just/ for the sort of vegetarian indie movie crowd/ that might move in/ to take advantage of them.//

それではどうしたらあなたが 創り出しているプロジェクトが 本当に 恵まれない人々の為に提供され ― ベジタリアンでインディー映画好き そんな格好の良い流行好きなだけの層に移り住まれ いい所だけを持って行かれたり しないように出来るのでしょう?

TG:/ Right on.// So/ I think/ this is/ where it starts to get/ into the thick weeds.//

ゲイツ:その通り その点が実は複雑に入り組む この話の繁みの部分につながるんです

JC:/ Let's go there.// TG:/ Right now,/ Grand Crossing is 99 percent black,/ or at least/ living,/ and we know/ that maybe/ who owns property/ in a place is different/ from who walks the streets/ every day.//

コーエン:行っちゃいましょう ゲイツ:今グランド・クロッシングは 99%が黒人で占められており ― 少なくとも住んでおり そこの土地の所有者は 日々そこで生活している人達とは 違うタイプでしょう

So it's reasonable/ to say/ that Grand Crossing is already in the process of being something different/ than it is today.//

だから グランド・クロッシングはもう既に 今日のグランド・クロッシングとは違う場所に なりつつあると言えると思います

But are there/ ways/ to think about housing trusts/ or land trusts/ or a mission-based development/ that starts to protect/ some of the space/ that happens,/ because/ when you have 7,500 empty lots/ in a city,/ you want something/ to happen there,/ but you need entities/ that are not just interested/ in the development piece,/ but entities/ that are interested/ in the stabilization piece,/ and I feel like often/ the developer piece is really motivated,/ but the other work of a kind of neighborhood consciousness,/ that part doesn't live anymore.//

しかし(低所得者層の為の公益の)住宅・土地信託基金や 公共の利益追求型の開発事業が 活動が起こる為の 土地を保護し始めるような事を 考えることは可能でしょうか ― 何しろ 街に7,500もの空き地があれば そこで何か文化活動が 起こって欲しいと思うものですから ― しかしそれには単に利益追求の為に 開発する業者では無く 人々がそこに根付き土地が健全な発展を続ける事を 目的とする開発業者が必要で そのうえ 往々にして土地の再開発という 側面は非常に勢いづいているが その ご近所の住民の為の工夫や 取り組みというものは 忘れ去られていると感じます

So/ how do you start to grow up/ important watchdogs/ that ensure/ that the resources/ that are made available/ to new folk/ that are coming in/ are also distributed to folk/ who have lived in a place/ for a long time.//

ですから 再開発後 そこに長年住んで来た住民達にも 新たに流入して来た居住者たち同様に 新たに創出された価値や資源が 行き渡るように 重要な番人が計らうような仕組みを 育てられるかが大切です

JC:/ That makes so much sense.// One more question:/ You make such a compelling case/ for beauty and the importance of beauty and the arts.//

コーエン:成程 良く分かりました もう一つ聞かせて下さい あなたは美や芸術の重要性について 説得力のある主張をしています

There would be others/ who would argue/ that funds would be better spent/ on basic services/ for the disadvantaged.//

資金を恵まれない方々への サービスに使う方が良いと 考える人々もいるでしょう

How do you combat/ that viewpoint,/ or come against it?//

そうした考えにはどう反論しますか?

TG:/ I believe/ that beauty is a basic service.//

ゲイツ:美は私達に不可欠な サービスだと信じています

(拍手)

Often/ what I have found/ is/ that/ when there are resources/ that have not been made available/ to certain under-resourced cities or neighborhoods or communities,/ that sometimes culture is the thing/ that helps to ignite,/ and/ that I can't do everything,/ but I think/ that there's a way/ in which if you can start with culture/ and get people kind of reinvested in their place,/ other kinds of adjacent amenities start to grow,/ and then/ people can make a demand/ that's a poetic demand,/ and the political demands/ that are necessary/ to wake up/ our cities,/ they also become very poetic.//

私がしばしば気付いたのは ― そもそも資源に手が届かない貧しい街や地域 コミュニティなどには 時として 文化が起爆剤となります そしてもちろん私には 全てを手助けすることはできません でも もし文化を創りだすことから始め ― そこに住まう人々が その場所に力を注ぐようになり その周りの施設も徐々に発展し始めると 更に文化への憧憬が生まれ 詩的な要求が生じます すると街を目覚めさせる為の 政治・経済的要求もまた 詩的な要求へと変化して行くのです

