TED日本語 - ロビン・マーフィー: 災害の救援に駆けつけるロボット

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

災害に見舞われた時、いち早く現場に駆けつけるのは誰か?ロボットである可能性がますます高くなっていきます。ロビン・マーフィーは研究室で、災害現場を飛んだり、トンネルを掘ったり、泳いだり、這ったりするロボットを作っています。ロボットの開発により、消防士やレスキュー隊員による人命救助活動がより安全なものとなり、さらにコミュニティの復興が最高3年、早まります。

Script

年間100万人以上が 災害で死亡します 250万人が回復不能の障害を負ったり 住む場所を失ったりします そして復興には20~30年かかり 被害額は数十億ドルにのぼります

初動対応を1日繰り上げるだけで 全体の復興にかかる期間が 1,000日 つまり3年も短縮できます その仕組みを見てゆきましょう 第1陣が現地入りして 人命救助をし 洪水の危険性などを緩和する ことさえできれば その後 現地入りする人たちの仕事は 水道、道路、電気の復旧ということになります 従って 建設業や 保険会社の社員も 現地入りして 家屋を再建できるので 経済を復興できるのです また 次の被災時に より迅速な 復興対応ができるかもしれません 大手保険会社によると 保険会社が世帯主の請求を 1日早く処理できれば 半年も早く 家を修理してもらえるのです

ですから私は 災害ロボット工学を研究しています ロボットを使えば すばやく災害を処理できるからです

さて この2台のロボットは 無人航空機(UAV)です 展示してある2種類のUAVは 回転翼機のハミングバードと 固定翼機のホークです 2005年のハリケーン・カトリーナ以降 広範囲で 使用されてきました 回転翼機のハミングバードの 動きをご覧に入れましょう 構造工学技術者にとっては 最高のロボットですよね 地上の双眼鏡や 衛星などの飛行物体の 高角度の画像では 見られないアングルから 被害状況が把握できます 構造工学技術者や保険業者でなくても 状況把握は必要です このホークのような 固定翼機もあります さて このホークは地理空間の調査に 使えます 地理空間調査では 画像を集めて 3次元に再構築します

ワシントン州オソの土砂災害では 両方の機種が使用されました その理由は捜索救援ではなく 地理空間的、水文学的に 災害状況を把握することが 重要だったからです 捜索救援チームは現地状況を コントロール下に置き 活動内容を理解していました もっと大きな問題だったのは 二次災害により隊員たちが 土砂や洪水に流されることでした 問題は隊員の怪我や 物的損害だけでなく ワシントン州の被災地での サケ釣りの将来も 危ぶまれていました そのため 現状を 理解する必要がありました 7時間のうちに アーリントンの 現場指揮所から被災地へ車を走らせ UAVを飛ばして データを処理し アーリントンの指令所に戻りました 7時間です 他の方法だったら2、3日かかるものを 7時間で届けたのです しかも より鮮明な高解像度です それが形勢を一変させます

UAVだけに注目しないでください 確かに UAVについ目が行くのはわかりますけどね 世界の人口の8割が 水辺で暮らしているのです つまり 橋などの 重要なインフラが 水没して 人間が立ち入れなくなるのです そのため 無人水中機(UMV)を使うのです ご覧のものは SARbotで 四角いドルフィンです 水中に潜り ソナー(超音波探信儀)を使います なぜ無人水中機が 重要なのでしょうか? どうしてこんなにも重要なのに 見過ごされているのでしょうか? 日本の津波について 考えてみましょう 約650kmの海岸線が 壊滅的な被害を受けました アメリカのハリケーン・カトリーナによる 沿岸被害の2倍です 橋、パイプライン、港などが 破壊されたらどうなるのか? 港がなければ 被災者を支援する 十分な救援物資を受け取る 方法がなくなるのです ハイチの地震では それが大問題となりました だから UMVが要るのです

SARbotが 何を捉えているのかを 見てみましょう 漁港で活動した時のものです SARbotのソナーを使って 4時間で 漁港を再開できました その漁港では潜水チームの 手作業が始まるのに半年かかり さらに2週間の潜水作業がかかると 言われていました それでは地域の主要な収入源である 秋の出漁期を逃してしまいます アメリカならケープコッドのような場所です だから UMVは大変重要なのです

お見せしたロボットが すべて小さいのは ロボットは人間がすることはせず 人間が行けない所に行くからです 良い例がブジョルドです 無人地上探索機は 特に小さいのです ブジョルドは ―

(笑)

ブジョルドに挨拶して

(笑)

