TED日本語 - トーファー・ホワイト: リサイクル携帯電話が熱帯雨林を救う

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

熱帯雨林から聞こえてくるのは、鳥のさえずり、セミの鳴き声、テナガザルのはしゃぎ声などです。でも、背後で絶えず鳴っているのは、違法伐採者のチェーンソーの音です。エンジニアのトーファーは、違法伐採者を食い止めるための、シンプルで広範囲に使える方法について情報をシェアします。使うのは使い古しの携帯電話です。

Script

(熱帯雨林の音)

2011年の夏 私は観光で 初めて ボルネオの熱帯雨林を 訪れました ご想像の通り 森の中の圧倒されるような音に 何よりもびっくりしました こんな風に ずっと音が鳴り響いているのです 中には目立つ音があります 例えば これはサイチョウという 大きな鳥です これはセミの鳴き声です これはテナガザルの群れです 遠くから互いに歌を交わしている テナガザルの声です

これを録音したのは テナガザルの保護区だったので 沢山のテナガザルの声が聞こえます でも実は このとき森の中から 一番重要な音が出ていることに 私は気づいていませんでした 私だけでなく 他の誰も気づきませんでした

ご存知の通り ここはテナガザルの保護区です 職員は1日の大半を テナガザルの保護に費やしますが 周辺の違法伐採から森を守ることにも 多くの時間を取られています 森の音から テナガザルや昆虫などの音を 取り去ってみましょう 背景でずっと鳴っている音があります 遠くから聞こえる チェーンソーの音です この保護区にはフルタイムの 森林警備隊員が3人配置されています 任務は違法伐採を取り締まることです ある日 旅行者として もう一度森の中を訪れると 5分も歩かないうちに 伐採現場に出くわしました 歩いて5分 警備隊の詰所から 数百メートルのところでした でも チェーンソーの音は届きませんでした 理由は 先ほどお聞かせしたように 大きな森の音に消されたからです

びっくりして 受け入れ難かったです この現代において 保護区の詰所から たった数百メートルで発生する チェーンソーの猛烈な音が 誰にも聞こえないなんて と思いました まさかそんなはずはないと思えますが 事実です

どうやって違法伐採を食い止めるか? エンジニアとしては超クールな ハイテクの解決策を編み出したいと 常々思っていますが でも 現場は熱帯雨林の真っ只中なんです シンプルで広範囲に利用できる 解決策が必要です 私たちは森の中に必要なものが 全部そろっていることに気づきました 既存のものを使って 違法伐採を阻止できそうでした

では既存のものとは? まず 人材です 森林警備を専門とする フルタイムのスタッフが3人 いつでも現場に 駆けつけられる状態でした でもまずは 伐採に気づかなければなりません そして意外にも重要なことがわかりました なんと 森の中なのに ネットに接続できたのです 森のど真ん中の 誰もいないところで 携帯電話が受信できました 最寄りの道路まで数百キロもあるのに 電話が通じたんです 電気もないのに 携帯の電波の感度は良好でした 町にいる人はいつもSNSを見て 携帯でネットを閲覧しています それで 私はひょっとしたら できるんじゃないかなと思ったんです 森の中の音を使って 人間の耳には聞こえない チェーンソーの音をアプリで拾って 警告を送るシステムを作る でもそのためには デバイスを木に取り付けなければ なんらかのデバイスで 森の音を拾って 既存の携帯ネットワークに接続し 地上の人間に警告を送ることができれば 森林の違法伐採を阻止できるかもしれません

でも その前に熱帯雨林の保護について 話したいと思います というのは 雨林の保護について ずいぶん前から言われていて 私の世代は 子供のころから 熱帯雨林保護について 同じようなメッセージを 聞かされてきました 「熱帯雨林の保護は緊急の課題だ 昨日1日で サッカー場何個分もの 森林が破壊された 「いや 緊急どころか まだ熱帯雨林は 半分も残っているじゃないか」 「だけど もっと緊急な 気候変動などの問題が深刻化している」と

にもかかわらず 私が当時 ほとんど認識していなかった事実は 森林破壊が地球温暖化に与える影響が 世界中の飛行機 列車 乗用車 トラック 船舶 全部よりも大きいことです 森林破壊は 気候変動の2番目の要因です またインターポールによると 熱帯雨林で行われる伐採の90%が 私たちが見たのと同じ 違法伐採だということです ですからもし森林法を 徹底することができれば 温暖化の原因の17%をなくすことができ 短期間で大きな成果となるでしょう これが実現すれば 気候変動の問題を 手っ取り早く安上がりに解決できるかも

私たちの構想するシステムを 紹介しましょう 一見 超ハイテクに見えます 森の中でチェーンソーの音がした瞬間に デバイスでその音を拾って 既存の標準GSMネットワークで警報を送り 森林警備隊に知らせる 警備隊が現場に駆けつけて 伐採を阻止するのです 現場に乗り込んだのに 伐採後ということはなくなります 遠くにある衛星から 伐採現場を 指をくわえて見るだけでもありません リアルタイムで介入するのです