JC:/ It makes perfect sense/ to me.//

コーエン:しっかりと心に響きました

Theaster,/ thank you so much/ for being here with us today.//

シアスター 今日はご登壇いただき 本当に有難うございました

Thank you.// Theaster Gates.//

シアスター・ゲイツでした

(拍手)

potter

=putter

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

humble

(身分・質などが)『低い』,卑しい,そまつな;わずかな(scanty)

『控え目な』,謙そんな,出しゃばらない(modest)

甘んじて屈辱を受ける,平謝りさせられる

〈人・心など〉‘を'謙虚にする

…‘を'卑しめる,はずかしめる・「eat humble pie」で「屈辱を忍ぶ・ ひたすらわびる・甘んじて屈辱を受ける」

vocation

〈C〉(特に,自分に適した,またはその訓練を受けた)職業

〈U〉《時にa~》(特定の職業・仕事に対する)適性,素質《+for+名(doing)》

〈U〉《しばしば a~》天職,使命

pot

〈C〉(金属・陶器・ガラス製などの)『つぼ』,かめ,鉢(はち);深なべ・〈C〉びん・つぼ・かめ・なべなどの)1杯分(の分量)《+『of』+『名』》

〈C〉室内用便器(chamber pot)

〈C〉《話》優勝カップ

〈U〉《the pot》《おもに米》(ポーカーなどの)1回の総賭(か)け金

〈C〉《しばしば複数形で》《話》多額[の金]

〈U〉《the pot》《米》(仲間が共同で使えるように出し合う)基金

〈C〉《話》《おもに英》お偉方,大物

〈U〉《属》マリファナ(marijuana)

=potbelly

〈植物〉‘を'鉢植えにする

〈食物〉‘を'容器に入れて保存する

(食用・スポーツとして)〈獲物〉‘を'撃ち殺す

《話》〈子供〉‘を'室内便器に坐らせる

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

wheel

『車輪』

《the ~》(自動車の)『ハンドル』,(船の)『舵輪』(steering wheel)

(製陶用の)ろくろ(potter's wheel);紡ぎ車(spinning wheel)

《複数形で》(…の)推進力,原動力;機関,機構《of+『名』》

回転[運動],旋回[運動]

《複数形で》《俗》足,自動車,車

《場所を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'車で運ぶ

〈車〉‘を'動かす

車(車輪)で進む

くるりと回る,向きを変える《+around(about)》

〈鳥が〉輪を描く

《英》〈隊列が〉旋回する

mound

『盛り土』,塚;土手,古墳

(自然の)『小さい丘』,小山

(一般に)盛り上げたもの,堆積

(野球の投手の)マウンド

clay

『粘土』;泥土

(聖書で,人間の肉体が造られているとされる)土

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

bowl

『どんぶり,はち;わん』,茶わん,ボール

どんぶり(はち)1杯の量

(…の)丸くくぼんだ部分《+『of』+『名』》

《米》(はち形の)円形競技場(stadium)

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

helpful

『助けになる』,役に伝つ

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

Alabama

アラバマ州(米国南東部の州;州都Montgomery;{略}AL,Ala.)

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

dad

『おとうちゃん』

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

retire

(…から)『引退する』,退職する《+『from』+『名』》

就寝する,床につく

(…へ)『引きこもる』,退く,立ち去る《+『to』+『名』》

(…から)…‘を'引退(退職)させる《+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈打者〉‘を'アウトにする

tar

タール(石炭・木材を乾留するとできる黒い溶液で,coal tarはこの一種)

…‘に'タールを塗る

kettle

『やかん』,湯沸し

inheritance

〈U〉『相続』,継承

〈C〉『遺産』,相続財産

〈C〉(両親・前任者・前代などから)受け継いだもの

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

studio

(画家・写真家などの)『仕事場』,アトリエ

(音楽・ダンス・演技などの)練習場

《しばしば複数形で》『映画撮影所』,スタジオ

(ラジオ・テレビの)『放送室』,放送スタジオ

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

elevate

(ある高さに)…‘を'『上げる』,‘の'程度を高める《『名』+『to』+『名』》

(知的・精神的に)…‘を'向上させる,高める

(…から…に)〈人〉‘を'昇進させる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

Chicago

『シカゴ』(『I』Illinois州にある米国の大都市)