ブジョルドは世界貿易センターで 広範囲に使われ 1、2、4号棟を捜索しました 瓦礫を登ったり懸垂下降をしたり 隙間の奥に進んで行きます ブジョルドの視線での 世界貿易センターです 人間や犬が入れないような 被災地で活躍するのです しかも 火災が起きています 地下の生存者の元にたどり着く 希望がただ1つあるとしたら 火の中をかいくぐって 捜さねばなりません 熱さのあまり 1台のロボットの 車輪が溶けて外れました ロボットは人間や犬 ハチドリや鷹 イルカの代わりをするのではありません ロボットは新しいことをするのです 新しい画期的な方法で 隊員や専門家をサポートするのです

最大の問題は ロボットをより小さく作ることでも 耐熱性の向上や センサーの増設でもなく 最大の問題はデータ つまり情報科学なのです 適切な時間に適切なデータを得る 必要があるからです

専門家が現場に到着するまでの時間を待たず 専門家が直接ロボットに アクセスできたら 素晴らしくありませんか? 現場にいる人が使えたら 素晴らしくありませんか? 一緒に考えてみましょう 田舎で化学薬品を積んだ列車の脱線事故があったとしましょう UAVを所有している国の専門家、化学技術者 輸送技術者のうち UAVの訓練を受けている者の 割合はどのくらいでしょうか? おそらくゼロに近いと思います だから このようなインターフェースで ロボットの種類が分からなくても ロボットを使っていてもいなくても ロボットを使えるようにします ロボットが皆さんや専門家に 提供するのはデータです

問題は「誰が何のデータをいつ得るのか」です たとえば あらゆる情報を 集めて皆で共有して それを仕分けしてもらう手があります ただし それだと問題はネットワークが 負荷に耐えられず さらに悪いことに 状況を一変させる決断をするのに 決断をするために必要となる情報が 一塊になってしまうと それを受け止めようとする人間1人ひとりの 認識能力を越えてしまいます だから そういう難題について 考える必要があるのです だから データなのです

世界貿易センターの話に戻しますと ブジョルドが瓦礫の奥に入った時の データだけを記録することで その問題解決を図りました それが米陸軍予備役のチームの 求めるデータだったからです あとで気づいたんですが 土木技術者だったら 瓦礫の奥に辿りつくまでの 箱型梁、シリアルナンバー、採取場所などのデータに 興味を持ち 必要としたかも知れません 価値あるデータを失ったのです 今後の課題はすべてのデータを記録し しかるべき相手に提供することです

別の理由もあります その時分かったのですが いくつかの施設 学校、病院、市役所などでは 調査段階によって対応する機関が違うので 4回も調査が入ることになるのです ロボットが収集したデータを 共有すれば 各フェーズを集約することによって 対応時間が短くなるだけでなく フェーズの同時進行も行えるのです 誰もがデータを見られます そうやって時間短縮できます

だから「災害ロボット工学」 というのは誤称です ロボットではなく 主体はデータなんです

(拍手)

皆さんにお願いしたいことは 次に 災害のニュースを見るとき ロボットを探してください 地下、水中、空中のどこにいるかわかりませんが きっといるはずです 救援に駆けつける ロボットを探してください

(拍手)

Over a million people are killed each year in disasters. Two and a half million people will be permanently disabled or displaced, and the communities will take 20 to 30 years to recover and billions of economic losses.

If you can reduce the initial response by one day, you can reduce the overall recovery by a thousand days, or three years. See how that works? If the initial responders can get in, save lives, mitigate whatever flooding danger there is, that means the other groups can get in to restore the water, the roads, the electricity, which means then the construction people, the insurance agents, all of them can get in to rebuild the houses, which then means you can restore the economy, and maybe even make it better and more resilient to the next disaster. A major insurance company told me that if they can get a homeowner's claim processed one day earlier, it'll make a difference of six months in that person getting their home repaired.

And that's why I do disaster robotics -- because robots can make a disaster go away faster.

Now, you've already seen a couple of these. These are the UAVs. These are two types of UAVs: a rotorcraft, or hummingbird; a fixed-wing, a hawk. And they're used extensively since 2005 -- Hurricane Katrina. Let me show you how this hummingbird, this rotorcraft, works. Fantastic for structural engineers. Being able to see damage from angles you can't get from binoculars on the ground or from a satellite image, or anything flying at a higher angle. But it's not just structural engineers and insurance people who need this. You've got things like this fixed-wing, this hawk. Now, this hawk can be used for geospatial surveys. That's where you're pulling imagery together and getting 3D reconstruction.

We used both of these at the Oso mudslides up in Washington State, because the big problem was geospatial and hydrological understanding of the disaster -- not the search and rescue. The search and rescue teams had it under control and knew what they were doing. The bigger problem was that river and mudslide might wipe them out and flood the responders. And not only was it challenging to the responders and property damage, it's also putting at risk the future of salmon fishing along that part of Washington State. So they needed to understand what was going on. In seven hours, going from Arlington, driving from the Incident Command Post to the site, flying the UAVs, processing the data, driving back to Arlington command post -- seven hours. We gave them in seven hours data that they could take only two to three days to get any other way -- and at higher resolution. It's a game changer.