一番安上がりで手っ取り早いと 言いましたが 動作するかどうかも 安く早くできるかもわかりません ところが 木に取り付けるデバイスが 携帯電話であれば コストダウンは可能でした 毎年 数億台の携帯電話が処分されます アメリカだけでですよ アメリカ国外で処分される数を入れたら もっとになります 携帯電話は捨てたものではありません まずセンサーが満載です チェーンソーの音をしっかり拾えます 耐久性を上げなければなりません こんな風に 箱に入れ 電源の確保も必要です 電源の確保には 高い技術が必要で エンジニアの課題です 木が茂る森の中で 携帯電話の電源を確保することは なんとかして 木陰で太陽光発電をすることは 未解決課題でした そこでこのユニークな 太陽光発電パネルを開発しました 実はこれも パネル製造の副産物を リサイクルしています 長い紐状のものを切って作ります

組み立て現場です 両親の家のガレージです 場所を提供してくれた 両親に感謝です ご覧ください デバイスを 木に取り付けたところです ここから見ると 森の木陰に うまく隠れていますね これはとても大事です なぜなら たとえチェーンソーの音を聞き取れても 1キロ先の音が聞き取れても 約3平方キロメートルの範囲をカバーできても 誰かが取り外してしまったら このエリアの保護ができなくなります

ちゃんと動作するでしょうか? 動作確認のため またインドネシアに行きました 同じ場所ではなく別の テナガザルの保護区で 違法伐採に悩まされている地域です 開始から2日目に 違法伐採の チェーンソーの音を感知しました リアルタイムで警報を受信できました 私は携帯メールを受信しました 我々は木登りを終えて 地上に降りて みんなでタバコを 吸っているところでした そこにメールを受信し 他のみんなも聞き耳を立てたんです すると チェーンソーの音が聞こえました ごくかすかな音でした このときまで誰も気づいていませんでした そして 伐採者を阻止しに現場へ向かいました かなり緊張しました これは伐採者に近づいたところ このとき私はこれまでの努力を 後悔しているところです 私は 山の向こうで何が起きているか 不安がっています でも相方は私よりも勇敢なので 彼が行くなら 私も行かなければならない というわけで 彼は山の向こうにたどり着き 伐採者を止めることができたのです 伐採者にしてみれば びっくりです 今までこんな形で中断されたことがなく 衝撃だったようです これ以降 伐採者は戻ってこなかったそうです 実は 伐採者たちのおかげで このシステム全体の動作を 目の当たりにしました 現場で伐採者と遭遇したことで リアルタイムで現場に入って阻止できれば 伐採者は怖がって二度と やって来ないと確信できたのです

だから ありがとうございます (拍手)

いろんな人に話して このことが くちコミで広がり すごいことが起こりはじめました 世界中の人から メールや電話が 集まってきました なんと アジア全域 アフリカ全域 南米全域から このシステムは使えると 言ってくれました 重要なのは 特別かもしれないと思っていたのですが 森林の中で通信が良好だということです そして当然 森林は周辺部が もっとも違法伐採の脅威にさらされていたのです さらにすごいことに 人々が自分の古い携帯電話を 寄付してくれたんです こうやって今や私たちが 手にしたシステムは 地上の人材、既存の人材を使って 既存のネット接続サービスを 使ったり改良を加えたりしながら 世界中の人が送ってくれた 中古の携帯電話を使っています 自分たちの古い携帯電話が もう一度何かの役に立てば嬉しいと そんな感じです もし残りのデバイスに全部 リサイクル品を使うことができれば まさに リサイクルの上をいく 「アップサイクル」です

だから このシステムはなんら ハイテク由来のシステムではないんです これは既存の技術だけを使っています 私が確信していることは 携帯電話に限らず いつも既に材料はそろっていて 誰だって同様に 新しい使い方で効果的な発明が できるのです

ありがとうございました

(拍手)

(Rainforest noises)

In the summer of 2011, as a tourist, I visited the rainforests of Borneo for the very first time, and as you might imagine, it was the overwhelming sounds of the forest that struck me the most. There's this constant cacophony of noise. Some things actually do stick out. For example, this here is a big bird, a rhinoceros hornbill. This buzzing is a cicada. This is a family of gibbons. It's actually singing to each other over a great distance.

The place where this was recorded was in fact a gibbon reserve, which is why you can hear so many of them, but in fact the most important noise that was coming out of the forest that time was one that I didn't notice, and in fact nobody there had actually noticed it.

So, as I said, this was a gibbon reserve. They spend most of their time rehabilitating gibbons, but they also have to spend a lot of their time protecting their area from illegal logging that takes place on the side. And so if we take the sound of the forest and we actually turn down the gibbons, the insects, and the rest, in the background, the entire time, in recordings you heard, was the sound of a chainsaw at great distance. They had three full-time guards who were posted around this sanctuary whose job was in fact to guard against illegal logging, and one day, we went walking, again as tourists, out into the forest, and within five minutes' walk, we stumbled upon somebody who was just sawing a tree down,five minutes' walk, a few hundred meters from the ranger station. They hadn't been able to hear the chainsaws, because as you heard, the forest is very, very loud.

It struck me as quite unacceptable that in this modern time, just a few hundred meters away from a ranger station in a sanctuary, that in fact nobody could hear it when someone who has a chainsaw gets fired up. It sounds impossible, but in fact, it was quite true.

So how do we stop illegal logging? It's really tempting, as an engineer, always to come up with a high-tech, super-crazy high-tech solution, but in fact, you're in the rainforest. It has to be simple, it has to be scalable, and so what we also noticed while were there was that everything we needed was already there. We could build a system that would allow us to stop this using what's already there.