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

upset

『…‘を'ひっくり返す』,転覆させる

〈計画など〉‘を'『だめにする』,だいなしにする,狂わす

〈人〉‘の'『心お乱す』,'を'ろうばいさせる

〈体など〉‘の'調子お狂わせる

《米》(競技などで)〈相手〉'を'思いがけなく負かす

ひっくり返った

(計画などが)だいなしの,狂った

《捕語にのみ用いて》(精神的に)混乱した,ろうばいした

(体などの)調子がおかしくなった

〈U〉〈C〉『転倒』,転落

〈C〉(計画.心などの)『混乱』,乱れ;(体の)不調

〈C〉《話》けんか

〈C〉《米》(競技などでの)番狂わせ

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

crossing

横断,横切ること;渡航

交差点,十字路;踏切,《英》横断歩道(《米》crosswalk),(河川・水路の)横断場所

異種交配(crossbreeding)

good day

『こんにちは』(昼間の改まったあいさつ)

《古》さようなら

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

abandonment

見捨てること,遺棄

自暴自棄

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

housing

住宅供給;家に収容すること

《集合的に》家,住宅(houses)

避難所

(機械の)架構(支え台・枠・囲い,また部品収容箱など)

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

blight

〈U〉胴枯れ病(さび病・黒穂病・べと病など,菌の寄生のために起こる植物の病気)

〈C〉(…を)破壊(だめに)するもの(人)《+『of』(『on』)+『名』》

〈U〉荒発した状態

…'を'枯らす,しおれさせる

〈希望など〉'を'くじく,損なう,台なしにする

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

abandon

〈車・船・家など〉'を'『捨て去る』,見捨てて去る(leave behind)

〈希望・計画など〉'を'『断念する』;〈習慣など〉'を'『やめる』

勝手気まま,放縦

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

extension

〈U〉〈C〉(…を)『拡大』(延長)『すること』,(…が)拡大(延長)されること《+『of』+『名』》

〈C〉拡大(延長)された部分(物)

〈C〉(電話の)内線

expansion

〈U〉『拡大』,『拡張』;展開

〈C〉拡大(拡張)されたもの

〈U〉〈C〉(数字で)展開[式]

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

creative

『創造力のある』

『独創的な』

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

real estate

(土地・家屋などの)不動産

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

sweep

…‘を'『掃く』,掃除する

(ほうきで掃くなどして)〈ごみなど〉‘を'『取る』,集める《away(up)+名》;(…から)…‘を'取る《+《away(up)+名+from(off)+名》

(掃くように)…‘の'『上をさっと通る』,…‘を'さっとなでる(吹き抜ける);《副司句を伴って》…‘を'掃くように動かす

…‘を'押し流す,吹き飛ばす《+along(away, off)+名》;(…から)…‘を'押し流す《+『名』+『

off(from)』+『名』》

〈選挙など〉‘に'全面的に勝利をおさめる

『掃く』,掃除をする

《副詞[句]を伴って》(掃くように)『さっと通る(動く)』

《副詞[句]を伴って》〈山などが〉弓なりに伸びる

《副詞[句]を伴って》〈人が〉堂々と通り過ぎる

(…を)『掃くこと』,掃除すること,(…か)一掃《+『of』+『名』》

(…を)『さっと動かすこと』,一振り,(オールなどの)一こぎ《+of+名》

(…の)湾曲,曲線,カーブ《+of+名》

(…の及ぶ)範囲《+of+名》

(物が)押し寄せること,突進

《話》掃除人,(特に)煙突掃除人

長いオール(かい)

全面的勝利

《複数形で》=sweepstakes

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

sweeping

(広い範囲を)『一掃する』,大きくさっと動かす

『広範囲の』,全面的な;決定的な

《複数形で》掃き集めたもの,ごみ,くず

〈U〉掃除

broom

〈C〉(長い柄のついた)『ほうき』

〈U〉エニシダ(荒野に自生する植物)

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

hood

『ずきん』,フード

(馬車・自動車などの)ほろ,(電灯,煙突などの)かさ,(機械などの)おおい,(カメラのレンズ用の)フード

《米》(自動車の)ボンネット(車体のエンジン部分のおおい)(《英》bonnet)