And don't just think about the UAVs. I mean, they are sexy -- but remember,80 percent of the world's population lives by water, and that means our critical infrastructure is underwater -- the parts that we can't get to, like the bridges and things like that. And that's why we have unmanned marine vehicles,one type of which you've already met, which is SARbot, a square dolphin. It goes underwater and uses sonar. Well, why are marine vehicles so important and why are they very, very important? They get overlooked. Think about the Japanese tsunami -- 400 miles of coastland totally devastated, twice the amount of coastland devastated by Hurricane Katrina in the United States. You're talking about your bridges, your pipelines, your ports -- wiped out. And if you don't have a port, you don't have a way to get in enough relief supplies to support a population. That was a huge problem at the Haiti earthquake. So we need marine vehicles.

Now, let's look at a viewpoint from the SARbot of what they were seeing. We were working on a fishing port. We were able to reopen that fishing port, using her sonar, in four hours. That fishing port was told it was going to be six months before they could get a manual team of divers in, and it was going to take the divers two weeks. They were going to miss the fall fishing season, which was the major economy for that part, which is kind of like their Cape Cod. UMVs, very important.

But you know, all the robots I've shown you have been small, and that's because robots don't do things that people do. They go places people can't go. And a great example of that is Bujold. Unmanned ground vehicles are particularly small, so Bujold --

(Laughter)

Say hello to Bujold.

(Laughter)

Bujold was used extensively at the World Trade Center to go through Towers 1,2 and 4. You're climbing into the rubble, rappelling down, going deep in spaces. And just to see the World Trade Center from Bujold's viewpoint, look at this. You're talking about a disaster where you can't fit a person or a dog -- and it's on fire. The only hope of getting to a survivor way in the basement, you have to go through things that are on fire. It was so hot, on one of the robots, the tracks began to melt and come off. Robots don't replace people or dogs, or hummingbirds or hawks or dolphins. They do things new. They assist the responders, the experts, in new and innovative ways.

The biggest problem is not making the robots smaller, though. It's not making them more heat-resistant. It's not making more sensors. The biggest problem is the data, the informatics, because these people need to get the right data at the right time.

So wouldn't it be great if we could have experts immediately access the robots without having to waste any time of driving to the site, so whoever's there, use their robots over the Internet. Well, let's think about that. Let's think about a chemical train derailment in a rural county. What are the odds that the experts, your chemical engineer, your railroad transportation engineers, have been trained on whatever UAV that particular county happens to have? Probably, like, none. So we're using these kinds of interfaces to allow people to use the robots without knowing what robot they're using, or even if they're using a robot or not. What the robots give you, what they give the experts, is data.

The problem becomes: who gets what data when? One thing to do is to ship all the information to everybody and let them sort it out. Well, the problem with that is it overwhelms the networks, and worse yet, it overwhelms the cognitive abilities of each of the people trying to get that one nugget of information they need to make the decision that's going to make the difference. So we need to think about those kinds of challenges. So it's the data.

Going back to the World Trade Center, we tried to solve that problem by just recording the data from Bujold only when she was deep in the rubble, because that's what the USAR team said they wanted. What we didn't know at the time was that the civil engineers would have loved, needed the data as we recorded the box beams, the serial numbers, the locations, as we went into the rubble. We lost valuable data. So the challenge is getting all the data and getting it to the right people.

Now, here's another reason. We've learned that some buildings -- things like schools, hospitals, city halls -- get inspected four times by different agencies throughout the response phases. Now, we're looking, if we can get the data from the robots to share, not only can we do things like compress that sequence of phases to shorten the response time, but now we can begin to do the response in parallel. Everybody can see the data. We can shorten it that way.

So really, "disaster robotics" is a misnomer. It's not about the robots. It's about the data.

(Applause)

So my challenge to you: the next time you hear about a disaster, look for the robots. They may be underground, they may be underwater, they may be in the sky, but they should be there. Look for the robots, because robots are coming to the rescue.