Who was there? What was already in the forest? Well, we had people. We had this group there that was dedicated,three full-time guards, that was dedicated to go and stop it, but they just needed to know what was happening out in the forest. The real surprise, this is the big one, was that there was connectivity out in the forest. There was cell phone service way out in the middle of nowhere. We're talking hundreds of kilometers from the nearest road, there's certainly no electricity, but they had very good cell phone service, these people in the towns were on Facebook all the time, they're surfing the web on their phones, and this sort of got me thinking that in fact it would be possible to use the sounds of the forest, pick up the sounds of chainsaws programmatically, because people can't hear them, and send an alert. But you have to have a device to go up in the trees. So if we can use some device to listen to the sounds of the forest, connect to the cell phone network that's there, and send an alert to people on the ground, perhaps we could have a solution to this issue for them.

But let's take a moment to talk about saving the rainforest, because it's something that we've definitely all heard about forever. People in my generation have heard about saving the rainforest since we were kids, and it seems that the message has never changed: We've got to save the rainforest, it's super urgent, this many football fields have been destroyed yesterday. and yet here we are today, about half of the rainforest remains, and we have potentially more urgent problems like climate change.

But in fact, this is the little-known fact that I didn't realize at the time: Deforestation accounts for more greenhouse gas than all of the world's planes, trains, cars, trucks and ships combined. It's the second highest contributor to climate change. Also, according to Interpol, as much as 90 percent of the logging that takes place in the rainforest is illegal logging, like the illegal logging that we saw. So if we can help people in the forest enforce the rules that are there, then in fact we could eat heavily into this 17 percent and potentially have a major impact in the short term. It might just be the cheapest, fastest way to fight climate change.

And so here's the system that we imagine. It looks super high tech. The moment a sound of a chainsaw is heard in the forest, the device picks up the sound of the chainsaw, it sends an alert through the standard GSM network that's already there to a ranger in the field who can in fact show up in real time and stop the logging. It's no more about going out and finding a tree that's been cut. It's not about seeing a tree from a satellite in an area that's been clear cut, it's about real-time intervention.

So I said it was the cheapest and fastest way to do it, but in fact, actually, as you saw, they weren't able to do it, so it may not be so cheap and fast. But if the devices in the trees were actually cell phones, it could be pretty cheap. Cell phones are thrown away by the hundreds of millions every year, hundreds of millions in the U.S. alone, not counting the rest of the world, which of course we should do, but in fact, cell phones are great. They're full of sensors. They can listen to the sounds of the forest. We do have to protect them. We have to put them in this box that you see here, and we do have to power them. Powering them is one of the greater engineering challenges that we had to deal with, because powering a cell phone under a tree canopy, any sort of solar power under a tree canopy, was an as-yet-unsolved problem, and that's this unique solar panel design that you see here, which in fact is built also from recycled byproducts of an industrial process. These are strips that are cut down.

So this is me putting it all together in my parents' garage, actually. Thanks very much to them for allowing me to do that. As you can see, this is a device up in a tree. What you can see from here, perhaps, is that they are pretty well obscured up in the tree canopy at a distance. That's important, because although they are able to hear chainsaw noises up to a kilometer in the distance, allowing them to cover about three square kilometers, if someone were to take them, it would make the area unprotected.

So does it actually work? Well, to test it, we took it back to Indonesia, not the same place, but another place, to another gibbon reserve that was threatened daily by illegal logging. On the very second day, it picked up illegal chainsaw noises. We were able to get a real-time alert. I got an email on my phone. Actually, we had just climbed the tree. Everyone had just gotten back down. All these guys are smoking cigarettes, and then I get an email, and they all quiet down, and in fact you can hear the chainsaw really, really faint in the background, but no one had noticed it until that moment. And so then we took off to actually stop these loggers. I was pretty nervous. This is the moment where we've actually arrived close to where the loggers are. This is the moment where you can see where I'm actually regretting perhaps the entire endeavor. I'm not really sure what's on the other side of this hill. That guy's much braver than I am. But he went, so I had to go, walking up, and in fact, he made it over the hill, and interrupted the loggers in the act. For them, it was such a surprise -- they had never, ever been interrupted before -- that it was such an impressive event for them, that we've heard from our partners they have not been back since. They were, in fact, great guys. They showed us how the entire operation works, and what they really convinced us on the spot was that if you can show up in real time and stop people, it's enough of a deterrent they won't come back.

So -- Thank you. (Applause)

Word of this spread, possibly because we told a lot of people, and in fact, then some really amazing stuff started to happen. People from around the world started to send us emails, phone calls. What we saw was that people throughout Asia, people throughout Africa, people throughout South America, they told us that they could use it too, and what's most important, what we'd found that we thought might be exceptional, in the forest there was pretty good cell phone service. That was not exceptional, we were told, and that particularly is on the periphery of the forests that are most under threat. And then something really amazing happened, which was that people started sending us their own old cell phones. So in fact what we have now is a system where we can use people on the ground, people who are already there, who can both improve and use the existing connectivity, and we're using old cell phones that are being sent to us by people from around the world that want their phones to be doing something else in their afterlife, so to speak. And if the rest of the device can be completely recycled, then we believe it's an entirely upcycled device.

So again, this didn't come because of any sort of high-tech solution. It just came from using what's already there, and I'm thoroughly convinced that if it's not phones, that there's always going to be enough there that you can build similar solutions that can be very effective in new contexts.

Thank you very much.