(大学の式服などの)背の垂れ布

…‘を'ずきん(ほろ,かさなど)でおおう,‘に'ずきん(ほろ,かさなど)をつける;(ずきんなどで)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

vessel

(比較的大型の)『船』

(特に液体を入れる)容器,器

(動植物の)『管』,導管,脈管

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

discard

〈不用品・習慣など〉‘を'『捨てる』,廃棄する

〈人〉‘を'解雇する

(カードゲームで)〈不用の札〉‘を'捨てる

〈C〉捨てられた物)人)

〈U〉廃棄

〈U〉(カードゲームで)手札の投げ出し〈C〉捨て札

publishing

出版業

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

bookstore

『書』,本屋(《英》bookshop)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

whoever

《名詞節を導く関係代名詞》(先行詞を含む)…『する[ところの]だれでも』

《譲歩節を導く関係代名詞》『だれが…でも』

《疑問代名詞whoの強調形》《話》『いったいだれが』

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

stock

〈C〉〈U〉(…の)『在庫品』,仕入れ品,ストック《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)貯蔵,蓄え《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『家畜』

〈U〉血統,家系,家柄

〈U〉〈C〉(動植物の)種属

〈U〉(スープ種・ソース種などに用いる)煮出し汁

〈U〉〈C〉《おもに米》(株式会社の)株,株式;〈C〉株券,《英》国債,地方債

〈U〉原料

〈C〉《複数形で》(刑罰用の昔の)さらし台

〈C〉(銃の)台じり

〈C〉(接ぎ木の)台木

〈C〉(接ぎ穂をとる)親株

〈C〉(植物の)幹,茎

〈C〉(錨(いかり)のリングの下の)横棒

〈C〉(劇場の)専属劇団[のレパートリー]

〈C〉アラセイトウ(春,赤紫色の花を開く)

(商品を)〈店など〉‘に'『仕入れる』,蓄える《+『名』〈店〉+『with』+『名』〈商品〉》

…‘を'『仕入れている』,貯蔵している

(家畜などを)〈農場など〉‘に'入れる,(…を)〈川・草地など〉‘に'放つ《+『名』〈農場など〉+『with』+『名』》

(…を)仕入れる,蓄える《+『up with』+『名』》

常に仕入れてある,常置の;標準の

ありふれた,陳腐な

在庫品を扱う

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

opportunity

『機会』,好機

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

cinema

〈C〉『映画館』(《米》movie theater)

《the ~》映画産業;《集合的に》『映画』(《米》movie[s])

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

van

有蓋トラック,ほろつきトラック(家具・商品・家畜などの運搬用に使われる)

《英》=boxcar

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

outgrow

…‘が'合わないほど大きくなる

(年とともに)…‘から'脱する

…‘より'背が高くなる

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

residential

住居の,居住の

住居向きの

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

exciting

(物事が)『興奮させる』

responsive

すぐ反応する,共鳴しやすい;応答する

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

dirt

『不潔な物』,汚物;泥,ほこり,ごみ

土(soil)

無価値なもの

わい談,春画,わいせつ本(pornography)

《話》卑わいな言葉;(特に)卑わいな悪口

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

applause

『拍手かっさい』;称賛

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

adjacent

《文》近接の,隣接している;(…に)すぐ近くの《+『to』+『名』》

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

memorabilia

記憶する価値のある事柄(事件);備忘録

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

degrade

(…に)…‘の'地位(身分)を下げる《+『名』+『to』+『名』》

(…にまで)…‘の'品位(評判)を下げる,'を'卑しくする《+『名』+『to』+『名』》

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

hub

(車輪の)こしき,中心部

(活動などの)中心,中枢《+『of』+『名』》

hardcore

容易に変わらぬ,強固な;中核の

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

purchase

…‘を'『買う』,購入する

(苦難・犠牲により)…‘を'手に入れる,獲得する:

〈U〉(…の)『買い入れ』,購入《+『of』+『名』》

〈C〉『買った物』,購入品

〈U〉《時にa~》(物を動かすときの)ひっかかり,手(足)がかり

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

miniature

(…の)『模型』《+『of』+『名』》

小さな細密画,(特に)小さくて細密な肖像画

小型の,縮小した

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

greenbelt

(都市周辺の)緑地帯

destination

(旅行・航海などの)『目的地』,行き先;(物の)『送付先』,到着地

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

singular

『非凡な』,目ざましい

『奇妙な』,変わった

(文法で)『単数の』

単数[形]