(Applause)

Over a million people are killed each year/ in disasters.//

年間100万人以上が 災害で死亡します

Two and a half million people will be permanently disabled or displaced,/ and the communities will take 20 to 30 years/ to recover and billions of economic losses.//

250万人が回復不能の障害を負ったり 住む場所を失ったりします そして復興には20~30年かかり 被害額は数十億ドルにのぼります

If you can reduce the initial response/ by one day,/ you can reduce the overall recovery/ by a thousand days,/ or three years.//

初動対応を1日繰り上げるだけで 全体の復興にかかる期間が 1,000日 つまり3年も短縮できます

See/ how that works?//

その仕組みを見てゆきましょう

If the initial responders can get in,/ save lives,/ mitigate/ whatever flooding danger/ there is,/ that means/ the other groups can get in/ to restore the water,/ the roads,/ the electricity,/ which means then/ the construction people,/ the insurance agents,/ all of them can get in/ to rebuild the houses,/ which then means/ you can restore the economy,/ and maybe even make it better and more resilient/ to the next disaster.//

第1陣が現地入りして 人命救助をし 洪水の危険性などを緩和する ことさえできれば その後 現地入りする人たちの仕事は 水道、道路、電気の復旧ということになります 従って 建設業や 保険会社の社員も 現地入りして 家屋を再建できるので 経済を復興できるのです また 次の被災時に より迅速な 復興対応ができるかもしれません

A major insurance company told me/ that if they can get a homeowner's claim processed one day earlier,/ it'll make a difference of six months/ in that person/ getting their home repaired.//

大手保険会社によると 保険会社が世帯主の請求を 1日早く処理できれば 半年も早く 家を修理してもらえるのです

And that's/ why I do disaster robotics --/ because robots can make/ a disaster go away faster.//

ですから私は 災害ロボット工学を研究しています ロボットを使えば すばやく災害を処理できるからです

Now,/ you've already seen a couple of these.//

さて この2台のロボットは

These are the UAVs.//

無人航空機(UAV)です

These are two types of UAVs:/ a rotorcraft,/ or hummingbird;/ a fixed-wing,/ a hawk.//

展示してある2種類のUAVは 回転翼機のハミングバードと 固定翼機のホークです

And they're used extensively/ since 2005 --/ Hurricane Katrina.//

2005年のハリケーン・カトリーナ以降 広範囲で 使用されてきました

Let/ me show you/ how this hummingbird,/ this rotorcraft,/ works.//

回転翼機のハミングバードの 動きをご覧に入れましょう

構造工学技術者にとっては 最高のロボットですよね

Being able to see damage/ from angles/ you can't get from binoculars/ on the ground/ or/ from a satellite image,/ or anything/ flying at a higher angle.//

地上の双眼鏡や 衛星などの飛行物体の 高角度の画像では 見られないアングルから 被害状況が把握できます

But it's not just structural engineers/ and insurance people/ who need this.//

構造工学技術者や保険業者でなくても 状況把握は必要です

You've got things/ like this fixed-wing,/ this hawk.//

このホークのような 固定翼機もあります

Now,/ this hawk can be used for geospatial surveys.//

さて このホークは地理空間の調査に 使えます

That's/ where you're pulling/ imagery together/ and getting 3D reconstruction.//

地理空間調査では 画像を集めて 3次元に再構築します

We used both of these/ at the Oso mudslides up/ in Washington State,/ because the big problem was geospatial and hydrological understanding of the disaster --/ not the search/ and rescue.//

ワシントン州オソの土砂災害では 両方の機種が使用されました その理由は捜索救援ではなく 地理空間的、水文学的に 災害状況を把握することが 重要だったからです

The search and rescue teams had it/ under control/ and knew/ what they were doing.//

捜索救援チームは現地状況を コントロール下に置き 活動内容を理解していました

The bigger problem was/ that river and mudslide might wipe them out/ and flood the responders.//

もっと大きな問題だったのは 二次災害により隊員たちが 土砂や洪水に流されることでした

And not only was it challenging/ to the responders and property damage,/ it's also putting/ at risk/ the future of salmon fishing/ along that part of Washington State.//

問題は隊員の怪我や 物的損害だけでなく ワシントン州の被災地での サケ釣りの将来も 危ぶまれていました

So/ they needed to understand/ what was going on.//

そのため 現状を 理解する必要がありました

In seven hours,/ going from Arlington,/ driving from the Incident Command Post/ to the site,/ flying the UAVs,/ processing the data,/ driving back/ to Arlington command post --/ seven hours.//

7時間のうちに アーリントンの 現場指揮所から被災地へ車を走らせ UAVを飛ばして データを処理し アーリントンの指令所に戻りました 7時間です

We gave them/ in seven hours data/ that they could take only two to three days/ to get any other way --/ and at higher resolution.//

他の方法だったら2、3日かかるものを 7時間で届けたのです しかも より鮮明な高解像度です

It's a game changer.//

それが形勢を一変させます

And don't just think about the UAVs.//

UAVだけに注目しないでください

I mean,/ they are sexy --/ but remember,/80 percent of the world's population lives/ by water,/ and that means/ our critical infrastructure is underwater --/ the parts/ that we can't get to,/ like the bridges and things/ like that.//