(Applause)

(熱帯雨林の音)

In the summer of 2011,/ as a tourist,/ I visited the rainforests of Borneo/ for the very first time,/ and/ as you might imagine,/ it was the overwhelming sounds of the forest/ that struck me/ the most.//

2011年の夏 私は観光で 初めて ボルネオの熱帯雨林を 訪れました ご想像の通り 森の中の圧倒されるような音に 何よりもびっくりしました

There's this constant cacophony of noise.//

こんな風に ずっと音が鳴り響いているのです

Some things actually do stick out.//

中には目立つ音があります

For example,/ this here is a big bird,/ a rhinoceros hornbill.//

例えば これはサイチョウという 大きな鳥です

This buzzing is a cicada.//

これはセミの鳴き声です

This is a family of gibbons.//

これはテナガザルの群れです

It's actually singing/ to each other/ over a great distance.//

遠くから互いに歌を交わしている テナガザルの声です

The place/ where this was recorded was in fact/ a gibbon reserve,/ which is/ why you can hear so many of them,/ but in fact/ the most important noise/ that was coming out of the forest/ that time was one/ that I didn't notice,/ and in fact nobody/ there had actually noticed it.//

これを録音したのは テナガザルの保護区だったので 沢山のテナガザルの声が聞こえます でも実は このとき森の中から 一番重要な音が出ていることに 私は気づいていませんでした 私だけでなく 他の誰も気づきませんでした

So,/ as I said,/ this was a gibbon reserve.//

ご存知の通り ここはテナガザルの保護区です

They spend most of their time/ rehabilitating gibbons,/ but they also have to spend/ a lot of their time/ protecting their area/ from illegal logging/ that takes place/ on the side.//

職員は1日の大半を テナガザルの保護に費やしますが 周辺の違法伐採から森を守ることにも 多くの時間を取られています

And so/ if we take the sound of the forest/ and we actually turn down/ the gibbons,/ the insects,/ and the rest,/ in the background,/ the entire time,/ in recordings/ you heard,/ was the sound of a chainsaw/ at great distance.//

森の音から テナガザルや昆虫などの音を 取り去ってみましょう 背景でずっと鳴っている音があります 遠くから聞こえる チェーンソーの音です

They had three full-time guards/ who were posted around this sanctuary/ whose job was in fact/ to guard against illegal logging,/ and one day,/ we went walking,/ again/ as tourists,/ out into the forest,/ and within five minutes/' walk,/ we stumbled upon somebody/ who was just sawing a tree down,/five minutes/' walk,/ a few hundred meters/ from the ranger station.//

この保護区にはフルタイムの 森林警備隊員が3人配置されています 任務は違法伐採を取り締まることです ある日 旅行者として もう一度森の中を訪れると 5分も歩かないうちに 伐採現場に出くわしました 歩いて5分 警備隊の詰所から 数百メートルのところでした

They hadn't been able to hear the chainsaws,/ because/ as you heard,/ the forest is very,/ very loud.//

でも チェーンソーの音は届きませんでした 理由は 先ほどお聞かせしたように 大きな森の音に消されたからです

It struck me/ as quite unacceptable/ that in this modern time,/ just a few hundred meters away/ from a ranger station/ in a sanctuary,/ that in fact nobody could hear it/ when someone/ who has a chainsaw gets fired up.//

びっくりして 受け入れ難かったです この現代において 保護区の詰所から たった数百メートルで発生する チェーンソーの猛烈な音が 誰にも聞こえないなんて と思いました

It sounds impossible,/ but in fact,/ it was quite true.//

まさかそんなはずはないと思えますが 事実です

So/ how do we stop illegal logging?//

どうやって違法伐採を食い止めるか?

It's really tempting,/ as an engineer,/ always to come up/ with a high-tech, super-crazy high-tech solution,/ but in fact,/ you're in the rainforest.//

エンジニアとしては超クールな ハイテクの解決策を編み出したいと 常々思っていますが でも 現場は熱帯雨林の真っ只中なんです

It has to be simple,/ it has to be scalable,/ and so/ what we also noticed/ while were there was that everything/ we needed was already there.//

シンプルで広範囲に利用できる 解決策が必要です 私たちは森の中に必要なものが 全部そろっていることに気づきました

We could build a system/ that would allow us/ to stop this using/ what's already there.//

既存のものを使って 違法伐採を阻止できそうでした

Who was there?// What was already in the forest?//

では既存のものとは?

Well,/ we had people.//

まず 人材です

We had this group/ there/ that was dedicated,/three full-time guards,/ that was dedicated to go and stop it,/ but they just needed to know/ what was happening out/ in the forest.//

森林警備を専門とする フルタイムのスタッフが3人 いつでも現場に 駆けつけられる状態でした でもまずは 伐採に気づかなければなりません

The real surprise,/ this is the big one,/ was/ that there was connectivity out/ in the forest.//

そして意外にも重要なことがわかりました なんと 森の中なのに ネットに接続できたのです

There was cell phone service way out/ in the middle of nowhere.//

森のど真ん中の 誰もいないところで 携帯電話が受信できました

We're talking/ hundreds of kilometers/ from the nearest road,/ there's certainly/ no electricity,/ but they had very good cell phone service,/ these people/ in the towns were on Facebook/ all the time,/ they're surfing/ the web/ on their phones,/ and this sort of got me/ thinking/ that in fact/ it would be possible/ to use the sounds of the forest,/ pick up/ the sounds of chainsaws programmatically,/ because people can't hear them,/ and send an alert.//