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

export

(外国へ)〈商品〉‘を'『輸出する』《+『名』+『to』+『名』》

〈C〉『輸出品』

〈U〉(…の)『輸出』《+『of』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

Ohio

オハイオ州(米国中西部の州;州都はColumbus;《略》『O.,OH』)

《the~》オハイオ川(米国中東部を南西に流れてMississippi川に合流する)

Detroit

デトロイト(米国Michigan州にある自動車製造で有名な工業都市)

Michigan

ミシガン州(米国中北部の州;州都はLansing;{略}『Mich,MI』)

ミシガン湖(『Lake~』;米国の五大湖の1つ)

Indiana

インディアナ州(米国中部の州;州都はIndianapolis;《略》『Ind』,『IN』)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

disconnect

〈二者〉‘の'関係を絶つ;〈電話・電源など〉‘を'切る;(…から)…‘を'分離する《+『名』+『from』+『名』》

contingency

〈C〉偶発事件,不慮の事故;(ある事に)伴う事件

〈U〉偶然,偶発性

advice

〈U〉『忠告』,助言;(医者・弁護士などの)意見,指示

〈U〉〈C〉(商業取引上の)通知;《複数形で》報道,報告

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

pulse

《通例単数形で》『脈はく』

(一般に,規則的な)鼓動,律動

(電気の)パルス

(一般的な)傾向

脈を打つ,鼓動する

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

slog

(特にクリケットで)〈ボール〉‘を'強打する

…‘に'精を出す

強打する

こつこつ働く,精を出す

〈C〉(クリケットでの)強打

〈U〉こつこつする仕事,苦しい道のり

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

developer

〈C〉開発者,啓発者;宅地開発(造成)業者

〈U〉(写真の)現像液

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

lease

借地(借家)契約,借地(借家)権

借用期間

(…に)〈土地・家屋など〉‘を'賃貸する《+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'賃借りする《+『名』+『from』+『名』》

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

curate

(おもに英国国教会の)牧師補,副牧師(rectorまたはvicarの助手または代理);(カトリックの)助任司祭

mindful

心にとめて忘れない,注意する

recreation

作り直し;〈C〉作り直したもの

economic

『経済の』

『経済学の』

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

spark

〈C〉『火花』,火の粉;(電気の)スパーク;(一般に)閃光(せんこう),(宝石などの)きらめき

〈C〉(人などの)活気,生気;(才気などの)ひらめき《+『of』+『名』》

〈C〉(事件などの)発端,発火点

《a spark》ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

火花を出す;閃光を発する;〈電気が〉スパークする

〈人〉‘を'かり立てて…させる《+『名』〈人〉+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

outdoor

『戸外の』,野外の

street theater

(旅回りの劇団による)街頭公演

festival

〈C〉〈U〉『祭り』,祝い,祭典

〈C〉『祭日』,祝日

《しばしば『F-』》(映画・音楽などの)…祭

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

splashy

はねを上げる(上げやすい)

斑点(はんてん)(しみ)だらけの

《おもに米》評判の,はでな,目立つ

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

supportive

支える;維持する;扶養する

locally

地方的に,局部的に;近くに

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

disadvantaged

恵まれない,不利な立場にいる

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

vegetarian

菜食主義者(道徳上または健康上の理由で魚・肉を食べず,野菜だけを食べる人)

菜食主義の

野菜だけの

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

weed

〈C〉『雑草』

《the Weed》(巻き)たばこ,葉巻き;マリファナ

〈C〉(特にひょろ長い)弱々しい人

〈庭など〉の『雑草を抜く』,草を取る

(…から)〈雑草〉を抜く《+名+out of(from)+名》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

property

動産

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

entity

実在するもの,実体

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

consciousness

意識,知覚

(個人や集団の)意識,精神,意見

watchdog

番犬

保護者,監視者

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

combat

『戦い』,戦闘;格闘

〈敵・悪など〉‘と'『戦う』,闘争する

(…のために…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』+『for』+『名』》

viewpoint

『観点』,見地,見解(point of view)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

ignite

…‘に'火をつける,点火する,‘を'燃やす

火がつく,燃え始める

amenity

《the amenities》礼儀正しい行為(言葉)

〈U〉〈C〉快適さ,ここちよさ;楽しさ

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

poetic

『詩の』

詩的な

詩人の,詩人のふさわしい

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

関連動画