確かに UAVについ目が行くのはわかりますけどね 世界の人口の8割が 水辺で暮らしているのです つまり 橋などの 重要なインフラが 水没して 人間が立ち入れなくなるのです

And that's/ why we have unmanned marine vehicles,/one type of which you've already met,/ which is SARbot,/ a square dolphin.//

そのため 無人水中機(UMV)を使うのです ご覧のものは SARbotで 四角いドルフィンです

It goes underwater/ and uses sonar.//

水中に潜り ソナー(超音波探信儀)を使います

Well,/ why are marine vehicles so important/ and why are they very, very important?//

なぜ無人水中機が 重要なのでしょうか? どうしてこんなにも重要なのに

They get overlooked.//

見過ごされているのでしょうか?

Think about the Japanese tsunami --/ 400 miles of coastland totally devastated,/ twice the amount of coastland devastated by Hurricane Katrina/ in the United States.//

日本の津波について 考えてみましょう 約650kmの海岸線が 壊滅的な被害を受けました アメリカのハリケーン・カトリーナによる 沿岸被害の2倍です

You're talking/ about your bridges,/ your pipelines,/ your ports --/ wiped out.//

橋、パイプライン、港などが 破壊されたらどうなるのか?

And/ if you don't have a port,/ you don't have a way/ to get in enough relief supplies to support/ a population.//

港がなければ 被災者を支援する 十分な救援物資を受け取る 方法がなくなるのです

That was a huge problem/ at the Haiti earthquake.//

ハイチの地震では それが大問題となりました

So we need marine vehicles.//

だから UMVが要るのです

Now,/ let's look/ at a viewpoint/ from the SARbot of what they were seeing.//

SARbotが 何を捉えているのかを 見てみましょう

We were working on a fishing port.//

漁港で活動した時のものです

We were able to reopen/ that fishing port,/ using her sonar,/ in four hours.//

SARbotのソナーを使って 4時間で 漁港を再開できました

That fishing port was told it was going to be six months/ before they could get a manual team of divers in,/ and it was going to take/ the divers/ two weeks.//

その漁港では潜水チームの 手作業が始まるのに半年かかり さらに2週間の潜水作業がかかると 言われていました

They were going to miss/ the fall fishing season,/ which was the major economy/ for that part,/ which is kind of like their Cape Cod.//

それでは地域の主要な収入源である 秋の出漁期を逃してしまいます アメリカならケープコッドのような場所です

UMVs,/ very important.//

だから UMVは大変重要なのです

But you know,/ all the robots/ I've shown/ you have been small,/ and that's/ because robots don't do things/ that people do.//

お見せしたロボットが すべて小さいのは ロボットは人間がすることはせず

They go/ places people can't go.//

人間が行けない所に行くからです

And a great example of that is Bujold.//

良い例がブジョルドです

Unmanned ground vehicles are particularly small,/ so Bujold --/ (Laughter)/

無人地上探索機は 特に小さいのです ブジョルドは ― (笑)

Say hello/ to Bujold.//

ブジョルドに挨拶して

(笑)

Bujold was used extensively/ at the World Trade Center/ to go through Towers 1,2 and 4.//

ブジョルドは世界貿易センターで 広範囲に使われ 1、2、4号棟を捜索しました

You're climbing/ into the rubble,/ rappelling down,/ going deep/ in spaces.//

瓦礫を登ったり懸垂下降をしたり 隙間の奥に進んで行きます

And just to see the World Trade Center/ from Bujold's viewpoint,/ look at this.//

ブジョルドの視線での 世界貿易センターです

You're talking/ about a disaster/ where you can't fit a person or a dog --/ and it's on fire.//

人間や犬が入れないような 被災地で活躍するのです しかも 火災が起きています

The only hope of getting to a survivor way/ in the basement,/ you have to go/ through things/ that are on fire.//

地下の生存者の元にたどり着く 希望がただ1つあるとしたら 火の中をかいくぐって 捜さねばなりません

It was so hot,/ on one of the robots,/ the tracks began to melt and come off.//

熱さのあまり 1台のロボットの 車輪が溶けて外れました

Robots don't replace people or dogs,/ or hummingbirds or hawks or dolphins.//

ロボットは人間や犬 ハチドリや鷹 イルカの代わりをするのではありません

They do things new.//

ロボットは新しいことをするのです

They assist the responders,/ the experts,/ in new and innovative ways.//

新しい画期的な方法で 隊員や専門家をサポートするのです

The biggest problem is not making the robots smaller,/ though.//

最大の問題は ロボットをより小さく作ることでも

It's not making/ them more heat-resistant.//

耐熱性の向上や

It's not making/ more sensors.//

センサーの増設でもなく

The biggest problem is the data,/ the informatics,/ because these people need to get/ the right data/ at the right time.//

最大の問題はデータ つまり情報科学なのです 適切な時間に適切なデータを得る 必要があるからです

So wouldn't it be great/ if we could have experts immediately access the robots/ without having to waste/ any time of driving to the site,/ so/ whoever's there,/ use their robots/ over the Internet.//

専門家が現場に到着するまでの時間を待たず 専門家が直接ロボットに アクセスできたら 素晴らしくありませんか? 現場にいる人が使えたら 素晴らしくありませんか?