最寄りの道路まで数百キロもあるのに 電話が通じたんです 電気もないのに 携帯の電波の感度は良好でした 町にいる人はいつもSNSを見て 携帯でネットを閲覧しています それで 私はひょっとしたら できるんじゃないかなと思ったんです 森の中の音を使って 人間の耳には聞こえない チェーンソーの音をアプリで拾って 警告を送るシステムを作る

But you have to have/ a device/ to go up/ in the trees.//

でもそのためには デバイスを木に取り付けなければ

So/ if we can use some device/ to listen to the sounds of the forest,/ connect to the cell phone network/ that's there,/ and send an alert/ to people/ on the ground,/ perhaps/ we could have a solution/ to this issue/ for them.//

なんらかのデバイスで 森の音を拾って 既存の携帯ネットワークに接続し 地上の人間に警告を送ることができれば 森林の違法伐採を阻止できるかもしれません

But let's take a moment/ to talk about saving the rainforest,/ because it's something/ that we've definitely/ all heard about forever.//

でも その前に熱帯雨林の保護について 話したいと思います というのは 雨林の保護について ずいぶん前から言われていて

People/ in my generation have heard about saving the rainforest/ since we were kids,/ and it seems/ that the message has never changed:/ We've got to save/ the rainforest,/ it's super urgent,/ this many football fields have been destroyed yesterday.//

私の世代は 子供のころから 熱帯雨林保護について 同じようなメッセージを 聞かされてきました 「熱帯雨林の保護は緊急の課題だ 昨日1日で サッカー場何個分もの 森林が破壊された

and yet here/ we are today,/ about half of the rainforest remains,/ and we have potentially more urgent problems/ like climate change.//

「いや 緊急どころか まだ熱帯雨林は 半分も残っているじゃないか」 「だけど もっと緊急な 気候変動などの問題が深刻化している」と

But in fact,/ this is the little-known fact/ that I didn't realize at the time:/ Deforestation accounts for more greenhouse gas/ than all of the world's planes, trains, cars, trucks and ships combined.//

にもかかわらず 私が当時 ほとんど認識していなかった事実は 森林破壊が地球温暖化に与える影響が 世界中の飛行機 列車 乗用車 トラック 船舶 全部よりも大きいことです

It's the second highest contributor/ to climate change.//

森林破壊は 気候変動の2番目の要因です

Also,/ according/ to Interpol,/ as much as 90 percent of the logging/ that takes place/ in the rainforest is illegal logging,/ like the illegal logging/ that we saw.//

またインターポールによると 熱帯雨林で行われる伐採の90%が 私たちが見たのと同じ 違法伐採だということです

So/ if we can help people/ in the forest enforce the rules/ that are there,/ then/ in fact/ we could eat heavily/ into this 17 percent/ and potentially have a major impact/ in the short term.//

ですからもし森林法を 徹底することができれば 温暖化の原因の17%をなくすことができ 短期間で大きな成果となるでしょう

It might just be the cheapest, fastest way to fight climate change.//

これが実現すれば 気候変動の問題を 手っ取り早く安上がりに解決できるかも

And so here's the system/ that we imagine.//

私たちの構想するシステムを 紹介しましょう

It looks super high tech.//

一見 超ハイテクに見えます

The moment/ a sound of a chainsaw is heard in the forest,/ the device picks up/ the sound of the chainsaw,/ it sends an alert/ through the standard GSM network/ that's already there/ to a ranger/ in the field/ who can in fact show up/ in real time/ and stop the logging.//

森の中でチェーンソーの音がした瞬間に デバイスでその音を拾って 既存の標準GSMネットワークで警報を送り 森林警備隊に知らせる 警備隊が現場に駆けつけて 伐採を阻止するのです

It's no more/ about going out/ and finding a tree/ that's been cut.//

現場に乗り込んだのに 伐採後ということはなくなります

It's not about seeing a tree/ from a satellite/ in an area/ that's been clear cut,/ it's about real-time intervention.//

遠くにある衛星から 伐採現場を 指をくわえて見るだけでもありません リアルタイムで介入するのです

So I said/ it was the cheapest and fastest way/ to do it,/ but in fact,/ actually,/ as you saw,/ they weren't able/ to do it,/ so it may not be so cheap and fast.//

一番安上がりで手っ取り早いと 言いましたが 動作するかどうかも 安く早くできるかもわかりません

But/ if the devices/ in the trees were actually cell phones,/ it could be pretty cheap.//

ところが 木に取り付けるデバイスが 携帯電話であれば コストダウンは可能でした

Cell phones are thrown away/ by the hundreds of millions/ every year,/ hundreds of millions/ in the U.S. alone,/ not counting/ the rest of the world,/ which of course/ we should do,/ but in fact,/ cell phones are great.//

毎年 数億台の携帯電話が処分されます アメリカだけでですよ アメリカ国外で処分される数を入れたら もっとになります 携帯電話は捨てたものではありません

They're full of sensors.//

まずセンサーが満載です

They can listen to the sounds of the forest.//

チェーンソーの音をしっかり拾えます

We do have to protect/ them.//

耐久性を上げなければなりません

We have to put/ them/ in this box/ that you see here,/ and we do have to power them.//