Well,/ let's think/ about that.//

一緒に考えてみましょう

Let's think/ about a chemical train derailment/ in a rural county.//

田舎で化学薬品を積んだ列車の脱線事故があったとしましょう

What are the odds/ that the experts,/ your chemical engineer,/ your railroad transportation engineers,/ have been trained on whatever UAV/ that particular county happens to have?//

UAVを所有している国の専門家、化学技術者 輸送技術者のうち UAVの訓練を受けている者の 割合はどのくらいでしょうか?

Probably,/ like,/ none.//

おそらくゼロに近いと思います

So we're using/ these kinds of interfaces/ to allow people/ to use the robots/ without knowing/ what robot/ they're using,/ or/ even if they're using/ a robot or not.//

だから このようなインターフェースで ロボットの種類が分からなくても ロボットを使っていてもいなくても ロボットを使えるようにします

What the robots give you,/ what they give the experts,/ is data.//

ロボットが皆さんや専門家に 提供するのはデータです

The problem becomes:/ who gets/ what data/ when?//

問題は「誰が何のデータをいつ得るのか」です

One thing to do is/ to ship all the information to everybody/ and let them sort it/ out.//

たとえば あらゆる情報を 集めて皆で共有して それを仕分けしてもらう手があります

Well,/ the problem/ with that is it overwhelms the networks,/ and worse yet,/ it overwhelms the cognitive abilities of each of the people/ trying to get/ that one nugget of information/ they need to make/ the decision/ that's going to make/ the difference.//

ただし それだと問題はネットワークが 負荷に耐えられず さらに悪いことに 状況を一変させる決断をするのに 決断をするために必要となる情報が 一塊になってしまうと それを受け止めようとする人間1人ひとりの 認識能力を越えてしまいます

So we need to think/ about those kinds of challenges.//

だから そういう難題について 考える必要があるのです

So it's the data.//

だから データなのです

Going back/ to the World Trade Center,/ we tried to solve/ that problem/ by just recording/ the data/ from Bujold only/ when she was deep/ in the rubble,/ because that's/ what the USAR team said they wanted.//

世界貿易センターの話に戻しますと ブジョルドが瓦礫の奥に入った時の データだけを記録することで その問題解決を図りました それが米陸軍予備役のチームの 求めるデータだったからです

What we didn't know at the time was/ that the civil engineers would have loved,/ needed the data/ as we recorded the box beams,/ the serial numbers,/ the locations,/ as we went into the rubble.//

あとで気づいたんですが 土木技術者だったら 瓦礫の奥に辿りつくまでの 箱型梁、シリアルナンバー、採取場所などのデータに 興味を持ち 必要としたかも知れません

価値あるデータを失ったのです

So the challenge is getting all the data/ and getting it/ to the right people.//

今後の課題はすべてのデータを記録し しかるべき相手に提供することです

Now,/ here's another reason.//

別の理由もあります

We've learned/ that some buildings --/ things/ like schools,/ hospitals,/ city halls --/ get inspected four times/ by different agencies/ throughout the response phases.//

その時分かったのですが いくつかの施設 学校、病院、市役所などでは 調査段階によって対応する機関が違うので 4回も調査が入ることになるのです

Now,/ we're looking,/ if we can get the data/ from the robots/ to share,/ not only can/ we do things/ like compress/ that sequence of phases/ to shorten the response time,/ but now/ we can begin to do/ the response/ in parallel.//

ロボットが収集したデータを 共有すれば 各フェーズを集約することによって 対応時間が短くなるだけでなく フェーズの同時進行も行えるのです

Everybody can see the data.//

誰もがデータを見られます

We can shorten it/ that way.//

そうやって時間短縮できます

So really,/ "disaster robotics"/ is a misnomer.//

だから「災害ロボット工学」 というのは誤称です

It's not about the robots.//

ロボットではなく

It's about the data.//

主体はデータなんです

(拍手)

So my challenge/ to you:/ the next time/ you hear about a disaster,/ look for the robots.//

皆さんにお願いしたいことは 次に 災害のニュースを見るとき ロボットを探してください

They may be underground,/ they may be underwater,/ they may be in the sky,/ but they should be there.//

地下、水中、空中のどこにいるかわかりませんが きっといるはずです

Look/ for the robots,/ because robots are coming to the rescue.//

救援に駆けつける ロボットを探してください

(拍手)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

permanently

永久に,不変に

disabled

身体障害の不具の,無能力になった

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

economic

『経済の』

『経済学の』

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

initial

『最初の』;語頭にある

(語の)最初の文字

《複数形で》(姓名の)『かしら文字』,イニシアル

…‘に'かしら文字で署名する(印をつける)

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

mitigate

〈苦痛・怒りなど〉‘を'和らげる,鎮める;〈刑罰など〉‘を'軽くする

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

flood

〈C〉《しばしば複数形で》《単数扱い》『洪水』,大水;〈U〉(川の)はんらん

〈C〉《a~》(…の)『はんらん』,殺到《+『of』+『名』》

《the F-》ノアの洪水(旧約聖書「創世記」)

〈C〉『満潮』,上げ潮

…‘を'『あふれさせる』

〈人・物が〉…‘に'『殺到する』,どっと押し寄せる

〈川が〉はんらんする

(洪水のように)押し寄せてくる

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

restore

(元の状態に)…‘を'復活させる,回復させる,復帰させる《+『名』+『to』+『名』》

(元の形に)〈美術品・建物など〉‘を'『修復する』,復元する《+『名』+『to』+『名』》

〈盗品など〉‘を'『返す』,返却する

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

insurance

〈U〉『保険』保険契約

〈U〉『保険金』,保険料

〈U〉保険業

〈C〉(一般に)予防(保護)手段

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

rebuild

…‘を'再建する,改築する,作り直す・たてなおす;〈社会など〉‘を'改革する

再建させる

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

resilient

はね返る;弾性のある

すぐ元気を取りもどす

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

hummingbird

(アメリカ主の)ハチドリ

hawk

『タカ』

《話》(国際問題などで)強硬論者,タカ派の人

hurricane

(西インド緒島などに発生する熱帯性の)リリケーン,大施風;大暴風

(感情などの)激発

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

structural

構造[上]の,構成[上]の,組織[上]の

建築[用]の

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

binocular

両眼用の

両眼を使う

双両鏡,双両望鏡

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

imagery

《集合的に》像,心像

(文学における)比喩(ひゆ)的表現

reconstruction

〈U〉再建,改造,復興,復元

〈C〉再建(改造,復元)された物

《the R-》《米》南部諸州の再統合期,再建時代(南北戦争後,法律・諸制度を改正した1865年から1877年までの期間)

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

rescue

(危険などから)…‘を'『救う』,救助(救出)する《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

『救助』(『救出』)『すること』;〈C〉(個々の)救助,救出

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

wipe

〈物など〉‘を'『ふく』,ふぐう

〈よごれなど〉‘を'『ふき取る』,ぬぐい去る《+『away』(『off』)+『名,』+『名』+『away』(『off』)》;(…から)…‘を'ふき取る《+『名』+『off』(『from, out of』)+『名』》

(…に)〈布など〉‘を'こすりつけてふく(ぬぐう)《+名+over(across)+鳴》

ふくこと,ぬぐうこと

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

property

動産

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

salmon

〈C〉(魚の)『サケ』;〈U〉サケの肉

〈U〉サケの肉の色,サーモンピンク(黄色がかったピンク色)

fishing

〈U〉(職業としての)『魚取り』,漁業

(スポーツとしての)釣り

漁場,釣リ場

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

Arlington

アーリントン(バージニア州北東部の郡の名)

米国国立基地(Arlington National Cemetery)(無名戦士の基がある)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

incident

『でき事』,事件,騒ぎ

(小説・劇中の)事件,挿話

(…に)起こりやすい,ありがちな,伴って起こる《+『to』+『名』》

command post

(軍隊の)司令所(司令官が指岐をとる所)

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

datum

dataの単数形

既知の事実

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

sexy

性に関する;セクシーな,性的魅力のある

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

underwater

水面下の,水中の

水面下に(を),水中で(を)

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

unmanned

(船・宇宙船など)乗組員がいない,無人の

marine

『海の』,海洋の;海産の,海洋に住む

海事の;航海[用]の;船舶[用]の

〈U〉《集合的に》(一国の)『船舶』

〈C〉『海兵』;《通例M-》『米国海兵隊員』(the Marine Corpsの一員)

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

dolphin

『イルカ』

シイラ(温帯水域に産する大型の細長い魚)

sonar

音波水中探知機[sound navigation ranging の頭字語]