こんな風に 箱に入れ 電源の確保も必要です

Powering/ them is one of the greater engineering challenges/ that we had to deal/ with,/ because powering a cell phone/ under a tree canopy,/ any sort of solar power/ under a tree canopy,/ was an as-yet-unsolved problem,/ and that's this unique solar panel design/ that you see here,/ which in fact is built also/ from recycled byproducts of an industrial process.//

電源の確保には 高い技術が必要で エンジニアの課題です 木が茂る森の中で 携帯電話の電源を確保することは なんとかして 木陰で太陽光発電をすることは 未解決課題でした そこでこのユニークな 太陽光発電パネルを開発しました 実はこれも パネル製造の副産物を リサイクルしています

These are strips/ that are cut down.//

長い紐状のものを切って作ります

So this is me/ putting it all together/ in my parents/' garage,/ actually.//

組み立て現場です 両親の家のガレージです

Thanks very much/ to them/ for allowing me to do that.//

場所を提供してくれた 両親に感謝です

As you can see,/ this is a device up/ in a tree.//

ご覧ください デバイスを 木に取り付けたところです

What you can see from here,/ perhaps,/ is/ that they are pretty well obscured up/ in the tree canopy/ at a distance.//

ここから見ると 森の木陰に うまく隠れていますね

That's important,/ because/ although they are able to hear chainsaw noises up to a kilometer/ in the distance,/ allowing them to cover about three square kilometers,/ if someone were to take/ them,/ it would make the area unprotected.//

これはとても大事です なぜなら たとえチェーンソーの音を聞き取れても 1キロ先の音が聞き取れても 約3平方キロメートルの範囲をカバーできても 誰かが取り外してしまったら このエリアの保護ができなくなります

So does it actually work?//

ちゃんと動作するでしょうか?

Well,/ to test it,/ we took it back/ to Indonesia, not the same place,/ but another place,/ to another gibbon reserve/ that was threatened daily/ by illegal logging.//

動作確認のため またインドネシアに行きました 同じ場所ではなく別の テナガザルの保護区で 違法伐採に悩まされている地域です

On the very second day,/ it picked up/ illegal chainsaw noises.//

開始から2日目に 違法伐採の チェーンソーの音を感知しました

We were able to get a real-time alert.//

リアルタイムで警報を受信できました

I got an email/ on my phone.//

私は携帯メールを受信しました

Actually,/ we had just climbed the tree.// Everyone had just gotten back/ down.//

我々は木登りを終えて 地上に降りて

All these guys are smoking cigarettes,/ and then/ I get an email,/ and they all quiet down,/ and in fact/ you can hear the chainsaw really,/ really faint/ in the background,/ but no one had noticed it/ until that moment.//

みんなでタバコを 吸っているところでした そこにメールを受信し 他のみんなも聞き耳を立てたんです すると チェーンソーの音が聞こえました ごくかすかな音でした このときまで誰も気づいていませんでした

And so then/ we took off/ to actually stop these loggers.//

そして 伐採者を阻止しに現場へ向かいました

かなり緊張しました

This is the moment/ where we've actually arrived close/ to/ where the loggers are.//

これは伐採者に近づいたところ

This is the moment/ where you can see/ where I'm actually regretting/ perhaps/ the entire endeavor.//

このとき私はこれまでの努力を 後悔しているところです

I'm not really sure/ what's on the other side of this hill.//

私は 山の向こうで何が起きているか 不安がっています

That guy's much braver/ than I am.//

でも相方は私よりも勇敢なので

But he went,/ so I had to go,/ walking up,/ and in fact,/ he made it/ over the hill,/ and interrupted the loggers/ in the act.//

彼が行くなら 私も行かなければならない というわけで 彼は山の向こうにたどり着き 伐採者を止めることができたのです

For them,/ it was such a surprise --/ they had never,/ ever been interrupted before --/ that it was such an impressive event/ for them,/ that we've heard from our partners/ they have not been back since.//

伐採者にしてみれば びっくりです 今までこんな形で中断されたことがなく 衝撃だったようです これ以降 伐採者は戻ってこなかったそうです

They were,/ in fact,/ great guys.//

実は 伐採者たちのおかげで

They showed us/ how the entire operation works,/ and what they really convinced us/ on the spot was/ that if you can show up/ in real time/ and stop people,/ it's enough of a deterrent/ they won't come back.//

このシステム全体の動作を 目の当たりにしました 現場で伐採者と遭遇したことで リアルタイムで現場に入って阻止できれば 伐採者は怖がって二度と やって来ないと確信できたのです

So --/ Thank you.// (Applause)/

だから ありがとうございます (拍手)

Word of this spread,/ possibly/ because we told a lot of people, and/ in fact,/ then/ some really amazing stuff started to happen.//

いろんな人に話して このことが くちコミで広がり すごいことが起こりはじめました

People/ from around the world started to send/ us/ emails,/ phone calls.//

世界中の人から メールや電話が 集まってきました

What we saw/ was/ that people/ throughout Asia,/ people/ throughout Africa,/ people/ throughout South America,/ they told us/ that they could use it too,/ and what's most important,/ what we'd found/ that we thought might be exceptional,/ in the forest/ there was pretty good cell phone service.//

なんと アジア全域 アフリカ全域 南米全域から このシステムは使えると 言ってくれました 重要なのは 特別かもしれないと思っていたのですが 森林の中で通信が良好だということです

That was not exceptional,/ we were told,/ and/ that particularly is on the periphery of the forests/ that are most under threat.//