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

totally

全く,完全に

devastate

…‘を'荒廃させる,荒らす

(突然の知らせなどで(〈人など〉‘を'打ちひしぎ,混乱させる

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

pipeline

(石油・ガスなどの)輪送パイプ

《米》情報ルート

〈石油など〉‘を'パイプラインで運ぶ

port

〈C〉〈U〉『港』

〈C〉『港町』,『港市』

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

relief

〈U〉〈C〉(苦通・悩みなどの)『軽減』,除去《+『from』+『名』》

〈U〉(苦通・悩みなどから解放されて)ほっとすること,安心

〈C〉《単数形で》『ほっとさせるもの』,気味らし,慰み

〈U〉(難民などへの)救済,救援[物資];(軍隊の)救援,援軍

〈U〉職務(任務)の交替;〈C〉《集合的に》交替者(班)

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

Haiti

ハイチ(西インド諸島中にある共和国)

earthquake

『地震』

viewpoint

『観点』,見地,見解(point of view)

seeing

…ということを考えると;…であるからには,だから《+『that 節』(《話》『as節』)》

〈U〉〈C〉見ること

〈U〉視力,視覚

目の見える,目のきく

reopen

…‘を'再び開ける

…‘を'再び始める

再び開く,再び始まる

manual

手でする,手細工の

便覧,手引き,案内書

(オルガンの)けん盤

diver

水に飛び込む人

『海女』(あま),『潜水夫』;ダイビング競技の選手

水に潜る鳥(loon, grebeなど)

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

cape

ケープ(婦人服の短いそでなし外とう)

cod

=codfish 1

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

laughter

『笑い』,笑い声

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

rubble

石くず,荒石

(破壊された建物などの)断片,瓦礫(がれき)

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

survivor

生存者

basement

地階,地下室

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

melt

(熱・水などによって)『溶ける』,溶解する

〈人・心気持ちなどが〉『しだいに和らぐ』

〈色・音などが〉(…に)しだいに変わっていく《+『into』+『名』》

溶けてしだいに小さくなる(少なくなる,消おていく)《+『away』》

(熱・水などによって)(…に)〈物〉‘を'『溶かす』,溶解する《+『名』+『in』+『名』》

〈心・気持ちなど〉‘を'しだいに和らげる

…‘を'しだいに無くする

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

assist

〈人〉'を'『手伝う』,助力する,助ける

(…を)『手伝う』,助ける《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

(…に)出席する,立ち会う《+『at』+『名』》

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

whoever

《名詞節を導く関係代名詞》(先行詞を含む)…『する[ところの]だれでも』

《譲歩節を導く関係代名詞》『だれが…でも』

《疑問代名詞whoの強調形》《話》『いったいだれが』

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

derailment

脱線

rural

『いなか』(『田舎』)『の』,田園の,農村の

田舎ふうの

農業の

county

《英》『州』

《米》『郡』

州民,郡民

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

railroad

『鉄道』,鉄道線路

『鉄道会社』;鉄道施設

《米》…‘を'鉄道で輸送する

《話》〈法案など〉‘を'大急ぎで(…を)通す《+『名』+『through』+『名』》

《米俗》〈人〉‘を'でっち上げの証拠で牢に送りこむ

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

probably

『たぶん』,『おそらく』

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

data

『資料』,事実;情報

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

overwhelm

…‘を'『圧倒する』,‘に'打ち勝つ

《通例受動態で》(精神的・感情的に)<人>‘を'打ちのめす,参らせる

(波がおおいかぶさるように);‘を'すぽりと飲み込む(おおう)

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

cognitive

認識の(に関する,を要する)

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

nugget

天然金属塊;(特に)金塊

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

civil engineer

土木技師

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

beam

〈C〉(建設の)『はり』,『けた』,横材

〈C〉(船の甲板を支える)横はり

〈C〉(はかりの)さお;(織機の)糸巻き

〈C〉『光線』,光束

〈C〉(顔などの)『輝き』,晴れやかさ

〈C〉(船舶・航空機用の)信号電波

〈U〉最大船幅

《副詞[句]を伴って》『輝く』,光を発する

(…に)顔を輝かせる《+『at』(『on, upon』)+『名』》

〈光・熱〉'を'出す,発散する

(…に向けて)〈放送・無線信号〉'を'送る《+『名』+『at』(『to』)+『名』》

…'を'顔を輝かせて言う

serial number

通し番号

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

hospital

『病院』

city hall

市庁舎,市役所

市当局

inspect

…‘を'『検査する』,念入りに調べる

(公式に)…‘を'視勅する

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

compress

〈ガスなど〉'を'(…に)『圧搾する』,圧縮する《+『名』+『into』+『名』》

〈思想・言語など〉'を'(…に)要約する《+『名』+『into』+『名』》

湿布

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

shorten

…‘を'『短くする』,縮める

〈ケーキなど〉‘に'ショートニングを加えてさくさくさせる

短くなる

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

misnomer

(…の)誤称,呼び違い《『for』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

関連動画