そして当然 森林は周辺部が もっとも違法伐採の脅威にさらされていたのです

And then/ something really amazing happened,/ which was/ that people started sending/ us/ their own old cell phones.//

さらにすごいことに 人々が自分の古い携帯電話を 寄付してくれたんです

So/ in fact/ what we have/ now is a system/ where we can use people/ on the ground,/ people/ who are already there,/ who can both improve/ and use the existing connectivity,/ and we're using/ old cell phones/ that are being sent to us/ by people/ from around the world/ that want their phones/ to be doing something else/ in their afterlife,/ so to speak.//

こうやって今や私たちが 手にしたシステムは 地上の人材、既存の人材を使って 既存のネット接続サービスを 使ったり改良を加えたりしながら 世界中の人が送ってくれた 中古の携帯電話を使っています 自分たちの古い携帯電話が もう一度何かの役に立てば嬉しいと そんな感じです

And/ if the rest of the device can be completely recycled,/ then/ we believe/ it's an entirely upcycled device.//

もし残りのデバイスに全部 リサイクル品を使うことができれば まさに リサイクルの上をいく 「アップサイクル」です

So again,/ this didn't come because of any sort of high-tech solution.//

だから このシステムはなんら ハイテク由来のシステムではないんです

It just came from using/ what's already there,/ and I'm thoroughly convinced/ that if it's not phones,/ that there's always going to be enough there/ that you can build similar solutions/ that can be very effective/ in new contexts.//

これは既存の技術だけを使っています 私が確信していることは 携帯電話に限らず いつも既に材料はそろっていて 誰だって同様に 新しい使い方で効果的な発明が できるのです

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

rainforest

熱帯雨林

雨林、降雨林、多雨林

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

tourist

[観光]旅行者,観光客

観光旅行[用]の

Borneo

ボルネオ(Malay群島中にある世界第3の大島;インドネシア領・マレーシア領・英国保護領にわかれる)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

overwhelming

圧倒的な,抗しきれない

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

cacophony

耳ざわりな音,不協和音

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

rhinoceros

サイ

cicada

セミ

gibbon

(東インド諸島・東南アジア産の)テナガザル

singing

〈U〉歌,歌唱,声楽

〈U〉〈C〉歌うこと;歌声

〈U〉ヒューヒュー(ブンブンなど)と鳴る音;耳鳴り

歌を歌う,さえずる

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

reserve

(特定の人・目的などのために)…‘を'『別にしておく』,『取っておく』;…‘を'『予約する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(…のために)…‘を'『残しておく』,蓄えておく《+『名』+『for』+『名』》

〈権利など〉‘を'保留する

〈C〉(特定の目的や将来使うために)取っておくもの,(…にための)蓄え《+『for』+『名』》

〈U〉(…のために)取っておかれた状態《+『for』+『名』》

〈C〉(特別の目的のため取ってある公の)特別保留地

〈U〉慎み,自制(self-control)

〈C〉(政府・銀行などの)準備金,予備金,積立金

〈C〉《しばしば複数形で》予備軍

蓄えてある,予備の

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

rehabilitate

…‘を'元へ戻す,修復する

〈けが人,病人など〉‘を'社会復帰させる,元の健康体に戻す

〈人〉‘を'復職させる;〈人〉‘の'名誉を回復する

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

illegal

『不法の』,違法の

logging

丸太切り出し

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

insect

『昆虫』;(一般に)虫

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

recording

〈C〉録音したもの;レコード,テープ

〈U〉録音された音

chainsaw

鎖のこ,チェーンソー

guard

〈C〉『見張り』,番人;歩哨(ほしょう),番兵;護衛兵

〈U〉(…を)見張ること,監視すること《+『over』+『名』》;(…を)警戒(用心)すること《+『against』+『名』》

〈C〉《英》(列車・電車の)『車掌』(《米》conductor)

《the Guards》《英》近衛(このえ)連隊

〈U〉〈C〉(ボクシング・フェンシングなどで,相手の攻撃に対する)ガード,防御

〈C〉(米式フットボール・バスケットボールの)ガード

〈C〉《しばしば複合語を作って》「(危険などを)防止する物,保護物」の輔を表す

…‘を'『見張る』,環視する

(…から)…‘を'『警戒する』,守る《+『against』(『from』)+『名』》

(…に備えて)『警戒する』,用心する《+『against』+『名』(do『ing』)》

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

sanctuary

〈C〉(教会・寺院など)神聖な場所,聖所

〈C〉(教会・寺院などで)最も神聖な場所,聖域(教会堂の内陣,ユダヤ教会の至聖所など)

〈C〉(犯罪者の)隠れ場,(一般に)安らかな場所

〈U〉保護,避難

〈C〉(鳥・獣の)保護区,禁猟地

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

stumble

(…に)『つまずく』,とろける《+over(on)+名》

《副詞[句]を伴って》『よろめきながら歩く』よろよろする

『どもる』,とちる;(言葉に)つかえる《+over(at)+名》

《文》まちがいをする,へまをする;(道徳的な)過ちを犯す

(…を)偶然見つける《+on(upon, across)+名(doing)》

つまずき,よろめき

まちがい,へま

upon

『…の上に』

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

ranger

歩き回る人

《米》森林警備官;《英》(王立公園の)監視官

武装警備兵;《『R-』》《米》(第二次世界大戦中の)突撃隊員,レーンジャー隊員

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

loud

(音・声が)『大きい』,大きな音を出す

『騒々しい』;はでな,人目を引く

『大声で』,声高に

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

tempting

誘惑する,人の心をそそるような;魅力的な(attractive)

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

dedicate

(…に)…'を'『奉納する』,献納する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈時間・精力など〉'を'『ささげる』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈著者など〉'を'献呈する《+『名』+『to』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

way out

(窮状などを救う)解決法

《英》(劇場などの)出口(exit)

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

town

〈C〉町

《the~;一つの町を指して言うとき a~》(田舎と区別して)『都会』;都会生活

《冠詞をつけずに》都心,(商店の立ち並ぶ)下町

《冠詞をつけずに》(ある地域の)主要な町(市);(一国の)首都

《the~》《集合的に;単数扱い》町の人たち,町民

surf

(海岸・岩に砕ける)寄せ波,岸打つ波

(砕ける波の)白いあわ

波乗りをする,サーフィンする

投げ釣りの

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

alert

『油断のない』,用心深い

(頭の回転・動作などが)機敏な

(動作が)敏しょうな

〈U〉《しばしばthe ~》警戒,用心

〈C〉警報;警報発令期間

(…に対して)…‘に'警報(警告)を出す,警戒態勢をとらせる《+『名』+『to』+『名』》

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

urgent

『急を要する』,緊急の

『しつこい』,うるさく頼む

football

〈U〉《米》『フットボール』(《英》 American football)

《英》=soccer

〈C〉フットボール用ボール

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

little-known

ほとんど知られていない

deforestation

森林伐採,森林開拓

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

greenhouse

温室

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

contributor

(…への)寄付者《+『to』+『名』(do『ing』)》

(…への)貢献者,寄与者;一助,一因《+『to』+『名』(do『ing』)》

(雑誌・新聞などへの)寄稿家《+『to』+『名』》

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

Interpol

国際警察(国際犯罪を防止するための国際機構)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

enforce

〈法律など〉‘を'『実施する』,施行する

(…に)…‘を'『強要する』,強いる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈意見など〉‘を'強化する,強調する

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

heavily

『重く』,どさりと

重そうに,のろのろと;重苦しく

『激しく』,ひどく,大いに

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

real-time

実際にかかる時間の

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

engineering

『工学』

土木工事

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

canopy

〈C〉天がい(寝台・玉座・入口などの上につけるおおい)

〈U〉〈C〉天がいのようにおおう物

〈寝台・玉座など〉'を'天がいでおおう

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

recycle

〈廃物など〉‘を'再利用する

byproduct

副産物

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

strip

…‘を'『裸にする』;(…を)…からはぎ取って裸にする《+名+of+名》

(…から)…‘を'『取り去る』,はぎ取る《+名+off(+off+名)+from+名》

(権利・栄誉・持と物などを)〈人など〉‘から'『奪う』,剥奪する《+名〈人〉+of+名》

〈ボルト・ギア・ねじなど〉‘の'ねじ山をすり減らす

服を脱ぐ,裸になる《+off》

garage

(自動車の)『車庫』

自動車修理場

〈車〉‘を'車庫に入れる(入れておく)

obscure

『はっきりしない』,分かりにくい

よく知られていない,目につかない

『薄暗』

…‘を'隠す,おおう

〈意味など〉あいまいにする,分かりにくくする

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

unprotected

保護されていない,保護者のない

無防備の,無装甲の

神の保護を受けない保護されていない; (セックスで)コンドームをつけない

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

Indonesia

インドネシア(アジア南東部の共和国;正式名the Republic of Indonesia;首都はJakarta)

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

faint

(音・色・考えなどが)『かすかな』,ぼんやりした

(努力・行動などが)『弱々しい』,熱のない;気の弱い,勇気のない

《補語にのみ用いて》(で)『気が遠くなって』目が回りそうで《+『with』(『from』)+『名』》

(…で)『気が遠くなる』,気絶する《+『with』(『from』)+『名』》

気絶,失神

no one

『だれも』…『ない』

logger

きこり

丸太運搬機

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

regret

…‘を'『後悔する』;…‘を'残念に思う

〈人が〉〈失われたもの〉‘を'惜しむ,悲しむ

〈U〉(…に対する)『後悔』,悔い;残念な気持ち,遺憾《+『at』(『for, over』)+『名』(doing)》

〈U〉(…に対する)悲しみ,哀惜,哀悼の意《+『over』(『for』)+『名』》

〈C〉《複数形で》(招持などへのていねいな)断り[状];(断るための)遺憾の言葉

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

interrupt

(行動や話の途中で)〈人〉‘を'『さえぎる』,妨げる

〈行為・話など〉‘を'『中断する』

〈物事〉‘を'さえぎる

『じゃまする』,話の腰を折る

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

impressive

『印象的な』,強い印象(感銘)を与える

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

convince

〈人〉'を'『納得させる』

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

deterrent

妨げる,抑止する,引き止める

戦争抑止力;(…を)妨げるもの,引き留めるもの《+『to』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

Asia

『アジア』

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

South America

南アメリカ,南米(西半球の南部では第4の広さの大陸)

exceptional

『例外の』,まれな

非常にすぐれた

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

periphery

(区域・領域内の)周辺部,末端部

(区域の)すぐ外側の地域,外辺部

(特に円の)円周外辺

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

afterlife

死後の命,来世;余生

completely

『完全に』,全く,十分に

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

thoroughly

『徹底的に』,完ぺきに,全く

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

関連動画